NFTアートとは?作り方や販売方法|売買の仕方を解説

NFTアートって最近よく耳にするけど何?
私もNFTアートを販売して稼ぎたい!

という疑問がある方向けに、この記事ではNFTアートの特徴や販売方法、NFTアートを売買できるおすすめのマーケットプレイスについて解説していきます。

NFTアートはブロックチェーン技術によって改ざんできない特徴のあるデジタルコンテンツです。

現在様々なジャンルのアーティストがNFTアートを出品しており、非常に注目を集めています。

これからNFTアートを作って販売してみたい方や、NFTアートを売買して利益を上げたい方は、この記事を参考にしてください!

ざっくり言うと…
  • NFTアートはデジタルコンテンツに唯一無二の価値を証明できる。
  • コンテンツデータと所有者情報が紐づけられ改ざんされない。
  • ウォレットを作成してNFTマーケットプレイスのアカウントを作成すれば簡単に販売を始められる。
  • NFTアートはまだまだこれからの市場なので将来性も高い!
  • 国内のNFTマーケットプレイスを利用する場合はLINE NFTがおすすめ!

NFT_アート_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

NFTアートとは?

NFTアートとは?

NFTアートとは、代替不可能なトークンであるNFTとデジタルアートを組み合わせたものです。

NFTアートはブロックチェーン技術を活用することで、所有者や発行者の唯一性を記録し証明できたり、改ざんできない特徴があります。

画像や写真、動画やTwitterのツイートまで、あらゆるデジタル上のコンテンツがNFTアートにできます。

これまでのデジタルアート作品は、誰でも複製やダウンロードが可能で、希少性を担保することが難しい問題がありました。

しかし、NFTアート市場が誕生し、希少性を担保できるようになったことで、デジタルアート作品の売買で利益を出すことができたり、2次流通後でもアート作成者に利益が入るようになりました。

NFTアートの特徴

NFTアートの特徴

NFTアートの特徴は次の通りです。

NFTアートの特徴
  • 唯一無二の価値を証明できる
  • 改ざんできない
  • 様々な種類のアートを作成できる

唯一無二の価値を証明できる

唯一無二の価値を証明できる

データを改ざんできない仕組みのブロックチェーン技術によって、NFTアートの唯一無二の価値を証明できます。

デジタルアートの作成者や購入した所有者情報がブロックチェーン上に記録され、ハッキングなどの不正は行えません。

また、デジタルアートを購入した人から別の人に販売された2次流通情報も記録され、作成者に報酬が支払われます。

NFTアートのこの特徴は作成者にとって非常に嬉しいメリットであり、NFTアートが注目を集めている理由でもあります。

改ざんできない

改ざんできない

NFTアートは所有者とコンテンツデータを紐づけているため、不正に改ざんされる心配がありません。

NFTアート自体をダウンロードして複製することはNFTアートだとしても行えるのですが、ブロックチェーンに記録されている証明書を改ざんすることはできないという意味になります。

様々な種類のアートを作成できる

様々な種類のアートを作成できる

NFTアートは画像や写真だけではなく、動画や音楽など様々な種類のアートを作ることができます。

ネット上にアップできるコンテンツであればNFTアートとして販売できる可能性があります。

このことから今まであまり活躍できなかった分野のアーティストにも注目が集まりやすいです。

NFTアートの作り方

NFTアートの作り方

NFTアートの作り方に決まりはありません。

そもそもNFTアートとして販売されているコンテンツには、音楽や画像、動画など様々な形式のアートが存在しています。

著作権を侵害する作品でなければ、どんな形式のコンテンツを作成しても問題ありません。

多くのアーティストはPhotoshopやIllustratorなどのAdobeソフトを使用して、画像コンテンツを作成しているようです。

NFTアートの販売方法

NFTアートの販売方法

NFTアートを販売するには次の手順で行います。

“NFTアートの販売方法”
  1. 仮想通貨ウォレットを作成する
  2. NFTマーケットプレイスにログインする
  3. NFTアートをアップロードする

仮想通貨ウォレットを作成する

仮想通貨ウォレットを作成する

まずは仮想通貨を保管するためのウォレットを作成します。

ウォレットは「LINE BITMAX wallet」がおすすめです。

NFT_アート_LINE BITMAX wallet

各種手続きを行えば登録が完了しウォレットを使用できるようになります。

NFT_買い方_NFTマーケットにログインする

次にNFTアートを購入できるマーケットにログインします。

LINE BITMAXに口座開設している方は、LINE NFTが利用しやすいのでおすすめです。

NFTアートをアップロードする

NFTアートをアップロードする

最後にPhotoshopやIllustratorなどで作成したNFTアートをマーケットプレイスにアップロードして販売を開始します。

NFTアートの名前や説明を設定し、ロゴとなる画像を決めます。

販売方法と価格を決めれば、いよいよマーケットに自分のNFTアートが公開されます。

NFTアートの購入方法

NFTアートの購入方法

NFTアートの購入方法は次の流れで行います。

“NFTアートの購入方法”
  1. 仮想通貨取引所に口座開設する
  2. ウォレットを作成する
  3. 仮想通貨取引所からウォレットに入金する
  4. NFTマーケットプレイスで購入する

仮想通貨取引所に口座開設する

仮想通貨取引所に口座開設する

NFTアートを購入するためには購入資金となる仮想通貨が必要になるので、まずは仮想通貨取引所に口座開設を行います。

国内取引所の中で利用しやすく、NFTマーケットプレイスも運営しているLINE BITMAXがおすすめです。

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

ウォレットを作成する

ウォレットを作成する

次に仮想通貨を保有する財布=ウォレットを作成します。

NFTアートの販売方法で解説した通り、ウォレットはLINE BITMAX walletが利用しやすくおすすめです。

仮想通貨取引所からウォレットに入金する

仮想通貨取引所からウォレットに入金する

次に開設した仮想通貨取引所に日本円を入金し、NFTアートの購入に必要な仮想通貨を購入します。

LINE NFTではLINKかLINE Payから現金でNFTを購入することができます。

送金アドレスを間違えないように十分注意して送金してください。

NFTマーケットプレイスで購入する

NFTマーケットプレイスで購入する

最後にNFTマーケットプレイスに登録して、ウォレットに入金した仮想通貨を使ってNFTアートを購入します。

利用するマーケットプレイスによって販売されているNFTアートが異なるので、次の項目を参考に利用するマーケットを選んでみてください。

NFTアートを売買できる国内外マーケットプレイス

NFTアートを売買できる国内外マーケットプレイス

NFTアートを売買できるおすすめの国内外マーケットプレイスは次の5種類です。

NFTアートを売買できる国内外マーケットプレイス
  • LINE NFT
  • Coincheck NFT(β版)
  • Adam byGMO
  • OpenSea
  • Rarible

LINE NFT

NFT_買い方_LINE NFT

LINE NFTの特徴
  • LINEアカウントだけでアカウント開設できる(所要時間:5分)
  • LINE Payから日本円決済でNFTを購入できる
  • ガス代(取引手数料)がかからない
  • LINEの友達にNFTを送ることができる

一般的なNFTマーケットプレイスは、アカウント開設に複雑なステップが必要になりますが、「LINE NFT」はLINEアカウントを持っているだけで簡単に始めることができます。

また一般的な海外のNFTマーケットプレイスでは、仮想通貨でのみNFTを購入することができますが、LINE NFT」ではLINE Payから日本円決済によりNFTを購入することができます。

NFT_買い方_LINE NFT2

さらに一般的なNFTマーケットプレイスでは「イーサリアム・ブロックチェーン」を使用しているため、NFTの取引には高額なガス代(取引手数料)がかかりますが、LINE NFTではガス代を無料で取引することができます。(2022年6月24日時点)

取扱コンテンツ LBgreen・LBsky・LBblue
決済通貨 LINK
日本円対応 あり
手数料 無料
対応ウォレット LINE BITMAX Wallet
対応ネットワーク LINE Blockchain

Coincheck NFT(β版)

Coincheck NFT(β版)

Coincheck NFTは名前の通り大手国内取引所のCoincheck(コインチェック)が運営しているマーケットプレイスです。

サービスは2021年3月にスタートして、2022年3月現在までβ版として提供されています。

Coincheck NFTの特徴
  • コインチェックに口座開設している方は簡単に利用できる
  • 出品・購入手数料が無料
  • 決済利用可能通貨が国内No.1の13種類

Coincheck(コインチェック)に口座開設している方は、すぐにNFTの出品・購入・保管を行えます。

また、他のマーケットプレイスと異なり、出品・購入に必要なネットワーク手数料が無料です。

決済にはイーサリアム(ETH)を含めて13種類の通貨を利用でき、取引口座で用意した通貨で売買を行えます。

取扱コンテンツは主にゲームアイテムやトレーディングカードにはなりますが、大手取引所が運営する国内NFTマーケットプレイスとしておすすめです!

まだCoincheck(コインチェック)の口座を開設していない方は、先に口座を用意してみてください。

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

取扱コンテンツ ゲームアセット
トレーディングカード
決済通貨 イーサリアム
ビットコイン
リスク
リップル
ネム
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
IOST
エンジンコイン
日本円の対応 不可
手数料 販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
対応ウォレット MateMask
対応ネットワーク イーサリアム

Adam byGMO

Adam byGMO

AdambyGMOはGMOグループの子会社が運営しているマーケットプレイスです。

2022年3月現在はβ版として提供されており、一部出品制限などがされています。

AdambyGMOの特徴
  • 日本円での決済ができる
  • 様々なNFTコンテンツを取り扱っている
  • 購入したNFTを二次販売できる

AdambyGMOはクレジットカードや銀行振込を利用して日本円での購入が可能です。

ほとんどのマーケットプレイスが日本円に対応されていないので、初めてNFTを購入する方にとっては使いやすいでしょう。

アートや漫画、イラストや動画など、様々なNFTコンテンツを取り扱っており、購入したNFTは二次販売が可能です。

二次販売されることで、クリエイターに報酬が入る仕組みになっています。

AdambyGMO

取扱コンテンツ デジタルアート
決済通貨 イーサリアム
日本円の対応 可(クレジットカード・銀行振込)
手数料 販売手数料:5%
クレジット決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
対応ウォレット MateMask
対応ネットワーク イーサリアム

OpenSea

OpenSea

Openseaは2017年12月から運営している海外最大手のマーケットプレイスです。

利用者は100万人を超えており、取扱コンテンツも幅広く、約400万点以上のコンテンツが出品されています。

Openseaの特徴
  • 世界中の様々なクリエイターが出品している
  • ネットワーク手数料が高い
  • シンプルな操作で使いやすい

世界中のクリエイターが出品しており、日本人ではVRアーティストのせきぐちあいみさんや、UVERWorldのTakuyaさんなどが利用しています。

国内マーケットプレイスと比較して、ネットワーク手数料が高いデメリットはありますが、操作画面はシンプルで分かりやすく、初めて利用する方でも問題なく売買できます。

Opensea

取扱コンテンツ ゲームアセット
デジタルアート
トレーディングカード
デジタルミュージック
ブロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
決済通貨 イーサリアム
MATIC
Klaytn
日本円の対応 不可
手数料 販売手数料:2.5%
対応ウォレット MateMask
Torus
Portis
対応ネットワーク イーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス

Rarible

Rarible

Raribleは2020年にリリースされたマーケットプレイスです。

市場流動性マイニング制度を導入し、マーケットでNFTを売買するとRARIというガバナンストークンを獲得できます。

Raribleの特徴
  • 誰でも簡単にNFTを発行できる
  • RARIを保有しているとコミュニティ参加権が得られる
  • ゲームアイテムやアートなど様々なコンテンツを扱っている

RARIを保有しているとコミュニティの投票権や参加権を獲得でき、運営に参加可能です。

Rarible

取扱コンテンツ ゲームアセット
デジタルアート
デジタルミュージック
フォトグラフ
決済通貨 イーサリアム
日本円の対応 不可
手数料 販売手数料:2.5%
対応ウォレット MateMask
Torus
Portis
対応ネットワーク イーサリアム

NFTアートの今後の将来性

NFTアートの今後の将来性

最後にNFTアートの今後の将来性について解説します。

NFTアートの今後の将来性
  • NFTアート市場の拡大
  • NFTの活用方法増加

NFTアート市場の拡大

NFTアート市場の拡大

NFTアートの作成者やNFTマーケットプレイスの利用者ユーザーが増えれば作品はもちろん、NFT関連の通貨の将来性は高いでしょう。

NFTアートの取引高は2020年第2四半期の1億ドルから、2021年第1四半期は約20倍まで拡大しています。

NFTアートを出品しているアーティストはまだまだ少ないので、今後知名度のあるアーティストが出品していけば市場もさらに拡大していくでしょう。

NFTの活用方法増加

NFTの活用方法増加

今後NFTの活用方法が増加していけば、NFTアート市場も拡大していくと予想できます。

現在は絵や音楽などがメインですが、データの唯一性を証明して改ざんできないという特徴は、他にも多くの活用方法があるでしょう。

実際にゲーム内のアイテムやトレーディングカード、資格や証明書としての活用、バーチャルファッションなど、様々な分野での活用事例があります。

NFTの利便性やメリットが多くの分野で注目を集めれば、結果的にNFTアート市場も拡大するはずです。

まとめ

今回はNFTアートの特徴や作り方、販売方法から購入方法まで解説しました。

NFTアートはブロックチェーン上に作成者や所有者情報が改ざんされない形で記録され、誰でも作成出品が可能です。

NFTアートを購入するには仮想通貨取引所に口座開設して、NFTマーケットプレイスを利用する必要があるので、この記事を参考に開設してみてください。

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる