ビットコイン(仮想通貨)は儲かる!投資するメリット・デメリットを徹底解説!

ゴリわかくん

ビットコインって今から始めても儲かるウホ…?
ビットコインでうまく儲ける方法を知りたいウホォぉぉぉ

ゴリ美ちゃん

今回は「ビットコイン(BTC)ってまだ儲かるの?」という疑問にお答えしていきます。

本記事を見れば、ビットコインでの稼ぎ方についてバッチリと理解できますよ!!

ざっくり言うと…
  • 結論、今からでもビットコインで大きく儲かる可能性は十分に考えられる。
  • ビットコインが儲かる根拠は、主に①決済通貨として使われている②下落相場でも利益を出せる③信頼性が高い、の3つ。
  • ビットコインを安心かつ格安に購入できる取引所は「Coincheck」や「LINE BITMAX」などが主に挙げられる。
  • 中でも『Coincheck』なら、ビットコインの取引手数料が無料でアプリも使いやすい。
  • これからビットコインを始めるなら、Coincheckは登録必須な取引所!

 

\取引手数料無料で使いやすい!/

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

目次

おすすめ仮想通貨口座の比較一覧表

仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
bitFlyer
bitFlyerのロゴ画像
・2014年からサービスを展開しており、取引所の中では長い歴史を誇る。
合計で15種類ものビットコイン・アルトコインを取り扱っている。
bitFlyer公式
DMM Bitcoin
DMM ビットコイン
・DMMグループで培われたセキュリティ体制
取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料
DMM Bitcoin公式
Coincheck
Coincheck
取引手数料が無料!500円から仮想通貨を買える
東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、信頼性抜群。
Coincheck公式
GMOコイン
GMOコイン
「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制
・「取引・出入金・送金手数料」が全て無料
GMOコイン公式
LINE BITMAX
LINE BITMAX
SNSアプリLINEから手軽に取引できる
・LINE Payと連携することでより便利に
暗号資産貸出利率が最大8%と高利率で資産運用が可能
LINE BITMAX公式
bitbank
ビットバンク
・業界最小水準の価格で暗号資産が購入可能
国内取引量No.1
bitbank公式
BITPOINT
BITPOINT
国内で唯一JMY(ジャスミー)が上場している
・手数料が無料で提供されている
BITPOINT公式
SBI vc Trade
SBI VCトレード
・初心者でも簡単にスマホで取引ができる
仮想通貨レンディングサービスを利用できる
SBI vc Trade公式
マネックス証券
マネックス証券
下落相場でもトレードを行える
・暗号資産CFDでお得に取引
マネックス証券公式
Liquid
リキッドバイコイン
コールドウォレットで資産を100%安全に管理
・円建て以外にも海外通貨で取引が可能
Liquid公式

仮想通貨のおすすめ口座です。

Coincheckは使いやすさ・手数料ともに申し分なく、初心者でも手軽に仮想通貨取引を楽しめます。

そもそもビットコイン(BTC)って?仕組みをおさらい!

ビットコイン(BTC)の特徴
  • 最初に開発された仮想通貨
  • ブロックチェーンを初めて導入した仮想通貨
  • 時価総額1位
  • 決済通貨・基軸通貨として主に使用される
  • 発行主体が存在していない

ビットコイン(BTC)は、世界で始めて誕生した仮想通貨です。

正体不明の学者である「Satoshi Nakamoto氏」がビットコインに関する論文を発表し、それを元に開発者によって開発が行われました。

ブロックチェーンを導入した仮想通貨でもあり、発行主体が存在しないのにもかかわらず、高いセキュリティを維持できているんです!

法定通貨のように国をまたぐ毎に両替する必要がないので、国の枠組みを超えた決済通貨として普及する可能性があり、今注目が集まっています。

ビットコイン(BTC)は儲かる! 投資する5つのメリット

ビットコインに投資するメリット
  • ボラティリティが大きく儲かりやすい
  • 信頼性が高い
  • 決済通貨として使える
  • 日本政府からも認められている
  • 下落相場でも利益を出せる

ゴリわかくん

ビットコイン投資にはたくさんのメリットがあるウホ!おさらいしていくウホォぉぉぉ!

儲かる理由① ボラティリティ(値動きの幅)が大きく儲かりやすい

ビットコインを含めて仮想通貨は、圧倒的にボラティリティが大きいです。

ボラティリティって?

値動きの幅のこと。

ボラティリティが大きい=値動きの幅が大きいということ。

上記のチャートは、1年間のスパンで見たビットコインのチャート。

「1BTC=10万円前後」で価格推移していたビットコインですが、そこから1年後には「1BTC=240万円」にまで価格上昇を果たしています。

「1年間で24倍の価格上昇」というのは、株式投資やFXなどではありえない価格上昇率ですね!

ビットコインは大きな利益を狙いやすいですが、重要になってくるのは取引するタイミング。

タイミングを逃したり、取引量が少ないと、ここぞというタイミングで取引が成立しなくなる可能性もあります。

数ある取引所の中でも『Coincheck』なら、ビットコインを500円から取引できる!

機会を逃すことなく、いつでもベストなタイミングでビットコインを買うことができます。

\取引手数料無料で使いやすい!/

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

儲かる理由② 仮想通貨の中でも信頼性が高い

ビットコインは仮想通貨の中でも「時価総額1位」を誇っています。

取引者数や取引金額が最も大きいので、仮想通貨の中でも信頼性が最も高いと言えるでしょう。

それに加えて、ビットコインは「ブロックチェーン」という暗号化技術を使っています。

10分に一度生成される「ブロック」に取引データが詰め込まれ、一度記録したデータを改ざんするのは性質上不可能なので、非常に高いセキュリティが確保されています。

このような理由があるので、ビットコインは非常に信頼性が高く、比較的安全に投資することが可能なんです!

ブロックチェーンの仕組みについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ブロックチェーンとは?仕組みやメリットをわかりやすく徹底解説!

儲かる理由③ 一部店舗では決済通貨として使える

ビットコインは「決済通貨」としての用途を持っているため、日本国内でも店舗でも決済として使用することが可能です。

ビットコイン決済に対応している店舗
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • DMM.com

まだまだ個人経営のお店での導入が目立ちますが、上記のような有名なチェーン店でも、ビットコイン決済を導入するお店が増えています。

また、先述した通りビットコインには発行主体がないので、海外に行っても両替することなく、スムーズに決済通貨として使用する事ができます。

儲かる理由④ 日本政府からも決済通貨として認められている

他国と比較してみても、日本は仮想通貨に対して非常に前向きな姿勢を示しています。

2017年4月には「資金決済法」が改正され、仮想通貨に関しても「現金」「クレジットカード」と同様な決済手段として認められました。

現在では約20の取引所が、金融庁から正式に「仮想通貨交換業者」としての登録を受けています!

仮想通貨の投資・決済に関する法整備も進められています。

日本でこれからますます仮想通貨を利用するためのインフラが整ってくれば、仮想通貨の需要・価格も上昇する可能性が高いと言えますね!

儲かる理由⑤ 下落相場でも利益を出せる

株式投資などでは、基本的に「安く買って高く売る」というのが鉄則ですので、上昇相場の時のみに利益を出せます。

それに対してビットコイン投資の場合、レバレッジ取引を用いれば下落相場でも利益を出すことが可能です。

レバレッジを効かせて「売り」から入ることで、下落相場でも十分に利益を得られますよ!

株などの場合は、下落相場に突入してしまった場合はむやみに取引を行えません。

しかしながら仮想通貨の下落相場は、利益を生み出せるチャンスになりうるのです!

数ある取引所の中でも『DMM Bitcoin』なら、現物・レバレッジ取引の両方に対応!

今なら期間限定で、2,000円キャッシュバックを受けられますよ!(※キャンペーン期間:2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分)

DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

関連記事:仮想通貨やビットコイン(BTC)の今後は?AI予想や暴落の原因、2030年までの価格など徹底予想

ビットコイン(BTC)で儲けるならココ!おすすめ取引所5選!

おすすめの取引所

ビットコインで儲ける場合、まずは「仮想通貨取引所」で口座開設する必要があります。

これからビットコインを始める方の中には「どの取引所を使ったら良いのか分からない…」という方もいると思います。

そこで今回は、ほぼ全ての取引所を利用した経験がある編集部が、以下の3つのポイントを基準に、おすすめ取引所を厳選しました!

取引所を選ぶポイント
  1. セキュリティ・安全性の高さ
  2. 使いやすさ
  3. 各種手数料の安さ

是非参考にしてみて下さいね!

第1位 Coincheck

仮想通貨_儲かる_Coincheckのレーダーチャート画像

Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

第2位 bitFlyer

 

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で15種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「15種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

bitFlyerのキャンペーン
  • bitFlyer Lightning において ETH/BTC ペアの取引手数料が無料

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで
仮想通貨を買ってみる

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

第3位 DMM Bitcoin

仮想通貨_儲かる_dmmビットコインのレーダーチャート画像

DMM Bitcoinのメリット
  • 22種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます

DMMビットコイン_アプリ画像

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、22種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと取引手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • アバランチ(AVAX)
  • チリーズ(CHZ)
  • メイカー(MKR)
  • トロン(TRX)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
トロン ×
カルダノ × ×
ポルカドット × ×
アイオーエスティー × ×
ジパングコイン ×
アバランチ ×
チリーズ ×
メイカー ×
トロン ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。

第4位 GMOコイン

仮想通貨_儲かる_GMOコインのレーダーチャート画像

GMOコインのメリット
  • 国内最多20種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。
キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

第5位 LINE BITMAX

 

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる
  • 暗号資産貸出利率が最大8%と高利率で資産運用が可能

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「リンク(LN)」がもらえる!

LINEビットマックス_キャンペーン画像

>>LINE BITMAXの公式サイトはこちら<<

\口座開設でリンク(LN)もらえる/

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
  • リンク(LN)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。
利益は最大8%の業界最高水準

ビットコイン(BTC)に投資する4つのデメリット

ゴリわかくん

次は、ビットコインに投資するデメリットについてもおさらいするウホォぉぉ!
ビットコイン投資の4つのデメリット
  • 損失を出してしまう可能性がある
  • 価値が保証されていない
  • 資産を失う可能性がある
  • ハッキングのリスクがある

損失を出してしまう可能性がある

ビットコインは、ボラティリティが大きくて儲かる可能性がある一方、損失を出してしまう可能性も十分に考えられます。

ビットコインで儲けるためには「投資するタイミング」が非常に重要です。

思わぬところで損失を出さないように気をつけましょう!

発行主体がなく、価値が保証されていない

日本円や米ドルなどの法定通貨に関しては、その国自体が価値を保証しています。

それに対してビットコインの場合は、発行主体がありませんので、価値を保証している機関がありません。

ブロックチェーン技術は非常にセキュリティが高いと見なされていますが、送金遅延などが発生してしまう「スケーラビリティ問題」という解決すべき課題も浮き彫りになっています。

スケーラビリティ問題って?

取引者数の増加に伴って取引データが多くなり、送金や決済完了までに時間がかかってしまう問題。

円やドルのように発行主体があれば、通貨量などを意図的にコントロールすることが可能です。

しかしビットコインの場合は発行主体が存在していないので、このような問題を解決するためには「ハードフォーク(通貨分裂によるアップデート)」する必要があります。

ハードフォークが行われて問題が改善されていけば良いのですが、万が一システムに障害が発生してしまえば、利用者はビットコインを手放してしまうでしょう。

資産を失うリスクがある

ビットコインの取引を始めるなら、パスワードの管理を徹底しましょう。

パスワードを紛失した場合、資産を失うリスクがあります。

「自分の資産なのに失うことがあるのか」と疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、パスワードの紛失で資産を失う可能性は十分にあるため注意が必要です。

ハッキングのリスクがある

ビットコインなどの仮想通貨は、硬貨や紙幣のように実体が存在していません。

ですので基本的に手元に置くことはできず、仮想通貨取引所などで資産を管理する必要があります。

そこで注意するべきなのが、仮想通貨取引所に対しての「ハッキング」のリスク。

仮想通貨取引所の安全性・セキュリティに関しては年々強化されていますが、銀行などの大手金融機関と比較すると、まだまだ劣っているのが実情です。

数ある取引所の中でも、セキュリティの高さで選ぶなら「Coincheck」がおすすめ!

Coincheckはハッキング経験後に、厳重なセキュリティ体制を整備。

今では高いセキュリティレベルを維持し続けています!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

儲かるビットコイン(BTC)の仕組みとは?トレード方法6選

ビットコインで儲ける方法は、主に以下の6つの方法が挙げられます。

ビットコインで儲けるための6つの方法
  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引
  3. レンディング
  4. アービトラージ
  5. マイニング
  6. イールドファーミング

上記の中でも主に「現物取引」「レバレッジ取引」の2つがメジャーな取引方法です。

それぞれの仕組みについておさらいしていきましょう!

現物取引

現物取引解説画像

現物取引は、ビットコインで儲ける際の最もメジャーな取引方法です。

その仕組みは単純で「安い時に買って高い時に売る」という方法で儲けます。

例えば、1BTC=100万円の時に「1BTC」を購入し、1BTC=120万円まで価格上昇した時に「1BTC」を売却したとします。

その場合の利益は、

120万円(売却益) – 100万円(購入金額) = 20万円(利益)

となり、20万円が手元に残る利益となります。

現物取引は基本的に「ガチホ(長期保有)」が前提ですので、保有資金以上に損失が出る事がなく、低リスクで行えます。

これからビットコインで儲けたい方には、現物取引が最もおすすめの取引方法です。

関連記事:ビットコインはほったらかしでも儲かる?長期保有のメリットとデメリットを解説

レバレッジ取引(仮想通貨FX)

GMOコインでFXをやってみよう

レバレッジ取引(仮想通貨FX)を用いれば、少額な元手でも大きな資金を動かしてトレードする事が可能です!

例えば、保有資金10万円で「レバレッジ4倍」の取引をする場合、

10万円(保有資金) × 4倍(レバレッジ) = 40万円

となり、上記の場合は「40万円分」の取引ができるんです!

この場合は利益も4倍になるので、現物取引よりもさらに大きくリターンを狙う事が可能です。

ただしその反面、現物取引よりも損失額も大きくなってしまいますので、リスク管理は徹底して行う必要があります。

大きく利益を狙うならレバレッジ取引がおすすめですが、とはいえ大きな金額を動かすので、初心者の方にいきなりおすすめすることはできません。

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

関連記事:ビットコインFX(仮想通貨FX)のやり方・勝ち方を徹底解説|儲かるおすすめ取引所も紹介

レンディング(貸仮想通貨サービス)

レンディングを用いれば、比較的低リスクで仮想通貨で儲けられますよ。

レンディングって?

一定期間の間、取引所に仮想通貨を貸し出すことで、利子を受け取れるサービス。

レンディング(貸仮想通貨サービス)を利用すれば、トレードせずとも仮想通貨で儲けられます。

銀行金利はだいたい「0.01%」ですが、レンディングの金利は「5%」と非常に高いです。

Coincheck(コインチェック) bitbank
金利 1~5% 3~5%
貸出期間 14日.30日.90日.365日 1年
取り扱い通貨 10種類  ビットコインのみ

仮想通貨のレンディングを行っている取引所は「Coincheck」と「bitbank」の2つが主に挙げられます。

その中でもCoincheck(コインチェック)なら、15種類の仮想通貨のレンディングに対応しており、貸出期間も4種類から選ぶことが可能ですよ!

アービトラージ

少々マイナーな方法ですが、アービトラージという方法でも仮想通貨で利益を出すことが可能です。

アービトラージって?

裁定取引(さいていとりひき)のこと。

取引所毎の価格差を利用して儲けるトレードスタイル。

例えば、取引所Aでビットコインの価格が「1BTC=100万円」で、取引所Bでビットコインの価格が「1BTC=101万円」の場合、2つの取引所間での価格差は1万円になります。

この場合に取引所Aでビットコインを購入し、取引所Bに送金してそこで売却すれば、

101万円(売却金額) – 100万円(購入金額) = 1万円

となり、1万円が利益となって手元に残ります。

このようなトレードを繰り返して利益を得ていくのが「アービトラージ」です。

アービトラージは方法によっては儲かりますが、個人トレーダーの方が行って利益を得るのは非常に手間がかかり、割と困難です。

ですので「こんな儲け方もあるんだな!」と軽く認識する程度で良いでしょう。

関連記事:ビットコインアービトラージのやり方|儲け方と注意点をやさしく解説!

マイニング

マイニングって?

ビットコインなどの仮想通貨の取引を承認する作業のこと。

取引の承認に成功したマイナーには、報酬としてその通貨が支払われる。

ビットコインなどのほとんどの仮想通貨は、発行主体が存在していません。

ですので、取引が正しいものかどうかを「マイニング」によって第三者が承認する必要があります。

ビットコインのマイニングに成功した場合は、報酬としてビットコインが支払われる仕組みとなっています。

この「マイニング」という方法を用いても稼ぐことは可能なのですが、ビットコインなどのマイニングには大手企業が参入してしまっているため、個人でのマイニングは非常に厳しくなっています。

マイニングでは莫大な計算式を解き明かす必要があり、そのための精密機器(マイニングマシン)なども入手する必要があり、費用も莫大になってしまいます。

イールドファーミング

DeFiやDEXに暗号資産を貸し出すことで、利息や手数料を受け取ることをイールドファーミングと言います。

イールドファーミングの意味とは?
イールドは金利、ファーミングは耕すという意味があります。

リスクが伴うものの、高い利回りが出せると世界中で注目されている方法です。

ビットコイン(BTC)でうまく儲けるためのコツ

続いて、ビットコインでうまく儲けるためのコツを紹介していきます!

ビットコインで確実に儲けるためのコツは、主に以下の4つです。

ビットコインで儲けるための4つのコツ
  1. 余剰資金で投資する
  2. 複数の取引所に登録する
  3. 将来価格の分析をしっかり行う
  4. セキュリティ対策がしっかりした取引所を選ぶ

儲けるコツ① 必ず余剰資金で投資する

仮想通貨だけでなく投資全般に共通して言える事ですが、必ず余剰資金で投資するようにしましょう!

貯金などを切り崩して投資してしまうと、精神的に余裕がなくなってしまいます。

精神的に余裕がなくなると、根拠のトレードをしがちになってしまい、結果的に損失を被ってしまう事態になりかねません。

余剰資金で投資していれば、精神的な余裕も生まれるので、比較的冷静なトレードが可能です!

ですので、貯蓄や生活費とは別の「余剰資金」でビットコインに投資するよう心がけましょう。

関連記事:仮想通貨投資(ビットコイン投資)初心者が知っておくべきこと3つを解説します

儲けるコツ② 複数の取引所に登録する

先述した通り、仮想通貨取引所への「ハッキング」には十分に注意する必要があります。

ハッキング対策のためにも、必ず複数の仮想通貨取引所で口座を開設し、資産を分散して預けるように心がけましょう!

仮に1つの取引所に資産を預けていて、その取引所がハッキングの被害を受けてしまった場合、運が悪いと全ての資産を失ってしまう可能性も考えられます。

ですので、複数の取引所で登録し、分散して資産を管理するように心がけましょう!

DMM Bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

儲けるコツ③ しっかりと将来価格の分析をする

ビットコイン投資でしっかりと儲けるためには、今後価格がどのようにして推移するのかをある程度分析することが重要です。

主に以下の2パターンの分析方法が存在しています。

2つの価格分析方法
  1. ファンダメンタルズ分析
  2. テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析って?

世界の情勢や経済指標、要人発言やロードマップなどを見て、将来価格を予測すること。

ファンダメンタルズ分析というのは、株式投資やFXなどでもよく用いられる分析方法です。

仮想通貨の場合は、以下のようなことがファンダメンタルズ分析に関係してきます!

仮想通貨のファンダメンタル要因
  • アップデートの進み具合
  • 著名人の発言
  • 取引所への上場発表
  • 銀行・金融機関・企業との提携

主に上記4つの要因が、ファンダメンタルズ分析の焦点として挙げられます。

例えば、仮想通貨市場に影響を及ぼしうる著名人の方が「ビットコインの価格が3年後に2倍に達するだろう」と発言をした場合、高い確率でビットコインの価格は上昇します。

なぜなら、その発言を聞いた個人投資家などが情報を鵜呑みにし、ビットコインを買い漁るからです。

しっかりとニュースをチェックし、このような要人発言の動きにうまく乗れれば、ビットコインでうまく儲けられる可能性も十分に考えられますよ!

関連記事:仮想通貨やビットコイン(BTC)の今後は?AI予想や暴落の原因、2030年までの価格など徹底予想

テクニカル分析

テクニカル分析って?

過去の値動き(チャート)を分析し、将来の価格を予想すること。

テクニカル分析では「移動平均線」「トレンドライン」「RSI」などといった専門ツールを用いて、今後の価格を分析します。

過去のチャートは、見る人からすればただの値動きの推移に過ぎませんが、過去の人間心理をすべて表しているので非常に重要です。

テクニカル分析をせずに、むやみやたらに根拠のないトレードをしてしまえば、それはただのギャンブルに変わりありません。

しっかりと分析を行なって「このラインを突破すればここまで上昇する!」といったような根拠を持ってトレードすることがかなり重要なんです!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

儲けるコツ④セキュリティ対策がしっかりした取引所に登録する

ビットコインで得た利益を失わないためにも、セキュリティ対策がしっかりした取引所に登録しましょう

セキュリティ体制が貧弱だと、取引所自体がハッキング被害に遭う可能性もゼロではありません。

取引所の選び方のコツとしては、新しく誕生したサービスよりも老舗を選ぶこと。

安全に運用してきた実績のある取引所なら、安心して取引できるでしょう。

その際、仮想通貨取引所のホームページで「暗号資産交換業」の登録番号に関する記載があるか確認されることをおすすめします。

登録番号を記載している取引所は、金融庁に認められているため、セキュリティなど運用体制がしっかりしている傾向にあるでしょう。

関連記事:仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング最新15選【初心者はどこで買うべき?】

実例あり!ビットコイン(BTC)で儲けた人のお話!

実際にビットコインに投資を行なって、利益を手にした人はたくさん存在しています。

一体どのようなタイミングで投資して、どのように儲けたのか、気になりますよね…!

実際に儲けた人の例を見ていきましょう!

ビットコインで儲けた人① 堀江貴文さん(ライブドア元社長)

ホリエモンこと「堀江貴文さん」も、ビットコインで大きな利益を得ていました。

仮想通貨バブルの数年前から「ビットコイン」や「イーサリアム」を大量に購入していたようでして、かなり儲かっているようです!

ビットコインで儲けた人② 松本人志さん(ダウンタウン)

お笑い芸人の松本人志さんも、ビットコインで儲けたうちの一人です。

松本人志さんも早い時期からビットコインに目をつけていたようで、バブル以前から保有していたようですね!

原因は何?ビットコイン(BTC)で損した人のお話!

ビットコインで儲けた人がいるということは、もちろん損した人もいます。

ビットコイン投資で損してしまった人には、一体どのような原因があったのでしょうか…?

ビットコインで損した人① 田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)

ロンドンブーツの田村淳さんも、仮想通貨バブルの前からビットコインに目をつけて投資を行なっていました。

しかし、当時有名だった仮想通貨取引所「マウントゴックス」のハッキング事件を受け、資産が全て盗まれてしまうという事態に陥ってしまったようです。

利用する取引所の信頼性や、リスク回避として複数の取引所に登録することの重要性がよく分かりますね。

ビットコインで損した人② 吉村崇さん(平成ノブシコブシ)

平成ノブシコブシの吉村さんも、ビットコインで損をしてしまったうちの1人。

2016年に放送されたバラエティ番組の企画で、100万円分のビットコインを購入していたようです。

購入後は一気に価格が下落してしまったようで、含み損を加えていたようです。

ただし、購入当時(2016年)のビットコインは「1BTC=4.5万円」だったので、吉村さんがまだ保有していれば、莫大な利益を得ていることが考えられます!

ビットコイン(BTC)は儲かる?に関する質問

最後に、ビットコインは儲かるのかという疑問に対して、よくある質問に回答します。

ビットコイン(BTC)が儲かる確率はどのくらい?

残念ながら、ビットコインが儲かる確率について名言することはできません。

あくまでも投資なので、儲かる場合もあれば儲からない場合もあります

このような特徴があるため、余剰資金で取引することが重要なのです。

少額でもビットコイン(BTC)で儲けられる?

少額でもビットコインで儲けることは可能です。

いきなり大金をつぎ込んでしまうと、大きな損失を抱えるリスクがあります。

そのような事態にならないためにも、初心者の方は少額から投資するのがポイントです。

まずは少額でスタートし、徐々に取引の仕方や仕組みを学んでいきましょう。

関連記事:1ビットコイン(BTC)はいくら?何円から買える?実は少額でも儲かる仮想通貨

ビットコイン(BTC)で儲けたら税金がかかるって本当?

ビットコインを始め仮想通貨の取引で1年間に20万円以上の儲けが出た場合、確定申告する必要があります

なお仮想通貨の儲けは、雑所得に該当します。

そのため、儲けが大きく出たらその分、支払わなくてはならない税金も増える点に注意が必要です。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)の税金とは?計算方法から確定申告のやり方を徹底解説!

ビットコイン(BTC)は儲かるかどうか まとめ

今回は「ビットコイン(BTC)は儲かるのか?」という疑問にお答えしていきました。

結論、まだまだビットコインで儲かる可能性は十分に存在しています!

今のタイミングでビットコインを取引するなら、やはりアプリが使いやすい『Coincheck』がイチオシ。

500円という少額から投資をスタートできるので、初心者の方も始めやすいでしょう。

ビットコインを含めて合計17種類の仮想通貨を取引できるので、複数の通過に分散して投資したい方にもおすすめの取引所です。

この記事で解説したビットコインで儲けるコツなどを参考に、取引してみてください。

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる