仮想通貨ソル(SOL)の買い方や将来性・過去の価格推移を解説

「仮想通貨のソル(SOL)ってどんな通貨?」

「ソル(SOL)の将来性や買い方が知りたい!」

という疑問がある方向けに、この記事ではソル(SOL)の特徴やメリット、過去の価格推移や今後の将来性、買い方を解説していきます。

ソル(SOL)はSolanaというブロックチェーンで利用できるトークンで、Dapps開発と呼ばれる技術を活用した通貨です。

機能面で様々なメリットがあり、スマートコントラクトのプラットフォームとして最も有名なイーサリアムに代わる可能性があると期待されています。

今後の将来性が非常に高い通貨で、買い方も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください!

ざっくり言うと…
  • Solanaは処理速度が速く低コスト。
  • 他のブロックチェーンと相互運用ができる。
  • レイヤー1のみでトランザクションを処理できる。
  • スマートコントラクトで利益を上げられる。
  • ソル(SOL)の購入を検討しているなら、日本の仮想通貨取引所で何らかの仮想通貨を購入した後、海外取引所で購入しましょう。
  • 国内で仮想通貨を取引する際には、サイトデザインがシンプルで使いやすいコインチェックは初心者から上級者までおすすめ!
 

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで 仮想通貨を買ってみる

仮想通貨ソル(SOL)とは?

仮想通貨ソル(SOL)とは?

仮想通貨ソル(SOL)はSolanaというブロックチェーン上で利用されているトークンです。

Solanaは2020年3月に新規公開されたばかりの新しいブロックチェーンで、様々なアプリケーションの開発や利用を支える目的で運用されています。

非常に新しいブロックチェーンとトークンですが、色々な点から注目を集めており、時価総額が急増しています。

ブロックチェーン名 Solana
通貨名 ソル
ティッカーシンボル SOL
現在価格(2022年1月) ¥16,972
時価総額(2022年1月) ¥5,331,884,620,038
時価総額ランキング(2022年1月) 5位

仮想通貨ソル(SOL)のメリット

仮想通貨ソル(SOL)のメリット

仮想通貨ソル(SOL)のメリットは次の通りです。

仮想通貨ソル(SOL)のメリット
  • 処理速度が速い
  • クロスチェーン運用ができる
  • ステーキングサービスがある
  • スマートコントラクト
  • レイヤー1のみで処理できる

処理速度が速い

処理速度が速い

Solanaは処理速度が非常に速いメリットがあります。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)では、スケーラビリティ問題といって、取引を処理しきれない問題がありますが、Solanaは高速処理によって問題を解決しています。

具体的には多くの仮想通貨の3,000倍〜7,000倍の処理速度を実現し、およそ1秒間に50,000のトランザクション処理を行うことが可能です。

加えて、手数料もビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と比べて圧倒的に安く、高い処理速度を支える要因となっています。

速い処理速度と安い手数料によって、近い将来は現在の主要通貨のポジションに置き換わってSolanaが活躍すると考えられています。

クロスチェーン運用ができる

クロスチェーン運用ができる

Solanaはクロスチェーン運用といって、他のブロックチェーンと連携して運用することが可能です。

ビットコイン(BTC)など、以前のブロックチェーンでは互換性がありませんでしたが、Solanaはイーサリアムとのブリッジ機能を発表するなど、相互運用の開発に力を入れています。

他のブロックチェーンはSolanaのブロックチェーンと連携することで、スケーラビリティ問題を解決できる可能性があるため、注目されています。

ステーキングサービスがある

ステーキングサービスがある

Solanaではステーキングサービスを行えます。

ステーキングサービスとは、特定の仮想通貨を保有した状態でブロックチェーンに参加することで、報酬がもらえる仕組みです。

キャピタルゲインといって、安く買って高く売ることが一般的な仮想通貨で利益を上げる方法でしたが、ステーキングサービスを利用すれば、仮想通貨で配当のようなインカムゲインが得られます。

忙しい人で頻繁に売買するのが難しい方でも稼げる方法です。

SolanaはPoH(プルーフ・オブ・ヒストリー)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用し、ステーキングサービスを可能にしています。

スマートコントラクト

スマートコントラクト

Solanaの高速処理と手数料の安さはスマートコントラクトによって実現されています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で様々な契約や手続きを自動で行える仕組みです。

契約手続きにブロックチェーンを利用することで、必要な時間や手数料を抑えることができ、人が介入しないため不正などのトラブルも発生しづらい特徴があります。

これにより信頼性や契約の透明性を獲得でき、プロジェクトへの活用や利用者増加が期待できます。

レイヤー1のみで処理できる

レイヤー1のみで処理できる

Solanaは高速処理と低コストで運用できるため、トランザクション処理をレイヤー1のみで処理できます。

レイヤー1はブロックチェーン内部、レイヤー2はブロックチェーン外部を意味します。

スケーラビリティ問題を抱えているビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)では、レイヤー1のみで処理しきれないため、レイヤー2に頼るしかない状況にあります。

レイヤー2を利用してなんとかスケーラビリティ問題に対処していますが、当然ブロックチェーン外部の処理はセキュリティが脆弱という新たな問題が生まれてしまいます。

Solanaはスケーラビリティ問題がないため、レイヤー1のみで安全に運用できています。

仮想通貨ソル(SOL)の価格推移

仮想通貨ソル(SOL)の価格推移

ソル(SOL)は2020年3月に新規公開されてから、2021年に入るまでほとんど動きはありませんでしたが、1月から5月にかけて大きく上昇しています。

その後、8月から再度大きく上昇し、2021年9月9日に最高値29,367円を記録しました。

2021年から上昇を開始した要因としては、ステーキングサービスの開始や様々なプロジェクトとの提携です。

徐々にSolanaの価値や将来性に注目が集まり、2022年1月現在は時価総額ランキング5位をつけるほど成長しています。

最高値をつけてからビットコイン(BTC)や仮想通貨市場全体の下落が影響し、価格を下げていますが、まだまだ将来性これからの通貨なので、狙い目でしょう。

仮想通貨ソル(SOL)の将来性

仮想通貨ソル(SOL)の将来性

仮想通貨ソル(SOL)の将来性は次の要素が関係してきます。

仮想通貨ソル(SOL)の将来性
  • 有名企業の参加
  • 100以上のプロジェクトと連携
  • 10億人のユーザー獲得

有名企業の参加

有名企業の参加

Solana labsは170億円規模のファンドを立ち上げて、NFTゲーム分野への投資を行うと発表しています。

ブロックチェーンを活用したゲーム市場規模は急拡大しており、世界規模でプレイヤーがアイテムを取引できるコミュニティが作られています。

ゲーム分野での活用に力を入れており、Solanaはこれからの重要なポジションを狙っています。

他にもSolanaがNFTプロジェクトの「Degenerate Ape Academy」を立ち上げ、NFT市場にも参入しています。

NFTアートを購入するためにソル(SOL)が必要になり、プロジェクトに注目が集まれば自然とソル(SOL)の価格も上昇することになります。

Solanaは各分野への積極的な参入と、企業提携によって地位を拡大しています。

100以上のプロジェクトと連携

100以上のプロジェクトと連携

Solanaが公開されてかそれほど時間は経っていませんが、すでに100以上のプロジェクトと連携しています。

提携済みのプロジェクトは次の通りです。

Solana提携済みプロジェクト
  • Audius
  • Serum
  • LoanSnap
  • USDT
  • USDC
  • Arweave
  • Terra
  • Akash Network
  • Civic
  • dFuse

解説した様々なメリットから、Solanaを活用したいと考えるプロジェクトは日々増え続けています。

プラットフォームとしての需要や価値がこれから更に高まっていけば、同時にソル(SOL)の価格も上昇していくことが予想できます。

10億人のユーザー獲得

10億人のユーザー獲得

Solanaを開発したSolana labsは将来的に10億人のユーザーを獲得することを目標と発表しています。

Solana labsは約344億円の資金調達を行い、事業拡大を目的に韓国へ20億円以上の投資を計画しています。

Solanaを利用するメリットや他のブロックチェーンと連携できる特徴、高速処理や低コストなどの機能性を考えると、10億人のユーザーも不可能な目標ではないかもしれません。

実際に10億人のユーザーを集めた場合でも、処理やコスト面に問題は起きないとも予想されています。

仮想通貨ソル(SOL)の買い方

仮想通貨ソル(SOL)の買い方

最後に仮想通貨ソル(SOL)の買い方を紹介します。

仮想通貨ソル(SOL)の買い方
  • Coincheck(コインチェック)に口座開設をする
  • Coincheck(コインチェック)でビットコイン(BTC)を購入する
  • 海外取引所でソル(SOL)を購入する

ソルを直接購入できる海外取引所と分散型取引所は次の通りです。

ソルを直接購入できる取引所
  • Binance
  • FTX
  • Huobi Global
  • OKEx
  • CoinEx
  • Serum
  • Raydium

Coincheck(コインチェック)に口座開設をする

Coincheck(コインチェック)に口座開設をする

海外の取引所で直接購入する方法が最も簡単ですが、海外取引所では日本円が利用できないので、まずは国内取引所でビットコイン(BTC)を購入する必要があります。

国内取引所で口座開設がしやすく、スマホダウンロード数No.1のCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

Coincheck(コインチェック)の口座開設手順は次の通りです。

“Coincheck(コインチェック)の口座開設手順”
  1. メールアドレスとパスワードの設定
  2. 本人確認書類の提出
  3. 電話番号認証
  4. 二段階認証の設定

Coincheck(コインチェック)の口座開設を行うには次の3つが必要になるので用意いておきましょう。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

メールアドレスは無料のフリーアドレスで全く問題ありません。

次に本人確認書類は下記の中から1つ用意します。

  • 運転免許証(表面/裏面)
  • パスポート(顔写真欄/所持人記入欄)
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 住民基本台帳カード(表面/裏面)
  • 運転経歴証明書(表面/裏面)

最後に銀行口座は日本円の入出金を行う際に必要になります。

Coincheck(コインチェック)は国内最多の取り扱い通貨数で、最小500円からビットコイン(BTC)を購入できるので、初めて利用する方に最適な取引所です!

 

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで 仮想通貨を買ってみる

Coincheck(コインチェック)でビットコイン(BTC)を購入する

Coincheck(コインチェック)でビットコイン(BTC)を購入する

Coincheck(コインチェック)に口座開設を行って日本円の入金を行えたら、ビットコイン(BTC)を購入しましょう!

なぜビットコイン(BTC)を購入するかというと、海外取引所でソル(SOL)の購入に使用するからです。

Coincheck(コインチェック)でのビットコイン(BTC)の購入は金額を指定して買うこともできますし、通貨数量で指定することもできます。

500円から購入できるので、まずは試しに購入してみてください!

海外取引所でソル(SOL)を購入する

海外取引所でソル(SOL)を購入する

Coincheck(コインチェック)でビットコイン(BTC)を購入できたら、海外取引所の自分のアドレス宛に送金します。

送金時の注意点は送金先のアドレスを絶対に間違えないことです。

間違えてしまうと、送金した通貨を取り戻すことができない可能性が高いので、まずは少額から送金して間違いがないか確認してから送金することをおすすめします。

まとめ

今回は仮想通貨ソル(SOL)とSolanaについて、ブロックチェーンの特徴やメリット、過去の価格推移と今後の将来性、買い方を解説しました。

ソル(SOL)はまだ新しい通貨ですが、時価総額ランキング5位になるほど現在注目されています。

処理速度の速さや手数料の安さから、様々なプロジェクトや分野での活用が期待できます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と相互運用を行い、スケーラビリティ問題を解決できる可能性もあります。

ソル(SOL)を購入するには、海外取引所にビットコイン(BTC)を送金する必要あるので、国内取引所のCoincheck(コインチェック)に口座開設を行ってビットコイン(BTC)を用意してみてください!

Coincheck(コインチェック)の口座開設はスマホから簡単に行えます!

 

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで 仮想通貨を買ってみる