アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」を利用するメリット・デメリットを紹介!

複数のローンを利用している場合は、各ローンの返済日がそれぞれの金融機関で異なり管理が難しくなってしまいます。

その様な時には「おまとめローン」と呼ばれるサービスを活用すると問題は解決されます。

消費者金融大手のアイフルでも、「おまとめローン」のサービスを提供しています。

おまとめローンを利用して、複数の金融機関からの借入金をアイフルのローンで返済する事で、返済先をアイフル1社にまとめることができます。

返済先をアイフル1社にまとめれば効率的な返済が可能となりそうですよね。
おまとめローンを活用するメリット・デメリットが気になりますよね。

この記事では、アイフルおまとめローンの特徴メリット・デメリット・評判申込の流れ・必要書類について解説します。

アイフルのおまとめローンをザックリ言うと
  • アイフルのおまとめローンは「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2種類
  • 「おまとめMAX」は、アイフルを利用している方向け
  • 「かりかえMAX」は、アイフルを初めて利用する方向け
  • アイフルのおまとめローンは、比較的低金利が設定されている
  • 「おまとめMAX」と「かりかえMAX」では申し込み方法が異なる
  • アイフルのおまとめローンは審査が少し厳しい部分がある

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルのおまとめローンとは?

アイフルのおまとめローンとは?

私は複数の金融機関から借入を行ってますが、それぞれのローン返済ので対応に苦慮しています。
アイフルおまとめローンを友人から勧められました。
アイフルのおまとめローンには、どの様な商品があるのでしょうか。

こちらでは、アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」を紹介します。

おまとめMAX

「おまとめMAX」は、アイフルを利用中・利用されたことのある方が対象となる商品であり、Webで契約手続きが完結します。

こちらも複数の借入れをまとめることで、返済額・利息の負担が軽減されます。

アイフルで利用中のローンや、他の貸金業者、銀行ローン、クレジットカードのリボも対象です。

「おまとめMAX」の内容は次の通りです。

融資限度額・貸付利率

最低金利は3.0%~と、消費者金融のおまとめ専用ローンの中では低い金利で設定されています。

  • 融資限度額:800万円以内
  • 貸付利率(実質年率):年3.0%~17.5%

返済方法・期間

最長10年と長期間に及ぶ返済が利用できます。

  • 返済方式:元利均等返済方式
  • 返済日:1ヶ月に一度支払
  • 返済期間:最長10年(返済回数:120回)
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 満20歳~69歳以下の方
  • 安定した収入・返済能力を有する方
  • 所定の基準を満たす方

かりかえMAX

「かりかえMAX」は、アイフルをはじめて利用する方が対象となる商品であり、無人店舗か店頭窓口・郵送で申し込みます。

こちらも複数の借入れをまとめることで、返済額・利息の負担を軽減されます。

「かりかえMAX」では、他の貸金業者、銀行ローン、クレジットカードのリボが対象です。

「かりかえMAX」の内容は次の通りです。

融資限度額・貸付利率

「おまとめMAX」と同様に最低金利は3.0%~と、消費者金融のおまとめ専用ローンの中では低い金利で設定されています。

  • 融資限度額:800万円以内
  • 貸付利率(実質年率):年3.0%~17.5%

返済方法・期間

最長10年と長期間に及ぶ返済が利用できます。

  • 返済方式:元利均等返済方式
  • 返済日:1ヶ月に一度支払
  • 返済期間:最長10年(返済回数:120回)
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • はじめてアイフルを利用する方
  • 満20歳~69歳以下の方
  • 安定した収入・返済能力を有する方
  • 所定の基準を満たす方

アイフルのおまとめローンを利用するメリット

アイフルのおまとめローンを利用するメリット

アイフルを利用している方か、それとも初めての方かで、違うおまとめローン商品を利用するわけですね。
それでは、アイフルおまとめローンを利用するメリットについて知りたいです。

こちらでは、アイフルおまとめローンのメリットを解説します。

融資限度額が大きく金利は低め

おまとめ専用ローンの多くは、とりわけ消費者金融の商品の場合、利用限度額300万円で設定されているケースが多いです。

しかし、アイフルおまとめローンでは(おまとめMAX・かりかえMAXともに)、利用限度額800万円と高めに設定されています。

複数のローンをまとめ、それなりに高い金額となっても、おまとめローンが利用できるので安心です。

なお、おまとめローンは総量規制の対象外なので、まとめた金額が自身の年収の1/3を超える金額になっても、まとめることが出来る可能性もあります。

MEMO

アイフルのおまとめローンの利用限度額は800万円と他の消費者金融の商品よりも高く設定されている。

申込対象者の基準が緩い

アイフルのおまとめローンの場合は、満20歳~69歳以下の方で安定した収入・返済能力を有する方アイフル所定の基準を満たす方はじめてアイフルを利用する方(かりかえMAXの場合)を満たせば申込可能です。

一方、とりわけ銀行のおまとめ専用ローンの場合は、正社員・契約社員・派遣社員のような「給与所得者の方(つまり自営業者は対象外)」「年収〇〇〇万円以上の方」と、申込対象者がかなり限定されている場合もあります。

この様な条件と比較して見れば、アイフルのおまとめローンの申込基準は、比較的緩和されているとみて良いでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

MEMO

申し込み対象者も、他の消費者金融の商品よりも緩和されている。

アイフルのおまとめローンを利用するデメリット

アイフルのおまとめローンを利用するデメリット

アイフルのおまとめローン、申込基準が比較的緩いのは助かります。
あと融資限度額の高さも魅力ですね。
アイフルおまとめローンを利用する際に、気を付けるべき点について知りたいです。

こちらでは、アイフルおまとめローンのデメリットを解説します。

かりかえMAXはWEB申込不可

「おまとめMAX」は、Webで申込可能なので、24時間365日、ご自身の都合の良い時間帯で契約手続きが可能です。

しかし「かりかえMAX」は、アイフルを初めて利用する方が対象となるのでWEBでの申込は不可となります。

「かりかえMAX」は、無人店舗か店頭窓口・郵送で申し込む必要があります。

Web申込ほどスムーズには手続きの進まない点がデメリットです。

ただし、初めてローンをまとめる方は、店頭窓口でよく相談しながら申込手続きを行った方が良いでしょう。

注意

「かりかえMAX」の申し込みは無人店舗・店頭窓口・郵送でしか申し込むことが出来ない。

追加借入は不可能

アイフルのおまとめローンは、返済専用の商品のため、お金が必要になっても追加で借り入れることはできません

カードローンのように「必要になったときにまた借りれば良い」という使い方は不可能です。

ただし、お金を借りたい誘惑に負けず、こつこつ返済していけば、ご自身の信用情報は非常に良好となるでしょう。

完済の事実も信用情報機関が保有する記録に残ります。

しばらく経って再び融資が必要なった時、良好な信用情報が金融機関から評価され、お金が借りやすくなるかもしれません。

注意

追加の借り入れが出来ない事には注意が必要となる。

アイフルのおまとめローンの口コミと評判

アイフルのおまとめローンの口コミと評判

アイフルのおまとめローン、やはり一長一短はあるということですね。
アイフルのおまとめローンを利用している方々の感想が知りたいです。

こちらでは、アイフルのおまとめローンの評判・口コミを紹介します。

アイフルのおまとめローンに関する良い評判・口コミ

アイフルのおまとめローンは、審査が通りやすく数日程度で結果がわかり勤務先への在籍確認にも配慮してくれると言う声が多いです。

一部を取り上げます。

アイフルの良い評判・口コミ
  • 便利なおまとめローン
  • 確実に返済できています
  • 断然返済しやすい

便利なおまとめローン

他者に借入が3件で合計約140万円ありました。

何社かおまとめローンの申し込みをしましたが審査にとおりませんでした。

しかし、最後にネットで見つけたアイフルのおまとめローンに申し込んだところ、3日ほどで審査通過の電話を頂きました。

勤務先への在籍確認をしてほしくなかったので、相談したところ、給与明細と保険証の確認で対応してくださいました。

金利の方も3社平均で18%が13.5%とかなり下がりました。

月々の返済金額も1万円ほど下がりました。カードローンのように追加で借り入れはできませんが、残高を減らすことによって借り入れが出来るようになるみたいです。

実際に融資の実行までの期間は2週間ほどかかりました。

アイフルのカードローンと違い、有人窓口での対応となるので平日に窓口までいかなければなりません。

窓口の方の対応はとてもよく、親身になって相談に乗ってくれると思います。

(中略)おまとめローンに関しては総量規制の対象外らしいので、もし借入の件数が複数ある人はアイフルのおまとめローンの申し込みを検討してみることも一つの方法ではないしょうか。

出典:https://minhyo.jp/aiful?sort=high&page=4

確実に返済できています

どうしてもお金が足りないという突発的な事態が続いてしまい、ちょこちょこと少額ずつお金を借りてしのいでいるうちに100万円近い借り入れに。

毎月返済を続けていますが、返済して限度額に借入枠ができるとまた借りるというのを繰り返しているためなかなか借入残高が減らないんです。

そこで借金との決別のためにアイフルのおまとめローンにしました。

返済期間は長くなりますが月々の返済額を抑えて無理のない計画を立てました。追加借入はできないので、また借りてしまうという状況はなくなりましたし、確実に返済できています。

出典:https://www.holos.jp/media/aiful-omatome.php

断然返済しやすい

中小消費者金融は返済が銀行振込か現金書留しか受け付けていません。

銀行振込は毎回手数料がかかりますし、現金書留も手間や郵送料が気になります。

こんなコストが高くて面倒な返済を何年も続けていましたが、やはり続けていくことはできず何度か遅れることもあり電話もきました。

無理が生じているのだと感じ、アイフルにおまとめを申し込みました。

複数の借入をひとつにまとめることができ、アイフルの返済方法は豊富なので断然返済しやすくなり、おまとめローン利用後は一度も返済が遅れたことはなくほっとしています。

出典:https://www.holos.jp/media/aiful-omatome.php

評判・口コミについて

アイフルのおまとめローンを利用すれば、スムーズに審査結果がわかり断然返済しやすくなって便利になったという声が多いです。

その他にも以下のような声もありました。

  • 初めてでも大丈夫だった
  • 消費者金融大手で安心

各利用者は概ね、アイフルのおまとめローンのサービスやその仕組みに満足しているようです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アイフルのおまとめローンに関する批判的な評判・口コミ

アイフルのおまとめローンの審査におちてしまったという不満の声もありました。

一部を取り上げます。

アイフルの審査も落ちた

アルバイトの月収が減ってしまい、借入額が大きいだけに月々の返済額も大きく、返済が難しくなっておまとめを考えた。

このままでは負担が大きすぎて自己破産してしまう。

アイフルの審査も落ちた。

今滞っている返済がどうしようもない。

出典:https://www.holos.jp/media/aiful-omatome.php

可もなく不可もなく

アイフルのおまとめ審査に落ちました。

借金自体は少ないのですが、借り入れ件数が5社では多すぎるかなという不安があって的中した感じです。

出典:https://www.holos.jp/media/aiful-omatome.php

評判・口コミについて

最近の「新型コロナウイルス」による、雇用悪化や収入減少に起因した借金の必要性返済の難しさが影響しているようです。

もしも投稿の方が返済に遅れているならば、長期の延滞なら金融事故として個人信用情報機関に記録されています。

このような情報が記録されてはアイフルをはじめ、どこのローン審査にも通りません。

また、「借り入れ件数が5社」である場合は、借り入れている金融機関が多すぎると判断されてしまいます。

このような多重債務となっている希望者は、返済に支障をきたしやすく、おまとめローンの審査が通るのは非常に困難と言えます。

なるべく3社以内に抑えた方が無難です。

注意

返済を滞納したり延滞している・していた場合は、金融事故として扱われ信用情報を傷つける事になる。

借入件数が多ければ、多重債務者となるため、おまとめローンの審査に通りにくくなる。

アイフルのおまとめローンの審査は厳しい?

アイフルのおまとめローンの審査は厳しい?

アイフルのおまとめローン、是非利用したいですが、審査が通らない方もいますね。
アイフルのおまとめローンの審査は厳しいのでしょうか。

アイフルをはじめ各金融機関では、審査基準を具体的に開示しているところはありません。

こちらでは、審査の際にチェックする「信用情報」「複数借入れ」「個人情報」について解説します。

おまとめローンの審査項目
  • 信用情報
  • 複数借入れ
  • 個人情報

信用情報

信用情報とは、ローンやクレジットカードの取引に関する履歴情報です。

信用情報機関が、ご自身を含めた利用者のデータを蓄積しています。

アイフルからは、概ね次の情報が審査されるはずです。

  • 契約内容はどのような感じか?
  • しっかり借入金の完済しているのかどうか?
  • 借入れで他の金融機関とトラブルがあったかどうか?
  • 過去に延滞した事実があるのかどうか?

たとえ延滞の事実があっても、いきなり審査に通らないことはないのです。

しかし借入れに関して、他の金融機関とトラブルの事実が発覚すれば、完済できるかどうか不安に思われ、審査で落とされることになるでしょう。

MEMO

他の借り入れの返済に関して延滞や金融事故があった場合には、審査落ちする可能性もある。

複数借入れ

複数のローン(自社・他社)を利用しているかどうかを審査します。

アイフルが自主的に定めた規制ラインへ該当しないかチェックされます。

前述した口コミでは、5社から借入していた方の審査が通りませんでした。

これはアイフルに限らず、おまとめ専用ローンを利用したいなら、3社以内に抑えることが無難と言われています。

おまとめ専用ローンの審査を通過したいのなら、申込の前に十分返済できそうなローンは、なるべく完済しておきましょう

MEMO

借入件数のチェックが行われるため、借入件数は出来れば3社以内にしておくことが望ましい。

個人情報

おまとめローンを利用したい方だけではなく、家族の状況も審査対象です。

アイフルから、おまとめローンを利用したい方の次の情報がチェックされます。

  • 職業や勤務先
  • 雇用形態・勤続年数・年収
  • 住居
  • 家族構成等

当然ながら、申込書へ非正規社員なのに「正社員」と記入してみたり、年収を過大に記入したりしても、前述した信用情報と照らし合わせるので、すぐに虚偽は発覚してしまいます。

MEMO

おまとめローンを利用する方以外にも家族の情報などまで審査される可能性が高い。

アイフルのおまとめローンの利用の流れと必要書類

アイフルのおまとめローンの利用の流れと必要書類

どうやら私の場合は審査を通過する事が出来そうです。
アイフルのおまとめローンの利用の手順を教えてください。

こちらでは、アイフルのおまとめローンの利用の流れ必要書類について解説します。

アイフルのおまとめローンの利用の流れ

アイフルのおまとめローンの利用流れは次の通りです。

アイフルのおまとめローンの利用の流れ
  1. 申込み&仮審査
  2. 本審査
  3. 契約手続き
  4. ローンを利用している各金融機関へ連絡
  5. アイフルの融資へ

第1段階|申込み&仮審査

「おまとめMAX」は、Web・店舗・無人契約・郵送のいずれかで、「かりかえMAX」は、店舗・無人契約・郵送のいずれかで申し込みます。

仮審査の結果はすぐに報告されるはずです。

第2段階|本審査

仮審査よりも詳細かつ慎重に、ご自身の信用情報等がチェックされます。

なお、本審査でも数日程度で結果がわかるはずです。

第3段階|契約手続き

本審査が通ればアイフル側との契約手続きに進みます。

ただし、審査を通過しても融資金額に限度があることは留意しておきましょう。

融資金額には上限があります。

また、実際の融資には1~2週間程度かかります

第4段階|ローンを利用している各金融機関へ連絡

アイフルとおまとめローンの契約締結した旨を、現在ローンを利用中の各金融機関へ連絡します。

ご自身で各金融機関の振込先・返済日・残りの返済金額を確認する必要があります。

第5段階|アイフルの融資へ

各金融機関でのローン契約内容・状況を確認しだいアイフルへ連絡します。

そして、アイフル側が確認後、該当する金額が所定の日付に返済される仕組みです。

アイフルのおまとめローンの必要書類

必要書類は大きく分けて本人確認書類・収入証明書類があります。

本人確認書類

(A)顔写真付きの本人確認書類

次のいずれかの書類となります。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート(所持人記入欄あり)
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
  • 個人番号カード(表のみ可)

(B)顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合:その1

次のいずれかの書類となります。

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳

(C)顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合:その2

次のいずれかの書類となります。

  • 戸籍謄本(抄本)
  • 住民票
  • 住民票記載事項証明書

など

(D)書類の住所が現在の住所と異なる場合

いずれもコピーではなく原本が必要です。

  • 現住所が記載されている本人確認書類:健康保険証・パスポート・年金手帳・母子健康手帳いずれか
  • 公共料金領収書(領収日から6ヶ月以内、領収押印があるもの):電気・ガス・水道・固定電話・ NHKいずれか
  • 官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6か月以内のもの):住民票、納税証明書、印鑑登録証明書等のいずれか

収入証明書類

いずれかの収入証明書類(最新発行分のコピー1部)が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書(直近2ヶ月分が必要、賞与支給がある場合1年以内「夏・冬・各々」の賞与明細書添付)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

各ケースで必要な本人確認書類

こちらでは申込のケースに分けて、どんな本人確認書類が必要かみていきましょう。

「かりかえMAX」をWebまたは電話で申し込む場合

  1. 上記の(A)(B)(C)の書類のいずれか2点
  2. 上記の(A)(B)(C)の書類のいずれか1点+(D)の書類のいずれか1点

「1」または「2」のどちらかを準備します。

ただし、ケースは所持人記入欄のないパスポート(2020年2月4日以降発給申請分)を提示する場合、住所等の記載箇所がないため追加書類として(B)(C)(D)いずれか2点追加となります。

それ以外の場合

次のいずれかを準備します。

  • (A)の書類:ただし所持人記入欄のないパスポート(2020年2月4日以降発給申請分)を提示する場合、(B)(C)(D)いずれか1点追加。
  • (B)の書類2点
  • (B)の書類1点+(C)または(D)から1点:合計2点
  • (C)の書類1点+アコム簡易書留送付

アイフルのおまとめローンの注意点

アイフルのおまとめローンの注意点

必要書類いろいろありますが、ローン完済のためにしっかり準備しないと。
アイフルのおまとめローンの注意点について教えてください。

こちらでは、事前に把握しておくべき注意点を解説します。

借金自体が減ったり、帳消しになるわけではない

アイフルのおまとめローンを利用すれば、複数の金融機関のローンの返済先が一つにまとまります

金利も抑えられて、管理がしやすくなり便利です。

ただし、ローンをまとめたからと言って借金自体が減ったり、帳消しになったりするわけではありません

たとえ返済先が一つになっても、誠実にこつこつ返済する必要があります。

注意

借り入れを一つにまとめられるため、管理もしやすくなり金利も低くなるが、借金の元金が減るわけではない。

堅実な返済を!

アイフルのおまとめローンが利用できても、決して油断してはいけません。

返済が延滞すれば遅延損害金も発生します

遅延損害金の実質年率は20.0%です。

これは延滞のペナルティとして課せられます。

最高金利よりも高い遅延損害金が発生すれば、返済の負担は増大することでしょう。

事前にきちんとした返済プランをたてる必要があります。

アイフルの担当者と相談しつつ、無理のない堅実な返済を行っていきましょう。

注意

返済が延滞すれば、金利以上の遅延損害金を返済額に上乗せで払わなければいけなくなるため、返済プランなどはしっかりと立てておく必要がある。

おすすめのおまとめローン5選

おすすめのおまとめローン5選

アイフルのおまとめローンは便利ですが、他の金融機関のおまとめローンも気になります。
おすすめのおまとめローンがあれば是非教えて下さい。

こちらでは、5つの金融機関のおすすめおまとめローンを紹介します。

プロミス「おまとめローン」

アイフル おまとめ プロミス「おまとめローン」

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

プロミス「おまとめローン」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスで、返済日を毎月5日、15日、25日、末日のいずれかで選択できます。

融資限度額・貸付利率

自動契約機やお客様サービスプラザ(店頭窓口)、またはプロミスコール(電話)で申込できます。

  • 融資限度額:300万円以内
  • 貸付利率(実質年率):年6.3%~17.8%

返済方法・期間

最長10年までの長期間にわたる返済が利用できます

  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 返済日:5日、15日、25日、末日で選択可
  • 返済期間:最終借入後最長10年(返済回数:1回~120回)
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 年齢20歳~65歳以下の方
  • 安定収入のある方(パート、アルバイトをしている主婦、学生の方も含む)

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

アコム「借換え専用ローン」

アイフル おまとめ アコム「借換え専用ローン」

出典:https://www.acom.co.jp/

アコムの「借換え専用ローン」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスです。

融資限度額・貸付利率

店頭窓口・自動契約機(むじんくん)で契約を行います。

  • 融資限度額:300万円以内
  • 貸付利率(実質年率):年7.7%~18.0%(貸付金額100万円以上:7.70%~15.00%)

返済方法・期間

最長13年7ヵ月の長期間に及ぶ返済が利用できます

  • 返済方式:元利均等返済方式
  • 返済日:毎月払い
  • 返済期間:借入日から最長13年7ヵ月(返済回数:1回~162回)
  • 遅延損害金(実質年率):20.0%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 20歳以上の方
  • 安定した収入・返済能力を有する方

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

東京スター銀行「おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」

アイフル おまとめ 東京スター銀行「おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」

出典:https://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/unsecured_refinance/

東京スター銀行「おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスです。

インターネットで申込が可能な商品です。

融資限度額・貸付利率

最高おまとめ借り入れ額は1,000万円まで可能となっています。

  • 融資限度額:30万円~1,000万円
  • 貸付利率(実質年率):年9.8%・年12.5%・年14.6%

返済方法・期間

最長10年までの長期間にわたる返済が利用できます

  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 返済日:毎月10日(休業日の場合は翌営業日)
  • 返済期間:最長10年
  • 遅延損害金(実質年率):14.6%

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 年齢20歳~65歳未満の方
  • 給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)
  • 年収200万円以上の方
  • 保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる方

みちのく銀行「あわせ~る」

アイフル おまとめ みちのく銀行「あわせ~る」

出典:https://www.michinokubank.co.jp/kariru/free/awaseeru.html

みちのく銀行のおまとめローン「あわせ~る」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスです。

安定継続した収入があればパート・アルバイトの方々も利用可能な商品です。

融資限度額・貸付利率

最高おまとめ借り入れ額は500万円まで可能となっています。

  • 融資限度額:10万円~500万円
  • 貸付利率(実質年率):年4.5%~14.5%

返済方法・期間

最長10年までの長期間にわたる返済が利用できます

  • 返済方式:元利均等返済
  • 返済日:毎月6日、16日のいずれかの日
  • 返済期間:6ヵ月~10年以内

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 借入時の年齢が満20歳~69歳以下で、最終ご返済時年齢が満75歳以下の方
  • 安定した収入のある方(パート・アルバイトの方も含む)
  • 当行の審査基準を満たし、かつ保証会社の保証を受けられる方
  • 青森県、北海道、秋田県、岩手県、宮城県内にお住いの方

西日本銀行シティ「NCB おまとめローン(無担保型)」

アイフル おまとめ 西日本銀行シティ「NCB おまとめローン(無担保型)」

出典:https://714919.jp/loan/omatome/

西日本シティ銀行「NCB おまとめローン(無担保型)」は、複数のローンを借入中の方々向けのサービスです。

インターネット・ATMから申込が可能な商品です。

融資限度額・貸付利率

最高おまとめ借り入れ額は500万円まで可能となっています。

  • 融資限度額:10万円~500万円
  • 貸付利率(実質年率):年4.5%~15.0%

返済方法・期間

最長15年までの長期間にわたる返済が利用できます

  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 返済日:給与支給日またはその翌日
  • 返済期間:6ヶ月~15年以内

担保・保証人・申込対象者

担保・保証人の設定は必要ありません

申込は次に該当する年齢・職業の方々が条件です。

  • 申込時の年齢が満20歳~満75歳未満で、完済時の年齢が満80歳以下の方
  • 取扱店のお近くにお住まいの方
  • 保証会社の保証が受けられる方

アイフル おまとめ|まとめ

アイフル おまとめ|まとめ

アイフルのおまとめローンを利用すれば、返済や管理がしやすく金利が抑えられて、実際の返済額が軽減されることも期待できます。

しかし、借り入れている金融機関が多いと審査は通らない恐れもあり、ケースによってはまとめずに完済した方が良いケースも存在します

アイフルのおまとめローンを利用前に、返済間近のローンがあれば臨時返済で一気に完済するなど工夫も必要です。

また、おまとめローンを利用する際は、アイフル担当者とよく相談して手続きを進めていくことが大切です。