プロミスの金利は高いの? 金利を低くする方法まで徹底解説!

「プロミスの金利は高いの?」
「プロミスの金利を下げる方法を知りたい!」

このように考えていませんか?

プロミスの金利がどのような感じか、気になりますよね。

できるだけ低金利で借りたいものです。

そこで、この記事ではプロミスの金利がどの程度なのか他社と比較し、プロミスの金利を下げる方法まで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

「プロミスの金利」ざっくり言うと
  • プロミスの金利は大手消費者金融の中でもっとも低い
  • プロミスの金利を下げる方法は30日間無利息サービスを適用することなど
  • さらに低金利で借りたい場合は銀行カードローンなどを利用する
  • プロミスのメリットは最短30分で融資可能なことなど

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの金利は高い? 他社と徹底比較

プロミス_金利_比較

プロミスの金利4.5~17.8%に設定されています。

この金利は他社に比べて高いのでしょうか。

以下の2つに分けてプロミスの金利が高いのか検証していきましょう。

プロミスの金利は高い? 他社と徹底比較

ちなみに、各社の金利を比較する時には、必ず上限金利を比較するようにしましょう。

上限金利は、たとえば4.5~17.8%の金利であれば17.8%のことを指します。

その会社で初めての借り入れの場合、ほとんど上限金利が適用されます。

そのため、上限金利だけ比較していけば問題ありません。

大手消費者金融と比較

プロミス_金利_大手

プロミスの金利は大手消費者金融の中ではもっとも低くなっています。

他社の上限金利が18%に設定されているのに対して、プロミスの上限金利は17.8%に設定されているからです。

プロミスの金利を具体的に他社と比較すると以下の表のようになります。

金利
プロミス 4.5〜17.8%
アイフル 3.0~18.0%
アコム 3.0〜18.0%
SMBCモビット 3.0〜18.0%
レイクALSA 4.5〜18.0%

プロミスは下限金利は4.5%と高めなのですが、これは気にする必要がありません。

限度額マックスの500万円でも借りない限り、下限金利は適用されることがないからです。

銀行カードローンと比較

プロミス_金利_銀行

プロミスの金利は銀行カードローンと比較すると高いです。

プロミスと主な銀行カードローンの金利を比較すると以下の表のようになります。

金利
プロミス 4.5〜17.8%
楽天銀行カードローン 1.9〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8〜14.6%
三井住友銀行カードローン 1.5~14.5%
イオン銀行 3.8〜13.80%

銀行の金利はプロミスの金利よりだいぶ低いことがわかります。

ただ、銀行カードローンはプロミスよりも審査が厳しくなっています。

審査に受かる自信がある場合は銀行カードローンを利用してみると良いでしょう。

また、銀行カードローンはプロミスと比べてずっと審査に時間がかかります。

今すぐお金を借りたい人はプロミスのほうが向いていると言えます。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

プロミスの金利は高い? 実際の口コミで検証!

プロミス_金利_口コミ

この見出しでは、実際にプロミスを利用している方がプロミスの金利についてどのように感じているのか、実際の口コミで検証していきたいと思います。

具体的な口コミを見ていきましょう。

急な出費でどうしてもお金が必要になったのですが、取引のある所は増額は無理と言われてダメ元でプロミスさんのWeb申込みしてみました。2回程確認の電話が来ましたが、皆さんとても丁寧かつ優しい対応で安心してお話することが出来ました
現在、年収340万で借り入れ3件75万程残債ありで10万円の希望でお願いした所、46万円枠可決‼本当に驚きました‼
しかも、現在3件のうち2件分完済していただけたら枠も50万円まで上がり、金利もお安くなりますと教えて頂きました。正直、毎月3件分振り込みのに手数料も勿体ないと思っていたんです。
可決して頂いただけでも感謝でしたのに本当に親切だと思いました。

出典:お金借りれる?

他社3件まとめてもらえました。金利も15%以下で支払いも半分以下になりました。ありがとう。

出典:お金借りれる?

この間、お昼寝をしていたら携帯電話に着信あり。慌てて出たらプロミスでした。良好なお取引をさせて頂いているのでって事で金利25.5%→17.8%に下がりました。昔、ぷらっとを利用していましたが、閉店に伴いプロミスに債権が移動して、カードが2枚ある状態でしたが、2枚とも下げていただき大変ありがたく思います。
出典:お金借りれる?

モ○ットで断られここを紹介。利率19.8%まで下げてくれ、さらに他社を返済したいので30ならいいです、と言ったら50まで上げてくれました。25%〜のところで借りなくてよかった…

出典:お金借りれる?

他社との競争で金利を下げてくれて、借入限度額160万円、金利19パーセントになりました。7年前はアコムが金利競争で21パーセントで勝ったのにね。

出典:お金借りれる?

プロミスの金利を低くする7つの方法

プロミス_金利_方法

アイフルの金利を低くする方法としては、主に以下の7つが考えられます。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:30日間無利息サービスを利用する

プロミス_金利_30日間

プロミスの金利を低くする方法としてまず挙げられるのが、30日間無利息サービスを利用することです。

プロミスでは初めて借り入れを行う場合、30日間利息を0円にすることができます。

これはかなりお得なキャンペーンなので、対象の人はぜひ適用するようにしましょう。

特に短期間だけ借りる場合は、金利の低い銀行カードローンで借りるより、プロミスで30日間無利息サービスを適用して借りたほうがお得になります。

方法②:利用実績を増やす

プロミス_金利_利用実績

プロミスで金利を低くする方法として、利用実績を増やすことも挙げられます。

プロミスでは継続して借り入れを行い、なおかつ遅れることなく返済を続けていると信用が貯まって金利を下げてもらえる場合があります。

そのため、借りる金融機関をどんどん変えていくよりも、ずっとプロミスで借りておいたほうがお得に利用できます。

方法③:100万円以上借りる

プロミス_金利_100万円

プロミスで金利を低くする方法として、100万円以上借りることも挙げられます。

プロミスでは100万円以上の借り入れを行うと金利が15%まで下がるからです。

ちなみに、このような状況になるのは、法律で100万円以上の借り入れでは金利を15%以下にしなければならないルールがあるからです。

また、100万円よりさらに多くの金額を借りれば、さらに金利を下げることも可能です。

ただ、いくら金利が下がるといっても、借り入れ額が増えると支払わなければならない利息は増えます。

プロミスで支払う利息を減らすためには、必要以上に借りないのも大切です。

また、100万円以上借りるにはそれなりの信用度が必要になります。

「100万円借りたい」と思っても、必ず借りれるわけではないので注意しましょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

方法④:できるだけ短期間で返済する

プロミス_金利_短期間

できるだけ短期間で返済することで、プロミスに支払う利息を減らせます。

プロミスでは以下の2つの方法を使って、本来よりも短期間で返済することができます。

短期間で返済する方法
  • 随時返済
    月々の最低返済額よりも多くの金額を返済すること。たとえば、毎月の支払いが1万円の時、1.1万円返済すれば随時返済と言える
  • 一括返済
    プロミスでの借り入れをすべて返済すること。ボーナスなどまとまったお金ができたら利用すると便利

短期間で返済すれば、利息がつく期間が短くなるため、当然プロミスで支払う利息を減らせます。

いつだって、借り入れはないに越したことはありません。

余裕がある時には積極的に利用すると良いでしょう。

方法⑤:おまとめローンを利用する

プロミス_金利_おまとめ

おまとめローンを利用するという方法もあります。

すでに複数社から借り入れをしている場合、プロミスのおまとめローンを利用すれば、借入先を一本化できる上、金利も下げられる可能性があります。

上でも述べたとおり、1箇所からの借り入れ額が増えるほど、金利は低くなる傾向にあるからです。

プロミスのおまとめローンでは、消費者金融などの貸金業者からの借り入れを一本化することが可能です。

すでに複数の消費者金融から借り入れがある場合は利用してみましょう。

きっとお得に利用できるはずです。

金利 6.3%~17.8%
限度額 ~300万円
担保・保証人 不要
審査対応時間 9-21時

方法⑥:プロミスポイントサービスを活用する

プロミス_金利_ポイント

プロミスで金利を下げる方法として、プロミスポイントサービスを利用するという方法もあります。

プロミスポイントサービスはプロミスが独自に展開しているポイントサービスです。

ポイントが貯まると、なんと一定期間の金利を無利息にしてもらうことができます。

かなりお得なので積極的に利用したいところです。

ちなみに、無利息にするために必要なポイントは以下のとおりです。

必要なポイント 無利息期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

また、プロミスポイントは以下のような方法で貯めることができます。

条件 ポイント数
収入証明書類の提出 160ポイント
プロミスポイントサービス申し込み
(初回登録時のみ)
100ポイント
プロミスからのお知らせの確認
(ポイント獲得対象のお知らせのみ)
5~20ポイント
プロミスインターネット会員サービスへのログイン
(毎月初回ログインのみ)
10ポイント
ご返済日お知らせメールの確認 1ポイント
取引確認メールの確認 1ポイント
Web明細の確認 1ポイント

プロミスでお金を借りるとその時点で100ポイント貯まるので、追加で収入証明書を提出すればもう7日間の無利息期間が適用できます。

方法⑦:返済にはプロミスATMか三井住友銀行ATMを利用する

プロミス_金利_返済

返済でプロミスATMか三井住友銀行ATMを利用するという方法もあります。

プロミスでは返済時に振込手数料がかかる場合があります。

返済するたびに数百円の振込手数料を払っていると、返済額より余計にお金を払うことになるのでもったいないです。

一方、プロミスATMか三井住友銀行ATMから返済する場合、振込手数料は0円です。

お得に利用できるため、返済はプロミスATMか三井住友銀行ATMから行うと良いでしょう。

プロミスの金利に関するQ&A

プロミス_金利_QA

プロミスの金利に関してよく寄せられる質問には以下のようなものが挙げられます。

それぞれの質問について詳しく見ていきましょう。

最初は上限金利が適用されるって本当?

プロミス_金利_上限金利

最初は上限金利が適用されるのは本当です。

100万円以上借りる場合を除けば、まず上限金利が適用されると思って間違いないでしょう。

これは、プロミス側にしてみれば、最初はお金を借りに来た人がどのくらい信用できる人なのかざっくりとしかわからないからです。

最初は信用がないため、リスクが高いと判断されて、上限金利で貸付が行われるのです。

そして、安定して返済していくとだんだん「信用できる人だ」と判断されて金利が下がるのです。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

延滞したら金利はどうなるの?

プロミス_金利_延滞

プロミスでは延滞した場合、20%の遅延損害金が発生します。

もともとの金利17.8%に2.2%上乗せされた金額が請求されてしまうのです。

延滞した日数だけこの遅延損害金がかかるので、延滞はできるだけしないようにしましょう。

たとえば、10万円借り入れを行い、30日間延滞した場合、約1,643円の遅延損害金が発生してしまいます。

また、プロミスで延滞した場合、金利が上がること以外にも、以下のようなデメリットがあります。

延滞のデメリット
  • 新たな借入ができなくなる
  • (延滞を繰り返した場合)限度額が減ったり貸し出しが停止されたりする
  • (数週間以上延滞した場合)延滞情報が信用情報機関に掲載されてブラックリスト入りする

特に延滞情報が信用情報機関に掲載されると他社でもお金を借りるのがかなり難しくなります。

数週間以上の延滞は特に厳禁と言えます。

ちなみに、延滞しても強引な取り立てが行われることはないのでその点については安心してください。

ただ、強引な取り立てがないとはいえ、ずっと支払わないでいると最終的には法的措置を取られてしまうので注意しましょう。

プロミスはどんな返済方式?

プロミス_金利_返済方式

プロミスの返済方式は残高スライド元利定額返済方式と呼ばれるものです。

この方法では、借りている残高によって最低限返さなければならない金額が決まってきます。

ちなみに、プロミスの場合、最低返済額は以下のような式で決定されています。

借入残高 最低返済額
30万円以下 借入後残高 × 3.61%
30万円超え~100万円以下 借入後残高 × 2.53%
100万円超え 借入後残高 × 1.99%

※最低返済額は1,000円未満切り上げ

少なくとも最低返済額さえ払えば良い点はこの方式のメリットと言えます。

しかし、返済期間は長期化しやすいので、余裕がある時には最低返済額に上乗せして返済を行い、できるだけ短期間で完済するようにしましょう。

金利の計算方法がわからない!

プロミス_金利_計算方法

金利の計算方法がわからない場合はプロミスが提供している「ご返済シミュレーション」サービスを利用するのがおすすめです。

上で述べたとおり、プロミスは残高スライド元利定額返済方式という方法をとっていますが、この方法は総支払額やかかる金利などの計算が複雑です。

手計算ではとても計算できません。

そこで、プロミスでは簡単に計算ができるように「ご返済シミュレーション」というサービスを提供しています。

このサービスでは毎月の最低返済額を計算できたり、返済期間を計算できたりして便利です。

さらに低金利でお金を借りる2つの方法

プロミス_金利_方法

プロミスで低金利を目指すよりも、さらに低金利でお金を借りる方法としては以下の2つが考えられます。

さらに低金利でお金を借りる2つの方法

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:銀行カードローンを利用する

プロミス_金利_銀行

プロミスで低金利を目指すよりさらに低金利でお金を借りれる方法としてまず挙げられるのが銀行カードローンです。

上でも述べたとおり、銀行カードローンの金利はプロミスと比べて低くなっています。

そのため、審査に通る自信がある場合は、銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

ちなみに、銀行カードローンでは借入金額が大きくなるほど上限金利が低くなる仕組みを採用している場合が多いです。

そのため、自分がどのくらいの金利で借りれるのかもわかりやすくなっています。

方法②:公的制度を利用する

プロミス_金利_公的制度

さらに低金利でお金を借りる方法として、公的制度を利用するという方法もあります。

生活する上でお金に困っている場合、公的制度を使えば無利子、もしくは超低金利でお金を借りれます。

多少借りれるまでに時間はかかるものの、金利の面では極めてお得なので一度利用してみるのも良いでしょう。

ちなみに、具体的に利用できる公的制度としては以下のようなものが挙げられます。

公的制度の例
  • 緊急小口資金
    生活が困窮した場合に、10万円まで無利子で借りれます
  • 総合支援資金
    失業などで生活が苦しい場合、月20万円まで無利子、もしくは1.5%の低金利で借りれます

プロミスでお金を借りる5つのメリット

プロミス_金利_メリット

プロミスでお金を借りるメリットとしては以下の5つが考えられます。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:最短30分で融資可能

プロミス_金利_融資

プロミスでお金を借りるメリットとしてまず挙げられるのが、最短30分で融資が可能な点です。

プロミスは即日借りれる大手消費者金融の中でも特に審査スピードが早く、最短30分で融資を受けることができます。

そのため、「今すぐお金を借りたい」と思っている人を中心におすすめです。

WEBからであれば24時間365日いつでも申し込みが可能です。

そして、土日も含め、9~21時の間であれば審査を行っています。

概ね19時ごろまでに申し込みを行えば、その日のうちに融資が受けられる可能性が高まるでしょう。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

メリット②:利用者満足度No.1

プロミス_金利_満足度

利用者の満足度が特に高いこともプロミスのメリットと言えます。

プロミスは多くの人に選ばれて、2020年のオリコン顧客満足度調査 ノンバンクカードローン部門で総合1位を獲得しています。

また、プロミスは人気も高く、消費者金融の中でも最大手になっています。

それだけサービスの質が優れているということですね。

メリット③:金利が低い

プロミス_金利_低い

他の消費者金融にくらべて金利が低いこともプロミスのメリットと言えます。

上で比較したとおり、プロミスの金利は他の大手消費者金融と比べて低く設定されています。

そのため、消費者金融でお金を借りようと思った時には、まずプロミスを検討するのがおすすめです。

その上、プロミスには初めて利用する場合30日間利息0円のお得な無利息期間も設定されています。

メリット④:WEB完結なら郵送物なし

プロミス_金利_郵送物なし

WEB完結なら郵送物がない点もプロミスのメリットと言えます。

プロミスではWEB完結申し込みを行った場合、すべての連絡が電話かメールで来ます。

家に郵送物が届くことは基本的にはありません。

そのため、家族にバレずにお金を借りたい人にもおすすめです。

メリット⑤:女性専用ダイヤルがある

プロミス_金利_ダイヤル

女性専用ダイヤルがある点もプロミスのメリットと言えます。

女性専用ダイヤルでは必ず女性オペレーターが対応してくれるので、お金を借りたいけど不安な女性も安心して利用することができます。

プロミスでお金を借りる4つの手順

プロミス_金利_手順

プロミスでは以下の4手順でお金を借りることが可能です。

プロミスでお金を借りる4つの手順

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:申し込み

プロミス_金利_申し込み

プロミスでは以下の5つの方法で申し込むことが可能です。

プロミスの申し込み方法
  • Web
  • 電話
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 郵送

今回はこの中でも特に便利なWeb申し込みの手順を解説します。

Webで申し込みを行う時には、プロミスの公式サイトから「新規お申し込み」をクリックします。

そして、以下のような情報を入力して申し込みを行います。

プロミスの申し込みで記入が必要な内容
  • 氏名や電話番号などの個人情報
  • 住所など自宅に関する情報
  • 勤務先の情報
  • 希望の借り入れ金額など契約内容 など

手順②:審査

プロミス_金利_審査

次に、記入した内容をもとにプロミスで審査が行われます。

審査にかかる時間は最短で30分です。

まずは申込時に記入した内容をもとに書類審査が行われ、それが終わったら電話で在籍確認が行われます。

審査が終わったら、メールで審査の結果が届きます。

審査に通過した場合は契約限度額も記載されています。

手順③:契約手続き

プロミス_金利_契約手続き

審査に通過し、限度額に納得した場合は契約手続きに進みましょう。

Web契約の場合は、この時に本人確認書類を提出する必要があります。

Web契約ではローンカードの有無を選択できます。

カードをなしにした場合はその日のうちにお金を借りれます。

そのため、基本的にはカードなしのほうがメリットが大きいです。

手順④:借り入れ

プロミス_金利_借り入れ

最後にいよいよ借り入れを行います。

カードなしの場合は自分名義の口座に振り込みの依頼をすれば、自分の口座にお金を振り込んでもらうことが可能です。

カードありにした場合は近くのATMからローンカードを利用して借り入れ額を引き出すことが可能です。

プロミスの金利のまとめ

プロミス_金利_まとめ

プロミスの金利は大手消費者金融の中ではもっとも低くなっています。

プロミスで金利を低くする方法としては以下の7つが考えられます。

プロミスの金利に関する主な質問には以下のようなものが挙げられます。

プロミスで金利を下げるよりもさらに低金利でお金を借りる方法としては以下のものが挙げられます。

さらに低金利でお金を借りる2つの方法

プロミスでお金を借りるメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

プロミスでは以下の4手順でお金を借りることができます。

プロミスでお金を借りる4つの手順

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)