プロミスは即日融資できる?即日融資を受ける方法や、審査のコツを徹底解説!

急な出費があり、すぐにお金が必要になった経験がある人は多いのではないでしょうか。

急な出費の発生は、あまりなさそうで意外とあるものですよね。

そんなもしもの時に頼りになるのが即日融資です。

聞き馴染みがある即日融資ですが、いつでも受けられるわけではありません。

そこで今回はプロミスで即日融資を受ける方法と、即日融資を受ける上で知っておきたいポイントについて解説していきます。

この記事を読んで、ばっちり理解していきましょう。

この記事で分かること
  • 融資が可能な申込方法はWebと店舗窓口、自動契約機からの申込の3つ
  • Webの申込が一番早く、おすすめ!
  • 即日融資を受けるには本人確認書類が必要!
  • 審査が当日21時までなのでそれより前に申し込む必要がある!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

プロミスとは?

プロミスは消費者金融の中でも最大手の会社です。

SMBCグループ(銀行グループ)の会社になっています。

プロミスが数ある消費者金融の中でも最大手の地位を確立できたことには、利用者の高い満足度があります。

プロミスはオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン部門で2年連続で1位を獲得しています。

プロミスは多くの人に支持されている消費者金融サービスなのです。

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

大手消費者金融の中で、初回借入時に適用されやすい上限金利が最も低い「プロミス」。カードレス対応で、最短1時間で融資まで可能です。アプリを利用すれば、スマホで申込みから借り入れ、返済もでき便利でしょう。
申し込み資格 ・年齢18歳~69歳で安定した収入があること
・パート・アルバイトでも申し込みが可能
・主婦や学生でも申し込みが可能
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
実質年率 4.5%~17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
融資限度額 500万円まで
保証人 不要
担保 不要
プロミスにはいくつかの特徴があります。

どういった点がプロミスの特徴かを細かくみていきます。

プロミスの4つの特徴
  1. 融資までが早い
  2. アプリローンがある
  3. レディースローンがある
  4. 24時間の振り込みに対応

特徴①:融資までが早い

プロミスは融資までが早く、そのスピード感に定評があります。

プロミスは最短即日融資が可能です。

ただしWEB申し込みの場合のみで、申し込みの時間帯によっては即日融資が不可の場合も。

スマホでは「少ない入力項目で最短15秒回答」申し込みが9:00〜21:00の間で可能です。

最短15秒で事前審査結果を確認した後に、本審査へ移ります。

スマホやパソコンでプロミスインターネット会員サービスにログインし、カンタンなお手続きで瞬フリ(振込キャッシング)が利用できる点も魅力のひとつです。

最短15秒程度で指定の口座に振込みが可能でなのは、プロミスの強みです。

特徴②:アプリローンがある

プロミスにはアプリローンがあるのも特徴のひとつです。

アプリローンとはスマホで申込みからお借入れまで完結するプロミスのサービスです。

無料の専用アプリをダウンロードし「Web完結」で契約すればセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの「スマホATM」で、24時間いつでもカードレスでお金が借りられます。

自宅への郵送物も一切ない点もメリットです。

最短1時間で審査も完了し、契約当日から使えるお得なクーポンもあります。

特徴③:レディースローンがある

プロミスにはレディースローンがあります。

レディースローンとは女性専用のカードローンサービスです。

女性利用者専用ダイヤルがあり、オペレーターも全て女性なので安心して利用できます。

特徴④:24時間の振り込みに対応

24時間の振り込みに対応しているのもプロミスの特徴です。

PCやスマホから24時間365日受け付けています。

プロミスを利用する際に気になるのが金利です。

プロミスの金利は4.5%〜17.8%と一般的です。

金利が高いか安いかを理解するには、他社との比較するのが分かりやすいでしょう。

プロミスを含む大手消費者金融5社を比較してみます。

大手消費者金融5社
  • プロミス
  • レイクALSA
  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル

他社との金利の比較

プロミス 4.5%〜17.8%
レイクALSA 4.5%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%

上記は、大手消費者金融4社とのプロミスの金利を比較した表です。

上限金利はプロミスの17.8%が最も低いということがわかります。

下限金利は4.5%とアコムやSMBC、アイフルよりも少し高めですね。

消費者金融の下限金利が適用されるのは、融資額が500万円などの高額な場合です。

一般的な利用方法である10万円〜100万円の借り入れの場合は上限金利が適用されるため、下限金利はあまり気にすることはありません。

プロミスの上限金利は他社よりも多少低く、一般的といえます。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスに無料登録する!

銀行系カードローンと比較した場合

プロミス 4.5%〜17.8%
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0%
三井住友銀行カードローン 年1.5% ~ 14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%〜14.6%

カードローンには消費者金融が提供するものの他に、銀行が提供しているものがあります。

上記の表を見ると銀行系カードローンの方が金利が低いです!

上限金利はみずほ銀行カードローンが14.0%と最も低く、下限金利は三井住友銀行カードローンが1.5%とプロミスよりも大幅に低く設定されています。

やはり銀行系カードローンで借りる方が良いのか…。

一概にそうとはいえず、銀行系カードローンは審査がプロミスなどよりも厳しいという特徴があります。

借り入れまでの時間もかかるため、すぐにお金が欲しい場合はプロミスが有利になります。

また、プロミスに関して気になる方は、以下の記事も参考になるのでぜひご覧ください。

即日融資が受けられる3つの申込方法

プロミスで即日融資が受けられる申込方法は以下の3つです。

タイトル
  1. Web
  2. 店舗窓口
  3. 自動契約機

それぞれの申込方法について、詳しくみていきましょう。

Webの申込はいつでもどこでも申し込める

プロミスではパソコンでプロミス公式サイトにアクセスするか、公式アプリであるアプリローンを利用することで、インターネットから即日融資を申し込むことができます。

Web申し込みは24時間365日可能です。

申し込みフォームでは、氏名や住所だけでなく借入希望金額、職業、勤務先、年収などを申告します。

それに加え、本人確認書類をアップロードして送付することで申込完了となります。

本人確認書類は郵送で送付することができますが、即日融資を受けるためにはWebでアップロードを行う必要があります。

手続きが終わったら最短30分で審査完了です。

店頭窓口では店員に相談しながら申し込める

プロミスにはお客様サービスプラザという店頭窓口が全国11箇所にあります。

お客様サービスプラザでは、利息や返済について相談しながら、無理なく利用できるように契約することができます。

不安や疑問を解消し、安心して利用を開始できるので、不安な方には店頭窓口がおすすめです。

お客様サービスプラザの営業時間は平日の10時から18時となっています。

プロミスで即日融資を受けるための5つの手順

プロミスで即日融資を受けるためには以下の5つの手順を経由します。

プロミスの即日融資を受けるための5つの手順

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:必要書類を用意

プロミス_評判_書類

プロミスでは、まず提出する必要がある書類を用意しましょう。

プロミスで提出する必要がある種類は、具体的には本人確認書類です。

プロミスでは以下のような本人確認書類が使えます。

プロミスで使える本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

また、プロミスで50万円以上の借りる場合には以下のような収入証明書も必要になります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分) + 賞与証明書(直近1年分)

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

手順②:申し込み

プロミス_評判_申し込み

書類が用意できたら次は申し込みを行いましょう。

プロミスの申し込み方法は主に以下のとおりです。

申し込み
  • Web
  • プロミスコール(電話)
  • 郵送
  • 来店

この中でも即日融資を受けるときにおすすめなのが、スマホ完結で簡単に申し込めるWeb申し込みです。

Web申し込みではプロミスのホームページにアクセスし、申し込みフォームを入力することで申し込みが可能です。

申し込みフォームの内容は個人情報、収入に関する情報などで、5分程度で記入することができます。

手順③:審査

プロミス_評判_審査

申し込みが行われたら、次にプロミスで審査が行われます。

プロミスではまず申し込みフォームに入力された情報をもとに審査が行われます。

そして、次に信用情報機関のデータベースに書かれている情報を参照して申し込み内容の裏付けをします。

最後に、申し込みフォームに記入されていた職場に電話を行い、在籍確認を行って終了です。

手順④:契約手続き

プロミス_評判_契約

審査が終わり、審査に通過していたら次は契約手続きを行います。

契約手続きは以下のような手段で行えます。

契約方法
  • Web契約
  • 郵送契約
  • 来店契約

基本的にはWebで契約手続きを行い、カード発行せずに自分名義の口座に振り込んでもらうと楽に契約手続きを終えることができます。

手順⑤:借り入れ

プロミス_評判_借り入れ

最後に借り入れです。

自分名義の銀行口座に振り込んでもらったり、ローンカードを使ってATMから引き出したりして借り入れを行いましょう。

即日融資が受けられる方法は?

申し込みを行い、審査が完了して契約できれば融資が受けられるようになります。

即日融資を受けるには、以下の3つの方法があります。

3つの方法
  • スマートフォンやパソコンで口座に振り込み
  • プロミスコール(電話)から振り込み
  • 店舗、ATMで借入れ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スマートフォンやパソコンで口座に振り込み

スマートフォンやパソコンでプロミスインターネット会員サービスにログインし、簡単な手続きで瞬フリが可能です。

瞬フリとは、最短10秒程度で指定口座に振り込みが可能です。

振込手数料は0円で、24時間利用することができます。

ただし、ネットバンキングが可能な銀行口座を持っている人しか利用できないので、あらかじめネットバンキングができる金融機関で口座解説している必要があります。

また、システムメンテナンスが定期的にあるので、その時間中は接続することができなくなります。

主に毎週月曜0:00〜7:00にメンテナンスをしており、正月やゴールデンウィークにも長期間のシステムメンテナンスがあるので注意が必要です。

プロミスコール(電話)から振り込み

自宅・携帯電話など、全国どこからでも電話で借入可能です。

24時間通話料無料で利用することができ、振込先口座を登録していない方でも、オペレーター対応で振込キャッシングが可能です。

プロミスコールに電話をして、すぐに融資を受けることができるので、おすすめです。

MEMO

プロミスコールの電話番号は、0120-24-0365

店舗、ATMで借入れ

お客さまからの返済プランに関する質問に、分かりやすく丁寧な説明をしてくれます。

借入れが不安な方は、気軽にお客様サービスプラザ(店頭窓口)に相談してみてください。

MEMO

お客様サービスプラザ(店頭窓口)の営業時間:平日10:00〜18:00

ATMの営業時間:7:00〜24:00

事前に知っておきたい即日融資を受ける場合の注意点4選

プロミスで即日融資を受ける前に知っておく必要がある以下の4つの注意点について解説していきます。

タイトル
  1.  返済方法について
  2. 即日融資での借入希望額が50万円以上の場合、必要書類がある
  3. 申し込みは20時までに完了する
  4. 職場への在籍確認の電話は?

それぞれの注意点について、詳しくみていきましょう。

返済方法について

プロミスの返済方法は下記の通りです。

プロミスの返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • お客様サービスプラザへの来店
  • プロミスATMやコンビニなどの提携ATM
  • コンビニマルチメディア端末
  • 銀行振り込み

「お客様サービスプラザか、郵送、自動契約機」のいずれかでローンカードを発行してもらえば、提携ATMからいつでも借入れも返済もできます。

返済日は「5日、15日、25日、末日」のいずれかから選択できます。

どうしても返済が遅れてしまうという場合は、コールセンターか会員サイトから返済期日の変更もできますよ。

ただし、元々設定した返済日から14日以内でなければ変更できないので、返済が遅れると分かったらすぐに手続きしましょう。

即日融資での借入希望額が50万円以上の場合、必要書類がある

借入希望額が50万円を超える場合に、審査時に必要書類の提出を求められます。

必要書類というのは、収入証明書類です。

主に以下の3つのいずれかを提出すれば大丈夫です。

収入証明書類3つ
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書

上記のほかに、給料明細書でも代用することができます。

申し込みは20時までに完了する

即日融資を受けたい人に一番注意してもらいたいのが、申し込み時間についてです。

プロミスでは、審査終了時刻を21時に設定しているため、それ以降の審査は翌日に回されてしまいます。

そのため、審査終了時刻の1時間前には申し込みを終了させておいた方がいいでしょう。

職場への在籍確認の電話は?

在籍確認の電話は申し込み時に申告した職場にかかってきます。

在籍確認は、申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか確かめるためのものだからです。

職場にカードローン会社から電話がかかってくるとなると身構えしてしまいますが、電話担当者はプロミスという社名は出さず、個人名でかけてくれるので安心ですよ。

さらに口コミの中には、申込者が社内にいる時間帯を申し込み時に伝えたら、その時間に在籍確認の電話をしてくれたというものも。

どうしても職場の人に電話を取られたくないという人は、電話がとれる時間帯を申し込み時に伝えておくのも手です。

プロミスの即日融資 まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、プロミスの即日融資を受ける方法やその注意点について紹介してきました。

急な出費で焦ってしまうこともありますが、一度落ち着いて必要なものを揃えてから申し込む方が融資までが早かったりします。

焦らずに、しっかりと仕組みを理解した上で利用することが大切です。

この記事を読んでくださった人が即日融資を実現できることを願っています。