みずほ銀行カードローンは在籍確認なしにできる?電話連絡があるタイミングを徹底解説

「みずほ銀行カードローンの在籍確認はなしにできる?」「いつ在籍確認される?」

このように考えていませんか?

在籍確認はカードローンを申し込む際には気になるポイントのひとつです。

在籍確認で職場に借り入れがバレることを恐れている方も多いのではないでしょうか。

本記事ではみずほ銀行カードローンの在籍確認について詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は…
  • みずほ銀行カードローンの在籍確認は基本的になしにできない
  • みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴は電話で行われることなど
  • みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツは平日に申し込むことなど
  • みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンは電話に出た人があなたの在籍情報を答えないことなど

みずほ銀行カードローンは在籍確認なしにできる?

みずほ銀行カードローン_在籍確認_在籍確認なし
結論、基本的にみずほ銀行カードローンは在籍確認をなしにできません

在籍確認は申込者が本当に申告した職場に在籍し、給料を得るために行われる重要な審査項目だからです。

嘘の職場を申告していた場合、みずほ銀行としては返済が滞ってしまうリスクが高くなってしまいます。

ここからは、みずほ銀行カードローンの在籍確認について詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴

みずほ銀行カードローン_在籍確認_特徴
みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴は以下のとおりです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:基本的に電話で在籍確認が行われる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としてまず挙げられるのは、基本的に電話で在籍確認が行われることです。

電話での在籍確認が一番偽装しにくく、確実に確かめられるからです。

ちなみに、カードローンによっては源泉徴収票などの書類を提示することで電話での在籍確認に替えられる場合もあります。

しかし、みずほ銀行カードローンでは電話での在籍確認を回避できないようです。

特徴②:みずほ銀行の口座に給料が振り込まれている場合は在籍確認なしになる

みずほ銀行カードローンでは基本的に電話での在籍確認が必須ですが、例外もあります。

それは、みずほ銀行の口座に職場からの給料が振り込まれている場合です。

そもそも、在籍確認が行われるのは、その人が本当に返済能力があるのか確かめるためです。

その有力な手段として、申告した職場に在籍しているか確かめる在籍確認が行われます。

しかし、みずほ銀行に口座を持っていて、そこに給料が振り込まれていれば、みずほ銀行は支払い能力を直接確かめることができます。

そのため、在籍確認がなしになるのです。

特徴③:在籍確認の電話をかける時間は指定できない

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、在籍確認の電話をかける時間は指定できないことも挙げられます。

消費者金融のカードローンでは時間指定できる場合もありますが、みずほ銀行はそうは行かないようです。

在籍確認の電話がかかってくるタイミングがわかってしまうと、申込者はわずかではありますが、在籍確認で不正を行いやすくなります。

これを防ぐために、ランダムな時間に在籍確認の電話が行われるようです。

特徴④:電話が不可能な場合は「みずほ銀行カードローン専用ダイヤル」に相談

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、電話が不可能な場合は「みずほ銀行カードローン専用ダイヤル」に相談することも挙げられます。

会社が全面的に電話を使っていないなどの理由で、在籍確認の電話ができない場合もあるでしょう。

やむを得ない場合には対応策を考えてくれる可能性があるため、一度「みずほ銀行カードローン専用ダイヤル」に電話してみましょう。

特徴⑤:記載した勤務先電話番号にかかってくる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、記載した勤務先電話番号にかかってくることも挙げられます。

みずほ銀行カードローンに申し込む突起に、必ず勤務先の電話番号を記載する欄があります。

そこに書かれた電話番号が使われますので、できるだけつながりやすい電話番号を記載するように努めましょう。

特徴⑥:プライバシーには配慮される

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、プライバシーには配慮されることも挙げられます。

具体的には、以下のような点を守って在籍確認が行われます。

在籍確認で守られること
  • 個人名で電話してくれる
  • 申込者以外にカードローンを申し込んだことを話さない
  • 非通知で電話連絡を行う
  • 1分程度の短時間で終了する

職場にカードローンを申し込んだことがバレないように工夫されているのです。

特徴⑦:勤務形態に関係なく在籍確認が行われる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、勤務形態に関係なく在籍確認が行われることも挙げられます。

正社員以外に、派遣社員、パート、アルバイトでも同様に在籍確認が行われます。

派遣、パート、アルバイトの場合には職場があなたの在籍を把握してない場合もあるので、予め電話がかかってくることを伝えておくとスムーズでしょう。

特徴⑧:派遣社員の場合は派遣元にかかってくる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、派遣社員の場合は派遣元にかかってくることも挙げられます。

派遣先ではありませんので、誤って派遣先の電話番号を記載しないように注意しましょう。

これは、派遣社員を雇用しているのはあくまで派遣元であるためです。

特徴⑨:個人名で電話してくれる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、個人名で電話してくれることも挙げられます。

上でも述べましたが、みずほ銀行の名前を出すことはありません。

ましてやカードローンだとは絶対に言わないため、在籍確認で職場に借り入れがバレる可能性は低く抑えられています。

特徴⑩:本人が出れなくても問題ない

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、本人が出れなくても問題ないことも挙げられます。

もちろん、申込者に電話がかかってくるのですから、申込者が電話に出られる時には、電話を受けた人から取次が行われます。

最初に電話に出たのが自分という場合もあるでしょう。

一方、本人が出れなくても、みずほ銀行側としては在籍していることがわかれば良いのです。

そのため、申込者がいるか聞かれた時に、電話に出た人が「席を外しております」「お休みをいただいております」などと答えてくれれば在籍確認は終了します。

ただし、「セキュリティの関係上、お答えできません」など在籍しているかわからない応対だと在籍確認が取れません。

特徴⑪:早ければ申し込んだ当日にかかってくる

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴としては、早ければ申し込んだ当日にかかってくることも挙げられます。

審査自体は最短翌日に結果がわかりますが、在籍確認は意外と早めに行われる場合があります。

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進める6つのコツ

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツは主に以下の6つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:平日に申し込む

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツとしてまず挙げられるのは、平日に申し込むことです。

みずほ銀行カードローンでは、申込みはいつでもWeb上で行えるものの、審査は平日しか行ってくれません。

そのため、休日を挟むと在籍確認や審査が遅くなり、借りるまでに長い時間がかかってしまいます。

コツ②:在籍確認の電話がかかってくることを報告しておく

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツとしては、在籍確認の電話がかかってくることを報告しておくことも挙げられます。

何も報告しなくても問題なく在籍確認できるケースもありますが、会社によっては報告しないとうまく在籍確認を行えない場合があります。

たとえば、アルバイトやパートであれば電話に出た方が名前を把握していない可能性がありますし、会社の方針で個人からの電話には情報をもらさない可能性もあります。

あらかじめ在籍確認の電話があると報告しておくことで、確実に在籍確認を完了させることが可能です。

コツ③:勤務先の営業日・営業時間に注意する

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツとしては、勤務先の営業日・営業時間に注意することも挙げられます。

勤務先が休みの場合には、もちろん在籍確認を行っても電話を取ることができず、在籍確認が完了しません。

翌日が会社の休日ではない時にみずほ銀行カードローンを申し込むとスムーズでしょう。

コツ④:確実につながる電話番号を申告する

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツとしては、確実につながる電話番号を申告することも挙げられます。

勤務先にはさまざまな電話番号がある場合がありますが、つながらなければ在籍確認ができません。

また、つながっても申込者との関係が薄い電話番号では申込者を電話担当が把握しておらず、スムーズな在籍確認ができないかもしれません。

コツ⑤:電話が来る言い訳を考えておく

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツとしては、電話が来る言い訳を考えておくことも挙げられます。

場合によっては、電話を取った人になぜ電話がかかってきたのか聞かれるかもしれません。

特に、普段電話がかかってない人の場合は不審に思われる場合があります。

聞かれた時にとっさに答えられるように言い訳を準備しておくのが大切です。

ちなみに、おすすめの言い訳は「クレジットカードを作った」というものです。

今どき多くの人がクレジットカードを持っていますし、クレジットカードにも在籍確認があるからです。

コツ⑥:できるだけ自分で出る

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツとしては、できるだけ自分で出ることも挙げられます。

自分が電話に出れば在籍確認がスムーズですし、職場の人から疑われる心配も少ないからです。

自分で出られる電話番号に設定すると良いでしょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗する4つのパターン

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンは主に以下の4つです。

それぞれのパターンについて詳しく見ていきましょう。

電話に出た人があなたの在籍情報を知らない

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンとしてまず挙げられるのは、電話に出た人があなたの在籍情報を知らないことです。

特にパートやアルバイトなどの場合には在籍確認ができない場合があります。

あらかじめ在籍確認の電話がかかってくることを、電話担当に伝えておくとスムーズです。

セキュリティの関係上従業員の在籍情報を答えない

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンとしては、セキュリティの関係上従業員の在籍情報を答えないことも挙げられます。

この時に考えられるもっとも確実な解決策は、在籍確認の電話に自分が出ることです。

どうしても自分で出られない場合には、みずほ銀行カードローンのカードローン専用ダイヤルに電話して事情を説明すると良いでしょう。

解決策を提示してくれるはずです。

電話がつながらない

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンとしては、電話がつながらないことも挙げられます。

電話に誰も出なければ、在籍確認はできません。

特に小さな会社で電話を使っていない場合には電話での在籍確認が難しいかもしれません。

この場合もみずほ銀行カードローンのカードローン専用ダイヤルにかけて解決策を求めるのが良いでしょう。

勤務先電話番号が間違っていた

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンとしては、勤務先電話番号が間違っていたことも挙げられます。

ある程度長い時間がたっても審査が終わらない場合には、電話番号が間違っていたばかりに在籍確認が取れてない可能性があります。

今一度、自分が記載した電話番号が間違っていないか確かめることが大切です。

みずほ銀行カードローンの在籍確認についてのよくある質問

みずほ銀行カードローンの在籍確認についてよくある質問としては以下のようなものがあります。

それぞれの質問とその答えについて詳しく見ていきましょう。

在籍確認の電話が行われないことはある?

みずほ銀行カードローンでは基本的に電話での在籍確認が行われます。

しかし、上でも説明したように例外はあり、みずほ銀行の口座に給与を振り込んでもらっている場合には在籍確認が不要になることがあります。

振り込まれてくる給与が申込者の返済能力を示すからです。

本人が出なくても大丈夫?

みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話は本人が出なくても問題ありません。

電話担当の人が出て、「(申込者は)今は席を外しております」「(申込者は)お休みをいただいております」などといった、在籍していることが前提の返答が得られれば、そこで在籍確認は完了です。

とはいえ、本人が出たほうがスムーズに在籍確認できるのは間違いないでしょう。

在籍確認の電話があったら審査はほぼ合格?

在籍確認の電話があったら審査はほぼ合格の場合が多いです。

在籍確認の電話は審査の最後の方に行われる場合が多いからです。

もし社内のスコアリング審査や信用情報の参照で審査落ちが決まっているのに先に在籍確認の電話をしたら、銀行にとっては余計なトラブルを生むもとになってしまいます。

そのため、多くの場合、在籍確認が問題なく行われれば審査に通過する可能性は高いです。

増額審査でも在籍確認は必要?

増額審査でも在籍確認は必要です。

増額審査でも、行われる審査内容は新規申し込みの場合と大きく変わることはないようです。

審査にかかる日数も、新規申し込みと大きく変わらないようです。

在籍確認はどうして行われるの?

在籍確認は申込者の返済能力を確かめるために行われます。

お金を貸す側が一番恐れるのは返済が滞ってしまうことです。

これを防ぐため、お金を貸す側は返済能力があるか慎重に確かめるのですが、この時に重要になるのが在籍確認なのです。

申込者の返済能力を裏付ける1番の証拠はある職場に在籍し、毎月一定の給料を得ていることです。

電話で在籍確認をすることにより、申込者がその職場に本当に在籍しているのか、第三者の証言を得ることができるのです。

みずほ銀行カードローンを利用する5つの手順

みずほ銀行カードローンを利用する手順は主に以下の5つです。

みずほ銀行カードローンを利用する5つの手順

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:みずほ銀行に口座開設

みずほ銀行カードローンを利用する時には、まずはみずほ銀行に口座を開設するのがおすすめです。

みずほ銀行カードローンには口座引落という便利な返済方法があるのですが、これを利用するにはみずほ銀行の口座が必要だからです。

みずほ銀行の口座開設をする時には、手順②で説明するような本人確認書類が必要です。

みずほ銀行カードローンと同じように、銀行の窓口に加えて、インターネットからでも申し込みができる点は魅力的ですね。

インターネット上で手続きを行った場合、口座開設するためには郵便で簡易書留を受け取る必要があります。

手順②:必要書類を準備

みずほ銀行の口座を開設できたら、次はみずほ銀行カードローンの申し込みに必要な書類を準備しましょう。

1つ目はみずほ銀行の口座開設の必要書類と重複しますが、本人確認書類です。

みずほ銀行では以下のような本人確認書類を準備し、提出する必要があります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

なお、外国人の場合には外国人登録証明書など永住権があることを証明する書類が必要になります。

また、50万円以上の融資を希望する場合、本人の収入を証明するため以下のような書類が必要になります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書

手順③:カードローン申し込み

必要な書類を準備できたら、次はいよいよカードローンの申し込みを行います。

みずほ銀行カードローンではさまざまな申込み方法を用意していて、店頭はもちろん、電話やインターネットからでも申込みが可能です。

特にインターネットからの申し込みはいつでもどこからでも簡単にできますのでおすすめです。

インターネットから申し込む場合には、みずほ銀行の公式ページから申し込みするようにしましょう。

手順④:審査

申し込みが完了したら、みずほ銀行で審査が行われます。

審査にかかる期間は最短で翌営業日とされていますが、もちろんそれ以上に長くかかる可能性もあります。

とはいえ、できるだけ早く借りたいという希望を持たれている方もいるでしょう。

そんな方のために、みずほ銀行カードローンでは審査の進行状況を確かめられるサービスを展開しています。

審査の進行状況はカードローン専用ダイヤルに電話するか、店頭で確認することにより確かめられます。

ちなみに、在籍確認がスムーズに行かないと審査が長引く原因になりますので、在籍確認をしやすい電話番号を職場の連絡先に設定するようにしましょう。

手順⑤:契約

審査に通過したら、いよいよみずほ銀行カードローンの契約になります。

契約が終わったら、手順は完了します。

借りたお金は自分の口座への振り込みを選択することもできますし、ローンカードやキャッシュカードを利用してATMからお金を引き出すことも可能です。

電話での在籍確認を避けるならSMBCモビットがおすすめ!

SMBCモビット
上記のように、みずほ銀行カードローンでは電話での在籍確認を避けることができません。

電話での在籍確認を避けたい場合には、SMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビットではWeb完結申込を選択することにより、電話での在籍確認をなしにできるからです。

その代わり、在籍確認をするために提出する書類が増えることになります。

初めての場合には30日間の無利息期間も設定されていますので、お得に利用できますよ。

みずほ銀行カードローンの在籍確認のまとめ

みずほ銀行カードローンの在籍確認の特徴は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンの在籍確認をスムーズに進めるコツは以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンの在籍確認に失敗するパターンとしては以下のようなものが挙げられます。

みずほ銀行カードローンの在籍確認についてのよくある質問は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンを利用する手順は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンを利用する5つの手順