エンジンコイン(ENJ)の今後の価格や将来性とは?オススメ取引所も3つ紹介

  • エンジンコイン(ENJ)の今後の価格や将来性って、どうなの?
  • エンジンコイン(ENJ)を取引できるオススメの取引所って、どこ?

エンジンコイン(ENJ)は、2021年のNFTブームなどで急上昇したことがある仮想通貨です。

ですが今から購入しようと考えても、将来性がなければ意味がありません。

そこでこの記事では、エンジンコイン(ENJ)の今後の価格や将来性、取引できるオススメの取引所などを解説していきます。

エンジンコイン(ENJ)を買うなら、今後の価格や将来性を理解してから購入を検討しましょう。

ざっくり言うと…
  • エンジンコイン(ENJ)とは、NFTゲームに特化した仮想通貨
  • 価格予想サイトでは、将来0.881~20ドルになると予想
  • 有名企業との提携や取引所への新規上場で、価格が爆上げする可能性がある
  • 過去の価格でも、エンジンコイン(ENJ)に関連するイベントで上昇している
  • エンジンコイン(ENJ)が取引できる国内取引所は3社
  • 中でも『Coincheck』なら、ビットコイン1,500円相当をもらいながら口座開設できる
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

エンジンコイン(ENJ)の特徴は4つ

エンジンコイン(ENJ)の特徴

エンジンコイン(ENJ)の特徴は、4つあります。

エンジンコイン(ENJ)の特徴
  1. 管理しやすいNFTを構築できる
  2. Enjinプラットフォームのメイン通貨
  3. ゲームで遊びながら稼ぐことができる
  4. NFTをエンジンコイン(ENJ)にいつでも戻せる
通貨名エンジンコイン
シンボルENJ
取引開始日2017年11月
発行上限10億ENJ
承認アルゴリズムProof of Work(PoW)
現在の価格(2022年12月3日時点)1ENJ=42.2円
時価総額(2022年12月時点)42,389,941,509円
時価総額ランキング(2022年12月時点)92位
取扱取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
エンジンコイン(ENJ)のデータ

エンジンコイン(ENJ)は、シンガポールにあるEnjin Pte.Ltd.という企業から発行されている仮想通貨です。

2009年にゲーマー同士がコミュニケーションを図る目的で作られたプラットフォーム「Enjin Network」を通して、2017年11月から提供をスタートしています。

2022年12月時点で1ENJ=約40円であり、時価総額ランキングでは92位です。

2021年頃には価格を大きく伸ばした過去があるので、今後の価格上昇にも期待できます。

特徴1:管理しやすいNFTを構築できる

NFTとは「非代替性トークン」の英語略で、コピーできない代わりに持ち主がハッキリしているデジタルデータのことです。

個人のオリジナルなデジタルアート作品や、人気NFTゲームのアバター衣装などが該当します。

エンジンコイン(ENJ)を使えば、管理しやすいNFTを構築できます。

なぜなら「ERC-1155」と呼ばれる規格により、同時に複数のNFTを出品したり、一度に送金したりができるため、管理しやすいからです。

「ERC721」規格のNFTだと、NFTを出品しても1つずつしか販売できず、また送金も毎回行う必要があります。

例えば、あるゲームで獲得したアイテム10種類を、他のユーザーへ売る場合を考えてみましょう。

仮にエンジンコイン(ENJ)以外のNFTで売ろうとすると、送金処理を10回行うことになります。

しかしエンジンコイン(ENJ)なら1回の送金で完了しますので、楽に取引できるのです。

そんな管理しやすいNFTを構築できる点が、エンジンコイン(ENJ)の魅力と言えます。

特徴2:Enjinプラットフォームならチート行為が防止できる

Enjinプラットフォームとは、エンジンコイン(ENJ)をメイン通貨としてNFTゲームを運用・開発できるプラットフォームのことです。

Enjinプラットフォームのゲーム
  • EnjinCraft(エンジンクラフト)
  • The Six Dragons(シックスドラゴンズ)
  • Crystals of Fate(クリスタルオブフェイト)
  • LostRelics(ロストレリックス)
  • War of Crypta(ウォーオブクリプタ)

Enjinプラットフォームを使えば、オンラインゲームで問題になりやすいアイテムの複製やキャラの能力変更などのチート行為を防止できます。

というのも、ゲーム内のアイテムやキャラをエンジンコイン(ENJ)と紐付けられるため、改ざんができなくなるからです。

ENJプラットフォームで作られたゲームの一部では、アイテムを他のゲームでも共有できます。

苦労して手に入れたアイテムを他のゲームでも利用できる訳ですから、ユーザーによっては嬉しい機能と言えます。

つまり、不正行為を防止できるEnjinプラットフォームのお陰で、エンジンコイン(ENJ)は安全性と利便性を両立した仮想通貨と言えるのです。

特徴3:ゲームで遊びながら稼ぐことができる

Enjinプラットフォームで作られたゲームなら、遊びながら稼ぐことができます。

ゲームで遊びながら稼ぐことを「P2E(Play to Earn)」と言います。

何故かというとEnjinプラットフォームでは、ゲーム中で手に入れたアイテムを販売できる「マーケットプレイス」があるからです。

マーケットプレイスでアイテムを売却すると、エンジンコイン(ENJ)が入手できます。

後はエンジンコイン(ENJ)を取引所などへ送金して換金すれば、現金が手に入るのです。

つまりEnjinプラットフォームのゲームで遊んで換金していけば、本当に遊びながらお金を稼ぐことができます。

特徴4:NFTをエンジンコイン(ENJ)にいつでも戻せる

一部のNFTゲームは、いつでも好きなタイミングでエンジンコイン(ENJ)に戻すことができます。

なぜなら、ゲームの開発段階でエンジンコイン(ENJ)と紐付けておけば、ゲームの価値がエンジンコインによって保証されるからです。

NFTゲームをエンジンコイン(ENJ)に戻すことを「メルティング(融解)」と言います。

もし開発したNFTゲームの人気が無くなったとしても、メルティングをすればエンジンコインに戻せるので、無価値になることはありません。

そのため「マーケットプレイスで売れないから困る……」という事態を回避できます。

エンジンコイン(ENJ)の2025年までの価格予想を4サイトで確認

エンジンコイン(ENJ)の2025年の価格予想

エンジンコイン(ENJ)の2025年までの価格予想を、下記の4サイトで確認してみました。

価格予想サイト
  1. Walletinvestor
  2. PricePrediction
  3. TechNewsLeader
  4. CoinMarketCap
時期WalletinvestorPricePredictionTechNewsLeaderCoinMarketCap
2022年7月0.533ドル0.533ドル0.533ドル0.533ドル
2023年0.674ドル1.09ドル1.16ドル
2024年0.784ドル1.55ドル1.70ドル
2025年0.881ドル2.27ドル2.44ドル
近い将来20ドル
各予想サイトのエンジンコイン(ENJ)の価格予想

TechNewsLeaderなら、2025年に2.44ドル(約342円)と約4.6倍になると予想しています。

またCoinMarketCapなら、近い将来と時期は曖昧ですが、20ドル(約2,800円)と約38倍になると予想しています。

予想1:Walletinvestorでの価格予想

Walletinvestorのトップ画像
出典:Walletinvestor

Walletinvestorとは、2017年からAIによって仮想通貨の価格予測を行っているサイトです。

Walletinvestorでは、2025年までのエンジンコイン(ENJ)価格を公開しています。

予想時期価格
2022年7月0.533ドル
2023年0.674ドル
2024年0.784ドル
2025年0.881ドル
Walletinvestorによるエンジンコイン(ENJ)の価格予想

2022年7月現在でのエンジンコイン(ENJ)の価格は0.533ドル(約75円)ですが、2025年には0.881ドル(約123円)となる予想です。

2022年7月時点で購入しておけば、2025年には約1.6倍となります。

予想2:PricePredictionでの価格予想

PricePredictionのトップ画像
出典:PricePrediction

PricePredictionとは、深層学習分析によって仮想通貨の価格予想を行っているサイトです。

PricePredictionでは、2025年までのエンジンコイン(ENJ)価格を公開しています。

時期価格
2022年7月0.533ドル
2023年1.09ドル
2024年1.55ドル
2025年2.27ドル
PricePredictionによるエンジンコイン(ENJ)の価格予想

2022年7月現在でのエンジンコイン(ENJ)の価格は0.533ドル(約75円)ですが、2025年には2.77ドル(約388円)となる予想です。

2022年7月時点で購入しておけば、3年後の2025年には約5倍となります。

予想3:TechNewsLeaderでの価格予想

TechNewsLeaderのトップ画像
出典:TechNewsLeader

TechNewsLeaderとは、2016年から仮想通貨の情報を提供しているニュースサイトです。

TechNewsLeaderでは、2025年までのエンジンコイン(ENJ)価格を公開しています。

時期価格
2022年7月0.533ドル
2023年1.16ドル
2024年1.70ドル
2025年2.44ドル
TechNewsLeaderによるエンジンコイン(ENJ)の価格予想

2022年7月現在でのエンジンコイン(ENJ)の価格は0.533ドル(約75円)ですが、2025年には2.44ドル(約342円)となる予想です。

2022年7月時点で購入しておけば、3年後の2025年には約4.6倍となります。

予想4:CoinMarketCapでの価格予想

CoinMarketCapのトップ画像
出典:CoinMarketCap

CoinMarketCapとは、2013年から仮想通貨の価格をリアルタイムで更新している価格追跡サイトです。

CoinMarketCapでは、コラムで各仮想通貨を解説しており、エンジンコイン(ENJ)のコラムでは価格予想も行っています。

Enjin Coin(ENJ)の価格予測と将来の見通し

(中略)
Enjinが数十億ドル規模の産業の中核であることから、多くの暗号専門家によると、Enjinコインが近い将来20ドルを記録する可能性はかなり高いと思われます。

出典:CoinMarketCap

2022年7月現在でのエンジンコイン(ENJ)の価格は0.533ドル(約75円)ですが、近い将来には20ドル(約2,800円)となる予想です。

2022年7月時点で購入しておけば、将来的には約38倍と、ばく大な上昇が期待できます。

エンジンコイン(ENJ)はオワコンなのか?将来性を4つ紹介

エンジンコイン(ENJ)はオワコン?将来性は4つ

エンジンコイン(ENJ)はオワコンという噂がありますが、ここでは将来性を4つご紹介します。

エンジンコイン(ENJ)の4つの将来性
  1. 発行枚数に上限がある
  2. 有名企業との提携
  3. スクエニとの提携ニュースでFFⅦのNFT商品が2023年に発売決定
  4. 取引所への新規上場で価格が爆上げする可能性がある

将来性1:発行枚数に上限がある

エンジンコイン(ENJ)の発行枚数には上限があり、10億枚(10億ENJ)と決まっているので、価格上昇が期待できます。

仮想通貨の発行枚数が多くなってくると上限に近づくため、価格が上がるのです。

エンジンコイン(ENJ)の2022年7月時点の発行枚数は「896,399,956 ENJ」と、約90%が発行済み。

例えば人気アーティストのライブチケットが高い理由は、発行枚数に上限があるからです。

発行枚数が「限定500枚」なら、「今買わないと、手に入らない!」というプレッシャーから購入が殺到し、価格が上昇します。

逆に発行枚数に上限が無ければチケットのプレミア感が低下するので、安くなります。

よってエンジンコインは、利用が進めば発行枚数が多くなり上限に近づくため、将来的には価値が上がる見込みがあります。

将来性2:有名企業との提携

有名企業との提携によるエンジンコイン(ENJ)の価格上昇の画像
有名企業との提携によるエンジンコイン(ENJ)の価格推移

エンジンコイン(ENJ)は、有名企業との提携が進んでおり、2022年7月時点で下記5社と提携を結んでいます。

エンジンコイン(ENJ)と提携した有名企業
  • Microsoft
  • サムスン電子
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • エイベックス・テクノロジーズ
  • Health Hero

基本的に有名企業との提携がニュースになると、仮想通貨の価格は上昇する傾向があります。

例えば2019年2月に、サムスン電子が当時の新型スマホとして「Galaxy S10」を発表しました。

このGalaxy S10には仮想通貨ウォレットが内蔵されており、対応通貨としてエンジンコインが入っていることが判明したのです。

するとエンジンコインの利用が進むという期待から、先月比で一時約500%まで価格が上昇しています。

またMicrosoftが2019年12月にエンジンコインとの提携を発表すると、2日間で50%も上昇しています。

将来性3:スクエニとの提携ニュースでFFⅦのNFT商品が2023年に発売決定

ファイナルファンタジーVII BRING ARTS クラウド・ストライフ
『ファイナルファンタジーVII BRING ARTS クラウド・ストライフ』(出典:BITTIMES)

2022年7月21日にエンジンコイン(ENJ)を発行しているEnjin社が、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストでお馴染みのスクウェア・エニックス・ホールディングスと提携することを発表しました。

エンジン(Enjin/ENJ)は2022年7月21日に、SQUARE ENIX(スクウェア・エニックス)と提携してEfinity上で『FINAL FANTASY VII(ファイナルファンタジーVII)』の25周年記念カードとフィギュアのNFTデジタルコレクションを発売することを発表しました。

出典:BITTIMES

このニュースによると、ファイナルファンタジーVIIの25周年を記念して、主人公のフィギュアである『ファイナルファンタジーVII BRING ARTS クラウド・ストライフ』などを発売するとしています。

このフィギュアには、NFTの保有証明として『デジタル正規品証明書』も発行される予定です。

もし商品が販売されれば、それに合わせてエンジンコインの価格が上昇する可能性が高いと言えます。

というのも、ファイナルファンタジーⅦはシリーズの中でもとりわけ人気が高いからです。

2020年4月に発売されたリメイク作品の『ファイナルファンタジーⅦ REMAKE』は、発売から4カ月で累計販売本数500万本超を記録しています。

今回のファイナルファンタジーⅦのNFT関連作品は、2023年から販売される予定なので、注目しておきましょう。

将来性4:取引所への新規上場で価格が爆上げする可能性がある

仮想通貨取引所への新規上場によるエンジンコイン(ENJ)の価格上昇の画像
仮想通貨取引所への新規上場によるエンジンコイン(ENJ)の価格推移

仮想通貨は取引所へ新規上場すると、価格が爆上げすることがあります。

なぜなら新規上場を機に、欲しがっていた大勢のユーザーによって大量購入されるからです。

実際エンジンコイン(ENJ)が取引所へ新規上場するたびに、価格は上昇しています。

上場時期取引所エンジンコイン(ENJ)価格の上昇
2021年3月Coincheckを含む国内3取引所約60円→330円
2021年4月アメリカ大手取引所Coinbase約250円→410円
取引所への新規上場によるエンジンコイン(ENJ)価格の上昇

2021年3月には、Coincheckを含む国内3取引所への新規上場が発表された為、約60円から330円と5.5倍に上昇しています。

また2021年4月には、アメリカ大手取引所のCoinbaseへの新規上場が発表され、約250円から410円と1.6倍になっているのです。

取引所への新規上場のニュースが飛び込んできたら、エンジンコイン(ENJ)の価格が上昇する確率が高いので、アンテナを日頃から張っておきましょう。

エンジンコイン(ENJ)は買うべきなのか?過去の価格推移から検証

エンジンコイン(ENJ)の過去の価格予想

エンジンコイン(ENJ)は現在買うべきなのか、過去の価格推移から検証してみましょう。

エンジンコイン(ENJ)の全期間の価格推移
エンジンコイン(ENJ)の過去の価格推移(出典:CoinMarketCap)

エンジンコイン(ENJ)は、2017年11月にリリースされて以来、50円以下で伸び悩んでいました。

しかし、2021年2月から上昇し始め、一時3.5ドル(約400円)と約8倍まで上昇しています。

上昇した要因として、以下の通りです。

エンジンコイン(ENJ)の過去の上昇要因
  • 送金手数料が無料にできる「JumpNet」のリリース
  • 国内外の仮想通貨取引所への新規上場
  • NFTブーム

2021年6月には1ドル(約110円)付近まで下がりますが、10月から再び上昇し、11月には最高値となる4.7ドル(約530円)まで上昇しました。

というのも、2021年11月4日にエンジンコイン(ENJ)を管理・運営するEnjin社が、1億ドル規模なるメタバースファンドを設立したからです。

エンジン(Enjin/ENJ)は2021年11月4日に、分散型メタバース(仮想空間)の構築者を支援するために1億ドル規模のメタバースファンド「Efinity Metaverse Fund」を設立したことを発表しました。

出典:BITTIMES

エンジンコイン(ENJ)に関連するイベントが起これば価格は上昇する可能性が高いので、次のイベントが起こる前に少しだけでも購入した方がいいかもしれません。

エンジンコイン(ENJ)が取引できるオススメ取引所3選

エンジンコイン(ENJ)を取引できるオススメ取引所3選

エンジンコイン(ENJ)が取引できるオススメの取引所は、以下の3つです。

エンジンコイン(ENJ)が取引できるオススメ取引所3選
  1. Coincheck
  2. bitFlyer
  3. DMM Bitcoin
  4. GMOコイン

エンジンコイン(ENJ)の将来性に期待するなら、今のうちに購入しておきましょう。

第1位 Coincheck

Coincheckのオススメポイント
  • 500円からエンジンコイン(ENJ)を含む仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

エンジンコイン(ENJ)が取引できるオススメ取引所の第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られている点です。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

第2位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!
bitFlyerのメリット
  • 顧客の資産を守るコールドウォレット
  • 簡単操作で取引できる
  • ビットコインのレバレッジ取引ができる

bitFlyer』はセキュリティレベルが非常に高く、顧客の資産をインタネットと完全に切り離されたコールドウォレットを使用しており安全に保管できます。

取引は土日祝日関係なく、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから簡単に行えます。

ビットコインのレバレッジ取引は2倍まで可能です。

取引所の種類ビットコイン売買手数料
ビットコイン簡単取引所約定数量 × 0.01~0.15% (単位:BTC)
Lightning現物(BTC/JPY)約定数量 × 0.01~0.15% (単位:BTC)
ビットコイン販売所無料
Lightning FX/Futures無料
bitFlyerのキャンペーン
  • bitFlyer Lightning において ETH/BTC ペアの取引手数料が無料

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

第3位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのトップ画像
出典:DMM Bitcoin
DMM Bitcoinのオススメポイント
  • エンジンコイン(ENJ)を含めた15種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料※

※BitMatch手数料を除く

DMMビットコイン_アプリ画像

エンジンコイン(ENJ)が取引できるオススメ取引所の第2位は『DMM Bitcoin』です。

数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を、親会社に持つ取引所でもあります。

「レバレッジ取引」に特化しており、15種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと「取引手数料」に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料と至れり尽くせりです。
※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分
DMM Bitcoin キャンペーン

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • アバランチ(AVAX)
  • チリーズ(CHZ)
  • メイカー(MKR)
  • トロン(TRX)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
トロン ×
カルダノ × ×
ポルカドット × ×
アイオーエスティー × ×
ジパングコイン ×
アバランチ ×
チリーズ ×
メイカー ×
トロン ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。

第4位 GMOコイン

GMOコインのオススメポイント
  • エンジンコイン(ENJ)を含めた国内最多20種類の通貨が売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨で「レバレッジ取引」ができる

エンジンコイン(ENJ)が取引できるオススメ取引所の第3位は『GMOコイン』です。

東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を、親会社に持つ取引所でもあります。

「現物取引」「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜かりのないセキュリティ対策も注目すべきポイントです。

キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

エンジンコイン(ENJ)の今後の価格や将来性|まとめ

エンジンコイン(ENJ)の今後の価格や将来性|まとめ
  • エンジンコイン(ENJ)は2022年12月時点で1ENJ=約42円時価総額ランキングで92位
  • 2025年に2.44ドル(約342円)と約4.6倍になる予想がある
  • ファイナルファンタジーⅦのNFT関連作品が2023年に販売予定なので、価格が上がる可能性がある
  • 2021年11月には、4.7ドル(約530円)と最高値を記録した
  • エンジンコイン(ENJ)取引でオススメの取引所は『Coincheck
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

エンジンコイン(ENJ)は、NFTゲームと繋がりが深い仮想通貨ので、NFT関連の情報などで価格が上昇する見込みがあります。

実際NFT関連のニュースが発表されれば、エンジンコイン(ENJ)の価格が上昇してきた過去があります。

そのため普段からアンテナを張って、情報収集しておきましょう。

また、いつでもエンジンコイン(ENJ)が購入できるように、仮想通貨取引所の口座開設を済ませておきたいところです。

国内大手取引所の『Coincheck』なら、かんたん本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施中です。

口座開設は数分で完了するので、キャンペーンが終わる前に口座開設しておきましょう。