本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

有担保ローンとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

有担保ローンとは?

有担保ローンってなに?
無担保ローンとの違いや、おすすめの有担保ローンを知りたい!

有担保ローンは、担保を有するローンのことです。

無担保ローンと比べて低金利かつ高額融資ができるため、金利を下げたい借り換え希望の方や、ローンをまとめたい方に向いているローンです。

しかし、有担保ローンについてなんとなくは分かるけど、詳しくは知らないという方もいるでしょう。

本記事では、有担保ローンについて詳しく解説していきます。

有担保ローンのメリット・デメリットや無担保ローンとの違い、おすすめの有担保ローンなども合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

有担保ローンをざっくりいうと
  • 有担保ローンとは、担保の提供が借り入れの条件となっているローン
  • まとまったお金が入る
  • 融資スピードは遅めだが、金利が低い
  • 返済が滞ると担保に設定しているものを失うリスクがある
  • 住宅ローンや不動産担保ローンなど、さまざまな種類がある

※本記事では営業所に貸金業務取扱主任者を置き、財務局や都道府県に登録され、法定利率貸金業法を遵守している正規の業者を紹介しています。また当サイトのランキングは消費者金融利用者へのアンケート結果と、各消費者金融の公式サイトの最新情報を参考に独自で作成されております。

有担保ローンとは

まずは、有担保ローンとは何かということについて解説します。

また、担保についても合わせて紹介しますので、おすすめの有担保ローンをチェックする前に、理解を深めておいてください。

担保とは

そもそも担保とは、簡単に説明すると「どうしてもお金がない状態が解消できず返済できない場合に、代わりに渡すもの」です。

不動産情報サイトである「SUUMO(スーモ)」には以下のように記されています。

担保(タンポ)の意味・解説

担保とは、融資を受ける際に、万が一、その債務の支払いが困難になった場合に備え、債権者があらかじめ弁済確保のために、債務者に提供させる対象のこと。
支払いが困難になった場合、担保による債務の弁済を行うことになる。

引用:担保|SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

つまり、担保とは「お金を借りた人がお金を返すことができない場合に備え、前もって貸し手に提供しておくもの」ということです。

有担保ローン

有担保ローンとは、担保の提供が借り入れの条件となっているローンのことです。

担保には、大きく分けると「物的担保」と「人的担保」の2種類あります。

物的担保とは、その名前の通り「物」を担保にすることです。

この物に当たるのは不動産などで、法的には「担保物権」と呼ばれるものです。

担保物件には、抵当権・質権・先取特権・留置権などが該当します。

物的担保に抵当権を設定した場合、万が一返済できなくなると、金融機関が物件を競売にかけ、売却することで資金回収を行います。

一方、人的担保の場合、債務者以外の人に返済を保証してもらうことで、一般的には「保証人」「連帯保証人」のことです。

このように有担保ローンは、土地や家の抵当権を担保に用意する必要があり、担保を用意できた段階でお金を借り入れることができます。

有担保ローンと無担保ローンの違い

担保や保証人を必要とするローンを有担保ローンと呼ぶのに対し、必要としないローンを無担保ローンと呼びます。

2つの違いは、ローン契約時に担保が必要かどうかです。

有担保ローンの場合、不動産などの担保にできるものがなければ、ローンを組むことすらできません。

一方、個人向け無担保ローンの場合、契約時に担保を必要としない分、利子を設定するといった貸主側のリスク対策がされています。

有担保ローンの特徴

有担保ローンの特徴は、以下の通りです。

有担保ローンの特徴
  • 金利が低め
  • 借入用途が定められているものが多い
  • 融資スピードが遅め
  • 手数料がかかる
  • 返済期間が無担保ローンよりも長い
  • 物的担保の場合、保証人不要なものもある

無担保ローンの特徴

無担保ローンの特徴は、以下の通りです。

無担保ローンの特徴
  • 金利が高め
  • 借入用途が自由なものが多い
  • 手数料がかからない
  • 返済期間は有担保ローンよりも短い
  • 担保・保証人不要で利用できる

有担保ローンのメリット

ここからは、有担保ローンのメリットを紹介します。

有担保ローンのメリット
  • 高めの借入限度額を設定しやすい
  • 金利が低めで毎月の返済額を抑えられる
  • 返済期間にゆとりがある

それでは、詳しく見ていきましょう。

高めの借入限度額を設定しやすい

有担保ローンは、担保の用意が必要なため、融資枠が大きくなる傾向にあります。

無担保ローンの代表格であるカードローンの限度額は、せいぜい1,000万円ほどの融資額が限度額となっています。

一方、有担保ローンである不動産担保ローンですと、土地や不動産の評価額次第では億単で位の借り入れも可能です。

このように、借入限度額を高く設定しやすいのです。

ただし、融資額は担保の価値によって異なるため、高額融資の希望がある場合には、融資額に見合った担保を用意する必要があります。

金利が低めで毎月の返済額を抑えられる

有担保ローンは、無担保ローンと比べると金利が低めです。

これは、不動産の抵当権などの担保がある分、無担保ローンよりも低い金利でお金を借りられる可能性が高いからです。

また、返済総額も無担保ローンの条件によっては、同額を借りた場合よりも少なく済む可能性もあります。

そのため、長期間における安定した返済を行うことが可能です。

短期間で返済できる方は、無利息期間があるカードローンを利用すると融資が早く利息を節約して借入することもできますよ。

返済期間にゆとりがある

有担保ローンは、融資額が高額となるため、返済期間が長く設定されています。

例えば、住宅ローンでは最大で35年ほどの返済期間を設けているところもあります。

そのため、ゆとりのある返済計画を立てることが可能です。

有担保ローンのデメリット

次いで、有担保ローンのデメリットを紹介します。

有担保ローンのデメリット
  • 融資実行までに時間がかかる
  • 使用用途が限定されている
  • 手数料がかかる
  • 返済が滞ると担保を失うリスクがある

それでは見ていきましょう。

融資実行までに時間がかかる

有担保ローンは、無担保ローンとは違い、融資実行までに一定の時間がかかってしまいます。

例えば不動産担保ローンの場合、契約者自身の信用力・不動産の所在地確認・評価額の鑑定など、さまざまな審査を行う必要があります。

審査期間は、契約者や担保にしたものによって異なりますが、おすすめのカードローンのように、最短即日完了というわけにはいきません。

住宅ローンの場合には、融資実行までに1ヶ月以上かかるケースもありますので、余裕をもって申込みを行うと良いでしょう。

そのため、今すぐお金が必要な方は即日融資に対応したカードローンの利用を検討する必要があります。

使用用途が限定されている

有担保ローンの場合、原則、使用用途が限定されている商品がほとんどです。

最初に金融機関に報告した使用用途以外に利用することができないため、注意が必要です。

手数料がかかる

有担保ローンを利用する際、手数料が別途必要となるものがほとんどです。

例えば、担保にする不動産の鑑定費用・登記費用・事務手数料などの費用が発生しますので覚えておきましょう。

返済が滞ると担保を失うリスクがある

担保にしているということは、ローンを返済しきれずに返済不能となった場合、競売などの手段で売却されてしまうリスクがあるということです。

例えば不動産担保ローンの場合、担保不動産には抵当権が設定され、不動産の名義人でなくても銀行・ノンバンク・ローン会社などが、担保とした不動産を売却することができます。

つまり、お金を借りたからには、返済義務を果たせないと設定している担保を失ってしまうということです。

また、月々の返済遅延が続いた場合、担保を売却されなかったとしても、契約者の信用情報に「返済事故」として履歴を残される可能性があります。

この場合、次回以降のお金を借りる際に審査に通らない可能性がかなり上がってしまうため注意しましょう。

有担保ローンの種類

一口に有担保ローンといっても、以下のようにさまざまな種類があります。

有担保ローンの種類
  1.  住宅ローン
  2. 不動産担保ローン
  3. リバースモーゲージ

それぞれの特徴を詳しく紹介します。

住宅ローン

住宅ローンは、住宅購入の際に利用することが多いです。

多くの金融機関によって、さまざまな商品が提供されています。

しかし、低金利で借入限度額が大きく、商品によっては最大で35年ほどの長期借入ができるといった特徴があります。

住宅ローンでは、金融機関側で、融資の対象物件を担保として抵当権を設定します。

そのため、仮に借りたお金が返済できなくなった場合、金融機関が担保物件を競売し、その大かから優先的に債権を回収します。

通常、住宅ローン審査には、事前審査・本審査を含めて1ヶ月ほどかかります。

これは、収入・年齢の他にも、担保には融資額に見合う価値があるのか、第一順位の抵当権を設定するための基準などを満たす必要があるからです。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、不動産を担保にして、お金を借りることができるローンです。

使用用途としては、事業性資金に利用できるもの・利用できないものに分類されます。

不動産担保ローンも、住宅ローンと同じように、低金利で借入限度額が大きいのが特徴です。

また、10〜25年ほどの長期返済ができるものも多いため、余裕のある返済計画を立てることが可能です。

そして、土地や建物といった高額な財産を担保にするために、審査が比較的通りやすく、住宅ローンと比べて約1週間ほどと、早めの融資ができます。

このように不動産担保ローンは、まとまった金額を有り入れることができるため、カードローンの借り換えおまとめローンとして利用する方も増加傾向にあります。

しかし、万が一返済が滞ってしまうと、担保である不動産を失う可能性もありますので、十分に検討してから利用しましょう。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、自宅を担保にして融資を受け取って、借りた資金は死亡時に自宅を売却して返済できるローンのことです。

ここ数年、リバースモーゲージを利用して年金の不足分・生活資金の穴埋めに利用する方が増えています。

リバースモーゲージの特徴は、担保とした土地や建物にそのまま住み続けることができることです。

また、返済は借主が死亡した時点で元本と利息を一括返済となります。

そのため、高齢者がお金を借りる方法として大変使い勝手のよい商品です。

受けた融資は、用途を問わずに利用できるため、金銭面で不安になりがちな老後にある程度の余裕をもたせた生活を送ることができます。

無担保ローンの種類

有担保ローンだけではなく、無担保ローンにもさまざまな種類が存在します。

無担保ローンの種類
  1. 銀行カードローン
  2. 消費者金融カードローン
  3. 銀行フリーローン
  4. 消費者金融や信販会社のキャッシングサービス
  5. クレジットカードのキャッシングサービス

それぞれの特徴を詳しく紹介します。

銀行カードローン

銀行カードローンは、無担保ローンの中でも低金利な金利設定が魅力です。

金利は年2.0〜15.0%ほどに設定されているため、金利が年3.0%〜年18.0%に設定されることが多い消費者金融より低金利なカードローンであることがわかります。

そのため、返済の際に必要な利息が少なくて利息を支払う負担が軽めとなっています。

借入限度額についても、1,000万円ほどに設定されているものもあるため、大口融資にも最適です。

しかし、一般的に銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあるため、消費者金融の無利息サービスのようなお得なサービスは充実していない傾向にあります。

また、銀行カードローンは、銀行が指定した保証会社を利用することが条件です。

保証会社は主に、消費者金融系・信販系の金融機関となっていますが、もし貸し倒れがあった場合には保証会社が返済を立て替えてくれます。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、その名前の通り消費者金融が発行しており、金利は年3.0〜18.0%ほどに設定されています。

最大限度額は500万円ほどに設定されているため、銀行カードローンと比べると、金利は少し高めで最大限度額は低めとなっています。

なお、審査・融資のスピードは、最短即日対応OKなので、今すぐお金が必要な方におすすめです。

事業資金を除き、使用用途も自由なので、さまざまな使用用途に対応可能です。

利用限度額内であれば何度でも借入でき、24時間365日コンビニATM・インターネットバンキングを使用した振込融資にも対応している事業者も多いため、いつでもどこでも気軽に利用できます。

銀行フリーローン

銀行フリーローンは、銀行が取り扱っている用途を問わないローンです。

具体的に説明すると、ローンの契約を行った際に一度借入を行い、それ以降は関西するまで追加の借入ができないものです。

銀行フリーローンの特徴は、借入期間が10年と長めに設定されており、かつ金利が低くて借入限度額が大きく設定されていることです。

審査・融資は1週間ほどとなっており、カードローンと比べて時間がかかるため、少しでも早い融資を希望する場合、カードローンを利用すると良いでしょう。

消費者金融や信販会社のキャッシングサービス

そもそもキャッシングサービスとは、消費者金融・信販会社が個人向けに、無担保・無保証で貸付を行う小口融資のことです。

金利はあまり低くないですが、利用限度額内であれば何度でも借入できるというメリットがあります。

クレジットカードのキャッシングサービス

クレジットカードのキャッシングサービスは、その名前の通りクレジットカードのキャッシング枠を利用することでクレジットカードでお金を借りる方法です。

既にクレジットカードを持っており、キャッシング枠も付加されている場合、金融機関・コンビニATMなどでそのまま借入が行えます。

既にキャッシング枠が付与されたクレジットカードを持っている方は審査なしでお金を借りることができるため、即日の融資が可能です。

しかし、クレジットカードを持っていなかったり、キャッシング枠が付加されていなかったりした場合、新たに審査を受けなければなりません。

審査が不安な方はキャッシング審査が甘いと言われている会社へ申し込みを検討しましょう。

なお、クレジットカードのキャッシングサービスは、金利が高めに設定されており、最大限度額がカードローンやフリーローンと比べて少ないというデメリットもあります。

そのため、クレジットカードを持っていない方は、より良い条件で借入できるカードローンを利用することをおすすめします。

おすすめの有担保ローン6選

ここからは、おすすめの有担保ローンを種類別に全6つ紹介します。

おすすめの有担保ローン
  1.  住宅ローン:住信SBIネット銀行・りそな銀行
  2. 不動産担保ローン:セゾンファンデックス・楽天銀行
  3. リバースモーゲージ:みずほ銀行・東京スター銀行

それでは、一つひとつ丁寧に解説します。

住宅ローン

まずは、住宅ローンでおすすめの「住信SBIネット銀行」と「りそな銀行」について紹介します。

「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンは、保障内容が充実しています。

団信だけではなく、全疾病保障も保険料無料で基本付帯しており、精神障がいなどの一部を除き、全ての病気やケガをカバーできます。

一部繰上返済は1円からとなっており、何度でも手数料無料なのが魅力です。

毎月の返済も、定額自動入金サービスを利用すれば、他行口座から住信SBIネット銀行へ、毎月自動で資金移動可能です。

金利 年0.41%
ネット専用住宅ローンかつ金利引下げプラン利用なら年0.38%
保証料 無料
事務手数料 借入金額×2.2%
繰上返済手数料 無料
団信保険料 無料
保障内容 ・団体信用生命保険(無料)
【全額】死亡・所定の高度障害状態・余命半年以内と診断された場合や重度のがんに該当する場合
・全疾病保障(無料)
【全額】就業不能状態が続いた場合
【給付金】疾病や傷害で所定の就労不能状態になった場合に月々の返済額を支払い
・がん診断給付金特約(女性限定無料)
【給付金】がんと診断された場合:30万円
付帯サービス・特典 ・全疾病保障・がん診断給付金特約が基本付帯
・振込手数料が月7回または15回無料
詳細 ネット専用住宅ローン

「りそな銀行」

りそな銀行_住宅ローン

りそな銀行の住宅ローンは、保障内容が手厚い団信革命が人気で、病気やケガで所定の状態になった場合、住宅ローンの残高が0円になります。

具体的には、3大疾病はもちろん、16の特定状態・所定の介護状態に当てはまれば、住宅ローンの返済が免除されます。

団信革命には、ローン契約時に借入金利+年0.3%で加入でき、女性が利用しやすいことも特徴です。

女性向けローンである「凛next」を利用すれば、ローン返済支援保険付き・3大疾病保障特約がお得に選択可能・りそなヴェールカード進呈などの特典を受け取ることができます。

金利 年0.470〜
保証料 不要
事務手数料 借入金額×2.2%
繰上返済手数料 ネット無料
※店頭・電話は11,000〜33,000円
団信保険料 無料
保障内容 ・団体信用生命保険(無料)
【全額】死亡・高度障害
・3大疾病保障特約(金利+年0.25%)
【全額】死亡・高度障害・がん・脳卒中・急性心筋梗塞
・団信革命(金利+年0.3%)
【全額】死亡・高度障害・がん・脳卒中・急性心筋梗塞・病気やケガによる16の状態・要介護状態
付帯サービス・特典 マイホームバンクプラン利用で10,000ポイント獲得
詳細 りそな住宅ローン

不動産担保ローン

次いで、おすすめの不動産担保ローンの「セゾンファンデックス」と「楽天銀行」について紹介します。

「セゾンファンデックス」

セゾンファンデックス

セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローンは、その名前の通り、法人や個人事業主に向けて融資を行っています。

なんといっても100万円から5億円までと、少額融資から高額融資までカバーしてくれている点が魅力の不動産担保ローンです。

また、利息も年2.65〜9.90%と、金利が低めに設定されており、最長25年までの返済期間に対応しています。

業績が思わしくない場合や創業間もない場合など、銀行では融資が困難な場合でも相談に乗ってくれるため安心です。

申し込み条件 法人・個人事業主
※個人事業主の場合原則万20歳以上70歳以下、完済時85歳未満
適用金利 2.65〜9.90%
損害利率 20.0%(実質年率)
融資金額 100万円〜5億円
融資期間 5〜25年/60〜300回
返済方法 毎月元利均等払い
資金使途 設備投資・運転資金(仕入れや買掛金の支払いなど)・事業者ローン組換えなど
詳細 セゾンファンデックスの事業者向け不動産担保ローン

「楽天銀行」

楽天銀行

楽天銀行では、通常の銀行業務の他、個人や法人、個人事業主の方に向けて各種ローンを扱っています。

不動産担保ローンでは、借入金額は100万円〜1億円までで、かつ使途自由で最長25年までの長期返済にも対応しています。

また、5年ごとの固定金利を採用しており、年率3.61%〜という低金利なので、無理なく融資が受けられることが魅力です。

最短翌営業日に審査回答してくれ、繰上返済手数料が無料など、貸付条件の良さは業界トップクラスといえるでしょう。

申し込み条件 ・借入時の年齢が満20歳以上70歳未満で、完済時の年齢が満80歳未満の方
・日本国籍を有する方、または永住許可などを受けている外国人の方
・継続して安定した収入がある方
適用金利 固定金利:年0.61〜9.37%(5年見直し)
損害利率 20.0%(実質年率)
融資金額 100万円以上1億円以内(10万円単位)
融資期間 ・1年以上25年以内(1ヶ月単位)
・完済時の年齢が万80歳となるまでの期間
※いずれか期間が短い方が適用される
返済方法 元利均等月賦返済(6ヶ月ごとのボーナス返済も利用可能)
資金使途 自由
※事業性の融資・楽天銀行内での借り換え不可
詳細 不動産担保ローン

リバースモーゲージ

最後に、リバースモーゲージでおすすめの「みずほ銀行」と「東京スター銀行」について紹介します。

「みずほ銀行」

みずほ銀行_プライムエイジ

みずほ銀行のリバースモーゲージ「みずほプライムエイジ」は、55際以上であれば年齢上限なしで利用できます。

一戸建て・マンションどちらも対象となっておりフリー口・目的口の2種類存在します。

フリー口は、事業性資金・有価証券投資資金・その他金融商品を購入する資金を除き、原則自由に使用可能です。

一方、目的口は、老人ホームへの入居保証金・自宅購入資金・入院や医療・介護費用など、あらかじめ資金使途が決まっているものに使用するものです。

基準金利は、フリー口(3.475%)よりも目的口(2.975%)の方が適用金利が低く設定されています。

融資の条件 ・満55歳以上
・夫婦2人暮らし、もすくは1人暮らしの方
・安定した収入が見込める方
対象エリア 東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県
融資金額 1,000万円以上2億円以内(100万円単位)
※フリー口・目的口合算
金利 ・フリー口:3.475%
・目的口:2.975%
事務手数料
資金使途 ・原則自由(フリー口)
※ただし、事業性資金・有価証券投資資金・その他金融商品の購入は不可
※目的口の場合、あらかじめ資金使途が決まっている
詳細 リバースモーゲージ「みずほプライムエイジ」

「東京スター銀行」

充実人生

東京スター銀行のリバースモーゲージ「充実人生」は、利払いあり型・利払いなし型の2種類存在します。

利払いあり型は年収(年金等)120万円以上の方が対象となっており、利払いなし型は年収制限なしとなっています。

また、充実人生では、物件売却だけではなく預貯金や保険でも返済することができ、配偶者への契約引き継ぎも可能なので万が一の際でも安心です。

融資の条件 ・夫婦2人暮らし、もしくは1人暮らし
・判断能力がある方
【利払いあり型】
・契約者本人の契約時年齢が55歳以上84歳以下
※配偶者の方がいる場合、配偶者の契約時年齢が50歳以上
・年収が120万円以上
・担保評価額が戸建て1,000万円以上・マンション2,000万円以上
【利払いなし型】
・契約書本人の契約時年齢が70歳84歳以下
※配偶者の方がいる場合、配偶者の契約時年齢が70歳以上
・担保評価額が戸建て2,000万円以上・マンション3,000万円以上
対象エリア 【戸建て】
・関東圏内
・主要都市(北海道・宮城県・兵庫県・京都府・大阪府・愛知県・広島県・福岡県)
【マンション】
東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/大阪市/京都市/神戸市
融資金額 300万円以上1億円以内(10万円単位)
金利 【利払いあり型】
お借入金利=基準金利+調整幅(1.95%〜2,95%)
※基準金利は毎月変動
【利払いなし型】
お借入金利=基準金利+調整幅(0.6%)
事務手数料 ・初回利用時:極度貸付利用手数料165,000円
・担保管理料:2年目以降16,500円
・資金利用1回あたりの手数料および繰上返済手数料:無料
・登記費用や印紙税などの費用がかかる
資金使途 ・医療費や介護費など
・老後の生活資金
・住宅の建替えや改築
※事業目的・投資目的は不可

有担保ローンのまとめ

今回の記事では、有担保ローンについて詳しく解説してきました。

有担保ローンは、担保が必要な分借入限度額が大きく、かつ金利が低いのが特徴のローンです。

一方、無担保ローンはリスクが少ないといわれていますが、返済に問題が発生すればそのまま負債として抱えなければならず、生活に支障をきたす恐れがあります。

そこで、有担保ローンを利用すれば、負担を軽減でき、生活を立て直せる可能性も高まります。

しかし、返済がうなくいかない場合、担保に影響が出てしまうため、計画の段階からしっかりと情報を収集しておく必要があります。

担保として利用できる土地や不動産を持っている場方や、長期間の借入を希望している方、少しでも金利を抑えたい方は、ぜひ有担保ローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者情報

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許