横浜銀行のおまとめローンはどう?審査に通るコツまで徹底解説!

横浜銀行のおまとめローンってどんなものだろう?」「審査は厳しいのかな?

横浜銀行では借りたお金を1つにまとめることができる「おまとめローン」を利用できます。

厳密には「おまとめ」ローンというサービスは行なっていませんが、横浜銀行カードローンをおまとめローンのように利用できます。

便宜上、ここでは「横浜銀行おまとめローン」と呼びます。

本記事では、横浜銀行のおまとめローンの概要や、審査に通るコツまで徹底解説します。

横浜銀行おまとめローンを利用しようと考えている方は、参考にしてください。

横浜銀行のおまとめローンは…
  • 借り入れ金額が最大1,000万円なので「おまとめローン」に向いている
  • 年金利1.5%〜14.6%と消費者金融より安いので「おまとめローン」に向いている
  • Webで24時間365日いつでも申し込める
  • 最短翌日に融資可能
  • 横浜銀行カードローンの審査は厳しめ
  • 即日融資なら消費者金融がおすすめ
  • 消費者金融にもおまとめローンがある
  • 数ある消費者金融の中でも、おすすめなのはアイフル!
  • アイフルなら、初回30日間に限って金利0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

横浜銀行おまとめローンの基礎情報

まずは横浜銀行カードローンの概要を確認しましょう。

横浜銀行カードローンの概要は以下の通りです。

横浜銀行カードローンの概要

お借入限度額 10~1,000万円(10万円単位)
利率 年1.5~14.6%
契約期間 1年(1年ごとの自動更新)
※満70歳以降はあらたなお借入れはできません。ご返済のみのお取引となります。
担保・保証 なし
借り換え対象 金融機関からの借り入れ
返済方法 残高スライド方式

横浜銀行は神奈川県横浜市に本店を置くコンコルディア・フィナンシャルグループ傘下で、日本最大の地方銀行です。

神奈川県だけでなく東京にも多くの支店があるため、数多くの方が利用しています。

横浜銀行カードローンはお借限度額が10~1,000万円(10万円単位)と高く、おまとめローンに適していることが分かります。

>>>横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行カードローンに
無料登録する

横浜銀行おまとめローンの特徴

横浜銀行カードローンは「おまとめローン」と呼ばれるサービス自体は行なっていません。

ですが、お借入限度額が高いためリボ払いや他のローンをまとめて一本化するのに向いています。

横浜銀行おまとめローンの特徴をみていきましょう。

カードローンでおまとめできる

横浜銀行はお借入限度額が高いので「おまとめ」に向いているカードローンです。

横浜銀行は「おまとめローン」という一本化のための融資は行なっていませんが、10~1,000万円(10万円単位)までの借りることができる大型のローンです。

ですから、横浜銀行カードローンを利用することで実質「おまとめローン」と同じ使い方が可能です。

横浜銀行カードローンの公式Webでも、しっかりと「おまとめすることが可能」と表記されています。

>>>横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行カードローンに
無料登録する

金利が低い

横浜銀行がおまとめローンに向いている理由の一つに、金利の低さが挙げられます。

横浜銀行カードローンの金利は年金利1.5%〜14.6%です。

横浜銀行カードローンの金利

利用限度額 適用利率
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

例えば横浜銀行カードローンで200万円借りた場合の年利は11.8%です。

利用限度額が高いほど金利が低くなります。

この金利が高いのか低いのか分からない!!

そんな方のために、消費者金融の金利と比較してみましょう。

横浜銀行カードローンと消費者金融の金利比較

借り入れ先 金利
横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6%
アイフル 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%〜17.8%
モビット 年3.0%〜18.0%
アコム 年3.0%〜18.0%

横浜銀行カードローンの金利は年1.5%~14.6%です。

消費者金融は金利が高い…ですが、別のメリットがあるります。

それについて、後半で!

審査結果が早く出る

横浜銀行カードローンは審査結果が早く出ます。

おまとめローンとして利用できるカードローンは24時間いつでもWebから申し込みができます。

審査結果は最短翌日!

来店不要で申し込みができるため、家にいながら最速で融資を受けることが可能です。

ローンカードが届く前に融資が可能ですから、とにかく早く融資して欲しい人にはぴったりです。

>>>横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行カードローンに
無料登録する

地域限定

横浜銀行は地方銀行です

ですから、申し込みできる地域が限定されています。

利用できるのは以下の地域お住まいの方か、勤務している方です。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県前橋市
  • 群馬県高崎市
  • 群馬県桐生市

地域が限定されている点は注意しましょう。

該当地域外の方は他の銀行か消費者金融のおまとめローンを検討しましょう。

横浜銀行おまとめローンの申し込み手順

ここからは横浜銀行おまとめローンに申し込みする手順を解説します。

以下はカードローンを申し込む手順です。

横浜銀行おまとめローン申し込み手順

手順1:申し込み

大前提として横浜銀行おまとめローンを利用する場合はWebから申し込みのが最も最速です。

横浜銀行カードローンの公式Webにアクセスし、「申し込みはこちら」と書かれたバナーをクリックします。

いくつかの質問と同意確認をし、必要事項を記入したら申し込み完了です。

横浜銀行の口座をお持っていなくても申し込みはできます。

ですが、審査後、契約までの間に口座を開設しなければいけません。

口座開設は店頭以外に、横浜銀行口座開設アプリでも利用できます。

手順2:審査・結果連絡

ここから審査が入ります。

審査は最短で申し込みの翌日に終わります。

指定した電話番号(自宅・携帯・勤務先)に審査結果の連絡が入ります。

受付時間等によって審査が長引くこともあります。

手順3:契約手続き

審査を無事通過したら、契約手続きに入ります。

Webでの契約に関するお知らせは、SMS(ショートメッセージサービス)で送られてきます。

横浜銀行の口座を持っている場合は、契約手続きを全てWebで完結できます。

  • 郵便:自宅届いた書類に記入して返送
  • FAX :Webより書類をダウンロードしてFAX
  • Web:専用サイトへのアクセスし手続き

手間やスピードを考えるとWeb一択です。

横浜銀行おまとめローンを契約する前に、横浜銀行の口座をアプリで作っておきましょう。

手順4:カード発行(利用開始)

ローンカードが手元に届いたら利用開始できます。

ローンカードが届くまで待てない!

そんな方は、ローンカードが届く前に希望の金額を伝えれば、返済口座へ振り込みしてもらうことも可能です。

契約手続きの時間によっては、振り込みが翌平日窓口営業日となる点は注意しましょう。

横浜銀行おまとめローンの必要書類

横浜銀行おまとめローンの必要書類はどんなものでしょうか?

以下のものを用意しましょう。

横浜銀行おまとめローン必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(条件あり)

本人確認書類が必要です。

本人確認書類とは、名前、住所、生年月日が掲載されているものです。

本人確認書類
  • ご本人確認書類

・運転免許証
・パスポート(住所記入欄があるもの)【顔写真および住所記載のページ】
・パスポート(住所記入欄がないもの)【顔写真ページ】+住民票または公共料金等の領収書の写し*¹
・健康保険証*² + 住民票または公共料金等の領収書の写し*¹
・マイナンバーカード(個人番号カード)【表面のみ】
・在留カード・特別永住者証明書
※1)現住所の岸あがあるもの
※2)お名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型の場合は表面・裏面の両面

  • 収入証明書

・源泉徴収票
・納税証明書(税務署の発行印があるもの)
・確定申告書(税務署の受付印があるもの)
・住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

横浜銀行おまとめローンの審査基準

横浜銀行おまとめローンで気になるのが審査基準です。

ちなみに、SMBCコンシューマーファイナンス(株)が保証しますので、担保・保証人とも不要です。

結論として、横浜銀行おまとめローンの審査基準は公表されていません。

横浜銀行カードローンの公式Webでは借入可能かをシミュレーションできます。

横浜銀行カードローン

 

年齢30歳、年収500万円、お借入件数1件の場合の結果は…。

横浜銀行カードローン

借入が可能のようです!

一度試してみるのが良いでしょう。

どこでお金を借りる場合でも以下のような箇所を審査されることが多いです。

横浜銀行おまとめローン審査基準
  • ブラックリストに入ってないか
  • 年齢は条件内か
  • 借入件数が多くないか
  • 年収と借入のバランスは良いか
  • 勤続年数
  • 雇用形態

ブラックリストに入ってないか

ブラックリストに入っている場合は審査に落ちる可能性が高いです。

他社で金融事故や長期延滞などがあった場合は審査に落ちる可能性があります。

ブラックリストは返済完了後、約5年間は残ると言われています。

年齢は条件内か

横浜銀行おまとめローンを利用する条件に年齢があります。

契約時満20歳以上69歳以下の方が対象のため、それ以外の方は借りることが出来ません。

借入件数が多くないか

借入件数が多い場合も審査に落ちる可能性があります。

当然借入件数が少ない方が審査に通りやすいです。

シミュレーションしてみた結果、借入件数が4件以上の場合は審査に通らない可能性が高いです。

年収と借入のバランスは良いか

銀行のローンは総量規制の対象外です。

ですが、借入金額が年収の3分の1以上であったり、年収と借入金額のバランスが悪いと審査に通らない可能性が上がります。

勤続年数

勤続年数も審査の基準になることがあります。

勤続年数が1年未満の場合は審査に落ちる可能性が高いです。

雇用形態

横浜銀行おまとめローンを利用する場合、以下のような条件があります。

  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
  • パート・アルバイト
  • 年収には年金を含む
  • 学生の方は不可

主婦の方やパートやアルバイトの方、年金生活の方も利用できます。

雇用形態はそこまで審査に影響しないでしょう。

ただし、おまとめローンを利用する場合は高額な借り入れになるでしょう。

そういった場合は正社員の方の方が有利になる可能性が高いです。

また、学生は利用できない点は注意しましょう。

>>>横浜銀行カードローンの公式サイトはこちら<<<

今すぐ横浜銀行カードローンに
無料登録する

おすすめの消費者金融

最後に横浜銀行おまとめローン以外でおすすめの消費者金融を4つ紹介します。

横浜銀行カードローンの審査が不安な方は以下も検討してみてください。

消費者金融のメリット
  • 即日融資が可能
  • 審査が比較的通りやすい
  • 収入証明不要の場合あり
  • 電話での在籍確認不要の場合あり
  • 無利息期間を設けている場合も

消費者金融では即日融資が可能なものあります。

また、銀行系カードローンよりも審査が通りやすい場合も。

さらに、収入証明不要だっだり電話での在籍確認を書類提出に置き換えてくれる消費者金融もあります。

「最初の30日間は利息ゼロ」などの無利息期間を設けているのもメリットです。

消費者金融も「おまとめローン」を展開しています。

おすすめカードローン会社4選

これら4社について、1つずつみていきましょう。

アイフル

アイフルの特徴
  • Web申込なら最短25分融資
  • はじめてなら最大30日間無利息
  • 収入証明書類が原則不要
  • おまとめには「おまとめMAX」「かりかえMAX」

アイフルの特徴は全ての手続きがWEBで完結し、融資まで最短25分・即日融資が可能な点です。

アイフルはアプリからの利用で24時間いつでも対応してくれます。

はじめての利用なら最大30日間無利息な点もメリットです。

アイフルにはおまとめMAX・かりかえMAXが用意されています。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

プロミス

プロミスの特徴
  • Web申込で来店不要
  • 最短30分審査&最短30分融資
  • 最大30日間無利息
  • 収入証明書類が原則不要
  • おまとめローンは最大300万円まで

プロミスは「2021年オリコン顧客満足度調査」の「ノンバンクカードローン部門」において1位を獲得した実績があります。

三井住友銀行をはじめとしたSMBCグループが運営しているため安心して利用できます。

申込みから最短で30分程度で審査が完了し、最短1時間(即日)で利用も可能です。

おまとめローンは300万円まで融資可能です。

18歳や19歳の方は収入証明書が必要かつ契約に至りづらい可能性があります。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録する

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申し込み条件 ・18歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

アコム

アコムの特徴
  • 審査通過率が高くはじめてでも安心
  • 最短30分審査で即日融資
  • 最大30日間無利息
  • 収入証明書類が原則不要
  • 借換え専用ローンあり

アコムも、大手消費者金融会社の1つです。

アコムは、カードローン会社を選ぶ際、知名度からか1社目に選ばれることが多いのが特徴です。

アコムの特徴は、審査通過率の高い点にあります。

1社目に選ばれているというのもその要因であり、スピード感・利便性ともに信頼のおける会社です。

複数のローンを借入中の場合、借換え専用ローンを活用することで毎月返済金額・金利負担を軽減できます。

18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。

また、収入証明書のご提出が必要となりますので、ご準備をお願い致します。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

今すぐアコムに無料登録する

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 ・成人以上
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要 ※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能 ※在籍確認が行われる可能性があります

モビット

モビットの特徴
  • 電話連絡不要で在籍確認可能
  • 大手SMBCグループが運営しているから安心
  • カードレスにより最短即日融資
  • 収入証明書類が原則不要
  • おまとめローンはないがカードローンで代用可能

モビットも有名なカードローン会社の1つですね。

モビットは、三井住友銀行のATMなら手数料が無料になるという大きな特徴があります。

返済時に200円ごとにTポイントが1ポイント貯まるとります。

貯まったポイントは返済にも使えるため、高額な借り入れをする場合は大きなメリットになります。

SMBCモビットにはおまとめローンはありませんが、通常のカードローンで一本化するは可能です。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

今すぐSMBCモビットに無料登録する

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
保証人 不要
担保 不要
WEB完結 可能

横浜銀行おまとめローンを利用して一本化しよう!

横浜銀行おまとめローンの金利は、消費者金融などよりも低く設定されています。

複数の場所からの借金を1本化することで、利息を減らすことはもちろん、返す手間も減ります。

横浜銀行おまとめローンで借り換えをして、複雑の返済をシンプルにしましょう。

「横浜銀行おまとめローン」ざっくり言うと…
  • 借り入れ金額が最大1,000万円なので「おまとめローン」に向いている
  • 年金利1.5%〜14.6%と消費者金融より安いので「おまとめローン」に向いている
  • Webで24時間365日いつでも申し込める
  • 最短翌日に融資可能
  • 横浜銀行カードローンの審査は厳しめ
  • 即日融資なら消費者金融がおすすめ
  • 消費者金融にもおまとめローンがある
  • 数ある消費者金融の中でも、おすすめなのはアイフル!
  • アイフルなら、初回30日間に限って金利0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録する

おすすめカードローン会社4選