引っ越しの初期費用が払えない時におすすめのカードローン5選|費用を抑える方法も紹介

「引っ越しするのに初期費用ってこんなにかかるの?」

「住みたい物件が見つかったのに初期費用が払えないよ」

本記事では引っ越しの初期費用を抑える物件選びの方法と、どうしても払えない場合の対処法、おすすめのカードローン会社について解説します。

引っ越し時の初期費用では、敷金礼金だけでなく様々な費用がまとまって発生し、非常に大きな金額が必要になります。

少しでも初期費用を抑えたい人が参考になる方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください!

引っ越し費用が払えない場合は…
  • 引っ越し時の初期費用では敷金礼金以外にも様々な費用がかかる。
  • 敷金礼金ゼロや仲介手数料無料の物件を探そう!
  • 引っ越しタイミングを考えて閑散期に物件を探そう!
  • どうしても住みたい物件の初期費用を払えない場合はカードローンを利用しよう!
  • 即日で借りられる可能性があり、高額でもお金を借りられるアイフルがおすすめ!30日間金利0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

引っ越しに必要な初期費用とは?

引っ越しに必要な初期費用とは?

引っ越しに必要な初期費用は意外と高く、家賃の約4〜6ヶ月分が必要になる場合があります。

初期費用の内訳としては次の通りです。

引っ越し初期費用内訳
  • 敷金(家賃1ヶ月分が目安)
  • 礼金(家賃1ヶ月分が目安)
  • 前家賃(家賃1ヶ月分が目安)
  • 仲介手数料(家賃0.5ヶ月分〜1ヶ月分+消費税が目安)
  • 保証料(家賃1ヶ月分+共益費0.5ヶ月分が目安)
  • 火災保険料(シングル1.5万円+カップル・ファミリー2万円が目安)
  • 鍵交換費用(7,000円〜12,000円が目安)

この他にも害虫駆除代や消臭費用など、物件によって様々な初期費用がかかります。

上記の内訳の中でも、相談次第で後払いに対応してもらえるのは仲介手数料や敷金・礼金、鍵交換費用です。

仲介手数料については不動産会社に支払うものなので、後払いに対応してもらいやすく、敷金礼金は大家さんに相談する必要があります。

とはいっても、入居者からの要望には応えてもらえる可能性が高いので、初期費用を抑えたい人は相談して見ることが大切です。

家賃が6万円で計算すると、24万円〜36万円の初期費用が必要になるので、非常に大きな金額です。

人によってはここから更に家具や家電を買う可能性もあるので、しっかりと貯金をしていないと痛い出費になります。

引っ越しの初期費用が払えない時の対処法

引っ越しの初期費用が払えない時の対処法

次に引っ越しの初期費用が払えない時の対処法は次の通りです。

引っ越しの初期費用が払えない時の対処法
  • 分割払いを適用する
  • 助成金を利用する
  • カードローンを活用する

初期費用を抑える方法を試してみても、住みたい物件ではどうしても初期費用が払えない場合は、以下の方法がおすすめです。

分割払いを適用する

分割払いを適用する

クレジットカードでの支払いに対応している不動産会社であれば、分割払いにして初期費用を抑えられます。

基本的には銀行振込での支払いが多く、あくまでも分割なので初期費用総額自体は変わりませんが、クレジットカードを利用できる場合は分割を申請してみてください。

助成金を利用する

助成金を利用する

自治体によっては助成金を利用できる場合があるので、引っ越しの初期費用が払えない人は自治体のホームページを確認してください。

ひとり親や学生、収入などの条件が定められているので、必ずしも助成金を受けられるとは限りません。

引っ越し先によっては初期費用を全額支援してもらえる自治体もあるので、必ず調べておきましょう。

カードローンを活用する

カードローンを活用する

引っ越しタイミングを選ぶ余裕がなく、住みたい物件が決まっている場合は、カードローンを活用する方法もおすすめです。

解説した方法で引っ越し費用を抑えることがどうしてもできないのであれば、最終的に条件通りに支払う必要があります。

初期費用が用意できなければ引っ越せませんし、他の人に先に契約されてしまう可能性もゼロではありません。

アイフルやプロミスなどのカードローンを利用すれば、初期費用に必要な分だけを借りることができ、安定した収入がある人であれば審査に落ちる可能性も低いです。

即日で借りられるWEB完結申込を採用している会社もあるので、急ぎでお金が必要な場合でも安心できます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

初期費用が払えない時におすすめのカードローン

初期費用が払えない時におすすめのカードローン

最後に初期費用が払えない時におすすめのカードローン会社は次の通りです。

初期費用が払えない時におすすめのカードローン会社
  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

紹介する大手のカードローン会社では、申込手続きから借り入れまでWEBで完結し、最短即日で融資を受けることが可能です。

アイフル

アイフル

アイフルの特徴
  • Web申込なら最短25分融資
  • 最大30日間無利息
  • 融資限度額最大800万円

アイフルは独自審査を行うことにより審査時間を短縮し、Web申込であれば最短25分で融資を受けることが可能です。

また、個人の希望にもある程度応えてもらえて、すぐにお金が必要な場合は優先的に審査を進めてもらえる可能性もあります。

最大30日間の無利息期間を設けているので、お得に借りられるカードローンです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

プロミス

プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短30分審査&最短30分融資
  • 最大30日間無利息

プロミスはオリコン顧客満足度ランキング・ノンバンクカードローン部門で2年連続1位を獲得している実績あるカードローンです。

申込みはWeb上で完結でき、来店する必要はありません。

すぐにお金が必要な人に特におすすめで、最短30分で審査が完了し、24時間365日振込融資が可能です。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アコム

アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心
  • 最短30分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息

アコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです

審査は最短30分で完了し、契約後はWeb上から振込融資依頼を簡単に行えます。

また、銀行振込の手数料はアコムが負担してもらえるので、少額を借り入れる場合でもお得です。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループ
  • カードレスにより最短即日融資

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループで、三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょのいずれかの銀行口座を開設していれば、保険証だけでWeb申込を行うことが可能です。

また、在籍確認に電話連絡を行わないので、借り入れが職場や家族にバレる可能性が少ないです。

他のカードローンにはある無利息期間が無いことは注意しましょう。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

レイクALSA

レイクALSAの特徴
  • 無利息期間最長180日間
  • 24時間いつでもどこでもアプリで手続き
  • 審査時間最短15秒

お得に借りたい人におすすめなのが、新生銀行グループが提供しているレイクALSAです。

レイクALSAでは、初めての利用かつ、5万円以下の借り入れの場合は無利息期間が最長の180日適用される特徴があります(電話申込の場合は30日間・Web申込の場合は60日間〜180日間)

また、審査時間はWeb申込を行なった後、最短15秒で完了し、最短1時間で借り入れを行えます。

審査に通過できるか、お試し診断も公式サイトから簡単にできます。

金利 4.5%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 最長180日間無利息

引っ越しの初期費用を抑える方法

引っ越しの初期費用を抑える方法

引っ越しの初期費用を抑える方法は次の通りです。

引っ越しの初期費用を抑える方法
  • 敷金礼金ゼロの物件を探す
  • 家賃の安い物件を探す
  • 仲介手数料の安い物件を探す
  • フリーレント付きの物件を探す
  • 引っ越しタイミングを変える

一般的な初期費用の相場を解説しましたが、実際は物件や引っ越しタイミングによって大きく異なります。

少しでも初期費用を抑えたい人は、以下のような条件の良い物件探しに力を入れてみてください。

敷金礼金ゼロの物件を探す

敷金礼金ゼロの物件を探す

初期費用を大きく減らす方法として、敷金礼金ゼロの物件を探すことがおすすめです。

初期費用の大部分を占めているのが、敷金礼金になるので、そもそもゼロにしている物件を見つけられれば非常にお得です。

通常の物件と比較して、家賃の2ヶ月分が浮くことになるので、例えば家賃6万円であれば、敷金礼金で12万円分の初期費用を抑えられます。

ただし注意点として、敷金ゼロの物件では退去費用の出費が大きくなる可能性があるので、汚さないように住むようにするなどが大切です。

家賃の安い物件を探す

家賃の安い物件を探す

家賃の安い物件を探すことも簡単に初期費用を抑える方法です。

敷金や礼金などの初期費用は、1ヶ月の家賃を元に計算されているので、そもそも家賃の安い物件を選べば、当然初期費用を抑えることができます。

初期費用も含めて引っ越し費用になるので、払えない場合は家賃の安い物件に変更するしかないでしょう。

仲介手数料の安い物件を探す

仲介手数料の安い物件を探す

仲介手数料の安い物件を探すことも初期費用を抑えるために大切です。

仲介手数料は大家さんではなく、不動産会社に対して支払うものです。

宅地建物取引業法によって、引っ越し時の賃貸契約で発生する仲介手数料は「賃料の1ヶ月分+消費税」と定められています。

しかし、物件によって貸主が全額負担してくれることもあれば、貸主と借主が0.5ヶ月分ずつ負担することもあります。

これは大家さんが決めていることなので、仲介手数料を全額負担してくれている物件を選ぶようにしましょう。

フリーレント付き物件を探す

フリーレント付き物件を探す

中々借主の付かない物件では、フリーレントを設けている場合があります。

フリーレントとは、一定期間の家賃を無料にしている物件のことで、1週間や1ヶ月分の家賃が無料など物件によって異なります。

フリーレント付きの物件にはそれなりの理由があると考えられますが、少しでも初期費用を抑えたいと考えている人は、不動産会社の人に探してもらうと良いでしょう。

引っ越しタイミングを変える

引っ越しタイミングを変える

ここまで解説した通り、敷金礼金の有無や仲介手数料、フリーレントなど物件によって異なる条件で初期費用が決まっています。

これは年間通して一定の条件という訳ではなく、時期によって異なります。

例えば、引っ越しをする人が比較的少ない7月〜8月に引っ越し先を探すことで、お得な条件の物件を見つけることが可能です。

大家さんとしては、できるだけ空室物件を減らしたいので、多少条件を優しくしてでも入居者を獲得したいと考えています。

また、仮に条件が変わっていない物件でも、しばらく入居者が見つからずに掲載が続いているのであれば、初期費用の減額交渉が通る可能性もあります。

反対に1月〜3月や9月〜10月の繁栄期シーズンに引っ越し先を探すことはおすすめできません。

1月〜3月は新生活の始まる学生や社会人の人達が物件を探す時期になり、9月〜10月は転勤による物件探しが増えます。

当然、賃貸需要の多い時期には良い条件の物件を見つけることや、減額交渉は期待できません。

可能であれば、良いタイミングで引っ越し先を探してみてください。

まとめ

今回は引っ越しの初期費用が払えない人向けに、初期費用を抑える物件探しのポイントと、どうしても初期費用が払えない際の対処法を解説しました。

初期費用は家賃の4〜6ヶ月分の費用がかかり、ほとんどの人にとって非常に大きな出費になってしまうので、少しでも抑えたいはずです。

物件を選ぶ際はなるべく初期費用が低いものを選ぶことで、引っ越し費用を抑えられることがあります。

しかし、住みたい物件に初期費用がお得な条件が当てはまるとは限らないので、カードローンを活用して支払う選択肢もありでしょう。

お得な無利息期間のあるカードローンを利用すれば、利息を払うことなく足りない初期費用を借りることができるので、この記事を参考に申込手続きを行ってみてください!

C>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する