みずほ銀行カードローンの金利は高い?利息体系や低く抑えるコツまで解説!

みずほ銀行カードローンの金利はどのくらい?
金利を低くする方法を知りたい!

このように考えていませんか?

お金を借りる際には、できれば低金利のカードローンから借りたいですよね。

みずほ銀行カードローンは多くの人から知られているため、どのような金利なのか気になるはずです。

みずほ銀行カードローンは文字通りみずほ銀行が運営している銀行系カードローンです。

メガバンクが運営しているため信頼性が高く、銀行系カードローンの中でも金利が低めであるという特徴があります。

Web完結で利用できるなどその他のメリットも多く、たくさんの利用者がいます。

本記事では、そんなみずほ銀行カードローンの金利について詳しく解説しています。

みずほ銀行カードローンの金利は…
  • みずほ銀行カードローンとはみずほ銀行が運営している銀行系カードローン
  • 金利とはお金を貸した時にかける、もともと貸したお金にプラスして受け取れるお金の割合のこと
  • みずほ銀行カードローンの金利は2~14%
  • みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法はみずほ銀行カードローンで住宅ローンを組むことなど
  • みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴はWeb完結で利用できることなど

目次

そもそも金利とは? 利息との違いは?

みずほ銀行カードローン_金利_金利とは
金利とは、お金を貸した時にかける、もともと貸したお金にプラスして受け取れるお金の割合のことです。

通常、年利〇〇%という形で表示されます。

たとえば、年利10%で10万円を借りて、ちょうど1年後に返済した場合、10万円に加えて、10%となる1万円を支払わなければなりません。

一方、利息とは、貸したお金にプラスして受け取れる金額そのものになります。上記の例であれば、年利10%というのは金利であり、1万円が利息になります。

みずほ銀行カードローンの金利は2~14%

みずほ銀行カードローン_金利_みずほ金利
みずほ銀行カードローンの金利は2~14%です。

この金利を以下の項目と比較して、詳しく見ていきましょう。

他の銀行カードローンと比較

みずほ銀行カードローン_金利_他の銀行系カードローン
みずほ銀行カードローンを他の銀行カードローンの金利と比較すると、かなり安めということになります。

具体的に主要な銀行カードローンの金利と比較すると以下のような結果になります。

みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
楽天銀行 1.9%~14.5%
三井住友カード カードローン 1.5%~15.0%
バンクイック 1.8%~14.6%
オリックス銀行 1.7%~17.8%

なお、金利を比較する時に大切なのは上限金利を比較することです。

そのカードローンをはじめて利用する場合や、少額借りる場合には特に上限金利ギリギリの金額で借りることになります。

そのため、上限金利が低いカードローンから借りることで、より低い金利で借りれるのです。

みずほ銀行カードローンの上限金利は14%であり、他の銀行カードローンと比べてもトップレベルに低いことがわかります。

金利を重視して銀行カードローンを選ぶなら、みずほ銀行カードローンは優先度の高い選択肢になるでしょう。

消費者金融カードローンと比較

みずほ銀行カードローン_金利_消費者金融カードローン
みずほ銀行カードローンを消費者金融カードローンと比較するとかなり安いです。

具体的に、主要な消費者金融カードローンとみずほ銀行カードローンを比較すると以下の表のようになります。

みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

みずほ銀行カードローンの上限金利が14%であるのに対して、消費者金融カードローンの上限金利は18%が相場で4%も異なります。

ただ、消費者金融カードローンには銀行系カードローンと違って、初めて利用する場合に無利息期間があることや、即日お金を借りれる点に優位性があります。

場合によって、どちらから借りるのか使い分けると良いでしょう。

みずほ銀行の他のローンと比較

みずほ銀行カードローン_金利_他のローン
みずほ銀行カードローンの金利をみずほ銀行の他のローン商品と比較すると以下の表のようになります。

ローン形式 1年当たりの最低金利
カードローン 2.0%~14.0%
住宅ローン 2.475%(変動金利)
教育ローン 3.475%(変動金利)
多目的ローン 3.975%(変動金利)

みずほ銀行カードローンは他の商品とくらべてかなり金利が高いことがわかります。

これは、上で紹介したローンは何に使うか指定されているからです。

たとえば、住宅ローンの場合には住宅の購入資金に利用します。

用途によってどのローン商品を選ぶか変えると良いでしょう。

みずほ銀行カードローンの金利を低くする4つの方法

みずほ銀行カードローン_金利_金利低く
みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法は主に以下の4つです。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:みずほ銀行カードローンで住宅ローンを組む

みずほ銀行カードローン_金利_住宅ローン
みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法としてまず挙げられるのは、みずほ銀行カードローンで住宅ローンを組むことです。

みずほ銀行カードローンで住宅ローンを組めば、金利が0.5%下がるという特典があるからです。

ただし、住宅金融支援機構融資や一部提携住宅ローンなどは金利引下げの対象外なので注意しましょう。

また、みずほ銀行カードローンをお得に利用するためにみずほ銀行で住宅ローンを組むのはいくらなんでもメリットに見合わないでしょう。

みずほ銀行でたまたま住宅ローンを借りていたらみずほ銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

方法②:継続して利用する

みずほ銀行カードローン_金利_継続
みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法としては、継続して利用することも挙げられます。

これはどのカードローンでも同じですが、継続して利用し、返済を積み重ねていくことで金利を引き下げてもらえます。

銀行側としても継続して返済していれば信用できます。

また、金利を引き下げれば引き続き同じカードローンを利用してくれる可能性が高まり、銀行としてもメリットが大きいのです。

方法③:借入額を上げる

みずほ銀行カードローン_金利_借入額
みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法としては、借入額を上げることも挙げられます。

みずほ銀行の金利は以下のように、利用限度額によって基準金利が決まっています。

利用限度額 基準金利
800万円 年2.0%
600万円以上800万未満 年4.5%
500万円以上600万未満 年5.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
10万円以上100万円未満 年14.0%

つまり、借入額が増えると金利は大幅に下がるのです。

もちろん、金利を下げるためだけに借入額を上げるのはおすすめできませんが、金利を下げる方法として覚えておくと良いでしょう。

方法④:一括返済・繰り上げ返済を行う

みずほ銀行カードローン_金利_一括返済
みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法としては、一括返済・繰り上げ返済を行うことも挙げられます。

払うべき利息は金利が上がると増えます。

それと同時に、一括返済や繰り上げ返済により、早めに多くの金額を返しておくことでも利息を減らすことが可能です。

みずほ銀行カードローンの金利以外の6つの特徴

みずほ銀行カードローン_金利_特徴
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴は主に以下の6つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:Web完結で利用できる

みずほ銀行カードローン_金利_Web完結
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としてまず挙げられるのは、Web完結で利用できることです。

みずほ銀行カードローンはネットからいつでもどこでも申し込むことができます。

借りる時に他の人から顔を見られることがないため、安心してお金を借りることが可能です。

郵便物は家に届きますが、みずほ銀行名義であるため、中身を見られない限りは家族にバレることもありません。

ちなみに、みずほダイレクトを使えば返済までWeb完結が可能です。

特徴②:キャッシュカードでローンを利用できる

みずほ銀行カードローン_金利_キャッシュカード
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としては、キャッシュカードでローンを利用できることも挙げられます。

すでにみずほ銀行の口座を持っている場合、手元にはみずほ銀行のキャッシュカードがあるかと思います。

このキャッシュカードを用いてローンを利用できるため、ATMからの引き出しも簡単なのです。

特徴③:利用限度額が800万円と高め

みずほ銀行カードローン_金利_利用限度額
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としては、利用限度額が800万円と高めであることも挙げられます。

他のローンは利用限度額が500万円になっている場合も多いですが、みずほ銀行カードローンは800万円です。

ただし、銀行カードローンでは年収の1/3以上の借り入れにならないように自主規制しています。

800万円借りるためには少なくとも2400万円の収入が必要なので注意しましょう。

特徴④:最短翌営業日に借りれる

みずほ銀行カードローン_金利_最短翌営業日
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としては、最短翌営業日に借りれることも挙げられます。

一般的に、銀行カードローンは金利が低い代わりに審査に時間がかかるというデメリットがあります。

1週間以上かかってしまう場合も少なくありません。

一方、みずほ銀行カードローンなら最短翌営業日に借りれるため、銀行カードローンでありながら借りれる速さと低金利を両立しています。

そのため、すぐにお金を借りたい人にもおすすめです。

特徴⑤:借り換えにも利用可能

みずほ銀行カードローン_金利_借り換え
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としては、借り換えにも利用可能であることも挙げられます。

借り換えとは、お金を借りる金融機関を変えることです。

みずほ銀行カードローンは金利が低いため、十分借り換えにも活用できるでしょう。

ただ、借り換えは一般的にまずみずほ銀行カードローンを借り、そのお金で他の金融機関からの借り入れを返済することになります。

一時的に借金が大きく増えるため、みずほ銀行カードローンの審査に落ちる可能性がやや高くなってしまうので注意が必要です。

特徴⑥:審査を受ければ増額も可能

みずほ銀行カードローン_金利_増額
みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としては、審査を受ければ増額も可能であることも挙げられます。

みずほ銀行カードローンでは、後からお金が必要になってしまった場合には、追加でお金を借りることが可能です。

ただ、無条件で借りれるわけではなく、増額の審査を受ける必要があります。

増額はインターネットはもちろん、電話や店頭からでも申し込むことが可能です。

みずほ銀行カードローンを利用する時の5つの注意点

みずほ銀行カードローン_金利_注意点
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点は主に以下の5つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:自動引落にみずほ銀行の口座が必要

みずほ銀行カードローン_金利_自動引落
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点としてまず挙げられるのは、自動引落にみずほ銀行の口座が必要であることです。

みずほ銀行カードローンの返済方法はいくつかありますが、この中でも一番便利なのは、毎月10日に口座から自動的に借金を引き落とししてくれるものです。

しかし、この自動引落はみずほ銀行の口座からしか行えないのです。

そして、みずほ銀行の口座開設にもそれなりの時間がかかります。

注意点②:土日祝日は審査を行っていない

みずほ銀行カードローン_金利_土日祝日
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点としては、土日祝日は審査を行っていないことも挙げられます。

消費者金融カードローンでは土日祝日も審査してくれるのが一般的ですが、銀行の土日祝日は休みです。

たとえば、金曜日に申し込んだ場合には借りれるのが翌週になってしまうため、借りるまでに時間がかかってしまいます。

注意点③:延滞すると19.9%の遅延損害金が発生する

みずほ銀行カードローン_金利_遅延損害金
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点としては、延滞すると19.9%の遅延損害金が発生することも挙げられます。

みずほ銀行カードローンで期日通りに返済できないと、延滞した日付分だけ余計に返済しなければなりません。

また、延滞を続けるとブラックリスト入りし、金融機関からお金を借りるのがほぼ不可能になってしまいます。

このような事態を防ぐためにも、返済期日はきちんと守るのがおすすめです。

注意点④:返済日を10日以外にできない

みずほ銀行カードローン_金利_返済日
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点としては、返済日を10日以外にできないことも挙げられます。

中には返済期日を自由に設定できるローンもありますが、みずほ銀行カードローンはそうではありません。

10日以外の返済日を望む場合には他のカードローンを利用するべきでしょう。

注意点⑤:ATM返済で手数料がかかる場合がある

みずほ銀行カードローン_金利_ATM返済
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点としては、ATM返済で手数料がかかる場合があることも挙げられます。

手数料は1回数百円程度とはいえ、返済するたびにかかっていては馬鹿になりません。

できるだけみずほ銀行の口座を開設して自動引落で返済するのがおすすめになります。

みずほ銀行カードローンの口コミまとめ

みずほ銀行カードローン_金利_口コミ
みずほ銀行カードローンの口コミを良い口コミと悪い口コミに分けてまとめると以下のようになります。

良い口コミ

みずほ銀行カードローン_金利_良い口コミ
みずほ銀行カードローンの良い口コミは以下のとおりです。

主婦でも借りれた

子どもの大学進学と高校入学の時期が同じで、貯金していたものの少し余裕がなくなってしまったため、少額のみ借り入れできればと思い利用しました。

パートをしているだけの主婦ということもあって、ちゃんと審査が通るかとても不安だったのですが、無事お借りすることができました。

みずほ銀行ということもあって安心感はすごいものでした。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=high#review-pre-area

大手の銀行でも金利が低い

他の金融で借りたこともあったけど、金利もまあまあ高くて返済も結構つらかった。

というのもあって、みずほのカードローンに申し込みしてみました。

他で借りたりした過去もあったし、いろいろと不安だったけど審査が通ったときはホッとしました。

大手の銀行だからすごく安心だし、それなのに金利が低いっていうのはほんと助かる。

やはり大手に限るし、銀行に限ると思った。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=high#review-pre-area

返済が自動引き落としで手間いらず

大手銀行ということで、安心できると友人にも推されたのでここで借りることにしました。

金利が低いのはやっぱりありがたかったです。

銀行という部分も関係あるのか、対応はすごく親切で丁寧でした。

必要書類もそんなに多くなかったので手続きが面倒じゃなかったのもよかったかなと思います。

返済が自動引き落としっていうのも、返済のし忘れがなくて自分には合っている感じがしました!

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=high#review-pre-area

悪い口コミ

みずほ銀行カードローン_金利_悪い口コミ
みずほ銀行カードローンの悪い口コミは以下のとおりです。

任意返済が不便

任意返済は時間帯が限られていました。

ギャンブルで勝った時など任意返済をよくしていましたが、夜コンビニのATMから任意返済をしようとしたらできませんでした。

財布にお金が入っているとついつい気が大きくなり、色々買い物をしたくなるので早く任意返済したかったのです。

銀行でカードローンを申し込んだ時にそんな説明は受けませんでした。とても不便だと感じましたね。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=low#review-pre-area

可もなく不可もなく

審査のスピードもサービス的にも基本的に他と変わりはないので、とりわけいいかと言われるとそうでもない。

可もなく不可もなく普通って感じがしました。

でもちょっと借りるまでの時間はかかった印象です。

郵送とかいろいろあったので。

出典:https://minhyo.jp/mizuhobank-cardloan?sort=low#review-pre-area

みずほ銀行カードローンを利用する5つの手順

みずほ銀行カードローン_金利_手順
みずほ銀行カードローンを利用する手順は主に以下の5つです。

みずほ銀行カードローンを利用する5つの手順
それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:みずほ銀行に口座開設

みずほ銀行カードローン_金利_口座開設
みずほ銀行カードローンを利用する時には、まずはみずほ銀行に口座開設を行うのがおすすめです。

上でも述べたように、便利な自動引落が利用できるからです。

口座開設には本人確認書類が必要ですが、銀行の窓口の他に、インターネットからでも申し込みが可能です。

インターネット上で手続きを行った場合には、郵便で簡易書留を受け取ることで口座開設は完了です。

手順②:必要書類を準備

みずほ銀行カードローン_金利_必要書類
次に、みずほ銀行カードローンを申し込むのに必要な書類を準備します

どのような場合でも必要なのは本人確認書類で、以下のうち1つを必ず用意しておく必要があります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

外国人の場合には、外国人登録証明書など、永住権を証明できる書類も必要になってきます。

さらに、50万円以上を借りるためには、以下のように本人の収入を証明する書類が必要になります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書または課税証明書

手順③:カードローン申し込み

みずほ銀行カードローン_金利_カードローン申し込み
次に、いよいよみずほ銀行カードローンに申し込みを行います。

申し込みの方法はWeb、電話、店頭など複数用意されています。

Web完結申込がいつでもどこでも申し込めて一番おすすめですが、それ以外の方法を用いるのも良いでしょう。

Web完結申込の場合には、みずほ銀行のホームページから簡単に利用できます。

手順④:審査

みずほ銀行カードローン_金利_審査
申し込みが終わったらみずほ銀行カードローンの審査を受けることになります。

審査は最短で翌営業日ですが、当然それ以上に長くかかる場合もあります。

急いでいて審査の進行状況を知りたい場合には、カードローン専用ダイヤルを使って確かめることができます。

在籍確認が取れずに審査が進んでない可能性もありますので、在籍確認をしやすい電話番号に設定しておくことも大切です。

手順⑤:契約

みずほ銀行カードローン_金利_契約
審査に通過し、みずほ銀行カードローンを借りれることになったらいよいよ契約です。

みずほ銀行の口座を持っている場合、契約したら自分の口座に借りたお金を振り込んでもらうことができます。

また、ローンカードやキャッシュカードを使ってATMからお金を引き出すことも可能になります。

みずほ銀行カードローンの金利のまとめ

みずほ銀行カードローン_金利_まとめ
みずほ銀行カードローンの金利は2~14%です。

みずほ銀行カードローンの金利を低くする方法は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンの金利以外の特徴としては以下のようなものが挙げられます。
みずほ銀行カードローンを利用する時の注意点は以下のとおりです。
みずほ銀行カードローンを利用する手順は以下のとおりです。
みずほ銀行カードローンを利用する5つの手順