\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

イーサリアム(ETH)の今後がヤバすぎる!2021年の価格予想・将来性を大暴露!

イーサリアムは、2021年にどうなるのかな…?

今回の記事では、仮想通貨イーサリアム(ETH)の価格が2021年以降にどうなるのか、上がるのか下がるのかについて考えていきます!

結論、イーサリアムは今後も大きく価格上昇する可能性を秘めています。

その理由についても、本文中でしっかりと解説していきますので、是非最後までご覧ください!

ざっくり言うと…
  • イーサリアムは、ビットコインに次いで「時価総額2位」を誇っている仮想通貨。
  • 「スマートコントラクト」「ICOトークン発行」「Dapps開発」など様々な用途を持ち合わせている。
  • イーサリアム企業連合(EEA)には500以上の企業が加盟しており、実用化すれば価格もグンと押し上げられる可能性が高い。
  • イーサリアムを手数料無料&安全に買える取引所は「bitFlyer」「コインチェック」「GMOコイン」の3つが挙げられる。
  • その中でもbitFlyerなら、ビットコインの取引量が国内No.1な上、手数料も無料!

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

イーサリアム(ETH)の価格は今後2021年以降上がるの?

GMOコイン_取り扱い_イーサリアム

イーサリアムは、スマートコントラクト(自動契約技術)を導入した仮想通貨として注目を集めており、時価総額もビットコインに次いで「2位」をキープしています。

イーサリアムは「スマートコントラクト」に加え、分散型アプリケーション開発のためのプラットフォームとしても注目されており、開発環境が整えば、さらに需要が増加することが見込まれます!

まずはイーサリアムの基礎知識を軽くおさらいしつつ、今後2021年以降に価格高騰する理由について見ていきましょう!

そもそもイーサリアム(ETH)とは?

イーサリアム 買い時 イメージ

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨(アルトコイン)です。

イーサリアムについての基礎情報は以下の通りとなっております。

通貨名イーサリアム
通貨略称ETH
発案者Vitalik Buterin
発行上限7,200万ETH
送金時間15秒前後
時価総額 約2兆1000万円

現在、全国で流通している仮想通貨の数は1,500種類ほど存在します。

イーサリアムはその中でも、時価総額2位となっており、取引量が非常に多くて人気のある仮想通貨(アルトコイン)です。

イーサリアムのような仮想通貨には、それぞれに用途が存在します。

例えば、言わずと知れた王道仮装通貨である「ビットコイン」は、日本円などの法定通貨と同じ「決済用」として開発されました。

それに対してイーサリアムは、「スマートコントラクト」という自動契約技術を用いた、分散型アプリケーション(dApps)の開発を行うために発案されました。


イーサリアムとは、アプリケーションシステム開発のプラットフォームを指し、その中で使用される通貨を「イーサリアム(ETH)」と呼びます。

紛らわしい2つのイーサリアム
  • イーサリアム:dApps開発のためのプラットフォーム
  • イーサリアム(ETH):上記の「イーサリアム」内で使用される通貨

上記の2つを混同してしまう方が多く見受けられますので、注意しましょう!

イーサリアム(ETH)の特徴は?基礎概要をおさらい!

イーサリアム今後

続いて、イーサリアムの特徴について解説していきます!

イーサリアムには、他の仮想通貨にはない特徴がたくさんありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

イーサリアムの特徴① スマートコントラクト

NEM仮想通貨イーサリアム

イーサリアムの代表的な特徴としては、「スマートコントラクト」が挙げられます。

スマートコントラクトとは

今まで手動で行ってきた「契約」を、ブロックチェーン上で「自動化」すること

スマートコントラクトを導入することにより、改ざん不可能でかつ非中央集権型のサービスを実現することが可能

ブロックチェーンの「改ざんが不可能」という特質を利用し、ブロックチェーン上に契約記録を書き込んでしまおう、というものです。

スマートコントラクトが導入されれば、人間を介在せずに、より高いセキュリティレベルを保った契約が可能になります!

また、Solidityという独自のプログラミング言語を用いて、契約の執行条件などをブロックチェーン上に定義しておくことによって、契約を完全に自動化することも可能になります。

また、スマートコントラクトを利用するために、イーサリアム上ではイーサリアム(ETH)を燃料(GAS)として利用しています。

これは、イーサリアムのプラットフォームを利用するための手数料のようなものになりますね!

この技術は金融だけでなく、不動産取引や電力登記など、様々なことに応用が考えられています!

イーサリアムの特徴② 分散型アプリケーション(dApps)を作れる

イーサリアム 取引所

イーサリアムというプラットフォーム上では、分散型アプリケーション(dApps)を開発することも可能になります。

dAppsとは

「Decentralized Applications」の略称で、ブロックチェーンを利用した「非中央集権」なアプリケーションのこと

現在世の中にリリースされているアプリケーションのほとんどは、監視する人・企業がある「中央集権型」のアプリケーションになります。

一方で、ブロックチェーン技術を利用したdAppsでは、中央に管理者が存在しない「非中央集権型」のシステムを採用しています。

ブロックチェーン技術を利用して「非中央集権」のアプリケーションを利用することで、内部での不正やサーバーダウンなどを防ぐことが可能になります!

現時点でイーサリアムからは、「分散型取引所(DEX)」や「ゲーム」など、約1000個のdAppsがリリースされています!

これからイーサリアムを利用したdAppsがたくさんリリースされることになれば、イーサリアム(ETH)の需要も今後高まること間違いありません!

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

イーサリアム(ETH)が今後2021年以降に価格上昇する理由

イーサリアム購入ハードウェアウォレット

価格上昇要因として考えられるポイントは以下の5つとなります。

今後上がる理由① 4つのアップデート

イーサリアム購入ハードウェアウォレット

イーサリアムには4つの段階があり、4つのアップデートを経て完成されることが決定されています。

その4つの段階のアップデートは以下のようになっています。

ETHの4つのアップデート
  1. Frontier(フロンティア・未開拓地)
  2. Homestead(ホームステッド・開拓地)
  3. Metropolis(メトリポリス・都市)
  4. Serenity(セレニティ・安定)

このようにして、イーサリアムは定期的に「アップデート」を行い、改良を進めています。

また、イーサリアムの創始者である「Vitalik Buterin」氏は、定期的に来日してカンファレンスに参加しています。

Buterin氏は、日本の外務大臣とも会談をしていたようです。

このように、イーサリアムの運営や開発者が積極的に活動していますので、通貨の価値が極端に下がってしまうことは考えにくいでしょう。

イーサリアムのアップデートが完了すれば、今よりも多くの技術者がイーサリアムを利用したdApps開発に携われると予測できます。

そうなれば、イーサリアムの需要も今後高まること間違いありませんね!

今後上がる理由②  イーサリアム企業連合

イーサリアム 取引所

イーサリアム企業連合は、イーサリアムのスマートコントラクトをビジネスに活用することを目指して、2017年に設立されました。

イーサリアム企業連合には現在150以上の企業が参加しており、その中には誰もが知っているような超有名企業の名前も記載されています。

イーサリアム企業連合に加盟している企業は以下の通りです。

「イーサリアム企業連合」に加盟している企業
  • トヨタ自動車
  • JPモルガン
  • マイクロソフト
  • MasterCard
  • 三菱東京UFJ

誰もが知るような有名企業がちらほらありますね!

もちろん、上記の企業の他にもたくさんの企業が「イーサリアム企業連合」と提携しています!

つまり、上記のような超有名企業が提携するだけの今後の将来性・信頼性がイーサリアムにはある、ということになります!

有名企業と提携していることが、イーサリアムの信頼性の担保になっています。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

今後上がる理由③ ICOとしての利用

イーサリアム購入スマホ

現在、イーサリアムのプラットフォームを利用したICOが非常に多いです!

ICOとは

Initial Coin Offering」の略で、仮想通貨を使用した資金調達のこと

資金調達者は、新規プロジェクト・サービスの資金調達のために独自通貨を発行し、投資家は出資をする代わりにその通貨を低価格で受け取ることができる

イーサリアムの特徴の一つである「ERC20トークン」を用いてICOを行う方が非常に増加しています!

「ERC20トークン」とは、「ERC20」というルールに基づいて作成されているトークンになります。

この「ERC20トークン」を用いてイーサリアム上でトークンを作成することで、資金調達者は1からトークンを作成する手間を省くことが可能です!

さらに、「ERC20」を用いたトークンであれば、同じウォレット内で一括管理することが可能なんです!

ですので、トークンの保管・管理に手間がほとんどかかりません!

以下に、代表的なERC20トークンをまとめました。

「イーサリアム企業連合」に加盟している企業
  • OmiseGO (OMG)
  • ICON (ICX)
  • Basic Attention Token (BAT)
  • Binance Coin (BNB)

海外取引所「バイナンス」が発行する独自通貨「Binance Coin」なども、「ERC20トークン」となっています!

このようにして、これからたくさんのICOに「ERC20トークン」が用いられ、イーサリアムを利用したICOが増えれば、今後の価格上昇が期待できます!

今後上がる理由④ビットコインとの価格連動

今後上がる理由④ビットコインとの価格連動

イーサリアム(ETH)は仮想通貨の中で時価総額2位のアルトコインで、値動きは時価総額1位のビットコインと非常に連動性が高い傾向があります。

もちろんビットコインが上昇の起点となることもありますし、その反対もあります。

しかし、高い連動性が長い間続いていることは間違いない事実なので、今後ビットコインが再び上昇トレンドに入れば、イーサリアム(ETH)も連動して上昇することが予想できるでしょう。

イーサリアム(ETH)は2021年ビットコインのパフォーマンスを上回っており、時価総額も大きく上昇しているので、イーサリアム(ETH)が起点となる可能性もあります。

中でも、国内最大級の取り扱い通貨を誇る『bitFlyer』なら、ビットコインとイーサリアムの両通貨を取り扱っており、手数料は無料。

イーサリアムを手数料無料で取引したいなら、登録しておくべき取引所です。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

今後上がる理由⑤DeFi市場の成長

今後上がる理由⑤DeFi市場の成長

今後はDeFi市場の成長に伴い、イーサリアム(ETH)の価格も上昇する可能性があります。

イーサリアム(ETH)の特徴であるスマートコントラクトを活用することで、管理者が存在しなくても機能する分散型ファイナンスを実現することができました。

仮想通貨を利用してお金の貸し借りを行えるようになる技術なので、それを支えるイーサリアム(ETH)は需要が増すとされています。

ただ単に仮想通貨を売買して利益を上げるのではなく、DeFiを活用することでリスクを抑えて高い利率を獲得できます。

DeFi市場はまだまだ成長段階にあるので、今後の動きに注目しておきましょう。

今後上がる理由⑥イーサリアム2.0へのアップデート

今後上がる理由⑥イーサリアム2.0へのアップデート

イーサリアム(ETH)はコンセンサスアルゴリズムの変更を行うアップデート「イーサリアム2.0」を2020年12月1日に始めました。

最終アップデートのセレニティが実装され、完成形になれば価格にポジティブな影響を与えることが予想されています。

イーサリアム2.0がリリースされれば、スケーラビリティが大幅に改善され、より持続可能なネットワークになります。

今後上がる理由⑦ETFの承認

今後上がる理由⑦ETFの承認

米国でイーサリアムETFが承認されるかも注目しておきましょう。

ETFが承認されると個人投資家や機関投資家がイーサリアム(ETH)をポートフォリオに組み入れる可能性が高まり、大きな価格上昇が期待できます。

既にカナダでは4つのイーサリアムETFが承認されており、米国で承認されるのも時間の問題です。

世界最大とも言える米国市場でイーサリアムETFが取引されるようになれば、価格に与えるインパクトは非常に大きいでしょう。

今後上がる理由⑧ Polygonの運用

Polygon(ポリゴン)』とは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するためのフレームワーク。

2017年にポリゴンのプロジェクトが開始され、2019年にはバイナンスのプラットフォームより、IEOによる資金調達を開始しています。

ポリゴンは、イーサリアムのブロックチェーンから切り離された「独立チェーン」となっており、トランザクション処理の問題を解決する可能性があります!

イーサリアム(ETH)のこれまでの価格推移

イーサリアム(ETH)のこれまでの価格推移を紹介します。

価格推移を確認することで、どんな出来事によって価格が動いているのか、今後はどう推移していくのかを予測することができます。

イーサリアムはビットコインと同様に過去に何度も急上昇と大暴落を繰り返しています。

各重要な値動きで何があったのか見ていきましょう。

イーサリアムの価格推移①2016年

イーサリアムの価格推移①2016年

イーサリアムは2013年11月に誕生し、最初はテスト公開として一般の方には取引できない状態でした。

その後2016年2月頃まで500円以下の価格で推移し、ホームステッドアップデートにより1,600円まで急騰しました。

ホームステッドはネットワーク上の問題やバグの修正を行うもので、ブロックチェーンを安定的に稼働させるためのセキュリティに関するアップデートです。

その後The DAOという大規模プロジェクトにイーサリアムが活用されたことにより、2016年6月にかけて2,100円ほどまで上昇しました。

しかしこの上昇は一時的なもので、イーサリアム盗難事件により1,000円ほどまで暴落しています。

イーサリアムの価格推移②2017年

イーサリアムの価格推移②2017年

2017年は盗難事件によって2月ごろまで1,000円前後で推移していましたが、イーサリアムを企業がビジネスで活用する流れが加速したことによって、2017年5月には5,000円まで急騰しました。

この頃はビットコインや他のアルトコインも共に上昇しており、仮想通貨ブームとして2017年6月には4万円まで大きく上昇しました。

その後イーサリアムの利用が増加したことによって、取引が処理しきれずに障害を起こしてしまいました。

7月にはParityウォレットから約35億円分のイーサリアムが盗難され、1.7万円まで暴落しています。

しかし、2017年10月からメトロポリスアップデートによって再度上昇が再開し、2018年1月ごろには16万円の最高値を更新しました。

アップデートやイーサリアムを利用したICOプロジェクトに活用されだしたことが上昇要因とされています。

イーサリアムの価格推移③2018年

イーサリアムの価格推移③2018年

2018年1月に最高値16万円をつけてから、ビットコインの暴落に影響されるように下落が止まらず、2018年末には1万円台まで暴落しています。

ICOによって価格上昇が発生しましたが、中国を始めとする様々な国がICOを規制する動きを始めたことにより価格が下がりました。

しかし、1番の下落要因はビットコインバブルの崩壊です。

時価総額No.1のビットコインが大暴落したことで、仮想通貨市場全体から投資資金が流出し、イーサリアムを含む他のアルトコインも売られることになりました。

イーサリアムの価格推移④2019年

イーサリアムの価格推移④2019年

2018年は完全な下落トレンドの1年間でしたが、2019年に入ってから6月にかけて少しづつ回復し3.6万円まで上昇しました。

2019年2月にはメトロポリスアップデートの第二段階コンスタンティノープルが行われたことで価格が徐々に回復したとされています。

イーサリアムの価格推移⑤2020年

イーサリアムの価格推移⑤2020年

2019年12月に第三段階イスタンブールアップデートが行われ、2020年1月にミューア・グレイシャーアップデートが行われました。

これによって3月までに3.6万円まで回復しました。

しかし、3月から新型コロナウイルスのパンデミックによって、イーサリアムは1万円まで下落しました。

パンデミックの影響はイーサリアムだけではなく、仮想通貨全体、株式などあらゆる市場に大きなインパクトを与えました。

その後、感染拡大が落ち着きだしたことやDeFi市場の成長やNFTなどによって、7月ごろから上昇が始まり、8月には4万円まで再度回復しました。

2020年12月にはイーサリアムの最終アップデートであるセレニティが運用を開始し、6万円台まで上昇しています。

イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング

イーサリアム購入積立

おすすめ取引所ランキング
  1. bitFlyer
  2. コインチェック
  3. DMM Bitcoin
  4. GMOコイン

おすすめ第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの特徴
  • 2014年からサービスを開始、イーサリアムを含めた13通貨の現物取引を行うことができる!
  • もちろん、「取引手数料」「入金手数料」は無料
  • ビットコインの取引量はなんと、国内No.1!

皆さんもご存知の通り、『bitFlyer』は国内でも抜群の知名度・取引者数を誇る取引所!

なんと「ビットコインの取引量国内No.1」を誇っており、流動性は抜群です。

イーサリアムはもちろんのこと、合計で13種類もの通貨の取引を行うことができます。

少額からの取引に対応しており、イーサリアムをなんとたったの「100円」から買うことができます。

「なるべくリスクを抑えつつ、イーサリアムを買いたいな…」という方にとって、bitFlyerは登録必須な取引所です!

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら

おすすめ第2位:Coincheck(コインチェック)

コインチェックの特徴
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」による運営!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料!
  • 取り扱い通貨が国内最多!たくさんのアルトコインを取引することができる。

続いておすすめなのが、マネックスグループを親会社に持っているコインチェック!

「16種類」ものたくさんの取り扱い通貨を誇り、たくさんのユーザーに愛されている取引所です。

スマホアプリがダントツで使いやすく、初心者にダントツでおすすめ!

なるべくシンプルに迷わずイーサリアムを買いたい…

という方には、まさにピッタリの仮想通貨取引所です。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

おすすめ第3位:DMM_Bitcoin

DMM_Bitcoinの特徴
  • 数々の事業を手がけている「DMMグループ」を親会社に持っている取引所
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料なので、コストがかからない!※BitMatch取引手数料を除く
  • 登録から「最短1時間」で取引を開始することができる。

おすすめ第1位は、DMMグループの傘下にある取引所、DMM Bitcoinです!

イーサリアムの現物・レバレッジ両方に対応してまして、もちろん取引手数料は無料!※BitMatch取引手数料を除く

低コストで仮想通貨の取引を行うことができますよ。

キャンペーン中の今なら、新規登録で「2,000円キャッシュバック」を受けられるチャンスです!※期間:2021年8月1日(日)7時00分~2021年9月1日(水)6時59分

>>>DMM Bitcoinの公式サイトをチェック<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

おすすめ第4位:GMOコイン

仮想通貨_稼ぐ_GMOアイキャッチ

GMOコインの特徴
  • 東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持つ取引所
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料!
  • FX専用アプリ「ビットレ君」が有能!初心者でもかんたんにレバレッジ取引ができる!

GMOコインは、一部上場企業である「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「GMOクリック証券」なども展開しており、セキュリティノウハウは抜群です!

ほとんどの手数料が無料に設定されている上、取引所形式のためスプレッドがとっても狭く、

コストをかけずに仮想通貨の取引を行うことができますよ!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコイン無料口座開設!

イーサリアムを購入の取引所を選ぶポイント

イーサリアム購入ハードウェアウォレット

続いて、イーサリアムを購入するための仮想通貨取引所を選ぶポイントについて解説していきます。

仮想通貨取引所で口座開設する際には、以下の3つのポイントを参考にして仮想通貨取引所を選びましょう!

仮想通貨取引所を選ぶポイント① セキュリティの高さ

イーサリアム購入スマホ

仮想通貨取引所を選ぶ際に、セキュリティの高さは一番重視するポイントになります。

「手数料の安さ」や「スプレッドの狭さ」も重要ですが、セキュリティの高さはやはり一番重要度が高いです。

資産を預けている取引所・販売所がハッキングを受けた場合、大切な資産を一瞬で失ってしまう可能性があります。

仮に資産はなくならなかったとしても、「出入金停止」や「一部機能の停止」などの不利益を被ってしまう可能性があります。

ですので、仮想通貨取引所を選ぶときに一番重要なのは、「セキュリティの高さ」です。

仮想通貨取引所を選ぶポイント② 手数料の安さ

仮想通貨レバレッジ取引所

セキュリティの高さをクリアした次は、手数料の安さが重要になってきます。

仮想通貨取引をする度に高い手数料を取られてしまっていては、利益が少なくなるどころか、赤字になってしまう可能性すらあります。

また、一概に「手数料」と言っても、「手数料」にはたくさんの種類があります。

手数料の種類
  • 出入金手数料
  • 取引手数料
  • スプレッド

特に、「スプレッド」は取引する度に必要になる手数料なので、なるべく狭い方がおトクに取引することができますよ!

スプレッドとは

仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差のこと。スプレッドが実質の取引所への手数料となっている

ピンと来ない方のために、図を用いて解説していきます!

上記の画像は、仮想通貨販売所「GMOコイン」の取引画面になります。

この場合、購入価格が「24,888円」、売却価格が「24,396円」となっているので、その差額である「492円」がスプレッドとなります

全体価格の2%ほどのスプレッドですので、そこまで高くはありません。

また、スプレッドは急激な価格変動の場合には広がる可能性がありますので、注意が必要です!

仮想通貨取引所を選ぶポイント③ 取引所は分散する

仮想通貨取引所迷う

仮想通貨取引所は1つだけを利用するのではなく、複数の取引所で口座開設をし、資産を分散して管理することが重要になります。

仮に1つの取引所にのみ資産を預けていて、その取引所が何らかの事情によって使用できなくなった場合、預けていた資産が引き出せなくなってしまう可能性があります。

取引所を分散することによって、そのようなリスクを回避することができます。

イーサリアム(ETH)の2021年の今後の価格 まとめ

仮想通貨FX アルトコイン 主流通貨

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨イーサリアム(ETH)には他の仮想通貨にはない特徴がたくさんあり、今後価格上昇する要因もたくさんあります。

これから「dApps開発のためのプラットフォーム」としてさらに利用者が増加していけば、需要の増加に伴ってさらなる価格上昇が期待できます!

ぜひこの機会に、イーサリアムに投資をしてみましょう!

イーサリアムは用途がしっかりしている通貨ですので、ガチホ(長期保有)して長期的な目線で投資するのが確実でオススメですよ!

国内大手取引所である「bitFlyer」なら、イーサリアムの取引手数料が無料。

手数料を抑えて、かつ少額からの取引なら「bitFlyer」は登録必須な取引所です。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerの登録はこちら