ビットコインが少額で儲からないは嘘!儲かる理由やコツを解説

ビットコインを始め、投資は入金力がないと資産が増やしにくいので少額では儲かりにくいと聞いたことがある方も多いでしょう。

また、「大きな額を買って損をしたくない」「大きなリスクを負うのは怖い」と感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ビットコインは少額投資でも大きな利益を出すことが可能です。

本記事では、ビットコインの少額投資が儲かる理由やメリット・デメリットや注意点を解説します。

ビットコインをほったらかしながら年利3%程度の利回り収入を稼ぐ方法も解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

ビットコインの少額投資の概要
  • Coincheckと特別コラボキャンペーン!当サイトから新規口座開設をして購入した方全員にBTC3,000円分プレゼント
  • ビットコインは少額投資が最も安全に稼ぎやすい。
  • 少額投資にはメリット・デメリットがある。
  • ビットコインは長期保有しながら利回り収入を得るのがおすすめ。
  • 少額投資をする際の注意点は売り買いを繰り返さないこと。
  • ビットコインの少額投資は1円単位から購入できるCoincheckがおすすめ。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインは少額で儲からない?

ビットコインは少額投資でも長期的に保有すれば儲かる可能性が高いです。

なぜならビットコインは他の資産より値動きが激しく、価格が大きく上昇しやすいからです。

BTC

実際、2020年時点でのビットコインは100万円程度でしたが、2021年の11月には700万円と約7倍の上昇をしています。

少額投資で2020年1月から年末まで毎月1万円をコツコツ積み立てていた場合、2020年末には12万円投資したことになります。

さらに2021年まで保有していれば7倍になり、最終的に84万円まで資産が増えます。

2021に入ってからも投資を続けていればより資産は増えているでしょう。

もちろん、ビットコインは常に上昇しているわけではないため資産が減る可能性もありますが、歴史を辿ると右肩上がりで成長しています。

仮想通貨の将来性として、以下のような世界トップクラスのエリートな人材が次々に仮想通貨界隈へ流れています。

仮想通貨をやっている世界トップクラスの方々
  • Meta(旧Facebook)社の元最高マーケティング責任者
  • AmasonのAWSの元ゼネラルマネージャー
  • ウーバーの元企業開発担当ディレクター
ビットコインのドミナンス
参考:CoinGecko

それほど仮想通貨の将来性に注目されており、仮想通貨の時価総額約40%を牽引しているビットコインの将来性も明るいと言え、今後も儲かる資産となるでしょう。

ビットコインを少額で始めるメリット・デメリット

ビットコインの少額投資のメリット・デメリット

ビットコインを少額で始めるにはメリットが多いですが、もちろん完全に儲かる投資ではないのでデメリットもあります。

そこで、ビットコインを少額で始めるメリット・デメリットを紹介します。

ビットコインの少額投資のメリット・デメリット

ビットコインを少額で始めるメリット

ビットコインを少額で始めるメリットは以下の通りです。

メリット
・生活に支障がない範囲で投資できるので安全
・精神的に安定する
・基本的に放置しているだけで良い

少額投資の最大のメリットは暴落してもかけている金額が少ないため生活に支障が出にくいことです。

100万円を一気に投資してしまうと2倍上昇すれば200万円になりますが、50%の値下がりすると50万円と、資産が50万円も減ってしまいます。

暴落したタイミングが大きな出費があるときと重なると資産形成が狂ってしまう可能性があり、家計にダメージを与えます。

一方、少額投資で1万円を投資しているだけなら50%値下がりしても5,000円になるだけで、-5,000円であれば生活に与える支障も少ないでしょう。

また、大きな金額をかけていないため精神的に安定し、放置しているだけで良いので投資メインの生活にならない人間らしい生活ができます。

ビットコインを少額で始めるデメリット

ビットコインを少額で始めるデメリットは以下の通りです。

デメリット
・大きな利益を出すには時間がかかる
・アグレッシブに投資をしたい人にはつまらない

少額投資の唯一の欠点は大きな利益を出すには時間がかかることです。

先ほどの例のように100万円を一気に投資すれば2倍で200万円になりますが、1万円にしか投資していないと2万円にしかなりません。

そのため、早く利益が欲しい人には少額投資は向いていない手法と言えるでしょう。

また、トレードを始めとするアグレッシブな投資をしたい人も少額では利益を出しにくいため、つまらないトレードになります。

しかし、投資は早く利益を求めると失敗する可能性があります。

トレードはプロの世界でも勝てる可能性が限られているため初心者には難易度が高いです。

大きな利益を早く出そうとしなければ少額投資にデメリットはなく、安全性の高い手法となります。

ビットコインを少額でも利益を出すコツ

ビットコインを少額でも利益を出すコツは、以下の通りです。

ビットコインを持ってるだけ(ガチホ)

投資会社を運営する著名投資家ウォーレン・バフェット氏は「今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいいのです」と発言しています。

つまり、投資は長期投資が基本ということです。

もちろんバフェット氏が指している株式投資とビットコイン投資は複利の面で異なる部分がありますが、長期投資の必要性は変わりません。

ビットコインも発行当時は1円以下でしたが、現在最高値700万円を超えているのを見ると長期投資が最も儲かる手法といえます。

時間の差はあるものの、少額投資でも大きな利益を得ることが可能です。

また、投資を始めたばかりの人がトレードやデリバティブ取引など高度な投資を行うと簡単に損失が発生します。

投資は増やすより減らさないことの方が大切なので、ビットコインの少額投資は持っているだけのガチホを長期間行うのがおすすめです。

現物取引

現物取引とは、安値で買って高値で売り利益を出す、一般的な取引方法です。

シンプルな仕組みで理解しやすく、また自分が今保有している資金を上回る損失がでないため、取引経験が浅くても大きな心配がありません。

買ってから売るまでの期間は様々であり、正確には上で紹介した「ガチホ」も現物取引の中の1つです。

ガチホ以外にも、1日の間に取引を終わらせる「デイトレード」や、数秒から数分で取引を終える「スキャルピング」、数日から数ヶ月かけて取引する「スイングトレード」という方法もあります。

しかし、デイトレードやスキャルイングなどの短期間での取引はかなり上級者向けであり、初心者の方にはスイングトレードやガチホなどの長期間の取引がおすすめです。

少額投資であれば比較的リスクは抑えられますが、それでも短期間のトレード方法は難易度が高いため、知識や経験が増えてから挑戦してみると良いでしょう。

レンディング

仮想通貨にはレンディングと呼ばれる、自分の保有する仮想通貨を特定の人・企業などに貸し付けて利回り収入を得る稼ぎ方があります。

この方法の場合、貸す相手はほとんどがレンディングを提供している取引所やDeFiサービスになります。

長期投資で価格上昇を待ちながらその間に利回り収入を継続的に得られるので、不労所得になりやすいです。

ただ、レンディングには突然貸し手が逃げたり出金停止したりするデメリットがあるため、信頼できる大手取引所を利用することがおすすめです。

実際、レンディング大手企業のCelsiusは流動性危機により顧客の資金を出金停止しました。

出金停止は高金利を謳うプラットフォームに多く、大きな利益を得るには一定のリスクがある点を覚えておきましょう。

国内取引所ではCoincheckがレンディングサービスを行っており、取引所であれば高金利ではないものの安全性は高いです。

ステーキング

ステーキングとは、仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムがPosの場合にその仮想通貨を預けてブロックチェーンの取引承認に参加して利回り収入を得る方法です。

ステーキングは取引承認に参加すると言ってもステーキングサービスに預けるだけなので、レンディングと同じく不労所得になるのがメリットです。

ただ、ステーキングができる仮想通貨はコンセンサスアルゴリズムがPosの場合だけであり、ビットコインはPowなのでステーキングはできません。

本来のステーキングは利用できないのですが、ビットコインのステーキング(仕組みはレンディングと同様)を提供している海外取引所は多くあります。

海外取引所は金融庁の認可を受けていないため利用は自己責任になりますが、年利3%程度を継続して得られるのでおすすめ手法です。

ステーキングは1度預けると一定期間資金がロックされる場合が多い点も理解しておきましょう。

ビットコインはいくら買うべき?【具体的に解説】

少額投資と言っても、具体的にいくら買うべきなのかわからない方も多いでしょう。

具体的な投資金額は各家庭によって異なるので断定はできませんが、目安としては投資に使える金額の1〜3%程度が安全に投資できます。

例えば1ヵ月で投資に回せる資金が10万円あるとすれば、1,000〜3,000円くらいを目安にビットコインに投資しましょう。

ビットコインは値動きがほかの資産より激しい傾向があり、そのような資産は基本的に投資する金額を減らしておくのが安全です。

ビットコインとNASDAQの相関関係
参考:CoinDesk

また、2022年現在のビットコインは米国株との相関関係が強く、米国株が下落すればビットコインも下落する可能性が高いです。

すでに米国株へ投資している人は、資産が同時に減る可能性があるためビットコインの割合は増やしすぎない方がよいでしょう。

ビットコインの少額投資シミュレーション

実際にビットコインをあの時購入していたら今はいくらになっていたのか、シミュレーションをしていきます。

本記事では以下の期間を例にして解説します。

2018年にビットコインを10万円分買っていたら

BTC2018

2018年初はビットコインが約190万円で、2018年末には約41万円に下落しているため、10万円分を購入していた場合は半値以上の大きな下落に巻き込まれていたことになります。

2018年のように暴落に巻き込まれると資産が大きく減少しますが、少額投資であれば割合的に減る量が少なく、家計を維持しやすくなります。

また、長期投資を前提とするのであれば暴落は良い買い増し機会となり、将来的な値上がりに備えて利益を最大化できるチャンスになります。

2021年にビットコインを10万円分買っていたら

2021年初は約300万円で、2019年末には約540万円に上昇しているため、10万円分を投資していた場合約25%の値上がりをしていたことになります。

2018年の41万円台に購入していれば価格は10倍以上値上がりしており、安いときに購入して長期投資するメリットが浮き彫りになっているでしょう。

少額投資をしているとビットコインが大きく上昇した年に恩恵を受けられる量は減りますが、資産が増えているには代わりないので問題ありません。

ビットコインは半減期と呼ばれる価格が上昇しやすいサイクルが4年に1度訪れ、次は2024年に訪れます。

そのときに備えて安くなっているときに仕込むのがおすすめです。

ビットコインの少額投資におすすめの取引所

ビットコインの少額投資におすすめの取引所は以下3つです。

Coincheck

Coincheck(コインチェック)
Coincheckのおすすめポイント
  • ビットコインを500円から購入できる
  • アプリダウンロード数3年連続国内No.1
  • 取引手数料が無料
  • レンディングサービスを提供している
  • 自動積立機能を提供している

Coincheckは500円からビットコインを購入でき、ランチ1回分で資産形成を始められるメリットがあります。

レンディングサービスを提供しているのでビットコインを長期保有しながら年利3%程度の利回り収入を受け取り、何もせずともビットコインを増やせます。

また、Coincheckには自動積立機能という月1万円から自動で積み立ててくれる機能がありますが、販売所での購入になるため利用はおすすめしません。

販売所は取引所より購入の費用が高くなり、無駄なコストを支払う必要があるので、手動で積み立てるのがおすすめです。

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコインの取引量が国内No.1
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
  • Tポイントでビットコインを購入できる
  • 1円からビットコインを購入できる
  • ハッキング経験がなく、セキュリティが安全
  • 最短10分で口座開設できる

bitFlyerは1円単位からビットコインを購入できたりTポイントでビットコインを購入できたりするため、費用をあまりかけられない方でも始めやすい取引所です。

お買い物でTポイントを貯めてビットコインを購入するのも良いですが、bitFlyerはビットコインが貯まるクレジットカードも発行しています。

Tポイントカードと同時に使用すればより資金を自腹で支払わずビットコインを購入できるので、投資にお金を使いたくない人にはおすすめです。

仮想通貨取引所で重要なセキュリティについても7年間ハッキング経験がなく、安全性の高い取引所です。

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
  • ジパングコイン(ZPG)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
ポリゴン 19 MATIC
メイカー 0.02 MKR
ジパングコイン – ZPG
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
ポリゴン × ×
メイカー × ×
ジパングコイン × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

DMM Bitcoin

DeFi 始め方
DMM Bitcoinおすすめポイント
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多!
  • 新規口座開設で2000円がもらえるキャンペーン実施中
  • 大手DMM.comグループの運営で安心

おすすめの取引所3つ目は、大手DMM.comグループが運営する「DMM Bitcoin」になります。

レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多、レバレッジ取引をするならおすすめNo.1の取引所です。

もちろん現物取引も楽しむことができます。

また、入金・出金・送金・取引手数料が全て無料なので、無駄な手数料がかかりません。

新規口座開設をするだけで2000円がもらえるキャンペーンも実施中です。

DMM Bitcoinのキャンペーンでは口座開設後すぐに2000円がGETでき、お好きな通貨を購入できます。

仮想通貨買うか迷っている…という方も、キャンペーンだけ試してみて損はないかと思います!

DMM Bitcoinの評価
販売所
(現物)
取引所
(現物)
レバレッジ
BTC
ビットコイン
×
ETH
イーサリアム
×
XRP
リップル
×
MATIC
ポリゴン
×
LTC
ライトコイン
×
BCH
ビットコインキャッシュ
×
XEM
ネム
× ×
ETC
イーサクラシック
×
XLM
ステラルーメン
×
MONA
モナコイン
×
QTUM
クアンタム
× ×
BAT
ベーシックアテンション
トークン
×
OMG
オーエムジー
×
XTZ
テゾス
× ×
ENJ
エンジンコイン
×
XYM
シンボル
× ×
TRX
トロン
×
ADA
カルダノ
× ×
DOT
ポルカドット
× ×
IOST
アイオーエスティー
× ×
ZPG
ジパングコイン
×
AVAX
アバランチ
×
CHZ
チリーズ
×
MKR
メイカー
×
LINK
チェーンリンク
×
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

GMOコイン

GMOコイン
GMOコインのおすすめポイント
  • 東証プライム上場企業のグループ会社運営でセキュリティが安心
  • 各種手数料が無料
  • ビットコイン以外にも20種類以上の仮想通貨を購入できる
  • 月1,000円から自動積立投資できる
  • 最短10分で口座開設できる

GMOコインは0.0001 BTCから購入でき、入金から出金までの各種手数料がすべて無料です。

コストを最小限に抑えて取引したい人にはピッタリの取引所です。

口座開設時間も10分と早く、セキュリティは東証プライム上場企業のグループ会社が運営しているため安全性が高いでしょう。

GMOコインはビットコイン以外にも20種類以上のアルトコインを取り扱っているので、ビットコイン以外の仮想通貨投資もしてみたい人におすすめです。

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインを少額投資で失敗しないための注意点

ビットコインの少額投資に失敗しないための注意点

ビットコインを少額投資で失敗しないための注意点は以下の3つです。

ビットコインの売り買いの繰り返しはやらない

ビットコインの売りかいを繰り返すと手数料やスプレッドなどのコストが多くかかります。

取引手数料が無料でもスプレッドはどの取引所でも設定されているため、繰り返すだけコストが積み上がり損をする可能性があります。

また、売り買いを繰り返して利益が発生すると確定申告が必要になる場合もあり、取引回数が多いと手間がかかるでしょう。

ビットコインの少額投資で失敗しないためには、基本的に買いだけを行って数年以上の放置をしておくのがおすすめです。

余剰資金で始める

少額投資に限らずすべての投資に言えることですが、投資は最悪失っても生活に支障の出ない余剰資金で始めましょう。

特にビットコインは株より価格変動が大きい資産なので、ときに資産が大きく減る可能性があります。

大金を一気に投資すると万が一お金が必要になった場合に苦労するため、余剰資金でコツコツ積み上げていきましょう。

大手仮想通貨取引所で始める

主に海外取引所ですが、仮想通貨取引所の中には顧客の資金を奪う目的で運営している取引所があります。

そのような取引所で口座開設をして入金すると、出金できず運営が持ち逃げする事例が相次いで起こっているのです。

また、新興の仮想通貨取引所はセキュリティ対策が脆弱な場合が多く、ハッキングに遭う恐れもあります。

取引所によるトラブルを避けるため、運営元が信用できてハッキング対策を厳重に行っている大手取引所を選びましょう。

大手取引所の中では、Coincheckが大手証券会社のマネックス証券グループの子会社で安心です。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

複数の取引所に分散させる

ビットコインの売買をする際は、複数の仮想通貨取引所を利用し分散させるようにしましょう。

その理由は、1つの取引所しか登録しなかった場合に以下のようなデメリットが生じてしまうからです。

複数の取引所に分散させないと…
  • システム障害のリスク
  • ハッキングのリスク
  • トレード方法が限られる

仮想通貨は複雑な技術でできておりネットを介しているため、システム障害やハッキングされてしまう可能性も少なからずあります。

そうなった場合、唯一利用している取引所がトラブルを起こすと、取引は一時的に中断せざるを得ません。

また、スプレッドが低い取引所ではスキャルピングなどの短期トレードが有利になったりと、取引所にはそれぞれの特徴に合ったトレード方法があります。

取引所を分散させることでリスクを分散し、その時々の状況やあなたとの相性で利用する取引所を選ぶことができます。

税金がかかる

ビットコインには「総合課税」という税金がかかり、「累進課税方式」といって利益が大きくなればなるほど税率が上がります。

課税される所得金額税率税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
所得税の税率、国税庁

また、仮想通貨で1年間に20万円以上儲けた場合は確定申告が必要となります。

ビットコインで利益が出た際には、自分がどこに当てはまるかよく確認するようにしましょう。

ビットコインの少額投資に関するよくある質問

ビットコインの少額投資に関するよくある質問

ビットコインの少額投資に関するよくある質問をまとめました。

ビットコインの少額投資に関するよくある質問一覧
  • ビットコインは500円でも利益は出る?
  • ビットコインは今買うべき?
  • ビットコインで儲けた人は実際にいるの?
  • ビットコインは持っているだけでも税金かかる?
  • ビットコインで稼ぐ仕組みってどうなっているの?
ビットコインは500円でも利益は出る?
ビットコインは500円でも利益は出ます。

仮に毎月500円投資すると年間6,000円投資でき、今後5年間を積み立てるのであれば30,000円の投資になります。

ビットコインは今後1億円になるとの予想もあるため、30,000円の投資でも大きな利益になる
でしょう。


少額投資は大きな利益がすぐに出しにくいデメリットはありますが、時間をかけるだけで解決します。

500円であれば最悪失ってもランチ1回分がなくなっただけなので、生活に支障は出ないでしょう。
ビットコインは今買うべき?
ビットコインは今買うべきです。

なぜなら2022年7月現在はビットコインの価格が最高値から半値以上の下落をしており、長期的に積み上げていくにはピッタリなタイミングだからです。

最高値で掴んだ人は現在資産が半分以上減っており、最高値に戻って±0ですが、今買う人は最高値に戻ると資産が倍に増えます。

最高値付近で投資を始めた人よりお得に始められるチャンスなので、口座開設していつでも取引できるようにしておくとよいでしょう。
ビットコインで儲けた人は実際にいるの?
ビットコインで儲けた人は、以下のように芸能人の中にも多いようです。

ロンドンブーツ田村淳氏:2014年に2BTCを購入
・たむらけんじ氏:含み益3,500万円
・ボビーオロゴン氏:1BTC0.2円のときに投資

ビットコインはまだ投資している人が少ないため儲けている人は少ないですが、早期参入して儲けている人は実際に存在します。
ビットコインは持っているだけでも税金かかる?
ビットコインは持っているだけでは税金はかかりません。

税金がかかる場合は年間利益を20万円以上得たり仮想通貨同士の交換をしたときになり、保有しているだけの場合は無税です。

税金面も考慮して少額投資の長期投資は楽な投資手法でおすすめです。
ビットコインで稼ぐ仕組みってどうなっているの?
ビットコインで稼ぐ仕組みは購入したときより高い値段で売却できると利益が出る仕組みになっています。

例えば1BTC100万円のときに1枚購入し、1BTC200万円になったときに売却すれば100万→200万なので100万円の利益を得られます。

逆に1BTCが50万円のときに売却してしまうと50万円の損失が発生するため、利益が大きくなるまで待てる長期投資がおすすめです。

ビットコインは少額投資が最も安全に儲かる!

本記事では、以下の内容について詳しく掘り下げてきました。

ビットコインは少額投資が最も安全で簡単に儲かるので、これからビットコイン投資を始める人におすすめの方法です。

ビットコインは供給量が2,100万枚しかないので需要が増加するほど価格が上昇しやすくなっています。

すでにTesla社やMicrostrategy社などの大企業や機関投資家が投資し始めているため、今後の将来性は明るいでしょう。

Coincheckなら口座開設や取引が簡単に行えるので、ぜひ口座開設してみてください!

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<