【初めての方必見】アイフルの金利は高い?金利を抑えるテクニックを徹底解説

アイフルの金利はどのくらい?
利息に悩まされたくない人はアイフルを選んだほうが良いって本当?

アイフルの利用を検討している人は、アイフルの金利について詳しく知りたいと思っているのではないしょうか。

特別高収入でなくても融資を受けるチャンスを得られるカードローンですが、返済期間中に金利が発生してしまうことを懸念している声も多く耳にします。

なるべくなら利息に悩まされたくない方は、アイフルという会社から借入がおすすめです。

アイフルでは以下のような特徴を持った無担保商品を提供しています。

  • アイフルビギナーは30日間金利0%という条件で融資を受けられる
  • コストなども含めた最小金利はたったの3%
  • 365日いつでも申込み可能であり30分前後で審査の結果が出る

本記事では、上記のような特徴を持ったアイフルの金利を詳しく理解するための知識どうしたらお得に返済していけるのかということについて詳しくご説明します。

金利について理解し、スムーズに融資を受けられると評判のアイフルをフル活用していきしょう!

「アイフル 金利」をざっくりいうと
  • アイフルの最低金利は3%のみで最高金利は18%
  • 金利レベルは他の貸金業者と同等だが、銀行よりは圧倒的に高い
  • 月々の返済額をコントロールしたり、返済実績を作ったりするのが吉
  • 30日間の無利息サービスによって返済時の負担を減らせるのはアイフルビギナーだけ

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルの基本情報!アイフルの金利は3.0〜18.0%

カードローンにおすすめのアイフル

アイフルは一般的な社会人、もしくはアルバイトをしている学生に対してお金を貸しつけるビジネスを行っている賃金業者です。

起業家などを対象にしている貸金業者ではないので、お金を貸し出すための条件もそこまで厳しくないという特徴を持っています。

アイフルの利用者として想定されているのは、主に以下のような人物です。

アイフルはどんな人のために存在しているの?
  • 20代から60代で仕事をしている方
  • 毎月平均的な給料をもらっている方
  • 自分が返済できる範囲でお金を借りようとしている方

このようにアイフルは特別な人物ではなく、ごく一般的な方たちに向けてサービスを展開しています。

必要な資金を誰でもが気軽に調達できるように、アイフルは以下のような商品を提供しているのです。

アイフルの金融商品情報
最高借入額 800万円まで
審査最短時間 最短25分
融資最短タイミング 申込日当日
オンライン完結 可能
保証人・担保 必要なし
学生・主婦の申込 自身の収入があるなら可能
アイフルの企業情報
企業名 アイフル株式会社
取締役 福田光秀
創業年月 1967年4月
上場タイミング 1998年10月1日
全国店舗数 20店舗
会社住所 〒600-8420
京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1

アイフルは、今すぐお金が必要な方におすすめの消費者金融です。

アイフルの金利

アイフルで提供している商品は3%~18%の金利で利用して行くことができます。

アイフルや他の賃金業者は「利息制限法」によって上限金利が年15〜20%に定められています。

金利がピンポイントで提示されていないのは、実際に借りる金額に従って利息の多さが変動する仕組みになっているのが理由です。

注意

実際には借りるお金の量だけではなく、返済スキルによっても金利は細かく設定されます。

一般的にはたくさんのお金を借りるほど、金利自体はお得になっていくのです。

金利ではなくて実質年利と書かれている場合

貸金業者の公式サイトやパンフレットなどで、金利ではなく実質年利というものがパーセンテージで書かれているのを見たことはありませんか?

金利と実質年利の違いは以下の通りです。

金利と実質年利はどう違うの?
  • 金利:利息が借りたお金に対して何割ぐらい発生するのか示すもの
  • 実質年利:利息に手数料など諸々のコストも加算した本当に支払うことになる金利を示すもの

実は、金利(利息)だけではなく、実際に顧客が支払うべき実質年利もきちんと公開するように貸金業者は義務付けられています。

実質年利という表記を見つけたら、本当にお金を借りた時に払わなくてはいけないコストが書かれているものなのだと解釈しましょう。

アイフルの実質年利は?

公式サイトで公開されている実質年利も「3%~18%」と記載されています。

利息の全額を把握する方法

ローンを利用した時には、以下の計算式を用いて最終的な利息を全額計算することができます

借りている金額 × 実質年利(金利)÷ 365日 × 完済までの日数 = 利息額

たとえば、以下のような借入状況の方が利息の計算をしようとした時のことを考えてみましょう。

借入残高:5万円

契約時の金利:18%

完済までの日数:62日

すると、リアルな計算式は以下のようになります。

5万円 × 18% ÷ 365日 × 62日 = 1,528円(利息)

金利は審査によって決まる

アイフルの金利は審査によって決まるので審査が終わるまではわかりません。

審査における「借り入れ金額」や「返済能力」などをもとにした信用度で決まります。

信用度が高ければ確実に返してくれると思われ、低い金利が適用されます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルの金利は高い?他の賃金業者と比較

アイフルの金利は3.0〜18.0%とお伝えしました。

アイフルの金利が高いのか以下の表で他の賃金業者と比べてみましょう。

賃金業者 金利
アイフル 3.0〜18.0%
プロミス 4.5〜17.8%
アコム 3.0〜18.0%
SMBCモビット 3.0〜18.0%
三井住友銀行カードローン 1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5%
横浜銀行カードローン 1.5~14.6%

消費者金融と比べるとアイフルの金利は平均的

プロミス」や「アコム」といった他の消費者金融と比べると金利に大きな差はありません。

プロミスのみ最低金利が少し高いですが、最高金利は少し低いです。

銀行系カードローンに比べると高い

一方で「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」といった銀行系カードローンに比べると金利は高いです。

こんなにも割合に差が付く理由としては、以下のようなことが考えられます。

銀行ってどうして低金利なの?
  • 貸付以外の業務で資金調達が十分にできているから
  • 返済能力の高い人にしかお金を貸さないから

利息はそのまま運営会社の利益となるものです。

貸金業務しかしていない消費者金融では、顧客から支払われる利息のみが資金調達元となっています。

しかし、お金を預かったり、国際送金をしたりするなどして、様々な業務で手数料をとっている銀行には、利息以外の資金調達元がたくさん存在しているのです。

また、お金を貸さないと仕事にならない消費者金融のローン審査は、銀行のものよりも比較的甘くなる傾向があります。

審査が甘いとお金を完済してくれない顧客も多くなるため、利息を安くするわけにはいかなくなるのです。

銀行カードローンの金利は一番高くても14.6%とお得に思えますが、その分審査が厳しい傾向にあります。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルの金利での返済シミュレーション

今までアイフルから融資を受けたことがない方は、どのように返済が進んでいくのか具体的にはイメージできないかもしれません。

アイフルで借金をした場合も、他の貸金業者と同じように少額ずつお金を返していくことになります。

ですが無計画な返済を続けていると、一体いつまでお金を返し続けなければならないのかというストレスを抱えてしまいます。

そのような事態を避けるためにも、お金を借りる前からある程度のシミュレーションをしておくことが大切です。

そこで今回では、「10万円」と「50万円」をそれぞれアイフルから借りた場合、どのような返済状況になっていくのか具体的にシミュレーションしてみました。

10万円借りた場合

アイフルから10万円を借りた場合のシミュレーションを行ってみましょう。

もしも借りた10万円を毎月1万円ずつ返していきたいのなら、完済まではおよそ11カ月かかる計算になります。

詳しいシミュレーション結果は以下の通りです。

10万円を月1万円ずつ返済する
(実質年利18%)
返した回数 返す金額 返す元金 返す利息 残りの借金
1 10,000円 8,472円 1,528円 91,528円
2 10,000円 8,646円 1,354円 82,882円
3 10,000円 8,733円 1,267円 74,149円
4 10,000円 8,867円 1,133円 65,282円
5 10,000円 9,035円 965円 56,247円
6 10,000円 9,141円 859円 47,106円
7 10,000円 9,304円 696円 37,802円
8 10,000円 9,423円 577円 28,379円
9 10,000円 9,567円 433円 18,812円
10 10,000円 9,741円 259円 9,071円
11 9,209円 9,071円 138円 0円

この場合、返済総額は「109,209円」になります。

50万円借りた場合

アイフルから50万円を借りた場合のシミュレーションを行ってみましょう。

もしも借りた50万円を12ヶ月以内に完済したいのなら、毎月およそ46,000円ずつ返済していく必要があります。

詳しいシミュレーション結果は以下の通りです。

50万円を12ヵ月で返済する
(実質年利18%)
返した回数 返す金額 返す元金 返す利息 残りの借金
1 46,000円 38,357円 7,643円 461,643円
2 46,000円 39,171円 6,829円 422,472円
3 46,000円 39,542円 6,458円 382,930円
4 46,000円 40,146円 5,854円 342,784円
5 46,000円 40,929円 5,071円 301,855円
6 46,000円 41,386円 4,614円 260,469円
7 46,000円 42,147円 3,853円 218,322円
8 46,000円 42,663円 3,337円 175,659円
9 46,000円 43,315円 2,685円 132,344円
10 46,000円 44,173円 1,827円 88,171円
11 46,000円 44,653円 1,347円 43,518円
12 44,161円 43,518円 643円 0円

この場合、返済総額は「550,161円」になります。

延滞した場合

延滞をしてしまった場合には、毎月利息だけでなく延滞損害金も支払っていかなくてはなりません。

損害金が何%なのかは業者ごとに決められており、アイフルでは20%と定めています

延滞損害金の計算は以下の式で算出可能です。

残りの借金 × 20% ÷ 365日 × 遅延日数 = 延滞損害金

たとえば先ほどの10万円のシミュレーションの時に10カ月目で返済が5日間遅れた場合、延滞損害金は以下のように計算できます。

18,812円 × 20% ÷ 365日 × 5日 = 51円

損害金が加算され、結果的に返済総額は「109,260円」にまで増えてしまうでしょう。

アイフルを低金利で利用する方法

お金を返していく時には、なるべく金利の負担を軽くしたいものです。

一般的に以下のような状況に足を踏み入れると、金利の割合が大きくなりやすいと考えられています。

どんな時に金利が増えてしまうの?
  • 金利設定がそもそも高いことに気が付かない
  • 最高金利で貸し受ける契約をしてしまう
  • 借りているお金に対して返しているお金が少ない

金利が高い業者から借金をしてしまうと、最終的な返済総額が膨大になってしまう危険性があるでしょう。

また、少ない借入れしかしていないと最高金利が適用されてしまう可能性が高まります。

多くのお金を借りているにもかかわらず少しずつしかお金を返せていない場合も、完済までの期間が延びてしまうため利息総額が多くなってしまうでしょう。

金利の負担が増えてしまう可能性がある以上のような事柄を頭に入れたうえで、アイフルでの金利負担を減らす効果的な方法をまとめていきます。

金利のストレスを少なくするテクニックとして挙げられるのは、以下の6つです。

借入残高を減らす

毎月どのくらいお金を返せばいいのかは、今返し切れていないお金がどのくらい残っているかで決まります。

返せていないお金が少ないほど返済日に返すべき金額も少なくなりますので、なるべく早く借入残高を減らすようにしましょう。

借入残高を減らす方法として有効なのが「繰り上げ返済」です。

繰り上げ返済では決まった金額ではなく、任意の金額を返していくことができます。

そのため、数十万円というまとまった金額でも、好きに返済することができるのです。

繰り上げ返済を行う絶好のタイミングは?
  • 会社からボーナスが出た時
  • 副業や株投資などで臨時収入があった時

繰り上げ返済を行う日にちはいつでもかまいませんし、月に何回行っても全く問題はありません。

繰り上げ返済のやり方

アイフルで用意している6つの返済メソッドのうち、自動口座振替以外の以下の5つの方法で繰り上げ返済ができます

臨時返済が可能な返済手段
手段 土日の利用 24時間返済 手数料の有無
アプリ あり
専用ATM × なし
コンビニATM あり
Famiポート あり
任意振込 × × あり

利用時間は限られますが、コストを極力抑えたいという方にはアイフルの専用ATMを利用した繰り上げ返済がおすすめです。

ちなみに一気にすべてのお金を返したいという方は、以下の計算式を使って返済総額をチェックしてみましょう。

 返せていない金額 + 利息(円)+ 手数料等の諸費用 = 返済総額

利息や手数料等の諸費用はアイフルの会員ページで確認できます。

借入金額を増やす

金利の性質として顕著なのが、借りた金額が増えるほど割合が小さくなっていくというものです。

アイフルも例に漏れることはなく、少額貸付時の金利は18%で限界に達するほどたくさんの融資を受けると金利は3%まで下がります。

返済時の金利負担を小さくしたいのであれば、可能な限りたくさんの資金を借りてみるのも一つの手段だといえるでしょう。

必ず800万円が限界借入金額になる保証はない

当然ですが、800万円というのは多額の資金なので、誰もが無条件で借り受けられる金額ではありません。

いくらまで借入れ可能なのかは、その人の返済能力によって定まっているのです。

限界ギリギリまで借りられる人の傾向
  • 年収が平均よりも高い
  • 毎月の収入が多い
  • 職業が安定しており、金融履歴的にも信用度が高い

ローンでは審査なしにお金を借りることができません。

貸付を希望する者に対しては必ずローン審査が行われます。

そのためアイフルの審査の時には、各々の返済スキルが調査されることになるのです。

お金を返す能力がしっかりとある方は完済してくれる可能性が高いため、貸せる金額が多くなるうえに金利も安くなります。

逆に、お金を返し切れる能力がなければ完済の可能性が薄まるため、多くのお金を貸すことはできず、もしもの時に備えて金利は高く設定される傾向があるのです。

もしも審査の際に以下のような懸念材料が見つかった場合には、その人にお金を貸さないか、貸したとしても少額融資に留めるのが一般的でしょう。

  • 仕事をしていない、あるいは年収が極端に少ない
  • 毎月の収入額に大きなバラつきがある
  • 安定している職についていないか、信用情報にキズがある
また、総量規制というルールもあり、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。

返済実績を作る

金利を小さくする手段として、返済実績を作るという方法もおすすめです。

利息は万が一お金が全額返ってこなかった時の担保のような役割も担っています。

そのため、返済スキルが低い以下のような方は、借入金額の多さにかかわらず金利が高くなってしまう傾向があるのです。

金利が高くなりやすい方の特徴
  • 過去に借りたお金を返せたという証拠が一つもない
  • 借金はしているが返済は滞っている、もしくは滞ったことがある

特にはじめてローン商品に申込んだような方は、金利が高めに設定される傾向があります。

なぜなら「お金を返せなかった」というマイナスな信用情報を持っていないと同時に、「規則正しくお金を返せている」というプラスな信用情報も持ち合わせていないためです。

このことから、お金を貸す側の信用度を決める基準は、以下のようにある程度定められていることが分かります。

  • 信用レベル高:借金をした経験があり、完済を果たしている
  • 信用レベル中:借金をしており、毎回約束通りに返済している
  • 信用レベル低:今まで一度も返済実績がない(借金経験の有無にかかわらず)
  • 信用レベル無:借金をしており、約束通りの返済ができていない

そのため、生まれてはじめて申込んだ時に金利が高かったとしても、あきらめる必要はありません。

お金をきちんと返していくことで十分な返済実績ができれば、後に金利を下げるチャンスを掴める可能性は大いにあります。

契約時に設定された金利は変化し得る

アイフルを利用する時は、契約時に言い渡された金利でずっと固定されるわけではありません。

以下のような要因によってアイフル側が何らかの判断を下せば、金利が低くなるチャンスととらえられます。

借り受け中に金利が低くなる要因
  • 債務者の月々の収入が高くなった
  • ある程度の期間継続して借金を規則正しく返済し続けている
  • 借金残高が0円になった

もちろん、必ず金利の低下を約束してくれる絶対的な要因は残念ながらありません。

とはいえ、金利が低くなる可能性があると思った時には、一度アイフルと直接交渉を行ってみると良いでしょう。

アイフル側に債務者の返済スキルが上がっていることを認めてもらえれば、金利低下も夢ではありません。

おまとめMAX・かりかえMAXを利用する

複数の借入れがある人は、おまとめMAXまたはかりかえMAXを利用することで、返済額や利息の負担を軽減させることができます。

アイフルを利用中の人、利用したことがある人はおまとめMAX、アイフルの利用がはじめての人はかりかえMAXを利用することができます。

これら2つのサービスの違いは利用できる対象者の違いのみで、内容は大きく変わりません。

以下がおまとめMAXまたはかりかえMAXを利用することで得られるメリットです。

おまとめMAXを利用するメリット
  1. 複数のローンをまとめることで金利を下げられる
  2. 返済期間を延ばし毎月の返済額を減らせる
  3. ばらばらになった返済日をそろえられる
  4. WEB完結で誰にもバレずに金利を下げられる

ちなみに、アイフルのおまとめローンは総量規制の対象外となるため、総量規制ギリギリで不安な人でも安心して申込みできます。

その理由は、おまとめローンは借金が増えて困っている人が借金完済するのを助ける「救済措置」の役割を果たしているからです。

注意点として、おまとめローンは返済専用ローンであるため、一度おまとめをしたら完済まで追加で借り入れはできません

借金をしすぎて低い金利で負担を減らし計画的に完済したい人にはおすすめですが、借入枠が空いたら追加でまた借入れをしたい人には向いていません。

複数の借金を利用している人は金利や月々の負担を下げられるので、ぜひ検討してみることをおすすめします。

銀行のサービスに申込む道も検討する

とにかく金利負担を徹底的に小さくしたいと考えている方は、銀行に申込みをして借り受ける道も考えておいた方が良いでしょう。

アイフルのような業者が提供しているカードローンだと、どうしても金利は高めに設定されてしまいます。

特に借金をするにしても少しだけにしておきたいという場合は最も高い金利の請求を受けるケースが多いため、銀行との金利差が顕著に表れるでしょう。

銀行の平均最高金利:約14%

消費者金融の平均最高金利:約18%

上記のように4%前後の金利差があるため、最終的な返済額を考えると銀行に借り受けの申込みを行った方が圧倒的に金利負担は小さくなるはずです。

金利以外で銀行から借り受ける際のメリットは?

金利の低さを抜きにしても、アイフルのような貸金業者よりも銀行の方が優れていると考えられるポイントはいくつかあります。

銀行の方が勝っている箇所
  • ローン提供元の信用度が高い
  • より多くのお金を貸し付けてもらえる可能性がある

お金を貸しつけているのは銀行なので、一企業よりも安心して融資を受けることができます。

名前が知れているだけではなく、資金源がしっかりしているのも銀行の魅力です。

しかし、消費者金融と比べて多くのお金を貸し付ける能力と権利を有していることは事実です。

無金利キャンペーンを利用する

アイフル無利息期間

アイフルにお金を返していく段階で、金利を安くするテクニックがもう一つあります。

それが「最大30日間の無利息期間」を活用するテクニックです。

無金利で借り受けるための条件

利息ゼロでお金を借り受けられるのは、以下の条件を満たしている申込者のみとなります。

こんな人は約1ヶ月間利息なし!
  • あいとの契約が人生ではじめての方
  • 対象となるローンに申込んだ方

このサービスを利用するチャンスがあるのは、「ファーストプレミアムカードローン」と「SuLaLi」と「キャッシングローン」という3つの商品のみです。

金利0%なのはいつからいつまで?

ローンの契約を完結させた日の次の日から30日間だけが利息0円になります。

つまり2022年12月1日に契約手続きが終了した場合は、30日後の2023年1月1日まで金利が発生しない状態でお金を借りることができるのです。

注意

はじめての借入れが2022年12月5日だったとしても、契約日が2022年12月1日なら、無利息サービスの最終日は2023年1月1日になります。

アイフルの30日間の無利息サービス適用期間をフルに活用したのなら、契約後はなるべく早めにお金を借りるべきです。


>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルの返済方式や返済額は?

金利の支払いが発生するのは、お金を返すときになります。

アイフルでは様々な返済メソッドを用意しているので、毎月必ず忘れないようにお金を返していくようにしましょう。

返済が滞ってしまった場合は、以下のようなリスクが生じますのでくれぐれも延滞のないように心掛けるべきです。

お金を返しそびれると?
  • 上限額に達していないのにお金を借りられなくなってしまう
  • 遅延による損害金を請求される
  • 金融事故を起こしたとしてブラックリストに載ってしまう

カードローンの良いところは、お金を借り切るまで何度も借りたり返したりを繰り返せるところでしょう。

しかし、お金を返さないでいると強制的にサービスの利用を停止させられる恐れがあります。

また、お金が返ってこないことで会社側は損失を被ることになるので、それを補うための損害金を払うように命じられることになるでしょう。

さらには、信用情報を管理している機関に延滞情報が記録されます。

「過去に金融関連の事故を起こしている」としてブラックリスト入りをしてしまうと、他の会社からもお金を借りられなくなる可能性があるので絶対に避けるべきです。

まずはアイフルの返済方式や返済額についてしっかりと把握し、規則正しく返済できるように準備しておきましょう。

アイフルの返済方式と返済日・返済期間

アイフルに借金を返す時は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」で返済していく形式になります。

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式ってなに?
  • 借りたお金の残高に応じて返済額が変わる
  • 直近でお金を借りた時点で返せていない金額が基準になる
  • 返せていないお金の量に応じて返済額が定額で決まってくる
  • リボ払いだから毎月ちょっとずつ返済していける

簡単にいうと、毎月の返すお金の金額は今いくら借りているかで決まるということです。

さらに、サイクル方式約定日方式のどちらを選択するかによって、毎月の返済額に違いが出てきます。

  • サイクル方式:35日経過するごとにお金を返す
  • 約定日方式:月に1回決まった日にちにお金を返す

何円借りたら毎回何円返せばいいのか詳しくチェックしたいという方は、公式サイトのご返済一覧表をご確認ください。

アイフルの返済日はどうなってるの?

アイフルに借金を返すときには、「サイクル方式」と「約定日方式」の2つのうちどちらかのスタイルを選択して返済日を決定していきます。

サイクル方式というスタイルを選択した場合は、最初にお金を借りた日から35日経過した日が返済日となり、その後は35日経つたびにお金を返していくことになります。

サイクル方式を選択した場合の返済日例
  • 初回借入日:4月25日
  • 初回返済日:(4月25日+35日=)5月30日
  • 2回目の返済日:(5月30日+35日=)7月4日

一方、約定日方式をチョイスした場合は、自分で好きな日にちを返済日として定めることができます。

返済期間は返済日とした日にちを含む11日間です。

約定日方式を選択した場合の返済日例
  • 契約時に決めた返済日:毎月16日
  • 返済期間:毎月6日~16日

ちなみに、返済日が土日や祝日にあたってしまった場合は、その次の営業日に返済日が一時的に変更されます。

アイフルでは返済期間が決められているか?

基本的に返済期間は決められていません。

返済期間ってなに?

借りたお金を利息やその他のコストなども含めて完全に返し切るまでの日数のこと

毎月の返済義務を果たしていれば、完済までに何年かかっても訴えられることはありません。

とはいえ、1回でも返済義務を怠ると「〇月〇日までに△△円払ってください」というように返済期限を設けられる可能性があります

また、返済期間が延びるほど利息は多くなっていくものです。

そのため、最終的なコストをなるべく少なくしたいという方は、臨時返済システムなども利用しつつ早めにお金を返していくのが賢明でしょう。

返済方式ごとの最低返済額

アイフルから借金をした場合の最低返済額というのは、つまりは毎月の約定日に少なくとも支払うべき金額のことを指しています。

この毎月の返済額というのは、現在借りているお金の総額返済方式によって決まるものです。

2つある返済方式のうち「サイクル方式」と「約定日方式」のどちらを選んでいるかで、以下のように毎月絶対に返すべき金額が異なります。

返済スタイル 借金残高 毎月の最低返済額
サイクル方式 10万円以下 5,000円
50万円以下 15,000円
100万円以下 30,000円
約定日方式 10万円以下 4,000円
50万円以下 13,000円
100万円以下 26,000円

上記の表を見ても分かる通り、毎月の返済負担が少ないのは約定日方式の方ですが、最終的に早く完済できるのはサイクル方式であることが分かります。

返済負担が少なければ毎月の出費を少なくできますし、返済期間が短くなれば利息の総額を減らせます。

どちらの方式がより自分の希望に適っているのかを考えてみることで、ストレスなくお金を返していけるようになるでしょう。

最低返済額以上に返していく方法はあるの?

返済日にだけお金を返していると、どうしても最低返済額でしかお金を返せないので返済期間が長くなってしまいがちです。

しかし、時には収入が多くなって最低返済額以上の金額を返済できる月も存在するでしょう。

そのような時には「繰り上げ返済」を利用して、好きなタイミングで好きな金額を返していくことができます。

繰り上げ返済を利用すれば、早く完済できて返済総額を膨らませずに済むため非常に便利です。

ただし、以下の点には注意する必要があります。

繰り上げ返済利用時の注意点
  • 繰り上げ返済で多めにお金を返しても返済日の引落は必ずある
  • 繰り上げ返済の方法によっては別途でコストがかかる

特に繰り上げ返済でその月の返済をした気になって、返済日に返済ができなかったという失敗例が多く報告されています。

その場合も遅延扱いになってしまうので、勘違いにはくれぐれも注意してください。

比較的厳しくなる傾向があります。

アイフルの金利に関してよくある質問

アイフルの金利に関してよくある質問をまとめたのでぜひ参考にしてください。

アイフルの金利は何%?

アイフルの金利は3.0〜18.0%です。

金利は審査によって決まります。

アイフルで100万円借りたら利息はいくらになる?

金利によって利息の額は変わりますが、仮に金利が15%で30日間借り入れするとしたら、12,328円です。

アイフルの金利は高い?

アイフルの金利は他の大手消費者金融と比べると平均的です。

しかし、銀行系カードローンと比べると金利は高いです。

アイフルの利息を減らす方法は?

一番の方法は借入残高を減らすことです。

残高が減ることで利息も伴って減っていきます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルの金利は平均的!返済シミュレーションを利用して賢く利用しよう!

アイフルが金利を設定する基準や金利を下げる手段を理解することで、賢くお金を返していくためのヒントを得ることができます。

他の会社と比べてもアイフルの金利は特に安いというわけではありません。

しかし、以下のような努力を続けることで、金利を低くしてもらえるチャンスが掴めます

返済時の金利負担を軽くするテクニック
  1. 借入残高を減らす
  2. 借入金額を増やす
  3. 返済実績を作る
  4. 銀行カードローンを検討する

また、戸惑うことなく返済をしていくための事前の返済シミュレーションは非常に大切です。

アイフルの公式サイトにも返済シミュレーションシステムは用意されているので、積極的に活用しつつきちんと返済計画を練っていきましょう。

「アイフル 金利」まとめ
  • アイフルの最低金利は3%のみで最高金利は18%
  • 金利レベルは他の貸金業者と同等だが、銀行よりは圧倒的に高い
  • 月々の返済額をコントロールしたり、返済実績を作ったりするのが吉
  • 30日間の無利息サービスによって返済時の負担を減らせるのはアイフルビギナーだけ

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する