NFTの仕組みや技術とは?ブロックチェーンの可能性や暗号資産との違いを解説

「NFTってどんな仕組みなの?」

「NFTってなぜ注目されているの?」

という疑問がある方向けに、この記事ではNFTの技術や仕組み、注目を集めた背景や問題点、購入方法まで徹底的に解説していきます。

NFTは2022年も大きく注目を集めており、NFTに関連する銘柄は高騰しています。

NFTは非代替性のトークンであり、唯一無二の価値を証明できることからアートやゲームなど様々な分野で活用されています。

そんなNFTに関する情報を網羅的に解説しているので、ぜひ最後までご覧ください!

ざっくり言うと…
  • NFTは唯一無二の価値を証明できる仕組み。
  • NFTは誰でも自由に購入・販売ができる。
  • 著作権や手数料の問題がある。
  • NFTを購入するには仮想通貨取引所とウォレット、NFTプラットフォームが必要。
  • 数ある国内取引所の中でも、おすすめのNFTに対応しているマーケットは、LINE NFT

NFT_仕組み_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

NFTとは?

NFTとは?

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、日本語の意味は非代替性トークンです。

非代替性を簡単に説明すると「唯一無二」ということです。

ブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツの所有者や作成者データを記録することで、唯一無二を証明できる仕組みです。

これまでのデジタルデータは、誰でも違法にダウンロードや複製でき、オリジナルデータの価値を確保することが難しい問題がありました。

しかし、デジタルコンテンツをNFT化してブロックチェーンと紐づけることで唯一無二を証明することができます。

そしてトークンとは、ブロックチェーンで発行した暗号資産のことです。

ブロックチェーンの特徴やメリット

ブロックチェーンの特徴やメリット

ブロックチェーンの非中央集権や透明性、データ管理や非改ざん性、トレーサビリティなどの技術がNFTに活用されています。

デジタル資産の価値はブロックチェーン上に記録され、プラットフォームやゲームが終了しても半永久的に資産を保存できる特徴があります。

また、スマートコントラクトの技術によってNFTが2時流通されても、収益の一部が作成者に還元されます。

イーサリアムとの関係

イーサリアムとの関係

NFTはイーサリアムのブロックチェーン上で取引されていることが大半です。

イーサリアムは仮想通貨でもあり分散型アプリケーションのプラットフォームでもあります。

イーサリアムのプラットフォームを活用してNFTアートやゲームが運営されているので、取引にはイーサリアム(ETH)が多く利用されています。

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産の違い

NFTは非代替性トークンといって、ブロックチェーンで発行された代わりが効かない暗号資産と解説しました。

では、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの暗号資産と全く同じなのかというとそうではありません。

暗号資産は他の暗号資産や現金と交換することができ、通貨として使用可能です。

一方でNFTは直接的に通貨やポイントとして利用できるのではなく、唯一無二の価値を証明できるデータです。

しかし、このデータ自体に資産価値を持たせることができるので、NFTアートやNFTゲームで資産を手に入れて稼げるということです。

NFT 暗号資産
特徴 非代替性トークン 代替可能トークン
意味 同じトークンが存在しない 同じトークンが存在する
分割 不可能 可能
イーサリアム規格 ERC721 ERC20
活用領域 デジタルアート・ゲームアイテムなど 通貨やポイントなど

NFTの技術や仕組み

NFTの技術や仕組み

NFTの技術や仕組みは次の通りです。

NFTの技術や仕組み
  • ブロックチェーンにより唯一無二が証明される
  • 価値が上がる可能性がある
  • 誰でも購入・販売ができる

関連記事:NFTとは?特徴や仕組み・利益を上げる方法・始め方を徹底解説!

ブロックチェーンにより唯一無二が証明される

ブロックチェーンにより唯一無二が証明される

解説した通り、NFTはブロックチェーンにより唯一無二が証明されます。

NFT化されたデータは代替できない特徴があり、不正や改ざんなどのトラブルも発生しません。

この特徴によりNFTゲームでは手に入れたアイテムは唯一無二のコンテンツとなり、アイテムを売買することでゲームで遊びながら稼ぐことができます。

アートやゲーム分野だけでなく、NFTを活用することで様々なビジネスを活性化させることができるでしょう。

価値が上がる可能性がある

価値が上がる可能性がある

ビットコイン(BTC)は誰が持っていても同じ価値ですが、NFTは所有者情報を記録できて、替えの効かない唯一無二のもので、価値が上がる可能性があります。

昨年2021年の1年間のNFT総売上高は約250億ドル(約2.9兆円)で、今後この流れは加速していくことが予想されています。

NFTの活用分野も初期の画像や動画から拡大しており、現在はメタバース上の土地なども取引され価格が急騰しています。

今後もNFT化されたコンテンツは価値が上がる可能性があり、投資対象として注目していても良いでしょう。

誰でも購入・販売ができる

誰でも購入・販売ができる

NFTはトークンといって暗号資産なので、誰でも購入や販売を行えます。

この特徴によって誰でも自分のデジタルコンテンツをNFT化して販売し、稼ぐことが可能です。

NFTアート分野では画像や動画、音楽やTwitterの投稿まで、様々なコンテンツを購入・販売できます。

NFTゲーム分野ではゲーム内のアイテムやキャラクターを売買したり、ゲーム内の土地を不動産のように取引することも可能です。

このように自由に売買できる特徴は、多くのアーティストやコンテンツクリエイターのNFT参入を促すことができ、同時にNFTで稼げる人を増やしました。

関連記事:NFTアートとは?作り方や販売方法|売買の仕方を解説

NFTが注目を集めた背景

NFTが注目を集めた背景

NFTが注目を集めた背景を振り返ると、高額で取引されたNFTアートの存在が大きいです。

NFTアートとは、NFT化された音楽や動画、画像などのデジタルコンテンツのことで、インターネットにアップできるコンテンツはどんなものでもNFT化できる可能性があります。

NFTアートの中でも高額で取引されて有名なのは、ある人物のTwitterのツイートです。

その人物はツイッター社創業者のジャック・ドーシーが最初に投稿したツイートで、なんとオークションで約3億円で落札されました。

他にもアメリカのBeepleというアーティストのNFTアートが約75億円で落札されるなど、高額で取引された例は数多くあります。

「Twitterの投稿がなぜ売れるの?」「どうしてデジタルコンテンツに高額な価格がつくの?」と話題になり、NFTアートやNFT関連銘柄に注目が集まるようになりました。

最初は個人アーティストの作品が目立っていましたが、現在はルイ・ヴィトンやプラダ、カルティエなど高級ファッションブランドがNFTアート市場に参入しています。

NFTの将来性はまだまだこれからなので、国内外、分野問わず様々な企業が続々と参入し始めている状況です。

関連記事:NFTの買い方・始め方を徹底解説|取引所・関連仮想通貨・保管方法なども紹介

NFTの課題や問題点

NFTの課題や問題点

NFTの課題や問題点は次の2つです。

NFTの課題や問題点
  • 著作権の問題
  • 手数料の問題

著作権の問題

著作権の問題

NFTは唯一無二を証明できる非代替性のトークンと解説しましたが、実はNFTにも著作権の問題があります。

どういうことかというと、NFTでは作品と作者が一致しているのか本人確認ができないんです。

つまり、あらかじめ複製されたコンテンツがNFTプラットフォーム上にオリジナルコンテンツとして販売されれば、そのコンテンツが唯一無二として証明されてしまうということです。

また、作者が他のプラットフォーム上に同じ作品をNFT化して販売することで、作品の唯一無二性を失ってしまう問題があります。

つまり、アートの著作権とNFT所有権は別物で、著作権上の問題を起こす可能性があります。

誰でも自由に作成・販売できて稼げるメリットは、著作権侵害を助長するデメリットとなってしまっています。

手数料の問題

手数料の問題

著作権以外にも大きな問題として、手数料が高額という問題があります。

NFT取引の手数料はガス代と言われており、イーサリアムのブロックチェーンを使用する取引の際に発生します。

具体的にはブロックチェーンの取引にはマイナーという取引を処理する作業を行う人が関わっており、ガス代はマイナーへの手数料ということです。

ガス代は次のような様々なタイミングで発生します。

ガス代の発生タイミング
  • 始めて出品するとき
  • 作品へのオファーを受けるとき
  • 作品の販売設定を解除するとき
  • 作品の価格を下げたとき
  • 作品を削除するとき
  • イーサリアムを交換するとき
  • 作品へのオファーをキャンセルするとき
  • 価格設定された作品を買うとき

このガス代はNFT取引の数が増えれば増えるほど高くなる問題もあります。

NFT市場が拡大し、NFTを売買するユーザーが増えれば将来的に更にガス代が高騰する可能性が高いです。

ガス代を抑えるためには、今のガス代の相場を確認しておき、処理速度を低速にしたり、ガス代が安い取引所を利用するようにしましょう。

NFTの購入方法

NFTの購入方法

NFTコンテンツの購入方法は次のような流れです。LINE NFTで取引する場合を例にして解説します。

1.仮想通貨取引所に口座開設をする

NFT_買い方_仮想通貨取引所に口座開設をする

NFTマーケットでは仮想通貨で取引されるので、まずは取引所に口座開設を行います。

LINE BITMAXが初心者でも利用しやすく、簡単に口座開設ができるのでおすすめです。

NFT_買い方_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる

2.ウォレットを作成する

NFT_買い方_ウォレットを作成する

次に仮想通貨の資金管理を行うウォレットを作成します。

ウォレットは「LINE BITMAX wallet」がおすすめです。

NFT_買い方_LINE BITMAX wallet

3.仮想通貨取引所からウォレットに入金する

NFT_買い方_仮想通貨取引所からウォレットに入金する

次に、作成したLINE BITMAX walletにLINE BITMAXで購入したLINK(リンク)を入金します。

LINE BITMAXではLINE Payを使うことで現金でもNFTを買うことができるのでこの作業は必ず必要ではないです。

LINE BITMAXのアカウント画面から「コイン送金」を選択して、作成したLINE BITMAX wallet宛に送金してください。

4.NFTマーケットにログインする

NFT_買い方_NFTマーケットにログインする

次にNFTアートを購入できるマーケットにログインします。

LINE BITMAXに口座開設している方は、LINE NFTが利用しやすいのでおすすめです。

関連記事:NFTマーケットプレイスおすすめ7選と選ぶ際のポイント・注意点を紹介

5.NFTコンテンツを購入する

NFT_買い方_NFTコンテンツを購入する

LINE NFTの購入方法は非常に簡単です。

購入したい商品を選択して「購入」ボタンをクリックすれば完了します。

この時、LINE BITMAXのアカウントや残高がなければ、商品は買えませんので注意が必要です。

まとめ

今回はNFTの仕組みについて、ブロックチェーン技術やイーサリアムとの関係、注目を集めた背景など様々な点から解説しました。

NFTはアートやゲームなど様々な分野での活用がされており、現在は多くの企業が参入し始めている段階です。

NFTを購入して稼ぎたい人はまだまだ遅くありませんので、この記事を参考に購入してみてください!

NFT_仕組み_LINE BITMAX

>>>LINE BITMAXの公式サイトはコチラ<<<

LINE BITAMAXで
仮想通貨を買ってみる