仮想通貨ビットコイン(BTC)は今後どうなる?AIの価格予想や暴落の原因について解説

ビットコインの今後の値動きの見通しは?
ビットコインは今後1億に到達するのか気になる!

2022年5月19日現在の価格が371万円前後のビットコイン(BTC)。
仮想通貨の時価総額ランキングでは1位となっています。

仮想通貨相場の情勢を把握するためには、ビットコインの価格推移今後の値動きを踏まえることが大切です。

この記事では、ビットコインの価格変動理由や今後の価格を変動する要素について徹底解説してきます。

また、仮想通貨の専門家やAIの価格予想とともに、おさえておきたいリスクをかんたんに紹介いたします。

ビットコインは現在、アメリカの金融システムにおいて採用される可能性が非常に高まっています。

これからますます実用化が進むと考えられるビットコインの、今後の将来性に迫ります!

ビットコインが大きく値上がりする前に、仮想通貨取引所の口座を開設することをおすすめします!

「ビットコインの今後」の概要
  • ビットコインは仮想通貨の機軸通貨となっている
  • 仮想通貨/ビットコインの今後が明るいと考えるプロ投資家は多い
  • ビットコインの今後は大型アップデート・機関投資家の動向などに左右されやすい
  • ビットコインの今後を見通したい場合、AI・格付け機関・プロ投資家などの価格予想を参考にすると良い!
  • 今後ビットコインを購入するのに最適な取引所は、やはり大手の「コインチェック」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」など。
  • 今なら新規口座開設で2500円分のビットコインが必ずもらえる「コインチェック」がおすすめ!

 

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

もくじ

2022年5月19日更新|ビットコインは今後どうなる?

2022年4月|ビットコインの最新ニュース・価格変動H2下の画像

まずは数ヶ月前から2022年5月の仮想通貨/ビットコイン(BTC)について、相場状況や価格の変動要因をおさえておきましょう。

2022年5月19日10時30分現在「1BTC = 3,715,791円前後」です。

5月10日ほどからビットコインを含む仮想通貨市場全体の価格が-50%ほど急落しており、急落した価格を前後している形となっております。

参考:ビットコイン暴落の理由は?ピーク時から50%下落で今後はどうなる?「仮想通貨が急落する」6つの原因

ビットコインは今後も上がり続ける?

断言はできませんが、ビットコインは今後も上がり続ける可能性が大いにあると思います。

理由としては、仮想通貨はまだ発展途上で貨幣のようにはあまり知られていないといった状況だからです。

テスラ社などの超大手企業が保有していたり、エルサルバドル法定通貨、中央アフリカ法定通貨になる動きがあります。

海外では仮想通貨で買い物ができたりする国もあり、より身近に仮想通貨がなると仮想通貨自体の価値も上がると思います。

2022年4月の値動き

出典:TradingView

2022年4月の値動きはほぼ下落トレンドでした。

2022年3月までのビッグニュース

気になる最新ニュース
  • 【制裁回避】ロシア富裕層、仮想通貨を使いUAEに
  • ウクライナに20億超えの仮想通貨を寄付
  • ビットコイン、ウクライナ危機により取引量増加
  • カザフスタン大統領、仮想通貨マイニング増税を発表
  • 【過去4番目】仮想通貨ハッキングで3.2億ドル分の仮想通貨が流出

【制裁回避】ロシア富裕層、仮想通貨を使いUAEに

アラブ首長国連邦(UAE)の暗号関連企業には、数十億ドル規模の仮想通貨を清算する依頼が殺到しており、ロシア人が財産の安全な避難所を求めていると、同社幹部が述べました。

暗号通貨を使ってUAEの不動産に投資する顧客もいれば、同国の企業を使って仮想通貨を国内の通貨に変え、別の場所に隠しておきたいと考える顧客もいると、関係者は述べています。

ある暗号化企業は、スイスのブローカーから過去10日間に数十億ドルのビットコインの清算を求める問い合わせを多く受けており、その顧客はスイスが資産を凍結することを恐れていると、ある幹部は述べ、どの依頼も20億ドル未満でなかったと付け加えました。

スイスの金融市場監督当局は、暗号通貨の取引量についてコメントを避けました。

同国の経済事務局(SECO)は電子メールによる声明で、暗号資産はスイスが「通常の」ロシアの資産や個人に課しているのと同じ制裁や措置の対象となるため、ある人物が制裁を受けた場合、その暗号資産もスイスで凍結しなければならない」と述べています。

湾岸の金融とビジネスの中心地であり、暗号のハブとして成長しているドバイは、長い間、世界の超富裕層を惹きつけてきました。西側の同盟国とモスクワの間に立つことを拒否するUAEの姿勢は、ロシア人に彼らのお金が安全であることを示すものでした。

ウクライナに20億超えの仮想通貨を寄付

週末にロシアの侵攻がエスカレートする中、ウクライナ当局がツイッターで「ウクライナへ仮想通貨を送ってください」と、異例の要請を行いました。

政府のアカウントから送信された一連のツイートには、最も人気のある3つの暗号通貨であるBitcoin、Ether、Tetherのオンラインウォレットのアドレスが記載されていました。

ブロックチェーン追跡会社Ellipticが月曜夜に提供したデータによると、それ以来、暗号通貨投資家は20億円以上のデジタル資産をウクライナ政府および同国軍を支援する非営利団体に寄付しました。

ウクライナ紛争は、成長する暗号通貨業界を新たな監視下に置き、政治家や規制当局は、デジタル・トークンがロシアの企業や政府高官による制裁回避の道具になる可能性に懸念を表明しています。

しかし、暗号通貨は、より伝統的なクラウドファンディング戦略が障害となる中、世界中の投資家がウクライナの戦闘員に素早く資金を移動させる方法を提供したことも事実です。

先週、クラウドファンディングサイトのPatreonは、ウクライナの軍人の武装と訓練のために資金を集めているキエフの組織、Come Back Aliveが運営するページを取り下げたました。

パトレイバーは、このページが軍事活動への資金提供を禁じる規則に違反していると指摘しました。

ビットコイン、ウクライナ危機により取引量増加

激しい戦闘と制裁措置によりロシア・ルーブルが記録的な安値になる中、ビットコインはロシアとウクライナの現地通貨で人気を集めているようです。

モスクワ主導のウクライナとその首都への侵攻の不透明感から、世界市場に暗雲が立ち込め、安全資産への逃避が起こっています。

世界最大の暗号通貨であるビットコインと米国株式市場の相関関係が強まるにつれ、ビットコインを「デジタルゴールド」と見なす見方はここ数カ月で薄らいでいます。

しかし、トルコのリラ危機で盛り上がったビットコインブームに代表されるように、予測不可能な時期にビットコインを好む傾向があることは依然として事実です。

より多くのロシア人が潜在的に暗号に資金を移動していることを示す兆候として、ウクライナ当局はロシア人顧客のアドレスをブロックするように取引所を促しました。

カザフスタン大統領、仮想通貨マイニング増税を発表

カザフスタン大統領、トカエフ大統領は国内で電力不足と停電が発生する中、仮想通貨マイニングにかかる税率を引き上げて違法マイニング業者を取り締まることを発表しました。

2021年に中国がこの業界を取り締まった後、暗号の採掘者がカザフスタンに集まってきました。

中央アジアのこの国はかつて電力が余っていたが、流入して以来、国家送電網は需要を満たすのに苦労しています。

政府はまた、適切に登録・認可されていない事業を意味する「グレーマイニング」を一掃しようとしています。

大統領は金融監視庁に対し、3月19日までにすべての採掘会社を特定し、税金や税関の記録をチェックするよう命じました。

【過去4番目】仮想通貨ハッキングで3.2億ドル分の仮想通貨が流出

イーサリアム(ETH)とソラナ(Sorana)ブロックチェーンをつなぐ最も人気のあるブリッチがハッカーのハッキングにより3億2000万ドル以上を失いました。

これは、6億ドルのPoly Network暗号強盗に次ぐ、DeFiの史上2番目に大きな悪用で、非化石トークン(NFT)と分散型金融(DeFi)のエコシステムでますます人気を集めているイーサリアムのライバル、ソラナに対するこれまでで最大の攻撃となっています。

仮想通貨のハッキングの被害額としては過去4番目になります。

ビットコインの今後の見通し・価格予想|AI / 格付け機関予想

ビットコインの今後の見通し・価格予想|AI / 格付け機関予想H2下の画像

AIや格付け機関などによるビットコインの今後の見通し・価格予想について、以下の3点をご紹介します。

ビットコインの今後の見通し・価格予想
  1. Coin Price Forecas
  2. Digitalcoin
  3. TokenInsight

ビットコインの今後をしっかりと見通せるよう上記3つの価格予想を順にお伝えしていきます。

【AI】Coin Price Forecas

ビットコインの今後の見通し➀Coin Price Forecasの価格予想については、以下をご覧ください。

Coin Price Forecasの今後の見通し
  • 2022年末の価格予想:5万3,098ドル
  • 2027年末の価格予想:15万3,879ドル

上記の予想は2022年4月時点の今後の見通しです。
【最新】Coin Price Forecasのビットコイン価格予想はこちら

2022年4月のビットコインのレートは約4万6,000ドル。

この点からCoin Price Forecasの今後の見通しはポジティブな予想と言えます。

実際のビットコインの価格はCoin Price Forecasの今後の見通しよりも、さらにポジティブな価格をつけている点もおさえておきましょう。

【AI】Digitalcoin

ビットコインの今後の見通し➁Digitalcoinの価格予想については、以下をご覧ください。

Digitalcoinの今後の見通し
  • 2022年末の価格予想:6万2,100ドル
  • 2025年の価格予想:10万5,418ドル

上記の予想は2022年4月時点の今後の見通しとなり、2022年4月のビットコインのレートは約4万6,000ドルでした。
【最新】Digitalcoinのビットコインの価格予想はこちら

この点からDigitalcoinの今後の見通しはかなり強気な予想と言えます。

【格付け機関】TokenInsight

ビットコインの今後の見通し➂TokenInsightの価格予想は「2020年8月までにビットコインが2万ドルを超える」との内容でした。

ですがこの見通しは外れています。

2020年8月のビットコインのレートは約12,000ドルでした。

なお、ビットコインのレートが2万ドルを超えたのは2020年12月です。

ビットコインの今後の見通し・価格予想|著名人 / 投資家予想

著名人・投資家によるビットコインの今後の見通し・価格予想について、以下の5点をご紹介します。

著名人・投資家によるビットコインの今後の見通し・価格予想
  1. ジェネシス・マイニング
  2. PlanB
  3. マイケル・セイラ―氏
  4. ナジブ・ブレケ氏(エルサルバドル大統領)

ビットコインの今後をしっかりと見通せるよう、上記4つの価格予想を順に見ていきましょう。

【2020年12月調査】ジェネシス・マイニング

マイニング事業を手掛けるジェネシス・マイニングは「ビットコイン投資家予測2020」で1,000人の投資家にアンケートを行い、今後のビットコインの価格予想について以下の結果を発表しました。

ジェネシス・マイニングが発表した今後の価格予想のアンケート結果
  • 今後10年で5万ドルを超えると予想:約18%
  • 今後10年で10万ドル~50万ドルを超えると予想:約30%

同社のアンケートによると、「法定通貨の信頼度が落ちることでビットコインの今後の信頼性が相対的にアップする」と考える投資家が多かったとされています。

【2021年11月発言】PlanB氏

ストック・フローモデルを用いて価格予想を行っているPlanB氏は「2021年12月末の終値が10万ドルになる」との予想をしました。

2021年6月に「年末にビットコイン価格は13.5万ドルに達する」と予想を立てていたので、かなり引き下げての価格予想となりました。

しかし、この予想は外れて、実際の2021年末のビットコイン価格は46,306ドルとなりました。

ロシア・ウクライナの関係悪化により世界経済・金融市場が全体的に落ち込んだことが大きく影響しているかと思われます。

【2021年12月発言】マイケル・セイラー氏

ビットコインの大量購入で話題となった米ソフトウェア企業、MicroStrategy社のCEOマイケル・セイラ―氏は「ビットコイン価格が最終的に600万ドルになる」と発言しています。

自身でも17,732 BTCを保有しており、2021年5月のビットコイン暴落(先月比-60%の下落)の際も1BTCも売っていないと強気の発言をしていました。

【2022年1月発言】エルサルバドル大統領ナジブ・ブケレ氏

エルサルバドルの大統領ナジブ・ブケレ氏は、「2022年にビットコインが10万ドルに達する」と価格予想しています。

ナジブ・ブケレ氏は、2021年9月、エルサルバドルで国として初めてビットコインを法定通貨として採用したことで注目を浴びていました。

他にも、ナジブ・ブケレ氏は更に2カ国がビットコインを法定通貨として採用するとの予想も立てています。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

【4月最新】いつ買うべき?今後ビットコインを購入すべきタイミング

今後ビットコイン価格が暴落したタイミング

仮想通貨に対する法規制で価格が暴落

ビットコインの今後を左右する要素は各国でのビットコインに対する規制です。

各国がビットコインの規制を強めるとマイナスイメージが広がり、暴落につながる恐れがあります。

なお、各国におけるビットコインの規制については、以下をご覧ください。

各国におけるビットコインの規制
  • 日本
    ・金融庁の審査が必要
    ・審査を経ないと取引可能通貨とみなされない
    ・レバレッジは最大で2倍
  • アメリカ
    ・1.5兆ドル規模の規制について協議開始
    ※FRB、OCC、FDIC
  • 中国
    ・金融機関による仮想通貨の取扱禁止
    →決済手段への利用・貯蓄、担保などへの利用禁止・法定通貨との交換サービスなど
  • インド
    ・デジタル資産として規制を検討中
  • トルコ
    ・仮想通貨交換業者への規制を検討中
    ※仮想通貨交換業者の資金持ち逃げ事件が大きな要因とされている

世界市場・経済のマヒで価格が暴落

加えてビットコインの今後を左右する要素は世界市場・経済のマヒです。

災害などで世界中の市場や経済が停滞することで、ビットコインの価格が下がる可能性が大きいです。

ビットコインは値動きが不安定な通貨として知られているため、世界経済の今後に不安を感じる人が増えると暴落のリスクが高まります。

例えば2020年に新型コロナの爆発的な感染拡大が起こって経済がマヒ状態になった際、約110万円のビットコインはまたたく間に40万円台まで下落(暴落)しました。

また、ロシアとウクライナが一触即発状態だった2021年12月~は価格の低迷が続きました。

このように今後に不安を抱く人が増えるほど、ビットコインは暴落のリスクが高まります。

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ファンダメンタル分析で見極める最適なタイミング

➀大型アップデート

スマートフォンのアプリと同じように、ビットコインにもアップデートが存在します。

実際過去に、2度の大幅アップデートが行われており特に2017年のアップデートでは『セグウィット(SegWit)』の導入により、ビットコインの価格が50%値上がりしました。

2021年の11月には『Taproot(タップルート)』の導入により

アップデートを行うことで、ビットコインの機能性が高まり

アップデートにより、長期的にビットコイン価格を上昇させるきっかけになったりするのではないでしょうか?

➁機関投資家の参入

ビットコインの今後を左右する要素➁は機関投資家の動向の影響です。

機関投資家とは顧客から大きな資金を預かって代わりに運用する金融機関・保険会社のこと。

個人投資家よりも大きなお金を動かすため、機関投資家がビットコインへの投資に積極的になるほど、今後のレートが上がりやすいと言えます。

③ビットコイン半減期後

ビットコインには半減期というものがあります。

簡単にいうならば、ビットコインの発行数を減らすことによりビットコインの価値が上昇する可能性を高めることを言います。

この、ビットコインの半減期は3〜4年に1回行われており、次の半減期は2024年頃になると予想されています。

詳しいことは以下の記事に書いてあります!

ビットコイン(BTC)の半減期は2024年?仕組みから価格変動予想まで徹底解説!

④ライトニングネットワーク実装

ビットコインの今後を左右する要素④はライトニングネットワーク実装の影響です。

ライトニングネットワークとは取引を効率良く進めるための技術のことです。

ライトニングネットワークの主な特徴は以下をご覧ください。

ライトニングネットワークの主な特徴
  • スケーラビリティ問題の改善
  • 処理速度の向上
  • マイニング手数料の抑制

ライトニングネットワークはブロックチェーン外で取引をするところが大きな特徴。

効率良く取引を進められるようになれば、ビットコインの信頼性・利便性がアップし、価格上昇につながりやすいと言えるでしょう。

⑤ビットコインETFの承認

先にビットコインETFに関して以下で説明しています。

ビットコインETFとは?

上場投資信託のExchange Traded Fundの略称で、簡単に言うとビットコインの値動きに連動する株式のようなものです。

株式と同じように取引所で売買することができます。

ビットコインETFが盛んになると、今までより売買が簡単になり市場がより活発になります。

それに伴って価格上昇につながる可能性が高いです。

⑥ビットコインを法定通貨化する国の増加

ビットコインを法定通貨化する国が増えれば増えるほど、ビットコインの需要は増加するでしょう。

実際、中米エルサルバドルではビットコインの法定通貨化が行われています。

このような動きが広まれば、ビットコインの価格も上昇するでしょう。

ビットコイン(BTC)が購入できるおすすめの取引所5選

ビットコイン(BTC)が購入できるおすすめの取引所5選H2下の画像

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所は、以下の5つです。

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所
  1. CoinCheck
  2. LINE BITMAX
  3. DMM Bitcoin
  4. GMOコイン
  5. bitFlyer

今後、ビットコインのトレードで少しでも効率良く利益を伸ばせるよう、上記5つの「今後ビットコインを購入するのに最適な取引所」をおさえておきましょう。

Coincheck

Coincheck(コインチェック)

今後ビットコインを購入するのに「Coincheck」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「Coincheck」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が東証一部上場「マネックスグループ」
  • 資金力がある
  • 手数料(取引・入金)が0円
  • 操作性の高いスマホアプリ(ダウンロード数:410万以上)
  • 取扱銘柄が17種類と国内最多
  • セキュリティ対策が充実

Coincheck』は信頼性・使いやすさ・手数料の安さなど、総合力が非常に高い仮想通貨取引所です。

初心者トレーダーでも使いやすいスマホアプリもおすすめポイント。

お得かつ効率的にチャンスを活かしやすくなるので、今後ビットコインを購入する場合にはCoincheckがおすすめです。
仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像

\取引手数料無料で使いやすい!/

コインチェックで
仮想通貨を始めてみる

DMM Bitcoin

今後ビットコインを購入するのに「DMM Bitcoin」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「DMM Bitcoin」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が大手DMMグループ
  • レバレッジ取引が可能
  • 手数料(取引・入出金)が0円※BitMatch取引手数料を除く
  • 15種類の取引が可能
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • スマホアプリが使いやすい

DMM Bitcoin』は大手DMMグループであり、安心感・知名度が抜群の仮想通貨取引所です。

現物取引・仮想通貨FXに対応しており、レバレッジ取引ができるところもおすすめポイント。

手数料の安さも大きな魅力となっており、今後ビットコインを購入する場合にはDMM Bitcoinがおすすめです。

DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAX

第11位 LINE BITMAX

今後ビットコインを購入するのに「LINE BITMAX」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「LINE BITMAX」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • LINEグループが運営
  • スマホで簡単口座開設が可能
  • LINE Payと連携すれば手数料お得に
  • LINEで取引が可能
  • 仮想通貨貸出サービスを利用できる

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行え、仮想通貨投資未経験者でも使いやすい作りになっています。

また、保有している仮想通貨を貸し出して利益を上げられるサービスを提供しており、頻繁に売買しなくても稼ぐことができます。

第11位 LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトをチェック<<<

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

GMOコイン

今後ビットコインを購入するのに最適な取引所「GMOコイン」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「GMOコイン」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 親会社が東証一部上場「GMOインターネットグループ」
  • 資金力がある
  • 取引所取引・販売所取引ができる
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • つみたて暗号資産の取扱銘柄が国内最多の14種類

GMOコイン』は現物・レバレッジ取引ができるうえ、取引所取引・販売所取引も可能。

状況によって最適なトレードをしやすいところがおすすめポイント。

イメージ通りの取引をしやすくなるので、今後ビットコインを購入する場合にはGMOコインがおすすめです。

>>>公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

bitFlyer

今後ビットコインを購入するのに「bitFlyer」がおすすめの理由は、以下をご覧ください。

「bitFlyer」が今後ビットコインを購入するのにおすすめの理由
  • 100円から取引可能
  • 手数料(販売所取引・入金)が0円
  • 14銘柄の取引が可能
  • 現物・レバレッジ取引の両方が可能
  • スマホアプリが使いやすい

bitFlyer』はビットコイン取引量が国内トップで利用者数も多く、知名度も抜群です。 ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

現物・レバレッジ取引ができるうえ、スマホアプリが使いやすい点もおすすめポイント。

100円から取引可能なところも魅力です。

これらの理由から今後ビットコインを購入する場合にはbitFlyerがおすすめです。

ビットフライヤー

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで仮想通貨を買ってみる

今後のビットコインに関するQ&A

今後のビットコインに関するQ&AH2下の画像

今後のビットコインに関するQ&Aは以下の4つです。

今後のビットコインに関するQ&A
  1. ビットコインは今後上昇しますか?
  2. ビットコインが暴落するタイミングはいつですか?
  3. ビットコインの買い時はいつですか?
  4. ビットコインが今すぐ購入できる取引所はどこですか?
  5. ビットコインは過去どんな価格推移でしたか

今後のビットコイン取引をさらに良いものにするためにも、上記のよくある質問をチェックしておきましょう。

ビットコインは今後上昇しますか?

ビットコインは長期的な目で見て、価格が上昇していくと考えられます。

金取引や株式に比べると、仮想通貨の市場規模は非常に小さく、他の金融商品よりも伸びしろが大きいと言えるでしょう。

また、テスラ社などの超大手企業が保有していたり、エルサルバドル法定通貨になったりと私たちの日常で登場する場面も増えてきました。

2020年後半から大きく価格を上昇させたビットコインですが、今後の価格にも期待が持てそうです。

ビットコインが暴落するタイミングはいつですか?

他の金融商品と同様に、世界経済の悪化や為替/株価の下落が、ビットコイン暴落の原因となることがあります。

コロナウイルスが流行し始めた2020年3月や、ロシアとウクライナの関係が悪化して一触即発の状態だった2022年2月は、ビットコイン価格がかなり下がりました。

また、国規模の仮想通貨規制や著名人の発言等で暴落する可能性もあります。

一概に暴落するタイミングはわからないので常に仮想通貨に関する最新ニュースは把握しておきましょう。

ビットコインの買い時はいつですか?

ビットコインは長期的に見て価格が上昇していくと考えられるので、購入するタイミングは早ければ早いほどいいでしょう。

また、ビットコイン半減期を迎えると価格が上がりやすくなると言われています。

次のビットコイン半減期は2024年なのでそれまでには買っておくことをおすすめします。

ビットコイン(BTC)の半減期は2024年?仕組みから価格変動予想まで徹底解説!

ビットコインが今すぐ購入できる取引所はどこですか?

最短10分で口座開設が完了するbitFlyerがおすすめです。

CoinMarketCapの世界取引所総合ランキングや24H取引高ランキングでも国内No.1を誇る人気取引所です。

今後のビットコインに関するQ&A

今後のビットコインに関するQ&AH2下の画像

今後のビットコインに関するQ&Aは以下の4つです。

今後のビットコインに関するQ&A
  1. ビットコインは今後上昇しますか?
  2. ビットコインが暴落するタイミングはいつですか?
  3. ビットコインの買い時はいつですか?
  4. ビットコインが今すぐ購入できる取引所はどこですか?
  5. ビットコインは過去どんな価格推移でしたか?

今後のビットコイン取引をさらに良いものにするためにも、上記のよくある質問をチェックしておきましょう。

ビットコインは今後上昇しますか?

ビットコインは長期的な目で見て、価格が上昇していくと考えられます。

金取引や株式に比べると、仮想通貨の市場規模は非常に小さく、他の金融商品よりも伸びしろが大きいと言えるでしょう。

また、テスラ社などの超大手企業が保有していたり、エルサルバドル法定通貨になったりと私たちの日常で登場する場面も増えてきました。

2020年後半から大きく価格を上昇させたビットコインですが、今後の価格にも期待が持てそうです。

ビットコインが暴落するタイミングはいつですか?

他の金融商品と同様に、世界経済の悪化や為替/株価の下落が、ビットコイン暴落の原因となることがあります。

コロナウイルスが流行し始めた2020年3月や、ロシアとウクライナの関係が悪化して一触即発の状態だった2022年2月は、ビットコイン価格がかなり下がりました。

また、国規模の仮想通貨規制や著名人の発言等で暴落する可能性もあります。

一概に暴落するタイミングはわからないので常に仮想通貨に関する最新ニュースは把握しておきましょう。

ビットコインの買い時はいつですか?

ビットコインは長期的に見て価格が上昇していくと考えられるので、購入するタイミングは早ければ早いほどいいでしょう。

また、ビットコイン半減期を迎えると価格が上がりやすくなると言われています。

次のビットコイン半減期は2024年なのでそれまでには買っておくことをおすすめします。

ビットコイン(BTC)の半減期は2024年?仕組みから価格変動予想まで徹底解説!

ビットコインが今すぐ購入できる取引所はどこですか?

最短5分で申し込みが完了するコインチェックがおすすめです。

今なら新規口座開設をすると2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施しています。

ビットコインが無料で手に入るチャンスなのでぜひお見逃しなく!

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコインは過去どんな価格推移でしたか?

過去のビットコインの価格推移について、以下の7点を解説します。

過去のビットコインの価格推移
  1. 2009年 ビットコイン誕生と成長
  2. 2011年 マウントゴックス事件発生
  3. 2016年 2回目の半減期を迎える
  4. 2017年 米国で先物取引所開始とバブル
  5. 2018年 コインチェック事件発生
  6. 2021年 ETF承認と600万円を超える高騰
  7. 2022年のビットコイン 見通し

これまでのビットコインの価格推移を把握して今後をしっかりと見通せるよう、上記7点をチェックしていきましょう。

2009年のビットコイン ビットコイン誕生と成長

2009年のビットコインの価格は約0.07円(2009年10月)です。

ビットコインは2009年1月に誕生し、2009年10月にNew Liberty Standardで初の価格提示となりました。

2011年のビットコイン マウントゴックス事件発生

2011年、ビットコインは1BTC70円台に急上昇しました。

マウントゴックスがTibanne社(日本)に買収され、多くの人に注目されたからとされています。

その後2014年には仮想通貨取引所のマウントゴックスがハッキングされたことにより約400万ドル相当のビットコイン(85万BTC)が盗まれることに。

この「マウントゴックス事件」によって、9万円前後で推移していたビットコインの価格は18,000円台に下落しました。

2016年のビットコイン 2回目の半減期を迎える

ビットコイン今後価格推移2016年

2016年、ビットコインは7月に1BTC約7万円まで高騰しました(年初の価格は約45,000円)

この時の高騰の要因としては、ビットコインが2回目の半減期となったことが大きいと言われています。

2016年7月、ビットコインは半減期を迎えたことによりマイニング報酬が25BTCから12.5BTCとなりました。

2017年のビットコイン 米国で先物取引所開始とバブル

ビットコイン今後価格推移2017年

2017年12月、ビットコインは約200万円をマークしました(2017年4月のレートは1BTC約12万円)

2017年12月は、米先物取引所の「シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ(CME)」がビットコインの取扱をスタートした月です。

他にも2017年は「改正資金決済法等」が施行されるなど、ビットコインが注目を集めたことも高騰の要因とされています。

約8ヶ月で188万円ほどの値上がりとなったことから、この時期は「ビットコインバブル」と呼ばれています。

2018年のビットコイン コインチェック事件発生

ビットコイン今後価格推移2018年

2018年は1月に1BTC約110万円でしたが、2018年3月には約90万円に値下がりしています。

その大きな要因は「コインチェック事件」と言われています。

コインチェック事件とは2018年1月、コインチェックがハッキングされた事件のこと。

580億円相当のネムが流出したため、ビットコインに対するマイナスイメージが広がったと考えられています。

2021年のビットコイン ETF承認と600万円を超える高騰

2021年は1月~4月までが堅調でしたが5月~6月は下落。

その後8月から持ち直し始め、2022年2月には一時400万円を越えています。

2021年はカナダでビットコインETFが承認され、大きな話題となりました。

その後アメリカでもビットコインETFを申請する流れが出ており、今後の動向に注目されています。

ただロシアとウクライナの情勢により、いったんは大きく価格を下げる形となっています。

2022年3月までのビットコイン

2022年はビットコインの半減期が近づくこともあり、さらなる上昇が期待できます。

その一方で、ビットコインは値下がりしながら価格が上がってきたこともあり、今後も下落の可能性は充分あるでしょう。

ただし「ビットコインは前の年の安値よりも下げたことがない」との意見もあり、2022年の底値は2021年の底値458万円よりも上だと考える方もいます。

仮想通貨/ビットコイン(BTC)の今後と将来性|まとめ

「ビットコインの今後」のまとめ
  • ビットコインの今後が明るいと考えるプロ投資家は少なくない
  • ビットコインの今後は大型アップデート・機関投資家の動向などに左右されやすい
  • ビットコインの今後を見通したい場合、AI・格付け機関・プロ投資家などの価格予想を参考にすると良い
  • 今後ビットコインを購入するのに最適な取引所はCoincheck

仮想通貨/ビットコイン(BTC)が今後一時的に暴落したとしても、長期的・将来的にはビットコインの今後を明るいと考える方は少なくありません。

世界的に有名な企業や著名人なども注目するビットコイン。

なによりも、ビットコインの今後と将来性に今から関心を持っておけば、あなたの未来にプラスとなることは間違いないはず。

ここでお伝えしたビットコインの今後、仮想通貨ビットコインの将来に関する情報を参考に、資産を大きく増やしていきましょう。

「ビットコインの今後についてある程度把握できたから、実際に取引してみたいな」という方は、Coincheckがおすすめです。

以下から無料登録をして、早速利益を狙っていきましょう!

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

2 COMMENTS

匿名

仮想という名の通り将来は消滅してやっぱり仮想のものでしたねとなりそう。

匿名

日本では、仮想通貨ではありません。
暗号資産ですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)