今すぐお金を借りるには?お金を借りる方法を徹底解説!

今すぐにお金を借りるにはどうしたらいいの?
給料日前に出費が重なって大ピンチ!

予期せぬ出費などで急にお金が無くなってしまい、今すぐにお金を借りる必要があるという方に朗報です。

金額にもよりますが、現在は様々な方法で即日から数日中にお金を借りる手段がたくさんあります

個人事業主の方や法人の方でも、お金を借りる手段は豊富にあるので、赤字経営でも心配はいりません。

本記事では「お金を借りる」ということに焦点を当て、必要なお金を手に入れるための方法を詳しく解説していきます。

審査が必要のない借入方法もあわせて紹介しますので、お金が足りなくて困っているという方はぜひ最後までご覧ください!

「お金を借りる」をざっくりいうと
  • カードローンは即日融資もできるから早くお金を借りられる
  • 即日でお金を借りたいなら消費者金融カードローンがおすすめ
  • 消費者金融なので有名なのは「アイフル」「プロミス」「アコム」など。
  • 中でもアイフルなら、初回申し込みの場合30日間利息0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

お金を借りる方法は大きく分けて6つ

お金を借りる方法は大きく分けて6つ

お金を借りる方法を大きく分けると、以下の6つに分類されます。

お金を借りる6つの方法
  1. カードローン
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. 質屋
  4. 公的制度を利用する
  5. 個人投資家に出資や融資をしてもらう
  6. 家族や友人に借りる

お金を借りる最も一般的な方法は、カードローンの審査にパスしてお金を借りる方法です。

消費者金融や銀行などの貸金業者は、審査を行ったうえで、返済能力があると判断した者にのみお金を貸しています。

貸金業者はお金を貸すだけでは利益を得られず、返済中に金利を取ることで利益を獲得しています。

そのため、カードローンの審査は厳しくなり、安定した収入がない方は貸金業者からお金を借りることが難しい場合が多いのです。

しかし、その他の方法であれば収入が低くても、お金を借りられる可能性があります。

どうしてもお金が必要な時は収入が低いからとあきらめず、様々な方法を試してみましょう。

今日中にお金を借りる4つの方法

今日中にお金を借りる4つの方法

どうしても今日中にお金が欲しいという方に、お金を即日で貸してもらえる可能性が高い4つの方法を紹介します。

今日中にお金を借りる4つの方法
  1. カードローン
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. 質屋
  4. 友人・家族に相談する

カードローン

カードローンの中には、即日融資が可能な商品がいくつかあります。

即日融資が可能なカードローンの場合は、審査も数分程度で終了し、必要な本人確認などが済めば、その日のうちにお金の借入れが可能です。

「即日融資」ではなく「即日審査」と記載されている場合は、審査はその日のうちに完了しても、融資自体は翌営業日以降になるパターンが多いので注意しましょう。

カードローンの利点はお金の使い道を制限されないことと、ATMなどで手早く小額のお金を借りられる点です。

金利 年1.8%~18%
審査 あり
融資時間 即日~翌営業日以降
借入可能額 ~800万円程度

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

クレジットカードのキャッシング

もしもクレジットカードを持っているのなら、カードにキャッシング機能が付いているかもしれません。

クレジットカードにキャッシング枠ショッピング枠が付与されている場合は、利用限度額を超えない範囲で現金の借入れができます。

ただし多くの場合、キャッシング枠を使いすぎるとショッピング枠が圧迫されることになるため注意が必要です。

金利 年12%~18%
審査 なし(クレカ発行時は審査あり)
融資時間 即日
借入可能額 ~50万円程度(キャッシング上限額要確認)

質屋

家に価値が高そうなブランド品宝石類などがある場合は、質屋に持っていくのも一つの手です。

質屋では物の価値に応じたお金を貸してくれます。

万が一返済できなかった時は、質屋の判断で預けたものを売られてしまうので、大切な物を預ける時は注意しましょう。

金利 月4%〜8%
審査 なし
融資時間 即日
借入可能額 物品の価値と同等の額

友人・家族に相談する

急な出費が重なってしまったり、仕事を予期せず失ってしまったりした場合は、親しい友人や家族に相談してお金を貸してもらう手段を視野に入れても良いでしょう。

後のトラブルを避けるため、決して嘘はつかないように、誠実な対応を心掛けてください

また、いくら親しい仲であっても、金額が大きくなる場合は借用書を作った方が無難です。

金利 基本的になし
審査 なし
融資時間 即日~数日
借入可能額 ~100万円程度

高額融資でお金を借りる2つの方法

高額融資でお金を借りる2つの方法

多少時間はかかってもいいから高額の借入れがしたいという方に、高額融資でお金を借りる方法を2つ紹介します。

高額融資でお金を借りる2つの方法
  1. 信用販売系カードローン
  2. 不動産担保カードローン

信用販売系カードローン

消費者の代わりに立替払いを行う信用販売会社が発行しているカードローンは、低金利であるにもかかわらず高額な融資を受けられます。

その代わり審査や融資にかかる時間は普通のカードローンよりも多く、収入条件も厳しいのが特徴です。

金利 年3.5%~18%
審査 あり
融資時間 2~3週間
借入可能額 ~800万円

不動産担保カードローン

自分が持っている土地や建物などを担保としてお金を借りられるのが、不動産担保カードローンです。

無担保のローンよりも低金利で、借入可能額は不動産の価値によって決まります。

金利 年2%~9.8%
審査 なし
融資時間 2週間程度
借入可能額 不動産の価値と同等の額

低金利でお金を借りる6つの方法

低金利でお金を借りる6つの方法

金利が高くなると、返済時の負担が大きくなってしまいます。

できる限り低金利でお金を借りたいという方におすすめの方法は、以下の6つです。

低金利でお金を借りる6つの方法
  1. 銀行カードローン
  2. ろうきんカードローン
  3. 消費者金融カードローン
  4. 年金担保貸付
  5. JAバンク
  6. 共済貸付

銀行カードローン

銀行のカードローンも金利は発生しますが、一般的な消費者金融のカードローンよりも金利が低いのでおすすめです。

ただし、銀行のカードローン審査は厳しめなので要注意。

また、申込みから融資までは数日かかる場合が多いので、当日中にお金を借りたいという方は別の方法も同時に検討した方が良いでしょう。

金利 年3%~14.5%
審査 あり
融資時間 翌営業日~2週間程度
借入可能額 ~800万円

ろうきんカードローン

労働者の権利などを守るために日々活動している労働組合を中心に組織された「ろうきん」が発行しているカードローンです。

ろうきんは福祉金融機関なので、金利によって多額の利益を得ようとはしていません。

そのため、他のカードローンよりも低金利で借入れをすることができます

金利 年3%~9%
審査 あり
融資時間 1カ月程度
借入可能額 ~500万円

消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは、基本的に金利が高いことで知られています。

しかし、会社によっては初めてカードローンを利用する方に限り、数カ月間の無利息期間を最初に設けるというキャンペーンを行っていることがあるのです。

金利 無利子期間はなし(その後は年4%~18%)
審査 あり
融資時間 即日~翌営業日以降
借入可能額 ~800万円程度

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

年金担保貸付

年金を受け取っている方は、今後支払われる国民年金を担保にお金を借りることができます。

老齢年金だけでなく、障害年金遺族年金なども対象です。

ただし、返済が完了するまでは年金が一部もらえなくなるので注意しましょう。

金利 年2.8%
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1カ月程度
借入可能額 ~200万円

JAバンク

JA(農業協同組合)の組合員であれば、JAの金融機関グループからお金を借りることができます。

他社で借りるよりも低金利な上に、無担保・連帯保証人なしでも借りられるので便利です。

JAに1,000円から1万円の出資金を預けることで、農業関係者でなくても簡単に准組合員になることができます。

金利 年0.9%〜10.7%
審査 あり
融資時間 1~3週間
借入可能額 ~300万円

共済貸付

公務員の方であれば低い条件でお金を借りられる共済貸付もおすすめです。

ブラックリストに載っていても借入れができるので、公務員の方はぜひ利用してみてください。

ただし、借りたお金の使い道はある程度決められており、自由度が低い点には注意が必要です。

また、給与から返済額が天引きされることになるので、返済完了まではもらえる給料が減少してしまう点も覚えておきましょう。

金利 年0.93%~1.26%(貸付の種類による)
審査 あり
融資時間 1カ月程度
借入可能額 ~200万円

審査に落ちた後お金を借りる6つの方法

審査に落ちた後お金を借りる6つの方法

カードローンなどでお金を借りようとしても、審査に落ちてしまう場合があります。

審査に落ちた後は、以下の6つの方法でお金を借りられないか試してみましょう。

審査に落ちた後お金を借りる6つの方法
  1. 消費者金融カードローン
  2. 期間をあけてもう一度申し込む
  3. ブラックリストに登録されているかを確認する
  4. 生活福祉資金
  5. 緊急小口資金
  6. 総合支援資金

消費者金融カードローン

1つの消費者金融の審査に落ちたとしても、消費者金融は他にも複数社あるので他の会社では審査に通る可能性があります。

収入に関する条件や在籍確認の方法で審査の結果が変わることもあるので、1社落ちたからといってあきらめる必要はありません

また、申込内容に誤りがある場合も、審査に通らない可能性があります。

電話番号や住所など本人確認に必要な情報は正しく記入しなおしてから、再度申し込みを行ってみましょう。

本人確認がスムーズに取れれば、審査に受かる可能性がぐっと高まります。

期間をあけてもう一度申し込む

何社か審査を受けたにもかかわらず、どこからも融資を受けられなかった場合は、少し期間を開けて再度申し込んでみましょう。

カードローンの審査に落ちたという情報は、半年間は残ることになります。

そのため、情報が消えるまではどの会社もこちらを信用してくれない可能性があるのです。

ブラックリストに登録されているかを確認する

個人の信用にかかわる情報は、以下の個人信用情報機関に一定期間登録されます。

個人信用情報機関の種類
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

以前、返済額を滞納したことがあるという方は、ブラックリストに載っているかもしれません。

ブラックリストに載っている間は、約5年間、あらゆる機関の審査に通らなくなってしまいます

生活福祉資金

生活が苦しく、働き口もないという無職の方や低所得者の方、お金がなくて困っている高齢者の方や障害者の方に対して、無利子で貸付けを行ってくれるのが生活福祉資金です。

ただし、連帯保証人を立てられない場合は、年1.5%の金利が発生します。

細かな条件全てに当てはまっていれば、借入れが可能です。

各市区町村の社会福祉協議会に相談をして条件を確認し、申し込みを行ってみましょう。

金利 年1.5%(連帯保証人がいれば無利子)
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1カ月程度
借入可能額 ~60万円

緊急小口資金

低所得者で、緊急で少額の資金を必要としている方は緊急小口資金を借りられないか問い合わせてみましょう。

社会福祉協議会労働金庫に相談すると、面談などを経て条件に合うか確認をされ、貸付可能となれば無利子で資金を貸してくれます。

ただし、融資を受けてから2カ月後には返済が始まりますので、すぐには返済目処が立たないという方は注意が必要です。

金利 なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 2~4週間程度
借入可能額 ~800万円程度

総合支援資金

失業してしまったり、給料が下がったりしてしまったことで生活費も支払えないという方を救済するための総合支援資金も条件に合う方なら利用できます。

以下に当てはまる方は、条件さえクリアすれば総合支援資金を借りられるでしょう。

総合支援資金を受けられる世帯
  • 貸金業者などからお金を借りられない「低所得者世帯」
  • 障害者手帳を持っている方がいる「障害者世帯」
  • 65歳以上の高齢者の方がいる「高齢者世帯」
金利 年1.5%(連帯保証人がいれば無利子)
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 2週間~1ヶ月程度
借入可能額 15~60万円

無職・専業主婦でもお金を借りる5つの方法

無職・専業主婦でもお金を借りる5つの方法

収入がない無職の方や専業主婦の方でも、以下の5つの方法を使えばお金を借りることができます。

無職・専業主婦でもお金を借りる5つの方法
  1. 求職者支援資金融資
  2. 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
  3. 生活福祉貸付制度
  4. 生命保険の契約者貸付
  5. 生活保護金

求職者支援資金融資

今は仕事をしていなくても将来的に職に就ける状態だともらえる「職業訓練受講給付金」があります。

ハローワークに求職の申込みをして、毎回欠かさず職業訓練を受けることを条件に、生活費や交通費などを給付してもらえますが、その給付金は12万円程度です。

給付金だけでは生活ができないという方は、追加で「求職者支援資金融資」を申請することができます。

金利 年3%
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1カ月程度
借入可能額 ~10万円程度

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

ひとり親の方は、自分の収入だけでは子供の養育費を賄えない場合があります。

そのようなひとり親の方を救済する目的で作られた制度が、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度です。

収入などの条件はなく、母子家庭・父子家庭であることのみが条件となっているため、非常に借入れがしやすいという特徴を持っています。

金利 無利子(場合によっては年1.5%)
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1カ月程度
借入可能額 月2~15万円程度

生活福祉貸付制度

福祉資金や教育支援資金、不動産担保型生活資金など最大60万円の資金を年1.5%の利子で借りられる生活福祉貸付制度は、収入がない方でも利用することができます。

相談や申込みはお近くの自立相談支援機関にて行いましょう。

金利 年1.5%
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1カ月程度
借入可能額 10~60万円程度

生命保険の契約者貸付

積立型の生命保険に入っている方は、審査を受けることなくお金を借りることができます。

入金が早く、最短即日で融資されるのが特徴です。

生命保険を解約する必要はありませんが、解約時の解約返戻金は借りた分だけ少なくなってしまいます。

金利 年2%~6%
審査 なし
融資時間 即日~翌営業日
借入可能額 解約返戻金の7〜8割

生活保護金

生活保護は、病気やケガなどでどうしても満足に働くことができず、自分の収入だけでは生活ができないという方を国がサポートする制度です。

生活保護金は融資ではなく給付金なので、お金を返す必要はありません

しかし、生活保護を受給するための審査は厳しく、家庭訪問や扶養義務のある家族への連絡、関係機関への照合などを経たうえで、生活保護に値すると認めてもらう必要があります。

金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1~2ヶ月程度
借入可能額 生活に必要な最低限の額

コロナショックでお金を借りる7つの方法

コロナショックでお金を借りる7つの方法

2020年2月末頃から、新型コロナウイルス感染症の影響で職を失ったり、一時的に給料が減ったりしたおかげで、お金を借りる必要に迫られた方も多くいらっしゃるでしょう。

そんなコロナショックでお金を借りたい方が利用できる制度を7つ紹介します。

コロナショックでお金を借りる7つの方法
  1. 持続化給付金
  2. ひとり親世帯特別持続給付金
  3. 家賃支援給付金
  4. 学生支援給付金
  5. 特別定額給付金
  6. 子育て世代への臨時特別給付金
  7. 住宅確保給付金

持続化給付金

フリーランスを含む個人事業主の方が、コロナショックを受けてもなお事業を継続していけるようにと始まったのが持続化給付金制度です。

コロナの営業で売上が減少した企業や個人を対象に、100万円から200万円の給付が行われています。

金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 最短1週間程度
借入可能額 個人事業主は上限100万円
中小企業は上限200万円

ひとり親世帯特別持続給付金

コロナが流行する中で思うように働くことができず、金銭的な負担を感じているひとり親世帯の方は、ひとり親世帯特別持続給付金を利用してみましょう。

この給付金は、すでに児童扶養手当を受給している方を対象としています。

受給が認められれば、1世帯につき5万円、第2子以降は1人につき3万円の給付金が加算されます。

金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 半月~1カ月程度
借入可能額 世帯の子供の人数により決定

家賃支援給付金

コロナの影響により営業できなくなったせいで売上がなく、土地代だけ取られているという経営者に給付されるお金です。

個人事業主や中小企業の経営者が、持続化給付金とセットで申請できます

金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 申請から2か月以上かかるケースもある
借入可能額 最大100万円×6ヵ月

学生支援給付金

実家から出て一人暮らしをしている学生が対象の給付金です。

申請先は自分が通学している学校で、受給資格を認めるのも基本的にはその学校になります。

アルバイトで生計を立てている方も申請できるので、まずは学生課などに相談してみましょう。

金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 学校により異なる
借入可能額 10~20万円

特別定額給付金

2020年4月~5月頃に全国民に配られた特別定額給付金。

収入などに関わらず、4月27日の時点で住民基本台帳に記録されていた方は、全員現金10万円が支給されました。

特別定額給付金が再び支給される可能性があるかどうかは、2021年1月現在も不明なままです。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 2週間程度
借入可能額 10万円

子育て世代への臨時特別給付金

児童手当を受給している世帯を対象に、子育て世代への臨時特別給付金制度がつくられました。

受給が認められると、毎月児童1人につき1万円が上乗せして支給されます。

金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 各市区町村により異なる
借入可能額 対象児童一人につき毎月1万円上乗せ

住宅確保給付金

給料が減ってしまった個人の方が生計を維持できなくなった場合、住宅確保給付金を受給可能です。

世帯の人数によって支給される額が異なります

住宅確保給付金の上限額
  • 単身世帯:毎月5万3700円まで
  • 2人世帯:毎月6万4000円まで
  • 3人世帯:毎月6万9800円まで
金利 返済の必要なし
審査 あり(借入条件に当てはまるか確認)
融資時間 1カ月程度
借入可能額 世帯人数によって異なる

事業者がお金を借りる6つの方法

事業者がお金を借りる6つの方法

個人ではなく事業主としてお金を借りたい場合、以下の6つの方法を利用することができます。

事業者がお金を借りる6つの方法
  1. 個人事業主専用ローン
  2. ビジネスローン
  3. 日本政策金融金庫
  4. 投資家から出資を受ける
  5. 信用保証境界
  6. 法人向け不動産担保ローン

個人事業主専用ローン

個人事業主だけが利用できるビジネスローンです。

事業を始めたばかりで赤字経営が続いている方でも、審査が通る可能性が高いのが個人事業主専用ローンのメリット

金利は消費者金融のカードローンの金利と大差ありません。

金利 年4%~18%
審査 あり
融資時間 2~3週間程度
借入可能額 ~500万円程度

ビジネスローン

ビジネスローンは、お金に困っている事業主の経営を資金面でサポートしてくれるローンです。

審査が早く即日融資も可能なので、急いで資金が欲しいという方は重宝するでしょう。

金利 年3%~18%
審査 あり
融資時間 最短即日
借入可能額 500~1000万円程度

日本政策金融金庫

国のお金を借りられる日本政策金融金庫の貸付もおすすめです。

政府の意向で経営者をサポートしてくれているので、金利が安く、審査基準も厳しくありません

金利 平均年2%~3%
審査 あり
融資時間 1カ月程度
借入可能額 1億円以上も可能

投資家から出資を受ける

投資家に資金を貸してもらって経営をしている事業主もたくさんいます。

株式投資なども出資の形態のひとつです。

利息がかからないのは利点ですが、経営権を出資者に握られる恐れもあります。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 即日~4週間程度
借入可能額 ~1,000万円程度

信用保証協会

信用保証協会を介して銀行からお金を借りることもできます。

メリットは、万が一会社が倒産しても信用保証協会が立て替えてくれることになるので、銀行の審査に落ちにくくなるということです。

利息とは別に保証料を支払う必要があるので、その点には注意しましょう。

法人向け不動産担保ローン

法人として持っている不動産を担保にお金を借りることもできます。

他のローンに比べて長期間(最長35年)かけて返済できるのが、法人向け不動産担保ローンの魅力です。

金利 年2.5%~9%
審査 あり(担保になる不動産か確認)
融資時間 最短即日
借入可能額 不動産の価値と同等の額

返済義務なしでお金を借りる7つの方法

返済義務なしでお金を借りる7つの方法

後に返済する必要がないお金も存在します。

代表的なものは、以下の7つです。

返済義務なしでお金を借りる7つの方法
  1. クラウドファンディング
  2. 出資してもらう
  3. 投げ銭
  4. 在宅ワーク
  5. モノを売る
  6. 単発バイト
  7. 自己アフィリエイト

クラウドファンディング

大金を持っている個人投資家からだけでなく、世界中の出資者から少しずつお金をもらって事業を進める方法がクラウドファンディングです。

大勢の出資者が支援するため、一人ひとりの出資額は少なくて済みます。

出資者にお金を返す必要はありませんが、商品やサービスを代わりにプレゼントするなど、出資者へのお礼は必ず必要です。

インターネット上にあるクラウドファンディングサービスを利用すれば、誰でも簡単に出資を募ることができます。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 1~3カ月
借入可能額 ~1000万円程度

出資してもらう

起業家に金銭的なサポートを行うだけでなく、精神的なサポートやビジネスのアドバイスなども行ってくれる個人投資家も存在します。

エンジェル投資家」とも呼ばれる彼らは、起業家の熱意や将来性に期待してお金を出してくれるのです。

経営が軌道に乗り、経営資金に余裕が出てきたら、金銭的なリターンを渡す場合もあります。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 即日
借入可能額 ~1000万円程度

投げ銭

もともとはパフォーマーに対して、観客がおひねりを渡すことを投げ銭といいます。

昨今では投げ銭の形が進化し、動画配信者などに対してリアルタイムにお金を送金できるシステムが投げ銭として主流になってきているのです。

たとえば、大手動画配信サイトYouTubeの機能である「スーパーチャット機能」(通称:スパチャ)を利用し、人によっては月に200万円以上の投げ銭を受け取っています。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 即日
借入可能額 上限は特になし

在宅ワーク

仕事をすることでお金を得ることができるのは当たり前ですが、給料だけではお金が足りないという方は在宅ワークをしてみるのも良いでしょう。

クラウドワークスやランサーズなど、大手クラウドソーシングサービスを利用すれば、自分でも簡単にできる在宅ワークが複数見つかります。

データ入力やアンケートモニターなどの簡単な仕事を受注できれば、専門知識がなくても在宅ワーク可能です。

ただし、副業といえども稼いだ金額によっては確定申告が必要になるので注意しましょう。

金利 なし(金額によっては確定申告要)
審査 なし
融資時間 仕事による
借入可能額 2~10万円程度

モノを売る

古本や洋服、家電製品やゲーム機など、家にある使わなくなったものをかき集めて売れば、5万円ぐらいなら手に入る可能性があります。

最近はフリマアプリで簡単に物を売ることができるので、より手軽に物をお金に変えられるようになりました。

その代わり、高い値段で売るにはそれなりのコツが必要になるので、専門の買取業者に売った方が良い場合もあります。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 即日
借入可能額 1~5万円程度

単発バイト

日払いで給料が出る単発のアルバイトを数日こなせば、ある程度のお金を手にすることができます。

急ぎで少額の資金が欲しい方には打ってつけです。

タウンワークやインディード、マイナビバイト、バイトルなど、大手求人サイトでは毎日のように単発バイトや日雇いバイトの求人が出ています。

ただし、高額の日雇いバイトは体を使う肉体系の仕事が多く、女性の方や体力に自信のない方には厳しい場合があるかもしれません。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 最短即日
借入可能額 1万円程度

自己アフィリエイト

アフィリエイトはブログなどで商品やサービスを宣伝し、広告収入を得る方法です。

長期間安定した収入を得るには相当のテクニックを要するため、初心者の方にはあまりおすすめはでません。

ただし、自分で商品を購入したり、サービスに登録したりすることで収入を得る自己アフィリエイトを利用すれば、短期間で数万円程度稼ぐことができます。

ただし、報酬が決定してから実際に振り込まれるまで時間がかかることが多いです。

金利 返済の必要なし
審査 なし
融資時間 1~2カ月程度
借入可能額 3万円程度

おすすめ人気カードローン

おすすめ人気カードローン

お金をすぐに借りられて、金利も安いおすすめの人気消費者金融カードローンを5つ紹介します。

おすすめ人気カードローン
  1. アイフル|成約率が高い
  2. プロミス|最短1時間融資
  3. アコム|30日間金利0円!
  4. SMBCモビット|電話連絡なしで借りられる
  5. レイクALSA|無利息期間最長

アイフル|成約率が高い

アイフル

成約率が45%とプロミスやアコムに次いで高いアイフルもおすすめです。

Web申込なら24時間受け付けていますし、無人契約ルームに行けばアイフルカードを直接受け取ることができます。

審査時間は約30分と短く、最短1時間で借入れ可能です。

女性専用のサポートダイアルもあるので、はじめてカードローンを作るという女性の方には特に人気があります。

金利 年3%~18%
審査 あり(約30分)
融資時間 最短1時間
借入可能額 ~800万円
必要書類 本人確認書類
収入証明書
利用年齢 20~69歳(学生も可能)

 

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

プロミス|最短1時間融資

プロミス

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

カードレス対応で、最短1時間で融資まで可能です。アプリを利用すれば、スマホで申込みから借り入れ、返済もでき便利でしょう。

Web契約を行うことで即日融資が可能になるプロミスのカードローンがおすすめです。

申込を行う時間帯にもよりますが、上手くいけば最短1時間でお金を借りることができます。

平日土日関係なく、夜間も含め24時間借入れが可能です。

はじめてカードローンを作る方は、最初の30日間は利息ゼロで利用することができます。

金利 年4.5%~17.8%
審査 あり(約30分~)
融資時間 最短1時間
借入可能額 ~500万円
必要書類 本人確認書類
収入証明(原則50万円以上の時のみ)
利用年齢 20~69歳(学生も可能)

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

アコム|30日間金利0円!

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ。最短30分という審査スピードの早さに定評があります。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループなので信頼度が高いと評判です。

Web申込を行ったうえで、「むじんくん」という自動契約機によりカードを発行した場合は、最短即日で借入れできます。

スマホを持っていればカードがなくても借入れができるので、カードの発行を待てない場合でもすぐに利用可能です。

アコムも無利子期間を設けており、原則契約翌日から30日間は金利が無料になります。

金利 年3%~18%
審査 最短30分
融資時間 最短即日
借入可能額 1~800万円
返済方式 定率リボルビング方式
担保・保証人 不要

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

SMBCモビット|電話連絡なしで借りられる

SMBCモビット

SMBCモビットなら、スムーズに審査を通過すればおよそ3分で融資を受けられます。

ただし、申込む時間帯や曜日によっては、融資が翌日以降となる場合もあるので、なるべく早い時間帯に申込むようにしましょう。

お金を返すたびに利息分200円につきTポイントが1ポイント分貯まるので、お得にカードローンを利用したい方にはおすすめです。

モビットアプリを利用すれば、セブン銀行のATMからスマホのみで借入れをすることができます。

ただし、SMBCモビットには無利子期間がないので注意しましょう。

お金が必要_モビット

>>>モビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐモビットに無料登録する

金利 年3%~18%
審査 あり(10秒簡易審査)
融資時間 最短即日
借入可能額 ~800万円
必要書類 本人確認書類
収入証明書
利用年齢 20~69歳(学生も可能)

レイクALSA|無利息期間最長

レイクALSA

スマホATM取引システムを採用いているレイクALSAのカードローンなら、カードがなくてもスマホだけでスムーズに入出金ができます

全国にあるセブン銀行のATMから借入れ可能です。

借入れ時の手数料は24時間365日無料なので、いつでもお得にお金を借りることができます。

Web申込みを行えば、60日間金利が無料になる特典が付いてきます。

また、5万円までの借入れなら180日間無利息で利用可能です。

金利 年4.5%~18%
審査 あり(約15秒~)
融資時間 最短1時間
借入可能額 ~500万円
必要書類 本人確認書類
収入証明(原則50万円以上の時のみ)
利用年齢 20~70歳以下(学生も可能)

【低金利】おすすめ銀行カードローン

【低金利】おすすめ銀行カードローン

消費者金融のカードローンはどうしても利子が高くなりがちです。

審査が厳しくてもいいから、もっと低金利のカードローンでお金を借りたいという方は、以下の銀行のカードローンを利用してみましょう。

おすすめ銀行カードローン
  1. 三菱UFJ銀行カードローン
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. 楽天銀行スーパーローン
  4. オリックス銀行カードローン
  5. みずほ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン

金利が安く、Webで簡単に申し込めることから高い人気を得ている三菱UFJ銀行のカードローンです。

銀行の中にあるテレビ窓口でカードを発行できます。

本人確認や在籍確認は必須ですが、運転免許証があると比較的スムーズに手続きを終えることができます

1,000円からという少額融資が受けられるのも魅力です。

金利 年1.8%~14.6%
審査 あり
融資時間 最短翌日
借入可能額 ~800万円程度

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座を開設することなくカードローンを利用することができます。

100万円以下の借入れでも金利はたったの14.5%なので、できる限り低金利で少額融資を受けたいという方には特におすすめです。

来店する必要はなく、Webのみで申込み手続きが行えます。

返済金額は借入金額にもよりますが最低2,000円からでOKなので、利用者の負担が少ないです。

金利 年4%~14.5%
審査 あり
融資時間 最短翌営業日
借入可能額 10~800万円程度

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天会員の方がお得に利用できるカードローンといえば、楽天銀行スーパーローンです。

楽天会員がカードローンを作れば、1,000円分のポイントをもらえます

金利 年1.9%~14.5%
審査 あり
融資時間 最短翌日
借入可能額 10~800万円程度

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行はインターネットによるサービス展開に力を入れており、カードローンの申込みもWebのみで完結できるようになっています。

必要書類は全て画像にてアップロードが可能です。

メインの年齢層が比較的高めなためか、がん保障特約付きプラン「Bright」が特に人気を得ています。

金利 年1.7%~17.8%
審査 あり
融資時間 最短翌営業日以降
借入可能額 ~800万円程度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行の口座を持っている方はもちろん、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいるという方にもみずほ銀行カードローンがおすすめです。

住宅ローンを組んでいるのなら、カードローン契約時に金利が0.5%引き下げられます

みずほ銀行のキャッシュカードがそのまま借入れに利用できるため、カードを発行する手間が省けるのも嬉しいポイントです。

金利 年2%~14%
審査 あり
融資時間 最短翌営業日以降
借入可能額 ~800万円程度

カードローンの審査に失敗しない方法

カードローンの審査に失敗しない方法

カードローンの審査に受かるためには、いくつか注意すべき事柄があります

カードローンの審査になかなか受からないという方は、以下の3点を守れているか一度確認してみましょう。

カードローンの審査に失敗しない方法
  1. 個人情報の入力は正確に行う
  2. 希望借入額は30万までがベスト
  3. 申込時間に注意しよう

個人情報の入力は正確に行う

手書きではなく、ネットで個人情報を入力すると、入力ミスなどで名前や住所を知らないうちに間違えてしまう可能性があります。

カードローンなどで審査するのはその人が信用できるかどうかという点なので、誤った情報を提出するのは望ましくありません。

特に電話番号を間違えていると連絡が取れず、本人確認ができないので当然審査に落ちてしまいます

また、借入れ状況について嘘の申告をした場合、必ず銀行や消費者金融にはバレてしまいまうため、すべて正直に記載するのがベストです。

希望借入額は30万までがベスト

ローンを借りる時はなるべく金額が多い方がいいだろうと必要金額よりも多く申請を出す方がいます。

しかし、現在50万円以上の借入れを行う場合は、必ず収入証明書を提出しなければなりません

用意する書類が増えることで、融資までの期間が長くなる恐れがあります。

借入金額が上がるほど審査も厳しくなるので、カードローンの審査に落ちたくないという方は30万円までにとどめておいた方が無難です。

申込時間に注意しよう

即日融資も可能なカードローンですが、申し込む時間帯によっては翌営業日まで融資がズレこんでしまう可能性があります。

24時間申込みを受付けていたとしても、審査が24時間行われているわけではありません。

在籍確認の時間などを考慮すると、朝8時~9時ごろなどできるだけ早い時間帯に申し込みを行う方が得策でしょう。

利用してはいけないお金を借りる方法

利用してはいけないお金を借りる方法

どんなにお金に困っていても、絶対に利用してはいけないお金を借りる方法がいくつかあります。

自分自身だけではなく、家族や友人が被害にあう恐れもあるため、少なくとも以下の3つの方法でお金を借りるのはやめておきましょう。

利用してはいけないお金を借りる方法
  1. 闇金でお金を借りる
  2. 違法ファクタリング業者に注意
  3. SNSでお金を借りる

闇金でお金を借りる

審査もなく簡単に多額のお金を借りられるという甘い言葉で契約をさせて、後に無茶な返済スケジュールを突きつけ巨額の利息を請求してくる闇金からは決してお金を借りてはいけません。

万が一被害にあってしまった場合は、警察や消費者生活センター、弁護士に相談しましょう

放置すると、自分だけではなく家族や職場にまで迷惑をかけてしまう恐れがあります。

違法ファクタリング業者に注意

ファクタリングは企業の売掛債権を買い取り、現金化することによって資金を調達することで、それ自体は違法なことではありません。

しかし、高額な手数料を要求してくる「給与ファクタリング」は違法である可能性が高く、貸金業登録を受けていない場合が多いです。

「給料日よりも前に現金を手にできる」という甘い言葉に騙されず、手数料に怪しい部分はないか、貸金業登録がされているかをしっかりと確認しましょう。

SNSでお金を借りる

SNSでただの個人アカウントが「金利無料でお金を貸します」というようにメッセージを送ってくる場合があります。

安易に信じてしまうと巧みに個人情報を聞き出され、情報を売られてしまう恐れがあるため注意しましょう。

個人間融資の場合は警察や弁護士が介入するのが難しく、アップロードしてしまった本人確認書類などがネット上に流出することを止めることができない可能性が高いのです。

簡単にお金が借りられるからといって、絶対にSNSの個人アカウントからお金を借りてはいけません。

お金を借りるなら計画的に利用しよう

お金を借りるなら計画的に利用しよう

返済の目処がきちんと立てられていて、今すぐにお金を借りたいという方は、以下の6つの方法のどれかをぜひ試してみてください。

お金を借りる6つの方法
  1. カードローン
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. 質屋
  4. 公的制度を利用する
  5. 個人投資家に出資や融資をしてもらう
  6. 家族や友人に借りる

お金を借りる方法はたくさんありますが、返済義務がある場合は返済しきることが絶対条件となります。

返済を怠るとブラックリストに載ってしまう恐れもあるため、計画的にお金を借りるように心掛けましょう!

「お金を借りる」のまとめ
  • カードローンは即日融資もできるから早くお金を借りられる
  • 低金利でお金を借りたいなら銀行カードローンがおすすめ
  • 生活に困っている方は国の制度も利用できる
  • 審査に落ちないためには情報を正しく記載しよう
  • 闇金など違法な業者からは絶対にお金を借りないように!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

この記事のアドバイザー(専門家)

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)