【ガチやばい】お金を借りる方法6選!今すぐ借りたい人の最適な選択は?

今すぐお金を借りる方法をできるだけ多く知りたい!
ガチやばい!自分はどこでお金を借りればいいの?

急な出費や支払い、突然の解雇など、今すぐお金を借りたいという状況は急に起こるものです。

お金を借りたいと思っても、金融機関が多くて迷ってしまいますよね。

どこならお金を借りられるか、どこが安全なのかと不安も感じるものですよね。

お金を借りる際に、大切なのは情報収集。

自分の属性やニーズに合った方法で借りないと、後から困ることもあります。

ここではお金を借りる方法について、「即日借りたい」「低金利で借りたい」「無職だけど借りたい」などのニーズや属性別にご紹介します!

自分に最適な方法を見つけましょう!

この記事でわかること
  • まずは確認したい!即日でお金を借りる方法
  • 今すぐできる即日でお金を借りる方法
  • 消費者金融の特徴や注意点とおすすめ
  • 無職や専業主婦、若者でも借りられる方法
  • 誰もが知っておきたい!公的融資制度

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

まずは確認。審査なしで即日お金を借りる方法

ATMで出金する

まずはじめに、審査不要で即日お金を借りることができる方法をご紹介します。

この場合、既に申し込んでいたり、担保があったりすると利用が可能です。

クレジットカードのキャンシング枠

クレジットカードには「ショッピング枠」とは別に、お金を借りることができる「キャッシング枠」があります。

このキャッシング枠が余っていれば、審査なしで提携ATMから現金を借りられます。

キャッシング枠の特徴を確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングの特徴
  • 金利…15~18%(カードローンより高め)
  • 融資までの期間…即日も可能
  • 融資金額…数万円~数十万円(カードローンより少なめ)

金利が高い傾向にあるので、今後何度も利用する可能性があるなら、カードローンの方がお得な場合もあります。

まずはお手元のクレジットカードにキャッシング枠がついているか、枠が余っているか、また金利についても確認しましょう。

増額する場合には審査が必要になるので注意してください。

郵便局の自動貸付け

郵便局に定期預金を預けている場合、自動貸付けを利用できます。

自分の預金が担保となるため、審査も不要です。

詳しい条件を見てみましょう。

[table “1844” not found /]

金利も低いので、定期預金を預けている場合は利用を考えましょう。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険に加入している人は、契約者貸付制度が利用できます。

生命保険の契約者貸付制度とは
「解約返戻金(保険解約時に支払われるお金)」の一部を担保にして、現金を借り入れるもの。

保険を解約する必要もありませんし、審査もいりません。

対象となる保険が限られているので、まずは確認しましょう。

ただし、返済については注意が必要です。

注意
返済時は、毎年の利子が元金に含まれ、利子に対しても利子がつく複利方式です。気付かぬ間に返済額が膨らみ、解約返戻金を超えると保険が解約になることもあるので、注意してください!

質屋

質屋では、物を預けることでその日のうちにお金を借りることができます。

ブランド品や貴金属などを査定してもらい、7~8割の金額を借りられます。

他と比べてのメリットは、返済できなくても支払い義務が免除されることでしょう。

その代わりに担保にしたものが売却される仕組みです。

今からできる!即日お金を借りる方法

即日お金を借りる

今からできる即日でお金を借りる方法と言えば、消費者金融のカードローン。

スピーディーな審査利便性も良いがメリットですが、会社や審査に不安を抱えている方もいるでしょう。

消費者金融カードローンについて確認しましょう。

消費者金融とは

アコムやプロミスなどでお馴染みの消費者金融。

違法な高金利で貸し出しをしているのでは?
執拗な取り立てをされそう…

このような不安を感じる方もいると思いますが、それは一昔前の話です。

現在は貸金業法と出資法が改正され、上限金利が以下のように定められています。

  • ~10万円未満 年20%
  • 10万円以上~100万円未満 年18%
  • 100万円以上 年15%

法定金利を超えれば違法となり、刑事罰の対象となるリスクを消費者金融は抱えているのです。

また、総量規制により、消費者金融で貸し付けができるのは年収の3分の1までと定められています。

逆にこれ以上の高金利であったり、審査なしなどの甘い言葉で誘惑するのは闇金の可能性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう!

 即日融資可能で、利便性の良さが魅力

消費者金融の魅力は、金融機関の中でも即日融資が可能というスピーディーさです。

お金を借りたい、困っている人にとって本当に助かるサービスと言えるでしょう。

多くの大手消費者金融が「審査まで最短30分、融資まで最短1時間」です。

また、現在はWEBのみで申込みができる「WEB完結」や、アプリで申し込みや借入、返済も可能です。

提携ATMだけでなく、コンビニのATMで借入や返済ができる利便性の良さも人気のポイントでしょう。

審査で押さえておくべきポイント3つ

消費者金融でも、必ず審査が必要です。

審査について

審査に通るか不安…

という人も多いですよね。

審査が不安な方は、消費者金融の「申込条件」を確認しましょう。

たとえばプロミスの申込条件は次のように書かれています。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD61Control/APD61002

主婦やパート、また65歳以上で不安を抱えている方でも、申込みができると明記されています。

また、審査が不安な方は嘘をつかずに正直に自分の状況を申告し、利用限度額を低めに設定して申し込むといいでしょう。

在籍確認について

在籍確認で会社や家族にバレない!?

申込む方としては、できれば周囲に消費者金融の申込みはバレたくないですよね。

消費者金融の審査では、申告された職場に本当に在籍しているかという在籍確認が行われます。

在籍確認について
在籍確認は基本的に電話で行われます。大手消費者金融では、会社名でなく個人名で名乗るのが一般的です。在籍確認は電話がかかってくる時間帯の指定もできますし、場合によっては電話以外で行うこともあります。

不安を抱えている方は、事前に電話で相談しましょう。

また、申込みがWEBのみでできる「WEB完結」なら、カードレスで自宅に郵送物が届きません。

SMBCモビット」ならWEB完結申込ができ、WEB完結なら電話連絡がないので、不安な方は検討してください。

即日融資にするポイント

いくら消費者金融がスピーディーと言っても、夜遅くまで対応できるわけではありません。

各社、審査の終了時間を定めているので、事前に確認しましょう。

即日融資を受けるためには、終了時間の1時間前に審査を終わらせておくと安心です。

また、本人確認書類や、借り入れる金額によっては収入証明書も必要です。

必要書類も事前に確認して審査に望んでくださいね。

おすすめのカードローン

おすすめカードローン

消費者金融の数も多いため、迷ってしまう人も多いでしょう。

無利息期間や金利、利便性の良さを比較して、おすすめの消費者金融をご紹介します。

 第1位:プロミス

1位は大手の中でもお得に借りやすいプロミスです。

はじめての借入は上限金利で決まることが多いですが、プロミスは17.8%と大手消費者金融の中で1番低いのが特徴です。

また、無利息になる期間についても、プロミスは「初回出金時から」はじまります。

他の大手消費者金融は契約日から翌日のため、場合によっては無利息期間を有効活用できない可能性があるのです。

また、2020年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン第1位」も獲得。

利用している人からも高評価です。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

第2位:アイフル 

接客対応の良さが有名なアイフルは、女性専用ダイヤルなどのサービスもあり、はじめての方におすすめです。

はじめての利用で不安の大きい人にはアイフルが合うでしょう。

アプリ「アイフル」では、カードレスでセブン銀行やローソン銀行のATMより借り入れや返済が行えます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

第3位:アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループという安心感のあるアコム。

以前より審査スピードの速さに定評があります。

インターネット、電話、そしてアプリ「アコムナビ」では24時間申込の対応しています。

初回の方であれば、なんと30日間に限って『利息0円』で借り入れすることができますよ!

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

第4位:レイクALSA

レイクALSAは、他の大手消費者金融に比べて無利息期間の種類が豊富です。

無利息期間は「60日間(WEB申込のみ)or5万円まで180日間(ともに契約額が200万円以内の場合)」のいずれかから選択します。

少額や短期間の借り入れを予定されている方は使い勝手がいいでしょう。

アプリ「e-アルサ」を利用すれば、申込からカードレスでセブン銀行のATMで借り入れ、返済が可能です。

低金利でお金を借りる方法

低金利で借りる

お金を借りる際、低金利であることは重要事項の一つです。

特に長期間借りるほど、低金利の方が助かります。

低金利で借り入れができる2つの方法をご紹介します。

銀行カードローン

低金利で借りたい場合は、消費者金融よりも銀行カードローンを利用しましょう。

比較してみると、やはり銀行の方が金利が低くなります。

金利の比較

銀行のカードローン…1.8~15.0%程度

消費者金融のカードローン…3.0~18.0%程度

ただし銀行は低金利な分、審査が厳しい傾向にあります。

また、審査にかかる時間が長く、最短翌営業日~1週間程度かかります。

今すぐ借りたい人や審査に不安がある人は、消費者金融が向いているでしょう。

ろうきんカードローン

あまり知られていませんが、ろうきんのカードローンも低金利です。

たとえば中央ろうきんの金利は、所属している会員種別で以下の通りになります。

中央ろうきんの金利

団体会員の構成員 年3.875%~年7.075%

生協会員の組合員および同一生計家族 年4.055%〜7.255%

上記の以外の一般の勤労者 年5.275%~年8.475%

はじめての借り入れが上限金利で決まることも多いと考えれば、銀行よりも低金利です。

ファミリー世帯だと生協に加入している場合もあるので、配偶者に聞いてみましょう。

注意
ただし一般の勤労者でカードローンを利用する方は「ろうきん友の会(年会費無料)」に加入し、1000円以上の出資をする必要があります。

まずは自分の住んでいる地域のろうきんを調べて見ましょう。

早くて3~4営業日で借り入れが可能です。

短期間、低金利でお金を借りる方法

短期間低金利で借りる

短期間借り入れる場合は、次に紹介する方法の方が銀行カードローンよりも低金利になる場合があります。

消費者金融カードローンの無利息期間

大手消費者金融のカードローンでは、はじめての利用に限り「無利息期間」が設けられています。

それぞれの期間を比較しましょう。

大手消費者金融の無利息期間
  • 「プロミス」…初回出金時の翌日~30日間
  • 「アイフル」「アコム」…初回契約日の翌日~30日間
  • 「レイクALSA」…初回契約日の翌日~60日間。もしくは、5万円まで初回契約日の翌日~180日間

それぞれ条件があるので確認しましょう。

返済の目途が付いている場合は、無利息期間を有効活用すれば低金利になる場合もあります。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

キャッシュレスのPayPay

2020年5月よりキャッシュレスの「PayPay」がお金を借りるサービスをはじめました。

PayPayを経由して、ジャパンネット銀行のカードローンに申し込む仕組みです。

ジャパンネット銀行カードローンの30日間+PayPayのユーザーなら70日間=100日間

PayPayなら無利息期間が100日間適用となるので、早めに返済の目途が付いている方は検討してみては。

その後の金利は、ジャパンネット銀行の1.59〜18%です。

ただし、融資まではジャパンネット銀行に口座のある方で約1週間、ない方は約3週間と時間がかかるので注意が必要です。

無職・学生・専業主婦がお金を借りる方法

無職・学生・専業主婦

無職や若者、専業主婦でお金を借りる方法についてもみてみましょう。

専業主婦は銀行カードローン

専業主婦の場合、総量規制のある消費者金融では借入ができませんが、銀行カードローンではできる場合もあります。

都市銀行では借りられませんが、以下のネット銀行では配偶者に収入のある専業主婦なら申込みができます。

これらの銀行では、同意書があれば夫に直接連絡も行きません。

地方銀行でも行っていますが、口座開設に時間がかかるので注意しましょう。

40歳未満ならCREZITもある

2020年3月にサービスがスタートした「CREZIT」は、デジタルネイティブ向けのモバイルクレジットです。

スマホで申込みから借り入れまで完結できます。

利用実績を繰り返すことで限度額が増加。

40歳未満なら最大10万円まで3か月間無利息と、無利息期間が長いのが特徴的です。

学生が借りる方法

基本的に20歳未満の学生は消費者金融などでの借入ができません。

20歳以上であっても、長期的なアルバイトなどで安定した収入がある必要があります。

内定をもらっている方は、銀行やろうきんの「内定者専用ローン」を利用しましょう。

内定者ローンを行っているのは以下の金融機関です。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

全国展開ではなく、住んでいる地域や内定先の地域が条件になりますので、事前に確認しましょう。

公的融資制度の利用を考えよう

後ほどご紹介しますが、公的融資制度の利用も検討しましょう。

公的融資制度でも審査がありますし、融資までに時間もかかります。

一方で、他に比べて金利が低いのも特徴です。

知らなかったけれど、これなら自分でも利用できる!

と思えるような制度がある場合も。

公的融資制度の種類や内容については、はじめに知っておくことをおすすめします。

高額融資を受けたい人

高額融資

高額融資を受けたい人は、信販会社のカードローンを検討しましょう。

信販会社は聞きない人も多いと思いますが、クレジットカードなどの信用販売を行う会社のことです。

信用販売をメインに行っている会社なので、ローンを利用する際にも安心感があります。

主な信販会社のカードローンは次の通りです。

信販会社のローンは、銀行並みの低金利です。

また限度額も高いため、高額融資を希望する方におすすめです。

信販会社独自のポイントや割引サービスもあるので比較しましょう。

ただし審査は厳しめで、融資までに1週間~10日間ほどかかります。

事業者がお金を借りる方法

事業者がお金を借りる

事業者の方がお金を借りる際に知っておきたいローンをご紹介します。

ビジネスローン

個人事業主や中小企業の方は、ビジネスローンという選択肢を覚えておいてください。

給与が保証されていなかったり、利益が安定しない個人事業主や中小企業向けに展開されているのがビジネスローンです。

また、ビジネスローンの場合総量規制(借入ができるのは年収の3分の1まで)の対象外です。

日本政策金融金庫

日本政策金融金庫は、国が100%出資している金融機関です。

銀行や信用金庫で借りられない人でも資金調達をサポートしてくれるため、経営が傾いていても利用できます。

例として対象や貸付金額を紹介します。

他にもさまざまな種類があるので確認してみてください。

誰もが知っておきたい!公的融資制度でお金を借りる方法

公的融資制度

公的融資制度は、審査や融資に時間はかかるものの、低金利や無利子であるという特徴があります。

カードローンを考えるのと同時に、公的融資制度についても利用できるものを確認しておきましょう。

 緊急小口資金貸付

公的融資制度の中でも支払いまでが約1週間と早いのが緊急小口資金貸付です。

原則10万円以内ですが、新型コロナウイルス感染症の影響による特例貸付では、20万円以内となっています。

自分が住んでいる市区町村社会福祉協議会で相談や手続きを行いましょう。

総合支援資金

総合支援資金は、失業中であったり、減収した方向けの制度です。

金利は「連帯保証人ありなら無利子。連帯保証人なしなら年1.5%」という低金利です。

貸付までは約1ヶ月~1ヶ月半ほどかかるので、余裕を持ちましょう。

ただし、新型コロナウイルス感染症の影響による特例貸付の場合、以下のように変わります。

総合支援資金特例貸付
金利は「無利子」。送金までの期間は、申請書を受理してから15~19営業日程度です。

こちらも住んでいる市区町村の社会福祉協議会で相談や手続きを行います。

求職者支援資金融資制度

職業訓練を受けている方は、求職者支援資金融資制度を検討しましょう。

まずはハローワークで相談や手続きを行いましょう。

その後、ハローワークが指定する金融機関で貸し付けの手続きを行います。

母子父子寡婦福祉資金貸付

母子父子寡婦福祉資金貸付は、20歳未満の児童を扶養するひとり親家庭の方が利用できる制度です。

貸付までに2~3ヶ月かかるので、前もって最寄りの地方公共団体の福祉担当窓口で相談しましょう。

教育一般貸付

教育一般貸付は、日本政策金融金庫が行う国の教育ローンです。

受験前でも申し込み可能で、来店不要で手続きもできます。

幅広い世帯年収の方が利用できるので相談してみましょう。

年金担保貸付

基本的に収入が年金のみの方は、消費者金融などの利用が難しい状況です。

その代わりに年金担保貸付の利用を検討しましょう。

こちらは年金の受給権を担保にし、申込時に年金証書を預けます。

返済が終わるまでは年金の一部を受け取ることができなくなるので注意しましょう。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、家や土地を担保にして融資を受けられる高齢者向けの制度です。

不動産が担保となるため、収入がなくても借り入れができます。

他に、家や土地などの不動産を担保にしてお金を借り、死亡時には住居を売り元金を返済する「リバースモーゲージ」もあります。

審査に落ちた後

審査に落ちた後

カードローンなどの審査に落ちた場合、どうしたらいいのか悩みますよね。

注意点や他の方法をご紹介します。

申込みブラックに注意

カードローンの審査に落ちた際、頭に入れておきたいのが申込みブラックにならないよう注意することです。

一般的には半年以内に3社以上に申込むと、お金に困っていると判断され、申込みブラックだと判断されます。申込みブラックになると、約6か月間は審査に通過するのが難しくなります。

どうしてもお金を借りたいからと焦る気持ちはわかりますが、申込みブラックになると、一定期間融資が受けられません。

自分に合った金融機関を吟味してから申し込みましょう。

他の消費者金融カードローンに申し込む

通常審査に落ちれば、他の消費者金融に申込むことになります。

審査の通過率をあげる一つの参考として、大手消費者金融がサイトのIR情報で公表している成約率があります。

新規で申し込んだ人のうち、契約までいった人の割合のこと。

「契約数÷新規申込者数×100」で計算できます。

成約率が高ければ審査に通るというわけではないですが、目安の一つにするといいでしょう。

また、一般的に大手消費者金融より、中小消費者金融のほうが審査に通りやすいといわれています。

中小消費者金融は成約率を公表していませんが、審査を柔軟に行ってくれるという意見も見られます。

ただし中小消費者金融には、次のような傾向があります。

中小消費者金融の特徴
  • 大手消費者金融よりも金利が高め
  • 審査や融資に時間がかかる
  • 振込融資が多い
  • 土日祝日の会社もある

中には「セントラル」のように、申込みは来店不要で即日振込可能など、大手並のサービスを行う中小消費者金融もあります。

事前に調べ、審査時間や振込方法などに注意しましょう。

家族や友人に借りる

消費者金融などで借りない場合は、家族や友人にお金を借りるという方法があります。

とはいえ、どれだけ気心の知れた仲でも、お金が関わると関係が変わることも多いので注意が必要です。

こちらの誠意を見せるためにも、「金銭消費貸借契約書」という借用書の作成をおすすめします。

お金を借りる方法のまとめ

お金を借りる方法

お金を借りる方法について次のように紹介してきました。

お金を借りる方法のまとめ
  1. 即日お金を借りるなら消費者金融
  2. 担保や既に申し込んでいるならクレジットカードのキャッシング・郵便局の自動貸付け・生命保険の契約者貸付制度
  3. 属性別に借りることができる方法を探す必要がある
  4. 融資に時間はかかるが、低金利な公的融資制度もおすすめ
  5. 審査に落ちた場合、申込みブラックに注意し、自分に合った金融機関で申し込もう

最も大切なのは民間での借り方や、公的融資制度など情報収集をすることです。

その中から自分に合ったものを吟味して選んでくださいね。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

この記事のアドバイザー(専門家)

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)