ビットコイン・仮想通貨の暴落理由は?ピーク時から60%下落で今後はどうなる?価格急落の6つの原因

直近のビットコイン暴落の原因

【6月10日】米CPI(消費者物価)が市場予想を上回る

日本時間6月10日21:30発表の「米CPI(消費者物価)」が市場予想を上回った事で「高インフレ+利上げ懸念+景気不安」により、米国株のみならず仮想通貨(特にビットコイン)も大幅に暴落。

ビットコインは米国の利上げに合わせて価格が急落しています。

6月15日に行われたFOMC記者会見で米FRB議長のパウエルは「いつになったら金融引き締めの手を緩める?」という質問に対して「インフレが鈍化していることをトレンドとして確認する必要がある」と答えました。

以上のことから今後発表される経済指標で米国のインフレが連続して和らぐかが重要な焦点になります。

特に今週は7月6日〜7月13日には「FOMC議事要旨」「雇用統計」「CPI(消費者物価指数)」の発表が続くので大注目です。

2022年7月6日14時00分現在、ビットコインは「1BTC=2,719,978円」で推移しています。

2017年1月から2021年11月のたった4年間でビットコインの価格は約80倍になりました。

しかし、この上昇と同時にビットコインはほぼ毎年60%以上の下落を経験しています。

ビットコインの暴落時にどう備える?
ビットコインが暴落したら買い足す?

このように思っている人も多いでしょう。

この記事では過去のビットコイン暴落の原因を解説すると共に今後のビットコインの注目ポイントを解説していきます。

ビットコインの暴落時の対処法も解説するのでぜひ参考にしてください。

ビットコイン暴落についてざっくり言うと
  • 様々な要因でビットコインは暴落してきた
  • 世界情勢や経済・金融動向に注目しよう
  • ビットコインのアップデートや半減期にも注目
  • 長期的に価格が上昇するとしたら暴落時は最高の買い場
  • ビットコインは毎年50%以上の下落を経験している
  • 自己資金とリスク許容度を考慮した上で投資しよう
  • 2022年7月6日現在、ビットコインは再び下落を続けている
  • 即日で口座開設できるコインチェックで日本円を入金しておくのがおすすめ

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

【人気記事】

ビットコインの今後はどうなる?専門家・AIの予想から徹底分析!

もくじ

【7月6日最新】ビットコインが暴落した要因

ビットコインの価格は2022年5月10日に2021年7月以来の安値に到達しました。

そこから2022年7月6日現在まで暴落を続けており、2020年12月の水準まで下落を続けています。

ビットコイン以外のアルトコインは1日で20%の下落とビットコインより激しい下落に見舞われており、ここでは最新ニュースをもとにビットコインが暴落した件について解説していきます。

【6月10日】米CPI(消費者物価)が市場予想を上回る

日本時間6月10日21:30発表の「米CPI(消費者物価)」が市場予想を上回った事で「高インフレ+利上げ懸念+景気不安」により、米国株を始めとして仮想通貨市場も大幅下落に転じました。

5月結果 市場予想 前月
総合 8.6% 8.2% 8.3%
コア(総合から生鮮食品を除いたもの) 6.0% 5.9% 6.2%

米国の利上げは50bpsずつと織込まれていましたが、この発表により今後の75bpsずつの利上げの可能性が浮上し、市場は混乱しました。

今後の米国のインフレ圧力が和らぐかが重要な焦点になります。

【5月18日】G7財務省が仮想通貨・ステーブルコインについて議論か

フランス中央銀行のフランソワ・ビルロワドガロー総裁は今週18日〜20日に開催されるG7財務大臣・中央銀行総裁会議にて、暗号資産が議題に含まれる可能性を示唆しました。

【5月13日】UST(テラUST)のディペック騒動

仮想通貨の時価総額でTOP3にあったTerra(LUNA)がたった数日間のうちに99.99%下落してUSTだけでなく仮想通貨市場全体に大きな影響を及ぼしました。

ルナ(LUNA)とTerraUSD(UST)は密接な関係があり、ルナの価値が下落するとUSTの価値を支えられない状態になります。

そのためUSTを手放す市場参加者が増え、仮想通貨取引所やTerraチェーンの停止により仮想通貨全体に関する不安感が増加しました。

【5月10日】ビットコイン昨年の最安値を割り込む

2022年5月10日、ビットコインの価格が昨年の最安値を割り込み一時377万円となりました。

ビットコインへの希望となる1つの要因は、大物投資家が市場に参加し始めていることです。

著名オンチェーンアナリストのWill Clemente氏は、最近のビットコインの価格は底値に近づいてくると分析。

ビットコインは20,000ドル台半ばで底を打つと予想しました。

ビットコインの暴落の主な原因・理由

ビットコイン_暴落_ビットコイン暴落の主な原因

ビットコインが暴落する原因としては主に以下の6つが挙げられます。

米国や中国などの大国による仮想通貨に対する法規制

ビットコインの暴落の原因として米国や中国などの大国による仮想通貨に対する法規制が挙げられます。

米国や中国などの大国での規制が強化されると、ビットコインの需要が減少してしまい下落することになります。

実際2017年9月に中国で仮想通貨取引所が停止された際、ビットコインの価格は一時-40%になりました。

ビットコイン_暴落_2017年9月

世界経済の停滞に対する懸念

世界経済の停滞に対する懸念もビットコインの暴落の原因になり得ます。

災害や疫病により世界経済が停滞することで、ビットコインの価格が下がる可能性は高いです。

なぜならビットコインは値動きが不安定な通貨として取引されているため、経済への不安がある時は嫌気される傾向があるからです。

経済への不安がある場合、投資家はなるべくリスクを取らないように取引を行います

このような状況をリスクオフといいます。

実際に2020年3月に新型コロナウイルスの感染拡大が起きて経済がマヒした時、ビットコインは1BTC=約110万円から1BTC=約40万円まで大幅に下落しました。

また、2021年12月〜にロシアとウクライナ間でウクライナ情勢が加熱した際も価格の低迷が続きました。

このように世界経済に対する懸念が高まるほど、ビットコインは暴落のリスクが高まります。

株式市場や為替市場の暴落

株式市場や為替市場が急落してもビットコインが暴落する場合があります。

例えば2021年11月26日にオミクロン株が発表された時、株式、為替市場が急落しました。

その時ビットコインも1日で約70万円ほど下落しました。

その他にも2021年の年末から2022年の年始にかけては、米国の金融引き締めに対する懸念により株式市場が急落。

ビットコインもその影響を受けて一時1BTC=400万円を割り込みました。

イベントや好材料で大幅に上昇した後の反動

2018年1月、仮想通貨バブルが当時発生していました。

その結果、利確する人が増えて1BTC=約166万円から1BTC=約104万円にまで急落しました。

著名人や大企業、機関投資家の動向

ビットコインなどの仮想通貨は、著名人の動向などによっても大きな影響を受けます。

例えば2021年5月12日、米国大手電気自動車メーカーTeslaのイーロン・マスクCEOがTwitterで「ビットコインによるテスラ車の決済を認めない方針」と発表しました。

これによってビットコインは1日で約60万円下落しました。

さらにこれが相場の転換点となり仮想通貨市場は下落トレンドに入りました。

他にも大企業や機関投資家の動向によっても暴落する可能性があります。

何らかの不正

現在では仮想通貨に関する法規制やセキュリティも進んできました。

しかし過去には取引所へのハッキングにより、仮想通貨が不正に流出してしまったこともあります。

例えば2016年に仮想通貨取引所Bitfinexがハッキングされ、約12万ビットコイン、当時の価値で約4200億円が盗まれたこともあります。

このようなことが起きてビットコインの信頼性が下がることによっても暴落に繋がります。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコインの暴落の今後の可能性は?暴落の歴史から考える

ビットコイン_暴落_ビットコイン暴落今後の可能性

この章では過去のビットコインに関連する歴史と当時のチャートを見ていきます。

過去の出来事から考えることで今後同じような出来事が起きた時にもうまく対応できるかもしれません。

2017年9月:中国で仮想通貨取引所が閉鎖

2017年9月には中国がビットコイン取引所の運営を禁止したためビットコインの価格は一時-40%になりました。

ビットコイン_暴落_2017年9月

2018年1月:仮想通貨バブルの終焉

2017年から2018年にかけて仮想通貨バブルは加熱して約1年間でビットコインの価格は約20倍になりました。

この急激なバブルが終わりビットコインは2018年1月から3月にかけて一時-70%の暴落を記録しました。

ビットコイン_暴落_2018年1月

2019年7月:G20での仮想通貨規制に対する懸念

2019年7月にはG20での仮想通貨規制に対する懸念が膨らみビットコインの価格が一時約-35%下落しました。

ビットコイン_暴落_2019年7月

2020年2月:新型コロナウイルスによる世界経済に対する不安

2020年2月には新型コロナウイルスによる世界経済への懸念によりビットコインは一時約-60%の暴落を記録しました。

ビットコイン_暴落_2020年3月

2021年5月:イーロンマスク氏によるツイート

2021年5月には米国電気自動車のTeslaのイーロン・マスクCEOがTwitterで、Tesla社の製品の購入でビットコインでの支払いを認めない旨を発言した際に一時約-50%の暴落を記録しました。

ビットコイン_暴落_2021年5月

2022年1月:米国の金融引き締めによる金融情勢の変化に対する懸念

2022年1月には米国のコロナ禍から始まった金融緩和が終わり、金融引き締めへと変化していく事が意識され始めました。

このことからビットコインは一時約-20%の下落を記録しました。

ビットコイン_暴落_2022年1月

ビットコインは暴落した後上昇する?今後の注目ポイントも解説!

ビットコイン_暴落_ビットコインの今後の注目ポイント

ビットコインの大型アップデート

スマートフォンのアプリと同じように、ビットコインにもアップデートが存在します。

実際過去に、2度の大幅アップデートが行われており、特に2017年のアップデートでは『セグウィット(SegWit)』の導入により、ビットコインの価格が50%値上がりしました。

アップデートにより、ビットコインの機能性が高まり長期的にビットコイン価格を上昇させるきっかけになったりするのではないでしょうか?

大企業・機関投資家の動向

今までにもビットコインは大企業や機関投資家によって価格が大きく動いてきました。

前の章で暴落の原因として紹介しましたが、逆に大企業や機関投資家のおかげでビットコインの価格が上がることもあります。

大企業や機関投資家は取引の金額が膨大なのでビットコインに積極的に投資した場合、価格は上昇圧力を受けます。

また大企業や機関投資家がビットコインに積極的に投資すると大衆のビットコインへの期待を高めることになり、より需要が高まります。

大国による仮想通貨への動向

前の章のビットコインの暴落の要因でも解説しましたが、大国によるビットコインに対する動向は極めて重要です。

大国が規制を強めればビットコインの価格は下がることが考えられます。

逆も然り、大国が規制緩和した場合仮想通貨市場はもっと盛り上がると考えられます。

ビットコイン半減期

ビットコインには半減期というものがあります。

簡単にいうならば、ビットコインの発行数を減らすことによりビットコインの価値が上昇する可能性を高めることを言います。

この、ビットコインの半減期は3〜4年に1回行われており、次の半減期は2024年頃になると予想されています。

詳しいことは以下の記事に書いてあります!

ビットコイン(BTC)の半減期は2024年?仕組みから価格変動予想まで徹底解説!

ライトニングネットワーク実装

ビットコインの今後を左右する要素の一つにはライトニングネットワーク実装があります。

ライトニングネットワークとは取引を効率良く進めるための技術のことです。

ライトニングネットワークの主な特徴は以下をご覧ください。

ライトニングネットワークの主な特徴
  • スケーラビリティ問題の改善
  • 処理速度の向上
  • マイニング手数料の抑制

ライトニングネットワークはブロックチェーン外で取引をするところが大きな特徴。

効率良く取引を進められるようになれば、ビットコインの信頼性・利便性がアップし、価格上昇につながりやすいと言えるでしょう。

ビットコインETFの承認

先にビットコインETFに関して以下で説明しています。

ビットコインETFとは?

上場投資信託のExchange Traded Fundの略称で、簡単に言うとビットコインの値動きに連動する株式のようなものです。

株式と同じように取引所で売買することができます。

ビットコインETFが盛んになると、今までより売買が簡単になり市場がより活発になります。

それに伴って価格上昇につながる可能性が高いです。

ビットコインETFに関しては以下の記事を参考にしてください。

米国初ビットコインETFが上場!過去最高値に到達する今後の投資方法やメリットは?

ビットコインを法定通貨化する国の増加

ビットコインを法定通貨化する国が増えれば増えるほど、ビットコインの需要は増加するでしょう。

実際、中米エルサルバドルではビットコインの法定通貨化が行われています。

このような動きが広まれば、ビットコインの価格も上昇するでしょう。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコインの暴落が終わるまでにやること3選

ビットコインの暴落が終わるまでに以下のことをやっておくようにしましょう。

投資資金を貯めておく

次の上昇するチャンスに備え、投資資金をコツコツ貯めておくようにしましょう。

投資資金を貯めておくことにより次の上昇局面での利益を伸ばすことができます。

情報収集・分析をしておく

下落相場の時にこそ次の上昇局面に備えて準備をしておくのが投資の基本です。

下落相場は情報収集によりいつ相場転換するのかやどの仮想通貨に投資をするべきなのかを分析するいい機会です。

確実に次の上昇局面で利益を取れるように準備しておきましょう。

少額購入・積み立てを行う

ビットコイン・仮想通貨で長期投資を考えている人は今の時期に少額から購入・積み立てを行うことも選択肢の一つです。

現在のような価格の安い時期には少額で多くのビットコイン・仮想通貨を購入することができるので少額・積み立てにはもってこいです。

ビットコインが暴落した時は買い時か?

ビットコイン_暴落_ビットコイン暴落時は買い時か?

長期的にビットコインの価格が上昇すると考えるなら、ビットコインの暴落時は最高の買い時です

これまでビットコインは暴落する時はものすごく下落しますが、逆に上昇する時もものすごい勢いで上昇してきました。

実際に2018年の暴落時から2021年10月には約10倍の価格に上昇。

また2021年には、7月から11月の間の約4ヶ月間で価格は約2倍に上昇しました。

このようにビットコインの値動きは物凄く早いです。

最高のビットコインの買い場を逃さないようにも、ビットコイン含めた仮想通貨の売買を考えている人は今のうちに口座開設をしておきましょう。

ビットコインに投資する際に気をつけるべきこと

前述した通り、ビットコインなどの仮想通貨は値動きが激しくとても早いです。

したがって自分の資金をきちんと考えた上で、生活に支障の出ない余剰資金で投資するようにしましょう。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコイン取引におすすめの取引所ランキング

ビットコイン_暴落_ビットコイン取引おすすめ取引所ランキング

ビットコイン取引におすすめの取引所は以下の5つです。

ビットコイン取引におすすめの取引所ランキング
  1. CoinCheck
  2. DMM Bitcoin
  3. LINE BITMAX
  4. GMOコイン
  5. bitFlyer

第1位 Coincheck

仮想通貨おすすめ_Coincheckのレーダーチャート画像

Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • ファクトム(FCT)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
ハッキング事件以前は、情報の機密性が高い「匿名通貨」の取り扱いもありました。 しかし「マネーロンダリング(資金洗浄)」などに使用されるリスクが懸念され、以下のような匿名通貨の上場は廃止されています。
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • モネロ(XMR)
  • ダッシュ(DASH)
  • オーガー(REP)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 約定金額(円)×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 0.01ETH
リップル(XRP) 0.15XRP
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.001ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5XEM
ファクトム(FCT) 0.1FCT
リスク(LSK)  0.1LSK
モナコイン(MONA) 0.001MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01XLM
クアンタム(QTUM) 0.01QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0ENJ
オーエムジー(OMG) 5.0OMG
パレットトークン(PLT) 72.0PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
ファクトム × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

第2位 DMM Bitcoin

仮想通貨おすすめ_DMM Bitcoinのレーダーチャート画像

DMM Bitcoinのメリット
  • 15種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます

DMMビットコイン_アプリ画像

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、15種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと取引手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。

第3位 LINE BITMAX

仮想通貨おすすめ_LINE BITMAXのレーダーチャート画像

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「リンク(LN)」がもらえる!

LINEビットマックス_キャンペーン画像

>>LINE BITMAXの公式サイトはこちら<<

\口座開設でリンク(LN)もらえる/

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。

第4位 GMOコイン

仮想通貨おすすめ_GMOコインのレーダーチャート画像

GMOコインのメリット
  • 国内最多20種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。
キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
GMOコインは、20種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

第5位 bitFlyer

仮想通貨おすすめ_bitFlyerのレーダーチャート画像

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で14種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「14種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

キャンペーン・特典情報
  • スマホアプリからのログインで、毎日抽選で最大 10 名に 1,000 円相当、 最大 3,000 名に 5 円相当のビットコインをプレゼント

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで
仮想通貨を買ってみる

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 無料
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、取引手数料と入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

ビットコイン取引における注意点

ビットコイン_暴落_ビットコイン取引における注意点

ビットコインは大きな価格上昇を見込む事ができる反面、悪いニュースが出た場合一時的に急落する場合があります。

長期的にビットコインで大きな利益を得たい人は以下のことに気をつけるようにしましょう。

ビットコイン取引における注意点
  • 世界情勢をきちんと把握す
  • 損切りラインをしっかり決めておく
  • 自己資金をよく考え投資する
  • セキュリティ管理

世界情勢をきちんと把握する

ビットコインの長期的な見通しを考えたり、突然の急落を避けるために普段から世界情勢をきちんと把握するようにしましょう。

大国の経済・金融の動向やある国での戦争、大国による規制や規制緩和などビットコインの価格に影響を与えるものは考えればキリがありません。

きちんとあらゆる情報を把握しておくことで未来の価格予想はできずとも、現状の大局を見極める事ができ自信を持って投資する事ができます。

損切りラインをしっかり決めておく

ビットコインや仮想通貨といったハイリスク・ハイリターンの投資商品全般に言えることですが、きちんと損切りラインを決めておくことが重要です。

ボラティリティ(価格の変動性)が高い投資商品は自分の予想に反した向きで価格が動くと、ロスカットや思わぬ損失に繋がりかねません。

きちんと損切りラインをあらかじめ決めておき、損失を限定するようにしましょう。

自己資金をよく考え投資する

ビットコインのようなボラティリティの高い投資商品にむやみに投資するのは極めて危険です。

自分の資金と取れるリスクをきちんと考慮した上で投資するようにしましょう。

セキュリティ管理

取引所のセキュリティとは別に、セキュリティ意識の低い個人がハッキングによるID・パスワードの流出などで被害にあうことも考えられます。

きちんとパスワードを設定し、二段階認証を設定するなどセキュリティ管理も怠らないようにしましょう。

ビットコインの暴落に関する Q&A

ビットコイン_暴落_ビットコイン暴落に関するQ&A

以下がビットコインの暴落に関するよくある質問です。

ビットコインの暴落は今後も起きますか?

ビットコインは毎年50%以上の下落を経験しています。

つまり毎年暴落しているのです。

したがって今後も暴落が起きると考えられるでしょう。

ビットコインが暴落した時は買い増しのチャンスですか?
暴落時は本来の価値より大幅に価格が下がる事があります。

そのため、価格が本来の価値に戻るだけでリターンを見込む事ができます。

長期的にビットコインの価格が上昇すると考えるのならビットコインの暴落時は最高の買い場と言えるでしょう。

暴落時にビットコインを買い増ししたいのですが、おすすめの取引所はありますか?

bitFlyerがおすすめです。

bitFlyerは現物・レバレッジ取引ができる上、スマホアプリも充実しているので幅広くおすすめできます。

さらに100円から取引をする事ができるので少額から取引を始めてみたい人にもおすすめです。

ビットコインの値動きが激しい理由は?

ビットコインは歴史が浅くきちんとした価値が定まっていないため価格が大きく変動することがあります。

また法定通貨ではないので、避難通貨として金融情勢の影響を大きく受けたり、各国の仮想通貨に関する法整備も整っていません。

したがって誰もビットコインの本当の価値が分からず、価格が大幅に変化しやすいのです。

ビットコインなどの仮想通貨と、株式投資は何が違うの?

ビットコインは株式投資と異なり24時間常時取引ができる事が主な違いです。

また仮想通貨投資は株式投資に比べてハイリスク・ハイリターンな投資であるといえます。

ビットコインの暴落に関するまとめ

ビットコイン_暴落_ビットコインの暴落に関するまとめ

ビットコインの暴落に関するまとめ
  • 様々な要因でビットコインは暴落してきた
  • 世界情勢や経済・金融動向に注目しよう
  • ビットコインのアップデートや半減期にも注目
  • 長期的に価格が上昇するとしたら暴落時は最高の買い場
  • ビットコインは毎年50%以上の下落を経験している
  • 自己資金とリスク許容度を考慮した上で投資しよう

ビットコインは大国の動向、経済・金融の市場の動き、著名人の発言など様々な要因によってこれまで何度も暴落を経験してきました。

これからもこれらの要因によって急落する可能性もあります。

しかし下がる時は大きく下落しますが、上昇するときは大きなリターンを見込む事ができます。

今後、ビットコインのアップデートや半減期がビットコイン上昇のきっかけになるかもしれないのできちんと確認しておくようにしましょう。

長期的にビットコインの価格が上昇するとしたら暴落時は最大の買い場なので逃さないようにしたいですね。

最後にビットコインなどボラティリティが高い投資商品を扱う場合は、自己資金とリスク許容度をきちんと考慮して取引するようにしましょう。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる