金利の安いキャッシング会社10選!利用する際の注意点も併せて紹介!

今月の生活費が足りない
結婚式などの冠婚葬祭が急に決まり出費もかさみそうだ

そんなときに便利なのがキャッシング・サービスです。

金利の安いキャッシングなら、返済の負担が少なく安心して借りられることでしょう。

最近では、金利の安さ以外にも、24時間365日契約可能なキャッシング会社や、無利息期間を設定しているキャッシング会社も多いです。

しかし、キャッシングを利用する際は金利の低さや利便性ばかりに注目せず、リスクやデメリットも把握する必要があります。

お金を借りる事には変わりないですからね。
金利も大事ですが、リスクやデメリットもしっかり把握しておかないと。

この記事では、キャッシングの金利金利の安いおすすめのキャッシング会社利用する際のメリット・デメリット等を解説します。

金利の安いキャッシング会社をザックリ言うと
  • キャッシングの金利とは利息の割合である。
  • 金利の安いキャッシングを利用する事で返済の負担が少なくなる
  • キャッシング会社の最低金利が適応される為のハードルは以外に高い
  • 無利息期間を活用するのも良い利用の仕方と言える。
  • 返済が滞ってしまうと遅延損害金が発生する。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

キャッシングの金利とは?

キャッシングの金利とは?

私の家庭では生活費が足りなくなることが度々あるので、キャッシングを利用しようか考えています。
キャッシングの金利はどれ位なのでしょうか。

こちらでは、キャッシングの金利金利の計算方法について解説します。

キャッシングについて
  •  金利とは?
  • キャッシングの金利計算方法
  • キャッシングの金利を安くするコツ

金利とは?

キャッシングは借金である以上、借りた元金の他に利息を付けて返済します。

利息の計算では、借入額に対してパーセントを用いて表した割合が借入額(元金)にかけ算されます。

借入額にかけ算される割合のことを「金利」と言います。

なお、キャッシング会社のサイトやパンフレット等をみれば、「実質年率」というものもあります。

実質年利とは「利息+手数料・諸経費」を算出する割合です。

ほとんどのキャッシング会社では、手数料・諸経費が無料で設定されており、このような場合に「金利=実質年率」とみて差し支えありません。

MEMO

金利とは利息の割合のことである。

キャッシングの金利計算方法

金利(=手数料・諸経費が無料の実質年率)を計算する方法は、借入金額に対して金利をかけ、365日(うるう年の場合366日)で割り、そこへ1カ月(30日or31日)の日数をかけて金利が算定されます。

計算式は「借入金額×金利÷365日(うるう年:366日)×1カ月」です。

実際に例をあげて計算してみましょう。

金利の計算例
  • 借入金額:100万円
  • 金利:4.5%
  • 借入期間:30日

100万円×4.5%÷365日×30=3,699円

約3,700円を借入金額へ上乗せして返済することになります。

キャッシングの金利を安くするコツ

カードローンを作った後でも、金利を少しでも安くする方法があります。

契約後に半年以上経過した時点を目安として、借入限度額の増額を行ってみましょう

当然、臨時収入があった、収入が上がった等、資金的な余裕が出てきた場合に試します。

増額をする場合も審査はあり、通過することが大前提です。

うまく増額できたなら、その分金利は下がります。

そもそもキャッシングでは多額の借入金を申込めば、金利は低くなる傾向があります

逆に、借入金額が10万程度なら10.0%~18.0%と金利の高くなる傾向があります。

この仕組みを上手く活用し、金利を低く抑えるのです。

MEMO

キャッシングは、借入上限額が高ければ金利は下がる事から、借入限度額を増額することで金利が下がる可能性がある。

金利の安いキャッシング会社10選

金利の安いキャッシング会社10選

キャッシングは、急に現金が必要となったとき便利ですが、やはり金利は安い方が安心できます。
金利の安いおすすめのキャッシング会社を教えて欲しいです。

こちらでは、金利の安いおすすめのキャッシング会社10社を紹介しましょう。

おすすめのキャッシング会社
  1. アイフル
  2. プロミス
  3. SMBCモビット
  4. アコム
  5. J.Score
  6. オリックス・クレジット
  7. au PAY スマートローン
  8. LINEポケットマネー
  9. レイクALSA
  10. ベルーナノーティス

アイフル

金利安い キャッシング アイフル

出典:https://www.aiful.co.jp/

アイフルでは、スマートフォン・パソコンがあれば契約はWEBで完結します。

金利は3.0%~となっています。

申込から最短25分で融資可能です。

アイフルの内容

はじめて利用する方ならば、最大30日間利息0円です。

商品名 アイフル
利用限度額 800万円以内
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間・回数 借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~69歳

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

カードレスでの融資にも対応しており、スマホアプリがあれば、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで借り入れが可能です。(原則24時間365日取引可能)

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

プロミス

金利安い キャッシング プロミス

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

プロミスの契約はWEBで完結できて最短30分で融資が可能です。

金利は4.5%~となっています。

土日祝日・夜間でも申込可能です。

プロミスの内容

初回は30日間無利息となり便利です。

商品名 プロミス
利用限度額 ~500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最長6年9ヶ月・1〜80回
申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~69歳

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

取引状況がわかるアプリローンの他、契約内容が確認できるLINEチャットサービスが利用可能です。

また、初回契約で最大2,000円分の三井住友VISAプリベイトがプレゼントされます。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

SMBCモビット

金利安い キャッシング SMBCモビット

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

SMBCモビットでは、スマートフォン・パソコンがあれば契約はWEBで完結します。

24時間申込・借入・返済が可能です。

金利は3.0%~となっています。

SMBCモビットの内容

申込から最短30分で審査可能・即日融資可能です。

商品名 SMBCモビット
利用限度額 800万円以内
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最長60回(5年)・例外として最長106回(8年10ヶ月)
申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~69歳

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

セブン銀行ATMがあれば、スマートフォンのみで24時間入出金が可能です。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

アコム

金利安い キャッシング アコム

出典:https://www.acom.co.jp/

アコムでは、スマートフォン・パソコンがあれば契約はWEBで完結します。

金利は3.0%~となっています。

申込から最短30分で審査可能・即日融資可能です。

アコムの内容

はじめて利用する方ならば、最大30日間利息0円です。

商品名 アコム
融資・限度額 800万円以内(ショッピング利用限度額10万円~300万円)
金利(実質年率) 3.0%~18.0%(ショッピング利用10.0%~14.6%)
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 ・最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回

・ショッピング利用:35日毎の支払・毎月支払

申し込み可能な方 ・日本国内に居住

・年齢満20歳~

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

インターネットでの契約が苦手でも、アコムの自動契約機(むじんくん)に来店すれば9:00~21:00まで申込可能、その場でカードが発行されます。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

J.Score

金利安い キャッシング J.Score

出典:https://www.jscore.co.jp/

J.Scoreは、みずほ銀行・ソフトバンクにより設立されたFinTech企業です。

まったく新しいタイプの個人向け融資サービスとして活用が期待できます。

申込~借入までWEBで完結します。

融資サービスである「AIスコア・レンディング」では、金利がなんと0.8%から利用できます

AIスコア・レンディングの内容

最短即日融資できます。

また、平日夜間・土日も融資可能な点はとても便利です。

商品名 AIスコア・レンディング
契約枠 極度額10万円~1,000万円・融資額1万円~
金利(実質年率) 0.8%~15.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期間・回数 ①最終借入日~最長20年・1回~240回

②契約極度額に応じた返済回数

・~30万円:36回以内

・30万円超~100万円以下:60回以内

・100万円超~1,000万円以下:120回以内

申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~70歳

・安定かつ継続した収入の見込める方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

アライアンス企業において、さまざまなリワード(特典)が受けられるサービスもあります。

このサービスは、AIスコアを活用した日本初のサービスとなります。

オリックス・クレジット

金利安い キャッシング オリックス・クレジット

出典:https://credit.orix.co.jp/

オリックス・クレジットは、申込~契約完了まで来店不要でインターネット手続きが可能です。

金利は1.7%から利用できて安心です。

こちらでは、VIPローンカードについて説明します。

VIPローンカードの内容

審査は最短60分で結果がわかり、最短即日で借り入れが可能です。

迅速な利用を希望する人に最適のサービスです。

商品名 VIPローンカード
契約枠(コース) 30万円~800万円
金利(実質年率) 1.7%~17.8%
返済方式 リボルビング払い
契約期間 1年毎の自動更新
返済期間・回数 最終借入日~最長20年・1回~240回
申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~69歳

・毎月定期収入のある方

遅延損害金 実質年率19.9%
担保・保証人 原則不要

その他のサービス

全てインターネットで利用可能な「カードレスVIP」も提供されています。

内容はVIPローンカードと同じです。

その他、オリックスグループが展開する、レンタカーサービス・ホテル等を優待価格で利用可能な特典もついてきます

>>>VIPローンカードの公式サイトはこちら<<<

今すぐVIPローンカードに無料登録する

au PAY スマートローン

金利安い キャッシング au PAY スマートローン

出典:https://loan.kddi-fs.com/

au PAY スマートローンは、カードレスでスマートフォン・パソコンがあれば簡単に契約はWEBで完結します。

au IDのある方なら、スマートにおトクに利用できるサービスです。

金利は2.9%~となかなかの低さです。

au PAY スマートローンの内容

スマートフォン・パソコンで24時間365日申し込みが可能です。

商品名 au PAY スマートローン
利用限度額 1万円~100万円
金利(実質年率) 2.9%~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最長5年・60回まで
申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~70歳

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

au PAY 残高にチャージすれば、au PAY プリペイドカード・au PAYでいろいろな店舗で利用可能です。

また、Pontaポイントも貯まります

LINEポケットマネー

金利安い キャッシング LINEポケットマネー

出典:https://linecreditcorp.com/lp/ad/entry02.html

LINEポケットマネーは、カードレスでLINEで簡単に契約可能な「LINE Credit株式会社」の運営するサービスです。

スマートにおトクに利用でき、金利は3.0%~となっています。

申込から最短で当日に入金されます。

LINEポケットマネーの内容

スマートフォンから24時間365日申し込みできます。

借りたお金はLINE Payでの決済・送金・銀行振込・コンビニATMで現金化も可能です。

商品名 LINEポケットマネー
契約枠 契約極度額5万円~300万円・融資額1円~
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 ・極度額30万円以下:1ヶ月~36ヶ月・1回~36回

・極度額30万円超~100万円以下:1ヶ月~60ヶ月・1回~60回

・極度額100万円超:1ヶ月~180ヶ月・1回~180回

申し込み可能な方 ・日本国内に居住

・年齢満20歳~満65歳

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

毎月返済日にLINE Pay残高・指定銀行口座から自動引き落としされます。

返済日にはLINEで通知が来ます

手数料はかかりません。

レイクALSA

金利安い キャッシング レイクALSA

出典:https://lakealsa.com/

レイクALSAの契約はWEBで完結、最短60分で融資が可能です。

金利は4.5%~(無利息期間あり12.0%〜)となっています。

カードレスでの借り入れもできます

レイクALSAの内容

初回は最長180日間無利息(WEB申込60日間無利息)となり便利です。

商品名 レイクALSA
利用限度額 ・初回:〜200万円

・それ以外:〜500万円

金利(実質年率) ・初回:12.0%〜18.0%

・それ以外:4.5%~17.8%

返済方式 残高スライド・元利定額返済方式
返済期間・回数 最長8年・最大96回

※カードローン:最長5年・1回~60回

申し込み可能な方 ・日本国内に居住or日本の永住権を取得

・年齢満20歳~70歳

・定期の収入のある方

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

セブン銀行「スマホ ATM取引」を利用し、カードレスで借入れが可能です。

初回の最長180日間無利息融資は大変魅力的なサービスと言えます。

ベルーナノーティス

金利安い キャッシング ベルーナノーティス

出典:https://www.b-loan.jp/

ベルーナノーティスは、無利息キャッシングが何回も利用可能です。

金利は4.5%~となっています。

カードキャッシング・振込みキャッシングの2通りから、ご自身の都合に合わせ借り入れができます。

審査結果は最短30分で、カードは最短即日発行です。

ベルーナノーティスの内容

利用の際は14日間無利息となり便利です。

商品名 ベルーナノーティス
利用限度額 ~300万円
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最長6年9ヶ月・1〜80回
申し込み可能な方

・日本国内に居住

・年齢満20歳~80歳

・定期の収入のある方、年金受給者も契約可

遅延損害金 実質年率20.0%
担保・保証人 不要

その他のサービス

ベルーナノーティスでは、無利息キャッシングが何回も利用可能で、無利息となる対象は①初めての借入②完済後に前回無利息キャッシング適用借入日から3ヵ月経過し再度の借入、となります。

金利の安いキャッシング会社を利用するメリット

金利の安いキャッシング会社を利用するメリット

キャッシング会社は金利を抑えたサービスの他、便利な工夫も行っていて安心して借入ができそうです。
金利の安いキャッシング会社を利用するメリットについて教えて欲しいです。

こちらでは、金利の安いキャッシング会社を利用する2つのメリットを紹介します。

返済の負担が少ない

金利が抑えられた状態で利用できれば、借入時も安心して申し込みができます。

また、返済が滞ることも少なく、延滞してしまいキャッシング会社側とトラブルになることもあまり無いでしょう。

金利は借入金額が高ければ高いほど、その割合は抑えられる傾向があります

しかし、必要以上に借りることは避けた方が無難です。

金利が安く設定できるといっても、きちんとした返済計画をたて確実に返済することが求められます。

当然一括返済は可能なので、ボーナス等まとめて返せる目途があるならこの方法を検討してみましょう。

MEMO

金利が低いことから返済の負担が軽くなり、ボーナスなどのまとまったお金で一括返済なども出来る。

利便性が高い

安いキャッシング会社は、消費者金融大手であることが多いです。

大手の消費者金融の場合は、店舗だけでなく金融機関のATMを利用し24時間365日借入・返済が可能です。

また、最近でweb契約のできる会社が多くなり、カードレスのキャッシングも増加しました。

インターネットを活用したキャッシング・サービスも多くなっています。

PC・スマートフォンで手軽に申込手続き等が出来て、申込に手間取ることもかなり少なくなっています。

キャッシング・サービスには消費者金融とは異業種のIT企業や、通販会社等がどんどん進出しています。

今後も新たなサービスや、低金利のシステム導入が行われることでしょう。

MEMO

Web手続きが出来たり、24時間365日借入・返済が出来る事など利便性が高い。

金利の安いキャッシング会社を利用するデメリット

金利の安いキャッシング会社を利用するデメリット

異業種の参入で、新たなサービスが創出できるかもしれませんね。
金利の安いキャッシング会社を利用する際の、気を付けるべき点について教えて欲しいです。

こちらでは、金利の安いキャッシング会社を利用する2つのデメリットを紹介します。

必ず最低金利が適用されるわけでは無い

キャッシング会社を選ぶとき、最も安くなる金利を注目する人は多いはずです。

「自分はこの金利で必ず借りられる」と思う方々もいることでしょう。

しかし、実際に最も安くなる金利が適用されるケースは、キャッシング会社が設定している最高限度額で契約が出来たときのみです。

例えば500万円で最高限度額が設定されたキャッシングサービスがあっても、借入金額が300万までの場合は、割と低い金利で借りることはできても最低金利での利用は不可能です。

キャッシングで限度額が高くなるほど金利は抑えられ、逆に限度額が低ければ金利は高くなります

とはいえ、実際の金利は申し込んだ際の審査で利用の可否の他、利用希望者の職業・信用情報等で金利が決定します。

利用の際、安易に最も安い金利で借りられると考えず、ご自身が借り入れを希望する金額その金額に適用される金利範囲を必ずチェックしておきましょう。

注意

キャッシング会社が設定している最高限度額で契約できたときのみ、最も安い金利で利用することが可能となる。

最高限度額が必ず借りられるわけでは無い

ご自身にとって金利を想定すれば、出来れば最高限度額に近い借入契約をキャッシング会社と締結したいはずです。

しかし、最高限度額まで借りられるか否かは、審査の段階で高いハードルがあります。

各キャッシング会社の中には、前述したように最高限度額500万円・800万円という設定が多いです。

この最高限度額に適用される金利は3%未満のケースもあります。

しかし、総量規制(※)でキャッシングを利用する際、ご自身は限度額の3倍の年収でなければいけません。

つまり、最高限度額500万円なら年収1,500万円最高限度額800万円なら年収2,400万円が必要となります。

日本はもともと不況に苦しみ、40代・50代は就職氷河期で正社員になれないまま、非正規で低所得者にあえぐ人も多い状況でした。

それに加え近年の「新型コロナウイルス感染症」パニックで、経済の大混乱を招き収入の激減する方々が続出しています。

そのため最高限度額を借り入れられる方々は、ほんの僅かと言わざるを得ません。

(※)総量規制:貸金業法で定められた貸金業者から借りられる総額の上限規制のことです。借入を希望する人の年収1/3以内に、借入金額が限定されることを法定しています。銀行の場合、貸金業者にあたらないので対象外です。ただし、それと似た制約をほとんどの銀行が設定しています。

注意

最高限度額で契約できれば金利は3%前後になるが、最高限度額で契約できる人は僅かである。

金利の安いキャッシング会社の注意点

金利の安いキャッシング会社の注意点

安いキャッシング会社には一長一短があるということですね。
利用の際はデメリットも確認しなければ。
それでは、金利の安いキャッシング会社の注意点も教えて欲しいです。

ここでは、金利の安いキャッシング会社の2つの注意点を紹介していきます。

最高金利を確認する

キャッシング会社を選ぶときは、ご自身のリスク管理を踏まえ、現実的に最高金利をチェックする方が大切です。

前述したように最も安い金利の利用は、一部の方々のための利用と割り切っておいた方が良いでしょう。

そのため、最高金利に注目して契約をした方が無難です。

なぜなら、限度額がご自身の希望より大きく下がったケースでも、最悪どのような金利が適用されるか容易に予測できるからです。

万一、最高金利が適用されケースで返済計画を立てれば、事前の準備ができているので、返済遅延・滞納というリスクは大きく軽減されるはずです。

ちなみに、ご自身に最高金利が適用された場合、返済が難しいと感じた時は、最初からキャッシング会社選びをやり直す必要があるかもしれません。

やはりリスク管理という観点から、キャッシング会社の最高金利をチェックするのが最も重要です。

注意

キャッシング会社の定める最も高い金利を確認して、その金利で返済が出来るかを考えるのが無難である。

遅延損害金もチェックする

遅延損害金とは、キャッシング会社側との間で合意した返済期日が経過し、滞納した場合に加算されるお金のことです。

いわゆる「損害賠償金」です。

遅延損害金については契約締結時、契約の内容に盛り込まれていたり、担当者から説明を受けたりします。

また、ホームページ等に明記されていることが多いです。

遅延損害金は通常の金利と性質が異なり、滞納へのペナルティとして、返済日翌日から加算されます。

遅延損害金の割合は19.0%~20.0%程度となります。

通常の利息よりもかなり高い割合で設定されています。

利用者が少しでも滞納したままだと、あっという間に遅延損害金額が膨れ上がります。

こんなことにならないよう、返済期日を誠実に守ることが大切です。

注意

返済が滞った場合などに適応される「遅延損害金」の割合をしっかりとチェックしておく必要がある。

金利の安いキャッシングによくある質問

金利の安いキャッシングによくある質問

安いキャッシング会社についてお聞きする内に、いろいろな質問が出てきました。
いくつか質問よろしいでしょうか。

こちらでは、安いキャッシング会社の良くある4つの質問について解説します。

金利の安いキャッシングによくある質問
  1. やはり正社員じゃないと借りられない?
  2. 専業主婦(専業主夫)は無条件で審査落ち?
  3. 無利息期間があれば安心?
  4. キャッシングの際の必要書類は?

やはり正社員じゃないと借りられない?

自営業の方々はもとより、派遣社員やパート・アルバイト等をしている方々でも、安定した収入があれば申込は可能です。

とはいえ、問題なのが安定した収入の基準です。

安定した収入としてカウントされるのはいつからなのか、就いている仕事の内容で異なるのか、毎月の収入はどのくらいが該当するのか等、具体的な基準はどんなキャッシング会社も開示していません

それでは、正社員並みの給与額等でなければ利用が無理なのかといえばそうではありません。

月収数万円のアルバイトの方でも、お金を借りられたケースはあります。

また、働き始めたばかりの方々でも、継続して勤務する意思があれば借り入れできる可能性もあると言われています。

とはいえ、キャッシング会社の審査基準は一律でなく、そのハードルは違っています。

そのため、「この会社の審査では落ちても、あの会社の審査ならラクラク通った」という場合も少なくありません。

MEMO

審査基準は会社によって異なり、審査基準の開示もされていないため、一概に安定収入の有無で判断できない。

専業主婦(専業主夫)は無条件で審査落ち?

残念ながら、専業主婦(専業主夫)の場合は融資を受けられないと明記しているキャッシング会社が多いです。

しかし「配偶者貸付制度」を利用すれば、専業主婦(専業主夫)でも融資が受けられることもあります。

配偶者貸付制度とは?

配偶者貸付制度とは、申込者(専業主婦または専業主夫)と配偶者の収入を合わせた情報でカードローンの審査を行う制度です。

配偶者貸付制度を利用すれば、ご自身の配偶者に安定した収入がある場合は、ご自身が未収入であっても審査に通る可能性があります

配偶者貸付制度を使用する際の必要書類は次の通りです。

  • 婚姻証明書
  • 配偶者の同意書
  • 配偶者の収入証明書(ご自身の収入がある場合も添付)

配偶者貸付制度の注意点

配偶者の同意が必要であっても、契約者は本人(専業主婦または専業主夫)のみです。

また、現在のところ事実婚(法律婚でない)カップル・同性カップルは利用不可能です。

配偶者貸付制度を利用したい方々の中には「在籍確認の電話が、配偶者の勤務先に掛かってきたら迷惑になるのでは」と、心配する人もいることでしょう。

しかし、基本的に配偶者の勤務先にキャッシング会社が電話を掛けることはまずありません

あくまで、申し込みを行った本人(専業主婦または専業主夫)に対して電話がかかってきます。

とはいえ、本制度では配偶者情報も審査されます。

そのため、まれに配偶者の勤務先へ電話が掛かってくることもあり得ます

このような可能性もあることは留意しておくべきです。

MEMO

基本的に配偶者の勤務先などに連絡が来ることはないが、希に確認の為に連絡をする事もある。

無利息期間があれば安心?

前述したようにキャッシング会社では、全ての会社と言えないものの、無利息期間を設けて金利のかからないユニークなサービスを展開しているところもあります

このようなサービスを利用すれば、お得に安心してお金が借りられることでしょう。

この期間は30日間が最も多く、1週間や15日、中には200日近い期間を設けているキャッシング会社もあります。

ただし、無利息期間利用の条件もキャッシング会社ごとに様々です。

最も多いのが初回のみの利用に限定される場合です。

中には何回も無利息期間が利用できるキャッシング会社もあります。

しかし「前の借入金完済から、〇ヶ月経過後」と条件付きで認められています。

無利息期間を利用したい場合でも、各キャッシング会社の条件をよく確認して申し込みましょう。

MEMO

無利息期間を利用する事で、安心して借入をすることが出来るが、無利息期間の設定は会社によって異なるので、期間・条件の確認は必須である。

キャッシングの際の必要書類は?

キャッシングを利用したい場合、店舗での申込なら必要な書類は次の通りです。

必要書類:本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード

など

基本的に上記のいずれかの書類は必ず提示します。

一定の場合に提出する書類:収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

上記のいずれかの書類も必要です。

ただし、キャッシング会社で必ずしも要求される書類ではなく、自社のキャッシングを利用限度額が一定額を超える他の貸金業者からの借入総額が一定額を超える就業状況の確認で必要となった場合等に限定されます。

利用限度額や借入総額に関しては各社で基準が異なってきます。

また、WEB契約の場合ならば、必要書類をスマートフォン等で撮影し、その画像を添付して送信しても手続きが可能です。

金利安い キャッシング|まとめ

金利安い キャッシング|まとめ

金利の安いキャッシングは魅力的ですが、借金であることに変わりがなく、返済が遅れれば遅れるほど利息は増えていきます。

無理な借入は後々、ご自身に大きな負担となって返ってくることは把握しておくべきです。

キャッシング会社で非常に借入しやすいシステムは数多く採用されていますが、衝動的な借入は避け、事前に返済計画を立てた後に利用を申し込みましょう

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する