イーサリアム(ETH)の今後の見通しは?将来価格を徹底予想【2022年12月最新】

イーサリアムは時価総額2位のアルトコインで、ほぼすべての仮想通貨取引所で取り扱いがあります。

スマートコントラクトを実装、ブロックチェーン上でNFTやDeFiのアプリケーションの開発ができるなど、ビットコインにはない特徴を持ち、将来性を大いに期待されています。

本記事では、イーサリアムの価格予想を中心に、購入タイミング、購入できる取引所をまとめました。

  • 今からイーサリアムを買うのは遅い?
  • 2023年以降にイーサリアムの価格はどうなる?
  • 著名人や金融機関、価格サイトなどがどのような予想をしているのか知りたい

このようにお考えの方はぜひ本記事を参考にしてください。

イーサリアムの今後の概要
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

目次

【2022年12月7日最新】イーサリアムの価格チャートから今後の価格を徹底予想

ethereum

イーサリアムの価格は2022年12月7日現在日本円で173,197円です。

1月始めの時点では「1ETH=45万円」でしたので、1年間で60%以上下落したことになります。

2022年は仮想通貨市場全体が下落基調であり、ビットコインや多くのアルトコインが大きく値を下げています。

特に上半期の値動きは激しく、1週間で20%以上下落することも頻繁に起こりました。

6月末には、2022年の最安値となる「1ETH=12万円」を記録しています。

下半期に入っても依然として下落基調ですが、その下げ幅は上半期よりは小さくなっています。

今後の値動きについては未知数の部分がありますが、「1ETH=12〜14万円」の抵抗ラインを死守できれば、2023年以降は上昇を期待できるかもしれません。

2022年に大きく下げたイーサリアムは、現在足元を固めて再び上昇しようとしているように見えます。

直近の値動きでは、現在の位置から下げることなく、日足の長期移動平均線(100日・200日)の上に乗せてこれるかに注目していきましょう。

AIによるイーサリアムの今後の価格予想

リップル価格予想

ここではAIで価格予想を行うサイト「Coin Price Forecast」に掲載されている内容をまとめていきます。

ご自身の予想と、ぜひ参照してみてください。

2023年の価格予想

2023年の中盤は「1,448ドル(195,480円)」、年末は「1,882ドル(254,070円)」と予想されています。

現在が「1,270ドル(171,450円)」であるため、2023年はあまり大きな値動きがないと考えられているようです。

2023年にはイーサリアムの次なるアップデート「Surge(サージ)」が予定されています。

今年行われた「Merge(マージ)」では、アップデートの約3カ月前から1カ月前にかけて上昇しました。

毎回「アップデート前から上昇し、アップデートの直後は下落するか横ばいする」といった値動きをすることが多いです。

今後Surge(サージ)の日程が発表された際は、その後の値動きにも注目してみてください。

2024年~2030年の価格予想

2024年末は「2,008ドル(271,080円)」、2030年末は「2,726ドル(368,010円)」と予想されています。

年単位で見ると、2024年から2028年末にかけて緩やかに上昇し、2029年以降はほとんど値動きがないようです。

現在の価格からすると、およそ倍の数字に落ち着くとされています。

しかし、これはAIが算出した現時点での予想ですので、参考程度に留めておくといいでしょう。

変化が激しく日々技術の革新が行われている仮想通貨市場で、2030年末までの8年間というのはあまりにも長すぎる期間です。

今から8年後には、仮想通貨を取り巻く環境は大きく変わっていると考えられます。

専門家によるイーサリアムの今後の価格予想

リップル価格予想

ここでは、調査会社や専門家、他の予想サイトの情報をまとめていきます。

著名人や金融機関のイーサリアム価格予想
  • Finder
  • CryptoNewsZ
  • nextadvisor
  • Prime XBT
  • Arthur Hayes
  • DegitalCoinPrice

Finder

Finderは米国のFinder社が運営する価格予想サイトです。

同サイトでは以下のように予想されていました。

Finder社のイーサリアム価格予想
  • 2022年末:1,377ドル
  • 2025年:5,154ドル
  • 2030年:11,727ドル

現在は「1ETH=約1,270ドル」なので、8年後にはおよそ9倍になっている計算です。

少し強気とも思える予想ですが、2022年までの過去8年間の成長を踏まえると、十分に達成可能な範囲といえるのではないでしょうか。

CryptoNewsZ

CryptoNewsZは、仮想通貨に関する最新の情報を届けるニュースメディアです。

同サイトの価格予想は、以下の通りです。

CryptoNewsZのイーサリアム価格予想
  • 2023年:1,787〜2,375ドル
  • 2024年:2,442〜2,987ドル
  • 2025年:2,921〜3,589ドル
  • 2030年:6,795〜7,650ドル

今後は年間数百ドルの値幅で、順調に右肩上がりで上昇していくと予想されています。

しかし過去の値動きを見ると、このようになる可能性は低いと考えられます。

イーサリアムは今年だけでも「900ドル〜3,900ドル」の幅がありました。

現実的には、もっと大きな値動きすると考えた方が良さそうです。

nextadvisor

nextadvisorは仮想通貨だけでなく、保険やローン、投資など総合的な情報をまとめるサイトです。

同サイト内で、投資家で仮想通貨研究およびメディアを運営する企業「Token Metrics」の創設者であるIan Balina氏は、以下のように予想しています。

「イーサリアムは8,000ドルに達すると信じています」

同氏はNFTとDeFi(分散型金融)は人気のピークに達した兆候が見えるので、今後の動向を踏まえて投資タイミングを窺うべきと述べています。

Prime XBT

Prime XBTは、仮想通貨や為替、商品先物を取り扱う取引所です。

同サイトでは、さまざまな専門家の予想をまとめて紹介しています。

Prime XBT内の予想
  • The Economy Forecast Agency:2023年11月に598ドルに下落、その後2025年4月まで2,000ドルを超えることはない
  • Bitnation: 2023年に3364.82ドルに達し、数年間は順調に右肩上がりに成長
  • Walletinvestor:2023年は悲観的で、900〜1,200ドルの間で推移

それぞれ上昇と下落が割れる結果となりました。

Arthur Hayes

Arthur Hayes氏は、BitMEXの元CEOで現在は投資家として活動しています。

数々の予想を当ててきたとして、仮想通貨市場では有名な人物です。

同氏はツイッターを通じて、イーサリアム価格を以下のように予想しています。

「イーサリアムは750ドル〜1,000ドルの間で推移することになるでしょう」

悲観的な見方をしていることがわかります。

同氏は定期的に予想を行っており、この半年間で「1ETH=5,000ドル」の予想から「1ETH=750ドル〜1,000ドル」に方針を変えたようです。

DegitalCoinPrice

DegitalCoinPriceは、アルトコインの価格予想や仮想通貨の市場情報などを提供するサイトです。

同サイトでは、イーサリアムについて以下のように予想しています。

DegitalCoinPriceのイーサリアム価格予想
  • 2023年:2,727.23〜3,298.54ドル
  • 2024年:3,741.93〜4,601.85ドル
  • 2025年:4,881.79〜5,807.66ドル
  • 2030年:17,445.74〜18,194.02ドル

本記事で紹介した中では、もっとも強気の価格となりました。

来年以降に控えるイーサリアムのアップデートが順調に進み、取引処理スピードやガス代(手数料)の削減が実現すれば、この価格も見えてくるかもしれません。

イーサリアムの価格推移をニュースとチャートで振り返り

イーサリアム価格推移

イーサリアムの価格は過去どのように推移してきたのでしょうか?これまでの価格暴騰時をニュースとチャートで振り返っていきましょう。

本記事で振り返る暴騰時は以下の通りです。

イーサリアム価格が暴騰した時期
  • 2017年9月:ビザンチウムアップデートで300ドル以上の上昇
  • 2018年1月:仮想通貨市場の暴落で500ドル上昇
  • 2020年3月:コロナショックによる金融緩和&アップデートで400ドル上昇
  • 2021年8月:ロンドンアップデート&仮想通貨市場の暴騰で4,800ドルまで上昇
  • 2022年現在:The Mergeへの期待で600ドル上昇

2017年9月:ビザンチウムアップデートで300ドル以上の上昇

2017年のイーサリアム価格

2017年9月は、イーサリアムはビザンチウムアップデートが行われました。

ビザンチウムアップデートはマイニングに関するアップデートで、イーサリアムがハードフォークされて価格は300ドル以上上昇しました。

アップデート直後は中国の仮想通貨規制のタイミングと重なってしまい上昇が妨げられましたが、12月にかけて価格は緩やかに伸びています。

イーサリアムのアップデートで価格上昇している事例の1つです。

2018年1月:仮想通貨市場の暴騰で500ドル上昇

2018年のイーサリアム価格

2018年1月は仮想通貨市場が全体的に価格暴騰しているバブル期であり、イーサリアムもバブルに伴い800ドルから1,300ドルまで上昇しました。

仮想通貨バブルが起きた原因はビットコインのハードフォークでビットコイン価格が上昇し、2017年4月に施行された「改正資金決済法」によって仮想通貨が資産として認められたため価格上昇と共に興味を持つ人が増えたからです。

ビットコインが上昇するとアルトコインも上昇するので、イーサリアムにとって良い影響でした。

2020年3月:コロナショックによる金融緩和&アップデートで400ドル上昇

2020年のイーサリアム価格

2020年3月にはコロナショックで世界経済が停滞し始め、経済を再び動かすためにアメリカで大規模な金融緩和が行われました。

金融緩和は市場へ現金が増え、利下げで企業が資金調達をしやすくなるので株価や仮想通貨には価格上昇するメリットがあります。

そして2020年12月はイーサリアムのアップデート「セレニティ」が実施され、2つの影響で価格は400ドル以上上がりました。

2021年8月:ロンドンアップデート&仮想通貨市場の暴騰で4,800ドルまで上昇

2021年のイーサリアム価格

2021年8月は、イーサリアムのアップデート「ロンドン」が実施された他、仮想通貨市場の暴騰で価格は最高値の4,800ドルまで上昇しました。

2021年8月頃はイーサリアムを基盤としてNFTの取引が盛んに行われ始めた時期で、ビットコイン価格も11月に最高値68,000ドルに乗るほどバブルが起きていました。

イーサリアムのアップデートは過去3回とも価格上昇をしているため、2021年9月に行われるThe Mergeのアップデートも価格上昇する可能性は高いです。

2022年現在:The Mergeへの期待で600ドル上昇

2022年のイーサリアム価格

2022年8月現在は他の時期と比べると暴騰はしていませんが、イーサリアムのThe Mergeアップデートへ期待感が出ており、仮想通貨市場は低迷しているにも関わらず1,800ドルから2,400ドル台まで上昇しました。

今回は特にイーサリアムの価格に反映されやすいアップデートのため、期待感だけでこれだけ上昇しているとアップデート直後はより上昇する可能性が高いでしょう。

イーサリアムの価格が今後上昇する7つの理由

イーサリアムの将来性

イーサリアムは知名度の高いアルトコインであり、今後需要が増え価格が上昇する材料が多く揃っています。

イーサリアムの価格が今後上昇する理由7選
  • イーサリアム大型アップデートの影響
  • DeFi市場の拡大
  • NFT市場の拡大
  • イーサリアムETFの承認
  • 有名企業との連携
  • ビットコインとの価格連動
  • スマートコントラクトの普及

それぞれ詳しくみていきましょう。

イーサリアム大型アップデートの影響

2022年9月15日に、大型アップデート「Merge(マージ)」が無事に完了しました。

これにより、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムが「PoW」から「PoS」へと完全移行し、マイニング時のエネルギー消費を大きく抑えることに成功しています。

イーサリアムは、スケーラビリティ問題(取引遅延によるガス代の高騰)の解決のために、今後段階的にアップデートを行っていく予定です。

今後予定されているアップデート
  • サージ(Surge)
  • バージ(Verge)
  • パージ(Purge)
  • スプラージ(Splurge)

次回の「サージ(Surge)」は2023年中に行われ、シャーディングが導入されます。

シャーディングはネットワークを細かく分割して、取引処理能力を向上させることを目的としています。

アップデートは何回か行われていますが、今までシステムの致命的な問題が発生したことはありません。

今後も滞りなく行われることに期待しましょう。

DeFi市場の拡大

DeFiとは「Decentralized Finance」の略で、会社や組織などの中央集権的な機関が介在せずに金融取引ができる仕組みのことです。

DeFiの図解

代表的なものには、分散型取引所やレンディング、ステーブルコインなどがあります。

DeFi市場は毎年大きくなっており、今後も成長が見込まれています。

11月には中央集権的な取引所「FTX」が破綻し、多くのアルトコインに大きな影響を与えました。

この事件により取引所には悪いイメージがついてしまったものの、DeFi市場には追い風になるかもしれません。

今後再びDeFiへの注目度が高まれば、イーサリアムの上昇にも繋がる可能性があります。

NFT市場の拡大

NFTとは「Non Funsible Token」の略で、鑑定書付きで偽造不可能なトークンのことです。

NFTについて説明する画像

2021年頃から一般に普及し始め、仮想通貨市場全体が落ち込んでいる2022年にも数々の有名作品が生まれています。

イーサリアムをベースとしたNFTマーケットプレイスには「OpenSea」や「LooksRare」などがあります。

NFTはまだ、一部の人にのみ知られている状況であり、2023年以降の伸び代が十分にあることでしょう。

イーサリアムETFの承認

ETFとは上場投資信託のことです。

イーサリアムがETFとして承認されることで、投資家から大きな資金が入ってくることが見込まれます。

ビットコインETFがカナダで上場した際は3週間で900億円の運用資産額を集め、米国で上場した際は仮想通貨市場全体の時価総額が上昇したように、ETFにかかる期待は大きいです。

現在イーサリアムETFを承認している国は以下の3つのみです。

イーサリアムEFTを承認している国
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ブラジル

米国ではSEC(米国証券取引委員会)に申請書が提出されており、今後ビットコインと並び承認される可能性が高いと考えられています。

有名企業との連携

イーサリアムには「EEA(イーサリアム企業連合)」という組織があり、仮想通貨系のベンチャー企業から世界的なIT企業まで多くが名を連ねています。

代表的な企業は以下の通りです。

EEAに加盟している企業
  • Microsoft
  • JPモルガン
  • accenture
  • Web3 Labs
  • Polygon
  • インテル
  • KDDI
  • トヨタ自動車
  • 三菱東京UFJ銀行
  • NTTデータ

こうした企業で実用化が進めば、イーサリアム価格の上昇に期待できることでしょう。

ビットコインとの価格連動

イーサリアムなどのアルトコインは、ビットコインと似たような値動きになることが多いです。

2022年はビットコインに連動する形で、他のアルトコインも大きく下落しました。

依然としてビットコインは下降が強い状況にありますが、最近は下げ幅が縮小し上昇への兆しを見せつつあります。

今後のイーサリアムの価格予想をする際は、ビットコインの値動きにも注目してみてください。

スマートコントラクトの普及

スマートコントラクトの説明の画像

イーサリアムは、世界で初めてスマートコントラクトを実装しました。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で行う契約のようなものです。

契約が執り行われたときのみに支払いが実行される仕組みで、事務作業の大部分を自動化することも可能です。

しかし、スマートコントラクト自体は、まだ一般的に使われていません。

今後EEAに名を連ねるような企業で実用化された場合は、需要が拡大し大幅な値上がりが見込まれることでしょう。

コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

イーサリアム(ETH)を今後買うなら!3つのタイミングを紹介

イーサリアムを買いタイミング

「イーサリアムを購入したいけど、いつ買うべきか分からない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。イーサリアムのベストな購入タイミングを次の3つにわけて解説します。

今後イーサリアムを買う3つのタイミング
  • 仮想通貨全体の価格が大きく動いたとき
  • 開発関連の情報が出たとき
  • 長期的な積立投資ならいつでもOK

1. 仮想通貨全体の上昇傾向が見えたとき

イーサリアムに限らず仮想通貨は、仮想通貨市場全体に上昇傾向が見えたときに「買い時」とされています。

基本的に投資は「価格が安いときに買い、高くなったら売る」ことが利益を得る最大のポイントです。

イーサリアムを取り巻く国や企業などの経済状態を把握して、価格が上がるタイミングを見極め、購入を決断しましょう。

現時点では、イーサリアムの大型アップデート「The Merge(マージ)」が22年9月19日に設定されているので、アップデート完了前はベストな購入タイミングと言えるでしょう。

イーサリアムだけではなく、世界経済や仮想通貨全体の動向も見ながら早めに購入しておくことをおすすめします。

2. 開発関連の情報が出たとき

アップデートや企業のプロジェクトなどイーサリアムに関連する情報が出たタイミングでの購入をおすすめします。ニュースで発表された直後~価格が安定するまでに購入すると、大きな利益を狙える可能性があるのです。

イーサリアムの公式サイトやTwitterをリアルタイムでチェックしてチャンスを逃さないようにしましょう。

3. 長期的な積立投資ならいつでもOK

「最新ニュースや市場の状況を追って、購入時期を見極めるのは難しそう」と感じる人も多いでしょう。長期的な積立投資ならば、いつでも気軽にはじめられるので投資初心者にもおすすめです。

積立投資とは、毎月コツコツと投資信託や株式などの金融商品を購入し続ける投資方法のことを指します。値動きをチェックしながら購入タイミングを見計らう必要がないので、投資に対するストレスを感じにくいメリットがあります。

イーサリアムは将来的に価格上昇が見込めるので、積立投資やガチホ(長期保有)にも向いています。

少額から手軽にはじめられ、時間分散によりリスクを軽減することができるので、積立投資の資産形成に踏み出してみてはいかがでしょうか。

CoinCheck』では、月々1万円~積立投資を行えるサービスを提供しています。入金~購入まで自動で取引できるので購入時期が分からない方にも安心して投資をはじめられるでしょう。

コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

イーサリアム(ETH)のおすすめ仮想通貨取引所5選!

イーサリアムおすすめ取引所

イーサリアムは、時価総額ランキング2位の人気銘柄ですので、ほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われています。

本記事では、20以上の仮想通貨取引所のなかからおすすめの取引所を5社に厳選しました。

おすすめの仮想通貨アプリおすすめポイント
Coincheck
Coincheck
17種類の暗号資産を500円から購入可能
国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1(※)
DMM Bitcoin
仮想通貨取引所_おすすめ_DMM Bitcoin
レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
高機能チャート!中級者~上級者も満足できる
bitFlyer
bitFlyer
Tポイントからビットコインを交換できる
イーサリアムを1円~購入できる
LINE BITMAX
LINE上で口座開設~取引までが完結
LINE Payで日本円の入出金ができる
暗号資産貸出利率が最大8%と高利率で資産運用が可能
GMOコイン
東証プライム上場企業のグループ会社運営で安心
「入出金手数料」「送金手数料」が無料

Coincheck|最短10秒500円から購入可能

おすすめの仮想通貨取引所コインチェックH3の見出し下の画像
Coincheckのおすすめポイント
  • 17種類の暗号資産を500円から購入可能
  • 2段階認証やPINコードロックに対応
  • 金融庁登録済の暗号資産取引所!
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1(※)
  • 積み立て投資に役立つ機能が充実!

『Coincheck』は、アプリのダウンロード数が3年連続No.1の実績を持つ人気の取引所です。(※)

シンプルな画面設計ですので初心者でも扱いやすく、誰でも簡単にイーサリアムを購入できます。毎月一定額を自動で積み立てする投資方法「積立投資」が可能なサービスも提供しています。毎月1万円から積み立て可能で気軽にはじめられる点も『Coincheck』の魅力です。

今から積み立て投資をはじめると1年後にどうなるのか、積立スケジュールやシミュレーションを確認できることも嬉しいポイント。

コインチェックの積立投資の画像
出典:Coincheckアプリ、ダウンロード数3年連続「国内No.1」を獲得

17種類の仮想通貨を500円~購入できるので、少額投資で大きなリターンを狙いたい方は、『Coincheck』を利用しましょう。

取扱仮想通貨17種類
ビットコイン(BTC/Bitcoin)
イーサリアム(ETH/Ethereum)
イーサリアムクラシック(ETC/Ethereum classic)
リスク(LSK/Lisk)
リップル(XRP/Ripple)
ネム(XEM/Nem)
ライトコイン(LTC/Litecoin)
ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin cash)
モナコイン(MONA/Monacoin)
ステラルーメン(XLM/Stellar Lumens)
クアンタム(QTUM/Qtum)
ベーシックアテンショントークン (BAT/Basic Attention Token)
アイオーエスティー (IOST/IOST)
エンジンコイン (ENJ/Enjin Coin)
オーエムジー (OMG/OMG)
パレットトークン(PLT/Palette Token)
ザ・サンドボックス(SAND/The Sandbox)
最低取引金額(BTC)500円~
取引手数料無料
送金手数料変動手数料制
入金手数料3万円未満:770円
3万円以上:1018円
※銀行振込の場合は無料
出金手数料日本円出金:407円
レバレッジ取引
安全・セキュリティコールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
顧客資産と会社資産の分別管理
アカウントログイン時の2段階認証
SSL暗号化通信
Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

bitFlyer|ビットコインの取引量6年連続国内No.1

おすすめの仮想通貨取引所bitFlyerH3の見出し下の画像
 bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量は国内No.1
  • チャートや発注状況は高速表示
  • Tポイントからビットコインを交換できる
  • イーサリアムを1円~購入できる
  • 最短10分で口座開設可能

『bitFlyer』は、業界最長といえる7年間ハッキング被害無しの安定感のある取引所です。

販売所の「売買手数料」や「ビットコインFXの取引手数料」「三井住友銀行からの振込手数料」が無料でお得に購入できます。

イーサリアムはもちろんのこと、ビットコインやリップルなど15種類の仮想通貨を1円~購入可能なため、少額投資を検討している方にもおすすめです。

「積立投資」や「Tポイントをビットコインに交換できるサービス」も充実しているので、さまざまな投資方法に挑戦してみたい方は『bitFlyer』を選ぶと良いでしょう。

取扱仮想通貨15種類
ビットコイン
リップル
イーサリアム
シンボル
チェーンリンク
ポルカドット
テゾス
ステラルーメン
ネム
ベーシックアテンショントークン
イーサリアムクラシック
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
リスク
最低取引金額(BTC)販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
取引手数料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
送金手数料0.0004 BTC
入金手数料0円~330円
出金手数料220円~770円
レバレッジ取引最大2倍
安全・セキュリティSSL暗号化通信
SHA-2(SHA-256)の採用
FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
パスワードの強度チェック
アカウントロック機能
2段階認証
ログイン履歴の管理
自動タイムアウト
マルチシグネチャ
コールドウォレット
顧客資産との分別管理
ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

DMM Bitcoin|取引・入金・出金・送金手数料が全て無料

おすすめの仮想通貨取引所DMM BitcoinH3の見出し下の画像
 DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 機能性が高く、中級者~上級者も満足できる
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
  • アプリのチャートを見ながら「ワンタッチ」で注文ができる
  • 「取引手数料」「送金手数料」が無料

『DMM Bitcoin』は、レバレッジ取引通貨ペアが国内最多の仮想通貨取引所です。イーサリアムもレバレッジをかけた取引を行えるため、少額投資で大きなリターンを見込めます。

アプリをダウンロードすれば、初心者向けの「STモード」と本格取引可能な「EXモード」の2種類の取引スタイルから選択可能です。自分の取引スタイルに合うモードを選ぶことで、投資に集中できるでしょう。

取引手数料や入出金手数料など各種手数料が無料ですので、出費を抑えて仮想通貨投資をしたい方におすすめです。

『DMM Bitcoin』は、口座申込が最短5分、口座開設申込後、最短1時間以内で取引を開始できます。

また、口座開設完了後2,000円を受け取ることができるキャンペーンを実施中です。無料で口座開設し、お試し感覚で2,000円分のイーサリアムを購入してみてはいかがでしょうか。

取扱仮想通貨22種類※レバレッジ
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
トロン(TRX)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ステラルーメン(XLM)
イーサクラシック(ETC)
オーエムジー(OMG)
エンジンコイン(ENJ)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
モナコイン(MONA)
カルダノ(ADA)
ポルカドット(DOT)
アイオーエスティー(IOST)
テゾス(XTZ)
ネム(XEM)
クアンタム(QTUM)
シンボル(XYM)
ジパングコイン(ZPG)
アバランチ(AVAX)
チリーズ(CHZ)
15種※現物
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ステラルーメン(XLM)
イーサクラシック(ETC)
オーエムジー(OMG)
エンジンコイン(ENJ)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
モナコイン(MONA)
トロン(TRX)
ジパングコイン(ZPG)
チリーズ(CHZ)
アバランチ(AVAX)
最低取引金額(BTC)販売所:0.0001 BTC
取引所:-
取引手数料無料
送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
レバレッジ取引最大2倍
安全・セキュリティオフラインウォレットでの顧客資産管理
顧客資産と会社資産の分別
2段階認証と生体認証の導入
不正アクセスへの監視
マルチシグネチャ対応
SSL暗号化通信
DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • アバランチ(AVAX)
  • チリーズ(CHZ)
  • メイカー(MKR)
  • トロン(TRX)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
トロン ×
カルダノ × ×
ポルカドット × ×
アイオーエスティー × ×
ジパングコイン ×
アバランチ ×
チリーズ ×
メイカー ×
トロン ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。
DMM Bitcoin キャンペーン

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

LINE BITMAX|最大8%の高利息で資産運用が可能

おすすめの仮想通貨取引所LINE BITMAXH3の見出し下の画像
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINE上で口座開設~取引までが完結!
  • LINE Payで日本円の入出金ができる
  • 1円~はじめられる
  • 暗号資産貸出利率が最大8%と高利率で資産運用が可能

『LINE BITMAX』は、LINEとの連携機能が優れている初心者向けの仮想通貨取引所です。LINEのアプリ内で「LINE BITMAXの公式アカウント」を友だち追加するだけで簡単に仮想通貨取引をはじめられます。

利用者の口コミ調査をすると、LINE Payで簡単に入出金が可能なため「スムーズに取引できる」という声が多く見受けられました。

『LINE BITMAX』では、ゲーム感覚で楽しめる「ウェルカムミッション」に挑戦し、クリアすると仮想通貨がもらえるといったユニークなキャンペーンを実施しています。

LINE BITMAXの公式Twitterをフォローしてキャンペーンや仮想通貨投資に役立つ情報をチェックしましょう。

取扱仮想通貨6種類
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リンク(LN)
最低取引金額(BTC)1円~
取引手数料無料
送金手数料通貨ごとに異なる
入金手数料銀行振込:無料
LINE Pay:無料
出金手数料銀行口座:400円
LINE Pay:110円
レバレッジ取引
安全・セキュリティコールドウォレット
マルチシグ
資金の分散管理
LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
  • リンク(LN)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。
利益は最大8%の業界最高水準
LINEビットマックス_キャンペーン画像

LINEと連携して簡単に仮想通貨を購入!

>>> LINE BITMAXの公式サイトはコチラ <<<

GMOコイン|国内最多20種類の通貨の売買が可能

おすすめの仮想通貨取引所GMOコインH3の見出し下の画像
GMOコインのおすすめポイント
  • 申込後最短10分で仮想通貨を購入できる
  • 東証プライム上場企業のグループ会社運営で安心
  • 「入出金手数料」「送金手数料」が無料
  • 現物取引・レバレッジ取引に対応

『GMOコイン』は、2年連続オリコン顧客満足度No.1の仮想通貨取引所です。金融業界で豊富な実績を誇る「GMOインターネット(東証プライム上場)」のグループ会社が運営しているので、安心感を得ながら仮想通貨取引を行えるでしょう。

シンプルで使いやすい「ノーマルモード」と高機能チャートを扱える「トレーダーモード」など、初心者だけでなく上級者まで満足できる機能が備わっています。

「口座開設」や「即時入金」「日本円の出金」「暗号資産の預入・送付」といった各種手数料がすべて無料です。

500円~積み立て可能な「つみたて暗唱資産」のサービスも充実しているので、少額から投資をはじめたい方にも向いています。

取扱仮想通貨22種類
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ネム(NEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)
カルダノ(ADA)
メイカー(MKR)
ダイ(DAI)
チェーンリンク(LINK)
FCRコイン(FCR)
ドージコイン(DOGE)
最低取引金額(BTC)販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
取引手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
レバレッジ取引最大2倍
安全・セキュリティオフラインウォレットでの顧客資産管理
顧客資産と会社資産の分別
2段階認証と生体認証の導入
不正アクセスへの監視
マルチシグネチャ対応
SSL暗号化通信
GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

イーサリアムの今後に関するよくある質問

イーサリアム-今後

イーサリアムの今後について気になることも多いのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの将来性に関する”よくある質問”をQ&A形式でまとめました。

イーサリアムとビットコインの違いは?
イーサリアムとビットコインは、目的や用途が大きく異なります。

ビットコインが価値の保存を得意とした仮想通貨であるのに対し、イーサリアムはプラットフォームを活用してアプリケーションを構築・稼働させることができる仮想通貨です。
イーサリアムはビットコインを超えるの?
「イーサリアムは今後ビットコインを超える」と予想する投資家もいます。

世界最大の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、「デジタルオイル(イーサリアム)」がビットコインを超える可能性があると述べていることが明らかになりました。
出典:Goldman Sachs: Bitcoin Not an ‘Investable Asset Class’, Dogecoin Ideal for ‘Speculation’
イーサリアムは下落する?オワコンって本当?
イーサリアムが下落し、オワコンになる可能性はゼロではありません。しかしこれはイーサリアムに限らずどの銘柄にも言えることです。
その中でもイーサリアムは、下落する可能性が極めて低い銘柄だと断言できるでしょう。

世界的な銀行グループ「英スタンダード・チャータード銀行」が分析したイーサリアム投資ガイドによると、イーサリアムの本来の価値は、約360万円~480万円相当とし、2022年12月現在のイーサリアムは約18万円なので、今後本領を発揮すると記述されています。
イーサリアムの将来価格はいくら?
イーサリアムの将来価格は、BitMEXの元CEOであるアーサー・ヘイズ氏によると2023年3月までに5,000ドルまで上昇すると予想しています。
より長期の視点では、AI予想をしているDegitalCoinPriceによると2030年に約8,200ドルまで上昇すると予想しており、将来価格は明るいです。
1イーサリアムは日本円でいくら?
1イーサリアム約180,000円です。(2022年12月時点)
イーサリアムの最高値は約54万円(2021年11月)ですので、このタイミングに購入し、長期保有する投資家も多くいます。

仮想通貨取引所によっては、1円~イーサリアムを購入できるところもあるので少額投資を検討している方にもおすすめです。
イーサリアムの買い方は?
1.仮想通貨取引所で口座を開設する
2.取引口座に日本円を入金する
3.イーサリアムを購入する


どの仮想通貨取引所を選ぶべきか迷っている方は、スマートフォンで簡単に売買できる「コインチェック」がおすすめです。
マネックスグループが運営しており、ダウンロード数国内No.1(※)ですので安心して仮想通貨投資を行えます。
2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)
イーサリアムは10年後に1,000万円を超える?
TechNewsLeader:約1100万円に到達
PricePrediction:約1130万円に到達

海外の仮想通貨予想サイトでは、「1イーサ=1,000万円前後」という価格予想も見られました。
ビットコインとイーサリアムはどっちがいい?
ビットコインとイーサリアムはどっちがよいかは、それぞれ用途が違うので比較対象としてあまり好ましくありません。
ただ、仮想通貨に初めて投資するのであれば、時価総額が最も高く1,000万円を超えると言われているビットコインがおすすめです。

イーサリアムを買ってみよう!

イーサリアム-今後

本記事では、イーサリアムの過去の推移や専門家の見解、AI分析を頼りに今後の価格予想をしました。

イーサリアムは、大手金融機関や専門家、有名企業から高く評価されており、10年後の2030年には「1ETH=1,000万円」になるといった強気な予想も見られています。

2022年内に大型アップデート「The Merge」を控えているので、アップデート完了後に大きく価格上昇することが考えられるでしょう。

イーサリアムの今後まとめ
  • 2022年9月に予定されている大型アップデート「The Merge」に備えて今購入しておくのがおすすめ
  • イーサリアムの今後の価格は2030年に8,000ドルを超える可能性アリ
  • イーサリアムのこれまでの価格推移はアップデート直後に上昇している
  • イーサリアム(ETH)は今後の将来性が高い
  • 今後イーサリアム(ETH)を買うべきタイミングは長期投資ならいつでもおすすめ
  • イーサリアムの購入するなら手順が簡単なCoincheckがおすすめ
コインチェックバナー

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<