Coincheck(コインチェック) の手数料は高い?|安く抑える方法やスプレッドの計算も解説

仮想通貨を始めたくてコインチェックが気になっているけれど、手数料はどのくらいかかるのだろうか?
できれば手数料がかからない方が嬉しい……

このように、仮想通貨の取引を始めたくても手数料がネックでなかなか踏み切れない方も多いはず。

この記事では、Coincheck(コインチェック)の利用時に発生するすべての手数料をお伝えしています。

また、手数料抑えるためのポイントについても解説しているので、ビットコインなど仮想通貨に興味がある方は必見です。

Coincheck(コインチェック)の手数料についてざっくり言うと
  • Coincheck(コインチェック)で発生する手数料は、入出金手数料など
  • Coincheck(コインチェック)の販売所ではスプレッドが実質的な手数料となる
  • Coincheck(コインチェック)の手数料が高すぎるということはない

1ビットコイン_いくら_Coincheck

 

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

【人気記事】

コインチェックの評判ってどうなの?超辛口で解説!

Coincheck(コインチェック)で発生する手数料

仮想通貨の取引には手数料が発生すると聞きました。
特にコインチェックが気になっています。
どんな手数料がかかるのでしょうか……?

500円から取引を開始でき、初心者でも始めやすいと話題のコインチェック。

気軽に取引できることから利用を検討している方は多いでしょう。

そこで気になるのが、利用時に発生する手数料です。

ここでは、コインチェックの利用時に発生する手数料の種類と数値についてお伝えします。

Coincheck(コインチェック)で発生する手数料とは?
  1. 取引手数料:取引所は無料。販売所は手数料相当額が0.1%から5.0%となる
  2. 入金手数料:銀行振込は無料。クイック入金とコンビニ入金は700円以上かかる
  3. 出金手数料:一律407円
  4. 暗号資産入金手数料:無料
  5. 暗号資産送金手数料:暗号資産の種類によって送金手数料が異なる
  6. コインチェックつみたて手数料:手数料相当額は0.1〜4.0%

1.取引手数料

取引手数料は、下記の2種類に分けられます。

取引手数料に分類されるもの
  1. ユーザー同士の取引:取引所
  2. コインチェックとユーザーの取引:販売所

取引の成立に応じてかかる手数料のことを、取引手数料と言います。

一般的には購入手数料と売却手数料のことを取引手数料と言いますが、コインチェックでは無料で取引可能です。

Taker手数料 0.000%
Maker手数料 0.000%

これから仮想通貨の取引を始めたい場合、慣れてくるまでに購入と売却を繰り返すことになるでしょう。

他のサービスでは、取引手数料が0.05%に設定されていることがほとんどです。

取引通貨に対するパーセンテージなので、そこまで大きな手数料にみえないかもしれませんが、無料で取引できるに越したことはありません。

そういった意味でも、コインチェックは初心者におすすめできる取引所だと言えるでしょう。

販売所に関しても無料で取引可能ですが、スプレッドというものが存在します。

スプレッドとは?
スプレッドとは売り手と買い手で発生する金額の差額のことを言います。

金額の差額が販売所で発生する実質的な手数料となる点に注意が必要です。

販売所でかかる手数料をまとめると、以下のようになります。

取引手数料 無料
手数料相当額 0.1%から5.0%

2.入金手数料

コインチェックで仮想通貨を購入するためにも、口座に日本円を入金する必要があります。

その入金時にかかる手数料のことを、入金手数料と言います。

コインチェックの口座に入金する方法とは?
  • 銀行振込
  • クイック入金
  • コンビニ入金

クイック入金とはネットバンキングやATMから入金する方法です。

コンビニ入金とはレジから入金する方法です。

上記二つの入金方法のメリットは、24時間いつでも即座にコインチェックの口座に入金処理できる点にあります。

入金したらすぐに処理されるため、今すぐに取引を開始したい場合にとても便利です。

そんな入金にかかる手数料は下記を参照してください。

銀行振込(日本円) 無料
※振込手数料は各自が負担
クイック入金:3万円未満 770円
クイック入金:3万円以上50万円未満 1,018円
クイック入金:50万円以上 入金金額×0.11%+495円
コンビニ入金:3万円未満 770円
コンビニ入金:3万円以上30万円以下 1,018円

このように、銀行振込であれば入金手数料がかかりません。

クイック入金やコンビニ入金を何度も繰り返すと、莫大な手数料がかかってしまうでしょう。

余計な手数料を減らすためにも、銀行振込の利用がおすすめです。

ただし、振込手数料は各自の負担となる点に注意が必要です。

銀行によっては、月数回まで振込手数料が無料に設定されていることもあります。

お得に仮想通貨の取引を楽しむためにも、お使いの銀行の振込手数料を確認してみましょう。

3.出金手数料

コインチェックで利益が発生しお使いの口座に日本円を出金する際にかかる手数料のことを、出金手数料と言います。

このときかかる手数料は一律407円です。

なお一回あたりの出金上限金額は5,000万円に設定されています。

4.暗号資産入金手数料

暗号資産入金手数料とは、暗号資産取引所のウォレットや口座から移動するタイミングでかかる手数料のことを言います。

コインチェックでは、暗号資産入金手数料は無料です。

5.暗号資産送金手数料

暗号資産送金手数料とは、コインチェックの口座からウォレットや他の取引所に送金するタイミングでかかる手数料のことを言います。

コインチェックユーザー同士の場合、送金手数料はかかりません。

しかし、仮想通貨の種類によって送金手数料が異なる点に注意が必要です。

それぞれの送金手数料については、下記を参照してください。

BTC 0.0005 BTC
ETH 0.005 ETH
ETC 0.01 ETC
LSK 0.1 LSK
FCT 0.1 FCT
XRP 0.15 XRP
XEM 0.5 XEM
LTC 0.001 LTC
BCH 0.001 BCH
MONA 0.001 MONA
XLM 0.01 XLM
QTUM 0.01 QTUM
BAT 63.0 BAT
IOST 1.0 IOST
ENJ 30.0 ENJ
OMG 5.0 OMG
PLT 72.0 PLT
XYM 1.0 XYM

コインチェックでは、一部に変動型送金手数料が導入されています。

BTC、ETH、ERC20は上記、変動型送金手数料が導入されているため、送金前に手数料がどのくらいになるのか確認しましょう。

6.コインチェックつみたて手数料

コインチェックには、「コインチェックつみたて」という一定額を毎月自動で積み立てられるサービスがあります。

このサービスの特徴は、以下の通りです。

コインチェックつみたての特徴とは?
  • 積み立てを開始できる金額は1万円から
  • 長期で安定した取引を目指せる
  • 入金はもちろん購入も自動でしてくれる

毎月1万円から積み立てをスタートできるため、始めやすいという特徴があります。

また、長期で安定した取引ができるのもコインチェックつみたての特徴だと言えるでしょう。

自動で購入してくれるため手間もかかりません。

そんなコインチェックつみたてにかかる手数料は、下記を参照してください。

口座振替手数料 無料
サービス利用手数料 無料
手数料相当額 0.1〜4.0%

Coincheck(コインチェック)で発生する手数料の計算方法

コインチェック利用時にどのような手数料が発生するのかよくわかりました。
無駄な手数料を支払わなくて済むように、手数料を計算する方法があれば知りたいです。
簡単にコインチェックの手数料を計算する方法はありますか……?

ここからは、上記でお伝えしたコインチェック利用時に発生する手数料に関して、計算する方法をお伝えします。

やみくもに手数料を支払ってしまうと、手元に残るお金が少なくなってしまいます。

取引で得た利益を失わないためにも手数料の計算方法を確認してみましょう。

コインチェックで発生する手数料の計算方法とは?
  • 取引手数料:取引所は無料だが販売所はスプレッドに注意
  • 入金手数料:銀行振込なら無料
  • 出金手数料:一律で407円

Coincheck(コインチェック)の取引手数料に関する計算方法

先ほどお伝えしたように、取引手数料には取引所と販売所があります。

コインチェックのユーザー同士で取引する取引所の場合、手数料は無料です。

ユーザー同士での取引とは?

仮想通貨を購入するためには、取引所で買い手を見つける必要があります。

コインチェックのような暗号資産取引所がユーザー同士で売買する場所を提供しているのです。

なお先ほど販売所についてもお伝えしましたが、取引の手数料自体は無料に設定されています。

しかし、スプレッドが0.1%から5.0%ほどかかる点に注意しましょう。

取引する金額に対しての0.1%から5.0%がスプレッドとなるため、取引金額が大きいほど手数料がかかります。

Coincheck(コインチェック)の入金手数料に関する計算方法

先ほどお伝えしたように、コインチェックで仮想通貨を購入するためには、コインチェックの口座に日本円を入金しておく必要があります。

入金方法別の手数料

銀行振込の場合は入金手数料がかかりません。

しかし24時間いつでも入金可能なクイック入金とコンビニ入金を利用する場合、手数料がかかります。

どちらも、入金する金額によって手数料が決まっているため複雑な計算は必要ありません。

なおここでかかる入金手数料は、実際に入金した金額から引かれることになります。

そのため、手数料がいくらかかるのか確認した上で入金額を決定するようにしましょう。

入金手数料の計算方法に関する例

【クイック入金で25,000円を入金した場合】

3万円以下のクイック入金にかかる手数料は770円。

25,000円−770円=24,230円

24,230円がコインチェックの口座に入金される

【コンビニ入金で50,000円を入金した場合】

3万円以上30万円以下のコンビニ入金にかかる手数料は1,018円。

50,000円−1,018円=48,982円

48,982円がコインチェックの口座に入金される

Coincheck(コインチェック)の出金手数料に関する計算方法

コインチェックで利益が確定したタイミングで、出金することもあるでしょう。

この場合かかる出金手数料は、一律で407円となります。

確定した利益によっては、手数料を安く感じられるでしょう。

しかし、短い期間で何度も出金を繰り返すと、手数料も膨れ上がります。

なるべく一度に出金するなど、回数を減らすことが重要です。

1ビットコイン_いくら_Coincheck

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

 

Coincheck(コインチェック)のスプレッドは広すぎる?

先ほど「スプレッド」に関する説明がありましたが、具体的には何なのでしょうか?
英語だと「広げる」や「延ばす」を意味する言葉ですよね。
仮想通貨と何の関係があるのでしょうか……?

ここからは仮想通貨のスプレッドについて詳しく解説していきます。

そもそも仮想通貨で発生するスプレッドとは?

先ほどお伝えしたようにスプレッドとは、売り手と買い手で発生する金額の差額のことを言います。

スプレッドの例
ビットコインの買値が65万円、売値が63万円だった場合、スプレッドは2万円になる。

このスプレッドは、販売所や仮想通貨の銘柄によっても大きく異なります。

そのため、売買するタイミングでスプレッドを確認しておく必要があります。

仮想通貨のスプレッドが広いと儲かりにくい

スプレッドの定義についてよくわかりました。
金額の差額のことをスプレッドというのであれば、幅が広いと儲かりにくいのでしょうか?
損をしないためにも、スプレッドに関する考え方を知っておきたいです……。

このように、スプレッドが広いと儲かりにくいのでは?と疑問に思われる方は多いでしょう。

結論からお伝えすると、スプレッドは狭ければ狭い方が良いです。

スプレッドに関する考え方とは?

購入価格が100万円で売却価格が95万円の場合、差額である5万円がスプレッドとなります。

つまり、利益を発生させるためには売却価格が5万円上昇するのを待つ必要があるのです。

スプレッドが大きければ大きいほど待つ時間が発生する可能性があるため、幅は狭いに越したことはありません。

スプレッドが変動するタイミングとは?

なぜスプレッドが狭い方が良いと言われるのか理解できました。
それでは、どんなタイミングでスプレッドが変動するのでしょうか……?
そもそもスプレッドは頻繁に変動するのか知りたいです。

前提として、スプレッドは常に変動するものです。

なお変動するタイミングとしては、下記のタイミングが挙げられます。

スプレッドが変動する2つのタイミングとは?
  1. 頻繁に売買が行われていないタイミング
  2. 価格が大きく変動したタイミング

1.頻繁に売買が行われていないタイミング

一般的に売買が頻繁に行われているタイミングでは、スプレッドが安定していると言われています。

その反対に、売買があまり行われていないタイミングではスプレッドが安定せず、幅が広がりやすくなります。

この要領で、あまり取引されていない通貨に関してもスプレッドが広がっている傾向が見られるでしょう。

そのため、頻繁に取引されている通貨を選ぶのもポイントです。

2.価格が大きく変動したタイミング

価格が大きく変動したタイミングでもスプレッドが広がる傾向が見られます。

そのため価格が上下に大きく変動したタイミングでは、注意が必要でしょう。

無理に価格が大きく変動したタイミングで売買せず、落ち着いてから取引するのも一つの手です。

Coincheck(コインチェック)のスプレッドは広いが取引手数料は無料

ネットでコインチェックと検索すると、スプレッドが広いという情報が目に入りました。
安心して取引を開始するためにも、コインチェックのスプレッドに関する実態を知りたいです。

結論からお伝えすると、コインチェックのスプレッドは広いと言われています

とはいえ、相場などによっても異なるため一概に広いと言えるわけではありません。

広いと言われるコインチェックのスプレッドですが、取引手数料は無料です。

他の取引所は無料に設定されていないこともあるため、一概に損をするとは言えません。

Coincheck(コインチェック)で手数料を抑えるポイント

仮想通貨のスプレッドについて、どんなタイミングで発生するのかよくわかりました。
コインチェックのスプレッドは広い傾向にあったとしても、取引手数料が無料なので問題なさそうですね!
しかし、他にかかる手数料をできることなら抑えたいです。
手数料を抑えるポイントがあれば教えてください。

コインチェックの利用時には手数料がかかることがあります。

発生した利益を損なわないためにも、手数料を抑えるに越したことはありません!

そこでここからは、コインチェックの利用時に手数料を抑えるポイントを紹介します。

非常に重要なポイントなので、確認してみましょう。

コインチェックで手数料を抑えるポイントとは?
  1. 出金する回数を減らす
  2. 日本円の入金には銀行振込を利用する
  3. 販売所での取引回数を減らす

1.出金を一度にまとめる

先ほどお伝えしたように出金時にかかる手数料は、一律407円です。

何度も出金を繰り返すよりも、一度にまとめた方が手数料を抑えられます

それぞれ利益がいくらになったら出金するなど、ルールを制定しておけば無駄な手数料を省けるでしょう。

2.日本円を入金する場合は銀行振込を利用する

入金手数料がかからないのは、銀行振込を利用した場合のみです。

クイック入金やコンビニ入金は便利ですが、手数料が発生します。

そのため、日本円を入金する場合は銀行振込を利用しましょう

もしどうしてもすぐに入金処理してほしい場合は、24時間利用可能なクイック入金やコンビニ入金を利用しても構いません。

しかし、何度も利用するとその都度770円以上の手数料がかかります。

入金手数料を抑えるポイント
手数料を抑えるためにも、クイック入金もしくはコンビニ入金を利用する際は普段よりも大きな金額を入金するなど、繰り返し入金しなくて済むように工夫することがポイントです。

3.販売所での取引を減らす

販売所で売買取引を減らすことで、手数料を抑えられます。

たとえ取引手数料が無料だったとしてもスプレッドを考えなくてはなりません。

1ビットコイン_いくら_Coincheck

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

 

Coincheck(コインチェック)とはどんな暗号資産取引所?

コインチェックで発生する手数料についてよくわかりました。
そこで、そもそもコインチェックとはどんな暗号資産取引所なのか知りたいです。

ここからは、コインチェックがどんな暗号資産取引所なのか解説していきます。

Coincheck(コインチェック) 手数料

会社名 コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)
親会社 マネックスグループ株式会社
住所 〒150-0044
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立 2012年8月28日
資本金 339百万円
暗号資産交換業登録 関東財務局長 第00014号

マネックスグループを親会社に持つコインチェックは、2012年8月に設立されました。

最近ではコインチェックのテレビCMが流れるなど、高い知名度を誇ります。

そんなコインチェックの主な特徴については、以下の通りです。

500円からビットコインの購入が可能

コインチェックでは500円からビットコインを購入できます

これまで仮想通貨に興味があっても、いきなり多額の資金を投資することに抵抗を感じていた方もいるでしょう。

しかしコインチェックならワンコインで投資を開始できます。

暗号資産交換業者の中でアプリダウンロード数がNo.1

コインチェックはスマートフォン用のアプリを展開しています。

そのアプリのダウンロード数は470万超えで、暗号資産交換業者の中でNo.1に輝いています。

後ほど詳しくお伝えしますが、初心者でもわかりやすいデザインも評判です。

思い立ったらすぐに利用を開始できる

コインチェックは思い立ったらすぐに利用を開始できます。

利用開始するにあたっての流れは、以下の通りです。

コインチェックの利用を開始するまでの流れ
  1. アプリをダンロードしてアカウント登録
  2. 本人確認書類の提出
  3. 取引を開始

たったの3ステップで利用を開始できます。

最短1日で利用開始できるため、気になったらまずはアカウント登録に進んでみましょう。

仮想通貨以外のサービス展開が豊富

コインチェック以外にも様々なサービスを展開しています。

コインチェックが展開している主なサービスとは?
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck NFT(β版)

Coincheckでんきとは電気料金に応じてビットコインが付与されたり、電気料金をビットコインで支払ったりできるサービスです。

Coincheckガスもでんき同様、ビットコインが付与されたる支払いに利用できたりするサービスとなります。

Coincheckつみたては毎月1万円から一定の金額を自動で積立られるサービスです。

Coincheck NFT(β版)は仮想通貨とNFTを交換できるマーケットプレイスで、コインチェックの口座があれば出品などが可能になります。

このように、コインチェックは仮想通貨以外にも様々なサービスを展開しています。

ビットコインが付与されるサービスもあるため、お得に楽しんで利用できるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の6つのメリット

コインチェックがどんな暗号資産取引所なのかわかりました。
そこで、他の取引所ではなくコインチェックを利用するメリットについて知りたいです。
一体、どんなメリットがあるのでしょうか……?

ここからは、コインチェックを利用するメリットについてお伝えしていきます。

コインチェックを利用する6つのメリットとは?
  1. 取引手数料が無料なので利用しやすい
  2. 仮想通貨の種類がどこよりも多い
  3. 直感で操作できるデザイン性に優れている
  4. スマートフォン用のアプリから一連の操作が可能
  5. 自動積立機能を利用すれば購入タイミングに迷わない
  6. 毎月の電気代がお得になる独自のサービスが展開されている

1.仮想通貨の取引手数料がかからない

取引手数料が無料に設定されている点は、コインチェックを利用する上で大きなメリットになります。

最初のうちはこのメリットについてよくわからなくても、取引回数が増えるに連れてメリットを享受できるでしょう。

2.取り扱っている仮想通貨は17種類

様々な仮想通貨に投資したい方にはコインチェックがおすすめです。

取り扱っている仮想通貨は全部で17種類にもなり、国内の取り扱い数では最大級です。

他の取引所の取り扱い数
  • ビットフライヤー:14種類
  • GMOコイン:20種類
  • DMM Bitcoin:15種類

有名どころの暗号資産取引所と比較しても、コインチェックの取り扱い数が非常に多いことがわかります。

そのため人気の高いビットコインはもちろん、イーサリアムやクオンタムなど最近知名度が上昇している通過の取り扱いもあります。

なお、取り扱っている仮想通貨の種類が多いということは、複数に分散して投資できるということです。

投資の幅を広げるという意味でも、コインチェックの利用がおすすめですよ!

3.初心者でも使いやすい

仮想通貨と聞くと、興味があっても難しそうでなかなか手をさせない方が多いのではないでしょうか?

しかし、コインチェックは初心者でも使いやすいと話題になっています。

アプリが見やすくシンプルなデザインになっているのはもちろん、ウェブサイトのチャートも見やすいと評判です。

なお初心者でも使いやすいよう、直感で操作できるデザインになっています。

こういった理由から仮想通貨を始めるなら、コインチェックがおすすめです。

4.スマートフォン用のアプリが展開されている

コインチェックはスマートフォン用のアプリを展開しているため、いつでもどこでも取引を確認できます。

専用アプリでできることとは?
  • 通知機能をオンにする
  • チャートの閲覧
  • 売買
  • 資産状況の確認
  • 入出金
  • ウィジェット機能

このように、基本的にはスマートフォン用アプリから一連の操作が可能です。

通知設定をオンにしておけば、リアルタイムで通過の動きを確認できるでしょう。

パソコンを持ち歩かない方は、必ずスマートフォン用のアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。

5.自動積立機能がある

先ほどお伝えしたように、「コインチェックつみたて」という自動で積み立てできるサービスがあります。

自動積立機能の種類とは?
  1. 月イチつみたてプラン
  2. 毎日つみたてプラン

月イチつみたてプランは名前からもわかるように、月に一度積立できるプランです。

毎日つみたてプランは月イチつみたてプランと比較すると、リスクが少なく安定していると言われています。

リスクを取ってでも利益が多く出る可能性があるプランを選びたい場合は、月イチつみたてプランがおすすめです。

なお、この自動積立機能に関して、2018年10月から毎月1万円を積み立てていた場合、1年後には約1.8倍に増えたという試算もあります

どのタイミングで購入しようか迷いたくない方は、自動積立機能を利用されると良いでしょう。

6.「Coincheckでんき」の利用でビットコインが付与される

コインチェックは独自のサービスとして、「Coincheckでんき」を展開しています。

Coincheckでんきのサービス内容とは?
  1. ビットコイン付与プラン:電気料金の1%から7%がビットコインとして付与される
  2. ビットコイン決済プラン:他の電力サービスよりも1%から7%電気料金がお得になる

どちらかのプランを選択できます。

どちらも非常にお得なので、コインチェックユーザーは確認してみましょう。

申し込み後、メーター交換は無料で対応してもらえます

ネットから申し込み可能なので、利用を開始するにあたって特別手間はかからないでしょう。

1ビットコイン_いくら_Coincheck

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

 

Coincheck(コインチェック)の3つのデメリット

17種類もの仮想通貨を取り扱っているのですね!
初心者でも利用しやすいとのことで、さっそく始めてみたくなりました。
しかし、デメリットについても把握しておきたいです。

コインチェックに限らず、利用前にどんなデメリットがあるのか知っておくことは非常に重要です。

ここからは、コインチェックのデメリットについてお伝えしていきます。

コインチェックを利用する3つのデメリットとは?
  1. スプレッドが広いため確認が必要
  2. レバレッジ取引ができない
  3. 2018年に起きた流出事件のイメージがある

1.スプレッドすが広い

他の取引所と比較すると、コインチェックのスプレッドは比較的広めに設定されていると言われています。

スプレッドが広いということは、それだけ損してしまう可能性があるということです。

どのタイミングで取引するかによっても異なるため、事前に確認するようにしましょう。

2.レバレッジ取引ができない

見方によっては、レバレッジ取引ができない点がデメリットになるでしょう。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは実際の資金よりも高額なの取引ができることを言います。

例えば、元手が5万円だったとしても、5倍、10倍の取引ができるのです。

つまり、ハイリターンが望める取引のことをレバレッジ取引と言います。

しかし、ハイリターンが望める分、失敗したときの損失は大きくなります。

このような特徴のある取引ですが、コインチェックでは2020年3月以降この取引が展開されていません

高いリスクがともなったとしても高いリターンを望む方には、物足りない可能性があります。

とはいえ、着実に投資したい方にとってはそこまで大きなデメリットにならないでしょう。

3.流出事件のイメージがある

今ではテレビCMが放送されるなど認知度があるコインチェックですが、過去には「NEM」という仮想通貨の流出被害に遭っています。

このハッキング事件が起きたのは2018年1月のことですが、中には

コインチェックと聞くと、未だにハッキング事件が思い浮かぶ……
ものすごい被害額があったと聞くけれど、本当に安全なのかな?

と、疑問に思われている方もいるでしょう。

この事件が起こってからマネックスグループに入り、セキュリティー体制などが強化されました

親会社は東証一部上場ということもあり、コンプライアンスなども一新されています。

そのため、現在のコインチェックは安全性が高くなっているはずです。

約580億円もの流出があったため、悪いイメージを抱いている方もいるかもしれません。

しかし、現在のコインチェックは安全に利用できると言っても過言ではないでしょう。

Coincheck(コインチェック)の利用をおすすめする人とは?

どんなメリットとデメリットがあるのかわかりました。
スプレッドが広いと言われている点は気になりますが、それ以外は魅力的なところが目立ちます。
そこで、どんな人にコインチェックの利用をおすすめするか知りたいです。

ここからは、コインチェックの利用をおすすめする人の特徴をお伝えしていきます。

下記で紹介する特徴に当てはまる場合は、コインチェックの利用を検討してみましょう。

コインチェックの利用をおすすめする人とは?
  1. これから仮想通貨の取引を始めたい人
  2. メインの投資先をビットコインにしたい人
  3. 短期的な視点ではなく、長期的な視点で投資したい人

1.仮想通貨取引を始めたい人

始めて仮想通貨の取引をする人には、コインチェックの利用がおすすめです。

アプリもウェブも直感で操作しやすい仕様になっています。

また17種類の銘柄についてわかりやすくまとめられているため、仕組みや基本的な情報を簡単に入手できるでしょう。

投資しながらそれぞれの銘柄について知識を深めていけるはずです。

2.ビットコインに投資したい人

数多くある銘柄の中でもビットコインに投資したい人にも、コインチェックの利用がおすすめです。

取引手数料が無料なので、積極的に取引したい方も利用しやすいでしょう。

またCoincheckでんきの利用でビットコインが付与されたり、電気料金をビットコインで支払ったりできます。

ビットコインに投資することで、々な活用方法があるのもコインチェックを利用するメリットだと言えるでしょう。

3.長期的に投資したい人

自動積立サービスは、長期的な投資に向いています

1年で資産が約1.8倍に増えたという資産もあるため、数年単位で投資したい方はコインチェックの自動積立サービスを利用すると良いでしょう。

Coincheck(コインチェック)の手数料に関するQ&A

どうやら私にはコインチェックの利用が適しているようです。
そこで最後に、いくつかの疑問を質問したいです。

ここからは、コインチェックの手数料に関してよくある質問に回答していきます。

きっと、手数料に関する疑問が解決されるでしょう。

コインチェックの手数料に関するQ&A
  • コインチェックの手数料は高い?
  • コインチェックの手数料とスプレッドに違いはある?
  • 本当にコインチェックの信頼性に問題はない?

 

コインチェックの手数料は高い?

コインチェックの手数料が特別高いとは言えません。

どちらかというと、安い方だと言えるでしょう。

取引所での取引手数料が無料であることを考えても、他のサービスよりも手数料が抑えられているはずです。

とはいえ、一部の入金手数料や出金手数料がかかることを考えると、高いと感じる方がいるのも否めません。

まとめると、使い方次第ではお得に利用できる暗号資産取引所だと言えるでしょう。

 

コインチェックの手数料とスプレッドに違いはある?

販売所での取引に関しては、スプレッドが実質的な手数料だと言えます。

販売所での取引手数料は無料です。

しかし、スプレッドが発生することを考えると実質的な手数料だと言えるでしょう。

そのため短期間で何度も取引を繰り返す場合は、注意が必要です。

 

コインチェックの信頼性に問題はない?

2018年4月からマネックスグループのグループ会社となったことで、信頼性が向上しています。

東証一部上場企業のグループ会社となったことで、セキュリティー体制はもちろんコンプライアンス体制なども変更されました。

流出事件のイメージが強いかもしれませんが、現在のコインチェックであれば信頼性に問題がないと言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)の手数料まとめ

この記事ではCoincheck(コインチェック)の利用時に発生する手数料についてお伝えしてきました。

発生する手数料をまとめると、以下のようになります。

Coincheck(コインチェック)で発生する手数料とは?
  1. 取引手数料:取引所は無料。販売所は手数料相当額が0.1%から5.0%となる
  2. 入金手数料:銀行振込は無料。クイック入金とコンビニ入金は700円以上かかる
  3. 出金手数料:一律407円
  4. 暗号資産入金手数料:無料
  5. 暗号資産送金手数:暗号資産の種類によって送金手数料が異なる
  6. コインチェックつみたて手数料:手数料相当額は0.1〜4.0%

他の暗号資産取引所と比較しても、コインチェックの手数料が高いということはありません。

しかしスプレッドが広いと言われることはあるため、取引前に必ず確認しましょう。

販売所での取引手数料がかからない分、スプレッドが実質的な手数料と同じ扱いになります。

この記事がコインチェックの手数料に興味がある方の参考になれば幸いです。

1ビットコイン_いくら_Coincheck

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる