【2022年最新】NFTの買い方とは?購入できるサイトや買う際の注意点を解説!

「NFTアートを購入したいけど、どこでどうやって買えばいいか分からない」

「NFTアートを買えるサイトや購入方法が知りたい!」

という疑問や悩みがある方向けに、この記事ではNFTアートを購入出来るサイトや購入方法、購入するメリットや購入時に注意すべきポイントを解説していきます。

NFTアートはブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツに唯一無二の価値を与えたものです。

専用のNFTマーケットプレイスで売買されており、誰でも自由に出品と売買を行えます。

NFT市場は2021年に入ってから急拡大しており、今では様々な有名アーティストやスポーツ選手がコンテンツの出品や売買を行っています。

公開価格から10倍以上に値上がりするNFTアートも珍しくないため、NFTアートの売買で利益を出している投資家も存在しています。

この記事では、おすすめのNFTマーケットプレイスと購入方法を解説しているので、最後まで読んで頂ければ、すぐにでも売買を始められます!

ざっくり言うと…
  • NFTはデジタルコンテンツに唯一無二の価値を与えるもの。
  • NFTアートは誰でも購入&販売が可能。
  • 将来価値が上昇する可能性があり、多くの投資家が参入。
  • NFTを購入できるマーケットでは、国内取引所のCoincheck NFTがおすすめ!
  • Coincheck(コインチェック)に口座開設を行ったら、仮想通貨を購入して、Coincheck NFTでNFTアートを購入してみてください!

    仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
     >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

    \取引手数料無料で使いやすい!/

    CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

NFTとは?

NFTとは?

NFTとはイーサリアムのブロックチェーン技術を用いて、様々な情報を記録することができる仕組みです。

アートや動画、音楽など様々なコンテンツがNFT化されています。

NFT化されたコンテンツは、ブロックチェーンの「ERC-721」という仕組みによって、識別可能なコードが付与され、改ざんできない唯一性を証明することが可能です。

世界中で様々なアーティストがNFTアートを公開しており、2021年からNFTマーケットの市場規模が急拡大しています。

市場の拡大に合わせて、NFT関連銘柄の価格も上昇しています。

NFTコンテンツを購入するメリット

NFTコンテンツを購入するメリット

NFTコンテンツを購入するメリットは次の通りです。

NFTコンテンツを購入するメリット
  • 将来価値が上昇する可能性がある
  • 誰でも購入&販売が可能
  • 唯一無二の価値が保証される

将来価値が上昇する可能性がある

将来価値が上昇する可能性がある

NFTアートは、まだまだ発展途上の市場であるため、将来価値が上昇する可能性を期待して、多くの投資家が購入しています。

アートとしての価値はもちろんですが、アーティストへの応援という意味や、ゲーム内で使用するアイテムとしての需要が価値となっていることもあります。

NFT市場は2021年に入ってから急激に大きくなっており、億を超える価格で落札されているアートも多いです。

例えば、クリスティーズのオークションでBeeple氏のアートが約75億円で落札されたり、VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品が1300万円で落札されています。

ちなみに、日本のNFT市場は全世界のシェア0.5%しかありません。

世界のNFT市場の発展を考えれば、日本はまだまだこれから大きく発展していくはずです。

日本には漫画やアニメ・音楽など、世界に誇れる素晴らしいコンテンツがたくさんあるので、NFTアートとして取引されるようになれば、将来価値が上昇する可能性は非常に高いでしょう。

誰でも購入&販売が可能

誰でも購入&販売が可能

NFTマーケットには誰でもコンテンツを出品することができ、購入や販売も自由に行えます。

NFTアートはイーサリアムなどの仮想通貨で簡単に購入できます。

この記事で紹介するNFTマーケットにアカウントを開設しておけば、初めて利用する方でも、それほど難しくなく取引ができるはずです。

唯一無二の価値が保証される

唯一無二の価値が保証される

NFTコンテンツはブロックチェーン技術によって改ざんできない特徴があるので、購入したコンテンツに唯一無二の価値が保証されます。

NETコンテンツを購入すると、その所有権がブロックチェーン上に記録され、盗難や複製されることはありません。

これまでのデジタルコンテンツでは、海賊版が出回ってオリジナルの価値が下がってしまったり、盗難や複製される問題がありました。

そのためデジタルコンテンツは、現物のアート作品と比べて価値が下がりやすいです。

しかしNFT技術の発展によって、現物のアートと変わりなく、デジタルコンテンツを所有することができるようになりました。

これは非常に革新的なことで、人間が本来持っている『物を所有したい』という欲求を刺激することができます。

例えば、NBAの人気選手が3ポイントシュートを決めた瞬間の短い動画にも唯一の価値を持たせることができ、この動画をお金を払ってでも購入したいと考える人が存在します。

どんなコンテンツでも高い価値がつく可能性があるので、コンテンツの販売者や投資家にとっても非常に魅力的な市場です。

NFTを購入できるマーケット

NFTを購入できるマーケット

NFTを購入できるマーケットは次の通りです。

NFTを購入できるマーケット
  • Coincheck NFT
  • OpenSea
  • Rarible(ラリブル)

NFTを購入するためには、NFTマーケットプレイスに登録する必要があります。

NFTマーケットプレイスは、ユーザー同士がNFTを売買することができるプラットフォームです。

Coincheck NFT

仮想通貨取引所大手のCoincheck(コインチェック)が運営しているNFTマーケットです。

2021年3月ににリリースしたばかりのまだ新しいマーケットプレイスで、現在もまだベータ版となっております。

Coincheck(コインチェック)に口座開設している人は、誰でもNFTの出品・購入・保管を行うことが可能です。

取り扱っている商品は「CryptoSpell」というトレーディングカードゲームや「The Sandbox」というゲームプラットフォームなどです。

取扱コンテンツ ゲームアセット
トレーディングカード
決済通貨 イーサリアム(ETH)
ビットコイン(BTC)
他13種類
日本円対応 なし
手数料 販売手数料:10%
出庫手数料:00.1〜0.16ETH
対応ウォレット MetaMask
対応ネットワーク イーサリアム

初めてNFTを購入する方は、海外のNFTマーケットだと不安があるかと思うので、Coincheck(コインチェック)に口座開設して利用してみてください!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

OpenSea

OpenSea

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットで、世界中のアーティストや日本人も出品しています。

誰でもアカウント登録・出品・購入することができ、使いやすいのが特徴です。

公開されたのは2017年12月と歴史があり、2021年の流通額は約3,650億円と巨大なマーケットを築いています。

月間アクティブユーザー数は約22万人、出品数は400万点を超えています。

OpenSeaもCoincheck NFTと同様に日本円で決済することはできず、仮想通貨にのみ対応しているので、まだ仮想通貨を用意していない方は、Coincheck(コインチェック)で購入しておきましょう。

OpenSea

取扱コンテンツ デジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
ブロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
決済通貨 イーサリアム(ETH)
MATIC(Polygon)
Klaytn
日本円対応 なし
手数料 販売手数料:2.5%
対応ウォレット MetaMask
Torus
Portis
対応ネットワーク イーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス

Rarible(ラリブル)

Rarible(ラリブル)

Rarible(ラリブル)はアメリカのRarible社が開発したNFTマーケットプレイスで、RARIという独自トークンを発行して運営されています。

2020年とOpenSeaより3年遅く公開されましたが、非常に人気の高いプラットフォームです。

Rarible(ラリブル)でNFTを売買することで、その対価としてユーザーはRARIを受け取れます。

具体的には、総発効枚数の60%分がユーザーへのインセンティブとして配布されます。

Rarible(ラリブル)も他のマーケットプレイスと同様に、日本円での決済には対応していないので、Coincheck(コインチェック)に口座開設をして仮想通貨を購入しておきましょう。

Rarible(ラリブル)

取扱コンテンツ デジタルアート
ゲームアセット
フォトグラフ
デジタルミュージック
決済通貨 イーサリアム(ETH)
日本円対応 なし
手数料 販売手数料:2.5%
対応ウォレット MetaMask
Torus Portis
対応ネットワーク イーサリアム

NFTコンテンツの購入方法

NFTコンテンツの購入方法

NFTコンテンツの購入方法は次のような流れです。

“タイトル”
  1. 仮想通貨取引所に口座開設をする
  2. ウォレットを作成する
  3. 仮想通貨取引所からウォレットに入金する
  4. NFTマーケットにログインする
  5. NFTコンテンツを購入する

仮想通貨取引所に口座開設をする

仮想通貨取引所に口座開設をする

NFTマーケットでは仮想通貨で取引されるので、まずは取引所に口座開設を行います。

NFTを購入したい場合は、Coincheck(コインチェック)が初心者でも利用しやすく、簡単に口座開設ができるのでおすすめです。

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

ウォレットを作成する

ウォレットを作成する

次に仮想通貨の資金管理を行うウォレットを作成します。

利用者が多く、Google Chromeで利用できるMetaMask(メタマスク)がおすすめです。

ウォレットを作成する

ChromeウェブストアからMetaMask(メタマスク)を検索して「ウォレットの作成」をクリックします。

仮想通貨取引所からウォレットに入金する

仮想通貨取引所からウォレットに入金する

次に、作成したMetaMask(メタマスク)にCoincheck(コインチェック)で購入したイーサリアム(ETH)を入金します。

Coincheck(コインチェック)のアカウント画面から「コイン送金」を選択して、作成したMetaMask(メタマスク)宛に送金してください。

NFTマーケットにログインする

NFTマーケットにログインする

次にNFTアートを購入できるマーケットにログインします。

Coincheck(コインチェック)に口座開設している方は、Coincheck NFTが利用しやすいのでおすすめです。

管理画面左側の「Coincheck NFT(β版)をクリックします。

NFTコンテンツを購入する

NFTコンテンツを購入する

Coincheck NFTの購入方法は非常に簡単です。

購入したい商品を選択して「購入」ボタンをクリックすればこうにゅが完了します。

この時、コインチェックのアカウントや残高がなければ、商品は買えませんので注意が必要です。

NFTを購入する際に注意すべきポイント

NFTを購入する際に注意すべきポイント

最後にNFTを購入する際に注意すべきポイントは次の通りです。

NFTを購入する際に注意すべきポイント
  • 取引手数料
  • NFTの保管場所
  • コンテンツの著作権

取引手数料

取引手数料

NFTアートを購入するためには、解説した通り仮想通貨が必要になるので、仮想通貨購入時の手数料やNFT購入時の手数料が発生します。

何度も売買するような方は、取引手数料が意外と負担になるので注意が必要です。

例えば、Coincheck NFTでは販売手数料として、販売価格の10%が発生し、出庫手数料として0.01ETHが発生します。

これらのNFT取引にかかる手数料は「ガス代」と言われています。

ガス代が発生するタイミングは次の通りです。

ガス代が発生するタイミング
  • NFTを買う
  • NFTを売る
  • NFTを送る
  • 自分のウォレットからETHを送金する
  • 新しいNFTを発効する

NFTを売買したい人やNFTアートを出品したい方は、ガス代が発生するタイミングを把握しておき、無駄なコストをかけないようにすることが大切です。

NFTの保管場所

NFTの保管場所

購入したNFTアートは、ブロックチェーン内に保管されるのではなく、オフチェーンといってブロックチェーン外で保管することになります。

保管場所はNFTの開発者や発行者によって決められており、多く利用されているのはIPFSや自前のサーバーです。

IPFSとはコンテンツごとにIDを割り振って、IDをトークンのメタデータとしてブロックチェーンに保存しています。

IPFSではプラットフォームが所有しているサーバー上にメタデータが保存されますが、自前のサーバーを利用して保管することも可能です。

データ管理が複雑で初めて利用する方には分かりにくいというデメリットがあるので、できればスマホ用のモバイルウォレットを用意して保管しましょう。

コンテンツの著作権

コンテンツの著作権

NFTを購入する際は、コンテンツの著作権に注意しなければなりません。

NFTコンテンツ自体は、ブロックチェーンに紐づけられて唯一無二の価値が保証されていますが、そもそものコンテンツの著作権が守られているかは分かりません。

また、例え数億円のアートを購入したとしても、外部契約を行わない限り、NFTアートの著作権はオリジナルアーティストに帰属することになります。

購入すれば著作権も含めて、自分のものになる!ということはありませんので、注意が必要です。

まとめ

今回はNFTアートを購入したい方向けに、購入するメリットや購入できるNFTマーケット、購入方法や注意点を解説しました。

NFTアートは現物アートのように唯一無二の価値が保証されて、将来価値が上昇する可能性があります。

NFTアートを購入するには、国内取引所に口座開設を行い、Coincheck NFTなどのマーケットプレイスに仮想通貨を送金し売買してみてください!

初めてNFTを購入する方は、海外のNFTマーケットだと不安があるかと思うので、Coincheck(コインチェック)に口座開設して利用してみてください!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ

 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる