三井住友銀行カードローンの口コミ評判・審査落ちする人の原因を解説

「三井住友銀行カードローンって口コミ評判がいいの?」

「どんな人が審査落ちするの?審査は甘い?」

カードローンを選ぶ際には、特に口コミ評判や審査が気になりますよね。

本記事では三井住友銀行カードローンの口コミや特徴、審査難易度や利用方法を解説していきます。

三井住友銀行カードローンは、三井住友の口座がなくても利用でき、Web完結で申込手続きを行えます。

金利も低く、利用限度額も大きいので、多くの方におすすめできます。

しかし、審査に落ちてしまう人も実際に存在しているので、審査落ちする人の特徴や利用条件について紹介します。

三井住友銀行カードローンの利用を考えている人は、この記事を参考に申込手続きをしてみてください。

ざっくり言うと…
  • ネットキャッシングは審査がなく手続きがネットで完結する。
  • 金利が高いことや融資スピードが遅いデメリットがある。
  • クレジットカードがあり利用申請ができている方はすぐに借入れできる。
  • しかし、限度額が低く返済方法の選択肢がないので、カードローンがおすすめ!
  • 中でも即金性が高く、少額からお金を借りられるカードローンを活用しよう!アイフルは30日間金利0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

三井住友銀行カードローンの口コミ・評判

三井住友銀行カードローンの口コミ・評判

三井住友銀行カードローンの口コミ評判を紹介します。

良い口コミ・評判

良い口コミ・評判

三井住友銀行カードローンだけが特別審査がゆるいということはありませんが、借入や返済方法の自由度が高く、ATMや口座振替では手数料がかかりません。

収入が安定している正規雇用の会社員であれば、審査に通過できる可能性が高いです。

アルバイトやパート、自営業者だから審査に落ちるというわけではなく、雇用形態に関わらず収入が安定しておらず、返済能力が低いと判断された場合に審査に落ちてしまいます。

悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判

年利12%といっても借入額が多い場合は、利息の返済だけでもかなりの負担になります。

三井住友銀行カードローンに限った話ではありませんが、ローンを組む際はしっかりと返済計画を立ててから利用することが大切です。

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの特徴は次の通りです。

三井住友銀行カードローンの特徴
  • 来店不要でネット完結
  • 少額返済が可能
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料無料

来店不要でネット完結

来店不要でネット完結

三井住友銀行カードローンは銀行に来店不要でネット完結で申込手続きを行えます。

銀行カードローンの多くは、銀行口座を開設してからしか利用できませんが、三井住友銀行カードローンは口座なしで利用できます。

申込手続きは三井住友銀行の公式カードローンから行い、平日・土日関わらず24時間いつでも行えて便利です。

少額返済が可能

少額返済が可能

三井住友銀行カードローンは毎月2,000円からの少額返済が可能です。

毎月の最低返済額が低く設定されており、初めてカードローンを利用する方でも安心して融資を受けられます。

さらに臨時返済といって、毎月の返済とは別に余裕がある時に利息額以上の金額を返済することも可能です。

全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料無料

全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料無料

三井住友銀行カードローンは、全国の三井住友銀行や提携コンビニATMが手数料無料で利用できる特徴があります。

提携ATMは次の通りです。

三井住友銀行カードローン提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

上記の提携ATMを利用すれば、手数料無料で借入・返済を行えます。

三井住友銀行カードローンの金利・限度額

三井住友銀行カードローンの金利・限度額

三井住友銀行カードローンの限度額は10万円〜800万円で、金利は年1.5%〜14.5%で、利用限度額によって金利が変わります。

利用限度額 金利
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年1.5%〜14.5%

借入額が多くなるほど適用金利が低くなります。

金利を低くする方法

金利を低くする方法

三井住友銀行カードローンの金利を低くする方法は次の2つです。

三井住友銀行カードローンの金利を低くする方法
  • 借入額を増やす
  • 住宅ローンを利用して遅延なく返済する

三井住友銀行カードローンの金利は借入額によって変動するので、限度額を増額して多く融資を受ければ金利を低くできます。

また、三井住友銀行の住宅ローンを利用している方で、遅延なく返済している場合は金利を引き下げてもらえる可能性があります。

あくまで可能性ではありますが、新規申込時や増額申請時に金利が低くなるか確認すると良いでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査難易度

三井住友銀行カードローンの審査難易度

三井住友銀行カードローンの申込条件は次の3つです。

三井住友銀行カードローンの申込条件
  • 申込時に満20歳以上満69歳以下の人
  • 原則として安定した収入がある人
  • SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる人

安定した収入がある人であれば、パートやアルバイトなど雇用形態は条件に含まれていないため申込可能です。

審査の流れ

審査の流れ

三井住友銀行カードローンの審査の流れは以下の通りです。

“三井住友銀行カードローンの審査の流れ”
  1. Webから申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. カード発行・送付
  5. 借り入れ

必要書類を提出した後に審査が行われて、審査は最短5分で完了する場合もありますし、反対に数日かかることもあります。

その後、審査結果がメールで通知され、最短3営業日でカードが発行され自宅に届きます。

審査に落ちる人の特徴

審査に落ちる人の特徴

審査に落ちる人の特徴は次の通りです。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴
  • パートやアルバイトで収入が安定していない
  • 他社からの借入を遅延している
  • 信用情報に傷がある

雇用形態に関わらず収入が安定していれば審査に通過できますが、日雇バイトや毎月の収入にバラつきがある人は落ちる可能性が高いです。

また、すでに他社からも借入があり、返済遅延をしている方は高い確率で審査落ちしてしまいます。

信用情報に傷がある人も審査で不利です。

返済遅延以外にも自己破産などの債務整理も信用情報に傷がついてしまいます。

三井住友銀行カードローンの審査は決して甘いわけではないので、審査に落ちてしまった方は、上記の点を見直してから再度申込をしてください。

三井住友銀行カードローンの利用方法

三井住友銀行カードローンの利用方法

三井住友銀行カードローンの利用方法について、3つの申込方法と返済方法、増額方法を解説していきます。

3つの申込方法

3つの申込方法

三井住友銀行カードローンの申込方法は次の3つです。

三井住友銀行カードローンの申込方法
  • Webから申し込み
  • ローン契約機から申し込み
  • 電話から申し込み

最も簡単でおすすめの申込方法は、お持ちのパソコンやスマホからWebで申し込む方法です。

三井住友銀行の口座を持っている方と持っていない方では公式ホームページで選択する箇所が変わるので注意が必要です。

口座を持っている方は普通預金口座の店番号や口座番号を入力しますが、持っていない方は「通常お申込」を選択して必要事項を入力します。

次にローン契約機は、三井住友銀行の支店に設置されており、本人確認書類を提出して手順通りに進めていけばローン専用カードを受け取れます。

審査結果の連絡後はローンカードを利用して借入れを行えます。

最後に三井住友銀行カードローンのフリーダイヤルから電話で申し込みも可能です。

オペレータの質問に答えていき、本人確認書類の提出後、審査に通過すれば借入れを行えます。

返済方法

返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は次の3つです。

三井住友銀行カードローン返済方法
  • ATM
  • 振り込み
  • 口座振替

まずATMでの返済は手数料がかからず、三井住友銀行ATM・イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMを利用できます。

次に振り込みはSMBCダイレクトのインターネットバンキングを利用して返済する方法です。

銀行振込にかかる振込手数料は自己負担になるので、手数料を抑えたい方はATMもしくは口座振替がおすすめです。

最後に口座振替はカードローン返済用預金口座から自動引き落としで返済する方法です。

自動で楽ですし、返済日毎月5日・15日・25日・月末から選べます。

増額方法

増額方法

利用額を増やしたい場合は、次の3つの方法で増額申請を行えます。

三井住友銀行カードローンの増額方法
  • インビテーションで申請
  • 自分から連絡して申請
  • ローン契約機で申請

まずインビテーションとは、三井住友銀行からの増額案内のことです。

基本的には自分から連絡して申請するパターンが多いですが、増額案内のメールが来たタイミングで申請すると審査に通過しやすくなる可能性も少なからずあるでしょう。

自分から申請する方法は、三井住友銀行カードローンプラザに電話連絡します。

ローン契約機から増額申請も行えますが、新規でカードローンを契約したばかりの人は審査に通らないので、契約から期間を空けて申請しましょう!

おすすめ消費者金融カードローン4選

おすすめ消費者金融カードローン4選

最後におすすめの消費者金融カードローンを4つ紹介します。

おすすめ消費者金融カードローン
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

三井住友銀行カードローンもおすすめですが、即日融資には対応しておらず、お得な無利息期間がないため、審査に落ちてしまった方には消費者金融カードローンがおすすめです!

アイフル

アイフル

アイフルの特徴
  • Web申込なら最短25分融資
  • 最大30日間無利息
  • 融資限度額最大800万円

アイフルは独自審査を行うことにより審査時間を短縮し、Web申込であれば最短25分で融資を受けることが可能です。

また、個人の希望にもある程度応えてもらえて、すぐにお金が必要な場合は優先的に審査を進めてもらえる可能性もあります。

最大30日間の無利息期間を設けているので、お得に借りられるカードローンです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短30分審査&最短30分融資
  • 最大30日間無利息

プロミスはオリコン顧客満足度ランキング・ノンバンクカードローン部門で2年連続1位を獲得している実績あるカードローンです。

申込みはWeb上で完結でき、来店する必要はありません。

すぐにお金が必要な人に特におすすめで、最短30分で審査が完了し、24時間365日振込融資が可能です。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アコム

アコム

アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心
  • 最短30分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息

アコムは「はじめてのアコム」というように、審査通過率が高くはじめてカードローンを利用する人でも安心です。

審査は最短30分で完了し、契約後はWeb上から振込融資依頼を簡単に行えます。

また、銀行振込の手数料はアコムが負担してもらえるので、少額を借り入れる場合でもお得です。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループ
  • カードレスにより最短即日融資

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループで、三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょのいずれかの銀行口座を開設していれば、保険証だけでWeb申込を行うことが可能です。

また、在籍確認に電話連絡を行わないので、借り入れが職場や家族にバレる可能性が少ないです。

他のカードローンにはある無利息期間が無いことは注意しましょう。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

まとめ

今回は三井住友銀行カードローンの利用を検討している方向けに、口コミ評判や特徴、審査難易度や利用方法について解説しました。

三井住友銀行カードローンは、利用条件を満たして安定した収入がある方であれば利用可能です。

しかし、即日融資に対応できなかったり、人によっては審査に落ちてしまう可能性があるので、そういった場合は消費者金融カードローンがおすすめです。

中でも即金性が高く、少額からお金を借りられるカードローンがおすすめです!アイフルなら30日間金利0円で借りられてお得です。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する