ネム(XEM/NEM)の今後・将来性は?シンボル(XYM)の動向や価格予想まで解説!

ネムに投資してるけど、なかなか良いニュースがない。。

本当に今後価格は上がるの?

多くの人に期待されながらも、なかなか価格に反映されず伸びなやんでいる通貨、ネム(NEM,XEM)

ネムの価格が上がらない

ネムと聞けば、あの有名な「コインチェック事件」を思い浮かべる人も多いのでは。

世間的に微妙なイメージがつきまとっているネムですが、ネムの将来性の高さを真に理解している方は少ないのではないでしょうか。

本記事では、ネムの将来性や今後のチャート、価格予想を徹底的に深掘りしました!

ざっくり言うと…
  • 仮想通貨NEMは「中央集権システムから脱却し、新しい経済圏を作る」という目的があって発行された通貨。
  • NEMが控えている「カタパルト(大型アップデート)」では、送金スピードとセキュリティが大幅に改善されるので、価格が跳ね上がる可能性が高い。
  • NEMを手数料無料、かつ安全に買える取引所は「bitFlyer」「DMM Bitcoin」など。
  • 中でも、ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer」なら、ネムを手数料無料で取引することができる。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

ネム(NEM,XEM)とは?

ネムのロゴ

プロジェクト名 NEM
通貨名 XEM
発行上限枚数 8,999,999,999XEM
開発者 utopiafuture(ハンドルネーム)

仮想通貨ネムは、2015年3月に発行が開始されたプラットフォームプロジェクトです。

開発者の「utopiafuture」とは別に、2016年にシンガポールで発足したのがNEM財団。

コインチェック事件直後に犯人捜査の協力をいち早く名乗り出た団体として記憶に残っている方も多いでしょう。

今でもNEM財団はネムの技術を活用したプラットフォームの普及活動を行なっています。

そしてネムの特徴をざっくりつかむことのできる動画がこちら。

1分ほどの動画なのでぜひ参考にしてみてください。

>>>ネムを取り扱うおすすめ取引所ランキングはこちら

NEMの意味

ネム(NEM)は「New Economy Movement(新しい経済活動)」の略で、

経済的自由や平等主義の原則に基づいた分散型プラットフォームの構築を目指しています。

ネムの意味

ちなみにネムで使われる通貨はXEM(ゼム)と読みますが、コインチェック事件などもあってか、

本来プラットフォームの名前であるネムが仮想通貨であるというイメージが付いています。

ネム(NEM,XEM)の将来性、今後価格が伸びる理由

将来性が高いネムの今後

ネムはエコな承認方式(PoI)やアポスティーユ(公証)機能のほかにも、将来性の高い通貨と評価される理由がいくつかあります。

今後、ネムは一体どのような価格推移をしていくのでしょうか!

今後の将来性①:コミュニティの結束

ネムはネットワークのコミュニティが活発な仮想通貨です。

国内では商用目的のグッズの作成やミートアップなどのイベントが多数開催されていて、

コミュニティがネムの宣伝に一役買っているようです。

「nem bar」のようにネムを決済通貨として受け入れるお店も出てきており、

まだ仮想通貨を知らない人でもネムの存在は聞いたことがある、までいくのではないでしょうか。

また、ネムは開発しやすい「Java」という言語で書かれており、開発コミュニティも活発に活動しているようです。

今後の将来性②:シンボル(XYM)の付与

2020年冬、ネムのブランド名を「Symbol」にすることが公式に発表されました。

その後、2021年には正式に「シンボル(XYM)」のネットワークが稼働し、ネムの保有者に「シンボル(XYM)」の付与が開始されました。

それまで、暗号資産名は「ゼム(XEM)」でしたが、名称が「ジム(XYM)」に変更され、アップデート前には大きく価格が上昇しました!

今後の将来性③:拡張性が高い

ネムでは専門的な開発をしなくても独自トークンやアプリケーションを作ることができます

独自トークンを作ると、新しいプロジェクトで使われるトークンと引き換えに資金調達(ICO)することも可能。

またネムのプラットフォームを活用したアプリケーションが活性化すれば、

ネム自体の需要が上がり、今後の価格にも良い影響が出てきやすくなります。

今後の将来性④:mijinの実装

mijinのホームページ

今後の価格を予想する上で重要なのが「mijin」というネム内のプロジェクトです。

「mijin」は日本のテックビューロ社が開発を主導するブロックチェーンプラットフォームで、

誰でもブロックチェーン技術が使えるようなプラットフォームの作成を目標に掲げています。

国内外様々な企業が導入の検討をしていて、すでに 400社以上がサービスを利用。

ネムの技術が使われた「mijin」がこの先さらに普及すれば、今後ネム自体の需要も上がるのではないでしょうか。

今後の将来性⑤:カタパルトの予定

カタパルトのホームページ

カタパルト(Catapult)」は、ネムの送金スピードとセキュリティを格段に向上させるアップデートです。

完了すると1秒間に3000から4000件のトランザクションを処理することができるので、

クレジットカードなみの送金処理能力を持つことになります。

すでに「mijin」はカタパルト実装済み(2018年5月)で、2018年中にはネム本体へのカタパルトを実装を予定しています。

ネムの機能を大幅に改良されるアップデートが控えているということで、

今後カタパルトが実装がされれば、価値が跳ね上がることも考えられるでしょう。

今後の将来性⑥:セキュリティが高い

ネムはセキュリティレベルが高く、安全に利用できる可能性がある仮想通貨です。

セキュリティ対策では「Eigen Trust」というノード同士が監視や評価を行い、悪質なノードを検出するものを採用しています。

今後より多くの人が利用するようになるには、ハッキングなどで仮想通貨が流出する危険性を抑えることが大切です。

注目の高い仮想通貨だからこそ、ネムはセキュリティ対策に力を入れており、今後もアップデートを重ねてより強固になっていくでしょう。

今後の将来性⑦:個人でICOができる

ネムは個人でICOが行えるように設計されている珍しい特徴があります。

これにより様々な活用が今後予想されており、個人でトークンを取引できる取引所を整備してビジネスを行う人が増えるでしょう。

仮にネムを利用したICOが増えれば、需要増加に伴いネムの価格は上昇する可能性が高いです。

ネムに投資して儲けたいなら、今のうちに保有しておくのが得策。

大手取引所「bitFlyer」であれば、ネムをたったの「100円」という少額から購入することができます。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

今後の将来性⑧:各国政府との連携

ネムはアップデートを繰り返しセキュリティ対策を強化していることから、各国政府との連携が始まっています。

2018年にはアラブ首長国連邦、2019年はマレーシア政府など、国家機関との提携を行いました。

政府との連携は、非常に強力な支持者を得たとも考えられるので、今後の将来性に期待できるでしょう。

ネム(NEM)とシンボル(XYM)に関しての、今後の予測

ネム(NEM)とシンボル(XYM)に関して、今後の予測を解説します。

2021年はプラットフォームの大型アップデートや様々な市場への参入などがあり、ネム(NEM)にとって大きな転機となることが予測されています。

どれも非常に重要な出来事なので、参考にしてください!

ネム・シンボルの今後① 大型アップデート

今後カタパルトアップデートが実装されて、ネムのプラットフォーム名はシンボルに変更されます。

カタパルトアップデートでは、処理能力が向上され、決済方法として採用される可能性が高まることが期待されています。

シンボルに変更されると、使用される仮想通貨がジム(XYM)へと変わります。

現在ネムを保有している人はジム(XYM)に自動的に変換されるので、ユーザーが行うことは特にありません。

ネム・シンボルの今後② 「FIFAワールドカップ」のプラットフォームに採用

2022年に中東カタールで開催を予定している「FIFAワールドカップ」でシンボルが採用されるとネム財団の公式ブログで公開されています。

具体的には、現地のホテル建設のプロジェクトを管理するプラットフォームに採用され、改ざん不可能な建設監査などの工程を可能にする仕組みを構築するとされています。

ブロックチェーンだけでなく、人工知能も用いた大型プロジェクトになります。

シンボルにとって大きなイベントの一つになることは間違いないので「FIFAワールドカップ」についての今後の動きにも注目したい。

ネム・シンボルの今後③ 大手取引所「Bithumb」へ上場

韓国の大手取引所「Bithumb」はジム(XYM)を新規取扱銘柄として上場しました。

Bithumbは247の仮想通貨取引ペアを提供しており、韓国ウォンとビットコイン(BTC)の通貨ペアでジム(XYM)を取引できます。

Bithumbの上場発表によってジム(XYM)価格は前日比で一時30%高を記録しています。

大手取引所への上場は取引量が増える可能性が高いので、今後の価格に良い影響を与えるはずです。

ネム・シンボルの今後④ NFT市場への参入

新プラットフォームであるシンボルはNFT市場への参入を予定しています。

シンボルはエンタープライズ向けのブロックチェーンで、新しいトークン化エコノミー、特にNFTの作成や販売するのに最適なプラットフォームです。

NFTは既に世界中の投資家が注目している市場なので、NFT市場への参入は価格上昇要因になる可能性が高いです。

ネム・シンボルの今後⑤ DeFi市場への参入

カタパルトアップデートによってDeFi市場へ参入しやすくなることが予測されています。

DeFi市場へ参入しやすくなる具体的な要因としては「Fantom Foundation」との提携です。

この提携によってシンボルもFantomのブロックチェーンネットワークの1つになるとされています。

Fantomは分散型アプリケーションを開発できるプラットフォームの1つなので、今後他の仮想通貨を預けてジム(XYM)を受け取れるようになる可能性が高いです。

DeFi市場への参入はジム(XYM)の価格にもポジティブな影響を与えるはずです。

ネム(NEM,XEM)の価格推移

まずはネムの過去の価格推移を紹介します。

過去の動きを知ることで、今後の将来性を予測するヒントを得ることができます。

ネム(NEM)の価格推移 2017年

2017年は1円程度の価格から始まり、中盤から後半にかけて徐々に価格が上昇し始めました。

ネム自体に大きな要因があって上昇したというよりは、仮想通貨市場全体に注目が集まりだしたことが影響し、12月には50円まで急上昇して、年末には100円の大台を突破しました。

ネム(NEM)の価格推移 2018年

2018年は年末からの上昇が続き、1月7日に史上最高値の211円まで到達しました。

その後、コインチェックのネム流出事件があり、1月末には80円まで下落し、そのまま4月には20円台まで下落が続きました。

5月には一旦反発して40円ほどまで回復しますが、また徐々に下落していき年末には10円を切る価格で停滞しました。

ネム(NEM)の価格推移 2019年

2019年からはネム財団が組織の再編を行い、セキュリティ対策などのアップデートを重ねましたが、1桁台から抜け出すことが難しく、年間通して10円以下の価格で推移しています。

ネム(NEM)の価格推移 2020年

そして2020年1月にかタパルトアップデートによって新プラットフォーム「シンボル」に変更され、3月から運用が開始されました。

シンボルへの期待感から価格は上昇し、2020年後半からは10円をついに突破して、20円を超えて上昇しました。

2021年は最大で87円まで急上昇しましたが、ビットコイン(BTC)の暴落や仮想通貨市場全体の低迷によって2021年10月現在は19円前後で推移しています。

ネム(NEM,XEM)と他通貨の違い

ネムはいくつかの点で他の通貨と違った特色を持っています。

ネムと他通貨の違いを明確にして、ネムの性質や性能、技術を再確認しましょう!

承認方式:PoI

ネムの取引承認方式は、独自アルゴリズムのProof of Importance(PoI:重要度による証明)を採用しています。

ネムのPoI

PoIではネムの保有数や送金頻度などを元に「PoLスコアが作られ、スコアによってユーザーの重要度を決定します。

簡単にいうと、ネムネットワークをより多く利用する人が報酬をもらえる仕組みです。

取引承認のマイニング(膨大な計算処理)に大量のコンピューターを必要とする旧来のProof of Work(PoW)では、

財力を持ったマイニング業者が報酬を総取りする「資本力による独占状態」が続いていました。

ネムは平等主義を尊重しているので、ネムネットワークを使えば誰でも公平に報酬が分配されるシステムとなっています。

そして何より、大量の電力を消費するPoWよりエコなシステムとして注目を集めている承認方式です。

承認報酬:ハーベスト

ビットコインの「マイニング」にあたるのが、ネムの「ハーベスト(ハーベスティング)」と呼ばれる承認作業です。

ネムの公式ウォレットであるナノウォレットに一定期間ネムを預けることで、ハーベスティングする権利が得られます。

ハーベスティングとマイニング

マイニングは一番早く計算できたマイナーにしか報酬は支払われないので、より高スペックな設備が必要になりがちですが、

ハーベスティングでは、承認作業参加者に対してランダムで報酬が支払われるため、一般人でも参加することができます。

加えてPoIスコア(=プラットフォームへの貢献度)が高いほど報酬をもらえる確率は上がるので、個々人がプラットフォームを利用/維持するインセンティブになっています。

アポスティーユ(公証)機能

ブロックチェーン技術の強みである「改ざんされない」ことを応用したネムの独自機能です。

アポスティーユ(公証)機能

公証とは

正当な存在根拠に第三者の確認(チェック)が必要な公文書。土地の所有権や遺言など

「絶対に書き換えられない」技術がデータの信憑性を裏付けているので、

書類の改ざんを防ぎつつ、今までかかっていた時間や手間を省くことのできる機能になっています。

現在、ネムのアポスティーユ機能で期待されている用途はこちら。

  • 土地や美術品の所有権
  • 企業の監査データ
  • 契約/債務情報など

他にも記録に公的な証明が必要なものであれば、なににでも応用することができる拡張性の高さを持っています。

アポスティーユ機能が一般化すると、もちろん今後のネムの需要や価格も上がることになるでしょう。

NEM(ネム)を今後買う際のおすすめ取引所

仮想通貨買い方購入ポイント
いざ「NEM(ネム)を買ってみよう!」と思っていても、どこの取引所から購入すれば良いのか迷ってしまうものですよね。

NEMの購入に限らず、仮想通貨取引所を選ぶポイントは下記の3つです。

取引所を選ぶ3つのポイント
  1. セキュリティの高さ
  2. 使いやすさ
  3. 手数料の安さ
自分の大切な資産を預けることになるので、セキュリティの高い安全な仮想通貨取引所を選ぶのが賢明です。

第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)


bitFlyerのメリット
  • ネムの取引手数料・入金手数料が無料
  • ネム以外にも、合計13種類の仮想通貨を扱っている
  • ビットコインの取引量が国内No.1!
言わずと知れた有名取引所、bitFlyer(ビットフライヤー)

絶大な知名度を誇り、ワンタッチでかんたんにネム(NEM)を購入することができます。

もちろんネム以外にもたくさんのアルトコインを取り扱っています。

シンプルなチャート・取引画面が人気を呼び、初心者から上級者にまで愛用される取引所。

「これからネムを取引したい!」という方は、登録必須な取引所です。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

【第2位】Coincheck(コインチェック)

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ

Coincheck(コインチェック)の評価
セキュリティの高さ
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheck(コインチェック)のメリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、安全性抜群
  • 取引手数料・入金手数料が無料
  • 取り扱い通貨数は国内最多の「15通貨」を誇っている
  • 最小なんと「500円」から仮想通貨を購入できるので、低リスクで投資できる!
ロケットのTVCMでもおなじみ、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている「Coincheck(コインチェック)」は、今人気が急上昇している取引所。

ハッキング事件が起きた取引所では…?」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、それは遠い昔の話。

NEMの流出事件以降、Coincheckは東証一部上場企業「マネックスグループ」によって買収され、セキュリティレベルは日本屈指のレベルです。

コインチェックはアプリが圧倒的な使いやすさが評判になっています。

既に250万人以上のユーザーが、Coincheck(コインチェック)のスマホアプリを用いて仮想通貨を購入しているんです。
仮想通貨買い方購入ウィジェット
上の画像のように、ウィジェット機能を使えばアプリを開かずに価格変動を一目で確認できます。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

Coincheck(コインチェック)の評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
国内取引所で最も多い「15種類」の通貨を取り扱っています。

以前は「匿名通貨」の取り扱いもありましたが、マネーロンダリング(資金洗浄)などへの懸念から、現在では上場廃止されています。

上場廃止された匿名通貨
  • モネロ(XMR)
  • ダッシュ(DASH)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • オーガー(REP)
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 400円
送金手数料 0.001BTC

Coincheckでは、仮想通貨を購入する際の取引手数料と入金手数料がなんと無料

  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • 2段階認証
  • SSL暗号化通信
仮想通貨買い方購入Coincheckセキュリティ
Coincheck(コインチェック)は2018年に外部からのハッキング被害を受けました。

その際は、保有していた「580億円相当」のNEMが外部に流出し大きな問題になりました。

しかしその後、ネット証券を展開する「マネックスグループ」の完全子会社になることで、経営基盤を強化しています。

*仮想通貨交換業者登録番号 関東財務局長 第00014号

Coincheckのスマホアプリの使いやすさは、どの取引所と比較しても群を抜いています。

その証拠に、2019年7月時点でのスマホアプリのダウンロード数は「250万」を突破しています。

仮想通貨買い方購入Coincheckスマホアプリ
好きな仮想通貨を選んで購入ボタンを押すだけなので、非常に簡単。

仮想通貨買い方購入Coincheckアプリ
ウィジェット機能を用いれば、アプリを開かなくても仮想通貨の価格変動を把握できます!

ベーシックアテンショントークン◯××アイオーエスティー◯××エンジンコイン◯××

現物取引(販売所) 現物取引(取引所) レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
ファクトム × ×
モナコイン  × ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×

Coincheckは基本的に「販売所形式」を用いており、取引所で売買できるのはビットコインのみです。

販売所の場合はかんたんに仮想通貨を購入できるので、初心者の方にはもってこいですね!

その反面、売値と買値の差額である「スプレッド」が若干広く設定されているので、取引回数には注意しましょう!

なるべく中期・長期保有を心がけた方が、無駄な手数料を取られずに済みますね!

https://twitter.com/hiroko_akilog/status/1128101422132645888
Coincheckは使いやすい!」という評判が多数見受けられています。
たくさんのユーザーから、その使いやすさが評価されていますね。

【第3位】DMMビットコイン(DMM Bitcoin)


DMMBitcoinの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い暗号資産
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(5.0)
DMMBitcoinのメリット
  • 様々な事業を展開している「DMMグループ」傘下なので、安全性抜群
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料!※BitMatch取引手数料を除く
  • 12種類の暗号資産のレバレッジ取引に対応している
  • キャンペーン中に口座開設すれば、無料登録するだけで2,000円もらえる  (2021年9月1日(水)7時00分~2021年10月1日(金)6時59分)

DMMグループの「株式会社DMM Bitcoin」が運営する、レバレッジ取引に特化した取引所です。

親会社である「合同会社DMM.com」は、取引口座数国内No.1を誇るFX業者「DMM FX」を運営。

豊富なセキュリティノウハウが活かされています!

一位でご紹介したCoinCheckは、NEMのレバレッジ取引には対応していませんので、「NEMでレバレッジ取引をしたい!」という方にはDMM Bitcoinがおすすめです。

登録から『最短1時間』で取引を開始することができ、いまなら新規登録で『2,000円キャッシュバックキャンペーン』も実施中です!


>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoin無料口座開設!

DMMBitcoinの評価

DMM Bitcoin はレバレッジ取引を強みにしている取引所。
国内取引所の中では最多となる12種類の暗号資産のレバレッジ取引に対応しています!
暗号資産の購入に慣れ、ハイリターンを狙いたい中級者におすすめの取引所です。
現物の「リップル(XRP)」も購入できるようになり、幅広いトレードスタイルに対応していますよ!

取引手数料 無料※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日

DMM Bitcoin では、取引に必要な手数料がほとんどすべて無料に設定されています。
ただし、レバレッジ取引においてポジションを持ち越した場合は「レバレッジ手数料」が必要になりますので、十分に注意しましょう!

DMM Bitcoin がリリースしている取引専用アプリを使えば、暗号資産の売買や送付までスマホでラクラク操作できます!
様々なインジゲータ・テクニカルツールが用意されているので、スマホからでも本格的なレバレッジ取引できます。

【第4位】GMOコイン


GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.5)
GMOコインのメリット
  • 一部上場企業「GMOインターネットグループ」の傘下にあるので信頼性抜群
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料!
  • 現物取引だけでなく、最大4倍のレバレッジ取引にも対応している
  • レバレッジ取引専用アプリ「ビットレ君」を使えば、スマホアプリから本格的なトレードを行うことができる
  • 2019年1月には「アルトコイン取引所」がリリースされたので、スプレッドも狭くなっている!
GMOコイン は「GMOインターネットグループ」という東証一部上場企業を親会社にもつ仮想通貨取引所です。

「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策で知られています

現物取引に加えてレバレッジ取引も行いたい方は、登録しておきたい仮想通貨取引所です

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコイン無料口座開設!

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
仮想通貨買い方購入GMO手数料

取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.05%/日(建玉ごとに)

GMOコインでは、取引に必要な手数料がほとんど無料に設定されています。
送金手数料も無料に設定されているので、海外取引所への送金も低コストで行えます。

MEMO
レバレッジだけは手数料がかかります。
レバレッジ手数料は購入した時ではなく、ポジションを持ったまま日付をまたいだとき(ロールオーバー)にかかります。
手数料が気になる方は、日付が変わる前にポジションを一旦決済すると良いでしょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • ログイン時2段階認証
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
仮想通貨買い方購入GMOセキュリティ
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウを導入しているので、安全性も抜群です。

強固なセキュリティの他、サーバーの強度も万全の体制を敷いています。
GMOコインも同様に、利用者が殺到しても安定して仮想通貨を購入できる環境が整っています!
※仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号

仮想通貨買い方購入GMOスマホアプリ
仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」を利用すれば、スマホから簡単かつ精密なチャート分析を行えます。
「移動平均線」「トレンドライン」「RSI」「MACD」など、重要なインジゲータ・テクニカルツールを用いて取引できます!
有名仮想通貨トレーダーの多くが外出用のアプリとして使うなど、その実力は折り紙つき。
仮想通貨買い方購入GMOウィジェット
Coincheck同様、GMOコインのアプリにもウィジェット機能があるので、仮想通貨の価格変動をスマホから一発で把握できますよ!
仮想通貨買い方購入GMO販売所
2019年1月31日、GMOコインは「アルトコイン取引所」を導入しました。
取り扱いのある全ての仮想通貨の「取引所」「販売所」両方で購入できるようになっています。
レバレッジ取引にも全通貨が対応していますので、色々な形式で仮想通貨を購入したい!という方におすすめです。

ネム(NEM,XEM)の懸念点、今後の価格が上がらない理由

ネムの懸念点

期待されているネムですが、近年価格が伸び悩んでいる通貨でもあります。

なぜ価格が伸び悩んでいるのでしょうか?

また、今後再び価格が上がる可能はあるのでしょうか!

その原因を探ってみましょう。

ネムの懸念点① コインチェック事件で流失した通貨

コインチェックのロゴ

2018年1月に580億円近い仮想通貨がハッキングによって流失したコインチェック事件。

流失した通貨がネムということもあり、第一印象はマイナスという方も多いのではないでしょうか。

もちろんコインチェックのセキュリティが低かったからハッキング事件は起こったのであって、ネム自体のセキュリティ能力とは関係ありません

コインチェック事件のおかげで認知度は上がりましたが、ネムはセキュリティが低い通貨という間違った認識が広がってしまっていることも考えられます。

ネムの懸念点② 国内で取り扱っている取引所が少ない

ネムは日本人に人気のある通貨の一つですが、国内で取り扱っている取引所が少ないです。

ただし2021年現在、ネムを取り扱う取引所も徐々に増えてきています。

このペースでネムを上場させる取引所が増えていけば、今後ネムの取引量も大きくなるでしょうね!

ネムの懸念点③ 競合の存在

ネムの技術と似たような機能・方向性を持っている通貨が複数あり、代表的なものに「イーサリアム(ETH)」が挙げられます。

ネムとイーサリアムはどちらも、プラットフォーム型仮想通貨と言われています。

ブロックチェーンの技術を利用して、様々なサービスやコンテンツを作ることができる仮想通貨です。

ですので、ネムとイーサリアムの将来性はとても似ています。

今後、ネムがイーサリアムとの差別化をどれだけ図れるかが今後の課題になってくるでしょう。

【最後に】ネム(NEM,XEM)の今後まとめ

ネムのロゴ

ネムは、ビットコインのマイニングよりはるかにエコな承認方式「PoI」を採用していて、

アポスティーユと呼ばれる公証機能やプラットフォームの応用が期待されるなど、将来性の高い通貨として注目を集めています

今後次なる価格上昇が発生する前に、手数料無料な取引所「bitFlyer」でNEMを購入してみましょう。

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerに無料登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)