パレットトークン(PLT)とは?特徴や今後の将来性・価格推移を解説!

「パレットトークン(PLT)ってどんな仮想通貨?」

「パレットトークン(PLT)の買い方は?今後の将来性はある?」

という疑問がある方向けに、この記事ではパレットトークン(PLT)の特徴や価格推移、今後の将来性や買い方を解説していきます。

パレットトークン(PLT)は2021年7月29日に取引を開始した新しい仮想通貨で、NFTプラットフォームや国内初のIEO銘柄として、大変注目を集めています。

Coincheck(コインチェック)に上場してから急騰しており、NFT市場の拡大によって今後の将来性が期待されている通貨です。

NFT関連銘柄への投資を検討している方や、IEO投資で利益を上げたい方は、この記事を参考にパレットトークン(PLT)に投資してみてください!

ざっくり言うと…
  • パレットトークン(PLT)はNFTプラットフォームで利用できる通貨。
  • Paletteは手数料が安定し低価格で利用できる。
  • クロスチェーン技術によりイーサリアム(ETH)やIOSTと連携できる。
  • NFT市場の拡大や新規上場によって今後の価格上昇が期待できる。
  • 国内取引所の『Coincheck』に上場しており、ネットから数分で口座開設を行えてサイトデザインがシンプルで使いやすく、初心者から上級者までおすすめの取引所!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

パレットトークン(PLT)とは?

パレットトークン(PLT)とは?

パレットトークン(PLT)とは、PaletteというNFTプラットフォームで利用されている仮想通貨です。

パレットトークン(PLT)を発行し運営しているのは東京本社の「Hashpalette社」です。

Hashpalette社は日本が誇る文化である漫画やアニメ・音楽のためのNFTプラットフォームPaletteを開発しています。

仮想通貨名 パレットトークン
ティッカーシンボル PLT
発行上限 10億枚
発行枚数 2億300万枚
国内取扱取引所 Coincheck(コインチェック)

パレットトークン(PLT)の特徴

パレットトークン(PLT)の特徴

パレットトークン(PLT)の特徴は次の通りです。

パレットトークン(PLT)の特徴
  • NFT関連銘柄
  • 手数料が安定し低価格
  • Palette上の公式ウォレット
  • イーサリアム(ETH)と相互運用が可能
  • ステーキングサービスを受けられる
  • パレットとIOSTの連携
  • 国内初のIEO実施

NFT関連銘柄

NFT関連銘柄

解説した通り、パレットトークン(PLT)はNFTプラットフォームで利用されているNFT関連銘柄です。

NFTとはNon Fungible Token、日本語に直訳すると非代替性トークンという意味で、ブロックチェーン上でコンテンツを自分が所有していると証明する技術になります。

NFT技術を利用することで、アートや音楽などのデジタルコンテンツをブロックチェーン上で安全に所有できるようになりました。

NFT関連銘柄には他にもエンジンコイン(ENJ)やフロウ(FLOW)などたくさんありますが、パレットトークン(PLT)は国内初のIEO実施や、プロジェクトが注目を集めている違いがあります。

2021年に入ってNFT関連銘柄は大きく値を上げており、今後の将来性も高いと注目されています。

手数料が安定し低価格

手数料が安定し低価格

Paletteでは手数料が安定し低価格で利用できる仕組みで作られています。

パレットトークン(PLT)はエンターテイメントでの活用に特化されて開発された仮想通貨なので、イーサリアムなど他のプラットフォームと異なり、利用しやすい特徴があります。

手数料が高ければパレットトークン(PLT)を利用するクリエイターやコンテンツホルダーを増やすことが難しくなるので、手数料の安いPaletteは将来性が高いと言えます。

Pallet上の公式ウォレット

Pallet上の公式ウォレット

パレットトークン(PLT)はアニメや漫画、音楽などのコンテンツが公開されているPalette上の公式ウォレットです。

Paletteではパレットコンソーシアムによってステーキングの仕組みに基づいた分散型のブロックチェーン運用を行なっています。

日本が世界に誇るようなコンテンツがPalette上でNFTとしてデジタル化され、誰でも簡単に売却や購入できます。

パレットトークン(PLT)はイーサリアム(ETH)上で発行され、クロスチェーン技術によってPalette上で利用されています。

イーサリアム(ETH)と相互運用が可能

イーサリアム(ETH)と相互運用が可能

パレットトークン(PLT)はクロスチェーンを利用してイーサリアム(ETH)と相互運用が可能となっています。

クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士を連携させて開発や運用を行う技術です。

クロスチェーン技術によって、それぞれのブロックチェーンが持つ特徴を活用することができ、手数料やセキュリティ問題を回避できます。

他にも流動性や価格安定性にも貢献するので、今後NFT市場が拡大してパレットトークン(PLT)の需要が増した場合でも対応可能です。

ステーキングサービスを受けられる

ステーキングサービスを受けられる

パレットトークン(PLT)を保有しているユーザーは、ステーキングサービスを受けられます。

ステーキングサービスとは、対象の仮想通貨を保有しているユーザーが、そのトークンを預け入れることで報酬を得られるサービスです。

例えるなら、仮想通貨で金利や配当金のようなインカムゲインを得る方法になります。

ただし、パレットトークン(PLT)の保有枚数が少ない場合は、ステーキングでそれほどの利益を得ることは難しいので、Coincheck(コインチェック)でレンディングを利用するのがおすすめです。

レンディングもステーキングと同じように保有している通貨を預けて報酬が貰える仕組みのサービスで、期間によって次のように利率が異なります。

14日間 年率1%
30日間 年率2%
90日間 年率3%
180日間 年率4%
365日間 年率5%

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

パレットとIOSTの連携

パレットとIOSTの連携

NFTに特化されたブロックチェーンであるPaletteとIOSTは2021年9月に提携すると発表しました。

IOSTは独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoBを採用して、DeFi関連銘柄として注目を集めている仮想通貨です。

別のブロックチェーンと互換性を図れるクロスチェーンにより、IOSTとの共同開発が進み、更なるプロジェクトの進展が期待されています。

連携するブロックチェーンは今後も増える予定で、NFTプラットフォームとして利便性が高まることでしょう。

国内初のIEO実施

国内初のIEO実施

パレットトークン(PLT)は国内初のIEOを実施したことから注目を集めています。

IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、企業から依頼を受けた取引所が資金調達を支援することです。

仮想通貨を使って資金調達を行う方法は、他にもICOという方法がありましたが、ICOでは詐欺が横行して信頼性が低いため、現在ではほとんど利用されていません。

IEOはICOの仕組みを改善したもので、取引所にアカウントを持っていれば企業とダイレクトに繋がらなくても資金調達を行えます。

信頼性高く、取引所の利用ユーザーなら誰でも参加できることから、非常に流動性高く資金を集めることができます。

パレットトークン(PLT)の価格推移

パレットトークン(PLT)の価格推移

パレットトークン(PLT)は2021年7月にIEOの申し込みを開始して、7月29日にCoincheck(コインチェック)で取引できるようになりました。

Coincheck(コインチェック)に上場してから90円付近まで急騰し、その後10月ごろまで60円〜90円のレンジで推移しています。

しかし10月に入ってから徐々に値を下げて2021年11月25日現在は48円と50円を下回りました。

上場後は出来高も高く、注目が集まっていましたが、現在は出来高が低く値動きの少ない状態が続いています。

パレットトークン(PLT)の今後の将来性

パレットトークン(PLT)の今後の将来性

パレットトークン(PLT)の今後の将来性を考える上で重要なことは次の通りです。

パレットトークン(PLT)の今後の将来性
  • NFT市場の拡大
  • 国内取引所への上場
  • パレットプラットフォームの参加者増加

NFT市場の拡大

NFT市場の拡大パレットトークン(PLT)の今後の将来性は、NFT市場の拡大が大きく関係しています。

パレットトークン(PLT)はNFTコンテンツを売買できるプラットフォームPaletteの公式ウォレットであり、手数料が低く安定していることからNFTの重要な仮想通貨です。

2021年からNFT市場の拡大は世界規模で続いており、米国でのNFT市場規模は2億5000万ドルと言われています。

NFTのデジタルコンテンツはコピーされないため、唯一無二の価値を保てることから、NFTコンテンツを生み出すデジタルアーティストも増加しています。

NFT市場の拡大とともにPalletの成長、そしてパレットトークン(PLT)の価格も成長していくでしょう。

国内取引所への上場

国内取引所への上場

2021年11月現在、パレットトークン(PLT)はCoincheck(コインチェック)にしか上場していません。

2021年7月29日に取引を開始したばかりの新しい仮想通貨なので、これから国内取引所への上場が進めば、価格に良い影響を与えるはずです。

Coincheck(コインチェック)に上場した際は一気に90円近い価格まで上昇したことから、将来的な上昇余地は非常に大きいと予想できます。

新規上場は取引可能ユーザー数の増加を意味するので、流動性が高まり、価格の上昇と安定化が期待されます。

パレットプラットフォームの参加者増加

パレットプラットフォームの参加者増加

Paletteプラットフォームの参加者が増加すれば、需要増加によりパレットトークン(PLT)の価格は上昇する可能性が高いです。

Paletteは解説した通り、複数のブロックチェーンと相互運用が可能なクロスチェーンに対応し、独自の手数料設計により、手数料の安定化や低価格化を実現しています。

他にもユーザーは暗号資産を意識せずにブロックチェーンサービスを利用することができ、コンテンツホルダー自身もコンセンサスノードとなることでルールメイクに参加できます。

すでに様々な企業と提携しプロジェクトを進めていますが、漫画やアニメ・スポーツ・音楽など様々な業界と提携できることから、今後の成長が期待できます。

プラットフォームの成長に伴い参加者も増加することでしょう。

パレットトークン(PLT)の買い方

パレットトークン(PLT)の買い方

パレットトークン(PLT)はCoincheck(コインチェック)にしか上場していないので、Coincheck(コインチェック)に口座開設を行い購入する必要があります。

Coincheck(コインチェック)

  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」が主要株主!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料!
  • 取り扱い通貨が国内最多!たくさんのアルトコインを取引することができる。

Coincheck(コインチェック)は東証一部上場のマネックスグループが主要株主の大手取引所です。

貸仮想通貨サービス(レンディング)パレットトークン(PLT)で受けることもでき、保有しているだけで売買せずに利益を上げることができます。

通常の投資ではパレットトークン(PLT)を含めて17通貨に投資することができ、最低500円という少額から取引が可能です。

スマホアプリでの取引が行いやすいと人気で、初心者の方でもすぐに使いこなすことができます。

取引手数料と入金手数料が無料で利用できるので、パレットトークン(PLT)を購入するならコインチェックを活用しましょう!

仮想通貨買い方購入Coincheckロゴ
 >>>CoinCheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

CoinCheckで仮想通貨を買ってみる

パレットトークン(PLT) まとめ

今回はNFTプラットフォームの公式ウォレットとして利用されているパレットトークン(PLT)の特徴やこれまでの価格推移、今後の将来性や買い方について解説しました。

パレットトークン(PLT)はNFT市場の拡大や新規上場によって今後の将来性が期待できます。

NFT関連銘柄の価格は上昇しすぎているとも言われていますが、パレットトークン(PLT)は新しく誕生したばかりの通貨なので、まだまだこれからの上昇余地が大きいです。

2021年11月現在はCoincheck(コインチェック)でのみ買うことができるので、この記事を参考に投資してみてください。