ビットコインはほったらかしでも儲かる?長期保有のメリットとデメリットを解説

ビットコインってほったらかしでも儲かるの?
ほったらかししても安全な取引所は?

あなたは今こうお考えではないですか?

ビットコインのほったらかし投資は歴史上最も簡単に儲かる投資方法です。実際、ビットコインは最高値700万円ほどまで上昇しているので、放置していれば儲かっていたことになります。

しかし、ほったらかし投資にデメリットや注意点がないのか不安に思う方もいるでしょう。

この記事ではビットコインのほったらかし投資についてメリットやデメリット、注意点などを解説して安全に投資できる方法を解説します。

この記事をざっくり説明すると...
  • ビットコインのほったらかし投資は1番簡単に儲けられる
  • ほったらかししながら利回り収入を得られる
  • ただしデメリットや注意点もある
  • Coincheckなら利回り収入を得ながらほったらかしできる

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコインはほったらかしでも儲かる?

ビットコインはほったらかしが1番儲かる投資方法です。なぜなら、ビットコインは最高値700万円ほどまで上昇しているので、放置していれば儲かっていたことになるからです。

BTC_チャート

チャートを見てもわかる通り、ビットコインは短期的な暴落は繰り返しているものの確実に成長を続けています。

そして、ほったらかししているだけならトレードをして無駄にビットコインを失う可能性もありません。米国株でよくインデックス投資を数十年積み立てるのがおすすめされているように、ビットコインもコツコツと積立投資して投資するのが最も簡単に大きな利益を得る方法です。

ビットコインを購入するタイミングは「ドルコスト平均法」がよいでしょう。

ドルコスト平均法は一定の日に一定額積み立てる投資手法で、相場に左右されず購入するため分散性が効くと言われています。

投資は安いときに購入した方が良いですが、相場の底を見分けるのは難しく、労力がかかります。ドルコスト平均法であれば「毎月15日に10,000円」「毎日500円ずつ」など、相場に左右されずに購入するので簡単です。

関連記事:仮想通貨やビットコイン(BTC)の今後は?AI予想や暴落の原因、2030年までの価格など徹底予想

ビットコインをほったらかししながら増やす方法

ビットコインはほったらかしながら利回り収入を稼いでさらにビットコインを増やせます。

ほったらかしながら増やす方法
  •  レンディング
  • ステーキング

レンディング

レンディングとは仮想通貨を人に貸し、貸している期間中に金利収入が得られる仕組みです。

貸すといっても直接誰かに貸すわけではなく、基本的に取引所に預ければレンディングできます。国内では以下でレンディングできます。

レンディング場所
  • Coincheck
  • HashHub
  • bitbank

レンディングをすれば仮想通貨を放置して値上がりを待つ間、利回り収入を得られるので相性が良いです。

ただ、レンディングは1度預けると一定期間引き出せない場合が多いです。そのため、長期的に売却しないと決めたときに始めましょう。

取引所やレンディング企業によっては仮想通貨市場の低迷で引き出しを停止する場合もあります。

実際、レンディング企業のCelusiusは仮想通貨市場の低迷を受けて顧客の資金引き出しを停止しました。企業の財務状況によっても制度が変わるので注意しましょう。

関連記事:コインチェックの評判はどう?超辛口でメリット・デメリット・口コミを徹底解説!

参考:coinpost

ステーキング

ステーキングはコンセンサスアルゴリズムにPosを採用している仮想通貨を預けるとブロックチェーンのセキュリティに貢献でき、報酬として利回り収入が得られる仕組みです。

預けられるのはPosを採用している仮想通貨なので、Powを採用しているビットコインは預けられません。

ただ、Bybitという海外取引所はステーキングという名目でレンディングを行っており、ビットコインを預けて利回り収入を得られます。

レンディングやステーキングの利率は相場状況にもよりますが、約1.2~3.0%が目安です。両方活用すれば年利約5%で利回り収入を得られるので活用するとよいでしょう。

ビットコインをほったらかし投資するメリット

ビットコインはほったらかしするメリットが大きいです。

ほったらかしするメリット
  • 日々の値動きに左右されない
  • 簡単に大きなリターンを得られる
  • 少額からでも始められる

日々の値動きに左右されない

仮想通貨は株やコモディティなどと比べて価格変動の大きい資産です。そのため、日々の値動きに一喜一憂して投資していると精神をすり減らしてします。

トレードするのであればチャートを見て分析する必要があり、時間や労力を消耗する可能性が高いです。

しかしほったらかし投資は値動きを見る必要がなく、数年以上の放置をしているだけで十分です。

先ほども説明したように、相場を見ずにドルコスト平均法で積み立てればリスクを抑えながら楽な投資ができます。

S&P500

例えば上記はS&P500のチャートですが、2020年のコロナショック前に一括投資していた場合、高値掴みしているのでコロナショックで暴落したときに購入できる資金がなくなってしまいます。

ドルコスト平均法なら少しずつ購入するためこのようなリスクを減らせて初心者にもおすすめです。

簡単に大きなリターンを得られる

ほったらかし投資は何もする必要がなく、投資初心者の方でも簡単に始められます。そして、ビットコインは過去に成長し続けており、今後もさらに成長していくことを考えれば大きなリターンを得られるでしょう。

成長する要因には、ビットコインは総発行枚数が2100万枚しかなく、現在は企業や機関投資家もビットコインを大量に購入しているため「需要>供給」になっています。

そのため、価格は長期的に上昇しやすいサイクルができているのです。

また、ビットコインには「半減期」という4年に1度起こるマイナーが受け取れるビットコインの枚数が半分になる仕組みもあり、同じく価格が上昇しやすいサイクルができます。

すでに最高値700万円以上をつける価値を持っているので、将来性にも期待できるでしょう。

少額からでも始められる

ビットコイン投資は取引所によって最低入金額が異なりますが、Coincheckなら500円から購入できます。ランチ1回分で将来的に大きな利益を狙えると考えれば大きな損ではありません。

また、ビットコインは値動きが激しく、ポートフォリオの2~5%程度がリスクの取り方として望ましいと言われているので、むしろ少額から始めた方が適切なリスクを取れるのでおすすめです。

ビットコインをほったらかし投資するデメリット

ビットコインのほったらかし投資はメリットが多いですが、デメリットも2つあります。

ほったらかしするデメリット
  • 出口戦略を考える必要がある
  • ビットコインを自分のウォレットで管理する必要がある

出口戦略を考える必要がある

ほったらかし投資しているので触る必要がないとはいえ、いつかは利益確定して現金にするので現金化するときのことを考えておかなければいけません。

仮に現金化しようと考えていたときにビットコインが暴落していれば、資産形成が一気に崩れてしまい、家計に影響を与える可能性もあります。

利益確定時の暴落による資産の減少を防ぐため、ビットコインがある程度含み益を抱えるようになったときに少しずつステーブルコインや債券など値動きの少ない安全資産に映しておくのがよいでしょう。

ステーブルコインは法定通貨と価格が連動している仮想通貨もあり、法定通貨は値動きの幅が低いので安全です。

ビットコインを自分のウォレットで管理する必要がある

ビットコインを購入した後は購入した取引所で管理されますが、取引所に長期間置いたままだとハッキングリスクが大きくなります。

仮想通貨取引所はハッキングリスクが常にあり、過去にマウントゴックスやCoincheckなど、国内取引所でもハッキングされている取引所があります。

仮想通貨市場はピーク時に時価総額3兆ドルを超える成長産業なので、ハッカーからすると莫大な報酬が得られるターゲットなのです。

現在は北朝鮮がハッカーを育成して国家規模でのハッキングを始めており、今後も取引所が狙われる可能性があります。

そのため、ビットコインの管理を取引所ではなく自分のウォレットで管理しましょう。

ビットコインのほったらかし投資に適している取引所3選

ビットコインのほったらかし投資に適している国内取引所を紹介します。

ほったらかし投資に適している国内取引所
  • Coincheck&quot
  • GMOコイン
  • bitbank

Coincheck

Coincheck(コインチェック) 手数料

Coincheckはスマホアプリダウンロード数3年連続国内No.1を誇る人気取引所です。

過去に1度ハッキング経験がありますが、その後は東証一部上場企業のマネックス証券グループの傘下としているため、安全性が向上しています。

また、IEOを実施しており、コインチェックでしか手に入らない将来性の高い仮想通貨が入るチャンスです。

CoinCheckに
無料登録する!

bitFlyer

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で15種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応
 

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「15種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

DMM Bitcoin

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で15種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応
 

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「15種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

GMOコイン

ビットコイン始め方_GMOコイン

GMOコインは仮想通貨の取扱数が22種類と国内最多を誇ります。

各種手数料が無料なのでコスを抑えて取引ができ、セキュリティもGMOグループが管理しているため安全性が高いです。

GMOコインに
無料登録する!

bitbank

bitbank

bitbankは取引所のMaker(指値)で取引すると手数料が⁻0.02%と還元されるお得な取引所です。

セキュリティについても過去に1度もハッキング経験がないので信頼性が高く、1年間引き出せなくなりますが年利3%のレンディングも行えるのでほったらかし投資にピッタリです。

ビットコインをほったらかし投資する際の注意点

ビットコインをほったらかし投資する際の注意点をまとめました。

ほったらかし投資の注意点
  • 狼狽売りをしない
  • 「販売所」を利用しない
  • 税金の勉強をしておく

狼狽売りをしない

先ほどお話ししたように、仮想通貨市場は価格変動が激しい世界です。何の前触れもなくいきなり10%下がるのは日常茶飯事。

とはいえ、ほとんどのコインは幾度の暴落を乗り越えながら確実に価格を上げてきています。つまり、売らずに持っておけばそのうち含み損は含み益に転ずるということ。

ただ、初心者はいきなりの下落に耐えきれず、狼狽売りしてしまうことが多いです。

投資の世界では「損切りが大事」とよく言われますが、仮想通貨投資においてはむしろ逆。多少の含み損が出ても売らないほうがあとで得する可能性が高いんです。

今までは高値掴みをしても、数週間、数ヶ月経てば含み益に転じるケースばかりでした。仮想通貨投資に慣れている人はこのことがわかっているため、多少高値掴みをしてもすぐには売りません。

最悪なのは、高値掴みをしたあげく狼狽売りのコンボを決めてしまうこと。そして損失を取り戻すためにまた高騰中のコインに手を出す・・・、これは絶対に避けるべきです。

仮想通貨投資で損している人はこのパターンが多いですよ。

よほど他に買いたいコインがあるなら別ですが、たとえ高値掴みをしてしまっても、しばらく放置することをおすすめします。

「販売所」を利用しない

ザイフのトップページ

ビットコインやアルトコインを買うには「仮想通貨取引所」にアカウント登録(=口座開設)する必要があります。

取引所ではユーザー同士が取引し、仮想通貨取引所はそのための「場」を提供します。取引手数料が安いのが大きなメリット。

仮に10万円買うとすると、3,000円近い差が生まれます。売る際にもまた3,000円の手数料がかかるとすると、最低6,000円分の含み益が発生しないと利益が生まれないことになります。6%の値上がりを期待するのはかなり大変です。

ザイフの販売所の取引価格

販売所で大きな手数料がかかるのは「スプレッド」のせい。販売所では購入価格と売却価格に大きな差があり、これが実質的な手数料になっているんです。

スプレッドは、本来の価格に上乗せされた手数料のようなものです。同じタイミングでの「取引所」のビットコイン取引価格は220万円ほどでした。

つまり、ビットコイン1枚あたり4万円以上の手数料がかかっていることになります。
スプレッドに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

取引所ではスプレッドが発生しないため、手数料が安くて済みます。特別な理由がない限りは取引所で売買することをおすすめします。

税金の勉強をしておく

仮想通貨は株と比べて税率が重く、複雑なのでほったらかししている間に勉強しておきましょう。

特に将来ビットコインが大きく値上がりしたときに売却すれば利益も大きいですが税金も大きいです。

仮想通貨の税制を知らずに家族を持ちながら破産している人も見かけるので、悲惨な目に遭わないよう知識をつけましょう。

ビットコインのほったらかし投資についてよくある質問

ビットコインのほったらかし投資についてよくある質問をまとめました。

よくある質問
  • ビットコインは今からでも儲かる?
  • ビットコイン投資で失敗しないためには何を意識すれば良いですか?&
  • ビットコインを買うタイミングはいつが良いですか?
  • ビットコイン以外に仮想通貨でほったらかし投資できるものはありますか?
  • 取引所の自動積立投資機能は使うべきですか?

ビットコインは今からでも儲かる?

ビットコイン投資は今からでも儲かります。なぜなら仮想通貨市場は最近NFTやDeFiなど画期的な産業が始まったばかりで、バズワードになっているメタバース市場にも関わっているからです。

これらを扱うには必ず仮想通貨を介さないといけず、多くの場合はビットコインが使用されるでしょう。買う人が増えれば価格は上昇に動くため、まだまだビットコインは上昇すると予想できます。

ビットコインの価格をAI予想するCoin Price Forecasは2030年に96,184ドル、Digitalcoinは2030年に87,493.98ドルと、強気予想をしています。

ビットコイン投資で失敗しないためには何を意識すれば良いですか?

ビットコイン投資で失敗しないためには、詐欺対策の知識をつけましょう。

仮想通貨は詐欺が横行しており、偽サイトに入金させて資金を持ち逃げするラグプルやウォレットアドレスを盗み取る詐欺など、あらゆる手段で詐欺が行われています。

そのため、まずは利益を出すより資金を減らさないように詐欺の知識をつけるとよいでしょう。

ビットコインを買うタイミングはいつが良いですか?

ビットコインを買うタイミングは長期投資が前提であればあまり意識しなくてよいでしょう。

もちろん相場の底で購入できればベストですが、仮想通貨を始めたばかりの方に相場を予想するのは困難です。

そのため、リスクヘッジができるドルコスト平均法での購入をおすすめします。

ビットコイン以外に仮想通貨でほったらかし投資できるものはありますか?

ビットコイン以外にほったらかしできる仮想通貨はETHがおすすめです。ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨で、NFTやdAppsなど話題の産業に幅広く関わっている仮想通貨です。

イーサリアムは2022年に大型アップデートを控えており、アップデートが行われるとブロック生成での報酬を1日あたり12,800 ETHから1,280 ETHに大幅削減され、作成されるよりも多くのETHがガス料金で燃焼するシステムになります。

発行されるETHよりも削減されるETHの方が多ければ必然的にETHの価値は上がり、デフレ資産になることで価格上昇する可能性が高いです。

取引所の自動積立投資機能は使うべきですか?

取引所の自動積立機能は勝手に積み立ててくれるので楽ですが、できれば使用しない方がよいです。なぜなら自動積立機能は販売所でビットコインを購入され、広いスプレッドがかかるからで。

スプレッドのコストがかかってもよい方は利用しても大丈夫ですが、できるだけコストを抑えて投資したい方は手動で積み立てましょう。

ビットコインのほったらかし投資まとめ

ビットコインはほったらかし投資が最も簡単で大きなリターンを出せるチャンスがある方法です。

購入タイミングをドルコスト平均法にすることで、よりリスクを抑えながらリターンを最大化できるので、これから仮想通貨を始める方は長期投資でコツコツ積み立てていきましょう。

ビットコインを購入する取引所は初めて仮想通貨を触る人でも簡単に購入できるCoincheckがおすすめです。

ビットコインのほったらかしまとめ
  • ビットコインのほったらかし投資は1番簡単に儲けられる
  • ほったらかししながら利回り収入を得られる
  • ただしデメリットや注意点もある
  • Coincheckなら利回り収入を得ながらほったらかしできる

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる