無担保ローンとは?金利や借り入れ方法、メリット・デメリットまで徹底解説!

「無担保ローンって何?」
このように考えていませんか?

「ローン」までならなんとかわかりそうですが、「無担保ローン」となると、何を指しているのかわかりにくいですよね。

そこで、この記事では無担保ローンについて詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「無担保ローン」ざっくり言うと
  • 無担保ローンは担保が必要ないローン
  • 無担保ローンの種類はカードローンやフリーローンなど
  • おすすめの無担保ローンとは「アイフル」「プロミス」「モビット」などが挙げられる。
  • 中でも『アイフル』は、初回30日に限って「利息0円」で借り入れを行うことができる!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

もくじ

無担保ローンとは?

無担保ローン_とは
無担保ローンとは、文字通り担保が必要ない借り入れのことです。

フリーローンと呼ばれることもあります。

銀行やその他の金融機関から借りる時には、もし返済されなかった時のために、換金できる担保を預け入れることが多いです。

無担保ローンではその必要がないため、気軽に借りることができます。

無担保ローンでは、担保だけでなく、保証人も必要ないことがほとんどです。

保証人とは、もし返済されなかった時に、代わりに借り入れを返済する人のことです。

また、無担保ローンでは多くの場合、使い道も指定されていないため、お金の使い道に関係なく借り入れが可能です。

無担保ローンの8つの種類

無担保ローン_種類
無担保ローンの種類は主に以下の8つです。

それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

消費者金融系カードローン

無担保ローン_消費者金融系
無担保ローンの種類としてまず挙げられるのは、消費者金融系カードローンです。

消費者金融系カードローンでは、文字通り消費者金融系から借り入れを受けます。

消費者金融系カードローンは金利が高めに設定されていますが、比較的審査通過率が高めで、最短即日で借り入れが可能です。

無担保ローンの中でも、特に利便性が高いのが消費者金融系カードローンと言えるでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

信販系カードローン

無担保ローン_信販系
無担保ローンの種類としては、信販系カードローンも挙げられます。

信販系カードローンとは、クレジットカードを発行している会社が発行しているカードローンのことです。

信販系カードローンはさまざまな面で消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの中間に位置する存在です。

具体的には、金利、審査のスピード、審査難易度などが中間的になっています。

ちなみに、よく混同されがちですが、信販系カードローンは下で解説するクレジットカードとキャッシング枠とは異なります。

信販系カードローンにクレジットカードとしての機能はありません。

銀行系カードローン

無担保ローン_銀行系カードローン
無担保ローンの種類としては、銀行系カードローンも挙げられます。

銀行系カードローンは文字通り銀行が発行しているカードローンです。

信販系や消費者金融系よりも審査完了までに時間がかかり、審査難易度が高めになっている一方で、金利は低めに設定されています。

銀行系フリーローン

無担保ローン_銀行系フリーローン
無担保ローンの種類としては、銀行系フリーローンも挙げられます。

銀行系フリーローンは銀行系カードローンと混同されがちですが、実は違う商品です。

カードローンでは発行されるカードで契約限度額の範囲内でお金を借りることができ、その範囲内であればいつでも借りたり返したりできます。

一方で、フリーローンの場合にはお金を一度でまとめて借り入れます。

一定の範囲内でいつでも借りたり返したりできるわけではありません。

また、銀行系フリーローンでは資金の用途は自由ですが、申し込む時には何にお金を使うか申告が必要な場合もあります。

クレジットカードのキャッシング枠

無担保ローン_キャッシング
無担保ローンの種類としては、クレジットカードのキャッシング枠も挙げられます。

クレジットカードではショッピング枠のほかにキャッシング枠もついてきます。

ショッピング枠では、その月に使ったお金を翌月に一括で精算する形になります。

一方、キャッシング枠ではクレジットカードを使ってお金を借りれます。

ショッピング枠と異なるのは、翌月に返す必要はなく、通常の借り入れと同じように、毎月一定額ずつ返していくところです。

クレジットカードのキャッシング枠は他の無担保ローンと比べると、金利が高めになっていて、限度額は低めになっていることが多いです。

ただ、メリットもあり、キャッシング枠がついているクレジットカードさえ持っていれば審査不要でいつでもお金を借りることができます。

目的ローン

無担保ローン_目的ローン
無担保ローンの種類としては、目的ローンも挙げられます。

目的ローンとは、資金の使用用途が指定されている借り入れのことで、用途を証明する書類も必要になります。

たとえば、車を購入するために目的ローンを借りた場合には、車の購入以外の目的で用いてはいけません。

用途は制限されますが、その分、金利は低めに設定されている場合が多いです。

ちなみに、車の購入以外に、教育費用、マイカー費用、ブライダル費用などに利用される場合が多いです。

ショッピングリボ

無担保ローン_ショッピングリボ
無担保ローンの種類としては、ショッピングリボも挙げられます。

ショッピングリボとは、文字通り、買い物の代金をリボ払いで払うことです。

リボ払いでは、利用金額や利用回数に関係なく、あらかじめ設定した一定の金額を毎月返済していくことになります。

毎月の負担は軽いですが、なかなか借り入れが減らないため、最終的に支払う必要がある金額は高めになるので注意が必要です。

おまとめローン

無担保ローン_おまとめ
無担保ローンの種類としては、おまとめローンも挙げられます。

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを一本化できるローン商品です。

おまとめローンにすると返済先が1社のみになるため、返済の負担が軽くなるほか、1社で借りる金額が大きくなるので金利も低くなる傾向にあります。

また、おまとめローンでは月々の支払額を減らすこともできるため、返済の負担も減りやすいです。

無担保ローンの4つのメリット

無担保ローン_メリット
無担保ローンのメリットは主に以下の4つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:すぐに借りれる

無担保ローン_すぐに
無担保ローンのメリットとしてまず挙げられるのは、すぐに借りれることです。

有担保ローンの場合には、担保についても詳細に調べる必要があることなどから、どうしても審査にかかる時間は長くなってしまいます。

一方で、無担保ローンでは借り入れる人の信用度さえ調査すれば良いため、審査にかかる時間が短めになっています。

たとえば、無担保ローンの中でも特にすぐに借りれる消費者金融系カードローンの場合には、最短1時間程度でお金を借りることも可能です。

また、無担保ローンの中でも特に審査に時間がかかる銀行系カードローンでさえも、1週間程度あれば審査が完了する場合が多いです。

そのため、無担保ローンは「すぐにお金が欲しい」という方にピッタリな商品と言えます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

メリット②:借りる人の信用力で借りれるか決まる

無担保ローン_信用力
無担保ローンのメリットとしては、借りる人の信用力で借りれるか決まることも挙げられます。

無担保ローンでは担保や保証人を設定する必要がありませんから、担保や保証人の質に関係なくお金を借りれます。

無担保ローンの種類にもよりますが、借りる人の信用力も特に高いものが必要だというわけではありません。

たとえば、消費者金融系カードローンの場合には、過去の信用情報に問題がなければ、借りれる場合も多いです。

メリット③:(目的ローン以外)使い道が自由

無担保ローン_自由
無担保ローンのメリットとしては、使い道が自由なことも挙げられます。

借り入れの中には、資金用途が指定されているものもありますが、これは不便ですよね。

また、用途が指定されているローンはブライダル、車、教育費など大きな費用が必要なものはカバーしていますが、借りたい用途を扱うローンがない場合もあります。

一方で、無担保ローンの場合には使い道が自由であるため、借りたお金を柔軟な用途で用いることが可能になっています。

メリット④:保証人・担保がいらない

無担保ローン_保証人
無担保ローンのメリットとしては、保証人・担保がいらないことも挙げられます。

お金を借りる場合、保証人や担保が必要な場合もありますが、これらを用意するのはなかなか大変ですよね。

しかし、無担保ローンでは借りる人を信用して貸付を行うため、保証人や担保を設定する必要がありません。

そのため、気軽な借り入れが可能になっています。

無担保ローンの3つのデメリット

無担保ローン_デメリット
無担保ローンのデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:審査基準が厳しめなことが多い

無担保ローン_審査基準
無担保ローンのデメリットとしてまず挙げられるのは、審査基準が厳しめなことが多いことです。

担保や保証人が設定されるローンの場合、返済が滞っても担保や保証人を活用してお金を回収できるため、審査は相対的に通りやすい傾向にあります。

そのため、多少信用情報が悪くても、担保や保証人がしっかりとしたものであれば、借り入れを受けることが可能です。

一方、無担保ローンの場合には返済が滞っても、その人からお金を回収するしかありません。

返済が滞った時にお金を回収する手段が少ないため、無担保ローンでは個人の信用情報をより厳密にチェックします。

そのため、審査基準が厳しめなことが多いのです。

ただ、消費者金融系のカードローンのように、審査基準を厳しくしない代わりに、金利を高めに設定している無担保ローンもあります。

デメリット②:金利が高め

無担保ローン_金利
無担保ローンのデメリットとしては、金利が高めことも挙げられます。

上でも述べましたが、無担保ローンでは返済が滞った時にその人から返済してもらえなければお金を回収できません。

そのため、金融機関にとっては無担保ローンは損失が発生するリスクが大きい商品と言えます。

リスクが大きい商品であるため、金利は高めに設定されている場合が多いです。

デメリット③:高額の借り入れは難しい

無担保ローン_高額
無担保ローンのデメリットとしては、高額の借り入れは難しいことも挙げられます。

担保がついているローンの場合、担保の価値の範囲内ならば比較的大きなお金を借りれます。

担保さえ設定されていれば、高額を貸して返済が滞ってもリスクが少ないからです。

一方、無担保ローンの場合には、高額を貸して返済が滞ってしまった時に多額の損失が発生してしまいます。

そのため、無担保ローンでは少額の借り入れしかできない場合も多いのです。

無担保ローンを借りる5つの手順

無担保ローン_手順
無担保ローンを借りる手順は主に以下の5つです。

無担保ローンを借りる5つの手順
それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:申し込み

無担保ローン_申し込み
無担保ローンを借りる時には、まず申し込みを行います。

多くの場合、ホームページに申し込み画面に移動できるボタンが設置されているため、それをクリックしましょう。

そして、氏名やお金に関する情報など、申込みに必要な情報を入力することで申し込みを完了できます。

手順②:審査

無担保ローン_審査
次に、金融機関の審査を受けます。

審査の詳細は各金融機関で異なります。

ただ、どの金融機関の場合でも、信用情報機関のデータベースにアクセスし、信用情報を参照するのは確かなようです。

また、申告した職場に電話をかけることで在籍確認を行うことも多いです。

手順③:契約

無担保ローン_契約
次に、契約をすることになります。

審査が終了し、審査に通過すると金融機関から審査に通過した事実と、借りれる金額や金利などが提示されます。

この内容に納得したら、金融機関と契約を結びましょう。

手順④:借り入れ

無担保ローン_借り入れ
次に、いよいよ借り入れを行います。

借り入れる方法は場合によって異なりますが、ATMなどで借り入れを受けられることが多いでしょう。

手順⑤:返済

無担保ローン_返済
最後に返済を行います。

無担保ローンの場合、一括で返済することは少なく、一定の金額を少しずつ返していく場合が多いです。

おすすめの無担保ローンの選び方の3つのポイント

無担保ローン_ポイント
おすすめの無担保ローンの選び方のポイントは主に以下の3つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:金利が安い無担保ローンを選ぶ

無担保ローン_安い
無担保ローンの選び方のポイントとしてまず挙げられるのは、金利が安い無担保ローンを選ぶことです。

金利は安ければ安いほど金融機関に返済する金額は少なくなります。

そのため、基本的には金利で無担保ローンを選ぶのがおすすめです。

ただ、消費者金融系の無担保ローンで提供されている「無利息期間」が適用できる場合は例外です。

無利息期間が設定されている場合、一定の期間は金利が0になるため、返済期間が短い場合には総返済額は少なめになります。

ポイント②:返済方法が多い無担保ローンを選ぶ

無担保ローン_返済方法
おすすめの無担保ローンの選び方のポイントとしては、返済方法が多い無担保ローンを選ぶことも挙げられます。

理由は単純で、返済方法が多いと、ローンを返済する時に便利だからです。

無担保ローンを検討する時には、どのような返済方法が用意されているかも合わせて確認しておくと良いでしょう。

ポイント③:すぐ借りれる無担保ローンを選ぶ

無担保ローン_すぐに
おすすめの無担保ローンの選び方のポイントとしては、すぐ借りれる無担保ローンを選ぶことも挙げられます。

無担保ローンの中には、最短1時間程度で借りれる消費者金融系カードローンのような商品もあれば、借りれるまでに1週間以上かかることも多い銀行系カードローンまでさまざまです。

時間に余裕がある場合には問題ありませんが、「すぐにお金を借りたい」と思っている場合にはどのくらいで借りれるかも大事ですよね。

無担保ローンを比較する時には、どの程度で借りれるかも確認しておくと良いでしょう。

おすすめの無担保ローン5選【消費者金融系】

無担保ローン_消費者金融
おすすめの消費者金融系の無担保ローンは主に以下の5つです。

おすすめの無担保ローン5選【消費者金融系】
それぞれの無担保ローンについて詳しく見ていきましょう。

アコム

無担保ローン_アコム
アコムは審査スピードの早さが魅力的な無担保ローンです。

融資まで最短1時間で、すぐにお金を借りたい時にも利用しやすくなっています。

三菱UFJフィナンシャルグループに所属しているため、信頼性もバッチリです。

ちなみに、アコムでは大手消費者金融の中では唯一、クレジットカードにローン機能をつけることが可能です。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

アイフル

無担保ローン_アイフルカードローンおすすめ_アイフル
アイフルは大手消費者金融のひとつで、サポート力の高さに定評があります。

借り入れが初めてで不安な方でもしっかりサポートしてくれるため、特に借り入れ初心者におすすめの無担保ローンになっています。

アイフルでは融資まで最短1時間となっており、スピード感の速さも見逃せません。

その上、お急ぎの方専用フリーダイヤルに電話すると、より優先して審査を行ってくれます。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

プロミス

無担保ローン_プロミス
プロミスは消費者金融の中でも最大手の会社です。

利用者からの信頼も厚く、オリコン顧客満足度ノンバンクカードローン部門では2年連続で第1位に輝いています。

また、金利も大手消費者金融系カードローンの中では一番低い17.8%になっており、お得に借りやすくなっています。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 30日間無利息

SMBCモビット

無担保ローン_SMBCカードローン_おすすめ_消費者金融ランキング_SMBCモビット
SMBCモビットはWeb完結申込の場合、電話連絡や郵送物なしで借り入れができるのが魅力的な無担保ローンです。

通常、金融機関は申告された職場に在籍確認の電話をかけるのが普通です。

しかし、この電話で職場に借り入れがバレないか不安になりますよね。

SMBCモビットではこの電話連絡がありませんし、自宅に郵送物も届かないので家族にもバレにくくなっています。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査期間 最短10秒で事前審査
融資速度 最短30分
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 なし

レイクALSA

無担保ローン_ALSAカードローン_おすすめ_消費者金融ランキング_レイクALSA
レイクALSAは初めて利用する場合の無利息期間が圧倒的に充実しているのが魅力的なカードローンです。

通常、大手消費者金融の無利息期間は30日に設定されていますが、レイクALSAでは60日間無利息、もしくは5万円までの借り入れの利息が180日間無利息になっています。

そのため、利息を抑えたい方には特におすすめの消費者金融系カードローンと言えます。

金利 4.5%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円
審査期間 最短15秒
融資速度 最短1時間
保証人 不要
担保 不要
無利息期間 60日間無利息
(5万円までなら180日間無利息)

おすすめの無担保ローン5選【銀行系】

無担保ローン_銀行
おすすめの銀行系の無担保ローンは主に以下の5つです。

それぞれの無担保ローンについて詳しく見ていきましょう。

バンクイック

無担保ローン_とは_バンクイック
バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンです。

名前のとおり、融資までが比較的長いと言われる銀行系カードローンの中では融資スピードが早めになっていることが魅力的です。

具体的には、通常の銀行系カードローンの融資スピードが1週間程度であるのに対して、バンクイックの場合には最短翌日に融資を受けることができます。

>>>バンクイックの公式サイトはこちら<<<

今すぐバンクイックに無料登録する

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円まで
審査期間 最短翌営業日
融資速度 最短翌営業日
保証人 不要
担保 不要

埼玉りそな銀行カードローン

埼玉りそな銀行カードローンは、「埼玉りそな銀行」が展開しているカードローン!

最大の魅力は、申し込みから契約まで原則「完結」することができる点。

24時間365日の申し込みに対応している上、たった「10秒」で借り入れ可能か診断することができます!

よりスマートに借り入れを行いたい方は、注目すべきカードローンです!

また、埼玉りそな銀行カードローンはキャンペーン実施中で、以下の表ではキャンペーン概要をご紹介しています。

埼玉りそなカードローンキャンペーン
金利 年3.5%~13.5%→年1.49%~13.5%(変動金利型)
期間 2022年4月25日(月)から2022年9月30日(金)まで
ご注意事項
  • 金利はご利用限度額に応じて決定します。詳しくは埼玉りそな銀行のHPで金利表をご覧ください。
  • キャンペーン金利を適用する場合、住宅ローンまたは給与振込利用者の金利特典は適用されません。

※キャンペーンに関する詳細は埼玉りそな銀行のHPでご確認ください。

>>>埼玉りそな銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ埼玉りそな銀行カードローンに無料登録する

楽天銀行カードローン

無担保ローン_楽天楽天銀行の「スーパーローン」
楽天銀行カードローンは銀行系の中でも特に低金利で借りれるのがうれしい無担保ローンです。

金利は1.9%~14.5%となっており、この上限金利であり14.5%はトップレベルに低いものになっています。

また、楽天銀行ではお得にお金を借りれるキャンペーンも随時行っており、低金利で借りたいならまず注目したい銀行系カードローンです。

金利 1.9%〜14.5%
限度額 800万円まで
審査期間 最短2週間
融資速度 最短2週間
保証人
担保

三井住友銀行カードローン

無担保ローン_三井住友
三井住友銀行カードローンは三井住友銀行というメガバンクが運営している点で信頼度が高い銀行系カードローンです。

また、月2000円という少額からでも返済できるため、生活に余裕がない方でも安心です。

上限金利が14.5%と低めに設定されている点も魅力的ですし、三井住友銀行の銀行口座がなくても利用可能な点もうれしいですね。

金利 1.5%~14.5%
限度額 10~800万円まで
審査期間 最短翌営業日
融資速度 最短翌営業日
保証人 不要
担保 不要

みずほ銀行カードローン

無担保ローン_みずほカードローン_おすすめ_銀行ランキング_みずほ銀行
みずほ銀行カードローンはみずほ銀行が運営しています。

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている人に特にメリットが大きいカードローンで、みずほ銀行のキャッシュカードをそのまま利用できます。

また、みずほ銀行のATM手数料が無料になるという特典もついてきます。

最短翌営業日に借りれるスピード感もうれしいですね。

金利 1.5%〜14.0%
限度額 800万円まで
審査期間 最短翌営業日
融資速度 最短翌営業日
保証人 不要
担保 不要

りそな銀行カードローン

無担保ローン_りそなカードローン_おすすめ_銀行ランキング_りそな銀行
りそな銀行カードローンはりそな銀行が提供するカードローンで、上限金利が13.5%とトップレベルに低いのが特徴的なカードローンです。

申し込みから契約まですべてWeb上で行えるのも利便性が高いですね。

審査に時間はかかるものの、りそな銀行の口座を持っていなくても申込可能になっています。

金利 3.5%〜13.5%
限度額 800万円まで
審査期間 最短2週間
融資速度 最短2週間
保証人 不要
担保 不要

無担保ローンのまとめ

無担保ローン_まとめ
無担保ローンとは、担保が必要ないローンのことです。

無担保ローンの種類としては以下のようなものが挙げられます。

無担保ローンのメリットは以下のとおりです。
無担保ローンのデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
無担保ローンを利用する時には以下のような手順を踏みます。

無担保ローンを借りる5つの手順

おすすめの無担保ローンの選び方のポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

おすすめの消費者金融系の無担保ローンは以下のとおりです。
おすすめの無担保ローン5選【消費者金融系】
おすすめの銀行系の無担保ローンは以下のとおりです。