プロミスおまとめローンとは?返済専用ローンのメリット・注意点を徹底解説!

プロミスおまとめローンって何?
複数から借りてしまって管理が大変!

こんな疑問や悩みをお持ちのあなた、複数のカードローンの返済って本当に大変ですよね。

複数のカードローンごとに返済日が異なるため、毎月管理するのは手間がかかります。

プロミスおまとめローンは他社からの借り入れを1つにまとめることを目的にした返済専用ローンです。

プロミスおまとめローンは借金を一本化するだけでなく、毎月の返済額が減る可能性もあり誰にもバレずにすぐに始めることができます。

当記事ではプロミスおまとめローンの特徴やそのメリット・注意点について徹底解説します。

特に注意点については会社側が言えない本音の部分であるため、ぜひ読んでください。

おまとめローンを賢く使って、借金を返済しましょう!

忙しい方向け10秒ででわかるプロミスおまとめローン
  • プロミスおまとめローンは借金を一本化する返済専用ローンのこと
  • プロミスおまとめローンはたった1日で毎月の返済日が完結
  • プロミスおまとめローンはさらに毎月返済額が減る可能性がある
  • プロミスおまとめローンはバレずにすぐに始められる

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに
無料登録する

もくじ

プロミスおまとめローンとは|複数の借り入れを一つにまとめる返済専用ローンのこと

プロミスおまとめローンは複数の金融機関からのローンを1つの借入先にまとめる返済専用ローンのことです。

そして対象となる人は最低でも2社以上の貸金業者からお金を借りている人です。

例えば、A社から90万円、B社から60万円、C社から30万円の借り入れをしているとします。

そこで新しくD社からの180万円の融資を受けて、A、B、C社からの借り入れをD社に一本にすることで返済をラクに行うことができます。

さらにプロミスおまとめローンは借入先を一本化することで、返済管理がラクになったり毎月の返済額が減る可能性があります。

なぜ返済額が減るのかというと、金利を下げられるからです。

おまとめローンは複数のカードローンを一つにまとめるとき、複数の金利より低くなる傾向があります。

したがって、毎月の返済額を減らすことができます。

プロミスおまとめローンは金利上限が17.8%と通常カードローンの上限金利18%よりも0.2%低く設定されています。

また、主婦や学生であっても安定した収入がある18歳以上65歳以下であれば誰でも利用でき、担保や保証人は不要です。

以下にプロミスおまとめローンの詳細をまとめました。

借入上限 300万
遅延利率 20.0%
担保・保証人 不要
資金用途 他の貸金業社からの借入金返済
貸付対象者 20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方
返済日 5日・15日・25日・末日から選択可能
借換対象となるローン 消費者金融・クレジットカードなどのお借入れ (無担保ローン)
返済期間 1回~120回
返済方式 元利定額返済方式
金利適用方式 単一金利

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに
無料登録する

プロミスについてもっと知りたいと言う方は以下の関連記事をご覧ください。

プロミスおまとめローンを利用するメリット5選

プロミスおまとめローンを利用するうえでメリットを5つにまとめました。

プロミスのおまとめローンは複数のカードローンを一つにまとめる返済専用ローンですが、ただ借金を1つにまとめるだけではありません。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

プロミスおまとめローンを利用する前にどんなメリットがあるのかを知っておくことで、賢く利用することができます。

プロミスおまとめローンのメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット①返済負担が軽減できる

プロミスおまとめローンは返済負担が軽減できる可能性があります。

これはおまとめでローンを一本化することで金利が低くなり、最終的に支払う利息が少なくなる可能性があるからです。

利息制限法では、借入金額を一箇所にまとめると以下のように借金額によって上限の利率が決まっています

10万円未満 上限年20%
10万円~100万円未満 上限年18%
100万円以上 上限年15%

プロミスおまとめローンの借り入れが100万円以上になる場合は、年15%と金利を年3%も下げることができるので、非常にお得です。

プロミスは他社で借りずにプロミスを利用してもらいたいと考えているので、おまとめローンは積極的に活用することをおすすめします。

メリット②月に1度の返済日となる

返済日と返済額は複数のカードローンを借りていると混乱する可能性は高いですよね。

複数のカードローンを借りているとA社は20日に1万円、B社は15日に1万2千円といったように混乱してしまいます。

プロミスのおまとめローンは借り入れを1つにすることで、返済先はプロミス1社だけになります。

毎月の返済方法は、次の2つの方法から選べます。

プロミスおまとめローンを利用した返済方法
  1. ATMからの入金
  2. 自動引き落とし

プロミスおまとめローンは返済日として「5日、15日、25日、末日」を選択でき、自分に都合が良い返済日を選べるので便利です。

しかし、自動引き落としにする場合は返済日は5日に固定されるので注意が必要です。

計画的に返済していきたい方は、プロミスおまとめローンで一本化しましょう。

メリット③現在の借入先にはプロミスが返済

プロミスおまとめローンでは、現在の借入先への返済はプロミスが行なってくれます。

複数のカードローンの手続きをすべて自分一人で行うのは時間も手間もかかります。

そのため自分で無理に返済手続きを行う必要はなく、気軽に乗り換えられるのは非常に便利です。

メリット④担保や保証人なしでまとめることができる

プロミスおまとめローンは担保や保証人が居なくても利用可能です。

親や友達など誰にもばれることなく、返済をすることができるでしょう。

ただインターネット申し込みができないことは誰にもバレないという点においてデメリットとなる可能性があります。

メリット⑤銀行のおまとめローンよりも審査が早い

プロミスおまとめローンは銀行のおまとめローンよりも審査が早いです。

通常、銀行が提供しているようなおまとめローンは審査に数週間から1か月以上の審査時間を要することもあります。

なぜかというと、プロミスおまとめローンは他社からの借入金額や返済状況を含めて信用評価を行うので、通常よりも審査が厳しくなっているからです。

一方、プロミスおまとめローンは審査が早く、場合によっては即日で融資を受けることも可能です。

大手消費者金融だからこそのスピード感なので、借り入れを一本化したい際はプロミスおまとめローンが最適でしょう。

プロミスおまとめローンを利用する上での注意点4選

プロミスおまとめローンを利用するうえで注意点を4つにまとめました。

プロミスおまとめローンはメリットもある一方、人によってはデメリットとなることもあるようです。

会社側が言えない本音について見ていきましょう。

注意点①金利が大きく変化しない可能性

プロミスおまとめローンは金利が大きく変化しない可能性があります。

どうしてかというと金利は審査で決まるので、期待しているほど下がらないこともあるからです。

詳しく述べると金利は利息制限法によって決まっています。

そのため複数借入先からの借入金額を合計して、金利が下がる条件に当てはまる必要があります。

金利に変化がなくても毎月の返済の負担を減らしたい、という場合にはデメリットに直結しません。

このように借入先が1つになり、借入先が複数あるときよりも毎月の返済額を減らすことが可能です。

しかし、毎月の返済額をあまり低くしすぎると、最終的な支払総額が元の複数契約よりも多くなってしまう可能性があります。

プロミスおまとめローンを利用する際には無理のない返済額を設定しましょう

注意点②限度額が少し低め

プロミスおまとめローンは限度額が他の消費者金融や銀行のおまとめローンと比べ少し低めです。

アイフルのおまとめローンは上限限度額が800万円であり、プロミスおまとめローンは限度額が300万円と少し低めと感じますね。

しかし、現状の借入残高が300万円以下なら、特に問題はないです。

注意点③インターネット申し込みができない

プロミスおまとめローンはインターネット申し込みに対応していません。

そのため自動契約機・店頭窓口・電話のいずれかの方法で申し込むことになります。

なぜかというとおまとめローンでは通常の借り入れよりも確認すべき点がたくさんあるからです。

安定した収入があるだけでなく、他社で延滞や債務整理がないか、借入件数や総額はどのくらいかなどが審査されます。

しかし、他社からの借入総額が大きく、返済比率が低ければ返済が厳しいと判断される可能性があります。

明確な審査基準は公開されていませんが、借入総額が年収の3分の1より多い方や、返済が遅れている方は難しいかもしれません。

注意点④提供していない金融機関がある

プロミスおまとめローンでは乗り換え対象ではない金融機関があります。

他社からの借り入れ全てを乗り換えられる訳ではなく、消費者金融またはクレジットカードのキャッシングローンなどの無担保の借り入れのみになります。

銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠は乗り換え対象ではないので注意が必要です。

また、SMBCモビットやレイクALSAはおまとめローンを行なっていません。

他の消費者金融のまとめローンとの比較

プロミスおまとめローンを利用する上で他の消費者金融との比較をすることでより効率的に自分に合ったおまとめローンを見つけ出すことができます。

そこでアイフルとアコムのおまとめローンの詳細を以下に述べました。

アイフル

アイフルのおまとめローンは「おまとめMAX」と呼ばれています。

アイフルのおまとめローンは他の消費者金融と比べ借入上限が高く、銀行ローンやクレジットカードも対象となることが特徴です。

さらにアイフルのおまとめローンはどこの銀行グループにも属さず、審査基準は独自の方法を用いています。

従ってアイフルのおまとめローンは審査透過率が高いことも特徴の一つです。

アイフルのおまとめローンは金利や借入上限額、一本化できる範囲の広さからみても一番魅力的なおまとめローンです。

以下がその詳細となります。

実質年率 3.0%~17.5%
借入上限 1万円~800万円
遅延金利 20.0%
担保・保証人 不要
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
特徴 借入上限が高く、銀行ローンも対象
審査透過率が高い

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

アコム

バンクイック_アコム

アコムのおまとめローンは「借り換え専用ローン」と呼ばれ、以下の特徴があります。

実質年率 7.7~18.0%
借入上限 300万円
遅延金利 20.0%
担保・保証人 不要
貸付対象者 成人以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

プロミスおまとめローンとフリーキャッシングの違い

プロミスおまとめローンは通常のフリーキャッシングとは次の点で違いがあります。

フリーキャシングとの違い
  • 金利の決まり方
  • 返済額の決め方
  • 融資限度額
  • 審査の重点
  • 他社からの借り入れ状況

まず、金利の決まり方については、フリーキャッシングの場合上限金利が適用される傾向にあり、審査に応じて決まります。

一方、おまとめローンでは審査と借入合計額によって、他社で適用されていた金利よりも低くなる可能性があります。

次に返済額については、フリーキャッシングの場合最低返済額が定められており、おまとめローンでは返済総額を考慮して適正な返済額を相談して決められます。

最も違いがあるのは融資限度額です。

フリーキャッシングは総量規制といって、年収の3分の1以上は借りられない法律の対象になります。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業者などから借りられるお金の総額の上限を規制する法律です。
具体的にいうと、年収の3分の1までしか借りることができない法律です。

一方でおまとめローンでは総量規制の対象にはならず、借入総額によっては年収の3分の1を超えて融資を受けることも可能です。

フリーキャッシング ・限度額:500万円
・金利:4.5%〜17.8%
・資金用途:生計費
おまとめローン ・限度額:300万円
・金利:6.3%〜17.8%
・資金用途:他社貸金業者の借り換え

また、フリーキャッシングでは借り入れと返済兼用のカードが発行されますが、おまとめローンでは返済専用のカードしか発行されません。

フリーキャッシングのように自由に借り入れを行うことができない違いがあります。

フリーキャッシングとおまとめローンでは使用用途が全く異なるので、利用する際は詳細を詳しく確認して計画的に利用してください。

プロミスおまとめローンの審査基準4選

プロミスおまとめローンはの審査基準を4つまとめました。

プロミスおまとめローンを利用するうえで審査落ちしないために以下の項目を知っておきましょう。

プロミスおまとめローン審査基準4選

安定した収入があれば通常のローンでは審査に通る可能性が高いですが、おまとめローンでは個人属性のみで審査に通ることはありません。

債務状況や借入額に不安がある人は、まずは相談してみることをおすすめします。

学生ローン_プロミス

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに
無料登録する

安定した収入

プロミスおまとめローンは審査基準として安定した収入が重要です。

プロミスおまとめローンを利用できるのは20歳以上65歳以下の安定した収入がある人です。

主婦や学生でも、パートやアルバイトで安定収入があれば申し込みが可能です。

信用情報

プロミスおまとめローンは審査基準として信用情報が重要です。

長期間返済している方は返済ができなかった経験や忘れてしまった経験があるのではないでしょうか。

通常、個人の信用情報機関に記録されないほどの短期の延滞であれば次回以降の審査には影響しません。

しかし、長期の延滞をした経験がある方や短期の延滞を何度も繰り返していると信用情報に悪い記録が残ってしまいます。

個人の信用情報がプロミスおまとめローンの審査に悪影響を与えてしまうのです。

複数の業者からお借り入れをして、万一、返済できない状態にあると「多重債務者」とみなされます。

返済できない状況になった多重債務者はライフイベントに関わるローンの審査に影響を与える可能性があります。

個人信用情報機関は日本に3社存在し、プロミスはJICCとCICの2社に加盟しています。

信用情報に不安がある方は、個人信用情報機関に情報開示請求を行って確認をしてみましょう。

クレジットカードがある方はネットで即日から確認ができます。

他社借入先の数

プロミスおまとめローンは審査基準として他社借入先の数が重要です。

他社借入件の数は少ないに越したことはありません。

プロミスおまとめローンは複数社からの借入があることが前提ですが、他社借入件数4社以上になると審査に通るのは難しくなると言われています。

他社借入先の数が多い場合、プロミスおまとめローンを利用する前に借入件数を減らすなどの対策をしてから申し込みに進みましょう。

在籍確認

プロミスおまとめローンは審査基準として在籍確認が重要です。

プロミスおまとめローンは他のフリーキャッシングと同様に在籍確認をします。

審査担当者が勤務先に直接連絡がありますが、個人名で連絡をするのでプロミスを名乗ることはありません。

在籍確認は本人が電話に出る必要はなく、会社に籍があることを確認できれば在籍は確認できたことになるので、プロミスの在籍確認は完了です。

簡単3step プロミスおまとめローンの申し込みの流れ

プロミスおまとめローンの申し込みの流れを3stepにまとめました。

step1:申し込み

Step1はプロミスおまとめローンへの申し込みです。

プロミスおまとめローンの申込には次の3つの方法があり、以下の場所から申し込みができます。

プロミスおまとめローンの申込方法
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 電話

通常の借り入れではWebから行えますが、プロミスおまとめローンは対応していないので注意が必要です。

自動契約機と電話は9時から21時まで対応しており、土日祝日でも申込み可能です。

銀行などのおまとめローンは土日祝日に審査をすすめてくれないところがほとんどなのでうれしいですよね。

店頭窓口は営業時間によって変わりますが、通常営業であれば平日10時から18時までになります。

即日で融資を受けたい場合は、自動契約機または店頭窓口がおすすめです。

電話では申込みに必要な書類が郵送で送られてくるので、どうしても時間がかかってしまいます。

自動契約機と店頭窓口ではその場で必要書類が用意されるので、審査もすぐに行われます。

プロミスおまとめローンの審査に必要な書類は次の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証&住民票
収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  • 直近2ヶ月分給与証明書&直近1年分賞与明細書

これらの書類を準備して、自動契約機または店頭窓口から申込手続きを行ってみてください。

step2:審査

Step2はプロミスおまとめローンの審査です。

プロミスの審査担当者が提出した書類をもとに審査を行います。

プロミスおまとめローンは他のフリーキャッシングと同様に最短30分で審査が完了します。

安定した収入があれば通常のローンでは審査に通る可能性が高いですが、おまとめローンでは個人属性のみで審査に通ることはありません。

プロミスおまとめローンは以下の項目に注意して必要書類を用意しましょう。

プロミスおまとめローン審査基準
  • 安定した収入
  • 信用情報
  • 他社借り入れの数
  • 在籍確認

step3:契約

Step3はプロミスおまとめローンの契約です。

プロミスおまとめローンは自動契約機・店頭窓口であればその場で審査結果を伝え、必要書類を発行します。

プロミスおまとめローンの契約完了です。

郵送であれば、必要書類が郵送されます。

そして申込書に記載事項を記載の上返送し、書類受領後借り入れ可能となります。

プロミスおまとめローンのシミュレーション

プロミスおまとめローンのシミュレーションを使って実際に自分が返済する期間と返済額を確認しましょう。

現在複数の借入をしている場合、返済額と利息がどのようになっているのかを確認します。

返済は利息総額が重要となってくるため、返済回数と金利を考え返済総額がどれくらいになるのかを計算する必要があります。

複数のカードローンを使用している場合、総額や利息がわかりにくくなっている場合がほとんどです。

そこで借入を一本化することでおまとめをすることで利息などを考える余裕が生まれます。

さらにプロミスおまとめローンのシミュレーションを利用することで自分の借り入れ状況を確認することができます。

無料で確認することができるため、ぜひ一度試してみてください。

プロミスおまとめローンによくある質問

プロミスおまとめローンによくある質問を以下にまとめました

利用する際には他社解約が必要なの?

プロミスおまとめローンは原則利用する際には他社解約が必要ではありません。

プロミスおまとめローンは返済専用のローンであり、事前解約がないと借りられないということもないです。

しかし、これまでのローンの利用状況に応じて、他社借り入れの解約証明書が必要になる可能性があるため注意しましょう。

おまとめローンの審査時間はどのくらい?

プロミスおまとめローンは他のキャッシングと同様、最短30分で審査が終ります。

1秒でも早く借金を返済したい方は今すぐ利用しましょう。

今すぐにプロミスに無料登録する

おまとめローンと借り換えローンは何が違うの?

おまとめローンは他の消費者金融などが提供している商品を使い、複数借入していたものを1つにまとめることを指します。

借り換えは、借入先を別のローン会社に変えることを指します。

借入を誰かに知られることはありませんか?

原則借入が誰かに知られることはありません。

法令に定める場合を除き、個人情報をあらかじめ同意を得ることなく、第三者に提供することはありません。

プロミスは安全で無理のない融資を提案するため、貸金業法第41条の13に基づき、内閣総理大臣より指定認可をうけた信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関には金融各社から借入に関する情報が登録・蓄積されています。

そして審査の参考資料として、貸金業法および各機関が定める紹介目的の範囲内で照会します。

同時にプロミスとの取引情報も登録しています。

利息はどのように計算していますか?

利息は利用日数分だけ計算されます。

利息=借入金額×借入利率÷365日×利用日数

このことから利用日数が少ないほど、利息は小さくなります。

そして利用日の当日中に返済した場合、利息は一切かかりません。

プロミスおまとめローンまとめ

プロミスおまとめローンは他社からの借り入れをまとめることを目的にした返済専用ローンです。

そしてプロミスおまとめローンは借金を一本化するだけでなく、毎月の返済額が減る可能性があり誰にもバレずにすぐに始めることができます。

ここまでプロミスおまとめローンの特徴やその利点・注意点について徹底解説しました。

プロミスおまとめローンを賢く活用して、借金をなくしていきましょう!