生活費が足りない時の対処法から原因を解説|国の公的支援制度や、生活費目安はどれくらい?

生活費がない時はどうしたらいいの!?

すぐにお金を手に入れる方法はない?

本記事では生活費がない時の対処法や利用できる公的支援制度、生活費がない時の注意点を解説し、おすすめのカードローン会社を紹介していきます。

様々な事情から生活費に困ってしまいますよね。

毎月月末になると生活費がカツカツで、苦労している人にとって助けになる情報を解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

生活費が足らない場合は…
  • 生活費がない時は固定費と変動費を見直そう。
  • 収入を増やすために副業やアルバイトを検討しよう。
  • 生活費がない原因は何か把握しよう。
  • 生活費がなくても闇金やギャンブルには手を出さない!
  • 即金性が高く、少額からお金を借りられるカードローンを活用しよう!アイフルは30日間金利0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

生活費がない時の対処法

生活費がない時に考えられる対処法は次の通りです。

生活費がない時の対処法
  • 固定費を見直す
  • 変動費を見直す
  • 副業を検討する
  • パート・アルバイト
  • ローンを活用する

生活費がない理由を考えると、支出が多いもしくは収入が少ない可能性があります。

支出と収入のどちらか、もしくは両方とも対策することで生活費がない状況を抜け出すことができるでしょう。

以下から、それぞれの理由ごとに詳しい対処法を紹介していきます。

固定費を見直す

まずは支出の中から、毎月必ず発生する固定費を見直すことをおすすめします。

固定費を見直すことで、まとまった金額を毎月削減できます。

一度の見直しで長期的な削減につながるので、少額でも将来的に大きな差が生まれます。

固定費とは、家賃やスマホ、インターネット利用料などのことで、生活支出の大部分を占めていることから、削減効果が大きいです。

例えば家賃の安い場所に引っ越したり、スマホを格安SIMに変更するなどのが挙げられます。

変動費を見直す

固定費の見直しを行っても、まだ生活費がない足りない場合は、変動費を見直します。

変動費は日々使っている様々なお金のことで、自動販売機でつい飲み物を買ってしまったり、自炊が面倒で外食してしまったりなどです。

これを悪いとは言いませんが、生活費に困っている人の場合はこういった日々の積み重ねに目を向けることが大切です。

1回100円や200円の出費だとしても、月単位年単位で考えれば非常に大きな金額になります。

副業を検討する

固定費や変動費など支出面を見直しても、収入面の問題から生活費がない場合は、副業を検討することをおすすめします。

会社員として働いている人でも、業界や企業によって収入が低く生活が苦しいことが多いと思います。

副業時代と呼ばれている現在は、自宅にいながらスマホやパソコンで行える仕事がたくさんあります。

もちろん最初は多少の勉強が必要になりますが、おすすめの副業は次の通りです。

おすすめの副業
  • Webライター
  • 動画編集
  • 広告運用

これらの仕事で月数万円稼ぐことはそれほど難しくないので、挑戦してみることをおすすめします。

パート・アルバイトを行う

そもそも仕事を行っておらず、収入が一切ないという場合は、パートやアルバイトを行いましょう。

やりたい仕事があって、就職活動をしているとしても、最低限日々の生活費分は稼がないと生きていけないので、一時的だとしてもパートやアルバイトに取り組むことをおすすめします。

専門的な知識のいる仕事でなくても、アルバイトであれば働いた分だけ給料が貰えるので、生活費を稼ぐことができるでしょう。

ただし、副業を含めパートやアルバイトを行ったとしても、多くの場合で即金性は低いので、どうしてもすぐにお金が必要な場合にはおすすめできません。

ローンを活用する

今すぐお金が必要な際のおすすめは、ローンの活用です。

ローンは非常に即金性の高い対処法として知られています。

ローンと言っても住宅ローンやカーローンなどの目的が決まっているものではなく、生活費として借りることができる以下のローンです。

おすすめローン
  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカード系カードローン

なかでもおすすめは少額からでも融資してもらえる消費者金融カードローンです。

使用用途が自由で、契約期間中繰り返し借入できる特徴があるので、生活費で困っている人に最適です。

また、店舗に来店する必要はなく、申込みから借入れまでWebで完結するメリットもあります。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

生活費がない原因を見つける

対処法を紹介しましたが、そもそもなぜ生活費がないのでしょうか?

原因が分からなければ、いくら対処して一時的に凌いだとしても、また来月も生活費が足りなくなってしまうかもしれません。

そこで、考えられる原因としてはおそらく次の2つではないかと思います。

生活費がない原因を見つける
  • 急な出費があった
  • 毎月生活費が足りない

急な出費があった

生活費がない原因として多いのは、急な出費がありお金が一時的になくなってしまったことです。

普通に仕事をして収入を得ている人でも、まとまった金額が必要になった時に貯金を崩さなければならず、お金がなくなってしまう可能性があります。

例えば不慮の事故や病気、出産や離婚、単身赴任などあらゆる出来事で急な出費が生まれます。

当然こういった出来事を防ぐことは難しいですが、しっかりと貯金をして備えておくことで生活費が一切なくなる事態は避けられるかもしれません。

毎月生活費が足りない

毎月生活費が足りない場合は、収入と支出が釣り合っていないことが考えられます。

収入が少ない場合は転職や副業を検討し、支出が多い場合は固定費と変動費を見直します。

消費者金融カードローンを活用したとしても、毎月借入れを行うことになれば後々苦労するので、生活収支の改善に注力しましょう。

生活費がない時の公的支援制度

生活費がない時に活用できる公的支援制度を紹介します。

生活費がない時の公的支援制度
  • 国民年金の延納
  • 生活保護

日本には生活費がなくても最低限の生活を送れるように支援する制度がしっかりと整っています。

多くの人はこういった公的支援制度を知らずに利用していません。

しっかりと日本に税金を納めているのであれば、迷うことなく活用すべき制度なので、まずはよく調べてみてください。

国民年金の延納

国民年金は基本的に支払い義務がありますが、極端に所得が少ない人で経済的に支払いが困難という場合は、支払いの延納が可能です。

「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行うことで、一定期間の支払い猶予を受けられます。

あくまでも延納になるので、生活費に余裕が出てきたら追加納付する必要があります。

仮に支払わないままにしておくと、その分は将来的にもらえる年金が少なくなってしまうので、注意が必要です。

生活保護

どこからもお金を借りられず、他の公的支援制度を活用しても生活費がない場合は、生活保護というセーフティーネットがあります。

雇用保険に加入していた場合は、失業保険が適用されますが、加入できていない人は貰えません。

生活保護は最低生活費を得ることができない人のための制度なので、恥ずかしがることなく受給することをおすすめします。

生活保護では、食費や家賃光熱費、医療費、出産費用、技能習得などの費用、お葬式の費用など総合的に支援してもらえます。

生活保護は、住んでいる地域の福祉事務所に申請してください。

生活費がない時の注意点

次に生活費がない時の注意点を解説します。

生活費がない時の注意点
  • 闇金からお金を借りない
  • ギャンブルでお金を増やそうとしない

明日の生活費がなく、どうしていいか全く分からなくなると冷静な判断ができなくなり、間違った方法でお金を手に入れようとしてしまいます。

一時的にお金を手に入れても、より苦しい状況を招く結果になってしまうので、注意してください。

闇金からお金を借りない

解説した通り、明日の生活費がない状況だと冷静な考えができなくなり、普段ではしない行動をしてしまいます。

多いパターンとして注意すべきことは、闇金からキャッシングをしてはいけません。

闇金は返済能力がほとんどないような人に対してもお金を貸して、違法な金利を取り立てる業者です。

誰でも借りられることや、生活保護受給中でもOKという宣伝文句によって、つい借りてしまう人がいます。

どんなに生活費に困っていたとしても、闇金からだけは絶対に借りないように注意してください。

大手消費者金融の口コミ評判は、以下の記事から確認できます。

ギャンブルでお金を増やそうとしない

ギャンブルでお金を増やそうとしないように気をつけましょう。

とにかく今あるお金を増やそうと考えてしまう人は、パチンコや競馬、FXなど投機性の高い金融商品に投資をしてしまいます。

当然なけなしのお金でギャンブルをしてもお金が増えることはなく、最後のお金まで失ってしまいます。

パチンコや競馬を絶対にしてはいけないとは言いませんが、あくまでも生活に余裕がある人の娯楽という認識は持っておくことをおすすめします。

生活費がない時におすすめのカードローン会社

最後に生活費がない時におすすめのカードローン会社を紹介します。

生活費がない時におすすめカードローン会社
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

それぞれのカードローンの特徴や金利、無利息期間について解説していきます。

申込から契約までの手続きのしやすさや、無利息期間を確認して、少額から借りた場合でもお得に利用できるカードローンを探してみてください。

アイフル

カードローンにおすすめのアイフル

アイフルの特徴
  • Web申込なら最短25分融資
  • 最大30日間無利息
  • 融資限度額最大800万円

アイフルは独自審査を行うことにより審査時間を短縮し、Web申込であれば最短25分で融資を受けることが可能です。

また、個人の希望にもある程度応えてもらえて、すぐにお金が必要な場合は優先的に審査を進めてもらえる可能性もあります。

最大30日間の無利息期間を設けているので、お得に借りられるカードローンです。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

生活費足りない_おすすめカードローン_プロミス

プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短30分審査&最短25分融資
  • 最大30日間無利息

プロミスオリコン顧客満足度ランキング・ノンバンクカードローン部門で2年連続1位を獲得している実績あるカードローンです。

申込みはWeb上で完結でき、来店する必要はありません。

すぐにお金が必要な人に特におすすめで、最短30分で審査が完了し、24時間365日振込融資が可能です。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短25分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アコム

カードローンにおすすめのアコム

アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心
  • 最短30分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息

アコム「はじめてのアコム」というように、審査通過率が高くはじめてカードローンを利用する人でも安心です。

審査は最短30分で完了し、契約後はWeb上から振込融資依頼を簡単に行えます。

また、銀行振込の手数料はアコムが負担してもらえるので、少額を借り入れる場合でもお得です。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

SMBCモビット

カードローンにおすすめのsmbcモビット

SMBCモビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループ
  • カードレスにより最短即日融資

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループで、三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょのいずれかの銀行口座を開設していれば、保険証だけでWeb申込を行うことが可能です。

また、在籍確認に電話連絡を行わないので、借り入れが職場や家族にバレる可能性が少ないです。

他のカードローンにはある無利息期間が無いことは注意しましょう。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

まとめ

今回は生活費がない時の対処法や原因として考えられること、利用できる公的支援制度、お金がない時の注意点を解説し、おすすめのカードローン会社を紹介しました。

明日の生活費がない状態では、常に不安やストレスを感じることになり、冷静な判断ができなくなってしまいます。

注意点で解説した内容に気をつけて、安心して利用できるカードローンを活用してみてください。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する