三井住友銀行カードローンは金利が魅力!気になる審査や返済日を徹底解説

三井住友銀行カードローンは、大手メガバンクの信頼性の高さと低金利を兼ね備えているところが魅力。

全国各地に実店舗を構えており、わからない時には専門スタッフが丁寧にサポートしてくれるため、ローン契約が初めての人でも安心して利用できます。

本記事では、三井住友銀行カードローンの特徴や気になる審査などについて、初心者にもわかりやすく一つずつ解説していきます。

どこのカードローンにしようか検討中の人は、参考にしてみて下さい。

三井住友銀行カードローンの4つの特徴

三井住友銀行_カードローン_金利_4つの特徴

三井住友銀行カードローンには、以下のような4つの特徴があります。

三井住友銀行カードローンの特徴
  1. 年1.5%~14.5%は業界トップクラスの低金利
  2. 来店不要で手続きがWEB完結
  3. 返済方法&返済日を選択できる
  4. 提携コンビニATMの手数料が0円

具体的にはどのような魅力があるのか、それぞれの特徴を一つずつ解説していきます。

特徴①|年1.5%~14.5%は業界トップクラスの低金利

三井住友銀行_カードローン_金利_特徴_業界トップクラスの低金利

三井住友銀行カードローンの特徴は、年1.5%〜14.5%という業界トップクラスの低金利。

大手の消費者金融の金利は年3%〜18%なので、金利を重視してカードローンを探している人に三井住友銀行カードローンは人気があります。

また、三井住友銀行の住宅ローンを既に利用している人は、カードローンの金利がさらに安くなり、年1.5%~年8%で利用できるのも嬉しいポイント。

最大年8%という低金利は、どこの銀行や消費者金融を探してもなかなか見つかりません。

将来的に住宅ローンもカードローンも両方利用する予定があるなら、三井住友銀行を選んだ方が金利を安くできるので、返済が楽になります。

特徴②|来店不要で手続きがWEB完結

三井住友銀行_カードローン_金利_特徴_来店不要で手続きがWEB完結

三井住友銀行のカードローンは、申し込みから手続きまで全てをWEB完結できるところが便利です。

やはり、借金は対面だと申し込みにくいもの。

誰にも知られず借り入れできるので、精神的な負担を軽減できます。

カードローンの手続きで必要になる「本人確認書類」の提出も、WEBから簡単にアップロード可能。

特に、三井住友銀行の「普通預金口座」を持っている人は、ローンの契約手続きを簡素化できるというメリットがあります。

24時間いつでもWEB申し込みができ、手元のキャッシュカードを使えば、すぐに借り入れができるようになるのも良い点です。

特徴③返済方法や返済日を選択できる

三井住友銀行_カードローン_金利_特徴_返済方法や返済日を選択できる

三井住友銀行は自分の都合に合わせて返済方法や返済日を選択できることがポイント。

カードローンの中には、返済方法や返済日を選べないケースもあります。

三井住友銀行のカードローンは、「ATM」「インターネット」「口座振替」によって返済が可能。

ただし、インターネットによる返済は、三井住友銀行のネットバンキング「SMBCダイレクト」を利用している人のみ利用できます。

返済日は「5日」「15日」「25日」「月末」から選択可能。

自分で返済日を選ぶことができれば、給料日の直後に設定して、確実に返済できる状況を整えておくこともできるのです。

返済日の前に金欠になって「支払いができない!」と悩む必要がなくなります。

三井住友銀行は柔軟性があり、借り入れをしたあとも、返済していきやすいところが魅力的です。

特徴④|提携コンビニATMの手数料が0円

三井住友銀行_カードローン_金利_特徴_提携コンビニATMの手数料が0円

三井住友銀行のカードローンは、借り入れや返済で利用する提携コンビニATMの手数料が何回利用しても0円なのが良いところ。

手数料0円で利用できるATM
  • 三井住友銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行

臨時の追加返済をしたい時なども、手数料を気にしないで済みます。

コンビニATMは、外出先で資金に困った時、とっさの借り入れがしやすく、提携数が多いほど、いざという時に便利です。

三井住友銀行カードローンの金利と利用限度額の関係

三井住友銀行_カードローン_金利_利用限度額との関係

三井住友銀行カードローンの金利は「年1.5%~14.5%」と決まっています。

金利は契約限度額に応じて、以下の通り変わります。

契約限度額 金利(年利)
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超~200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超~300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超~400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超~500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超~600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超~700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超~800万円以下 1.5%~4.5%

契約限度額が低いほど金利は高く、契約限度額が高くなるほど金利は低くなるのが特徴。

契約限度額は、申し込んだ希望額が必ずしも可決されるとは限りません。

「希望額」「収入」「他社からの借り入れ」などを考慮して、総合的に契約限度額が決定されます。

中には、希望額よりも少ない金額を提案され、がっかりしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、契約限度額はまじめに返済をしていれば、利用実績に応じてどんどん上がっていきます。

そのため、希望よりも少ない限度額になってしまった人は、コツコツと返済実績を作って限度額が上がるのを待つのも一つの方法です。

三井住友銀行カードローンの返済日と返済が遅れと起こる問題

三井住友銀行_カードローン_金利_返済日や返済が遅れると起こる問題

続いて、三井住友銀行カードローンの返済日や返済が遅れた際に発生する問題点について紹介します。

三井住友銀行カードローンの返済について
  • 三井住友銀行カードローンの返済日
  • 三井住友銀行カードローンへの返済が遅れるとどうなる?

返済はローン契約を継続する上で重要ポイント。

滞納しないようにしっかりしたプランを計画するためにもぜひご覧ください。

三井住友銀行カードローンの返済日

三井住友銀行_カードローン_金利_返済日

三井住友銀行カードローンは、以下の4つから返済日を選択できます。

三井住友銀行カードローンの返済日
  1. 5日
  2. 15日
  3. 25日
  4. 月末

 

三井住友銀行のように、返済日をこれだけ自由に選択できるカードローンはめったにありません。

一般的なカードローンでは、返済日が既に決まっていたり、選択できたとしても月初めか月末の2パターンになるケースが多いです。

返済日が決まっているカードローンの場合は、給料日との兼ね合いが非常に重要になってきます。

給料日前は、多くの人が金欠で苦しい時期。

カードローンの返済日が給料日の前にあると、支払いが難しくなってしまうことが容易に想像できます。

そのため、滞納を起こさず、スムーズに返済する計画を立てるなら、返済日は給料日の前ではなく、直後に設定すると安心です。

三井住友銀行カードローンへの返済が遅れるとどうなる?

三井住友銀行_カードローン_金利_返済が遅れるとどうなる

本来、ローン契約というのは、「約定返済日」に返済するという条件で契約書を交わしているので、1日でも返済が遅れることは好ましくありません。

1日でも滞納してしまうと、「信用情報に傷がつくんじゃないか?」とヒヤヒヤしてしまう人もいますよね。

しかし、実際はどうかというと、三井住友銀行カードローンで1週間くらい返済が遅れても、信用情報については特に大きな問題にはなりません。

なぜなら、多くの人が心配している信用情報の記録というのは、「長期滞納」について記載されるからです。

信用情報に記載される長期滞納というのは、一般的に「期日から3ヶ月以上の滞納」のこと。

これまでまじめに返済してきた人が、たった1回の1日の遅れだけで、信用情報に滞納の記録がつく可能性は極めて低いと言えます。

ただし、短期間の返済遅れは、信用情報には影響がなくても、「ローン契約」には支障を及ぼす可能性があるので要注意。

具体的には、新たな借り入れができなくなったり、ローン契約を更新してもらえない可能性があります。

また、返済遅れが長期に渡る場合は、以下のような深刻なトラブルも発生するので早期に対処しないといけません。

滞納1ヶ月
  • 電話やメールなどによる督促
  • 新たな借り入れの停止
滞納2ヶ月
  • 一括返済を要求される
  • カードローンの強制解約
滞納3ヶ月
  • 信用情報(CIC・JICC・KSC)に滞納が記録される
  • 裁判所から訴状が届く

返済が2ヶ月以上遅れるようになると、いよいよ事態が深刻になります。

滞納が2ヶ月を超えると、分割払いに応じてくれなくなり、一括返済を強く要求されるようになるのが特徴。

更に督促を無視していると、最終的には裁判所からの訴状が届き、法廷への出席が求められます。

そして、訴状を無視して何もしないと、最終的に裁判で一括返済の判決が出てしまい、財産が差し押さえられる可能性が出てきます。

何とかして返済をしたい気持ちがある場合は、裁判所から訴状が来たら、逃げずに話し合いに応じること。

「これ以上返済できない」「一人では上手く話し合いができない」と思った場合は、早めに弁護士に相談するのが一番確実な解決方法になります。

三井住友銀行カードローンの審査はどれくらい?

三井住友銀行_カードローン_金利_審査はどれくらい

通常、三井住友銀行カードローンの審査結果は、本人確認書類を提出してから「翌営業日」までに連絡が来ます。

本人確認書類を、郵送で送る場合は、審査に時間がかかってしまうため、できるだけWEBアップロードを利用する方が安心です。

連絡方法は以下から選択できます。

連絡方法
  • 電話
  • メール

特に、メールを選択した場合は、迷惑メールフォルダもしっかりチェックしておきましょう。

なぜなら、審査結果が迷惑メールに振り分けられているケースがよくあるからです。

また、三井住友銀行カードローンは、新規の申し込みが集中すると、審査に時間がかかってしまい、1日遅れで結果が届く場合もあります。

何かとお金がかかる「年始年末」や「新学期」は、特に申込者が多い時期。

特に急いでいないのであれば、2日程度なら気長に待ってみるのもアリです。

ただし、3日以上になると何かトラブルが発生している可能性も考えられるため、時間を見つけて自分から確認の電話を入れてみて下さい。

三井住友銀行カードローンの借り換えプランとメリット

三井住友銀行_カードローン_金利_借り換えプランとメリット

三井住友銀行カードローンは、おまとめローンのように、複数の借金を一本化する「借り換えプラン」としても活用することも可能です。

三井住友銀行カードローンを借り換えプランについて以下のようなことをご紹介します。

三井住友銀行カードローンの借り換えについて
  • 三井住友銀行カードローンの借り換えプラン
  • 三井住友銀行カードローンで借り換えるメリット

「そもそも三井住友銀行カードローンの借り換えプランとは?」「メリットって?」といったことを具体的に解説していきますよ。

三井住友銀行カードローンの借り換えプラン

三井住友銀行_カードローン_金利_借り換えプラン

そもそも、三井住友銀行には、おまとめローンのような、借り換え専用プランはありません。

ただし、三井住友銀行カードローンを借り換えプランとして使用することはできます。

三井住友銀行カードローンは、おまとめローンと比較して遜色のない「最大限度額」と「低金利」が自慢。

最大で800万円まで対応することができ、金利も業界屈指の年1.5%~14.5%という低さ。

一方、おまとめローンで有名な東京スター銀行は、最大1,000万円まで対応できるのは魅力ですが、金利は年9.8%~14.6%と高め。

金利だけで見た場合、おまとめローンで借り換えるより、三井住友銀行のカードローンを利用した方が断然お得。

また、おまとめローンは複数の借金を一本化するのに、多額の借り入れをすることになるため、「審査」がカードローンよりも厳しいのも難点。

東京スター銀行のおまとめローンと三井住友銀行のカードローンの申し込み条件を比較すると、東京スター銀行の方がハードルが高いことがよくわかります。

東京スター銀行 三井住友銀行
年齢 満20歳~65歳未満 満20歳~満69歳
収入 前年度の税込年収が200万円以上 安定した収入があること
雇用形態 正社員・契約社員・派遣社員のみ 収入があるならパートでも可能

東京スター銀行の方は、更に「自己破産・債務整理の経験がないこと」「利用中のローンの滞納がないこと」など、細かい条件があります。

しかし、これだけ厳しい条件をクリアしても、結局は三井住友銀行カードローンの方が低金利。

だったら、最大限度額は200万円ほど低いけど、「三井住友銀行のカードローンで良くない?」と思ってしまいますよね。

借金の総額が800万円以内なら、三井住友銀行カードローンを借り換えプランとして検討してみる価値があります。

三井住友銀行カードローンで借り換えるメリット

三井住友銀行_カードローン_金利_借り換えプランのメリット

三井住友銀行カードローンを借り換えプランとして利用するメリットは、金利を安くして返済の負担を減らせことです。

これまでも何度も紹介してきた通り、三井住友銀行カードローンは、低金利が魅力的。

三井住友銀行カードローンより金利が安い銀行や消費者金融はなかなかないため、他社の高い金利で悩んでいる人は、借り換えを検討してみるべきです。

多重債務で借金返済に苦しむ人の多くは、「元本を減らせない」という悩みを抱えがち。

払っても、払っても元本が減らない一番の原因は、「金利」が高すぎるからです。

そういう場合、余力がある内に1日でも早く「低金利なローン」へ借り換えましょう。

なぜなら、返済で本格的に困窮するようになると、多重債務者の多くは、「滞納」をし始めるからです。

滞納をし始めてから低金利なローンへ慌てて借り換えをしようとしても、審査はなかなか通りません。

そのため、滞納をしないでちゃんと返済が出来ているうちに、三井住友銀行カードローンのような低金利のプランへ借り換えしておくことが重要です。

三井住友銀行カードローンの金利に関するよくある質問

三井住友銀行_カードローン_金利_よくある質問

三井住友銀行カードローンの金利に関するよくある質問を以下にまとめました。

三井住友銀行カードローンの金利に関するよくある質問
  • 住宅ローン利用者なら誰でも年1.5%~年8.0%でご利用可能なのか?
  • 年1.5%~14.5%って具体的にはどのくらいの返済額になる?
  • 金利を計算して出した「利息」はどこで確認できる?

金利について不明な点がある際に、参考にしてみて下さい。

住宅ローン利用者なら誰でも年1.5%~年8.0%でご利用可能なのか?

いいえ。

通常よりも安い金利(年1.5%~年8.0%)が適用されるのは、「三井住友銀行が指定する保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が保証する住宅ローン」を利用している場合のみ。

注意点
  • 住宅金融支援機構(直接融資)
  • 長期固定金利型住宅ローン(フラット35)

上記の住宅ローンは対象外となるので注意が必要です。

年1.5%~14.5%って具体的にはどのくらいの返済額になる?

三井住友銀行カードローンは、「残高スライド型元利定額返済方式」を採用。

残高スライド型元利定額返済方式は、毎月の返済金額が「一定」なのが特徴です。

年1.5%~14.5%の金利の場合、返済金額は以下の通りになります。

借入残高 返済金額
2千円未満 2千円が上限。
約定返済時の利息+借入残高の合計
2千円以上~50万円以下 10万円以下は2,000円。
借入残高が+10万円ごとに2,000円を増加。
50万円超~300万円以下 60万円以下は11,000円。
借入残高が+10万円ごとに1,000円を増加。
300万円超~500万円以下 350万円以下は40,000円。
借入残高が+50万円ごとに5,000円を増加。

金利を計算して出した「利息」はどこで確認できる?

三井住友銀行カードローンでは、金利を計算して出した利息を確認できる方法が2つあります。

利息を確認できる方法
  • 公式HPにある「返済総額シミュレーション」を利用する
  • 専門窓口「カードローンプラザ」に電話して聞く

三井住友銀行カードローンの公式HPには、全部で3つのシミュレーション機能がありますが、利息まで出せるのは「返済総額シミュレーション」だけ。

「返済日」「残高」「借入金利」「初回貸付日・前回入金日」の4つを入力するだけで、簡単に「累計利息」が確認できます。

ただし、返済総額シミュレーションは、あくまでも「簡易試算」。

正確な利息を知りたい場合は、三井住友銀行カードローンの専用窓口である「カードローンプラザ」に聞く方が確実です。

カードローンプラザ(0120-923-923)は、12月31日~1月3日を除く、毎日9:00~21:00まで営業しています。

申し込み方法別手順

三井住友銀行_カードローン_金利_申し込み方法別の手順

三井住友銀行カードローンには、4つの申し込み方法があります。

三井住友銀行カードローンの申し込み方法
  1. PC
  2. スマホアプリ
  3. 電話
  4. ローン契約機

どの申し込み方法を選んだ場合も、「本人確認書類」の提出が必要になるので、手元に準備しておく必要があります。

WEB完結で本人確認書類をアップロード提出できるは以下の4点。

本人確認書類
  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 個人番号カード
  4. 住民基本台帳カード

上記以外の書類については、三井住友銀行カードローンの専用窓口「カードローンプラザ」に電話相談となります。

また、申込金額が50万円を超える場合は、指定期限内の「収入証明書類」も提出が必要です。

収入証明書類
  • 給与明細書類(発行日3ヶ月以内)
  • 源泉徴収票(1月申し込みは「前々年度以降」2~12月までは「前年度」)
  • 税額通知書や納税証明書(1~6月までは「前々年度以降」7~12月までは「前年度」)
  • 確定申告書(原則「前年度」。ただし、1~3月までは「前々年度も可」)

では、申し込み方法別の手順を確認していきましょう。

PCから申し込みする方法
  1. 三井住友銀行公式HPの「審査申込」ボタンをクリック
  2. ローン申し込み画面で必要事項の入力
  3. 本人確認書類の提出&審査(本人確認書類はWEBでアップロード可能)
  4. 最短で翌営業日に「電話」もしくは「メール」に審査結果を連絡
  5. 「普通預金口座のキャッシュカード」もしくは「ローン専用カード」で利用開始

※ローン専用カードは、「ローン契約機」「プロミス自動契約機」「郵送」のいずれの方法で入手することができます。

スマホアプリから申し込みする方法
  1. 三井住友銀行公式HPのQRコードを読み込み「カードローンアプリ」をダウンロード
  2. ダウンロードしたアプリを起動
  3. 「審査申込」ボタンをタップ
  4. 三井住友銀行の普通預金口座を持っている場合は、SMBCダイレクトへログイン
  5. 三井住友銀行の普通預金口座を持っていない場合は、新規登録情報の入力
  6. ローン申し込み画面で必要事項の入力
  7. 本人確認書類の提出&審査(本人確認書類はWEBでアップロード可能)
  8. 最短で翌営業日に「電話」もしくは「メール」に審査結果を連絡
  9. 「普通預金口座のキャッシュカード」もしくは「ローン専用カード」で利用開始

※Androidは「Googleplay」から、iosは「AppStore」からもダウンロードできます。

 

電話から申し込みする方法
  1. 専用窓口の「三井住友銀行カードローンプラザ」に電話で申し込み
  2. オペレーターが必要事項をヒアリング
  3. 本人確認書類の提出&審査(本人確認書類は郵送・ローン契約機・WEBから提出可能)
  4. 最短で翌営業日に「電話」もしくは「メール」に審査結果を連絡
  5. 「普通預金口座のキャッシュカード」もしくは「ローン専用カード」で利用開始
ローン契約機から申し込みする方法
  1. 近隣のローン契約機からカードローンの申し込み
  2. タッチパネルで必要事項を入力
  3. 本人確認書類の提出&審査(本人確認書類はローン契約機でスキャン)
  4. オペレーターを通じ契約内容の説明&ローン専用カードの受け取り
  5. 最短で翌営業日に「電話」もしくは「メール」に審査結果を連絡
  6. 「普通預金口座のキャッシュカード」もしくは「ローン専用カード」で利用開始

三井住友銀行カードローンの金利まとめ

三井住友銀行_カードローン_金利_まとめ

三井住友銀行カードローンは、本家のおまとめローンよりも、金利が安く、使い勝手が良いため、「借り換え」にも利用できるのが大きな魅力です。

最大800万円まで対応しているため、複数の借り入れを一本化しやすいのも良い点。

支払いを一つにまとめることができれば、毎月の返済が今よりもずっと楽になります。

特に、3社以上の借り入れをしており、返済が苦しい人は、早めに行動を起こしましょう。

滞納してから借り換えに動いても、その時には審査が通らず、手遅れになってしまう可能性があるからです。

今だったら、三井住友銀行のカードローンのように、好条件で借り換えできる可能性がまだ残っています。

返済がきついと感じ始めたら、余力があるうちに、返済が楽になる手段を考えておきましょう。

また、以下の記事も参考になるのでぜひご覧ください。