【最新まとめ】NFTの買い方・始め方を徹底解説|取引所・関連仮想通貨・保管方法なども紹介

NFTアートを購入したいけど、どこでどうやって買えばいいか分からない
NFTアートを買えるサイトや購入方法が知りたい!

という疑問や悩みがある方向けに、この記事ではNFTアートを購入出来るサイトや購入方法、購入するメリットなどについて解説していきます!

NFT市場は2021年から2022年にかけて急拡大しており、今では様々な有名アーティストやスポーツ選手がコンテンツの出品や売買を行っています。

公開価格から10倍以上に値上がりするNFTアートも珍しくないため、NFTアートの売買で利益を出している投資家も存在しています。

この記事では、おすすめのNFTマーケットプレイスと購入方法を解説しているので、最後まで読んで頂ければ、すぐにでも売買を始められますよ!

NFT買い方についてざっくり言うと…
  • NFTはデジタルコンテンツに唯一無二の価値を与えるもの。
  • NFTアートは誰でも購入&販売が可能。
  • 将来価値が上昇する可能性があり、多くの投資家が参入。
  • 数ある国内取引所の中でも、NFTに対応しているマーケットは、LINE NFT
  • LINE BITMAX』に口座開設を行えば、LINE NFTでNFTを購入することができるLINKを取引できる

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

NFTとは?

NFT_買い方_NFTとは?

NFTとはイーサリアムのブロックチェーン技術を用いて、様々な情報を記録することができる仕組みです。

アートや動画、音楽など様々なコンテンツがNFT化されています。

NFT化されたコンテンツは、ブロックチェーンの「ERC-721」という仕組みによって、識別可能なコードが付与され、改ざんできない唯一性を証明することが可能です。

世界中で様々なアーティストがNFTアートを公開しており、2021年からNFTマーケットの市場規模が急拡大。

市場の拡大に合わせて、NFT関連銘柄の価格も上昇しているのです!

NFTが活用されている分野
  • アート
  • ゲーム
  • キャラクタービジネス
  • 金融
  • 不動産
  • スポーツ
  • ファッション

NFTの買い方・始め方|5ステップで分かりやすく解説

NFT_買い方_NFTコンテンツの購入方法

NFTコンテンツの購入方法は次のような流れです。LINE NFTで取引する場合を例にして解説します。

1.仮想通貨取引所に口座開設をする

NFT_買い方_仮想通貨取引所に口座開設をする

NFTマーケットでは仮想通貨で取引されるので、まずは取引所に口座開設を行います。

LINE BITMAXが初心者でも利用しやすく、簡単に口座開設ができるのでおすすめです。

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

2.ウォレットを作成する

NFT_買い方_ウォレットを作成する

次に仮想通貨の資金管理を行うウォレットを作成します。

ウォレットは「LINE BITMAX wallet」がおすすめです。

NFT_買い方_LINE BITMAX wallet

3.仮想通貨取引所からウォレットに入金する

NFT_買い方_仮想通貨取引所からウォレットに入金する

次に、作成したLINE BITMAX walletにLINE BITMAXで購入したLINK(リンク)を入金します。

LINE BITMAXではLINE Payを使うことで現金でもNFTを買うことができるのでこの作業は必ず必要ではないです。

LINE BITMAXのアカウント画面から「コイン送金」を選択して、作成したLINE BITMAX wallet宛に送金してください。

4.NFTマーケットにログインする

NFT_買い方_NFTマーケットにログインする

次にNFTアートを購入できるマーケットにログインします。

LINE BITMAXに口座開設している方は、LINE NFTが利用しやすいのでおすすめです。

5.NFTコンテンツを購入する

NFT_買い方_NFTコンテンツを購入する

LINE NFTの購入方法は非常に簡単です。

購入したい商品を選択して「購入」ボタンをクリックすれば完了します。

この時、LINE BITMAXのアカウントや残高がなければ、商品は買えませんので注意が必要です。

NFTを買えるおすすめマーケット4選

NFT_買い方_NFTを購入できるマーケット

NFTを購入できるマーケットは次の通りです。

NFTを購入できるマーケット
  • LINE NFT
  • Coincheck NFT
  • OpenSea
  • Rarible(ラリブル)

1.LINE NFT

NFT_買い方_LINE NFT

LINE NFTの特徴
  • LINEアカウントだけでアカウント開設できる(所要時間:5分)
  • LINE Payから日本円決済でNFTを購入できる
  • ガス代(取引手数料)がかからない
  • LINEの友達にNFTを送ることができる

一般的なNFTマーケットプレイスは、アカウント開設に複雑なステップが必要になりますが、「LINE NFT」はLINEアカウントを持っているだけで簡単に始めることができます。

また一般的な海外のNFTマーケットプレイスでは、仮想通貨でのみNFTを購入することができますが、LINE NFT」ではLINE Payから日本円決済によりNFTを購入することができます。

NFT_買い方_LINE NFT2

さらに一般的なNFTマーケットプレイスでは「イーサリアム・ブロックチェーン」を使用しているため、NFTの取引には高額なガス代(取引手数料)がかかりますが、LINE NFTではガス代を無料で取引することができます。(2022年6月24日時点)

取扱コンテンツ LBgreen・LBsky・LBblue
決済通貨 LINK
日本円対応 あり
手数料 無料
対応ウォレット LINE BITMAX Wallet
対応ネットワーク LINE Blockchain

2.Coincheck NFT

NFT_買い方_Coincheck NFT

仮想通貨取引所大手のCoincheck(コインチェック)が運営しているNFTマーケットです。

2021年3月ににリリースしたばかりのまだ新しいマーケットプレイスで、現在もまだベータ版となっております。

Coincheck(コインチェック)に口座開設している人は、誰でもNFTの出品・購入・保管を行うことが可能です。

取り扱っている商品は「CryptoSpell」というトレーディングカードゲームや「The Sandbox」というゲームプラットフォームなどです。

取扱コンテンツ ゲームアセット
トレーディングカード
決済通貨 イーサリアム(ETH)
ビットコイン(BTC)
他13種類
日本円対応 なし
手数料 販売手数料:10%
出庫手数料:00.1〜0.16ETH
対応ウォレット MetaMask
対応ネットワーク イーサリアム

3.OpenSea

NFT_買い方_OpenSea

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットで、世界中のアーティストや日本人も出品しています。

誰でもアカウント登録・出品・購入することができ、使いやすいのが特徴です。

公開されたのは2017年12月と歴史があり、2021年の流通額は約3,650億円と巨大なマーケットを築いています。

月間アクティブユーザー数は約22万人、出品数は400万点を超えています。

OpenSea

取扱コンテンツ デジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
ブロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
決済通貨 イーサリアム(ETH)
MATIC(Polygon)
Klaytn
日本円対応 なし
手数料 販売手数料:2.5%
対応ウォレット MetaMask
Torus
Portis
対応ネットワーク イーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス

4.Rarible(ラリブル)

NFT_買い方_Rarible(ラリブル)

Rarible(ラリブル)はアメリカのRarible社が開発したNFTマーケットプレイスで、RARIという独自トークンを発行して運営されています。

2020年とOpenSeaより3年遅く公開されましたが、非常に人気の高いプラットフォームです。

Rarible(ラリブル)でNFTを売買することで、その対価としてユーザーはRARIを受け取れます。

具体的には、総発効枚数の60%分がユーザーへのインセンティブとして配布されます。

上記でご紹介したNFTマーケット『OpenSea』と『ラリブル』は、両方とも日本円での決済には対応していません。

ですので、NFTコンテンツを購入する際は、仮想通貨取引所への登録が必須です。

通貨の価格が上がる前にすぐ購入できる状態にしておかないと、取引の機会を逃してしまう可能性もあるので注意が必要です。

まずは『LINE BITMAX』に登録をして、いつでも取引できる状態を整えておくのが無難でしょう。

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

取扱コンテンツ デジタルアート
ゲームアセット
フォトグラフ
デジタルミュージック
決済通貨 イーサリアム(ETH)
日本円対応 なし
手数料 販売手数料:2.5%
対応ウォレット MetaMask
Torus Portis
対応ネットワーク イーサリアム

NFTを初めて買う人/初心者はLINE NFTがおすすめ

NFTを初めて買う人やNFT初心者の人にはLINE NFTがおすすめです。

なぜなら「LINE NFT」はLINEアカウントを持っているだけで簡単に始めることができます。

また一般的な海外のNFTマーケットプレイスでは仮想通貨でのみNFTを購入することができますが、「LINE NFT」ではLINE Payから日本円決済によりNFTを購入することができます。

さらに一般的なNFTマーケットプレイスでは高額な取引手数料がかかりますが、LINE NFTでは取引手数料無料で取引することができます。

さらに仮想通貨取引所として「LINE BITMAX」もおすすめです。

「LINE BITMAX」と「LINE NFT」を共に利用することで取引が円滑になるだけではなく、LINE BITMAX独自の仮想通貨であるLINK(リンク)を使うことにより多様な取引が可能になります。

NFT関連銘柄を購入できるおすすめ取引所

NFT_買い方_NFT関連銘柄を購入できるおすすめ取引所

NFTマーケットプレイスでNFTを購入するなら、対応している仮想通貨取引所を開設する必要があります

LINE  BITMAXではほぼ全てのNFTマーケットプレイスで取引することができるのでおすすめです。

NFT関連銘柄を購入できるおすすめの取引所は次の通りです。

NFT関連銘柄を購入できる取引所
  • LINE BITMAX
  • Huobi Japan
  • Coincheck(コインチェック)

LINE BITMAX

NFT_買い方_LINE BITMAX

LINE BITMAXのメリット
  • 仮想通貨貸出サービスを利用できる
  • スマホで簡単口座開設

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行え、仮想通貨投資未経験者でも使いやすい作りになっています。

また、保有している仮想通貨を貸し出して利益を上げられるサービスを提供しており、頻繁に売買しなくても稼ぐことができます。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

NFT_買い方_LINE BITMAX

LINE BITMAXの口座開設はこちらから

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
  • リンク(LN)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。
利益は最大8%の業界最高水準

Huobi Japan

NFT_買い方_Huobi Japan

Huobi Japanのメリット
  • 世界170ヵ国で数千万人が利用している
  • 2円から取引できる
  • 取扱通貨ペア数国内No.1
  • セキュリティ世界最高水準
  •  HT(フォビトークン)保有で手数料が安くなる

Huobiグループは、大手暗号資産取引所の一つであり、世界170ヵ国で数千万人が利用しているグローバルな取引所です。

1日の取引金額は5千億円を超えることもしばしばあり、流動性が高いといえます。

NFT_買い方_Huobi Japan2

Huobi Japanではビットコインイーサリアムといった想通貨の取引を2円から始める事ができるので、初心者も気軽に始める事ができます。

さらにHuobi Japanは取扱通貨ペア数国内No.1、セキュリティは世界最高水準を誇っているので幅広い通貨に安全に投資する事ができます。

NFT_買い方_Huobi Japan 2

Huobi Globalが提供している「フォビトークン」という仮想通貨を保有すると、保有量に応じて取引手数料が10%〜76%割引されます。

キャンペーン情報
  • ウェルカムキャンペーン(ハズレなし)
    →全クーポン条件達成で最大40,000円相当のHT(フォビトークン)が当たる
  • お友達紹介キャンペーン
    →紹介する側は1,000円/一人、紹介された側は500円相当の暗号資産プレゼント

NFT_買い方_Huobi Japan4

Huobi Japanの公式サイトはこちら

Huobi Japanの登録はこちら

Coincheck

NFT_買い方_Coincheck

コインチェックのメリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」が主要株主!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料!
  • 取り扱い通貨が国内最多!たくさんのアルトコインを取引することができる。

コインチェックは東証一部上場のマネックスグループが主要株主の大手取引所です。

積み立て投資は「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」の2種類のサービスを提供し、月々1万円〜100万円の範囲で1,000円単位で決めることができます。

積み立て手数料は無料で15種類の通貨に投資可能です。

通常の投資ではビットコイン(BTC)を含めて17通貨に投資することができ、最低500円という少額から取引が可能です。

NFT_買い方_Coincheck2

スマホアプリでの取引が行いやすいと人気で、初心者の方でもすぐに使いこなすことができます。

取引画面は非常にシンプルで、簡単で分かりやすい操作で取引が可能です。

取引手数料と入金手数料が無料で利用できるので、ビットコイン(BTC)を購入するならコインチェックを活用しましょう!

NFT_買い方_Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

NFT関連おすすめ仮想通貨7選

NFT_買い方_おすすめのNFT関連銘柄ランキング7選

投資すべきおすすめのNFT関連銘柄ランキングを7選紹介します。

おすすめのNFT関連銘柄ランキング7選
  1. エンジンコイン(ENJ)
  2. テゾス(XTZ)
  3. フロウ(FLOW)
  4. サンドボックス(SAND)
  5. チリーズ(CHZ)
  6. ラリブル(RARI)
  7. マナ(MANA)

【関連記事】

【最新】NFT関連!仮想通貨銘柄のおすすめランキング・選び方や注意点を徹底分析!

NFTを購入する3つのメリット

NFT_買い方_NFTコンテンツを購入するメリット

NFTコンテンツを購入するメリットは次の通りです!

将来価値が上昇する可能性がある

NFT_買い方_将来価値が上昇する可能性がある

NFTアートは、まだまだ発展途上の市場であるため、将来価値が上昇する可能性を期待して、多くの投資家が購入しています。

アートとしての価値はもちろんですが、アーティストへの応援という意味や、ゲーム内で使用するアイテムとしての需要が価値となっていることもあります。

NFT市場は2021年に入ってから急激に大きくなっており、億を超える価格で落札されているアートも多いです。

例えば、クリスティーズのオークションでBeeple氏のアートが約75億円で落札されたり、VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品が1300万円で落札されています。

ちなみに、日本のNFT市場は全世界のシェア0.5%しかありません。

世界のNFT市場の発展を考えれば、日本はまだまだこれから大きく発展していくはずです。

日本には漫画やアニメ・音楽など、世界に誇れる素晴らしいコンテンツがたくさんあるので、NFTアートとして取引されるようになれば、将来価値が上昇する可能性は非常に高いでしょう。

誰でも購入&販売が可能

NFT_買い方_誰でも購入&販売が可能

NFTマーケットには誰でもコンテンツを出品することができ、購入や販売も自由に行えます。

マーケット自体の数は少なかったのですが、最近ではNFTが盛り上がるにつれて、増加傾向にあるようです。

NFT_買い方_LINE NFT

中でも特に有名なのが、有名取引所であるLINEグループが展開する『LINE NFT』です。

LINE NFTでは「暗号資産」と「NFTを用いたゲーム内アイテム」を交換することが可能です!

誰でもNFTの出品や販売を行うことが可能ですので、とっても便利です。

LINE NFTに登録する際には、まず『LINE BITMAX』への登録が必須。今のうちに登録しておきましょう!

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

唯一無二の価値が保証される

NFT_買い方_唯一無二の価値が保証される

NFTコンテンツはブロックチェーン技術によって改ざんできない特徴があるので、購入したコンテンツに唯一無二の価値が保証されます。

NETコンテンツを購入すると、その所有権がブロックチェーン上に記録され、盗難や複製されることはありません。

これまでのデジタルコンテンツでは、海賊版が出回ってオリジナルの価値が下がってしまったり、盗難や複製される問題がありました。

そのためデジタルコンテンツは、現物のアート作品と比べて価値が下がりやすいです。

しかしNFT技術の発展によって、現物のアートと変わりなく、デジタルコンテンツを所有することができるようになりました。

これは非常に革新的なことで、人間が本来持っている『物を所有したい』という欲求を刺激することができます。

例えば、NBAの人気選手が3ポイントシュートを決めた瞬間の短い動画にも唯一の価値を持たせることができ、この動画をお金を払ってでも購入したいと考える人が存在します。

どんなコンテンツでも高い価値がつく可能性があるので、コンテンツの販売者や投資家にとっても非常に魅力的な市場です。

NFTを購入する際の3つの注意点

NFT_買い方_NFTを購入する際に注意すべきポイント

最後にNFTを購入する際に注意すべきポイントは次の通りです。

NFTを購入する際に注意すべきポイント

取引手数料

NFT_買い方_取引手数料

NFTアートを購入するためには、解説した通り仮想通貨が必要になるので、仮想通貨購入時の手数料やNFT購入時の手数料が発生します。

何度も売買するような方は、取引手数料が意外と負担になるので注意が必要です。

例えば、Coincheck NFTでは販売手数料として、販売価格の10%が発生し、出庫手数料として0.01ETHが発生します。

これらのNFT取引にかかる手数料は「ガス代」と言われています。

ガス代が発生するタイミングは次の通りです。

ガス代が発生するタイミング
  • NFTを買う
  • NFTを売る
  • NFTを送る
  • 自分のウォレットからETHを送金する
  • 新しいNFTを発効する

NFTを売買したい人やNFTアートを出品したい方は、ガス代が発生するタイミングを把握しておき、無駄なコストをかけないようにすることが大切です。

なおLINE NFT」ではガス代がかからず、お得に取引をすることができるので初めてNFTを取引する人におすすめです。

NFTの保管場所

NFT_買い方_NFTの保管場所

購入したNFTアートは、ブロックチェーン内に保管されるのではなく、オフチェーンといってブロックチェーン外で保管することになります。

保管場所はNFTの開発者や発行者によって決められており、多く利用されているのはIPFSや自前のサーバーです。

IPFSとはコンテンツごとにIDを割り振って、IDをトークンのメタデータとしてブロックチェーンに保存しています。

IPFSではプラットフォームが所有しているサーバー上にメタデータが保存されますが、自前のサーバーを利用して保管することも可能です。

データ管理が複雑で初めて利用する方には分かりにくいというデメリットがあるので、できればスマホ用のモバイルウォレットを用意して保管しましょう。

コンテンツの著作権

NFT_買い方_コンテンツの著作権

NFTを購入する際は、コンテンツの著作権に注意しなければなりません。

NFTコンテンツ自体は、ブロックチェーンに紐づけられて唯一無二の価値が保証されていますが、そもそものコンテンツの著作権が守られているかは分かりません。

また、例え数億円のアートを購入したとしても、外部契約を行わない限り、NFTアートの著作権はオリジナルアーティストに帰属することになります。

購入すれば著作権も含めて、自分のものになる!ということはありませんので、注意が必要です。

NFTの買い方に関するよくあるQ&A

以下がNFTの買い方に関するよくあるQ&Aです。

NFTとは?

NFTとはイーサリアムのブロックチェーン技術を用いて、様々な情報を記録することができる仕組みです。

アートや動画、音楽など様々なコンテンツがNFT化されています。

NFT化されたコンテンツは、ブロックチェーンの「ERC-721」という仕組みによって、識別可能なコードが付与され、改ざんできない唯一性を証明することが可能です。

世界中で様々なアーティストがNFTアートを公開しており、2021年からNFTマーケットの市場規模が急拡大しています。

NFTとはどんな分野で活用されていますか?

NFTの活用事例は以下の通りです。

分野 用途
金融 仮想通貨取引所との連携、クレジットカード特典など
不動産 メタバース空間での土地や不動産のNFT化
チケット販売 NFT化したチケット販売により転売問題解決の試み
ゲーム NFTのブロックチェーン技術を活用したゲームなど
アート NFT絵画やNFTイラストの販売
スポーツ プロスポーツ選手のNFTアイテムの販売
ファッション オンライン上のデジタルNFT衣装などの販売

NFTは安全ですか?危険じゃない?

NFTは安全です。

NFTはイーサリアムの「ブロックチェーン技術」を活用されていて、偽造ができないことを証明されています。

NFTはどのような手順で始められますか?

NFTは「仮想通貨取引所に口座開設する」→「ウォレットを作成する」→「仮想通貨取引所からウォレットに入金する」→「NFTマーケットにログインする」→「NFTコンテンツを購入する」の手順で始めることができます。

NFTを始めるのに必要な書類はありますか?

基本的にはメールアドレスと本人確認書類の準備ができていれば問題ありません。

ウォレットとは?

ウォレットは保有仮想通貨を保管するもの、つまり仮想通貨用の「財布」のことです。

NFTのメリットは何ですか?

NFTのメリットは「将来価値が上昇する可能性がある」「誰でも購入&販売が可能」「唯一無二の価値が保証される」などが挙げられます。

NFTを買うときの注意点は何ですか?

NFTを買うときの注意点としては「ガス代と言われるNFTにおける取引手数料がかかること」「NFTをきちんと保管すること」「コンテンツの著作権を確認すること」などが挙げられます。

NFTを買うのにおすすめなマーケットは何ですか?

NFTを買うのにおすすめなマーケットは「LINE NFT」がおすすめです。

特に「LINE NFT」はLINEアカウントを持っているだけで簡単に始めることができます。

また一般的な海外のNFTマーケットプレイスでは、仮想通貨でのみNFTを購入することができますが、「LINE NFT」ではLINE Payから日本円決済によりNFTを購入することができます。

さらに一般的なNFTマーケットプレイスでは「イーサリアム・ブロックチェーン」を使用しているため、NFTの取引には高額なガス代(取引手数料)がかかりますが、LINE NFTではガス代を無料で取引することができます。(2022年6月24日時点)

NFT関連銘柄を購入できるおすすめの取引所は何ですか?

「LINE BITMAX」がおすすめです。

「LINE BITMAX」と「LINE NFT」を連携させて利用することで快適に取引を行うことができます。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

NFT転売とはなに?

NFT転売とはNFT作品を安く買い、高く買うことです。

NFTマーケットプレイスで、NFT作品が売れた際の金額と購入金額(購入金額+手数料)の差が利益になります。

メタマスクとはなんですか?

メタマスクはイーサリアムブロックチェーンに対応している仮想通貨ウォレットのことです。

仮想通貨専用の財布のような役割を果たしていて、イーサリアム(ETH)やイーサリアムをベースに発行したERC-20トークンを保管・管理することができます。

おすすめのNFT関連銘柄は何ですか?

おすすめのNFT関連銘柄としては「エンジンコイン(ENJ)」「テゾス(XTZ)」「フロウ(FLOW)」「サンドボックス(SAND)」「チリーズ(CHZ)」「ラリブル(RARI)」「マナ(MANA)」などが挙げられます。

NFTの買い方に関するまとめ

NFT買い方に関するまとめ
  • NFTはデジタルコンテンツに唯一無二の価値を与えるもの。
  • NFTアートは誰でも購入&販売が可能。
  • 将来価値が上昇する可能性があり、多くの投資家が参入。
  • 数ある国内取引所の中でも、NFTに対応しているマーケットは、LINE NFT
  • LINE BITMAX』に口座開設を行えば、LINE NFTでNFTを購入することができるLINKを取引できる

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

今回はNFTアートを購入したい方向けに、購入するメリットや購入できるNFTマーケット、購入方法や注意点を解説しました。

NFTアートは現物アートのように唯一無二の価値が保証されて、将来価値が上昇する可能性があります。

NFTアートを購入するには、国内取引所に口座開設を行い、LINE NFTなどのマーケットプレイスに仮想通貨を送金し売買してみてください!

初めてNFTを購入する方は、海外のNFTマーケットだと不安があるかと思うので、LINE BITMAXに口座開設して利用してみてください!

第11位 LINE BITMAX

>>>LINE BITAMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる