DeFiとは何かわかりやすく解説!メリット・デメリットや始める上での注意点とは?

仮想通貨に興味がある方は、「DeFi」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

この記事ではそんなDeFiに関して、どんな仕組みなのかということから特徴やメリット・デメリット、注意点などを解説します。

DeFiとは一体どんな仕組みなの……?
わかりやすくDeFiについて説明してほしい……

このような方は必見です。

DeFiとは...ざっくり言うと
  • DeFiとはわかりやすく言うと、中央管理者が不要な分散型金融
  • DeFiには、手数料が削減されているという特徴がある
  • DeFiに投資できるおすすめの暗号資産取引所は、Coincheckなど

1ビットコイン_いくら_Coincheck

 

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

DeFi(分散型金融)とは?

最近「DeFi」という暗号資産について耳にする機会が増えました。
どのような特徴があるのでしょうか……?
読み方についても知りたいです。

まずはDeFiについてどのような特徴があるのかわかりやすく解説します。

あわせて、特徴もお伝えするので仮想通貨初心者の方は必見です。

DeFiとはわかりやすく言うと?

DeFi(分散型金融)とは、わかりやすく言うと中央管理者を必要としないアプリケーションです。

言葉の意味
  • Decentralized:分散型、非中央集権型
  • Finance:金融

このような意味があり、日本語だと「ディーファイ」と読みます。

ブロックチェーン上に構築されたシステムであるため、中央管理者を必要としません。

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは簡単に言うと、取引記録をブロック状にまとめて、一本のチェーンのようにつなげて保存する技術のことです。

全ての取引データが残る上にデータ改ざんが困難であることから、セキュリティの高さが評価されています。

その上、システムダウンが起きないようになっています。

先ほどお伝えしたように、DeFiとはブロックチェーン上に構築されたシステムです。

自立的に金融資産管理ができるようになったため、中央管理者となる金融機関が不要でも問題ないのです。

このような特徴があるため、さらなるサービスの可能性が期待されています。

ブロックチェーンについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ブロックチェーンとは?仕組みやメリットをわかりやすく徹底解説!

DeFiの特徴

2つの特徴を解説します。

どちらも、DeFiを始める上で必要な知識なので、ぜひ読み進めてください。

手数料が削減されている

従来であれば、通貨の取引には中央管理者が必要でした。

しかしブロックチェーン技術の台頭により、金融機関など中央管理者が必要とされなくなったのは先にお伝えした通りです。

これまでは管理する金融機関に手数料を支払う必要がありましたが、仲介者が不要になったため手数料が削減されています

金融機関の仲介が不要になったということは、当事者が直接できるようになったということ。

そのような背景があり、手数料が安くなくなったのです。

場所に縛られない

金融機関など中央管理者が不要になったということは、口座開設時の審査がなくなったということです。

そのため国や地域などに関係なく、取引できるようになります。

世界中には銀行口座を所持できない方が数十億人もいると言われています。

今後DeFiが世の中に浸透していけば、場所などに縛られず取引する人口が増えていくでしょう。

DeFiとCeFiの違い

似たような言葉に「CeFi」がありますよね。
DeFiとは違う意味を持つ言葉なのでしょうか……?
一体どんな意味なのか教えてください。

CeFiとは「Centralized Finance」の略語です。

集中型を意味する「Centralized」と金融を意味する「Finance」から成り立っています。

日本語にすると、CeFiとは中央集権型金融となります。

つまり、DeFiとCeFiは似た言葉でも、正反対の意味を持つのです。

仮想通貨や銀行などが中央管理者を要するCeFiに該当します。

またブロックチェーンの技術を活用するDeFiに対して、CeFiは取引所や金融機関が暗号資産を取り扱うという違いもあるので覚えておきましょう。

DeFiのメリット

なんとなくDeFiとは何なのかわかってきました。
そこで、メリットについても知りたいです。
一体、どんなメリットがあるのでしょうか……?

ここからは、DeFiのメリットについて3つ解説します。

DeFiの3つのメリットとは?
  1. ソースコードが公開されていて、透明性が高い
  2. 中央管理者が不要な分、手数料が安い
  3. インターネット環境さえあれば誰でも利用できる

1.透明性が高い

一つ目のメリットは、透明性が高いことです。

従来の金融サービスと言えば、運営が顧客データなどを管理するのが一般的でした。

しかしDeFiの場合、ソースコードが公開されているためどのように資産が移動したのか確認できます

専門的な知識が必要とは言え、民間企業がこのようなサービスを展開することはないため、非常に透明性が高いと言えるでしょう。

このような透明性の高さから、たとえ中央管理者がいなくても不正などが起きるリスクがないのです。

2.中央管理者が不要なので手数料が安い

二つ目のメリットは、手数料が安いことです。

中央管理者が不要になったということは、仲介手数料を支払う必要がなくなったということ。

余計な手数料を支払う必要がない分、投資で利益を上げやすくなる可能性もあるでしょう。

3.インターネット環境があればどこでも利用できる

三つ目のメリットは、インターネット環境があればどこでも利用できる点にあります。

先ほど、中央管理者が不要になったため、審査も不要だとお伝えしました。

インターネット環境さえ確保できれば、誰でも利用できるのです。

つまり、従来の金融サービスよりも公平性の高いサービスだと言えるでしょう。

関連記事:DeFiの始め方を解説|仕組みやおすすめの国内仮想通貨取引所とは?

DeFiのデメリット

DeFiなら世界中どこに住んでいても利用できるのですね!
透明性が高いという点も安心です。
しかし、デメリットもあるのでしょうか……?

どんな取引にも共通して言える事ですが、メリットがあれば必ずデメリットもあります。

ここからは、DeFiの3つのデメリットを解説するので、参考にしてください。

メリットだけでなく、デメリットも踏まえた上で取引を始めることが重要です。

DeFiの3つのデメリットとは?
  1. ガス代と言われる利用手数料が高騰する恐れがある
  2. 補償制度が適用されないため、責任の所在が利用者にある
  3. 将来的に政府によって規制される可能性がある

1.ガス代が高騰する恐れがある

一つ目のデメリットとして、利用手数料が高騰する恐れがあります。

この利用手数料のことをガス代と言いますが、取引が活発になればなるほど高騰する傾向があるのです。

後ほど詳しくガス代について解説していきます。

2.補償制度が適用されない

二つ目のデメリットは、補償制度が適用されない点にあります。

中央管理者がいないということは、何らかのトラブルが起きた際の責任の所在は利用者にあることになるのです。

補償制度が適用されないため、全て自己責任で始めなくてはなりません。

3.将来的に規制される可能性がある

三つ目のデメリットは、将来的に規制される可能性があるということです。

現段階ではDeFiに関する法整備が行われていません。

しかし、今度は各国で規制が行われる可能性は十分にあります。

そのためこれからDeFiを始める方は、各国政府の規制に関する動きにも注目しておきましょう。

DeFiを始める前に知っておくべき関連用語

どんなデメリットがあるのかよくわかりました。
色々なデメリットがあるようですが、DeFiに興味があります。
そこで先ほど話に出てきたガス代について詳しく知りたいです。

ここからは、DeFiを始めたい方向けに、知っておくべき関連用語を解説します。

先ほどお伝えしたガス代を含め、知っておくと役立つ用語について解説するので、参考にしてください。

ガス代

イーサリアム・ブロックチェーン上で取引する際に発生する手数料のことを、ガス代と言います。

具体的には、プログラムの処理やトランザクション実行のためにガス代がかかります。

ガス代は「ガス(仕事量)×Gas Price(1ガスあたりの単価)」で計算されますが、特筆すべき点は、ガス代には定価がないことです。

取引の依頼者が価格を設定し、仮想通貨生成者は取引の依頼者が設定した価格の中から好きな価格を選択できます。

そのため取引が活発になればなるほど、ガス代は高騰する恐れがあるのです。

取引の依頼者がガス代を低く設定することは可能ですが、他の依頼者がそれよりも高い価格で設定していた場合、選択される可能性は低くなるでしょう。

イールドファーミング

DeFiで仮想通貨を預け、流動性を提供することで利益を得ることを、イールドファーミング言います。

従来の金融機関のサービスに例えると、預金額に応じて受け取れる利息に似ていると言えるでしょう。

これまで仮想通貨上では、金融機関の利息のようなサービスがありませんでした。

しかし、DeFiの誕生によりイールドファーミングも誕生し、利息を受け取れるような仕組みが誕生したのです。

流動性マイニング

分散型取引所に特定の仮想通貨を貸し出し、独自トークンを得ることを意味します。

仮想通貨を貸し出してほしい分散型取引所は、独自トークンを付与することで流動性を確保しています。

こういった流れにより、流動性だけでなく取引の幅も確保できるのです。

なおDeFiが誕生したことで、流動性マイニング(DEX)の利用者も増えています

流動性マイニングを活用すれば、取引所に仮想通貨を預けず当事者同士でやりとりすることも可能です。

ステーキング

仮想通貨取引所が指定した仮想通貨を一定期間保有することで、報酬がもらえる仕組みのことを意味します。

一定期間、仮想通貨を保有するということは、ブロックチェーンの生成に貢献するのと同じことです。

そのため、対価として報酬を得られるのです。

また、指定された仮想通貨を保有しておくだけで金利が発生するというメリットもあります。

このようなメリットがあることから、比較的リスクが少ないにもかかわらず利益を得られる運用方法として注目されています。

しかし、ステーキング中は資金の移動を自由にできない点や、その仮想通貨が高騰したら売れなくなる点などには注意が必要です。

レンディング

DeFiで仮想通貨を貸し出し、利息で利益を得ることを意味します。

仮想通貨取引所によっても異なりますが、ビットコインを貸し出せば年利1%から5%もの金利を得ることが可能です。

超低金利時代と呼ばれる現代においては、金融機関に預金を預けるよりもメリットが大きいでしょう。

ステーブルコイン

価格が変動しないコインのことを、意味します。

「Stable」には安定という意味がありますが、価格が激しく変動する仮想通貨を世の中に普及させる目的で考案されました。

DeFiを始める際の注意点

ガス代など、DeFiを始める前に覚えておくべき用語はたくさんありますね。
関連用語など、なんとなくわかってきました。
そこでDeFiを始める上での注意点があれば教えてください。

ここからは、先に知っておくべき注意点を4つ解説します。

DeFiを始める際の注意点とは?
  1. 価格変動によりバブルが崩壊する恐れがある
  2. ハッキング事件などに遭う可能性がある
  3. 中には詐欺プロジェクトなどもある
  4. 操作の間違いが大きな損失につながることがある

1.バブル崩壊の危険性がある

一つ目の注意点は、バブル崩壊の危険性があるということです。

DeFiとは誕生してから日が浅いシステムでありながら、急速に注目を集めています。

優れた技術であるものの、誕生してから歴史が浅いということもあり、信用できるほどの実績が十分にありません

ネット上では仮想通貨の価格が急激に上昇すると、バブルが起きているのでは?という論争が繰り広げられています。

常に、DeFiのバブルが崩壊する可能性があることは、頭の片隅に入れておきたいものです。

2.過去にはハッキングされた事例がある

二つ目の注意点として、ハッキングによる被害が挙げられます

金融機関のように中央管理者がいれば、利用者が責任を追うことはありません。

しかし、DeFiには中央管理者がいないため、ハッキングになどによる損失が発生したとしても自己責任になります。

中央管理者がいないメリットだけでなく、デメリットや注意点にも気を配る必要があるでしょう。

3.詐欺などに遭う可能性もゼロではない

三つ目の注意点は、詐欺などに遭う可能性がゼロではない点にあります。

大前提として、DeFiの仕組みは優れたものですが、詐欺プロジェクトやフィッシング詐欺なども存在します。

このような詐欺に遭ったとしても、損失の責任は自分自身にある点に注意が必要です。

4.操作を間違えてしまう可能性がある

四つ目の注意点は、操作を間違えてしまう可能性があることです。

特にDeFIなど仮想通貨の取引では、一つの操作を間違えただけで大きな損失を被ってしまう可能性があります。

特に、ウォレットに秘密鍵を紛失したり、送金の操作を間違えたりしないよう、気をつける必要があるでしょう。

DeFiを始めるのであれば、どの操作もミスがないか確かめながら行うようにすることが大切です。

DeFiに投資できる暗号資産取引所

さっそくDeFiを始めたいと思います!
そこで、DeFiに投資できる暗号資産取引所を教えてください。
おすすめの取引所はありますか……?

ここからは、DeFiに投資できるおすすめの暗号資産取引所を3つ紹介します。

DeFiに投資するためには、下記で紹介するような暗号資産取引所に口座を開設した上で、暗号資産を購入しなければなりません。

初心者におすすめの国内取引所について、特徴やサービス内容などを紹介するので、参考にしてください。

Coincheck

DeFi とは

Coincheckアプリダウンロード数No,1の暗号資産取引所です。

取り扱い通過数は17種類で、国内最大級となっています。

500円から取引を開始できるため、仮想通貨初心者の方も始めやすいでしょう。

親会社は東証一部上場企業のマネックスグループです。

安全性や信頼性は抜群なので、安心して取引できます。

取引開始まではたった3ステップで完了します。

Coincheckで取引を開始するまでの流れ
  1. スマートフォンからアカウントを登録
  2. 基本情報を登録して本人確認書類を提出
  3. 最短1日で審査が完了!

早ければ1日で取引を開始できるため、思い立ったらすぐにアカウント登録に進んでみましょう。

なおCoincheckでは、取引所での取引手数料が無料になっています。

このような点からも使いやすさに定評があるため、DeFiを始めたい方におすすめですよ!

Coincheckのおすすめポイントをまとめると……
  • 取り扱い通過数は7種類で国内最大級!
  • 東証一部上場企業のマネックスグループだから安心
  • 最短1日で取引を開始できる

Coincheckの手数料について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

Coincheck(コインチェック) の手数料は高い?|安く抑える方法やスプレッドの計算も解説

1ビットコイン_いくら_Coincheck

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

DMM Bitcoin

DeFi とは

DMM Bitcoinは、DMMグループを親会社に持つ暗号資産取引所です。

DMMグループの高い技術力でセキュリティ対策に力を入れているため、安心して利用できます。

なお、LINEや問い合わせフォームからお問い合わせできるため、初心者の方にもおすすめです。

サポートは土日祝日など関係なく、365日対応しているため、いつでも問い合わせられます。

何か不明点やトラブルが発生した際、いつでも問い合わせできると思うと、心強いでしょう。

そんなDMM Bitcoinで取引を開始するまでの流れは、以下の通りになります。

DMM Bitcoinで取引を開始するまでの流れ
  1. メールアドレスを登録して基本情報を入力
  2. 本人確認書類を提出
  3. 口座開設が完了して取引開始

最短1時間という早さで取引を開始できるのも、DMM Bitcoinです。

なお、DMM Bitcoinでは15種類の暗号資産を取り扱っています。

出金手数料が無料など、使いやすい仕組みになっているため、DeFiを始めたい方は必見です。

DMM Bitcoinのおすすめポイントをまとめると……
  • 親会社がDMMグループなのでセキィリティ対策が万全
  • 365日LINEなどから問い合わせできる
  • 取り扱いのある暗号資産は15種類

DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

DMMビットコインの評判って実際どう?辛口で比較するメリット・デメリット・口コミ

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAX

第11位 LINE BITMAX

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行え、仮想通貨投資未経験者でも使いやすい作りになっています。

また、保有している仮想通貨を貸し出して利益を上げられるサービスを提供しており、頻繁に売買しなくても稼ぐことができます。

LINE BITMAXで取引を開始するまでの流れ
  1. お客様情報の入力
  2. LINE Payの本人確認
  3. 本人確認書類の提出

第11位 LINE BITMAX

LINE BITMAXの口座開設はこちらから

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

GMOコイン

DeFi とは

GMOコインは、GMOインターネットグループを親会社に持つ暗号資産取引所です。

2年連続でオリコン顧客満足度®︎、取扱銘柄数No,1に輝くなど信頼性のある取引所となっています。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」というアプリを利用すれば、どこでも取引の状況を確認できます

初心者にもわかりやすい「シンプルモード」と、上級者向けの「トレーダーモード」に分かれているため、状況に合わせて使い分け可能です。

そんなGMOコインで取引を開始するまでの流れは、以下の通りになります。

GMOコインで取引を開始するまでの流れ
  1. メールアドレスやパスワードを設定してアカウント登録
  2. お客様情報の登録と本人確認書類の提出
  3. 口座を開設

なんと、最短10分で取引を開始できます

思い立ったらすぐに取引できる手軽さが魅力的です。

サイバー攻撃対策など、セキュリティ対策にも精通しているため安心して取引できるでしょう。

GMOコインのおすすめポイントをまとめると……
  • 親会社がGMOインターネットグループなので安心!
  • 初心者から上級者までわかりやすいアプリ
  • 最短10分で取引を開始できる

GMOコインについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

GMOコインの評判って実際どうなの?超リアルな口コミを大暴露!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

DeFiとは?に関する質問に回答

どんな暗号資産取引所があるのかわかりました。
最後に、DeFiに投資する安全性などについて聞きたいです……。
また、DeFiに投資してどのようにお金を稼ぐのでしょうか……?

このように、DeFiへの投資に関する安全性や、お金の稼ぎ方などが気になる方は多いでしょう。

ここからは、DeFiに関してよくある質問に回答します。

安全性や稼ぎ方、納税義務などに回答するので、参考にしてください。

DeFiに投資するのは安全ですか?

注目度が高く急成長を遂げていますが、ハイリスクな投資先だと言えるでしょう。
先ほど注意点でもお伝えしたように、信用に値するほどの実績がないというのが大きな理由です。

なお、欠陥を抱えているアプリがある可能性も捨て切れません。

仮想通貨初心者が良いプロジェクトを見分けるのは非常に困難を極めるでしょう。

DeFiに投資する場合は、関連情報などを事前に調べて知識をつけた上で始めることが重要です。

DeFiに投資してお金を稼ぐ方法にはどのような手段がありますか?

DeFi関連銘柄に投資したり、レンディングなどで稼ぐ方法があります。
もっと具体的に解説すると、稼ぐ方法は4種類あります。

DeFiで稼ぐ4つの方法とは?
  • イールドファーミングで稼ぐ
  • 流動性マイニングで稼ぐ
  • ステーキングで稼ぐ
  • レンディングで稼ぐ

どれも『DeFiを始める前に知っておくべき関連用語』で解説した通りです。

 

DeFiに投資すると、納税義務が発生しますか?

DeFiの投資により20万円以上の雑所得が発生した場合は、確定申告を行う必要があります。
基本的に納税義務が発生するのは、雑所得が20万円を超えた場合のみです。

いくつか投資をしている場合は、20万円以上の雑所得が発生したら納税義務が発生することを覚えておきましょう。

DeFiに将来性はありますか?

DeFiの誕生により新たな金融サービスが提供されるようになるなど、さらなる成長が見込まれます。

このように注目を集めていることには変わりありませんが、今後どのようにサービスが発展していくかなどは予測しづらいところもあります。

しかし、インターネット環境さえあれば投資できることから、後進国などでのサービス発展が期待されているのも事実です。

今後ますますDeFiが浸透していけば、銀行口座を所有できなかった貧困層なども恩恵を受けられるようになるでしょう。

そういった意味では、将来性があると言えます。

まとめ

この記事ではDeFiについて解説しました。

DeFiとはわかりやすく言うと、中央管理者を必要としないアプリケーションで、日本語にすると分散型金融となります。

またDeFiとはDecentralized Financeの略語で、「ディーファイ」と読みます。

ソースコードが公開されていたり、インターネット環境を確保できれば誰でも利用できたりといった点が魅力的です。

しかし、バブルが崩壊する恐れがあったり、詐欺などの被害に遭う可能性があったりと、利用する上で注意しなければならないこともあります。

DeFiの投資を始めるのであれば、この記事で紹介したCoincheckなど信頼できる暗号資産取引所を利用することが重要です。

紹介した取引所はそれぞれ特徴が異なるため、ご自身に合ったサービスを利用してください。

この記事がDeFiを活用した投資を始めたい方の参考になれば幸いです。

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる