審査の甘いカードローンはあるの?おすすめの中小消費者金融を徹底比較!

審査の甘いカードローンが知りたい!
審査落ちしたけど違う所なら通る?

そんなお悩みをお持ちの方、いるのではないでしょうか。

そこで、この記事では審査が甘いカードローンについて詳しく解説していきます。

また、比較的審査に通りやすいと言われているカードローンもランキング形式で紹介しています。※当社調べ

ぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかる事
  • カードローンの審査は個人情報・勤務先情報・信用情報しか見られない
  • カードローンの中では「アイフル」「プロミス」「モビット」などが有名。
  • その中でも『アイフル』なら、初回30日間利息が0円!

カードローン_審査_甘い_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

審査が甘いカードローンはある?

カードローン_審査_甘い_甘い
結論から言ってしまうと、「審査なし」や「審査の甘い」カードローンは存在しません。

これは、賃金業者は賃金業法に則った融資を行う必要があるので致し方のないことです。

貸金業者とは、消費者金融などのことですが、貸金業者は法律上、「審査が甘い」「誰でも借りれる」などと表示してはいけないことになっています。

そのため、「審査の甘いカードローン」は存在しないのです。

カードローンの審査基準はどの会社でもだいたいは同じですが、異なっている部分はあります。

そのため、あるカードローンで審査に落ちても、別のカードローンでは審査に受かる、ということはあります。

しかし、これは審査の基準が違うというだけで、決して「審査が甘い」ということではないのです。

逆に、「審査の甘さ」や「無審査」を謳っている場合は闇金業者の可能性が高いです。

そのような業者と関わると人生が破滅することがあるので、絶対に関わらないようにしましょう。

カードローンの審査で見られる3つのポイント

カードローン_審査_甘い_ポイント
上でも説明したとおり、どのカードローンでも審査で見られるポイントはだいたいは同じです。

カードローンの審査で見られるポイントとしては、主に以下の3つが挙げられます。

カードローンの審査で見られる3つのポイント

逆に言うと、カードローンの審査において見られる情報はこの3つしかありません。

審査落ちしたことのある方は、なぜ自分が審査に落ちたのかがわかるかもしれません。

それでは、それぞれ解説していきます。

ポイント①:個人情報

個人情報は、主に以下の3つの項目がチェックされます。

  • 家族構成
  • 住んでいる家の種類
  • 住宅に関する固定費

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

家族構成

配偶者の有無や子どもがいるかなどのチェックです。

年収に対して養っている家族が多いと返済能力が低いと判断されてしまいます。

一方、同じ年収でも独身の場合や共働きの場合には、返済能力が高いのではないかと判断されます。

住んでいる家の種類

賃貸か、持ち家か、といったお住まいの家の種類が見られます。

賃貸か持ち家かで判断されるわけではありませんが、賃貸の家賃や持ち家の住宅ローンの残高は重要です。

住宅に関する固定費

持ち家の場合、住宅ローンの負担はどのくらいあるのか。

賃貸の場合、家賃は年収に見合ったものなのか、などが見られます。

いずれも年収に対する負担が重いと判断された場合には、審査で不利になるでしょう。

MEMO
そもそも、住宅に関する固定費をご自身で支払っていない場合は、その事をしっかりと申告しましょう。

ポイント②:勤務先情報

勤務先情報において、見られるポイントは以下の4つに分けられます。

  • 会社情報
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

会社情報

勤務先の規模や安定度のチェックがされます。

あまりに零細企業である場合は、審査に不利になる可能性があります。

また、社員数のチェックもされます。

社員数は、多ければ多いほど良いというわけではありませんが会社の事業規模や安定度を図るための1つの指標になっていることは間違いありません。

雇用形態

続いて、雇用形態のチェックです。

一般的に、カードローンの審査で有利になる順に並べると以下のようになります。

①公務員

②正社員

③契約社員

④派遣社員

⑤パート・アルバイト

フリーランスや個人事業主の場合は、事業内容や収入源について、なるべく定量的な資料を用意するなどすると審査が楽になります。

ただ、フリーランスや個人事業主では収入が保証されているわけではないので、毎月一定の収入が入ってくる雇用形態の人と比べると審査では不利です。

勤続年数

勤続年数は、長ければ長いほど審査に通りやすいと言って良いでしょう。

勤続年数が長ければ、今後もその企業で安定的に収入を得る可能性が高いと判断されるからです。

転職したばかりの場合など、勤続年数がアピールできない場合でも大丈夫です。

前の勤務先での勤続年数も一緒に申告することで信用を得ることができます。

年収

最後に、年収です。

年収は特に返済能力に直結するものになるので、1番重要な項目であると言えます。

逆に言うと、ここまで解説してきた項目に自信のない方でも、継続・安定した収入さえあれば審査を有利に進めることができます。

ポイント③:信用情報

最後に確認されるのが信用情報です。

信用情報とは、信用情報機関という、皆さんの金融商品に関する取引が一括管理された機関に掲載されている情報のことです。

具体的には、以下のような情報が掲載されています。

  • クレジットカードの利用状況
  • 過去を含めたカードローンなど借金に関する情報
  • 取引事実に関する情報

多くの金融機関は、これらの情報を審査の時に確認することになっています。

このような信用情報を管理している機関は3つあります。

  1. CIC
  2. JICC
  3. KSC

各社カードローンによって加盟している信用情報機関は異なります。

それぞれの信用情報機関で、カードローンに申し込みをする前にご自身の信用情報を開示することが可能です。

不安な方は事前にチェックしておくと、より効率的に審査を進めることができます。

信用情報の中でも、カードローンの審査においてチェックされるものは以下の4つです。

  • 他社借入状況
  • ローンの審査履歴
  • 過去の返済情報
  • 自己破産など債務整理の有無

それぞれのチェック項目について詳しく見ていきましょう。

他社借入状況

まず見られるのは、他社の借入状況です。

消費者金融や各種ローンの現在の借入残高がチェックされます。

住宅ローンや自動車ローンを除いた借入残高に、今回の借入希望額を足した金額が年収の1/3を超えていないことが最低条件となります。

借入件数についても、毎月の返済の観点から、4件以上あると審査は厳しいと認識しておきましょう。

各種ローンの審査履歴

資金に困っている場合、短期間で複数のローンに申し込んでしまう方が多いです。

審査の結果に問わず、各種ローンに申し込みをした時点で、信用情報機関に残ってしまいます。

短期間で3件以上申し込みをしていると、「お金にすごく困っている人」と思われてしまい、返済能力を疑われてしまいます。

同時に申し込みをするのは2件までにしておくのがカードローンの審査において有効です。

過去の返済情報

過去に、クレジットカードの支払いや各種ローンの返済において延滞・滞納がないかのチェックもされます。

しかし、「過去に1日遅れてしまったからもうダメだ」なんて思う必要はありません。

61日以上の延滞・滞納さえなければ、カードローンの審査においては問題ないと言われています。

自己破産などの債務整理

過去に、債権回収・強制解約・自己破産などがないかのチェックもされます。

経験がない方がほとんどかと思いますが、5~10年以内にこれらの履歴がある場合には、まず審査には受からないと思っておいたほうが良いでしょう。

カードローンの審査に落ちる人の5つの特徴

カードローン_審査_甘い_特徴
カードローンの審査に落ちる人の特徴としては、主に以下の5つがあります。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:収入がない・収入が不安定

収入がない人や、収入が不安定な人はカードローンの審査で落ちることが多くなっています。

これらの人は、金融機関に返済能力がないと判断されてしまうからです。

収入が不安定な人の場合、収入が低くなった月に余裕がなくなり、返済が滞ってしまうのではないかと疑われる場合が多いです。

そのため、収入が不安定な場合は、年収が高めでも審査に落ちてしまう場合があります。

特徴②:多重債務者

多重債務者もカードローンの審査で落ちることが多いです。

目安としては、4社以上から借り入れをしていると落ちやすいです。

多重債務者がカードローンの審査で落ちやすいのは、多くの会社から少しずつしか借りれないほどお金に困っていると判断されてしまうからです。

多重債務者がカードローンを借りたい場合には、まずはおまとめローンなどを活用して、借入先を1つに絞るべきです。

特徴③:ブラックリスト入りしている

ブラックリスト入りしている人も、カードローンの審査で落ちやすくなっています。

ブラックリスト入りする条件とは、具体的には以下のようなものです。

ブラックリストに登録される条件
  • 5年以内の3ヶ月以上の滞納歴がある
  • 5~10年以内の債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)歴がある
  • 5年以内の保証会社による代位弁済歴がある
  • 5年以内のカードの強制解約歴がある
  • 現在の借入残高が年収の3分の1を超えている

これらの条件に当てはまっている場合には、お金を借りるのは極めて困難でしょう。

特徴④:年収の1/3以上の借り入れをしている

年収の1/3以上の借り入れをしている人も、カードローンの審査では落ちやすいです。

貸金業法という法律によって、消費者金融などの貸金業者は年収の1/3以上のお金は貸してはいけないことになっているからです。

ただ、住宅ローンは例外として、この1/3の計算に入りません。

特徴⑤:一度に複数の申し込みをしている

一度に複数の申し込みをしている場合にもカードローンの審査で落ちやすいです。

多くの会社に一度に申し込まなければならないほど、返済能力が低くて追い詰められていると思われてしまうからです。

申込者がいつ金融機関に申し込みをしたかは信用情報機関のデータベースに記載されていますので、必ずバレてしまいます。

自信がなくても、申込みは1社ずつ行うようにしましょう。

カードローンの審査に通りやすくする2つのコツ

カードローン_審査_甘い_コツ
カードローンの審査に通りやすくするコツとしては、主に以下の2つがあります。

カードローンの審査に通りやすくする2つのコツ

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:利用希望額を低くする

カードローンの審査に通りやすくするコツとしてまず挙げられるのは、利用希望額を低くすることです。

金融機関にとっては貸す金額が少なければ少ないほど、リスクは小さくなります。

また、一般的に貸す金額が小さいほど返済をしてくれる可能性も高いです。

そのため、利用希望額を低くすると、金融機関が安心して貸し出しやすくなります。

コツ②:申し込みフォームには正直に記入する

カードローンの審査に通りやすくするコツとしては、申し込みフォームに正直に記入することも挙げられます。

申し込みフォームで少しでも返済能力を高く見せようと嘘を記入しても、多くの場合バレてしまい、逆に審査に通過できる確率が下がってしまいます。

「嘘をつくなんて信用できない人物だ」と思われてしまうからです。

申し込みフォームには正直に記入を行い、間違ったところがないか慎重に確認するようにしましょう。

審査が甘いカードローンを選ぶ時の3つの注意点

カードローン_審査_甘い_注意点
審査が甘いカードローンを選ぶ時の注意点としては、主に以下の3つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:審査通過率を見ても審査難易度はわからない

結論から言うと、審査通過率はどこも変わらないというのが現実です。

実際、大手消費者金融同士では、審査通過率にほとんど差はありません。

また、基本的に銀行カードローンや消費者金融は、審査通過率を始め、審査に関する情報を公表しません。

カードローン_審査_甘い_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

注意点②:系列の同じカードローンには申し込まない

次に、審査突破のための重要な情報をご紹介します。

各金融機関によって、審査の基準は異なります。

そのため、1度カードローンの審査に落ちてしまった場合、同じ審査基準のカードローンに申し込みをしたとしてもまた落ちてしまうということになります。

各金融機関の審査基準を知るためには、以下の2つの情報を認知しておけばOKです。

  • 加盟している信用情報機関はどこか
  • 保証会社はどこか

保証会社とは、そのカードローンの利用者が返済ができなくなった場合に、返済を肩代わりし負担する会社のことです。

つまり、保証会社の保証が受けられなければ、審査を突破することはできません。

例えば、三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちた方が、アコムを申し込んでも、審査通過の可能性は低いです。

1度どこかのカードローンの審査に落ちてしまい、次のところに申し込みをする場合は、信用情報機関と保証会社の接点がないところを選びましょう。

注意点③:闇金に関わらない

カードローンの最大の注意点は、闇金に関わらないようにすることです。

闇金にはさまざまなリスクがあるため、絶対に利用しないようにしましょう。

特に「誰でも借りれる」「無審査」「ブラックでもOK」などの文句を並べていたら、それは確実に闇金です。

闇金の中には、巧妙に正規の金融機関かのように見せているところもあるので注意しましょう。

大手消費者金融カードローンのメリット・デメリット

カードローン_審査_甘い_メリット
この見出しでは、大手消費者金融カードローンについて、以下の項目に分けて詳しく見ていきましょう。

大手消費者金融カードローンのメリット・デメリット

大手消費者金融カードローンのメリット

メリット
  • 即日融資も可能な審査スピード
  • 手厚い無利息サービス
  • ほとんどがインターネットのみで契約可能
  • 審査の柔軟性が高い

カードローンの最大のメリットは最短即日で借りれるスピード感です。

また、利用開始から1〜2ヶ月間の無利息サービスなどがほとんどの大手消費者金融には設けられています。

これは、銀行カードローンにはない魅力となります。

また、カードレスやインターネット完結など、審査の柔軟性が高いのも魅力です。

そんな大手消費者金融カードローンは以下のような方におすすめと言えます。

こんな人にオススメ!
  • すぐにお金が必要!という方
  • 短期間での借入を希望の方
  • 家族などにバレたくない方

大手消費者金融カードローンのデメリット

デメリット
  • 金利がやや高め
  • 利用するATMや返済方法によっては手数料がかさんでしまう

大手消費者金融の主なデメリットは、金利が18%程度と銀行などと比べて高いことです。

できるだけ短期間で返済し、利息を抑えたほうが良いでしょう。

おすすめの大手消費者金融カードローンTOP3

カードローン_審査_甘い_TOP3
大手消費者金融の中でも、特におすすめなのは以下の3つです。

おすすめの消費者金融カードローンTOP3

それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

1位:アイフル

カードローン_審査_甘い_アイフル

審査通過率や口コミなどの情報から、1番審査が甘いカードローンはアイフルです。

また、完全カードレスにも対応しているので、郵送物などが家に届く心配もゼロです。

しっかりと無利息サービスも設けてあるので、初めてカードローンをご利用する方にもオススメです。

カードローン_審査_甘い_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

2位:アコム

カードローン_審査_甘い_アコム

アコムは、審査スピードが魅力の消費者金融の中でも、特に審査が早いとの評判です。

最短即日融資や、緊急でお金が必要になった時などに特にオススメのカードローンとなっています。

また、消費者金融カードローンの中では唯一、クレジットカードとしての機能も利用できます。

使用用途の柔軟性もアコムカードローンの魅力です。

カードローン_審査_甘い_アコム

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

3位:レイクALSA

カードローン_審査_甘い_レイク

レイクALSAの最大の魅力は選べる無利息期間にあります。

無利息サービスはどの大手消費者金融にもありますが、選べるのはレイクALSAのみとなっています。

  • 全額適用で60日間無利息
  • 5万円までの適用で180日間無利息

以上の2つから選択することができます。

少額の融資を受けたい方や、短期間での借入をご希望の方には特にオススメのカードローンです!

また、最短15秒の事前審査もあるので、1度試してみると良いでしょう!

銀行カードローンのメリット・デメリット

カードローン_審査_甘い_銀行
この見出しでは、銀行カードローンについて以下の項目に分けて見ていきましょう。

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンのメリット

メリット
  • カードローンの中で最も金利が低い
  • 提携ATMの利用で手数料が抑えられる
  • 提供元の銀行の利用で金利優遇などのサービスがある
  • 銀行口座のキャッシュカードが利用できる場合がある

銀行カードローンの最大のメリットは、なんと言っても金利の低さにあります。

上限金利を見ても、平均で15%前後の設定となっています。

そのため、銀行カードローンは以下のような方におすすめできます。

こんな人にオススメ!
  • ある程度審査に自信のある方
  • 借入までの期間に余裕のある方
  • 中・長期での借入をお考えの方

銀行カードローンのデメリット

デメリット
  • 審査難易度がやや高い
  • 大手消費者金融に比べ借入までに時間がかかる
  • 無利息期間などのサービスが薄い

銀行カードローンでは、審査がやや厳しいのも現実です。

また、即日融資を希望している方にはオススメできません。

おすすめの銀行カードローンTOP3

カードローン_審査_甘い_おすすめ銀行
数ある銀行カードローンの中でも、特におすすめなものは以下の3つです。

それぞれの銀行カードローンについて詳しく見ていきましょう。

1位:楽天銀行スーパーローン

カードローン_審査_甘い_楽天

楽天銀行スーパーローンでは、楽天会員のランクによって審査優遇を受けることができます。

消費者金融よりも比較的審査が厳しいと言われる銀行カードローンにおいて、審査の優遇はかなりのアドバンテージとなります。

また、申し込み・ご入会で楽天ポイントのプレゼントがあるなど、日頃から楽天のサービスを利用している方にはとてもオススメのカードローンとなっています。

申し込みも楽天銀行アプリから完結可能など、カードローンの申し込みを機に楽天経済圏に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

2位:みずほ銀行カードローン

カードローン_審査_甘い_みずほ

金利の低い銀行カードローンの中でも、特に金利が低いのがみずほ銀行カードローンです。

また、銀行カードローンでは珍しく、申し込みが24時間受付かつWeb完結が可能となっています。

みずほ銀行の口座をお持ちの方は、キャッシュカードでの利用が可能なので、新たにカードを発行する必要がなく、財布がかさばることもありません!

3位:三菱UFJ銀行カードローン

カードローン_審査_甘い_三菱

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」も銀行カードローンでは珍しく、24時間インターネットから申し込みが可能です。

また、全国各地に設置されているテレビ窓口から土日祝問わずにカードの受け取りができます。

カードの郵送、到着を待たずに借入ができるのは、銀行カードローンの中ではかなりのスピード感を誇ると言っても良いでしょう。

中小消費者金融カードローンのメリット・デメリット

カードローン_審査_甘い_消費者金融
この見出しでは、中小消費者金融カードローンについて、以下の項目に分けて見ていきましょう。

中小消費者金融カードローンのメリット・デメリット

中小消費者金融カードローンのメリット

中小消費者金融のメリット
  • 大手消費者金融と同じ流れで借入ができる
  • 高額の融資はしないため、借りすぎてしまう心配がない
  • 独自の審査基準を持っているので、大手でダメだった場合でもチャンスがある

なんとなく、「大手に比べたら中小の方が審査が甘いのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなことはありません。

ただ、独自の審査基準を設けているところもあるので、これまで紹介してきた大手消費者金融や銀行カードローンの審査がダメだった方も、チャレンジしてみると良いでしょう。

中小消費者金融カードローンのデメリット

中小消費者金融のデメリット
  • 即日融資や土日に対応していないことがある
  • 大手に比べ、比較的金利が高い
  • 中小消費者金融を装った闇金が潜んでいる可能性がある

中小消費者金融は知名度が低いので、闇金との区別が大手消費者金融と比べて難しいのが難点です。

審査が甘いカードローンのまとめ

カードローン_審査_甘い_まとめ
ここまで、カードローンの審査と審査の甘いカードローンについて解説してきました。

審査についての情報は開示されていないものが多いため、審査の甘いカードローンを探すのはかなり難しいことは確かです。

本記事を参考に、ご自身の状況なども考慮しながら最適なカードローンが選べると幸いです。

それでは、本記事のまとめです。

本記事まとめ
  • カードローンの審査は個人情報・勤務先情報・信用情報しか見られない
  • 審査通過率の数字はどこも変わらない
  • 連続でカードローンの審査落ちを避けるには加盟信用情報機関と保証会社をチェック
  • 審査の甘いカードローンを探していると闇金に引っ掛かりがち
  • 闇金業者を見分けるには3つのポイントをチェック

カードローン_審査_甘い_アイフル

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)