バンクイックでおまとめローンはできる?おトクに借り換える方法とは?

「返済のために、また別の会社から借りてしまった…」
「低金利の会社でローンを一本化できないの?」

ローン返済のために別の会社からお金を借り続け、気付いたら複数の会社から返済に追われることに…というケースに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

借り入れ先が多いと、どこでいくら借りていたかなどの管理が大変で返済が億劫になっていまいますよね。

そんな方は、できるだけ金利の低い会社でおまとめローンを利用したいですよね。

この記事では、低金利で有名なバンクイックでおまとめローンはできるのか、おトクに借り換えるにはどうすればよいのかという点について解説します。

「バンクイックでおまとめローン」ざっくり言うと…
  • 「おまとめローン」で複数の借り入れ先から1社にローンをまとめよう
  • 月々の返済額の減額や金利を下げるのに有効
  • 事前にシミュレーションをする必要性あり
  • 利用限度額は年収の3分の1まで

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを1社にまとめることを言います。

借り入れ先が多いと月々の返済額が増えるため、月々の返済負担を減らす目的で使われることが多いです。

おまとめローンの方法には以下の2つの方法があります。

  • 返済をまとめることに特化した「おまとめ専用ローン」を利用する
  • 借り入れ先を借り換えによって一本化する

まずはおまとめローンには「おまとめ専用ローン」と「借り換え」があることを理解しましょう。

借り換えとの違い

借り換えとは、金利の高いローンから金利の低いローンに借り入れ先を変えることをさします。

おまとめローンは一概に金利が下がるとはいえず、あくまで借り入れ先をまとめられることが最大のメリットです。

複数の会社から借りているわけでなければ、金利の低い会社に借り換えてしまうのが手っ取り早いでしょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンを利用することで、人によっては非常に多くのメリットが得られます。

おまとめローンを利用するメリットには、以下のようなものがあります。

これらのメリットについて、1つずつ解説します。

月々の返済額を減らせる

複数の会社からお金を借りていると、毎月各社にその返済額を支払わなければなりません。

しかしおまとめローンを利用すれば、ローンの返済先も1社にまとまります。

そのため月々の返済負担を減らせる可能性があるので、お金の工面に追われている方にはおすすめです。

金利が低くなり、総返済額が少なくなる可能性がある

一般的に、金利は借り入れ額が大きいほど下がります。

ケースにもよりますが、複数の会社から少しずつ借りるよりも1社と多額のローンを組んだ方が基本的にはおトクです。

返済額を減らせる可能性もあるので、複数の会社から借りている人はおまとめローンを検討してみてください。

管理の負担が少なくなる

複数の会社からお金を借りていると、やはりその管理は大変になります。

どこからいくら借りているのか、どこにいくら返済しなければならないのか考えるだけでもストレスになるかと思います。

そんな方は、おまとめローンで返済先を1社にすれば管理が格段と楽になるのでおすすめです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンを利用する上で、デメリットが生じる場合もあります。

おまとめローンのデメリットには、以下のようなものがあります。

これらのデメリットについて、詳しく解説します。

返済期間が長期化する

おまとめローンを利用する方は、まとめる前よりも月々の返済額を少なくする方が多いと思います。

その場合、返済終了までの期間は当然長くなります。

返済期間の長期化は、後述する返済総額の増加につながる可能性があります。

返済総額が増える可能性がある

上述した返済期間の長期化により、返済総額が増えてしまう可能性があります。

例えば、おまとめ前に3社から総額200万円をそれぞれ年利18.0%で借りており、24回払いで完済するものとします。

この場合、毎月の返済額は99,848円となり総返済額は2,396,352円になります。

おまとめローンで同額を年利15.0%、36回払いで完済するものとした場合、毎月の返済額は69,330円と減るものの総返済額は2,495,880円と10万円近く増加します。

返済期間を長期化させる場合は、金利シミュレーションツールなどを利用してきちんと計画を立てましょう。

金利が下がらない可能性があり、上がることも

おまとめローンを利用しても金利が下がらないことがあり、下手をすると上がってしまうこともあります。

金利には、以下のように借り入れ金額ごとに法律で上限が定められています。

借り入れ金額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円〜100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

借り入れ総額が100万円未満の場合、おまとめローンを利用しても会社によっては金利を18.0%に設定される可能性があります。

おまとめローンを利用する場合には、現状の金利と比較しておトクになるようにシミュレーションすることをおすすめします。

三菱UFJ銀行「バンクイック」でおまとめローンはできる?

ここから本題です!

三菱UFJ銀行のカードローンである「バンクイック」でおまとめローンはできるのでしょうか。

結論からいうと、バンクイックではおまとめローンを利用することができません。

バンクイックは「総量規制」に配慮している

バンクイックは総量規制という制度に配慮しているため、年収の3分の1程度までしか借り入れができません。

総量規制とは貸金業者による過剰貸付を防止するための制度で、貸金業者が貸し付けを行う場合に利用者の年収の3分の1を超えてはならないというものです。

バンクイックなどの銀行カードローンは規制の対象外ですが、現在では総量規制に配慮し同じ規定にのっとって融資を行なっています。

三菱UFJ銀行「バンクイック」の特徴

三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックとは、どのようなものなのか解説します。

バンクイックの特徴には以下のものがあります。

これらの特徴について、1つずつ解説していきます。

バンクイックの特徴①:金利は年1.8%~14.6%

バンクイックの1番の特徴は、年1.8%〜14.6%という圧倒的な金利の低さにあります。

以下の表は、バンクイックとその他主要なカードローン会社の金利を低い順に示しています。

カードローン会社 金利
バンクイック 年1.8%〜14.6%
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
レイクALSA 年4.5%〜18.0%

主要他社と比較してもバンクイックの金利が明らかに低いことがわかります。

バンクイックでは、利用限度額が多いほど利率も下がる

バンクイックでは、利用限度額に応じた変動金利を採用しています。

バンクイックでは利用限度額に応じて、以下のように金利が変動します。

利用限度額 金利
100万円以下 10万円以上 年13.6%〜14.6%
200万円以下 100万円超 年10.6%〜13.6%
300万円以下 200万円超 年7.6%〜10.6%
400万円以下 300万円超 年6.1%〜7.6%
500万円以下 400万円超 年1.8%〜6.1%

このように、バンクイックでは利用限度額が大きいほど金利が下がるようになっています。

利用限度額は総量規制への配慮もあり最大でも年収の3分の1程度までなので、年収が高い方はよりおトクにバンクイックを利用できるといえます。

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

バンクイックの特徴②:三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能

バンクイックはいわゆる銀行カードローンですが、三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できます。

ほとんどの銀行カードローンでは申し込み時に口座の開設が必要になるため、バンクイックは手軽さという点においても他の銀行カードローンよりも優れています。

三菱UFJ銀行の口座があればより便利に

必ずしも口座を開設する必要はありませんが、バンクイックは三菱UFJ銀行の口座を持っているとより便利になります。

三菱UFJ銀行の口座を持っていると

  • 返済時の三菱UFJ銀行口座からの自動引き落とし
  • 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)による振込

が手数料無料で利用できます。

わざわざ口座を作ってまで利用したい機能ではないかもしれませんが、すでに三菱UFJ銀行の口座を持っている方にとっては便利な機能です。

バンクイックの特徴③:提携ATMから手軽に返済できる

バンクイックは、提携ATMから手軽に返済ができます。

時間帯やATMによっては一部手数料がかかりますが、手数料無料で返済することもできておトクです。

バンクイックの特徴④:さまざまな用途に使用できる

バンクイックは、様々な用途に使用できる個人向け融資です。

趣味や遊び、引っ越し資金や冠婚葬祭など「急にお金が欲しい!」といった場合に利用できる点を売りにしています。

手軽な個人向け融資という部分もあり、利用限度額は10〜500万円と比較的低いです。

みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンの利用限度額は10〜800万円なので、かなり低くみえます。

ですが、個人向け融資としては十分な額が借りられるので問題ないでしょう。※事業性資金を除く

バンクイックのおまとめローン まとめ

バンクイックはおまとめローンとして活用することはできません。

ただし金利が低いため、普通にカードローンとして利用するだけでも優良なサービスです。

手軽にお金を借りたい方に、バンクイックはかなりおすすめです。

「バンクイックでおまとめローン」まとめ
  • 月々の返済額の減額や金利を下げるのに有効
  • 事前にシミュレーションをする必要性アリ
  • 利用限度額は年収の3分の1まで

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する