仮想通貨の積立投資とは?おすすめの取引所から銘柄毎のシュミレーションまでを解説

仮想通貨の積立投資って、何?
おすすめの取引所や銘柄って、どれ?

という疑問により、仮想通貨で積立投資を始めようとしても、どこの取引所でどの銘柄を選べばいいのか分からないと思います。

一般的に積立投資は通常の取引よりも、安全に資産形成できる手法です。

しかし、取引所や銘柄をよく検討せずに積立投資をスタートすると、うまく利益が出せずに後悔するかもしれません。

なぜなら、取引所や銘柄は自分に合ったものを選ばないと、長く続けることが難しいからです。

そこでこの記事では、仮想通貨の積立投資のメリットやデメリット、おすすめ取引所や銘柄、おすすめ銘柄のシミュレーションなどを解説していきます。

この記事で紹介している内容を実践すれば、積立投資で失敗する確率を低くできるので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨の積立をざっくり説明
  • 仮想通貨の積立投資は、自動運用で少額からスタートできる
  • 高値で買うリスクを避けつつ、購入タイミングも計らずに済む
  • 結果を出すなら、銘柄選びと取引所選びが重要
  • 仮想通貨の積立投資でおすすめな取引所は「GMOコイン」や「Coincheck」
  • 中でも『Coincheck』なら、手数料が無料で、アプリの使いやすさに定評がある

目次

仮想通貨の積立とは

仮想通貨積立とは

仮想通貨の積立とは、毎日や毎月など決まった周期で、決まった額の仮想通貨を自動的に購入していくことです。

そのためお金や時間が無い方でも、仮想通貨で投資をしたい方におすすめの方法です。

例えば、1BTC(ビットコイン)なら約290万円(2022/07/17現在)と高額なので、大金が必要となります。

しかし積立投資なら、1円から積立が可能です。

また複数銘柄を選んで同時に積立投資できるので、リスク分散もできます。

大きな金額で取引するのをためらう方でも気軽にできる投資法、それが積立投資です。

仮想通貨を積立するメリットは4つ

仮想通貨の積立_メリット

仮想通貨を積立投資するメリットは、4つあります。

仮想通貨を積立するメリット
  1. 少額から気軽にスタートできる
  2. 高値で買うリスクを避けられる
  3. 自動運用なので時間がなくても続けられる
  4. 購入タイミングを計らなくていい

メリット1:少額から気軽にスタートできる

積立投資は取引所にもよりますが、最小で1円から開始可能です。

各取引所の最小積立金額
  • Coincheck:1万円~
  • GMOコイン:500円~
  • bitFlyer:1円~

投資と聞くと、ある程度まとまったお金を用意して行うイメージがあります。

しかし1円からなら、余剰資金があれば誰でもすぐ始められるでしょう。

メリット2:高値で買うリスクを避けられる

積立投資ならば、高値で買うリスクを避けることもできます。

なぜなら仮想通貨は変動が激しいため、高値で買うリスクがあるからです。

例えばBTC(ビットコイン)なら、約777万円という最高値を記録したことがあります。

ですが2022/07/07現在では、約280万円まで下がっています。

もし最高値の時点で買っていたなら高値づかみとなるので、これよりも価格が高くなるまで待たないといけません。

しかし、積立投資なら価格が高い時には少なめに、価格が安い時には多めに買うことができます。

 

積立投資なら購入金額を平準化することができるので、高値で購入するリスクを避けられるのです。

メリット3:自動運用なので時間がなくても続けられる

積立投資を自動運用で行えば、時間がなくても投資が可能です。

基本的に購入ペースや購入金額を一度設定すれば、後は自動で取引してくれます。

そのため、仕事や家事で忙しい合間に取引を行うといった必要はなくなるのです。

また、取引のし忘れも防止できるので、定期的に購入してくれる積立投資は便利と言えます。

メリット4:購入タイミングを計らなくていい

仮想通貨に限らず投資を始めると、どうしても購入タイミングを計ってしまいがちです。

なぜなら「安いときに買って、高い時に売る」という、心理が働くからです。

ですが積立投資を行えば、そんな心配はいりません。

というのも、ほとんどの取引所では自動積立が可能なので、自分の意思とは関係なく購入できるからです。

購入タイミングを計るのは、スーパーで買い物をする時に一番安く売っている所はどこかを、チラシやネットでチェックするのに似ています。

ですが実際は、価格に大した差はありません。

それどころか価格を気にするあまり、毎回疲れてしまいます。

つまり仮想通貨の自動積立は、そんな苦労から解放してくれると考えれば、精神的にも楽な方法と言えます。

仮想通貨を積立するデメリットは3つ

仮想通貨の積立_デメリット

仮想通貨を積立投資するデメリットは、3つあります。

仮想通貨を積立するデメリット
  1. 必ず結果が出るわけではない
  2. 一括投資よりも利益が少ない
  3. 保有するのに各種手数料がかかる

デメリット1:必ず結果が出るわけではない

仮想通貨の積立投資は初心者でも気軽に行える方法ですが、必ず結果が出るわけではありません。

なぜなら投資銘柄の相場が継続的に下がると、損失が膨らむからです。

そのため、長期目線で将来的に値上げが期待できる銘柄を選ぶことが重要となります。

デメリット2:一括投資よりも利益が少ない

積立投資は高値で買うリスクを避けられる一方、一括投資よりも利益が少なくなる傾向があります。

理由は積立でコツコツ買い増しするよりも、安いときに一気に買った方が利益は大きくなるからです。

例えば、仮想通貨の価格が、

・1カ月目:20万円
・2カ月目:40万円
・3カ月目:10万円
・4ヶ月目:20万円

と推移した時、一括投資した場合と積立投資をした場合で考えてみましょう。

一括投資なら、1ヶ月目の20万円で100万円(5枚)買って2ヶ月目の40万円で売れば、利益は100万円となります。

しかし25万円を毎月積立で購入すると、下記の通り、合計枚数は6.6枚になります。

仮想通貨の価格 購入枚数 合計枚数
1ヶ月目:20万円 5/4枚 5.5枚
2ヶ月目:50万円 1/2枚
3ヶ月目:10万円 5/2枚
4ヶ月目:20万円 5/4枚

もし4カ月目の価格20万円で売却したとすると、

5.5枚×20万円=110万円

となり、利益は10万円一括投資の100万円よりも少なくなってしまいます。

つまり同じ金額を積立するよりも、一括投資した場合の方が利益を大きくなる可能性が高いのです。

デメリット3:保有するのに各種手数料が発生する

仮想通貨を保有するのに、各種手数料が発生します。

積立投資では取引回数が多くなるため、下記の手数料には注意が必要です。

仮想通貨で発生する手数料
  • 取引手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • レバレッジ手数料

取引手数料は、売買するごとに発生する手数料のことです。

そのため積立頻度が多くなれば、多く発生します。

入金手数料と出金手数料は、取引所の口座へ入金したり、出金したりする際にかかる手数料のことです。

取引する度に毎回入出金するのではなく、一度に多額の金額を入出金すれば、負担は軽くなります。

レバレッジ手数料とは、レバレッジをかけて取引する際にかかる手数料のことです。

レバレッジをかけることによって、より少ない資金で効率よくトレードができます。

ですが、積立投資している間はレバレッジ手数料が発生しますので、注意しましょう。

手数料の安い仮想通貨取引所を徹底比較!手数料を抑える5つの手法も暴露

仮想通貨を積立する時の税金事情

仮想通貨の積立_税金事情

仮想通貨の積立での税金事情として知っておきたいものが、2つあります。

仮想通貨の積立での税金事情
  1. 運用中は税金がかからない
  2. 利益確定の税率は最大で45%

税金1:運用中は税金がかからない

仮想通貨を積立運用中は、基本的に税金はかかりません。

なぜなら、売却で利益が発生したときのみ税金が発生する仕組みだからです。

暗号資産を売却又は使用することにより生ずる利益については、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分され所得税の確定申告が必要となります。
出典:国税庁

積立中に売却して利益を獲得しなければ税金はかかりませんので、安心して積み立てていきましょう。

税金2:利益確定の税率は最大で45%

積立中に仮想通貨を売却し利益が発生すれば、最大で45%の税率がかかります。

というのも、仮想通貨の税金は「雑所得の総合課税」で計算されるため、利益が増えるごとに税率が上がる仕組みだからです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円未満 5% 0円
195万円~330万円未満 10% 97,500円
330万円~695万円未満 20% 427,500円
695万円~900万円未満 23% 636,000円
900万円~1,800万円未満 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円未満 40% 2,796,000円
4,000万円~ 45% 4,796,000円

参考:国税庁

例えば、年収が400万円だと所得金額は約280万円です。

仮想通貨の売却益が170万円なら、所得金額は合計で450万円となります。

450万円なら「330万円~695万円未満」が適用されるので、税率は23%となります。

つまり、年収が上がるか仮想通貨の売却益が高くなれば税率が上がるので、売却時には注意しましょう。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)の税金とは?計算方法から確定申告のやり方を徹底解説!

仮想通貨の自動積立でおすすめの取引所3つを比較

仮想通貨の積立_おすすめ取引所比較

仮想通貨の自動積立でおすすめの取引所は、3つあります。

取引所 1位 Coincheck 2位 GMOコイン 3位 bitFlyer
積立金額 1万円~ 500円~ 1円~
積立頻度 毎日、毎月 毎日、毎月 毎日、毎週、毎月
銘柄数 17銘柄 22銘柄 15銘柄
取引手数料 無料 無料 無料
入金手数料 銀行:無料

コンビニ入金:770円~1,018円

クイック入金:770円~1,018円

無料 住信SBIネット銀行:無料

その他銀行:330 円

出金手数料 407円 無料 三井住友銀行:220円〜440円

その他銀行:550円〜770円

キャンペーン・特典 本人確認&入金完了で2,500円分の
ビットコインがもらえる!
暗号資産の購入で毎日10名に
現金1,000円が当たる!
スマホアプリからのログインで
毎日抽選で最大 10 名に 1,000 円相当
最大 3,000 名に 5 円相当のビットコインをプレゼント

第1位:Coincheck

仮想通貨おすすめ_Coincheckのレーダーチャート画像

Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

第2位:GMOコイン

仮想通貨おすすめ_GMOコインのレーダーチャート画像

GMOコインのメリット
  • 国内最多22種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。
キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

第3位:bitFlyer

仮想通貨おすすめ_bitFlyerのレーダーチャート画像

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で15種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「15種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

キャンペーン・特典情報
  • スマホアプリからのログインで、毎日抽選で最大 10 名に 1,000 円相当、 最大 3,000 名に 5 円相当のビットコインをプレゼント

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで
仮想通貨を買ってみる

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

仮想通貨の積立でおすすめ5銘柄をランキング

仮想通貨の積立_オススメ銘柄

仮想通貨の積立でおすすめの銘柄は5つあり、ランキングにすると以下の通りです。

順位 銘柄 時価総額
ランキング
時価総額 2,025年末の上昇幅
1位 BTC(ビットコイン) 1位 ¥55,622,731,347,734 +181%
2位 ETH(イーサリアム) 2位 ¥20,039,616,632,687 +194%
3位 XRP(リップル) 7位 ¥2,230,865,665,471 +207%
4位 BCH(ビットコインキャッシュ) 30位 ¥283,106,290,963 +196%
5位 ENJ(エンジンコイン) 76位 ¥64,742,633,905 +460%

(2027年)

第1位:BTC(ビットコイン)

BTC(ビットコイン)のおすすめ理由
  • 世界最初の仮想通貨で長い歴史がある
  • ブロックチェーン技術により「デジタルゴールド」と呼ばれている
  • 2025年末の価格予想では+181%と、約2.8倍まで上昇

BTC(ビットコイン)とは、サトシ・ナカモトによって2009年にリリースされた世界で最初の仮想通貨のことです。

その長い歴史から、時価総額ランキングでは常に1位をキープしています。

「ブロックチェーン」と呼ばれる改ざん不能な暗号化技術によって取引データは守られているため、安全性が高いです。

また発行上限が2,100万枚と決められているため、その希少性から「デジタルゴールド」と呼ばれています。

【「CoinPriceForecast」による将来の値上がり予想(2022/07/07時点)】

時期 価格 上昇幅
現在(2022年7月) 20,415ドル
2022年末 29,898ドル +46%
2023年末 38,164ドル +87%
2024年末 48,795ドル +139%
2025年末 57,347ドル +181%

出典:CoinPriceForecast

海外の大手価格予想サイト「CoinPriceForecast」では、2025年末に+181%と約2.8倍まで上がるとされています。

長い歴史がありますので、王道の仮想通貨で積立投資したければビットコインで決まりでしょう。

関連記事:仮想通貨やビットコイン(BTC)の今後は?AI予想や暴落の原因、2030年までの価格など徹底予想

第2位:ETH(イーサリアム)

ETH(イーサリアム)
  • 「スマートコントラクト」による自動実行機能で、決済が12秒と早い
  • NFT(非代替性トークン)の多くの作品で利用されている
  • 2025年末の価格予想では+194%と、約2.9倍まで上昇

ETH(イーサリアム)とは、ヴィタリック・ブテリンによって2015年にリリースされた仮想通貨のことです。

「スマートコントラクト」と呼ばれる契約を自動実行する機能があるため、DeFi(分散型金融)で活用されています。

またビットコインは送金に約10分かかりますが、イーサリアムなら約12秒で送金が完了するので、便利です。

さらにNFT(非代替性トークン)の多くの作品では、イーサリアムが利用されています。

【「CoinPriceForecast」による将来の値上がり予想(2022/07/07時点)】

時期 価格 上昇幅
現在(2022年7月) 1,183ドル
2022年末 1,845ドル +56%
2023年末 2,482ドル +110%
2024年末 3,244ドル +174%
2025年末 3,484ドル +194%

出典:CoinPriceForecast

海外の大手価格予想サイト「CoinPriceForecast」では、2025年末に+194%と約2.9倍まで上がるとされています。

DeFiやNFTでの利用の加速に期待するなら、イーサリアムで積立を開始しましょう。

関連記事:イーサリアム(ETH)は今後100万に!?2022年と10年後の価格を徹底予想

第3位:XRP(リップル)

XRP(リップル)のおすすめ理由
  • リップル社が管理する中央集権型の仮想通貨なので、管理がしやすい
  • 提携企業が300社あり、金融機関への送金が3~5秒と早い
  • 2025年末の価格予想では+207%と、約3倍まで上昇

XRP(リップル)とは、アメリカ企業のリップル社によって2012年にリリースされた仮想通貨のことです。

ビットコインなどとは違いリップル社が管理しているため、中央集権型の仮想通貨です。

そのため、他の仮想通貨よりも管理がしやすいと言えます。

リップル社と提携している企業は全世界で300社を超えるため、金融機関への送金が3~5秒と迅速に行えるメリットがあります。

リップルと提携している企業例
  • バンク・オブ・アメリカ(大手アメリカ銀行)
  • 住信SBIネット銀行(国内大手ネット銀行)
  • アメリカン・エキスプレス(大手クレジットカード会社)

【「CoinPriceForecast」による将来の値上がり予想(2022/07/07時点)】

時期 価格 上昇幅
現在(2022年7月) 0.33ドル
2022年末 0.48ドル +46%
2023年末 0.70ドル +113%
2024年末 0.82ドル +149%
2025年末 1.01ドル +207%

出典:CoinPriceForecast

海外の大手価格予想サイト「CoinPriceForecast」では、2025年末に+207%と約3倍まで上がるとされています。

提携企業の増加で売買も増加すると考えるなら、今からリップルを積み立てておきましょう。

関連記事:リップル(XRP)の今後は?暴落してやばい?将来性を専門家の予想から徹底予測

第4位:BCH(ビットコインキャッシュ)

BCH(ビットコインキャッシュ)のおすすめ理由
  • ビットコインと同機能を備えているので、安全性が高い
  • 送金時間は5分と、ビットコインよりも2倍早い
  • 2024年末の価格予想では+203%と、約3倍まで上昇

BCH(ビットコインキャッシュ)とは、2017年にビットコインからハードフォーク(分岐)してリリースされた仮想通貨のことです。

基本的な機能はビットコインと同様に「ブロックチェーン」が使われているので、安全性は高いです。

また発行上限も2,100万枚なので、ビットコインと同等の希少性があります。

ビットコインは送金に10分以上かかりますが、ビットコインキャッシュならその半分の5分で完了するので、早く送金できる点が魅力です。

【「CoinPriceForecast」による将来の値上がり予想(2022/07/07時点)】

時期 価格 上昇幅
現在(2022年7月) 107ドル
2022年末 174ドル +62%
2023年末 252ドル +135%
2024年末 325ドル +203%
2025年末 317ドル +196%

出典:CoinPriceForecast

海外の大手価格予想サイト「CoinPriceForecast」では、2024年末に+203%と約3倍まで上がるとされています。

ビットコインよりも送金時間の早さに魅力を感じるなら、今から積み立てをスタートしておきましょう。

関連記事:ビットコインキャッシュ(BCH)の今後は上がらない?将来性・価格予想を徹底解説!

第5位:ENJ(エンジンコイン)

ENJ(エンジンコイン)のおすすめ理由
  • NFTゲームでの利用が多い
  • 時価総額は2021年3月に50位まで急上昇
  • 2027年の価格予想では+406%、約5倍まで上昇

ENJ(エンジンコイン)とは、シンガポール企業のEnjin社が2017年にリリースした仮想通貨のことです。

エンジンコインはNFT専用プラットフォーム「Enjin Platform」で発行されており、NFTゲームでの利用が盛んです。

またNFTブームの影響で、2021年3月に時価総額が50位まで急上昇したことがあります。

【「Wallet Investor」による将来の値上がり予想(2022/07/07時点)】

時期 価格 上昇幅
現在(2022年7月) 0.54ドル
2022年 1.01ドル +87%
2027年 3.02ドル +460%

出典:Wallet Investor

海外の大手価格予想サイト「Wallet Investor」では、2027年に+460%と約5.6倍まで上がるとされています。

今後NFTゲームの人気が過熱すれば、さらに価格上昇する可能性があるので、NFTに期待するなら積み立てを検討しましょう。

関連記事:エンジンコイン(ENJ)の今後の将来性や特徴・価格推移や買い方を解説!

おすすめ5銘柄を毎日2年間積み立てた場合をシミュレーション比較

仮想通貨の積立_シミュレーション

先程紹介したおすすめ5銘柄を、毎日2年間積み立てた場合でいくらになるかシミュレーションしてみました。

シミュレーション条件
  • 積立頻度:毎日
  • 期間:2年
  • 金額:500円

シミュレーション結果の一覧は、以下の通りです。

※過去2年間の価格推移で計算しています。

銘柄 BTC(ビットコイン) ETH(イーサリアム) XRP(リップル) BCH(ビットコインキャッシュ) ENJ(エンジンコイン)
元本 365,000円
評価額 320,572円 447,079円 297,803円 124,830円 507,718円
積立数量 0.12936942BTC 3.34482214ETH 7,108.312705XRP 9.52389820BCH 8,048.52564563ENJ
結果 約4万4,000円
マイナス
約8万2,000円
プラス
約6万7,000円
マイナス
約24万円
マイナス
約14万2,000円
プラス

BTC(ビットコイン)のシミュレーション結果

BTC(ビットコイン)のシミュレーション結果
  • 元本:365,000円
  • 評価額:320,572円
  • 積立数量:0.12936942BTC
  • 結果:約4万4,000円のマイナス

ビットコインは、2022年3月31日からの下げで元本割れしています。

しかしそれ以前なら、順調に評価額が約70万円まで伸びています。

また2025年末には価格が+181%と約2.8倍まで上がる予測があるので、このまま積立を続ければプラスに転じるでしょう。

ETH(イーサリアム)のシミュレーション結果

ETH(イーサリアム)のシミュレーション結果
  • 元本:365,000円
  • 評価額:447,079円
  • 積立数量:3.34482214ETH
  • 結果:約8万2,000円のプラス

イーサリアムは、2022年6月30日時点で評価額が約8万2,000円とプラスです。

また2025年末には価格が+194%と約2.9倍まで上がる予測があるので、さらに上がる可能性があります。

直近での価格は下落傾向ですので、安いときに多く買い増しできる積立投資を始めるなら、今が絶好の機会と言えるでしょう。

XRP(リップル)のシミュレーション結果

XRP(リップル)のシミュレーション結果
  • 元本:365,000円
  • 評価額:297,803円
  • 積立数量:7,108.312705XRP
  • 結果:約6万7,000円のマイナス

リップルは、2022年3月31日からの下げで元本割れしています。

ですがそれ以前なら、評価額が約70万円まで伸びている時が4回ありました。

また2025年末には価格が+207%と、約3倍になる予測もあります。

今後の伸びに期待するなら、今のうちに積立投資を始めましょう。

BCH(ビットコインキャッシュ)のシミュレーション結果

BCH(ビットコインキャッシュ)のシミュレーション結果
  • 元本:365,000円
  • 評価額:124,830円
  • 積立数量:9.52389820BCH
  • 結果:約24万円のマイナス

ビットコインキャッシュは、2022年1月31日からたびたび元本割れをしています。

しかし2024年末には価格が+203%と、約3倍になる予測が出ています。

基本的にビットコインよりも価格が安く投資しやすいため、興味があればビットコインキャッシュで積立投資をスタートしましょう。

ENJ(エンジンコイン)のシミュレーション結果

ENJ(エンジンコイン)
  • 元本:365,000円
  • 評価額:507,718円
  • 積立数量:8,048.52564563ENJ
  • 結果:約14万2,000円のプラス

エンジンコインは、2022年6月30日時点で評価額が約14万2,000円とプラスです。

直近では下落していますが、2027年には価格が+460%と約5.6倍にまで膨れ上がる予測があります。

今なら価格が安いので、積立投資を始めるなら良いタイミングと言えるでしょう。

仮想通貨の積立 まとめ

仮想通貨の積立投資は少額かつ自動で始められるので、資金がなかったり、時間がなかったりしても気軽に行えます。

もし銘柄で迷うなら、歴史が長く、時価総額も1位であるBTC(ビットコイン)がおすすめです。

さらに5年後の価格予想で+181%と、約2.8倍になる可能性も秘めています。

積立投資を始めるなら、まずはBTC(ビットコイン)で検討しましょう。

Coincheck』は、積み立てサービスが充実した取引所です。

月々1万円から始められるので、投資初心者の方にもおすすめですよ!

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる