ビットコインの今後に将来性はない?10年後の価格予想や専門家の見通しを徹底解説!

  • ビットコイン/仮想通貨の今後に将来性はないの?
  • ビットコインの今後の価格予想や暴落のタイミングが知りたい

ビットコインは仮想通貨の中で最も時価総額が高く、今後10万ドルまで上昇すると予想されている将来性のある通貨です。

ただ、仮想通貨/ビットコインが暴落する様子を見て今後の将来性や価格に不安を覚える方もいるでしょう。

本記事では仮想通貨/ビットコインの将来性が明るい理由について、著名人/投資家による今後の見通しやAI価格予想、過去の価格変動を基に解説します。

読み終える頃にはビットコインの今後の価格変動をうまく利用して、周りの投資家よりお得に購入できるでしょう。

ビットコインの今後の概要

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

目次

ビットコインの現在価格/最新チャート【2023年1月】

通貨名ビットコイン
通貨単位BTC
時価総額
(2023年1月最新)
¥52,044,612,312,820
現在の価格
(2023年1月最新)
¥2,984,338
取引量26,058,276,190.33ドル
ビットコインチャートこちら(Trading View)

2021年11月にビットコインは過去最高額の760万円台に突入し、注目が集まりました。

しかし、2022年に入りロシア・ウクライナの関係が悪化し、仮想通貨市場は低迷期に入ります。

ロシアの仮想通貨規制、仮想通貨TerraUSDの暴落、インフレの長期化など、2022年後半はネガティブなニュースが多く、下降トレンドが続いている状態でした。

11月10日にビットコインは2022年最安値17,5000ドルを記録。米株式市場の大幅反落やアルメダショックが要因だと考えられる。
参考:CoinPost

2023年に入り、金融引き締め政策により落ち込んでいた米株価市場が回復してきました。それに伴いビットコイン価格も少しずつ上昇しています。

仮想通貨/ビットコインは、世界経済や規制、著名人の発言などによって価格が大きく左右されます。

チャートを見ると「仮想通貨/ビットコインにはもう将来性がないのかな?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、仮想通貨の決済利用、開発、投資などが世界規模で進む中、仮想通貨/ビットコインの将来性は長期的に見て明るいと考えられます。

本記事では過去の価格動向や投資家/専門家の意見、AI価格予測を基に仮想通貨/ビットコインの今後の将来性を解説していきます!

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインに影響を与えたニュースと価格動向

ここからは2021年から2022年にかけて仮想通貨/ビットコインの価格を大きく左右したニュースと実際の価格動向を解説していきます。

どのような要因で下降トレンドが続いているのかを知ることで、今後の見通しもつきやすくなるかと思います。

ビットコイン価格に関わる重大ニュース
  • 2021年10月ビットコインETF承認
  • 2022年1月ロシア中銀が仮想通貨を規制
  • 2022年5月仮想通貨TerraUSDが大暴落
  • 2022年6月CPI発表による仮想通貨の市場低迷
  • 2022年11月海外大手FTXの騒動でFTTトークンが大暴落

2021年10月ビットコインETF承認

CoinMarketCapより引用

2021年10月~12月のビットコインのチャートです。

2021年10月1日時点で1BTCは480万円台でした。

10月に入り、米国のビットコインETF承認に対する期待が高まっていくと同時に価格も徐々に上昇。

10月16日に正式に、ビットコインETFが承認されたことで価格は一気に700万円台に突入しました。

ETFとは上場投資信託のことで、株と同じように証券取引所で売買できる。ビットコインETFが承認されることで、機関投資家の参入が増えてビットコインへの資金流入&価格上昇が見込まれる。

2021年11月24日にはビットコインアップデート「Taproot」が実装されることも相まって、2021年11月9日には770万円を突破し、過去最高額を記録しました。

参考:CoinPost

2022年1月ロシア中銀が仮想通貨を規制

CoinMarketCapより引用

2021年11月~2022年2月のビットコインのチャートです。

11月9日に過去最高額を突破した後、価格は徐々に落ち着きを見せます。

コロナウイルスのオミクロン株発生ロシア・ウクライナ間の緊張の高まりにより、2021年12月~2022年1月のビットコイン価格は低迷期となりました。

2022年1月中旬にロシア中央銀行が仮想通貨の利用・マイニング禁止を提案したことで、ビットコイン価格は更に降下し、1BTC=380万円台まで下がりました。

参考:ロシア中央銀行

2022年5月仮想通貨TerraUSDが大暴落

CoinMarketCapより引用

2022年3月~5月のビットコインのチャートです。

2022年5月7日、米ドルのステーブルコインであるTerraUSD(UST)の価格が暴落し、ビットコインなど多くの仮想通貨に大きな影響を与えました。

米ドルのステーブルコインとは米ドルと価格が連動した仮想通貨のこと。本来、「1UST≒1USD」になるように設計されていた。

きっかけは、何者かが意図的に攻撃する目的で、数千億円のUSTを一気に売ったことです。

USTが市場に増えすぎた結果、1UST≒1USDの価格が保てなくなり、そこから価格は暴落。

人気の仮想通貨だけあって、仮想通貨市場には大きな衝撃と不安を与えました。

その結果として、ビットコイン価格も暴落したというわけです。

参考:NHK【経済コラム】

2022年6月CPI発表による米株式と仮想通貨の市場低迷

CoinMarketCapより引用

2022年5月~11月のビットコインのチャートです。

6月10日にCPI(米消費者物価指数)発表が行われ、数値は前年同月比8.6%上昇、40年ぶりの高水準を更新しました。

CPI(米消費者物価指数):米国の物価の変動を表す経済指標。物価変動率、インフレ率などがわかる。

CPI(米消費者物価指数)が市場を上回る伸びとなり、インフレの長期化やFRB(米連邦準備制度)による金融引き締め政策の懸念が高まりました。

その結果、株価や仮想通貨は大幅下落したと考えられます。

直近では、11月10日に価格が暴落しています。これも11月半ばに控えるCPI発表の懸念から米株式市場と仮想通貨市場が落ち込んでいるようです。

参考:CoinPost

2022年11月海外大手FTXの騒動でFTTトークンが大暴落

CoinMarketCapより引用

2022年11月4日~11日のビットコインのチャートです。

Coindeskのリーク記事によって、投資会社アラメダ・リサーチは保有資産の58%が「FTTトークン」であることが発覚しましたました。

そして、アラメダ・リサーチの姉妹企業である大手海外取引所「FTX」の財政状況にも疑いの目が向けられます。

大手海外取引所「Binance」が保有するFTTトークンを全て売却すると発言したことで、FTTトークンの価格は1日で84%下落。

それに伴いビットコインを含む仮想通貨市場全体の価格にも影響が大きな影響が出ました。

参考:CoindeskJAPAN

AIによるビットコインの今後の価格予想【2023年~2030年】

ここからはAIによる価格予想を紹介していきます。

あくまでAIによる価格予想です。1つのサイトだけで判断せずに、複数のAIによる価格予想を参考にしましょう。

2023年末の価格予想

2023年末BTCの価格予想

*1ドル=130円計算

各サイトの2023年末ビットコインAI価格予想は以上の通りです。

2022年11月10日にはアルメダショックによりFTTトークンの価格が大暴落。ビットコインにも影響がおよび、2022年最低価格になりました。

また、インフレの長期化によって、さらなる金融引き締めが予想されたことで米株式市場、仮想通貨市場は下落傾向にありました。

ビットコインの価格はしばらく停滞していましたが、2023年に入り米株価市場が回復傾向に。ビットコインの価格も少しずつ上昇しています。

2030年の価格予想

2030年のBTC価格予想

*1ドル=130円計算

各サイトの2030年ビットコインAI価格予想は以上の通りです。

サイトによってかなり価格に差があります。

今までの価格の上がり方を参考に、2030年の価格予想をしているためかなり強気な数字のように思います。

ただ、長期的な目で見れば価が上がることは間違いないでしょう。

現在、CPI発表などで仮想通貨市場が低迷している時期ですが、価格が安い今のうちにビットコインを購入しておくとよいでしょう。

キャンペーンなどを使って、小額か始めることをおすすめします!

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

著名人によるビットコインの今後の価格予想

著名人が今後のビットコインの価格をどのように予想しているのか解説していきます。

予想する著名人やAI
  • JPモルガン
  • マイクロストラテジー社元CEO
  • エルサルバドル大統領の予想
  • ブルームバーグ マイク・マクグローン氏
  • 資産運用会社PGIM
  • Kraken社CEO

JPモルガン

米大手投資銀行のJPモルガンは「ビットコインの最大の課題は、機関投資家のさらなる参入を妨げるボラティリティと、急上昇と急下降の波の大きさだ」と記載しています。

ボラティリティとは価格変動の大きさのこと

ビットコインはゴールドのように供給量が定められているため「デジタルゴールド」と呼ばれますが、ゴールドとのボラティリティの差は4倍あります。

ただ、2022年時点でビットコインのボラティリティは減少傾向にあります。

2016年~2017年では底値からピークまでの価格上昇が約52倍あったのに対し、2020年~2021年における上昇率は約18倍と、ボラティリティが低下しています。

これは以前より長期投資で資金流入が起きていて、JPモルガンは長期目線でビットコイン価格は15万ドルになると予想しています。

参考:Forbes JAPAN

マイクロストラテジー社元CEO

マイクロストラテジー社の元CEOマイクロ・セイラー氏は、ビットコインの祭典「Bitcoin 2022」カンファレンスで「ビットコインは現在、かつてないほど強気の市場環境にある」と語りました。

米ソフトウェア企業のマイクロストラテジー社は、世界の上場企業で最も多くのビットコインを保有しています。(129,699BTCを保有)

「世界で何が起ころうともビットコインは今後成功する」と発言しており、長期目線ではありますが2030年までにビットコインの価格が100万ドルに達すると予想をしています。

現実味がありませんが、マイクロ・セイラー氏は2022年8月にCEOの座を降り、BTC投資戦略や指示活動に集中するほどビットコインの将来性に期待しています。

マイクロストラテジー社は、ビットコインが暴落しても一切売却していないので本気度はかなり高いでしょう。

参考:Forbes JAPAN

エルサルバドル大統領の予想

エルサルバドルの大統領ナジブ・ブケレ氏は、「2022年にビットコインが10万ドルに達する」と価格予想しています。

ナジブ・ブケレ氏は、2021年9月、エルサルバドルで国として初めてビットコインを法定通貨として採用したことで注目を浴びていました。

他にも、ナジブ・ブケレ氏は更に2カ国がビットコインを法定通貨として採用するとの予想も立てています。

ブルームバーグ マイク・マクグローン氏

米経済メディアBloombergのシニアコモディティストラテジストであるマイク・マクグローン氏によると、長期目線でビットコイン価格が10万ドルに達するのは時間の問題と発言しています。

別のコモディティストラテジストは、ビットコインがゴールドや国債の高ベータ版として機能し始めると確信しています。

高ベータ版:市場全体の値動きより大きく変動する銘柄。この場合、ビットコインはゴールドや債権より大きな利益を得られる。

ビットコインとゴールドの相関関係が0.44まで上昇しています。

今後もゴールドとの相関関係が強まり、似た値動きをするようであれば、より大きな利益を得られるビットコインに投資した方が得策と言えます。

また、短期で価格が大幅に上昇する予想は少ないものの、長期ではマイク・マクグローン氏やマイクロ・セイラー氏など10万ドル超を見ている著名人が多いので、ビットコインの将来性はかなり期待されています。

参考:u.today

資産運用会社PGIM

約184兆円を運用する資産運用会社PGIMは、すでにビットコインの5%が機関投資家に保有されており、ビットコインはもはや機関投資家が無視することはできないほど成長していると発言しています。

機関投資家からの資金流入が増えればビットコインの信頼性が増します。

ポートフォリオに仮想通貨を追加した場合に考えられる利益について、顧客からの問い合わせは増加傾向にあり、「過去10年で仮想通貨の取引データが蓄積される中、仮想通貨市場について真剣に検証すべき時であると考えている」と前向きな姿勢を示しています。

ただ、ビットコインは近年株式/コモディティとの相関関係が不安定であるとの指摘もあります。

国際通貨基金も「暗号資産と株式市場の連動性や相互の波及効果が高まっており、これは両者の相関が高まっていることを示唆するものである」と指摘しており、投資の分散性が損なわれる懸念があります。

参考:PGIM

Kraken社CEO

米仮想通貨取引所のKrakenのCEOジェシー・パウエル氏は、2021年12月に2022年内のビットコイン価格が劇的に下落する可能性があると発言しました。

具体的にはビットコインが冬の間に4万ドル以下へ下落すると予想していて、実際2022年はすでに18,000ドル台まで下落しています。

しかしパウエル氏は長期目線でみるとビットコインは一貫して上昇基調にあるとして、「ビットコインを購入するなら5年スパンで見るべきだ」と、長期投資をおすすめしています。

参考:ForbesJAPAN

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインに将来性はない?今後の価格上昇ポイントを解説

ビットコインの相場が動くタイミング

今後ビットコインが大きく価格変動する可能性が高いタイミングを知っておくことは、安く購入したり高値で売却したりする際に重要です。ぜひ抑えておきましょう。

ビットコインが大きく価格変動する可能性が高いタイミング5選
  • 2024年の半減期
  • ビットコインETFの影響
  • スケーラビリティ問題の行方
  • 大国による仮想通貨規制状況
  • 決済手段としての普及

2024年の半減期

ビットコインの大きな価格変動で最も期待できるタイミングは2024年に起きる半減期です。

半減期はマイニングによって新規発行されるビットコインの枚数が半分になるプログラムで、4年に1度起こります。

マイニングを行うマイナーの利益は「ビットコインの売却益-コスト=利益」になるため、ビットコインの発行枚数が減少すると収益も半分になってしまいます。

すなわち、ビットコインの売り圧が半分になると同義なので、ビットコインの価格が上昇しやすいサイクルができるのです。

ビットコイン半減期

上記チャートのように、ビットコインは半減期の翌年に価格が大幅に上昇する傾向があります。

そのため、2024年にビットコインを保有していれば、翌年の2025年に半減期による価格上昇の恩恵を受けられる可能性が高いでしょう。

ビットコインETFの影響

ビットコインETFとは、ビットコイン価格に連動したETF(上場投資信託)のことで、投資信託であるETFにビットコインが加わると証券取引所で取引できるようになります。

証券取引所で取引できるようになるとビットコインへの投資ハードルが下がるので、買われやすくなり、価格が一時的に上昇しやすくなる可能性があります。

ビットコイン価格へ良い影響を及ぼすには取引が盛んに行われている米国の証券取引所に上場する必要があり、2021年10月19日にビットコイン先物ETFがニューヨーク証券取引所に上場しました。

先物にはなりますが、上場の影響を受けてビットコインは最高値の700万円付近まで上昇しています。

ビットコインの現物ETFが米国の証券取引所で上場すればより大きな価格上昇をする可能性が高いですが、現物ETFはSEC(米国証券取引委員会)に否認され続けており、上場までにはまだ時間がかかるようです。

2021年にVanEck社がビットコイン現物ETFの上場申請をSECに却下された理由は「ビットコインは市場の操作に遭うリスクが高過ぎる」でした。

今後ビットコインの需要が増加し、取引高が増加すれば上場できる可能性が高く、今のうちに購入しておくと価格上昇の恩恵を受けられるでしょう。

スケーラビリティ問題の行方

ビットコインは1度に10件程度の取引しか承認できず、取引に平均10分かかるためブロックチェーンの取引が詰まってしまうスケーラビリティ問題をかかえています。

スケーラビリティ問題はさらに取引時間を遅延してしまい、取引処理速度が改善しなければビットコインを利用する人が減少して価格に悪い影響を及ぼす可能性があるでしょう。

そこで登場したのが「ライトニングネットワーク」です。ライトニングネットワークは小規模な取引をわざわざメインチェーンで処理せず、脇道で処理して渋滞を減らそうという仕組みです。

ビットコインのスケーラビリティ問題はライトニングネットワークによって徐々にユーザーの利便性を改善しているため、価格下落を招きにくくなるのではないかと予想できます。

ライトニングネットワークは7000万人以上のユーザーを抱える人気決済アプリCash Appや、ビットコインマーケットプレイスのPaxfulが対応し始めており、ライトニングネットワークの利用ユーザーが潜在的に7000万人を超えています。

KrakenやOkcoin、OKExなど取引所も対応し始めていて、2021年第1四半期から2022年第1四半期にかけて決済高は410%増加しました。

このままビットコインのデメリットがなくなり、利便性が上がれば価格上昇にも期待できます。

大国による仮想通貨規制状況

ビットコインや仮想通貨は価格変動の大きさや詐欺の横行など、未成熟な産業な故に問題が多いです。

そのため、今後は大国による仮想通貨規制が進み、健全な投資環境が整う一方で価格は一時的に下落する可能性があります。

世界各国の仮想通貨規制の状況
  • シンガポール金融管理局のフィンテック分野責任者:仮想通貨を厳しく規制していく
  • シンガポール規制当局:仮想通貨企業のライセンス付与に際して「非常に時間をかけて、極めて厳格なリスク調査などのプロセス」を適用していく
  • アメリカFRB理事:より幅広い新規投資家を守るために規制が必要である
  • 米ニューヨーク州の上院議会:Powを採用する仮想通貨のマインニングを規制

規制は一時的に仮想通貨市場全体の価格を下落させる可能性が高いですが、長期的に見ると健全な投資環境が整い、価格も元に戻るのでマイナスの影響はあまり大きくないでしょう。

決済手段としての普及

ビットコインは仮想通貨の中で最も価格が安定しているので、決済手段として利用できる店舗や決済サービスが増えています。

ビットコインを決済に使用できる代表的なサービス
  • 決済サービス米Stripe社
  • エミレーツ航空
  • エルサルバドルの最大手銀行Bancoagrícola
  • デジタル資産関連企業Bakkt
  • PayPal
  • Mastercard

大手決済サービス会社が続々とビットコイン決済に対応し始めていて、大手クレジットカード会社のVISAもステーブルコイン決済に対応し始めているので今後ビットコインにも対応する可能性が高いです。

海外取引所のBinanceでは自社のアプリでホテル予約や小売店の支払いができるようになり、ビットコイン決済に対応しました。

ビットコインの社会的地位は徐々に高くなり、ビットコインの利用ユーザーが増えて価格にも良い影響を及ぼすでしょう。

ビットコインが暴落するタイミングを解説

ビットコインの暴落要因

ビットコインの現在価格が2021年につけた最高値から半値以上下落しており、今後の将来性に不安を覚える方もいるでしょう。

そこで、ビットコインが暴落する要因を紹介します。

ビットコインの暴落要因
  • 大国の仮想通貨に対する規制
  • 世界情勢の変化
  • 著名人の発言
  • 著名人や大企業による大量売却

大国の仮想通貨に対する規制

ビットコインは大国の仮想通貨規制に価格が影響されやすいです。2017年に中国で仮想通貨交換業者の運営が禁止され、ビットコイン価格は数日で30%程度下落しています。

また、2022年1月にはロシア中央銀行が仮想通貨の使用とマイニングの禁止を提案し、ビットコインは7%下落しました。

ロシアは仮想通貨の取引額が50億ドルあり、ビットコインのマイニング割合の11.2%を占めるので、ビットコインに与える影響も大きいのです。

仮想通貨上で広範な金融トラブルが起きると仮想通貨全体で規制がされ、ビットコイン価格も下落する可能性が高いので注意です。

このように仮想通貨の規制によって価格が下落する傾向があり、仮想通貨は詐欺やボラティリティの大きさによるトラブルが大きいため、今後もさまざまな規制が課せられるでしょう。

実際、2022年5月に起きたTerraの破綻に伴い、フランス中央銀行のガロー総裁が「グローバルな規制が早急に必要であるという大きな警鐘」であると指摘しています。

G7主要国も包括的な規制の迅速な策定・実施を進めるよう金融安定理事会に要請しており、今後のニュースに注目です。

世界情勢の変化

ビットコインは米国株と相関関係が強く、2022年6月30日時点でS&P500との相関関係は0.67です。

そのため、米国の経済、すなわち世界情勢の変化に価格が影響されやすいデメリットがあります。

世界情勢によって価格が下落している2022年のビットコインは、主に米国のコロナショックによる経済変化が原因です。

ビットコインの売却タイミングを逃さないためには、米国のCPI発表や株価などはチェックしましょう。

コロナショックによって経済が停滞した際にFRBが2020年3月に政策金利を1.75%から0%に引き下げ、現金の供給量を増やす量的緩和を行って日本円で毎月約16兆円の金額が流通しました。

金融緩和により企業は資金調達がしやすくなったので2021年は経済が回復しましたが、インフレ率が上昇してしまい2021年11月から金融緩和を毎月150億ドルずつ縮小、政策金利も0.75%の利上げを行いました。

金融引き締めは株式や仮想通貨が売られやすいので、世界情勢によってビットコインも下落しているのです。

著名人の発言

ビットコインは著名人の発言によっても価格が乱高下します。

例えば2021年に米Tesla社CEOイーロン・マスク氏がTesla社のビットコイン決済が中止されたことで、価格が1日で10%近く下落しました。

イーロン・マスク氏がTwitterのプロフィールに「#bitcoin」と記載しただけで価格上昇した事例があり、著名人の発言で市場が動くことを把握しておきましょう。

著名人や大企業による大量売却

著名人や大企業がビットコインを大量売却すると、大きな売り圧となり価格は下落しやすいです。

例えばTesla社が2022年第2四半期に9億3600万ドル(約1295億円)相当のビットコインを売却したことが明らかになると、ビットコイン価格は約1.7%下落しました。

ただ、逆に著名人や大企業がビットコインを大量購入すると価格は上昇しやすいです。

ビットコインの今後の将来性が高い理由7選

ビットコインの将来性

ビットコインは暴落要因がいくつかありますが、長期的に見ると将来性は高いです。将来性が高い理由を解説します。

ビットコインの将来性が高い理由
  • 時価総額ランキングが1位であること
  • 仮想通貨での決済可能店が増えていること
  • ブロックチェーン使用の「非中央集権的通貨」であること
  • ビットコインのマイニングが残り10%であること
  • P2P方式を採用し、いつでも決済や送金が可能であること
  • 大企業が相次いで参入していること
  • メタバースの普及で新しい経済圏を生み出す可能性があること

時価総額ランキングが1位であること

ビットコインは時価総額約60兆円と仮想通貨の中で最も高く、仮想通貨市場に占める割合は2022年第2四半期時点で46.8%です。

そのため、仮想通貨市場はビットコイン主導で価格変動が起きる場合が多く、他の仮想通貨の価格変動に影響されにくいメリットがあります。

仮想通貨の中で最も時価総額が高いと、仮想通貨への投資を考えている金融機関や個人投資家から真っ先に投資対象として考えられやすく、資金流入が起きやすいです。

資金流入が起きやすければ価格も上昇しやすく、下落相場においてもまず他のアルトコインから売却されていくため資金が抜けにくいです。

時価総額ランキング1位であることのメリットは他の仮想通貨より価格が良い方向に動きやすいので、将来性に期待できます。

仮想通貨での決済可能店が増えていること

ビットコイン決済取扱店は2014年から2019年までの5年間で約600%増加しています。

ビットコイン決済可能な店が増えるということはそれだけビットコインが社会に浸透してきている証拠です。

ブロックチェーン使用の「非中央集権的通貨」であること

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳を使用した非中央集権的通貨です。

非中央集権型は既存企業のように中心に運営企業がいるわけではなく、ビットコインネットワークの意思決定に参加したいユーザーが世界中から集まって運営する形態です。

中央集権的な意思決定では中心となる企業の意思が強く反映されがちで、中心に何かトラブルがあると全体的な影響を及ぼしてしまうデメリットがあります。

ビットコインは非中央集権的通貨として誰からも没収されず、誰もがアクセスできる通貨として自国通貨の価値が低い人々に利用されやすいです。

しかし、非中央集権的な意思決定では意思決定に参加する全員で決めるので公平性があり、セキュリティが分散化されているため不正やトラブルが起きにくいメリットがあります。

ただ、意思決定者が多い分、意思決定がなかなか決まらない部分があるため、プロジェクトの開発スピードは劣ってしまうでしょう。

ビットコインのマイニングが残り10%であること

ビットコインはマイニングによって10分に1度新規発行されますが、供給量が2100万枚と決められており、新規発行枚数は残り10%を切りました。

マイニングとは、簡単に表すとビットコインの取引を承認する作業のこと。

ビットコインは供給量が2100万枚しかありませんが、実際はウォレットから引き出せなくなったり消失したりしているビットコインが多くあるためより少ない枚数しか流通していないでしょう。

供給量が一定なのに対しビットコインの需要は増加しているため、ビットコインはできるだけ早く購入しておく方が安く確実に保有できます。

残り10%のマイニングがすべて終わるのは約100年後で、ビットコインの新規発行枚数は時間が経つにつれて減少する仕組みになっています。

つまりビットコインがどんどん獲得しにくくなっていくので、価値が上がりやすく、早くから保有している人がその恩恵を受けられるでしょう。

P2P方式を採用し、いつでも決済や送金が可能であること

ビットコインは決済や送金をP2P方式で行え、銀行口座を持っていない人でもいつでも決済や送金ができます。

P2P方式とは、中央サーバーを介さず個人のサーバー間で通信するネットワーク方式のこと。

世界には銀行口座を持っていない人(アンバンクト)が20億人以上いると言われており、発展途上国に多いです。

アンバンクトは銀行振込による決済や送金ができませんが、ビットコインはその問題を解決できます。

また、先進国へ出稼ぎに来た人が母国へ稼いだお金を送金する際に、通常であれば国際送金手段を利用します。

しかし、国際送金は多くの機関を通すため手数料が高く、母国に届く頃にはわずかな金額しか残りません。

ビットコインを利用すれば手数料がわずかで済み、送金時間も10分ほどしかかからないので、発展途上国の方々からの需要が高くなるでしょう。

大企業が相次いで参入していること

ビットコインには大企業が相次いで参入しています。2022年8月12日には運用資産規模10兆ドルを超える最大手投資運用会社blackrockが、機関投資家向け「ビットコイン投資信託」の提供を開始しました。

今後は投資運用会社が機関投資家向けにビットコインへ投資しやすい環境作りを進めていくと予想でき、ビットコインへ多額の資金が集まりやすくなるでしょう。

マーケットに投資する際、仮想通貨の中で最も将来性が高いビットコインにはかなり大きな配分で投資される可能性が高いので、価格を押し上げる要因になるでしょう。

Digital Currency GroupのBarry SilbertCEOは「各国の中央銀行は、ビットコインに簡単かつ安全に投資できるようになった」と発言しており、将来的には中央銀行もビットコインを保有する可能性があります。

また、イギリスで長年ヘッジファンドとして利益を出してきたBrevan Howardが、2022年8月4日に仮想通貨に特化したヘッジファンドを立ち上げ、1,400億円規模の資金調達をしました。

1,400億円規模の資金調達は仮想通貨界隈であまり事例がなく、1,400億円のうち9割はマーケットに投資すると発表しています。

参考:blockworks

メタバースの普及で新しい経済圏を生み出す可能性があること

2022年7月18日には、ドバイがWAM(国営エミレーツ通信社)で「ドバイ・メタバース戦略」を発表しました。

ドバイ・メタバース戦略は、2030年までに1000社以上のブロックチェーンおよびメタバース企業を誘致し、4万以上のバーチャル・ジョブのサポートを目指すというプロジェクトで、国家規模でメタバース経済圏を普及させる動きが始まっています。

コンサルタント会社のPwCは2020年のレポートで、メタバースの重要な要素であるVRとARテクノロジーは2030年までにアラブ首長国連邦(UAE)の経済に40億ドルをもたらす可能性があると述べており、すでにUAEで6700の雇用を生み出し、約5億ドルの経済効果を生み出しています。

adidas・NIKE・Disneyなどの世界的大企業もメタバースに参入しています。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

2023年これから伸びるビットコイン以外の銘柄を紹介

ビットコイン_今後

ビットコインが将来性に優れている仮想通貨だということはわかりましたが、ビットコイン以外の仮想通貨は今後どうなっていくと思いますか?

本記事では、将来性が高い順に予想していきます。

ビットコイン以外の将来性が高い仮想通貨
  • 1位 イーサリアム(ETH)
  • 2位 リップル(XRP)
  • 3位 ポルカドット(DOT)

1位 イーサリアム(ETH)

通貨名(通貨単位)イーサリアム(ETH)
価格¥195,868
時価総額ランキング2位
ETH公式サイト公式HP
Twitter
購入できる取引所Coincheckなど
CoinMarketCapより引用

イーサリアムはDeFiやNFTなど、仮想通貨上のプロジェクトの多くで使用されているブロックチェーンです。

今後、NFT市場やブロックチェーンを使ったサービスの拡大により、イーサリアムの需要も増加していくと考えられます。

また、2022年9月のアップデートで、イーサリアムは最大の課題であった「スケーラビリティ問題」の解決が図られました。

2022年9月のアップデート「マージ」によりコンセンサスアルゴリズムがPoSに変わりました

スケーラビリティ問題の解決により、今後も長期的な需要の拡大と価格上昇が期待できます。

2030年には次のアップデートがあり、さらなる進化が見込まれます。

アップデートの詳細は価格変動に繋がるので、ニュースは日々チェックしておきましょう。

2位 リップル(XRP)

通貨名(通貨単位)リップル(XRP)
価格¥49
時価総額ランキング6位
XRP公式サイト公式HP
購入できる取引所Coincheckなど
CoinMarketCapより引用

リップルは、ボーダレスで速くて安い送金に特化した仮想通貨です。

送金に特化した通貨は他にもありますが、リップルの知名度や実用面を上回るのは難しいのが現状でしょう。

リップルの今後の価格は、SECとの裁判結果に左右される部分が大きいでしょう。

2020年12月「リップル社がリップルを未登録証券として販売していた」という理由で、リップル社は米国の証券取引委員会(SEC)に提訴されています。

裁判に負ければ価格は下落し、裁判に勝てば上昇する可能性が高いです。

ただ、リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは「訴訟は非常にうまくいっており、約15か月前に始まったときに私が予期していたよりも、ずっとうまくいっている」とコメントしているため、裁判の結果は勝利するかもしれません。

そのため、リップルの今後は前向きに考えてよいと判断できるでしょう。

3位 ポルカドット(DOT)

通貨名(通貨単位)ポルカドット(DOT)
価格¥753
時価総額ランキング12位
DOT公式サイト公式HP
Twitter
購入できる取引所Coincheck など
CoinMarketCapより引用

ポルカドットは、異なるブロックチェーンを繋ぐクロスチェーン技術を持ち、相互運用性があります。

そのため、様々な分散型アプリやブロックチェーンを使ったプロジェクトでの利用されており、「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

イーサリアムキラー:イーサリアムと似た機能を持ち、イーサリアムのシェアを奪っていくと予想される通貨
EX)SOL、ADA、DOTなど

イーサリアムの共同開発者キャビン・ウッド氏が開発した通貨で、イーサリアムを超える機能と需要が期待されています。

ビットコイン(BTC)を購入できるおすすめの取引所4選

ビットコインを購入するのに最適な取引所は、以下の4つです。

 ビットコインを購入するのに最適な取引所
  • Coincheck
  • bitFlyer
  • DMM bitcoin
  • GMOコイン

Coincheck

ビットコイン今後_Coincheckのレーダーチャート画像

今後ビットコインを購入するのに「Coincheck」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「Coincheck」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が東証一部上場「マネックスグループ」
  • 資金力がある
  • 手数料(取引・入金)が0円
  • 操作性の高いスマホアプリ(ダウンロード数:410万以上)
  • 取扱銘柄が17種類と国内最多
  • セキュリティ対策が充実

Coincheck』は信頼性・使いやすさ・手数料の安さなど、総合力が非常に高い仮想通貨取引所です。

初心者トレーダーでも使いやすいスマホアプリもおすすめポイント。

お得かつ効率的にチャンスを活かしやすくなるので、今後ビットコインを購入する場合にはCoincheckがおすすめです。

当サイトから口座開設で3,000円分のビットコインがもらえる!

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー_チャート_2位
bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
  • ジパングコイン(ZPG)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
ポリゴン 19 MATIC
メイカー 0.02 MKR
ジパングコイン – ZPG
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
ポリゴン × ×
メイカー × ×
ジパングコイン × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!
bitFlyerのメリット
  • 顧客の資産を守るコールドウォレット
  • 簡単操作で取引できる
  • ビットコインのレバレッジ取引ができる

bitFlyer』はセキュリティレベルが非常に高く、顧客の資産をインタネットと完全に切り離されたコールドウォレットを使用しており安全に保管できます。

取引は土日祝日関係なく、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから簡単に行えます。

ビットコインのレバレッジ取引は2倍まで可能です。

取引所の種類ビットコイン売買手数料
ビットコイン簡単取引所約定数量 × 0.01~0.15% (単位:BTC)
Lightning現物(BTC/JPY)約定数量 × 0.01~0.15% (単位:BTC)
ビットコイン販売所無料
Lightning FX/Futures無料
bitFlyerのキャンペーン
  • bitFlyer Lightning において ETH/BTC ペアの取引手数料が無料

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

DMM Bitcoin

ビットコイン今後_dmmビットコインのレーダーチャート画像

今後ビットコインを購入するのに「DMM Bitcoin」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「DMM bitcoin」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が大手DMMグループ
  • レバレッジ取引が可能
  • 手数料(取引・入出金)が0円※BitMatch取引手数料を除く
  • 25種類の取引が可能
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • スマホアプリが使いやすい

DMM Bitcoin』は大手DMMグループであり、安心感・知名度が抜群の仮想通貨取引所です。

現物取引・仮想通貨FXに対応しており、レバレッジ取引ができるところもおすすめポイント。

手数料の安さも大きな魅力となっており、今後ビットコインを購入する場合にはDMM Bitcoinがおすすめです。

口座開設完了で2,000円プレゼント!

DMM Bitcoinの評価
販売所
(現物)
取引所
(現物)
レバレッジ
BTC
ビットコイン
×
ETH
イーサリアム
×
XRP
リップル
×
MATIC
ポリゴン
×
LTC
ライトコイン
×
BCH
ビットコインキャッシュ
×
XEM
ネム
× ×
ETC
イーサクラシック
×
XLM
ステラルーメン
×
MONA
モナコイン
×
QTUM
クアンタム
× ×
BAT
ベーシックアテンション
トークン
×
OMG
オーエムジー
×
XTZ
テゾス
× ×
ENJ
エンジンコイン
×
XYM
シンボル
× ×
TRX
トロン
×
ADA
カルダノ
× ×
DOT
ポルカドット
× ×
IOST
アイオーエスティー
× ×
ZPG
ジパングコイン
×
AVAX
アバランチ
×
CHZ
チリーズ
×
MKR
メイカー
×
LINK
チェーンリンク
×
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
DMM Bitcoin キャンペーン

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

GMOコイン

ビットコイン今後_GMOコインのレーダーチャート画像

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所「GMOコイン」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「GMOコイン」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が東証一部上場「GMOインターネットグループ」
  • 資金力がある
  • 取引所取引・販売所取引ができる
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • つみたて暗号資産の取扱銘柄が国内最多の14種類

GMOコイン』は現物・レバレッジ取引ができるうえ、取引所取引・販売所取引も可能。

状況によって最適なトレードをしやすいところがおすすめポイント。

イメージ通りの取引をしやすくなるので、今後ビットコインを購入する場合にはGMOコインがおすすめです。

暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

仮想通貨・ビットコイン(BTC)の今後に関するよくある質問

ビットコイン_今後

仮想通貨やビットコインの今後に関するよくある質問をまとめました。

ビットコインの今後に関するよくある質問
  • ビットコインはどこまで上がりますか?
  • ビットコインが今後暴落するタイミングはいつですか?
  • ビットコインは今買うべきですか?
  • ビットコインの将来性がないってほんと?
  • ビットコインが今すぐ購入できる取引所はどこですか?
  • ビットコインとイーサリアムはどちらが良いですか?
  • 将来性のある仮想通貨銘柄はなんですか?
  • ビットコインのビッグニュースは何がありましたか?
ビットコインはどこまで上がりますか?
ビットコインがどこまで上がるのかは多くの予想がみられていますが、大半は1,000万円超えを予想しています。
Coin Price ForecastDigitalcoinなどAI予想を見ても2030年頃には1,000万円を超えている予想をしており、WalletInvestorも2024年に8万ドルを超えると予想しています。
ビットコインが今後暴落するタイミングはいつですか?
ビットコインが今後暴落するタイミングは、1年以内に起きるでしょう。

現在アメリカを中心に起きているインフレによって物価高騰が止まらなくなっており、利上げをして対策をしていますが、利上げは経済に大きな負担をかけます。
利上げによって今後は経済が少しずつ沈んでいくことが予想されているので、株式市場は引き続き値を下げる動きがみられるでしょう。

実際、バンク・オブ・アメリカも米経済は1年以内にリセッション(景気後退)に陥ると予想しています。
ビットコインは今買うべきですか?
ビットコインは2023年1月現在で、2021年につけた最高値約700万の半値になっているので、長期投資をする際には買うべきといってよいでしょう。

ただ、米国経済の状況によっては今後さらに下落する可能性もあり、1度に大金をつぎ込むのではなく少しずつ積立て投資しましょう。
ビットコインの将来性がないってほんと?
ビットコインの将来性がないという意見はありますが、すでに700万円を超える価値があり、2100万枚しか供給量が存在しないため将来は価格が上昇しやすいでしょう。

ビットコインは過去のバブル崩壊を経験したときに何度の将来性がないと批判されてきましたが、結果的に価格は右肩上がりで成長しています。

機関投資家や企業が買い占めているのも将来性がある材料の1つです。
ビットコインが今すぐ購入できる取引所はどこですか?
最短5分で申し込みが完了するCoincheckがおすすめです。

定期的に新規口座開設キャンペーンも実施しているのでぜひチェックしてみてください!
ビットコインとイーサリアムはどちらが良いですか?
ビットコインとイーサリアムはどちらが良いか一言で決められず、できるのであれば両方に投資しておくのが良いでしょう。
ビットコインとイーサリアムでは通貨の用途がまったく違い、以下のように分けられます。

ビットコイン:価値の保存手段
イーサリアム:NFTやDeFiなどdAppsの基盤

将来の法定通貨の価値下落に賭けるのであればビットコイン、NFTやDeFiなど、仮想通貨プロジェクトを豊富に触りたい方はイーサリアムがおすすめです。

将来性のある仮想通貨銘柄はなんですか?
将来性のある仮想通貨銘柄は1番はビットコインです。なぜなら仮想通貨で最も時価総額が高く、著名人やアナリストらも将来的な価格上昇を見込んでいるからです。

突然出てきた将来性やプロジェクト内容が不透明なアルトコインに投資する前に、まず将来性がある程度約束されているビットコインへの投資がよいでしょう。

すでにビットコインへの投資を済ませているのであれば、イーサリアムやリップルがおすすめ銘柄です。
2022年、ビットコインのビッグニュースは何がありましたか?
・運用資産規模10兆ドルを超える最大手投資運用会社blackrockが、機関投資家向け「ビットコイン投資信託」の提供
・SBI出資企業Clear Markets社がビットコインのデリバティブ取引を提供
・Tesla社、1300億円相当のビットコイン売却

ビットコインの今後 – まとめ

ビットコイン_今後
ビットコインの今後まとめ
  • ビットコインはマイナスな価格変動が起きる可能性が低い
  • ビットコインは社会からも認められつつあるが、規制には注意
  • ビットコイン以外の仮想通貨はイーサリアムが1番おすすめ
  • Coincheckならビットコインやビットコイン以外の将来性のあるコインもすべて購入できる
  • Coincheckと特別コラボキャンペーン!当サイトから新規口座開設をして購入した方全員にBTC3,000円分プレゼント

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインの今後は著名人やAI予想、将来性が高い理由を見ても価格上昇する可能性に期待できる銘柄です。

供給量が定められていてすでに機関投資家や個人投資家から時価総額約4,000億ドルの需要を抱えているため、価格が大幅に下落して戻らないようなシナリオは考えにくいでしょう。

なによりも、ビットコインの今後と将来性に今から関心を持っておけば、あなたの未来にプラスとなることは間違いないはず。

ここでお伝えしたビットコインの今後、仮想通貨ビットコインの将来に関する情報を参考に、資産を大きく増やしていきましょう。

「ビットコインの今後についてある程度把握できたから、実際に取引してみたいな」という方は、Coincheckがおすすめです。