本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

ステラルーメン(XLM)の今後は?2030年までの価格予想や将来性、買える取引所などを解説

ステラルーメン(XLM)の今後は?

  • ステラルーメン(XLM)の今後は、どうなる?
  • 2030年までにいくらになるか、価格予想や将来性を知りたい……

ステラルーメン(XLM)は、2014年にリリースされてから何度か高騰したことがある仮想通貨です。

しかし今後も同じような高騰で100円以上になるかどうかが分からず、投資しようか迷ってはいないでしょうか?

そこでこの記事では、ステラルーメン(XLM)の特徴から2030年までの価格予想や将来性、買える取引所などを解説していきます。

ステラルーメン(XLM)に興味があるなら、今後の価格予想や将来性を理解してから購入を検討しましょう。

この記事をざっくり言うと……
  • ステラルーメン(XLM)は、海外送金の手数料を低額に抑えることを目指した仮想通貨
  • 過去にビットコインバブルウクライナの提携などで高騰
  • 価格予想サイトでは、2030年に$0.51(約70円)~$10(約1,370円)になると予想
  • 今後は有名企業や国との提携、「ステラウォーク」の普及などで将来性がある
  • ステラルーメン(XLM)購入におすすめの取引所はコインチェック

\ 3年連続アプリDL数No.1! /

>> Coincheck公式サイト <<

※この記事では、金融庁からの認可を受けており、関東財務局長日本暗号資産取引業協会会員に登録されている仮想通貨取引所のみを紹介しています。

目次

ステラルーメン(XLM)の特徴は5つ

ステラルーメン(XLM)公式サイトのトップ画像
ステラルーメン(XLM)公式サイト
通貨名(通貨単位)ステラルーメン(XLM)
シンボルXLM
リリース日2014年8月
価格(2023年8月最新)21.73円
時価総額(2023年8月)496,458,067,320円
時価総額ランキング(2023年8月)29位
発行上限約500億XLM
取扱取引所コインチェック
DMM Bitcoin
など
公式サイト公式HP
ステラルーメン(XLM)のデータ(2023年8月時点)

ステラルーメン(XLM)は、ジェド・マケーレブ氏によって構想・開発された仮想通貨です。

ジェド・マケーレブ氏は、リップル(XRP)の共同出資者。

個人間で海外送金する場合、多額の手数料を銀行に支払う必要があります。

しかし、海外送金の手数料をどうにか低額で素早く決済したいという目的で開発がスタートしたのがステラルーメン(XLM)です。

その結果、2014年8月にブラジルの仮想通貨取引所「Mercado Bitcoin」にて、初めて上場を果たしています。

ステラルーメン(XLM)の特徴は、5つあります。

ステラルーメン(XLM)の特徴5つ
  1. 非営利団体(NPO)によって運営されている
  2. 中央集権的な仮想通貨
  3. 「SCP」採用により決済スピードが早い
  4. 海外送金よりも送金手数料が安い
  5. 新規発行は終了済み

特徴1:非営利団体(NPO)によって運営されている

ステラルーメン(XLM)の運営・管理・開発は、非営利団体(NPO)の「ステラ開発財団(SDF:Stellar Development Foundation)」が行っています。

非営利団体(NPO)とは、「NonProfitOrganization」の略で、収益を目的とせず、様々な社会貢献活動を行う団体のこと。

非営利団体(NPO)は、営利目的の活動は一切禁止されています。

仮に企業と同じように利益を求めるようであれば、自分たちに有利となるように管理や開発が進められる恐れがあるため、ステラルーメン(XLM)の透明性は失われるでしょう。

しかし、非営利団体(NPO)であれば純粋に社会のために活動することがはっきりしているため、ステラルーメン(XLM)の透明性は守られると言えます。

特徴2:中央集権的な仮想通貨

ステラルーメン(XLM)は、ステラ開発財団によって中央集権的に管理されています。

中央集権的な管理であれば、プロジェクトの中心メンバーだけで開発方針や今後の目標などを素早く決定できます。

しかし他の多くの仮想通貨では、管理者がいない非中央集権的な管理から合意制で物事を決定するため、意思決定が遅くなりがちです。

ビットコイン(BTC)は多数決で意思決定を行うため、実際の行動に時間がかかる。

ですが、ステラルーメン(XLM)ならステラ開発財団の中心メンバーだけで意思決定するので、他の仮想通貨よりもスムーズに管理や開発が進められると言えます。

特徴3:「SCP」採用により決済スピードが早い

「SCP」とは「Stellar Consensus Protocol」の略で、ステラルーメン(XLM)独自のコンセンサスアルゴリズムのことです。

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨がどのような方法でブロックチェーンにブロックを追加するかというルールのこと。

ステラルーメン(XLM)は「SCP」を採用することにより、決済スピードを速くしています。

ビットコイン(BTC)などが採用しているPoW(コンセンサスアルゴリズムの一種)だと、一つのノードに処理が集中して遅延が発生しやすいため、決済に時間がかかるという問題があります。

ノードとは、仮想通貨のネットワーク上につながれたパソコンやスマホなどの端末機器のこと。

しかし、「SCP」なら信頼できるノードに決済のチェックを一任させることによって、決済スピードを速くすることができるのです。

特徴4:海外送金よりも送金手数料が安い

ステラルーメン(XLM)を使えば、個人間で海外送金をする際に発生する送金手数料が安くできます。

通常、個人間で海外送金をすると、送金手数料が高くなりがちです。

なぜなら、各銀行がSWIFTを介して送金や着金をするため、その間に様々な手数料が発生するからです。

SWIFTとは「Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication」の略で、銀行間の国際金融取引を仲介する共同ネットワークのこと。

手数料の種類内容
送金手数料送金側の銀行で発生する手数料
受取手数料受取側の銀行で発生する手数料
中継銀行手数料送金時に中継する銀行で発生する手数料
為替手数料通貨の両替時に発生する手数料
リフティングチャージ通貨を両替せずに、そのまま送金するときに発生する手数料
SWIFTを介して送金する時に発生する手数料一覧

ですが、ステラルーメン(XLM)を利用すれば、上記のような手数料は一切かかりません。

というのも、送金はステラルーメン(XLM)のネットワークを介して行うからです。

例えば、日本からユーロ圏へ送金する場合、

  1. 円をステラルーメン(XLM)に換金
  2. ステラルーメン(XLM)をユーロに換金

という2ステップを踏むだけなので、送金手数料は0.00001XLM(約0.0002円)のみとなります。

つまり、ステラルーメン(XLM)を利用すれば、海外送金よりも格安で送金できるのです。

特徴5:新規発行は終了済み

ステラルーメン(XLM)は、2019年10月に行われたコミュニティ投票によって新規発行の終了を決定しています。

そのため2022年8月時点で、現存するステラルーメン(XLM)は全部で「約500億XLM」であり、内訳は以下の通りです。

内訳枚数
公開市場約200億XLM
ステラ開発財団の保有約300億XLM
ステラルーメン(XLM)の内訳

公開市場、つまり市場に出回っている数が全体の40%に当たる「約200億XLM」です。

しかし、ステラ開発財団の保有数が全体の60%に当たる「約300億XLM」なので、ステラ開発財団の影響力が大きいと言えます。

実際、ステラルーメン(XLM)の公式サイトで「今後数年間で公開市場に参入する」と宣言しているため、今後ステラ開発財団の動向によっては価格に大きな影響を及ぼすことは必至です。

200億ルーメン近くが一般市場に出ており、残りの300億ルーメンほどは、ステラ開発財団がステラの開発・普及のために保有しています。これらのルーメンは、今後数年の間に一般市場に出回る予定です。

出典:ステラルーメン(XLM)公式サイト

ステラルーメンはコインチェックなどで購入することができます。

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ

ステラルーメン(XLM)の価格推移を全期間の過去チャートから解説

ステラルーメン(XLM)価格推移を全期間の過去チャートから解説の画像

ステラルーメン(XLM)は、2014年8月にブラジルの仮想通貨取引所である「Mercado Bitcoin」で上場して以来、何度か高騰や下落を繰り返しています。

ここからは、価格推移を全期間の過去チャートから解説していきます。

ステラルーメン(XLM)の価格推移
  • 2018年1月:ビットコインバブルに連動
  • 2020年11月:米大統領選で仮想通貨寄りのバイデン氏が勝利
  • 2021年1月:ウクライナ政府とステラ開発財団の提携で価格上昇
  • 2021年2月:USDCの取引可能発表で価格上昇が加速
  • 2021年5月:テスラのビットコイン取引停止により下落

2018年1月:ビットコインバブルに連動

2018年1月のステラルーメン(XLM)の価格推移

2018年1月にステラルーメン(XLM)の価格は、約3円から約129円と約43倍に高騰し、史上最高値を記録しました。

この高騰は、2017年12月にビットコイン(BTC)で約254万円という、当時の史上最高値を付けた「ビットコインバブル」と連動して上昇したからです。

ビットコイン(BTC)の史上最高値は、その後2021年11月に約777万円と更新しています。

当時は仮想通貨であればどの銘柄もビットコイン(BTC)に連動していたため、ステラルーメン(XLM)もその影響を受けたと考えられます。

2020年11月:米大統領選で仮想通貨寄りのバイデン氏が勝利

2020年11月のステラルーメン(XLM)の価格の画像
2020年11月のステラルーメン(XLM)の価格推移

2020年11月にステラルーメン(XLM)の価格は、約8円から約21円と約2.6倍に上昇しました。

上昇した理由は、同時期に実施された米大統領選で仮想通貨寄りのバイデン氏が勝利したからです。

2020年の米大統領選で民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が当選を確実にしたと、米複数主要メディアが7日に伝えた。
(中略)
また、バイデン氏の選挙陣営がこれまで仮想通貨デリバティブ取引所FTXのCEOを務めるSam Bankman-Fried氏から520万ドル(約5.3億円)の寄付金を受けていたことも、新政権が仮想通貨政策に有利となる布石だと見られている。
(中略)
一方、これまでトランプ政権は仮想通貨に対してはリスクを懸念するスタンスを取ってきた。去年、トランプ大統領は自身のツイッターで「不正取引などで使われている懸念がある」と批判。ムニューシン財務長官も、ビットコインなどの仮想通貨を利用した不正行為は「国家安全保障上の問題」にあたると指摘している。

出典:COINPOST

仮想通貨を否定するトランプ氏とは違い、バイデン氏は大手取引所のFTXから520万ドル(約5.3億円)の寄付金を受けています。

FTXとは、2019年5月に設立されたバハマに本社を置く世界有数の仮想通貨取引所のこと

バイデン氏が当選したことによって、仮想通貨寄りの政策がなされるという期待から、ステラルーメン(XLM)の価格が上昇したと考えられます。

2021年1月:ウクライナ政府とステラ開発財団の提携で価格上昇

2021年1月のステラルーメン(XLM)の価格推移の画像
2021年1月のステラルーメン(XLM)の価格推移

2021年1月にステラルーメン(XLM)の価格は、約13円から約35円と約2.7倍に上昇しました。

上昇した理由は、同時期にウクライナ政府とステラ開発財団(SDF)が提携し、CBDCなどの共同開発を発表したからです。

CBDCとは「中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)」の略で、中央銀行が発行しているデジタル通貨のこと。

東欧国ウクライナのデジタル改革省がデジタル通貨(CBDC)および仮想資産のエコシステムを構築するため、暗号資産(仮想通貨)ステラ(XLM)の開発を行うステラ開発財団(SDF)と覚書を締結した。

出典:COINPOST

ステラルーメン(XLM)のブロックチェーンが始めて国に認められたケースだったため、価格が上昇したと考えられます。

2021年2月:USDCの取引可能発表で価格上昇が加速

2021年2月のステラルーメン(XLM)の価格推移
2021年2月のステラルーメン(XLM)の価格推移

2021年2月にステラルーメン(XLM)の価格は、約45円から約80円と約1.8倍に上昇しました。

上昇した理由は、同時期にUSDCがステラルーメン(XLM)のネットワークで取引可能になったと発表されたからです。

USDCとは「USD Coin」の略で、米ドルのステーブルコインのこと。

2021年2月2日 – CircleとStellar Development Foundation(SDF)は、本日、USDCがStellarネットワーク上で稼動したことを発表しました。

出典:ステラルーメン(XLM)公式サイト

米ドルは、世界中の取引で使われる基軸通貨として普及しています。

そのため今後、米ドル取引でステラルーメン(XLM)の利用価値が高まる期待から、価格が上昇したと考えられます。

2021年5月:テスラのビットコイン取引停止により下落

2021年5月のステラルーメン(XLM)の価格推移
2021年5月のステラルーメン(XLM)の価格推移

2021年5月からステラルーメン(XLM)の価格は、約80円から約15円に下落しています。

下落した原因は、テスラが自社の電気自動車の購入時にビットコイン(BTC)を使うことを停止したからです。

米テスラは12日、暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を使った電気自動車(EV)などの購入手続きを一時停止したと発表した。

出典:日本経済新聞

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨をマイニングする場合、パソコンで多大な電力を消費します。

マイニングとは「採掘」という意味で、仮想通貨のブロックを新たに生成して報酬として仮想通貨をもらうこと。

テスラは電力生産で多くの化石燃料が使用される点から、環境への負荷を懸念して中止したとされています。

ステラルーメン(XLM)はいくらまで上がる?2030年までの価格予想を5つ紹介

ステラルーメン(XLM)2030年までの価格予想を5つ紹介の画像

2030年までに、ステラルーメン(XLM)の価格がいくらまで上がるかを4つの価格予想サイトで確認したので、ご紹介します。

ステラルーメン(XLM)の価格予想サイト
  1. Walletinvestor
  2. PricePrediction
  3. DigitalCoinPrice
  4. TechNewsLeader
  5. CryptoandFire
時期WalletinvestorPricePredictionDigitalCoinPriceTechNewsLeaderCryptoandFire
2023年$0.17$0.22$0.17$0.26$2
2024年$0.21$0.30$0.17$0.36
2025年$0.25$0.43$0.21$0.53$5
2026年$0.29$0.62$0.20$0.77
2027年$0.32$0.91$0.27$1.16
2028年$1.32$0.35$1.70
2029年$1.82$0.46$2.39
2030年$2.65$0.51$3.44$10
各予想サイトのステラルーメン(XLM)の価格予想

2030年で最も高い予想はCryptoandFireの$10(約1,370円)なので、今後100円以上になる可能性があります。

予想1:Walletinvestorの価格予想

Walletinvestorの公式サイトのトップ画像
出典:Walletinvestor

Walletinvestorとは、2017年からAIによって仮想通貨の価格予想を行っているサイトです。

2030年までのステラルーメン(XLM)の価格予想は、以下の通りです。

時期価格予想
2023年$0.17
2024年$0.21
2025年$0.25
2026年$0.29
2027年$0.32
Walletinvestorによるステラルーメン(XLM)の価格予想

現在のステラルーメン(XLM)の価格は$0.08(11.02円)ですが、2027年には$0.32(約44円)になると予想しています。

時点で購入しておけば、5年後の2027年には約2.9倍となります。

予想2:PricePredictionの価格予想

PricePrediction公式サイトのトップ画面
出典:PricePrediction

PricePredictionとは、深層学習分析によって仮想通貨の価格予想を行っているサイトです。

2030年までのステラルーメン(XLM)の価格予想は、以下の通りです。

時期価格予想
2023年$0.22
2024年$0.30
2025年$0.43
2026年$0.62
2027年$0.91
2028年$1.32
2029年$1.82
2030年$2.65
PricePredictionによるステラルーメン(XLM)の価格予想

現在のステラルーメン(XLM)の価格は$0.08(11.3円)ですが、2030年には$2.65(約363円)になると予想しています。

時点で購入しておけば、8年後の2030年には約24倍となります。

予想3:DigitalCoinPriceの価格予想

DigitalCoinPriceのトップ画面
出典:DigitalCoinPrice

DigitalCoinPriceは、2017年から仮想通貨の価格追跡を行っているサイトです。

2030年までのステラルーメン(XLM)の価格予想は、以下の通りです。

時期価格予想
2023年$0.17
2024年$0.17
2025年$0.21
2026年$0.20
2027年$0.27
2028年$0.35
2029年$0.46
2030年$0.51
DigitalCoinPriceによるステラルーメン(XLM)の価格予想

現在のステラルーメン(XLM)の価格は$0.08(11.3円)ですが、2030年には$0.51(約70円)になると予想しています。

時点で購入しておけば、8年後の2030年には約4.5倍となります。

予想4:TechNewsLeaderの価格予想

TechNewsLeaderのトップ画面
出典:TechNewsLeader

TechNewsLeaderとは、2016年から仮想通貨の情報を提供しているニュースサイトです。

2030年までのステラルーメン(XLM)の価格予想は、以下の通りです。

時期価格予想
2023年$0.26
2024年$0.36
2025年$0.53
2026年$0.77
2027年$1.16
2028年$1.70
2029年$2.39
2030年$3.44
TechNewsLeaderによるステラルーメン(XLM)の価格予想

現在のステラルーメン(XLM)の価格は$0.08(11.3円)ですが、2030年には$3.44(約470円)になると予想しています。

時点で購入しておけば、8年後の2030年には約30倍となります。

予想5:Cryptoandfireの価格予想

CryptoandFireのトップ画面
出典:CryptoandFire

CryptoandFireは、2020年から仮想通貨の情報発信をしているサイトです。

2030年までのステラルーメン(XLM)の価格予想は、以下の通りです。

時期価格予想
2023年$2
2025年$5
2030年$10
CryptoandFireによるステラルーメン(XLM)の価格予想

現在のステラルーメン(XLM)の価格は$0.08(11.3円)ですが、2030年には$10(約1,370円)になると予想しています。

時点で購入しておけば、8年後の2030年には約87倍となります。

ステラルーメンはコインチェックなどで購入することができます。積立やレンディングなどのサービスを併用して効率よく運用することが可能です。

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ

ステラルーメン(XLM)に将来性はないのか?今後の将来性は4つ

ステラルーメン(XLM)将来性はない?今後の将来性4つの画像

ステラルーメン(XLM)に将来性がないかどうかを検討できるよう、ここからは将来性を4つご紹介します。

ステラルーメン(XLM)の今後の将来性4つ
  1. 有名企業や国との提携
  2. 歩くだけで稼げるアプリ「ステラウォーク」
  3. アフリカの「AkonCity構想」
  4. 世界統一通貨の可能性

将来性1:有名企業や国との提携

ステラルーメン(XLM)を開発しているステラ開発財団は、有名企業や国と提携を結んでいます。

ステラ開発財団と提携している有名企業や国
  • IBM
  • TEMPO
  • Stripe
  • ウクライナ
  • ブラジル など

特に、IBMとウクライナ、ブラジルとの提携が影響度として大きいです。

IBMとは、世界170カ国以上でビジネスを展開しているグローバルIT企業のこと。

IBMとは2017年10月から提携を結び、その後「IBM Blockchain World Wire」と呼ばれる国際的な送金ネットワークを開発しました。

また2021年1月にウクライナ、2022年にブラジルと提携し、中央銀行デジタル通貨としてステラルーメンのブロックチェーンを採用しています。

ステラ(Stellar/XLM)は2022年5月24日に、ラテンアメリカ最大の暗号資産取引所である「Mercado Bitcoin」が、ブラジルの中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発プロジェクトに参加するために「ステラ開発財団(Stellar Development Foundation/SDF)」と提携したことを発表しました。

出典:BITTIMES

今後、有名企業や国が上記の提携に続く形でさらに提携が進めばステラルーメン(XLM)の利用が多くなるので、価格上昇が期待できます。

将来性2:歩くだけで稼げるアプリ「ステラウォーク」

ステラウォークの紹介画像
出典:App Store

「ステラウォーク」とは、歩くだけでステラルーメン(XLM)が獲得できるiPhone専用アプリのこと。

歩くだけで仮想通貨がもらえるアプリは既に何種類かありますが、ステラウォークは他のアプリよりも優れている点として下記が挙げられます。

ステラウォークが優れている点
  • 初期投資なしで始められる
  • 既に上場しているステラルーメン(XLM)に換金できる

歩くだけで仮想通貨がもらえるアプリには、STEPN(ステップン)のように専用靴を購入する必要があったり、Aglet(アグレット)のように換金できないポイントが付与されたりなどの問題点があります。

しかしステラウォークなら、無料のアプリをダウンロードするだけでスタートできたり、ステラルーメン(XLM)を介して換金できたりなど、メリットが多いです。

具体的には、下記の歩数まで歩くとカプセルが入手でき、このカプセルから「ジェム」と呼ばれるステラルーメン(XLM)と交換できるポイントがもらえます。

カプセルが入手できる歩数
  • 1,500歩
  • 3,000歩
  • 5,000歩
  • 8,000歩

また、カプセルからジェムを入手する際に広告を見るかどうかを選択しますが、そのまま広告を見れば入手できるジェムが2倍になります。

仕組みとしては、ユーザーが広告を見ることによってアプリ開発者に広告料が支払われるので、その一部がステラルーメン(XLM)としてユーザーに配布されるとしています。

iOS、Androidどちらからもインストール可能です。

ステラウォークは無料で、かつステラルーメン(XLM)にすぐ交換できるアプリなので、その気軽さから今後普及する可能性が高いでしょう。

将来性3:アフリカの「AkonCity構想」

AikonCityの完成予想図の画像
AkonCityの完成予想図(出典:Yahoo! JAPANニュース)

AkonCity(エイコンシティ)構想とは、R&BシンガーソングライターのAKONが、アフリカのセネガルで建設を計画している未来都市構想のことです。

AkonCityでは、ステラルーメン(XLM)のブロックチェーン技術で開発した独自の仮想通貨「Akoin」を流通させて、日用品などの取引を行うとしています。

R&Bシンガーソングライターでありながら、音楽プロデューサー・実業家・慈善家でもあるAKON(エイコン)氏は、仮想通貨を様々なサービスに活用した未来都市「AKON CITY(エイコン・シティ)」をセネガルに設立するプロジェクトを進めており、今年1月には”セネガルでAKON CITYを建設すること”を約束する覚書に正式に署名が行われたことが報告されています。
このプロジェクトでは「Akoin」と呼ばれる仮想通貨が使用されることが明らかにされていましたが、本日29日には”Akoinがステラ(Stellar/XLM)のブロックチェーン技術を用いて発行されること”が発表されています。

出典:BITTIMES

アフリカでは人口の65%以上が25歳未満で、かつ銀行口座を持たずに送金などのあらゆることをスマホで済ませています。

もしAkonCity構想が上手くいけば、これを機にアフリカ全土へステラルーメン(XLM)の利用が広がって需要も高まるため、価格上昇が期待できます。

将来性4:世界統一通貨の可能性

元々、ステラルーメン(XLM)は世界中のすべての金融システムを1つのネットワークで処理できることを目指して開発されています。

Stellar は、通貨と支払いのためのオープンソース ネットワークです。Stellar を使用すると、ドル、ペソ、ビットコインなど、あらゆる形式の通貨のデジタル表現を作成、送信、取引することができます。世界中のすべての金融システムが1つのネットワーク上で連携できるように設計されています。

出典:ステラルーメン(XLM)公式サイト

そのため今後の開発次第では、本当に世界統一通貨として世界中に普及する可能性があります。

なぜなら、ステラルーメン(XLM)はブリッジ通貨と同じ働きを持つからです。

ブリッジ通貨とは、2つの通貨をつなぐ橋渡しとなる通貨のこと。

例えば銀行経由で海外送金する場合、様々な手数料が発生したり、着金までに何日も要したりなど、コストも時間もかかってしまいます。

しかしステラルーメン(XLM)なら、費用は送金手数料の0.00001XLM(約0.0002円)のみで、送金は約2~5秒で完了するのです。

このような特徴から、ステラルーメン(XLM)は世界統一通貨になる可能性があるため、流通量が増えれば今後価格が上昇する可能性が高いと言えます。

ステラルーメン(XLM)が買える取引所3選

ステラルーメン(XLM)が買える取引所3選の画像

ここからは、ステラルーメン(XLM)が買える取引所を3つご紹介します。

ステラルーメン(XLM)が買える取引所3選
  1. Coincheck
  2. DMM Bitcoin
  3. GMOコイン

第1位:Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 「取引手数料」無料で、500円からステラルーメン(XLM)が購入できる
  • 仮想通貨の取扱数は19種類
  • DL数476万回を突破したスマホアプリが高機能で使いやすい

IOSTステラルーメン(XLM)が買える取引所の第1位は『Coincheck』です。

Coincheckならステラルーメン(XLM)を含めた19種類もの銘柄を「取引手数料」無料で、500円から購入できます。

また、470万DLを達成したスマホアプリも使いやすいです。

スマホアプリのチャートは見やすく取引しやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作できます。

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
  • ポルカドット(DOT)
  • フィナンシェトークン(FNCT)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • シンボル(XYM)*送金のみ可能
  • 計23種類
取引手数料 無料*PLT・ETCを除く
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
Coincheckの取引形式には「販売所形」と「取引所形式」があります。 ETC・PLT・XYMを除くすべての通貨で積立も可能です。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

\ 3年連続アプリDL数No.1! /

>> Coincheck公式サイト <<

第2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • DMM FXやDMM 株を展開している「DMMグループ」のため安心。
  • 現物取引はもちろん、25種類もの暗号資産で「レバレッジ取引」も可能
  • 取引手数料や入金・出金・送金手数料も全て無料 ※BitMatch手数料は除く
DMM Bitcoinの取引ツール画像

ステラルーメン(XLM)が買える取引所の第3位はDMM Bitcoinです。

数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持ち、FX口座開設数国内No.1を誇るため、安心して利用できます。

また現物取引はもちろん、ステラルーメン(XLM)を含めた25種類もの暗号資産でレバレッジ取引ができます。

取引手数料に加えて、「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料です。※BitMatch手数料を除く

今なら、「新規口座開設完了で、全員にもれなく”即時”2,000プレゼント!」を実施中です。

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • エイダコイン(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ポルカドット(DOT)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • シンボル(XYM)
  • チリーズ(CHZ)
  • アバランチ(AVAX)
  • テゾス(XTZ)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
  • フレア(FLR)
  • ニッポンアイドルトークン(NIDT)
  • 計27種類
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
DMMビットコインのキャンペーン情報に関する画像

※期間:2023年8月1日(火)午前7時00分~2023年10月1日(日)午前6時59分

\ ボーナスでお得に仮想通貨取引を始める /

>> DMMビットコイン公式サイト <<

第3位:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 24種類の仮想通貨が売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • ステラルーメン(XLM)を含む10種類の通貨で「レバレッジ取引」が可能

ステラルーメン(XLM)が買えるオススメ取引所の第2位は『GMOコイン』です。

東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を、親会社に持つ取引所でもあります。

「販売所」「取引所」の両方が可能なため、取引の自由度は高いです。

また、ステラルーメン(XLM)などを含む10種類の仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能なため、大きな利益を狙った取引もできます。

さらに今なら、「暗号資産の購入で毎日10人に1,000円が当たる」キャンペーンも実施中です。

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ソラナ(SOL)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ファイルコイン(FIL)
  • ザ・サンドボックス(SAND)
  • チリーズ(CHZ)
  • アスター(ASTR)
  • 計23種類
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) ×
コスモス(ATOM) ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) ×
メイカー(MKR) ×
ダイ(DAI) ×
チェーンリンク(LINK) ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、23種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

\ 手数料無料で安心のGMOグループ運営! /

>> GMOコイン公式サイト <<

ステラルーメン(XLM)に関するQ&A

ステラルーメン(XLM)Q&Aの画像

ステラルーメン(XLM)に関するQ&Aをまとめました。

ステラルーメン(XLM)に関するQ&A
  1. ステラルーメン(XLM)とリップル(XRP)の違いは?
  2. ステラルーメン(XLM)に将来性はない?
  3. ステラルーメン(XLM)は今後100円まで上昇する?
  4. ステラルーメン(XLM)の史上最高値は?

ステラルーメン(XLM)とリップル(XRP)の違いは?

ステラルーメン(XLM)とリップル(XRP)は、素早くかつ格安で決済することを目的にしている点は同じです。

しかし対象にしている人や機関が異なり、違いは以下の通りです。

仮想通貨違い
ステラルーメン(XLM)発展途上国(アフリカなど)の個人決済向け
リップル(XRP)企業や法人の銀行間取引向け
ステラルーメン(XLM)とリップル(XRP)の違い

ステラルーメン(XLM)は、アフリカなどの発展途上国で個人決済を円滑に行えることを目的としています。

対してリップル(XRP)は、企業や法人間で行われる大口の銀行間取引を円滑に行えることを目的にしています。

ステラルーメン(XLM)に将来性はない?

ステラルーメン(XLM)に将来性はあります。

理由は、IBMなどの有名企業との提携ウクライナなどの国との提携などがあるからです。

また個人間で安くかつ素早く決済できる点から、世界統一通貨として世界中に広がる可能性もあります。

ステラルーメン(XLM)は今後100円まで上昇する?

ステラルーメン(XLM)は、2028年に$1.32(約181円)、2030年に$10(約1,370円)まで上昇するという予想があります。

そのため、長期的に見れば100円まで上昇する可能性は高いと言えます。

ステラルーメン(XLM)の史上最高値は?

ステラルーメン(XLM)の史上最高値は、2018年1月4日の128.47円です。

ステラルーメン(XLM)の今後|まとめ

この記事をまとめると……
  • 過去のビットコインバブルに連動して、史上最高値で約129円と約43倍まで上昇したことがある
  • 2030年に$10(約1,370円)となる予想があるので、今後1,000円以上になる可能性がある
  • 有名企業や国との提携アフリカなどの発展途上国での普及が有望視されているので、将来性はある
  • ステラルーメン(XLM)が買えるおすすめの取引所は『Coincheck
  • キャンペーンを使ってお得にステラルーメンを買うのがおすすめ

\ 3年連続アプリDL数No.1! /

>> Coincheck公式サイト <<

ステラルーメン(XLM)は、リップル(XRP)よりも個人間決済に力を入れて開発された仮想通貨なので、今後アフリカなどの人口の多い発展途上国で普及すれば、爆発的に上昇する可能性があります。

また、過去にビットコイン(BTC)に連動して価格が上昇したこともあるので、仮想通貨業界が盛り上がれば再び上昇する可能性もあります。

そのため価格が安い今のうちに、少しでもステラルーメン(XLM)を購入しておきましょう。

もしステラルーメン(XLM)を購入したいと考えているなら、国内大手取引所のCoincheck』がオススメです。