本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

自己破産でも利用できるカードローンはある?審査に通るコツを紹介!

自己破産でも利用できるカードローン

「自己破産後でも利用できるローンってある?」

「自己破産しても審査に通るには?」

カードローンを利用している人の中には、様々な事情で返済できなくなり、自己破産を選択せざるを得ない人は多いです。

自己破産は借金を返済できなくなった場合にとる債務整理の最終手段です。

そんな自己破産をしたら、カードローンを利用できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

本記事では自己破産後に利用できるおすすめのカードローンを解説しているのでぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 自己破産は裁判所や債権者に返済の軽減をしてもらう手続き
  • 自己破産は債務整理の最終手段で、借金は免責してもらえる
  • 信用情報機関に破産記録が残り、カードローンの審査に通りにくくなる
  • 自己破産から10年経過した人は「アイフル」「プロミス」「アコム」など、大手消費者金融が利用できる
  • テレビCMなどでおなじみの「アイフル」は初回30日間に限って利息が0円!
アイフル

\ 最短20分融資は業界トップクラス /

>> アイフル公式サイト <<

※申込状況によっては希望に添いかねます。

※本記事では営業所に貸金業務取扱主任者を置き、財務局や都道府県に登録され、法定利率貸金業法を遵守している正規の業者を紹介しています。また当サイトのランキングは消費者金融利用者へのアンケート結果と、各消費者金融の公式サイトの最新情報を参考に独自で作成されております。

自己破産をするとカードローンは利用できる?

まずは、自己破産をするとカードローンは利用できるのか確認しましょう。

それぞれを解説していきます。

自己破産後は一定期間カードローンを利用することはできない

自己破産をしたらカードローンは組めないです。

しかし、自己破産をしたら永久にカードローンを利用できなくなる訳ではなく、5〜10年利用できなくなります。

自己破産をするとカードローンが組めなくなる理由

自己破産後にカードローンの利用ができなくなる理由は、信用情報機関に事故情報が残るからです。

信用情報とは

信用情報とは、過去のクレジットやローンの利用記録のことで、融資しても返済できる能力があるか、信用できる人物なのかの判断に使用されます。

自己破産手続きを行うと、一定期間信用情報機関に記録が残ることになるので、自己破産直後ではカードローンの利用が難しいです。

自己破産の記録が残る期間は、自己破産の種類ではなく信用情報機関によって異なります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)当該事実の発生から5年を超えない機関
契約継続中及び契約終了後5年以内
株式会社シー・アイ・シー(CIC)契約期間中および契約終了から5年間
全国銀行個人信用情報センター(KSC)当該決定日から10年を超えない期間

なぜ、過去の記録によってカードローンを利用できないのか不満に感じる方もいると思いますが、消費者金融はしっかりと返済できるかを第一に審査しています。

そのため、自己破産直後だと安定した収入があっても返済能力が低いと判断されやすく、融資を受けられません。

自己破産手続きを行うと、一定期間信用情報機関に記録が残ることになるので、自己破産直後ではカードローンの利用ができないです。

自己破産の記録が残る期間は、自己破産の種類ではなく信用情報機関によって異なります。

自己破産後のブラック期間といわれているのは、この5年から10年のことで審査には通らないです。

信用情報に事故情報が載っているか知りたいとき

開示請求手続きを行うことで事故情報が登録されているか知ることができる

自己破産後にカードローンを利用したいとき

自己破産をした後でも、今すぐお金が必要と思うことはあるはずです。

自己破産をした後にカードローンを利用したい時は「中小消費者金融」であれば即日融資してくれる可能性があります。

中小消費者金融は、自己破産をして時間が経っていない人への融資実績もあるため、安定した収入があれば借入できます。

参考元:審査が甘いカードローンはある?落ちにくいローンの特徴や選ぶ際のポイントを解説-BOX-MEDIA

自己破産後でも利用できるカードローン

自己破産後でも利用できるカードローンは次の通りです。

自己破産後でも利用できるカードローン

基本的に大手消費者金融では、自己破産から期間をあけなければ審査に通らないので、上記の中小消費者金融がおすすめです。

審査が甘いというよりは、過去の債務整理記録より現在の安定した収入などを重視しています。

フクホー

フクホー公式サイトの申し込み画面

フクホーは大阪の老舗消費者金融で、創業45年の歴史があります。

大手消費者金融にはない借りやすさが魅力で、自己破産者でも免責が確定していれば融資を受けられます。

20歳以上で安定した収入があり、返済能力が認められば正社員やアルバイト関係なく申込みできます。

金利年7.3%〜年20.0%
限度額5万円〜200万円
審査期間最短即日
融資速度最短即日
保証人不要
担保不要
無利息期間

キャレント

キャレント

キャレントは株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが提供しているローンです。

過去に自己破産したことがある人でも、現在安定した収入があり、返済が可能だと判断されれば融資を受けることができます。

また、申込はネットから行えて、来店する必要なく審査から融資まで完結する特徴があります。

申込時に過去の金融トラブルを記載する項目があるので、考慮してもらえる可能性は高いでしょう。

ただし、融資対象者は法人のみとなっており、個人事業主がお金を借りることはできません。

金利年7.8%〜年18.0%
限度額1万円〜500万円
審査期間最短即日
融資速度最短即日
保証人不要
担保不要
無利息期間

ニチデン

ニチデン

ニチデンは関西の消費者金融で、全国からの申込みは受け付けていませんが、Webから申込手続きが簡単に行えて、即日融資に対応しています。

ニチデンではフリーローン以外にも不動産担保ローン事業ローン学生ローンなど目的が決められたローンを取り扱っています。

フリーローンの金利は年7.3%〜17.52%と大手消費者金融よりも若干低く、即日融資にも対応しています。

金利年7.3%〜年17.52%
限度額1万円〜50万円
審査期間最短10分
融資速度最短即日
保証人不要
担保不要
無利息期間最大100日間利息0円

スカイオフィス

スカイオフィス

スカイオフィスは店舗に来店する必要なくネットから申込手続きを行えて、最短30分で審査が完了します。

ネットからの申込みであれば、24時間対応しているので、忙しい方でも安心して利用できます。

過去に自己破産など債務整理記録のある方でも、現在の収入状況を元に適切な審査を行ってもらえます。

金利年15.0%〜年20.0%
限度額1万円〜50万円
審査期間最短30分
融資速度最短即日
保証人不要
担保不要
無利息期間

アロー

アロー公式サイトの申し込み画面

アローはWebから申込手続きを24時間いつでも行えて、最短45分のスピード審査を実施しています。

無担保・無保証で融資を受けることができ、過去の債務整理記録ではなく、現在の安定した収入を重視して審査を行っている特徴があります。

金利は15%〜19.94%と大手消費者金融よりも若干高くなりますが、自己破産者でも利用できる可能性があり、即日融資が可能な点が魅力的でしょう。

金利15.0%〜19.94%
限度額1万円〜200万円
審査期間最短45分
融資速度最短即日
保証人不要
担保不要
無利息期間

自己破産後10年以上経過していれば大手消費者金融

自己破産後10年以上経過している場合は、以下のおすすめの消費者金融から利用を検討しましょう。

大手消費者金融おすすめ

法律上は債務整理中でも融資を受けることはできるのですが、自己破産後5年もしくは10年は信用情報が記録されているので、現実的ではありません。

消費者金融でも5年で借りられる可能性もあるので、詳しくは各消費者金融の公式サイトを確認してください。

それぞれの金利と上限額を比較すると次の通りです。

金利上限額
アイフルのロゴ
アイフル
年3.0%〜年18.0%1万円〜800万円
プロミスのロゴ
プロミス
年4.5%〜年17.8%1万円〜500万円
アコムのロゴ
アコム
年3.0%〜年18.0%1万円〜800万円
SMBCモビットのロゴマーク
SMBCモビット
年3.0%〜年18.0%1万円〜800万円
レイク
レイク
年4.5%〜年18.0%1万円〜500万円

中小消費者金融と比べて金利が低く、上限額も高い特徴があるので、多くの人にとって利用しやすいはずです。

アイフル

アイフルの店舗
アイフルの特徴
  • 金利は3.0%〜17.5%
  • 最長10年の返済期間
  • 担保・保証人不要

アイフルは独自審査を行うことにより審査時間を短縮し、Web申込であれば最短20分で融資を受けることが可能です。

また、個人の希望にもある程度応えてもらえて、すぐにお金が必要な場合は優先的に審査を進めてもらえる可能性もあります。

アイフルでは最大30日間の無利息期間を設けているので、お得に借りられるカードローンです。

※申込状況によっては希望に添いかねます。

審査時間最短20分※申込状況によってはご希望に添いかねます。
融資時間最短20分※申込状況によってはご希望に添いかねます。
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上69歳以下の方
・安定した収入がある方
アイフル

\ 最短20分融資は業界トップクラス /

>> アイフル公式サイト <<

プロミス

プロミスの店舗
プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短20分審査&最短20分融資
  • 最大30日間無利息

プロミスは上限金利が年17.8%と、他の大手消費者金融よりも低めに設定されています。

そのため、他の消費者金融よりも低金利なカードローンを選びたいという方向けです。

申込みはWeb上で完結でき、来店する必要はありません。

プロミスはすぐにお金が必要な人に特におすすめで、最短20分で審査が完了し、24時間365日振込融資が可能です。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

審査時間最短20分
融資時間最短20分
金利年4.5%〜年17.8%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜500万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・18歳以上74歳以下(高校生を除く)
・安定した収入と返済能力がある方
プロミス

\ 最短20分で借入可能! /

>> プロミス公式サイト <<

アコム

アコムの実店舗
アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心感がある
  • 最短20分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息

アコムは「はじめてのアコム」というように、一社目のカードローンに選ばれることが多く審査通過率が高いようです。

アコムの審査は最短20分で完了し、契約後はWeb上から振込融資依頼を簡単に行えます。

また、銀行振込の手数料はアコムが負担してもらえるので、少額を借り入れる場合でもお得です。

現在、10代の方は申込不可となっています。

※参考:アコム公式「マンスリーレポート」

審査時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資時間最短20分※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間最大30日間(初回限定)
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上(10代申込不可)
・安定した収入と返済能力がある方
・アコムが定める基準を満たす方

\ はじめてに選ばれやすい!/

>> アコム公式サイト <<

SMBCモビット

SMBCモビットの申し込み画面
SMBCモビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループ
  • カードレスにより最短即日融資

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループで、三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょのいずれかの銀行口座を開設していれば、保険証だけでWeb申込を行うことが可能です。

また、SMBCモビットの在籍確認はWEB完結申込をすると原則として勤務先に電話連絡を行わないので、借り入れが職場や家族にバレる可能性が少ないです。

他のカードローンにはある無利息期間が無いことは注意しましょう。

審査時間最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
融資時間最短即日
金利年3.0%〜年18.0%
無利息期間なし
限度額1万円〜800万円
勤務先へ電話連絡WEB完結申込で原則なし
郵送物WEB完結申込で原則なし
WEB完結可能
申込条件・20歳以上74歳以下の方
・安定した収入がある方

WEB完結申込で電話連絡・郵送物なし

>>> SMBCモビットの公式サイトはコチラ <<<

レイク

レイク公式サイトの申し込み画面
レイクの特徴
  • 無利息期間最長180日間
  • 24時間いつでもどこでもアプリで手続き
  • 審査時間最短15秒

大手消費者金融の無利息期間を活用して利息を抑えたいという方はレイクを選びましょう。

レイクでは、初めての利用かつ、5万円以下の借り入れの場合は無利息期間が最長の180日適用される特徴があります(電話申込の場合は30日間・Web申込の場合は60日間〜180日間)。

また、審査時間はWeb申込を行なった後、最短15秒で完了し、最短25分で借り入れを行えます。

審査に通過できるか、お試し診断も公式サイトから簡単にできます。

審査時間最短15秒
融資時間WEB申込で最短25分融資
金利年4.5%〜年18.0%
無利息期間・最大30日間
・最大60日間(WEB申込限定)
・最大180日間(借入金額5万円まで)
限度額1万円〜500万円
勤務先へ電話連絡原則なし
郵送物原則なし
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上70歳以下の方
・安定した収入がある方

大手消費者金融の口コミ評判が気になる方は、以下の記事を確認しましょう。

自己破産とは?

自己破産とは財産や収入が不足したことが原因で借金返済ができなくなった状態のことをいいます。

自己破産は裁判所に認められることで成立し、法律上借金の支払い義務が免除されます。

自己破産すると借金を支払う義務がなくなるので、借金の悩みから解消されるメリットがあると思いがちですが、当然デメリットもあります。

自己破産のデメリットは借金の返済能力がないことで自己破産が認められるので、高価な財産は処分され、生活に不可欠な財産だけ残されます

自己破産を利用できる方は次の通りです。

自己破産を利用できる方
  • 支払不能であると認められる方
  • 過去7年以内に免責を受けたことがない方

具合的に解説すると自己破産には次の3種類があります。

自己破産の種類
  • 同時廃止
  • 管財事件
  • 少額管財

まず同時廃止は貯金や家、車など、財産がない場合に適用されます。

財産自体がないので、所有する財産を換価処分して分配する手続きが必要ありません。

そのため、手続き終了までの期間が短く、費用が安い特徴があります。

次に管財事件は借金の原因がギャンブルなどの場合に適用されます。

裁判所から選任された破産管財人が借金についての調査や配当手続きを行うので、手続き終了までの期間が長く、費用もかかります。

少額管財は管財事件よりも裁判所に収める予納金が少額で済む手続きです。

まとめ

今回は自己破産後でも利用できるカードローンを、中小消費者金融と大手別に紹介しました。

自己破産してしまうと、金融機関の審査に通りづらくなって困りますよね。

自己破産してしまうと借り入れを一切行えなくなると勘違いしている方も多いですが、免責から5年もしくは10年経過している場合は、融資を受けられる可能性があります。

また、中小消費者金融であれば自己破産など過去の債務整理記録があっても、現在安定して収入があれば利用できます。

しかし、大手消費者金融と比較すると金利が高かったり、限度額が低いデメリットがあるので、免責から期間が経過している方は、アイフルなど大手を利用することをおすすめします!

この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許