ビットコイン(BTC)は今後暴落する?今買うべきか?仮想通貨の将来性と最新AI予想【2022年1月】

「ビットコインは今後暴落するってほんと?」
「ビットコインと仮想通貨の今後を見通して、たくさん稼ぎたい!」

ビットコインの今後を左右する要因やプロ投資家の価格予想、おさえておきたいリスクなどをかんたんにご紹介。

今後ビットコインを購入する際に利益を伸ばしやすい取引所についてもお伝えします。

この記事を最後までご覧いただけばビットコインの今後を見通して、たくさんの利益をあげやすくなるので、ぜひお役立てください。

「ビットコインの今後」の概要
  • 仮想通貨/ビットコインの今後が明るいと考えるプロ投資家は多い
  • ビットコインの今後は大型アップデート・機関投資家の動向などに左右されやすい
  • ビットコインの今後を見通したい場合、AI・格付け機関・プロ投資家などの価格予想を参考にすると良い!
  • 今後ビットコインを購入するのに最適な取引所は、やはり大手の「コインチェック」「DMM Bitcoin」「GMOコイン」など。
  • 中でも『コインチェック』なら、ビットコインの取引手数料が無料!国内最多の『17種類』もの通貨を取引することができる!

 

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

今後のビットコイン取引におすすな取引所一覧

仮想通貨
取引所
特徴 公式サイト
coincheck
Coincheck
・国内最多の17通貨を取り扱っており初心者に一番人気
取引所手数料が無料!少額で仮想通貨を始められる
公式サイト
GMOコイン
GMOコイン
・現物取引に加え、レバレッジ取引でも人気のある口座
取引出入金送金手数料が全て無料
公式サイト
bitFlyer
ビットフライヤー
・2014年からの老舗取引所
・合計で14種類もの仮想通貨を取り扱っている
公式サイト
DMM Bitcoin
DMM ビットコイン
・インターネット大手のDMMグループが親会社なので安心
・最短当日で口座開設が完了し、すぐに取引を始められる
公式サイト
BITPOINT
BITPOINT
・国内で唯一JMY(ジャスミー)が上場している
・手数料が無料で提供されている
公式サイト

※スマホ表示の場合、表は横にスクロールできます。

2021年11月-2022年1月|ビットコイン相場・最新価格変動

ビットコイン今後価格変動

まずは2021年11月・12月・2022年1月の仮想通貨/ビットコイン(BTC)について、相場状況や価格の変動要因をおさえておきましょう。

2021年11月の変動と要因

2021年11月の主な変動と要因は以下をご覧ください。

2021年11月の変動と要因
  • 変動:1BTC770万円を突破
  • 要因:大型アップデート「Taproot」の実施

「Taproot(タップルート)」はプライバシー機能・スケーラビリティの拡張性が改善されています。

ビットコインの大型アップデートが行われる際にはビットコインの価格が上がりやすいことから、今回の変動要因と考えられます。

2021年12月の変動と要因

2021年12月の変動と要因は、以下の通りです。

2021年12月の変動と要因
  • 変動:1BTC約646万円
  • 要因:
    ・アメリカでビットコイン先物ETFの取扱が始まった
    ・年金基金の投資・欧州中央銀行の利上げに対する慎重な姿勢など

2022年1月の変動と要因

2022年1月の変動と要因は、以下の通りです。

2022年1月の変動と要因
  • 変動:1BTC約500万円まで下落
  • 要因:
    ・米FOMCが、保有資産の縮小を公表したことなど

今後ビットコインの見通しを左右する要素7つ

ビットコイン今後要素

今後ビットコインの見通しを左右する要素は、以下の7つです。

今後ビットコインの見通しを左右する要素
  1. 大型アップデートの影響
  2. 機関投資家の動向
  3. テスラ社によるビットコインの売却
  4. ビットコイン半減期の影響
  5. ライトニングネットワーク実装の影響
  6. ビットコインETFの影響
  7. 世界中で生じているビットコインの法定通貨化

少しでも多くの利益を得られるよう、上記7つの「今後ビットコインの見通しを左右する要素」をチェックしていきましょう。

➀大型アップデートの影響

今後ビットコインの見通しを左右する要素➀は大型アップデートの影響です。

ビットコインは大型のアップデートが行われることで値上がりしやすい傾向があります。

なおビットコインの大型のアップデートの一例としては、2021年11月に行われた「Taproot」などが挙げられます。

➁機関投資家の動向

今後ビットコインの見通しを左右する要素➁は機関投資家の動向の影響です。

機関投資家とは顧客から大きな資金を預かって代わりに運用する金融機関・保険会社のこと。

個人投資家よりも大きなお金を動かすため、機関投資家がビットコインへの投資に積極的になるほど、今後のレートが上がりやすいと言えます。

➂テスラ社によるビットコインの売却

今後ビットコインの見通しを左右する要素➂はテスラ社の動向の影響です。

テスラ社はアメリカの自動車メーカーで、これまでにもビットコインの動向に影響を与えてきました。

テスラ社はビットコインを肯定的に考えていましたが、2021年5月にはビットコイン決済の利用停止を発表することに。

その後ビットコインのレートが下がったことから、テスラ社の動向が大きな要因だったのではないかと考えるトレーダーもいます。

このような点から、テスラ社の動向は今後のビットコインに影響を及ぼす可能性があると言えます。

➃ビットコイン半減期の影響

今後ビットコインの見通しを左右する要素➃はビットコイン半減期の影響です。

ビットコインの半減期とは、新しく発行されるビットコインが半分に減ることを指します。

ビットコインの新規発行数が半減すると希少性が高まり、ビットコインの価格が上昇しやすいと考えられます。

例えばビットコインの3回目の半減期では、約1年をかけて100万円ほど価格が上がりました。

なお、ビットコインの次回の半減期は2024年です。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

➄ライトニングネットワーク実装の影響

今後ビットコインの見通しを左右する要素➄はライトニングネットワーク実装の影響です。

ライトニングネットワークとは取引を効率良く進めるための技術のことです。

ライトニングネットワークの主な特徴は以下をご覧ください。

ライトニングネットワークの主な特徴
  • スケーラビリティ問題の改善
  • 処理速度の向上
  • マイニング手数料の抑制

ライトニングネットワークはブロックチェーン外で取引をするところが大きな特徴。

効率良く取引を進められるようになれば、ビットコインの信頼性・利便性がアップし、価格上昇につながりやすいと言えるでしょう。

➅ビットコインETFの影響

今後ビットコインの見通しを左右する要素➅はビットコインETFの影響です。

ビットコインETFとはビットコインの値動きに連動した上場投資信託のこと。

上場投資信託とは、東証などの取引所に上場している投資信託のことです。

信用取引ができたりリアルタイムでのレート変動が生じたりする点が、通常の投資信託と異なります。

ビットコインETFは顧客から集めた多額の資金で運用されるため、ビットコインETFが盛り上がると、今後のレートを大きく左右しやすいと言えるでしょう。

➆世界中で生じているビットコインの法定通貨化

今後ビットコインの見通しを左右する要素➆は世界中で生じているビットコインの法定通貨化です。

ビットコインを法定通貨とする国が増えるほど、ビットコインのレートが上がりやすいと言えます。

その理由はビットコインの信頼性・利便性が上がり、需要の拡大が見込めるからです。

実際、2021年6月にエルサルバドルでビットコインが法定通貨となった際、下落トレンドから上昇トレンドに変わりました。

エルサルバドルのようにビットコインの法定通貨化が世界中で進めば、ビットコインの価値が上がりやすくなります。

ビットコインの今後の見通し・価格予想|AI / 格付け機関予想

ビットコイン今後AI編

AIや格付け機関などによるビットコインの今後の見通し・価格予想について、以下の3点をご紹介します。

ビットコインの今後の見通し・価格予想
  1. Coin Price Forecas
  2. Digitalcoin
  3. TokenInsight

ビットコインの今後をしっかりと見通せるよう上記3つの価格予想を順にお伝えしていきます。

➀Coin Price Forecas

ビットコインの今後の見通し➀Coin Price Forecasの価格予想については、以下をご覧ください。

Coin Price Forecasの今後の見通し
  • 2021年末の価格予想:4万6,419ドル
  • 2025年の価格予想:13万3,806.12ドル

上記の予想は2021年10月時点の今後の見通しです。

2021年10月のビットコインのレートは約4万4,000ドル。

この点からCoin Price Forecasの今後の見通しはポジティブな予想と言えます。

実際のビットコインの価格はCoin Price Forecasの今後の見通しよりも、さらにポジティブな価格をつけている点もおさえておきましょう。

➁Digitalcoin

ビットコインの今後の見通し➁Digitalcoinの価格予想については、以下をご覧ください。

Digitalcoinの今後の見通し
  • 2021年末の価格予想:6万8,272.02ドル
  • 2025年の価格予想:14万3,138ドル

上記の予想は2021年10月時点の今後の見通しとなり、2021年10月のビットコインのレートは約4万4,000ドルでした。

この点からDigitalcoinの今後の見通しはかなり強気な予想と言えます。

TokenInsight

ビットコインの今後の見通し➂TokenInsightの価格予想は「2020年8月までにビットコインが2万ドルを超える」との内容でした。

ですがこの見通しは外れています。

2020年8月のビットコインのレートは約12,000ドルでした。

なお、ビットコインのレートが2万ドルを超えたのは2020年12月です。

ビットコインの今後の見通し・価格予想|著名人 / 投資家予想

ビットコイン今後有名人編

著名人・投資家によるビットコインの今後の見通し・価格予想について、以下の5点をご紹介します。

著名人・投資家によるビットコインの今後の見通し・価格予想
  1. ジョン・マカフィー氏
  2. トーマス・リー氏
  3. ソニー・シン氏
  4. ジェネシス・マイニング
  5. マイケル・ノボグラッツ氏

ビットコインの今後をしっかりと見通せるよう、上記5つの価格予想を順に見ていきましょう。

ビットコインの価格予想① ジョン・マカフィー氏

ビットコイン愛好家とされるアンチウイルスソフト創業者のジョン・マカフィー氏は、「ビットコインは今後3年以内に50万ドルに達する」との見通しを発表(2017年7月時点)

この発言の約4ヶ月後、ジョン・マカフィー氏は価格予想を100万ドルに上げました。

しかし2022年1月時点のビットコインのレートは4万3,041ドルとなっており、ジョン・マカフィー氏の予想とはかけ離れた結果となっています。

ビットコインの価格予想② トーマス・リー氏

Fundstrat Global Advisorsの共同創業者・機関投資家のトーマス・リー氏は、「ビットコインは今後2020年3月までに1000万円を突破する」との見通しを発表。

トーマス・リー氏はポジティブにビットコインの価格予想をすることで知られています。

なお2020年3月のビットコインの最高値は、約96万円でした。

ビットコインの価格予想③ ソニー・シン氏

仮想通貨のウォレットサービス「bitpay」のCOOを務めるソニー・シン氏は、「ビットコインは2019年中に1万5,000ドル~2万ドルになる」との見通しを発表。

結果は、2019年6月下旬につけた1万2,900ドルが2019年の最高値でした。

ソニー・シン氏はブルームバーグからインタビューを受けた際、「Fidelityの参入」「Bakktへの注目度アップ」「業界全体の規制の進行」などを理由にビットコインの今後の価格上昇を予想していると述べました。

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコインの価格予想④ ジェネシス・マイニング

マイニング事業を手掛けるジェネシス・マイニングは「ビットコイン投資家予測2020」で1,000人の投資家にアンケートを行い、今後のビットコインの価格予想について以下の結果を発表しました。

ジェネシス・マイニングが発表した今後の価格予想のアンケート結果
  • 今後10年で5万ドルを超えると予想:約18%
  • 今後10年で10万ドル~50万ドルを超えると予想:約30%

同社のアンケートによると、「法定通貨の信頼度が落ちることでビットコインの今後の信頼性が相対的にアップする」と考える投資家が多かったとされています。

ビットコインの価格予想⑤ マイケル・ノボグラッツ氏

ギャラクシー・デジタル(仮想通貨投資会社)のマイケル・ノボグラッツ氏は「今後ビットコインは年内に10万ドルに達する」との見通しをしました。

今後のビットコイン上昇要因についてマイケル・ノボグラッツ氏は以下の3点を主な理由として挙げています。

マイケル・ノボグラッツ氏が考える今後の主なビットコインの上昇要因
  • ビットコイン決済の拡大(PayPal導入・大手クレジットカード決済参入など)
  • アメリカ証券取引委員会の承認
  • 金と同様に「流動性の供給」の恩恵がある

今後訪れるビットコインを購入すべきタイミング

ビットコイン今後タイミング

今後訪れるビットコインを購入すべきタイミングについて、以下2つの観点からご紹介します。

今後訪れるビットコインを購入すべきタイミング
  1. テクニカル分析で見極める最適なタイミング
  2. ファンダメンタル分析で見極める最適なタイミング

色んな視点から見てより良い見通しを立てられるよう、上記2つの「今後訪れるビットコインを購入すべきタイミング」を見ていきましょう。

➀テクニカル分析で見極める最適なタイミング

2022年1月現在は、テクニカル分析で見た際の買い時と言えます。

2022年1月は約41,000ドルから上昇をはじめ2021年11月には約67,000ドルとなっているため、大きな上昇トレンドが来ていると予想できます。

現在が一旦の調整段階の場合、今後さらなる上昇が見込めることに。

テクニカル分析で見ると2022年1月現在は上昇トレンドと予想できるため、取引を始めることもひとつの手です。

➁ファンダメンタル分析で見極める最適なタイミング

ファンダメンタル分析から見るビットコインの最適な買いのタイミングは、今のところ明確には読み取れないため、様子を見ると良いでしょう。

近年はスマートコントラクトやDeFi、NFTなど、新しい技術が登場してきました。

ビットコインの値上がり要因が出てきているので、さらにプラス材料が出てくるかどうかを探りながら買い時を模索することをおすすめします。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所5つ

ビットコイン今後取引所

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所は、以下の5つです。

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所
  1. CoinCheck
  2. GMOコイン
  3. bitFlyer
  4. DMM Bitcoin
  5. BITPoint

今後、ビットコインのトレードで少しでも効率良く利益を伸ばせるよう、上記5つの「今後ビットコインを購入するのに最適な取引所」をおさえておきましょう。

おすすめ取引所1:Coincheck

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所➀「Coincheck」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「Coincheck」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が東証一部上場「マネックスグループ」
  • 資金力がある
  • 手数料(取引・入金)が0円
  • 操作性の高いスマホアプリ(ダウンロード数:410万以上)
  • 取扱銘柄が17種類と国内最多
  • セキュリティ対策が充実

Coincheck』は信頼性・使いやすさ・手数料の安さなど、総合力が非常に高い仮想通貨取引所です。

初心者トレーダーでも使いやすいスマホアプリもおすすめポイント。

お得かつ効率的にチャンスを活かしやすくなるので、今後ビットコインを購入する場合にはCoincheckがおすすめです。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

おすすめ取引所2:GMOコイン

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所➁「GMOコイン」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「GMOコイン」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が東証一部上場「GMOインターネットグループ」
  • 資金力がある
  • 取引所取引・販売所取引ができる
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • つみたて暗号資産の取扱銘柄が国内最多の14種類

GMOコイン』は現物・レバレッジ取引ができるうえ、取引所取引・販売所取引も可能。

状況によって最適なトレードをしやすいところがおすすめポイント。

イメージ通りの取引をしやすくなるので、今後ビットコインを購入する場合にはGMOコインがおすすめです。

>>>公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

おすすめ取引所3:bitFlyer

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所➂「bitFlyer」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「bitFlyer」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 100円から取引可能
  • 手数料(販売所取引・入金)が0円
  • 14銘柄の取引が可能
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • スマホアプリが使いやすい

bitFlyer』は取引量が国内トップで利用者数も多く、知名度も抜群です。 ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

現物・レバレッジ取引ができるうえ、スマホアプリが使いやすい点もおすすめポイント。

100円から取引可能なところも魅力です。

これらの理由から今後ビットコインを購入する場合にはbitFlyerがおすすめです。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで仮想通貨を買ってみる

おすすめ取引所4:DMM Bitcoin

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所➃「DMM Bitcoin」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「DMM Bitcoin」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が大手DMMグループ
  • レバレッジ取引が可能
  • 手数料(取引・入出金)が0円
  • 13銘柄の取引が可能
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • スマホアプリが使いやすい

DMM Bitcoin』は大手DMMグループであり、安心感・知名度が抜群の仮想通貨取引所です。

現物取引・仮想通貨FXに対応しており、レバレッジ取引ができるところもおすすめポイント。

手数料の安さも大きな魅力となっており、今後ビットコインを購入する場合にはDMM Bitcoinがおすすめです。

DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで仮想通貨を買ってみる

おすすめ取引所5:BITPoint

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所➄「BITPoint」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「BITPoint」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 手数料(取引・入出金)が0円
  • サーバーが安定している
  • 取引ツールが使いやすい
  • 新規上場の銘柄を取り入れる姿勢がある
  • キャンペーンが魅力的

『BITPoint』は取引手数料・入出金手数料が無料で、取引ツールが使いやすい仮想通貨取引所です。

トロンなどの新規銘柄をいち早く取り入れたところもおすすめポイント。

またキャンペーンが魅力的な点から、今後ビットコインを購入する場合にはBITPointがおすすめです。

ビットコインという仮想通貨の特徴7つ

ビットコイン今後特徴

仮想通貨「ビットコイン」の特徴は、以下の7つです。

仮想通貨「ビットコイン」の特徴
  1. 需要があり実用性も高い
  2. 個人間で送金できる仮想通貨として有名
  3. 送金コストがそこまでかからない
  4. 取引量が多くトレード機会が訪れやすい
  5. 発行上限があるから価値が下がりにくい
  6. 数百円~数千円以内の少額投資も可能
  7. 様々なサービスと連携している

ビットコインの今後をしっかり予想できるよう、上記7つの特徴を順番におさえていきましょう。

➀需要があり実用性も高い

ビットコインという仮想通貨の特徴➀は、需要があり実用性も高いことです。

ビットコインはブロックチェーンの技術を採用しており、不正なデータの改ざんがほぼ不可能と言われています。

強固なセキュリティで守られているうえ、ビットコインは送金の早さや手数料の安さなど、多くのメリットがあるところも大きな特徴。

このような実用性の高さからビットコインの需要は拡大しています。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

➁個人間で送金できる仮想通貨として有名

ビットコインという仮想通貨の特徴➁は、個人間で送金できる仮想通貨として有名なことです。

ビットコインは銀行などの金融機関を介さず、個人同士で通貨のやりとりが可能。

専用アドレスの入力で素早く、安価に送金できる点がビットコインの特徴です。

➂送金コストがそこまでかからない

ビットコインという仮想通貨の特徴➂は、送金コストがそこまでかからないことです。

先述の通りビットコインの送金時には金融機関などの仲介が不要なので、余計な手数料が引かれません。

特に外国に住んでいる相手に送金する際には、ビットコインの送金コストによる恩恵を感じやすいでしょう。

なおビットコインの送金コストが安い理由は、非中央集権型のP2P(ピアツーピア)を採用しているからです。

P2Pはネットワーク上で機器同士がつながっているため、端末同士が直接接続しており、お互いのデータ・機能を共有できます。

➃取引量が多くトレード機会が訪れやすい

ビットコインという仮想通貨の特徴➃は、取引量が多くトレード機会が訪れやすいことです。

ビットコインは他の仮想通貨よりも取引量が多いため、希望のレートで取引を終えやすいと言えます。

またビットコインをはじめとした仮想通貨は法定通貨よりも価格変動が激しめです。

その理由は国家による価格保証が全くされていないから。

こういった特長からビットコインは法定通貨よりも値動きが激しめです。

このようにビットコインは取引量が多くトレード機会が訪れやすいところが特徴となります。

また、よりビットコインの取引量を確保しつつトレードしたい方は、『bitFlyer』がおすすめ。

bitFlyerなら『ビットコインの取り扱い通貨数国内No,1』なので、安心してトレードを行うことができます!
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで仮想通貨を買ってみる

➄発行上限があるから価値が下がりにくい

ビットコインという仮想通貨の特徴➄は、発行上限があるから価値が下がりにくいことです。

ビットコインの発行総数は2,100万BTCと決められています。

そのため希少性を感じやすく、価値が下がりにくいです。

ビットコインの新規発行はマイニングという承認作業に対する報酬として支払われています。

このマイニング報酬には半減期があり、一定期間ごとに半分になるため、ビットコインは希少性が出やすいと言えるでしょう。

➅数百円~数千円以内の少額投資も可能

ビットコインという仮想通貨の特徴➅は、数百円~数千円以内の少額投資も可能なことです。

例えば取扱通貨トップクラスの国内仮想通貨取引所「コインチェック」なら、最小取引額が数百円からと、非常に気軽に取引ができます。

投資初心者のことでもチャレンジしやすいところがビットコインの特徴です。

➆様々なサービスと連携している

ビットコインという仮想通貨の特徴➆は、様々なサービスと連携していることです。

ビットコインと提携している大手企業の一例は、以下をご覧ください。

ビットコインと提携している大手企業の一例
  • スターバックス
  • LINE
  • 楽天
  • IMB
  • リクルート

上記の通り名だたる企業がビットコインと提携しています。

それだけビットコインの今後が期待されており、信頼されている証と言えるでしょう。

過去のビットコインの価格推移

ビットコイン今後推移

過去のビットコインの価格推移について、以下の7点を解説します。

過去のビットコインの価格推移
  1. 2009年 ビットコイン誕生と成長
  2. 2011年 マウントゴックス事件発生
  3. 2016年 2回目の半減期を迎える
  4. 2017年 米国で先物取引所開始とバブル
  5. 2018年 コインチェック事件発生
  6. 2021年 ETF承認と600万円を超える高騰
  7. 2022年のビットコイン 見通し

これまでのビットコインの価格推移を把握して今後をしっかりと見通せるよう、上記7点をチェックしていきましょう。

➀2009年のビットコイン ビットコイン誕生と成長

2009年のビットコインの価格は約0.07円(2009年10月)です。

ビットコインは2009年1月に誕生し、2009年10月にNew Liberty Standardで初の価格提示となりました。

➁2011年のビットコイン マウントゴックス事件発生

2011年、ビットコインは1BTC70円台に急上昇しました。

マウントゴックスがTibanne社(日本)に買収され、多くの人に注目されたからとされています。

その後2014年には仮想通貨取引所のマウントゴックスがハッキングされたことにより約400万ドル相当のビットコイン(85万BTC)が盗まれることに。

この「マウントゴックス事件」によって、9万円前後で推移していたビットコインの価格は18,000円台に下落しました。

➂2016年のビットコイン 2回目の半減期を迎える

ビットコイン今後価格推移2016年

2016年、ビットコインは7月に1BTC約7万円まで高騰しました(年初の価格は約45,000円)

この時の高騰の要因としては、ビットコインが2回目の半減期となったことが大きいと言われています。

2016年7月、ビットコインは半減期を迎えたことによりマイニング報酬が25BTCから12.5BTCとなりました。

➃2017年のビットコイン 米国で先物取引所開始とバブル

ビットコイン今後価格推移2017年

2017年12月、ビットコインは約200万円をマークしました(2017年4月のレートは1BTC約12万円)

2017年12月は、米先物取引所の「シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ(CME)」がビットコインの取扱をスタートした月です。

他にも2017年は「改正資金決済法等」が施行されるなど、ビットコインが注目を集めたことも高騰の要因とされています。

約8ヶ月で188万円ほどの値上がりとなったことから、この時期は「ビットコインバブル」と呼ばれています。

➄2018年のビットコイン コインチェック事件発生

ビットコイン今後価格推移2018年

2018年は1月に1BTC約110万円でしたが、2018年3月には約90万円に値下がりしています。

その大きな要因は「コインチェック事件」と言われています。

コインチェック事件とは2018年1月、コインチェックがハッキングされた事件のこと。

580億円相当のネムが流出したため、ビットコインに対するマイナスイメージが広がったと考えられています。

➅2021年のビットコイン ETF承認と600万円を超える高騰

2021年は1月~4月までが堅調でしたが5月~6月は下落。

その後8月から持ち直し始め、2022年1月現在では500万円を越えています。

2021年はカナダでビットコインETFが承認され、大きな話題となりました。

その後アメリカでもビットコインETFを申請する流れが出ており、今後の動向に注目されています。

➆2022年のビットコイン 見通し

2022年はビットコインの半減期が近づくこともあり、さらなる上昇が期待できます。

その一方で、ビットコインは値下がりしながら価格が上がってきたこともあり、今後も下落の可能性は充分あるでしょう。

ただし「ビットコインは前の年の安値よりも下げたことがない」との意見もあり、2022年の底値は2021年の底値458万円よりも上だと考える方もいます。

ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子4つ

ビットコイン今後下落要因

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の価格を下げ得るリスク・暴落の危険因子4つは、以下の通りです。

ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子
  1. 仮想通貨はもともと価格が安定していない
  2. 各国でのビットコインに対する規制
  3. 災害などで世界中の経済がマヒする
  4. ビットコインバブル

今後のトレードで少しでも損失を抑えられるよう、上記4つの「ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子」をチェックしておきましょう。

➀仮想通貨はもともと価格が安定していない

ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子➀は、「仮想通貨はもともと価格が安定していない」ということです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は法定通貨のように価値を保証されている通貨ではありません。

そのため大きなマイナス要因が出たり、他に魅力的な投資先が見つかったりすると、ビットコインの値下がりは底抜けと思われるほどになる可能性もあります。

中国の規制から始まった大きな暴落がその一例です。

ビットコインの今後を考える場合には、ビットコインは価格が安定しない点をおさえておきましょう。

➁各国でのビットコインに対する規制

ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子➁は各国でのビットコインに対する規制です。

各国がビットコインの規制を強めるとマイナスイメージが広がり、暴落につながる恐れがあります。

なお、各国におけるビットコインの規制については、以下をご覧ください。

各国におけるビットコインの規制
  • 日本
    ・金融庁の審査が必要
    ・審査を経ないと取引可能通貨とみなされない
    ・レバレッジは最大で2倍
  • アメリカ
    ・1.5兆ドル規模の規制について協議開始
    ※FRB、OCC、FDIC
  • 中国
    ・金融機関による仮想通貨の取扱禁止
    →決済手段への利用・貯蓄、担保などへの利用禁止・法定通貨との交換サービスなど
  • インド
    ・デジタル資産として規制を検討中
  • トルコ
    ・仮想通貨交換業者への規制を検討中
    ※仮想通貨交換業者の資金持ち逃げ事件が大きな要因とされている

➂災害などで世界中の経済がマヒする

ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子➂は災害などで世界中の経済がマヒすることです。

ビットコインは値動きが不安定な通貨として知られているため、世界経済の今後に不安を感じる人が増えると暴落のリスクが高まります。

例えば2020年に新型コロナの爆発的な感染拡大が起こって経済がマヒ状態になった際、約110万円のビットコインはまたたく間に40万円台まで下落(暴落)しました。

このように今後に不安を抱く人が増えるほど、ビットコインは暴落のリスクが高まります。

➃ビットコインバブル

ビットコインの価格を下げ得るリスク・危険因子➃はビットコインバブルです。

ビットコインバブルは2017年12月~2018年に発生したとされています。

2017年4月には1BTC約12万円だったビットコインが、2017年12月には1BTC約200万円となりました。

その後、コインチェック事件などによって2018年3月には1BTC約90万円まで暴落しています。

このように大きく上昇してビットコインバブルを迎えた後、大きくビットコインが暴落・下落する可能性もあります。

ビットコイン以外の仮想通貨の今後を予想

ビットコイン今後アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の今後を予想したい方のために、以下の3点をご紹介します。

ビットコイン以外の仮想通貨の今後を予想
  1. イーサリアム
  2. リップル
  3. ネム・シンボル

ビットコイン以外の仮想通貨でもチャンスを広げられるよう、上記3コインの今後について見ていきましょう。

➀仮想通貨の今後・見通し・予想|イーサリアム

イーサリアムの今後の見通し予想は明るめだと言えます。

その理由はPoW→PoSへの移行段階と考えられているからです。

PoSへ移行すればスケーラビリティ問題やマイニングによる環境問題が改善される可能性が高いと言われています。

そのため、イーサリアムの今後の見通しは明るめと言えるでしょう。

➁仮想通貨の今後・見通し・予想|リップル

リップルの今後の見通し予想は不透明です。

リップルは証券法違反ではないかとの理由で、アメリカ証券取引委員会から訴えを起こされています。

この結果がリップルの今後の見通しに大きな影響を与えると考えられます。

リップルに対する訴訟結果は2022年1月頃に出るとされているため、大勝負に出ることは避けた方が良さそうです。

➂仮想通貨の今後・見通し・予想|ネム・シンボル

ネム・シンボルの今後の見通し予想は明るめだと言えます。

ネム・シンボルは今後の開発に期待されており、ネムも継続して取引されている点から、今後が明るいと考えられます。

PoS+の採用やNFTへの参入可能など、ネム・シンボルは今後の値上がりに期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

 

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

今後のビットコインに関するQ&A

ビットコイン今後QA

今後のビットコインに関するQ&Aは以下の3つです。

今後のビットコインに関するQ&A
  1. ビットコインを紙幣で持てる?
  2. ビットコインはどこの国が発行しているの?
  3. ビットコインはどうやって取引できるの?

今後のビットコイン取引をさらに良いものにするためにも、上記のよくある質問をチェックしておきましょう。

➀ビットコインを紙幣で持てる?

ビットコインは暗号資産(データ資産)なので紙幣の形では保有できません。

そのため資産の保管や決済の際、慣れるまでは戸惑うこともあるでしょう。

しかしブロックチェーンはほぼ改ざん不可能と言われている点から、ビットコインは安全性の高い資産とも言えます。

正しい保管方法・使い方をマスターすれば、ビットコインはあなたの暮らしをさらに豊かにしてくれるはずです。

➁ビットコインはどこの国が発行しているの?

ビットコインは国や金融機関などが発行しているわけではありません。

ビットコインは法定通貨とは違って中央管理者が存在しません。

特定の組織が管理していないところがビットコインの大きな特徴です。

➂ビットコインはどうやって取引できるの?

ビットコインはネット上で取引できます。

ネット環境が整っていれば取引可能となるので、利用方法に慣れれば非常に利便性が高いと言えるでしょう。

仮想通貨/ビットコイン(BTC)の今後と将来性|まとめ

ビットコイン今後まとめ

最後にビットコイン/BTCの今後と将来性について、まとめておきます。

「ビットコインの今後」のまとめ
  • ビットコインの今後が明るいと考えるプロ投資家は少なくない
  • ビットコインの今後は大型アップデート・機関投資家の動向などに左右されやすい
  • ビットコインの今後を見通したい場合、AI・格付け機関・プロ投資家などの価格予想を参考にすると良い
  • 今後ビットコインを購入するのに最適な取引所はCoincheck

仮想通貨/ビットコイン(BTC)が今後一時的に暴落したとしても、長期的・将来的にはビットコインの今後を明るいと考える方は少なくありません。

世界的に有名な企業や著名人なども注目するビットコイン。

なによりも、ビットコインの今後と将来性に今から関心を持っておけば、あなたの未来にプラスとなることは間違いないはず。

ここでお伝えしたビットコインの今後、仮想通貨ビットコインの将来に関する情報を参考に、資産を大きく増やしていきましょう。

「ビットコインの今後についてある程度把握できたから、実際に取引してみたいな」という方は、Coincheckがおすすめです。

以下から無料登録をして、早速利益を狙っていきましょう。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)