\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

ビットコイン(BTC)の今後を完全予想|2021年にかけての将来性/価格予想!

ビットコイン_価格予想

ゴリわかくん

ビットコインの価格は今後どうなるウホ?
ビットコインの今後の価格が気になるウホォぉぉぉぉぉ!

ゴリ美ちゃん

近年、ビットコイン(BTC)が非常に大きな盛り上がりを見せています。

一時は「1BTC=600万円」を突破し、とても注目されています。

結論から言いますと、ビットコイン(BTC)は今後も価格上昇する可能性が高いんです!

本記事では、ビットコイン(BTC)が今後伸びる根拠についてバッチリ解説します。

この記事を読み終わる頃には、ビットコインの将来性についてバッチリ理解することができますよ!

ビットコインの今後をざっくり言うと…
  • 一時は「1BTC=600万円」まで価格上昇したビットコインも、まだまだ価格が上昇する可能性が高い。
  • ビットコインを購入する取引所は「セキュリティの高さ」「使いやすさ」「手数料の安さ」の3つを総合的に判断するのが得策。
  • 上記3つのポイントを総合的に判断すると「Coincheck」「bitFlyer」や「DMM Bitcoin」がとても使いやすく、初心者におすすめ。
  • その中でも『Coincheck』は、取り扱い通貨国内No.1を誇っており取引手数料が無料。
  • 一部上場「マネックスグループ」を親会社に持ち、スマホアプリのダウンロード数は「410万回」を突破している人気の取引所。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

ビットコイン(BTC)価格は今後上がる可能性が高い!その根拠は?

ゴリわかくん

ビットコインはこれからどうなっちゃうのかウホォぉ?
本当に価格は上がるのかウホォ?

ゴリ美ちゃん

リップルやイーサリアムなどのアルトコインが発達した現代社会。

ビットコインは、仮想通貨バブルの後、なんとなく人々の間で悲観的に見られがちになっています。

ビットコインはオワコンなのでは?」と言われることもしばしばあります。

そんなビットコインですが、実は将来性はまだまだ十分にあり、今後伸びる可能性が高いんです!

ビットコインが今後伸びる理由
  1. 知名度が高く、価格が安定している
  2. 資産逃避先になる
  3. 決済通貨として普及する
  4. 発展途上国での需要がある
  5. 基軸通貨として使われる
  6. ライトニングネットワークが使われている
  7. 半減期による価格上昇
  8. 大型アップデート

知名度が高く安定している

ビットコイン_価格予想

ビットコインは時価総額が1位で、一番初めに作られた仮想通貨です。

仮想通貨に詳しくない方でも「ビットコインは知っている!」という方もいるくらい、沢山の種類がある仮想通貨の中でも最も知名度が高い通貨です。

そのため、ビットコインに投資する人の人数は今後も安定して存在すると予測されます。

さらにビットコインは総発行量が決まっているため、仮想通貨投資家のビットコイン投資への需要はますます高まっていくといえるでしょう。

資産逃避先としての役割を持つ

ビットコイン_価格予想

法定通貨の価値が低くなった時、ビットコインは「資産逃避先」として意識されることがあります。

皆さんもご存知の通り、円などの法定通貨には「発行主体」が存在します。

例えば、日本円の場合の発行主体は「日本銀行」ですよね!

それに対してビットコインは、発行主体が存在していません。

ですので、ある国の情勢や金融体制が不安定になった場合、資産逃避先としてビットコインが買われる可能性が高いんです!

たくさん買われば、もちろんその分ビットコインの価格は上昇します。

実際に米中貿易摩擦が激化した際には、法定通貨の価値が弱体化し、ビットコインへの逃避資金流入がなされました。

特に法定通貨の価値が不安定な国では、仮想通貨が「安全な逃避先資産」として利用される場合も多く、需要があるのです。

決済通貨として普及する可能性がある

ビットコイン_価格予想

ビットコインは決済通貨としても発展を遂げており、今後多くの人々に普及していく可能性があります。

言い換えると、ビットコインを「投資の対象」としてではなく、「実際の通貨」として利用することも可能になっているのです!

ビットコインを決済通貨として導入している店舗
  • ビックカメラ
  • メガネスーパー
  • ソフマップ

ビックカメラでは、「今後のビットコインの法整備が進むことにより人々のビットコイン決済への需要が高まることが確実である」と言う理由でビットコイン決済を導入しています。

さらに、世界で2番目に大きなバーガーチェーンであるバーガーキングはビットコイン決済に積極的で、2017年にロシアの店舗でビットコイン決済導入を発表しました。

その後、2019年9月以降にはバーガーキングのドイツの店舗で、ビットコイン決済が可能になっています!

ビットコイン決済とは

ECサイトや飲食店などで決済手段としてビットコインを利用すること。

海外でも決済可能な点、既存の決済手段よりも簡単に手続きできる点、手数料が安くなる点の3点がビットコイン決済の利点として挙げられる。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

発展途上国での需要がある

ビットコイン_価格予想_買い方

ビットコインは、発展途上国での需要が高いです。

発展途上国には、銀行口座を持っていない方がたくさん存在しています。

銀行に口座を作れないunbankedと呼ばれる人々や難民でも、仮想通貨で給料をもらい、仮想通貨決済によって貯蓄することが可能になっているのです。

米投資企業が仮想通貨取引所「LocalBitcoins」のデータを分析したところ、仮想通貨の価格下落に相反して、発展途上国におけるビットコインの実利用が進んでいる可能性が示唆されました。

ビットコイン_価格予想

なんと、2018年のバブル後は仮想通貨の取引量こそ減少したものの、発展途上国での仮想通貨の取引量は増加傾向にあるのです!

ちなみに、発展途上国での取引高は約4000万ドル(1年間)で約20%がベネズエラが占めています。

その他にも「LocalBitcoins」によると、新興市場からの取引高は「ロシア、ベネズエラ、中国、ナイジェリア、コロンビア」で約80%を占めていると報じています。

このように発展途上国や新興国など、自国の法定通貨や政治・社会情勢が不安定な国々においては仮想通貨の需要はまだまだあるといえるでしょう。

unbankedってどんな人々?

主に発展途上国に住んでいて、銀行口座を持たず、その日に得た現金のみで生活している絶対的貧困の状態にある人々のことを指す。全世界に約25億人以上存在すると言われている。

基軸通貨として使用されている

ビットコイン_価格予想_セキュリティ

法定通貨における基軸通貨とは、

「国際通貨の中で、支配的な役割を占め為替や国際金融取引で基準として採用されている通貨」

のことを指します。

1870年代から第一次世界大戦までは、国際金本位制により、英国のポンドが基軸通貨の役割を果たしていましたが、第二次世界大戦以降は米ドルが基軸通貨になっています。

ゴリわかくん

仮想通貨にも基軸通貨の概念は存在しているウホ?あるとしたら仮想通貨における基軸通貨はどの通貨ウホ?

そう!ゴリわかくん、良い質問です!

仮想通貨にも基軸通貨の概念が存在しており、ビットコインはなんと仮想通貨の中の「基軸通貨」としての役割を果たしているのです!

ビットコイン以外の通貨を購入する方も基軸通貨であるビットコインを購入するため、ビットコインの需要が高まり、価格が上昇していくのです!!

現状ではビットコインの支配力は40%を超えているウホ。でも今後アルトコインの発達によって時代は変わっていく可能性はあるウホ。

ゴリ美ちゃん

ゴリわかくん

なるほど。ICO規制や法整備も含めて今後の動向に期待したいウホ。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

ライトニングネットワーク

ビットコイン_価格予想

ライトニングネットワークって?

ブロックチェーンとは別の場所で取引を処理し、取引処理にかかる負担を軽減する技術のこと。

スケーラビリティ問題や処理速度、マイニングにかかる手数料など、ビットコイン特有の課題を解決するために開発されたソリューションです。

ブロックチェーンの外で取引を実行することでマイクロペイメントを高速に実行できるようになっています。

このライトニングネットワークにより、直接チャンネルを開けていないユーザー間でも高速に取引を実行することが可能になりました。

2019年9月にはセキュリティの脆弱性が問題になりましたが、ライトニングネットワークの実装によってビットコインシステム全体の信頼性が向上し価値が上がると考えられています。

スケーラビリティ問題などのビットコインの諸課題を解決することが出来れば、今後ますますビットコイン市場が賑わいを見せることが予想されるでしょう!

半減期による価格上昇

ビットコインは半減期によって過去に何度も大きく価格が上昇する動きをしています。

半減期とは新規発行される通貨数が半減されることで、新規の通貨発行量が減少すると通貨の希少性が高くなります。

2020年5月3回目の半減期では2021年5月までの1年間に、100万円から500万円まで約5倍に上昇しました。

次回の半減期は2024年になりますが、過去の値動きを考えると大きな取引チャンスになるでしょう。

大型アップデート「Taproot」

ビットコインはプライバシー強化や効率化を図る目的で「Taproot」という大型アップデートが行われます。

このアップデートにより、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを多用に展開できるようになります。

Taprootの適用により、これまでビットコインのブロックチェーン上で不可能だったことを可能にでき、他の仮想通貨との優位性を強固にすると言われています。

機能としても重要ですが、Taprootの採用が満場一致で決まったことがビットコイン価格にとって今後ポジティブな要因になると予想されている。

ビットコイン(BTC)を買うならココ!おすすめ取引所ランキング3選!

ゴリわかくん

実際にビットコインを購入していきたいウホ!
手数料が安くて、安全に取引できる取引所はどこウホ?

ゴリ美ちゃん

ビットコイン(BTC)を購入して利益を出すためには、安心できる取引所での口座開設が不可欠です。

まずは「取引所を選ぶ際のポイント」について確認していきましょう。

取引所を選ぶポイント
  1. セキュリティの高さ
  2. 使いやすさ
  3. 各種手数料の安さ

安全にビットコインの取引をするなら、セキュリティの高さは必要不可欠。

セキュリティがしっかりしていないと、利益を出すどころかあなたの資産に危険が及ぶ可能性も。

特に、親会社が上場企業である場合や、資本金が潤沢な場合は「安全性が高い」と言えるでしょう。

その他、長期的に使う場合は使いやすさも重要ですし、利益を最大化するためにも手数料の安さも重要視するべきです。

以上3点を踏まえて、おすすめ取引所について見ていきましょう!

おすすめ取引所第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheckの特徴
  • 潤沢な資金力を持っており、親会社はなんと東証一部上場企業のマネックスグループ!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なので無駄なコストがかからない!
  • スマホアプリが使いやすく、既に410万ダウンロードを突破している!
  • 取り扱い通貨数は国内最多の16種類!ビットコイン以外の通貨もたくさん取引できる

これからビットコイン(BTC)を購入するのに最もオススメなのが、マネックスグループを親会社に持っているCoincheck(コインチェック)です。

今大注目の取引所でして、その使いやすさ故にアプリダウンロード数は「410万」を突破。

初心者から上級者にまで愛されているんですよ!

親会社であるマネックスグループは「マネックス証券」などの金融業も展開しており、抜群のセキュリティノウハウを持ち合わせています。

「セキュリティの高さ」という点から見ても、Coincheck(コインチェック)は非常に優秀な取引所です。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの特徴
  • ビットコインを含め、13種類もの仮想通貨を取引できる
  • もちろん、「取引手数料」「入金手数料」が無料
  • ビットコインの取引量はなんと、国内No.1
  • ビットコインを『100円』という少額から取引でき、リスクを最低限に抑えることができる

bitFlyerは、国内でも抜群の知名度・取引者数を誇る取引所!

ビットコインの取引量国内No.1」を誇っており、流動性は抜群です。

少額からの取引に対応しており、ビットコインをなんとたったの「100円」から買うことができます。

ビットコインの「現物取引」「レバレッジ取引」の両方に対応しており、異なるトレード方法を1つの取引所内で実現。

スマホアプリもとっても使いやすく、初心者の方の「はじめての取引所」としてもピッタリです!

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

おすすめ取引所第3位:DMM Bitcoin

DMM_Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(5.0)
DMM
  • 数々の事業を展開している大手企業「DMMグループ」を親会社にもつ取引所!
  • 「取引手数料」「入金手数料」「出金手数料」が全て無料!コストがほとんどかからない!
  • レバレッジ取引に特化しており、12の暗号資産FXに対応!

DMM Bitcoinは、金融系だけでなく様々なサービスを展開している「DMMグループ」を親会社にもつ仮想通貨取引所。

レバレッジ取引に特化しており、なんと12もの暗号資産のレバレッジ取引に対応しているんです!

「取引手数料」「入金手数料」「出金手数料」が全て無料ですので、冗談抜きでコストがほとんどかからず、とってもおトクですよ!※BitMatch取引手数料を除く

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

おすすめ取引所第4位:GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
GMOコインの特徴
  • 親会社は、東証一部上場企業のGMOインターネットグループ!
  • 主要な12種類の仮想通貨の現物取引・レバレッジ取引に対応!

GMOコインは、インターネット関連事業を展開している一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社にもつ取引所。

主要12通貨の現物取引・レバレッジ取引に対応しています!

「取引所形式」と「販売所形式」の両方に対応しており、用途によって使い分けることができるのでとっても便利ですよ!

ビットコイン(BTC)の今後の価格予想【AI(人工知能)】

ビットコイン_価格予想

ゴリわかくん

人工知能やロボットによる、ビットコインの今後の価格予想について見ていくウホ!
ロボットはビットコインをどう予想しているウホォぉ?

ゴリ美ちゃん

トークンインサイト(TokenInsight)

ビットコイン_価格予想

トークンインサイトは、仮想通貨・ブロックチェーン技術の分析を手掛けるwebサイトです。

トークンインサイトば「2020年8月までにビットコインが2万ドルを超える」と予想しています。

このサイトはコンピューターで大量の乱数を生成することで近似解を求める手法である「モンテカルロ法」を利用しており、信憑性が高い予想であると言えるでしょう。

さらに採掘難易度(マイニング難易度)も年末にかけて価格を上回る勢いで上昇すると予想しています。

マイニング難易度に関しては「保守的な予想」と「楽観的な予想」の2種類を発表しています。

マイニング難易度の予想
  • 保守的予想→採掘難易度は14.74Tまで増加・ビットコインの計算力は最大48%増加
  • 楽観的予想→採掘難易度は17.14Tまで増加・ビットコイン計算力は約72%増加

ビットコイン(BTC)の今後の価格予想【著名人/専門家】

ビットコイン_価格予想

ゴリわかくん

有名人によるビットコインの価格予想ウホォ!
なかなかに信憑性がありそうウホ!確認するウホォぉぉ!

ゴリ美ちゃん

ビットコインの価格予想① ジョン・マカフィー氏

ジョン・マカフィー氏はビットコイン愛好家として知られるアンチウイルスソフトの創業者です。

マカフィー氏は、2020年までに100万ドル(約1億800万円)に到達するという予測をしています。

同氏は2018年に何者かに急に毒を盛られ、緊急入院しています。

ショッキングな事件ですが、それだけ仮想通貨の今後の予測を発表することが人々から注目されていて責任重大であることが分かりますね。

2020年末まではビットコイン価格を100万ドル以下に保つこと自体が数学的に難しい」とも発言されていました。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

ビットコインの価格予想② トーマス・リー氏

トーマス・リー氏はFundstrat Global Advisorsの共同創業者であり、機関投資家としても著名な方です。

ビットコイン価格に対して強気予想をする人物としても知られています。

そんなリー氏は「ヘッジファンドはビットコインの価格に大きな影響を与える可能性がある」と述べ、ビットコインの今後は明るいとしました。

リー氏は、ビットコインは2020年3月までに1000万円を超えると発言していました。

ビットコインの価格予想③ ソニー・シン氏

ビットコイン_価格予想

ソニー・シン氏は「bitpay」という仮想通貨ウォレットサービスのCOOです。

同氏はブルームバーグのインタビューにて、Fidelityの参入やBakktへの注目がますます増えることや業界全体の規制が進むことを理由にビットコインの今後の価格は上昇すると予想しました。

具体的には「2019年のビットコイン価格が15000ドル(170万円)から20000ドル(220万円)に到達する可能性がある」と発言していました。

ビットコインの価格予想④ ジェネシス・マイニング

仮想通貨マイニング企業のジェネシス・マイニングは「ビットコイン投資家予測2020」という調査を発表しています。

調査はビットコイン投資家1,000人を対象にアンケートを実施して行われ、回答者の約18%の人が今後10年で5万ドルを超えると予測しました。

実際にビットコイン価格は5万ドルを大きく超えて上昇しています。

また、約30%の回答者はビットコインの価格が今後10年間で10万ドルを超えて、50万ドルを超えるとみる声もあります。

法定通貨への信頼が低下することで、仮想通貨市場の政治的なマイナス要因に関係なく、大きく成長余地があると予想している人が多いようです。

ビットコインの価格予想⑤ マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルの創業者マイケル・のぼグラッツ氏による価格予想は、ビットコインが年内に2倍以上の10万ドルに上昇すると予想しています。

PayPal導入、大手クレジットカード決済参入など、ビットコインによる支払いが拡大することで、企業が資産としてビットコインを保有しだすとされています。

ビットコインの電力消費問題によってビットコイン価格は低迷していますが、アメリカ証券取引委員会の承認によって、今後価格上昇する可能性が高いと言われています。

他にも、ビットコインと金は世界的な「流動性の供給」によって上昇す続けるとも予想しています。

ビットコイン(BTC)に投資をするメリット

ビットコイン_メリット

ゴリわかくん

ビットコインに投資をすると、どんなメリットがあるのかウホォぉ?
儲かる可能性があるのは分かるウホ!他にどんなメリットがあるのかウホォぉぉぉぉ

ゴリ美ちゃん

ビットコインに投資するメリット
  1. 送金手数料が安い
  2. 少額投資できる!
  3. 価格変動が激しい!
  4. 稀少性が高い
  5. 送金時間が短い
  6. 大企業と提携している
  7. ブロックチェーン技術を学べる!
  8. ビットコインETFの承認
  9. バックトが普及する可能性

ゴリわかくん

メリットがたくさんあるウホォぉぉぉぉぉ!!
それくらいビットコインは将来性に優れているウホね!1つ1つ見ていくウホ!

ゴリ美ちゃん

送金手数料が安い

ビットコイン_手数料

ビットコインの取引は、非中央集権型(P2P)という方式で行われます。

つまり、銀行間での送金とは異なり、第三者機関を仲介せずに送金することができるんです!

そのため、レバレッジ取引手数料やその他送金にかかる手数料を節約することが出来ます。

ビットコインはネットワークを通じて自由に仮想通貨取引が可能なため、非常に安価に取引が出来ます。

これはビットコインを利用する最大のメリットであるといえるでしょう!

P2P(ピアツーピア)とは

ネットワーク上で危機感が接続・通信する方法のひとつである。

機能に違いのない端末同士がじかに接続し互いの持つデータや機能を利用しあう方式のこと。

少額投資が可能で初心者向け

ビットコイン_初心者

結論から申し上げますと、ビットコインは少ない資金から投資することが可能です。

初心者の方は「投資」と聞くと身構えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

取引所によってそれぞれですが、仮想通貨投資の場合、最小購入金額「数百円」で投資ができます。

そのため投資に慣れていない方や損をしたくない初心者の方には特におすすめです。

特に、取り扱い通貨数国内No.1を誇る「Coincheck」であれば、手数料無料でビットコインを購入することができますよ!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

価格変動が激しいため利益が出やすい

ビットコイン_価格予想

ビットコインをはじめとした仮想通貨は価格変動が激しいです。

そもそもビットコインは2013年にキプロスの金融危機による銀行閉鎖と資金凍結の影響を受けて、価格が急上昇しました。

同年1月に1BTC=約2000円であった価格が、同年12月には約12万円まで上昇した過去があるのです。

ビットコインは急な価格上昇が見込めるため、儲かりやすい通貨であると言えるでしょう。

発行量が限られており希少性が高い

ビットコイン_価格予想

ビットコインの総発行量は「2,100万BTC」と決まっており、これ以上発行されることはありません。

この総発行量はビットコイン誕生当時から決められていることで今後変更されることもないでしょう。

ビットコインの通貨発行システムはマイニングと呼ばれ、マイニング報酬として発行される通貨の枚数が徐々に半減されていくように作られています。

通貨の供給量が制限されていることによって需要が増加し、結果的にビットコインの価値が上がるように作られているのです。

そのため購入できるときにビットコインを購入しておけば、その希少性から将来的に大きく稼げる可能性があるのです。

素早く直接送金することができる

ビットコインは、直接送金をすることで素早く送金することが可能であるというメリットがあります。

例えば、私たちが普段使用している通常の通貨である法定通貨を送金する場合、必ず銀行などを仲介する必要があります。

それに対して、仮想通貨の場合は個人間が直接送金を行うことが可能です。

そのためビットコインの個人間取引は、取引相手が見つかれば仮想通貨専用のアドレスを使って素早く取引を実行することが可能です。

大企業と提携し規模が拡張しつつある

ビットコインは時価総額1位の仮想通貨の中でも信頼性が高い通貨です。

多くの大企業との連携が進んでおり、その点で将来性がある通貨である推測できます。

仮想通貨の将来性を見極めるには、まず一つ目にその通貨が多くの人々によって使用されていることが必要条件です。

さらに二つ目の条件として、現在進行形で進化が続いている通貨であると言うこともチェックポイントであるといえます。

そのため今後ますます多くの人々に利用されることが容易に予想できるでしょう。

さらにビットコインは市場のニーズに合わせて日々進化しているため、今後ますます伸びていく将来性の高い通貨であると言えるでしょう。

連携している大企業の例
  • 楽天
  • LINE
  • スターバックス
  • リクルート
  • IMB

例えば、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレットは、2019年8月29日より、暗合資産の現物取引サービスを開始しました。

アプリ上で24時間365日いつでも対応可能な暗合通貨の現物取引を行うことが出来るようにするサービスを提供しています。

取引対象となる仮想通貨は「ビットコイン」、「イーサリアム」、「ビットコインキャッシュ」の3種類です。

また、上記の楽天ウォレットに加え、各業界を代表するリーディングカンパニー19社が所属しているディーカレット、Yahoo!が出資するTAOTAOが仮想通貨交換業者として金融庁に認められています。

2019年9月6日には20社目となるLINEのグループ会社がディーカレットに所属し、仮想通貨交換業者となっています。

今後もきっとより多くの大企業がビットコイン取引市場に参入してくることが予想されます。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

ブロックチェーン技術を使用している

ビットコインを初めとした多くの仮想通貨はブロックチェーン技術を使用しています。

ブロックチェーン技術はデータの書き換えが非常に困難であるという特徴があり、そのため不正がしづらくなっています。

多くの人々のインターネット上にデータが共有されているため、ユーザー全員で監視できる仕組みがあるというのもメリットでしょう。

そのためビットコインは仮想通貨の中でも多くの人々によって信頼されています。

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術とは、世界中に点在するコンピューターにデータを分散することで、中央集権を置かずに破壊・改ざんが困難なネットワークを作る技術のことである。

ビットコインETF承認の可能性

 

ETFとは(Exchange Traded Fund)の略で「上場投資信託」のことを指します。

投資信託とは投資家から集めたお金を、ファンドマネジャーが株や債権などの複数の商品に投資・運用する金融証券のことです。

それに対して上場投資信託とは、多くの投資家が参加して投資家同士で売買が出来るように証券取引上に上場されている投資信託のことを指します。

つまり、ビットコインETFとは、主にビットコインを投資対象とする金融商品のうち、証券取引所で上場されていて自由に売買できる投資信託のことを指します。

上場するには取引所の厳しい審査に合格する必要があるため、投資家保護レベルが一定基準を超えている必要があります。

そのため上場すれば仮想通貨自体の信用は高まりますし、機関投資家による資金が流入する可能性があるでしょう。

ビットコインETFのメリットまとめ!
  • 仮想通貨の信用が高まる
  • 税金面での負担が減少する可能性がある
  • 機関投資家による資金が流入する可能性がある

ビットコインETFの承認は現状では、なかなか承認されないと言う問題もありますが、今後のビットコインの価格に影響を与える可能性は大きいといえるでしょう。

バックト(Bakkt)の稼働

バックトって?

ニューヨーク証券取引所の親会社である「インターコンチネンタル取引所」が設立した新事業。

ビットコインをUSドルに交換して店舗で支払いに利用できるサービス。

バックトは、マイクロソフト、スターバックス、ボストンコンサルティンググループなど様々な大手企業との提携しています。

信頼性、効率性、商取引をデジタル資産にもたらすことを目的として形成されており、既存の市場と商業インフラをブロックチェーンに結びつけるオープンな技術の開発を目指し誕生しました。

バックトがリリースするビットコイン先物は「現物引き渡し型」です。

なぜ現物引き渡しにこだわるかというと、バックトのビットコイン先物市場に参加するには、機関投資家がビットコインを事前に保有している必要があるからです。

機関投資家が法規制を徹底的に遵守した市場に参入することで、価格操作の可能性を限りなく低くすることによってビットコインの価値を担保しようとしているのです。

ビットコインの価値を担保しようとする動きが高まれば、ビットコイン市場の透明性が増し、より多くの人々がビットコインに注目すると予想できますね!

儲けている人は本当にいるの?ビットコインで億り人になった有名人!

ゴリわかくん

ビットコインで儲けている人って本当に存在するウホ?怪しいウホ。
実は結構存在しているらしいウホ!!次のトピックでは、実際に億り人になったケースを紹介していくウホ!

ゴリ美ちゃん

次にビットコインの将来性を見極める上で、ビットコインによって億り人となった例をご紹介します。

ウィンクルボス兄弟

ウィンクルボスは双子で知られている有名人でビットコインによって億り人になりました。

Facebookを作ったのは自分たちである」と公言し、マックザッカーバーグと訴訟を起こして勝訴したことでも話題になりました。

あれほどFacebook創始者として有名なマックザッカーバーグに訴訟で勝つなんてすごいですよね。

元々資産家で育ち、投資に回せる余剰資金に恵まれていたことも勝因といえるでしょう。

2019年時点ではアメリカで仮想通貨取引所で運営をしており、その点でも彼は有名です。

サトシ・ナカモト

ビットコインの創設者であると言われているのが、サトシ・ナカモトです。

名前からして日本人のようですが、実際には詳細が分かっておらず、謎の人物です。

サトシ・ナカモトは創世記に自ら生み出したビットコインを約100万BTC保有していることが分かっており、ビットコインによって億り人となった代表的な人物であるといえるでしょう。

ロジャー・バー

ロジャー・バーはビットコインの神として知られるエンジェル投資家です。

政治思想的にリバタリアンで無政府主義者である同氏は、大学を中退しビットコインにはまるようになりました。

少なくとも10万BTC保有していると噂されており、同氏もまたビットコイン投資によって億り人となった人物です。

エンジェル投資家とは

創業間もない企業に対して資金を共有する富裕層のこと。

エンジェルという用語はイギリスで演劇事業に資金供給する富裕な個人を表現した言葉に由来している。

仮想通貨と法整備について

仮想通貨は今後法規制が進んでいくと予想されています。

ビットコインの将来性を見極める上でもしっかりと今後整備されるであろうビットコインと法整備について勉強しておきましょう。

仮想通貨の法規制について

仮想通貨の法規制は発展途上でまだまだ整備が進んでいません。

日本で初めて出来た仮想通貨に関する法律は「仮想通貨法」です。

この法律によって正式に「仮想通貨の定義」と「仮想通貨交換業の定義」、「仮想通貨交換業の規則」が定められました。

仮想通貨の定義は2種類あるとされ、不特定多数に対して者を売買できる「第1号仮想通貨」、1号仮想通貨と交換できる「第2号仮想通貨」が定められました。

「改正資金決済法」について

2017年4月に施行された「改正資金決済法」では、取引所について仮想通貨交換業者として金融庁への登録が必要になりました。

そして仮想通貨の法律上カバーされていなかった「財務規制、行為規制、マネーロンダリング規制、監督規制」が新たに導入されました。

財務規制では、仮想通貨取引事業者は登録に際して、「資本金額1000万円以上であること」および「純資産額がプラスであること」の2つの要件を備えるように求められるようになりました。

行為規制では、仮想通貨交換業者が遵守すべき以下の6つの義務が定められました。

行為規制によって定められた6つの義務
  • 名義貸しの禁止
  • 情報の安全管理義務
  • 委託先に対する指導
  • 利用者の保護等に関する措置
  • 利用者財産の管理義務
  • 指定か創通か交換業務紛争解決機関との契約締結義務など
分別管理を行わなかった場合、2年以下の注液または300万円以下の罰金のいずれか、または両方が課されます。

監督規制では、仮想通貨交換業者に対する監督規制として以下に6つの義務が追加されました。

監督規制によって定められた6つの義務
  • 帳簿書類の作成・保存義務
  • 報告書の提出義務
  • 立ち入り検査等
  • 業務改善命令
  • 登録の抹消等
  • 登録の抹消

マネーロンダリング規制は、犯罪行為で得た資金の出所を分からなくする行為であるマネーロンダリングを規制するための法改正です。

マネーロンダリング規制では以下の4つの義務が追加されました。

マネーロンダリング規制によって定められた4つの義務
  • 口座開設時の取引時確認業務
  • 確認記録・取引記録等の作成・保存義務
  • 疑わしい取引の届け出義務
  • 従業員教育、統括管理者の選任、リスク評価書の作成、監査等の社内管理体制の整備
アカウントを開設しようとしているユーザーの本人確認を行うことで、マネーロンダリングを防止しようとする動きが出ています。

本人確認業務はその内容を記録し保存する必要があり、疑わしいとされた場合の対処についても明確に記載されています。

今後の法規制とビットコインの将来性

政府は2019年6月7日に仮想通貨の「暗号資産」への解消や規制強化案などを盛り込んだ資金決済法と金融商品取引法の改正法を公布しました。

そして、日本政府は仮想通貨改め「暗号資産」の改正法を2020年6月までに施行することを発表しました。

改正法には、規制対象の明確化、適切な人員の配備、国際情勢にスークした適切な規制の実施など計15項目の付帯決議が付加されています!

これらの事実から現状で仮想通貨に関心がある人が多く存在していることが推測できます。

今後仮想通貨の規制が厳しくなり、仮想通貨の法規制も整備されていくことが予想できるでしょう。

ゴリわかくん

ちゃんと仮想通貨の法整備は進められているんだね!
法整備が進めば、今よりももっと安心して取引することができるようになるウホォぉ!

ゴリ美ちゃん

このように仮想通貨に対する規制が整うと、機関投資家の参入が見込まれたり、デリバティブ(派生商品)も増えます。

長期的に考えるとビットコインの法規制はビットコインの将来的な価値を高めていくと言いえるでしょう。

知っておきたいビットコインの基礎的情報

ゴリわかくん

最後に、ビットコインの基礎知識についておさらいするウホォ!
意外と知らないことも多かったりするから、しっかりおさらいしていくウホォ!

ゴリ美ちゃん

紙幣としての形がない

ビットコインは最初に作られた仮想通貨で、時価総額10兆円越えの1位の最もメジャーな仮想通貨です。

ただ、ビットコインは法定通貨ではなく仮想通貨です。

法定通貨であれば、価値が日銀によって保証されていますが、仮想通貨の場合は価値の保証が全くありません。

そのため紙幣としての形がなく、インターネット上の架空の価値を持つ通貨として取引が行われています。

強制通用力が全く認められていないため、通貨としての適応力が今後広がればよりビットコインは将来性のある通貨であるといえるでしょう。

発行主体がない

仮想通貨は法定通貨とは異なり、国や銀行などの発行主体がないことが特徴としてあげられます。

中央に管理者を配置しないことによって「P2P」と言う手法で非中央集権的な管理方法をとっています。

中央集権的な通貨にし、さらにブロックチェーン技術を応用させることによってデータの不正が出来ない仕組みを作り上げています。

ビットコインは価格変動が激しい通貨ですが、暴落に負けないのはなぜでしょうか。

それはビットコインの価値を評価する人が一定数存在しているからです。

他にもビットコインが時価総額が大きいこと、知名度が高いこと、基軸通貨として利用されていることがビットコインの価値が保っている理由であると言えます。

インターネット上のため取引場所が自由

法定通貨と異なり、仮想通貨はインターネット上で取引が行われる通貨です。

そのため場所に左右されず取引することが可能です。

さらに販売所や取引所など取引する会社の違いによって多少差はありますが、データの持ち運びやすさや支払いの手軽さを考慮すれば比較的楽に仮想通貨取引が出来るといえるでしょう。

ビットコインはまだまだ将来性のある通貨であることが分かりました。

ビットコインを購入するかどうか迷っている方は、ぜひこの機会に購入しておくべきでしょう!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで仮想通貨を買ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)