モナコイン(MONA)の今後・将来性を予想【2021年最新】

モナコインは今後も注目される

2021年以降も価格は上がるの?

突然ですが、好きな仮想通貨はありますか?

モナコインを知らないゴリラ

将来性の高いリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)が好きな人が一番多いかもしれません。

純国産の仮想通貨モナコイン(MONA)は、一部の日本人には熱狂的な支持のあるアルトコインです。

モナコインが好きなゴリラ

匿名掲示板のアスキーアートとして有名な「モナー」がデザインされた通貨

国内取引所が扱っていることもあり、「モナコインの将来性って正直どうなの?」と首をかしげる方も多いでしょう。

本記事では、モナコインの特徴や将来性・今後について解説していくので、

ぜひモナコインの投資の参考にしてみてください。

ざっくり言うと...
  • モナコインは日本発祥の仮想通貨で、segwitやアトミックスワップを世界で始めて導入した、技術力の高い国産通貨。
  • 日本の中ではビットコイン級に使い道が多く「決済通貨」や「投げ銭」などにおいて使用される。
  • 取引所への新規上場や、モナコインを使ったWebサービスの発展を考えると、価格が急騰する可能性は十分に考えられる。
  • モナコインを手数料無料・かつ安全に購入できる取引所は「DMM Bitcoin)」「bitbank」「Coincheck(コインチェック)」の3つが主に挙げられる。
  • 中でもDMM Bitcoinは大手DMMグループを親会社に持っており、モナコインを手数料無料で取引することができる!
  • これからモナコインを購入するなら、DMM Bitcoinは登録必須な取引所。

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

\取引手数料が無料!/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

 

モナコイン(MONA)とは

モナコインのロゴ

モナコイン(MONA)の基本スペック表
通貨名 MONA
開発者 Mr.Watanabe
発行開始日 2014年1月1日
発行上限枚数 1億512万MONA
取引承認方式 PoW(Proof of Work)
時価総額 約80億円

モナコインは、2014年にライトコインをベースに開発された純国産の仮想通貨です。

匿名掲示板のノリで生まれたと言っても過言ではありませんが、他の通貨より優秀な特徴を3つにまとめました。

  • Segwit機能を世界初導入
  • アトミックスワップ機能あり
  • コミュニティの結束力が強い

順を追ってみていきましょう。

Segwitを世界初導入

Segwitの仕組み

モナコインは世界初、どの通貨よりも早くSegwit機能を実装しました。

Segwitとは

Segregated Witnessの略。取引データを縮小することでトランザクション(取引)の処理を高速化させる技術。

Segwit機能を実装したことで、モナコインの「送金詰まり問題」が解消されました。

ビットコインのトランザクション処理に10分かかっていたところ、モナコインは1分前後で処理。

のちに導入されるビットコインよりも先に実装したので、当時は大変注目されたコインです。

アトミックスワップが使える

アトミックスワップの仕組み

モナコインはアトミックスワップ機能も実装されています。

アトミックスワップとは

異なる通貨を仲介者なしで瞬時に取引することができる技術。

アトミックスワップを用いれば、取引所を介さずともユーザー同士が安全に取引することが可能

現在、モナコインはビットコインとアトミックスワップすることができます。

Segwitとアトミックスワップが実装されているモナコインは、

開発力が高く、実用面で優れた通貨となっています。

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

\取引手数料が無料!/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

コミュニティの結束力が固く、使い道が多い

モナコインは日本でのコミュニティが発展していて、

愛好家とよばれるような人たちがモナコインの普及活動をすすめています。

モナコインの愛好家

また、日本ではビットコインの次にモナコインが決済に使われている仮想通貨で、

一部のパソコン部品ショップやメイドカフェなどが「モナ払い」に対応

モナコインが使えるWebサービスの開発もすすんでいて、

「Ask Mona」や「Monappy」「tipmona」などが広く発展しています。

MONAがもらえる投稿サービス「Ask Mona」

投機以外でほとんど実用性のないアルトコインと違い、使い道が多いのがモナコインの特徴です

モナコイン(MONA)の価格は今後上がるの?将来性を解説

モナコインの今後を予想するゴリラ

日本人の心を掴んだモナコイン。たくさんの将来性から今後の価格は上がるのでしょうか。

上場する取引所の増加

モナコインは多くの国内取引所に上場しています。

  • DMM Bitcoin
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Zaif(ザイフ)

仮想通貨は新しく取引所に上場すると、取引者数が増えて価格が上昇する傾向があります。

例えば2018年7月19日に大手LINEがシンガポールで運営する「BITBOX」にモナコインが上場した際は、

3日間で1MONA=220円→280円と、25%ほど高騰しました。

BITBOXに上場した際のチャート

モナコインは信頼度が高いCoincheck(コインチェック)やbitbank(ビットバンク)など国内大手取引所が取り扱っているため、

海外取引所へ上場する可能性が十分あります。

国内だけではなく海外へ上場すれば、モナコインのさらなる価格上昇を期待できると言っていいでしょう。

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

\取引手数料が無料!/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

因みに、モナコインを手数料無料&安全に取引することができるのは「DMM Bitcoin」です!

Webサービスの普及

2018年の4月には動画配信サービス「ツイキャス」を運営するモイ株式会社が、自社サービスのビットコイン&モナコイン払いに対応したと発表。

「ツイキャス」は世界で2000万以上のユーザーがいる人気サービスです。

ツイキャスのモナコイン対応とほぼ同じタイミングで、モナコインのマイニングプール「VIPPOOL」が上場企業によって買収されるニュースも。

Webサービスと提携した際のチャート

モナコインのマイニングプール買収のニュースをうけ、1MONA=480円→560円と15%ほど高騰しました。

モナコインは純国産で実用的なコインということで、現在でも様々なWebサービスの決済に対応しています。

これからモナコインが使えるサービスが増えれば、その分高騰する可能性が高まるでしょう。

モナコイン(MONA)を購入できる取引所

将来性があるのはわかったから、はやくモナコイン投資をやってみたい

モナコインを取り扱う国内取引所はコインチェックやbitbank(ビットバンク)、Zaif(ザイフ)などがありますが、

最も手数料が安く、かつ安心して取引することができるのは「DMM Bitcoin」になります。

  • 大手DMMグループによって運営されている
  • モナコインの取引手数料が無料
  • モナコイン含む「11」もの暗号資産に対応している!

 

【さいごに】モナコイン(MONA)の今後まとめ

モナコインを褒めるゴリラ

日本国内に限って言えば、モナコインを使ったサービスがより一般に普及することで、価格の上昇を期待できます。

また海外に目を向けると、海外の大手取引所に新規上場することで、モナコインの期待値は跳ね上がるでしょう。

モナコインはまだまだ成長の余地を残した有望コインと言うことができます。

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

\取引手数料が無料!/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)