医師の転職理由ランキングベスト10|転職したい人の背景、コロナ流行が原因?

仕事が激務過ぎて辞めたい…

もっと医師としてキャリアアップしたい…

医師はどういう理由で辞めるの?

仕事内容、家庭事情、人間関係など、医師の転職理由はさまざまですが、どういった理由で転職をする医師が多いのでしょうか?

また、過酷な仕事の中で一度は転職を考えたことがある医師は多いのではないでしょうか?

それでは、医師が転職する理由をご紹介します。

この記事を最後までお読みいただき、参考にしてください。

以下は医師転職におすすめの転職サイトです。

医師_おすすめ_転職サイト_マイナビDOCTORマイナビDOCTOR 求人数 約40,000件
【常勤希望の医師におすすめ】
・他社にはない非公開求人が豊富
・大手人材会社のマイナビが運営
・医療機関の取引先は20,000件以上
>>>マイナビDOCTORの詳細
医師_おすすめ_転職サイト_エムスリーキャリアエムスリーキャリアエージェント 求人数 約35,000件
【年収やスキルアップしたい医師におすすめ】
・転職希望医師の登録実績No.1
・年収など労働条件の交渉力が高い
・非公開求人数も多数掲載
>>>エムスリーキャリアエージェントの詳細
医師_おすすめ_転職サイト_医師転職ドットコム医師転職ドットコム 求人数 約40,000件
【常勤希望の医師におすすめ】
・医師転職支援50,000名以上の実績
・満足度93.4%と対応の丁寧さに定評あり
・業界最大級の求人数
>>>医師転職ドットコムの詳細
医師_おすすめ_転職サイト_リクルートドクターズキャリアリクルート
ドクターズキャリア
求人数 約16,000件
【非常勤・スポット希望の医師におすすめ】
・医師支援歴40年と情報力と経験が強み
・非常勤やスポット求人も豊富
・非公開求人数は10,000件以上
>>>リクルートドクターズキャリアの詳細
医師_転職サイト_民間医局_ロゴ民間医局 求人数 約20,000件
【非常勤・スポット希望の医師におすすめ】
・医療機関との調整から交渉まで代行
・UターンやIターン転職にも強い
・あなたの希望に最適な求人を提案
>>>民間医局の詳細

※本記事に掲載されている求人数は2022年5月4日時点の情報です。

医師の転職理由ランキングベスト10|転職したい人の背景、コロナ流行が原因?

医師_転職理由_ランキング10

それでは、ここからは医師の転職理由ランキングベスト10を紹介します。

そして、以下が医師の転職理由です。

では、こちらの転職理由を1つずつそれぞれ紹介していきます。

医師の転職理由1位:激務

医師の転職理由で一番多いのは、激務であることです。

また、医師は基本的に激務な職業です。

特に激務な医師
  • 外科医や麻酔科医などの外科手術の際に必要になる医師
  • 循環器科医や消化器医などの急を要する処置を行わなければ患者の生命に直結する科
  • いつ分娩が始まるか分からず帝王切開の可能性もある産婦人科

外科医だけでなく医師全般は、一般人が考えている程良い待遇を受けているわけではありません。

それにもかかわらず、開業医でない限り、勤務に見合う給料は貰えないのです。

日常の勤務に加え、学会への出席、臨床、論文の作成などがあるにもかかわらず、当直もあるため、休みはほとんどありません。

これらを思うと外科医とはやはり相当な激務だと言えます。

このように医師に負担がかかりすぎているのが日本の医療現場の現実なのです。

実際に、厚生労働省が公表している「医師の働き方改革について」という資料によれば、過労死ラインとされる月80時間の残業をしている医師が全体の約40%となっていることがわかります。

どのくらい激務であるかは診療科や病院によっても異なるため、転職することによって、この問題が解決することが可能です。

医師の転職理由2位:収入を増やしたい

医師の転職は、収入を増やしたいという理由が少なくありません。

医師に関係なく、金融機関のローンなどの審査は年収によって変わります。

そのため、住宅などの購入を検討する際に年収について改めて考える人が多い印象です。

収入を増やしたいと考える場合、より給与水準の高い病院に移ればいいと考える医師が多い傾向にありますが、病院によって内情が異なるため、注意が必要です。

働く病院によって給与や平均年収にバラつきがあるのです。

●一般病院

国立 平均1,431万
公立 平均1,513万
公的 平均1,433万
社会保険関係法人 平均1,469万
医療法人 平均1,640万
個人 平均1,640万
その他 平均1,490万

●一般診療所

個人 平均1,079万
医療法人 平均1,054万

つまり、医師は他業種に比べて年収に大きく差がつきやすいということになるのです。

満足度の高い転職をするには、内情をよく把握するための情報収集が欠かせません。

医師の転職理由3位:キャリア、スキルアップをしたい

専門医資格の取得をしたい
専門医としてのより高度な症例を学び、スキルや経験を得たい

といったキャリアアップを目的に転職を希望する医師もいます。

このような場合、専門医資格取得の環境が整っていたり、指導医が在籍していたりする病院へと転職するのが一般的です。

また、大学病院や国公立の病院など、その地域の基幹病院に転職するのが基本となります。

様々な症例が経験できる環境が整えられているうえ、指導医も確実に在籍しているのです。

一方で、将来開業したいと考えている医師は、小規模な病院で働き、病院経営の実態を知るために転職を検討している傾向が見られます。

なぜなら、大規模な病院や大学病院では、経営のノウハウを学ぶことができないからです。

また、開業をしたいと考えている地域の近くにある総合病院とのつながりを作る目的で転職をする医師も多いようです。

医師の転職理由4位:企業勤務したい

臨床医が臨床以外の場で活躍したいと思い、製薬メーカー(製薬企業)CRO(医薬品開発業務受託機関)への転職を目指すことはよくあります。

全国の医師の9割以上は医療機関で臨床医として勤務しています。

もちろん、それ以外の職場で活躍する医師も存在します。

医療機関以外の職場
  • 労働者の心身の健康管理を行う産業医
  • 介護老人保健施設での勤務
  • 製薬会社で医学的な見地から業務に携わる医師
  • 公的機関(保健所など)
  • 地方衛生研究所などの研究機関や省庁・都道府県庁などで、医学的知見から研究・医療行政を担う医師

医師は臨床現場だけでなく、様々な分野で必要とされる職種なのです。

医師の転職理由5位:待遇に不満

厚生労働省の「平成29年 賃金構造基本統計調査」によると、職業別の平均年収の第1位は医師で、その額はなんと約1,232万円です。

このように他の職業と比べると医師の年収は高いですが、その分、人の命を預かる責任の重い仕事です。

神経をすり減らす毎日が続くので、医師が高年収を得られるのは当然でしょう。

一方、職責に比べて給料が低い、激務なのに給料に反映されないなど、待遇に不満を抱く医師は多いです。

また、病院の方針の変更により、自分のやりたいことが出来なくなってしまったという医師も少なくはないのです。

どういうことかというと、

数多くの手術をこなして症例をたくさん知っていきたいと考えているのに手術を控えるように指示されてしまった・・・
経験を積みたいが症例数が少ない・・・
これまではなかった救急や当直を任されてしまうようになった・・・

といったケースです。

医師として我慢をしながら働くことによって体への負担だけでなく、精神面での負担の増加、有意義な時間の使い方ができない、などといったさまざまな影響が出てしまうと思います。

医師の転職理由6位:人間関係に疲れた

医局というものは、上下関係が明確なことが多いです。

生死と隣り合わせの医療現場はストレスやプレッシャーが多いこともあり、仕方がないのかもしれません。

また、どんな病院であっても人間関係は存在します。

人事権を持っている医局長とうまくいかなくなり、仕事がしづらくなってしまった
経験の長い看護師さんたちが指示に従ってくれず苦労している

などといった悩みを抱える医師や

窮屈になって転職を考える医師、看護師や理事長とのトラブルなどが原因で転職を考える医師も少なくありません。

そして、人間関係は上司や看護師といった医療関係者だけではなく、患者さんとの人間関係も良好に築いていかなければなりません。

このように、医師はさまざまな立ち位置、価値観を持つ人と関わることになるため、相手の立場や考え方に配慮するうちに疲弊してしまうこともあるでしょう。

そのため、人間関係による疲弊が転職理由として考えとなる人が多いのです。

医師の転職理由7位:QOLを上げたい

医師は患者さんのQOLを支える職業である一方で、自身のQOLも向上させながら働く動きが高まってきています。

そして、QOLの向上には、ワークライフバランスの実現が鍵になります。

医師のワークライフバランス実現を妨げている原因のひとつが、長時間労働です。

労働時間や病院での業務形態は、勤務する診療科によっても大きく異なります。

そのため、給与よりも、普通の人間らしい生活を送りたいという理由で転職をする医師もいます。

医師の中には、

家族との時間を最優先にしたい
そろそろ地元に戻り腰を落ち着かせたい
これまでフルで働いてきたので自分の時間が欲しい
年老いた両親の面倒を見たい

転職をしたことで、時間や心にゆとりを持てた、という人も少なくありません。

また、子供と一緒に出かけることが増えた、という人もいます。

医師の転職理由8位:移住の関係

家庭環境の変化、結婚や離婚、親の介護、子供の進学などで遠方に引っ越すことになった場合、移住を転職理由に転職する医師も少なくありません。

また、

生まれ育った土地で勤務したい
実家の跡継ぎとして戻らなければならない
地方医療に貢献したい

などといった理由で、都会から地方に移住をするために転職を考える医師もいます。

医師の転職理由9位:出産、育児

職業を問わず、働く女性にとって、妊娠育児はキャリアプランの変更を考えるきっかけになりやすい大切なイベントです。

それが体力的にも精神的にもハードな勤務環境に置かれている女性医師であればなおさらです。

常勤医として働いて出産や育児に影響が出るなら、就業時間や就業内容が定まっている非常勤医に転職をするといった考えの医師も少なくありません。

それから、子育て中の医師の転職理由には、いくつかの共通点があります。

そのうちの一つが、「他のスタッフへの遠慮」です。

病院が時短勤務や当直・オンコールの免除を認めていても、当の医師は周囲に負担がかかることに心苦しさを感じる場合があるのです。

また、子育てをしながら仕事をすることへの理解が十分でない職場も、厳然として存在します。

そのため出産後は、時短勤務が可能な医療機関や、残業や当直がない施設へ転職するといった傾向があります。

医師の転職理由10位:医師以外の仕事がしたい

医師転職には医師以外の仕事がしたいという理由もあります。

実際に、以下のようなツイートが見られました。

医師になるためには、難易度の高い医学部に合格し、6年間にもわたって医学部で知識や経験を積み、難易度の高い国家試験を経て、医師免許を取得する必要があります。

そのため、医師は人から尊敬される職業ですし、他の仕事よりも高い収入を得ることが出来ます。

しかし、なかなか腕前や実力を認めてもらえず、日々ストレスを抱えている医師の方は多くいらっしゃることでしょう。

医者を辞めて医師以外の職に就きたいという理由で転職する人は少なくないです。

しかし、研修中の若手の医師が、自分は医師には向いていないという理由で転職する事例はあります。

また、医療ミスなどのプレッシャーから医師として働くことを辞めたいと考える医師もいます。

番外編|コロナ事情や転職時のポイントあれこれ

医師_転職理由_ポイント

こちらでは、転職するにあたって、現在のコロナ事情と、転職時のポイントについて紹介していきます。

コロナ減給も?職探しをする前に知るべき傾向

新型コロナウイルスで、医療や介護の働き手への待遇が悪化しています。

感染対策のコストがかさみ、患者や利用者が減って経営が揺らいでいるためです。

実際に医師、看護師らの給料や一時金が下がるケースが続出しています。

例えば愛知県の病院が、医師を除く職員の夏の一時金を前年実績の2カ月分から半減させることを検討しているという事例や、神奈川県の病院が夏の一時金カットに加え、定期昇給の見送りや来年3月までの役職手当の2割カットなどを検討している事例もあります。

さらには、職員の夏の一時金を、当初想定していた額の3分の1に引き下げる病院もあるなど新型コロナウイルスによる影響が顕著に表れています。

このようなご時世の中で、勤務形態だけはなく、給料、ボーナスにも影響しているということは、頭の片隅には入れておくと良いでしょう。

転職時に気を付けたい後悔しないためのポイント

転職した医師たちが情報収集で活用したものとして、「同僚や知人、友人からの情報」、次いで「民間の紹介会社からの情報」が多いようです。

知人などからの生の情報は貴重ですが、その情報が必ずしも正しいわけではないのです。

契約上、事前情報と異なる点がないかも確認をするべきです。

ほかにも、学会参加費用の補助の有無、雇用保険の有無などといった福利厚生も確認をしましょう。

勤務内容に関しては、勤務日数・時間、休日出勤や残業の頻度、当直の回数など、詳細を把握しましょう。

条件がほかの医師たちと異なると、歩調を合わせて当直や休日出勤せざるを得ないなどの例もあるので、その点も知っておく必要があります。

また、育児や介護に際して時短勤務が可能かなども確認しておくとよいと思います。

施設の将来性や今後の経営方針、体制変更の可能性などは自身の働き方に直結します。

どんな環境で働けるか、結論を急がず選択することが重要です。

いま、転職したほうがいい医師の特徴とは?

医師_転職理由_特徴

ここからは転職したほうがいい医師の特徴について紹介していきます。

先生の転職は医師転職サイトを活用すると、より効率的に進めることができます。

激務によって心身に不調をきたしている人

過酷な勤務状況によってストレスを抱えてしまっている人、睡眠時間がなかなか取れず、ちゃんと眠れていない人などには転職をおすすめします。

医師は、いつでも駆け付けられるようにオンコール体制であるケースがほとんどなので、自宅にいても常に気にかけなければなりません。

そのため、なかなか休まらず、体調を崩す頻度が高い人も少なくありません。

その勤務状況を改善することが難しいようであれば、転職をして今よりも良い環境での勤務を視野に入れることも大事です。

勤務時間の割に給与が少ない人

医師は他の仕事と違って、サービス残業が多くなってしまう傾向にあります。

診察時間が長引いてしまうケース、始業前から仕事の準備としてカルテや看護記録などの準備、患者さんの状態チェックしなければならないケース、など理由は様々です。

また、ランキングの方でも申し上げましたが、患者の診療以外にもやらなくてはならないことがあります。

たとえば、学会発表、論文執筆、人によっては専門医試験の受験などがあり、多忙になる傾向にあります。

そのような状況下で働く際、給料は大きなモチベーションのひとつです。

現在の病院の勤務時間が長く、その割に合わないような給与の場合は、転職することも考えてみるべきだと思います。

自分のキャリアプランが現職で叶えられない人

医師の中には、将来的には開業医や専門医として活躍していきたい、といったキャリアプランを考えている人はもちろんいますよね。

しかし、現職でそのキャリアプランを叶えられないケースも多いです。

開業医を目指すなら、医師としてだけではなく、経営する力も学べる環境が望ましいです。

一方、専門医を目指すのであれば、その分野に特化した技術や知識を学べる環境のほうが良いですよね。

そのため、自分のキャリアプランに合った環境に変える、ということは重要なことです。

転職したい医師におすすめのサイトベスト3

医師_転職理由_おすすめサイト

・いざ、転職するとなっても、どの転職サイトを利用すればいいのか分からない・・・

・評判が良く信頼できる転職サイトを使いたい!

このようなことは転職を考えている医師の誰しもが考えるのではないでしょうか。

どの転職サイトなら自分にあった転職先を選べるのかわかりづらいですよね。

転職は将来の生活に影響するので、雑な転職サイト選びはおすすめできません。

ここでは、転職したい医師におすすめの転職サイトを解説していきます。

医師におすすめの転職サイトベスト3

転職したい医師におすすめのサイト1位:マイナビドクター

マイナビドクター

出典:マイナビDOCTOR公式

まず転職したい医師におすすめのサイト1位はマイナビドクターです。

マイナビドクターの特徴

✔対応地域は全国
✔あらゆる医療機関と強いコネクション
✔面接同行サービスがある
✔条件交渉をしてもらえる
✔求人票にはない情報を教えてもらえる

マイナビドクター」は、株式会社マイナビが運営する厚生労働大臣認可の医療業界に特化した医師転職サイトです。

取引している医療機関の数は2,000件以上あり、他社と比較しても豊富な求人数を誇っています。

そして、対応地域は全国なのはもちろんですが、あらゆる医療機関と強いコネクションを持っているので、安定した交渉力があります。

また、医療圏や医局、症例数など、医師としては把握しておきたい情報を提供してくれます。

ちなみに、運営しているマイナビグループは40年以上の歴史があります。

転職希望者の年間利用者数は、200万人以上です。

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 約20,000件超
対応エリア 全国
費用 無料
対応科目

【内科系】
一般内科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科・内分泌、代謝内科・腎臓内科・神経内科・新栄耀内科・老年内科・アレルギー科・リウマチ科・血液内科・膠原病科
【外科系】
一般外科・消化器外科・脳神経外科・整形外科・呼吸器外科・心臓血管外科・乳腺外科・形成外科・泌尿器科・美容外科・小児外科・大腸、肛門外科
【その他】
精神科・小児科・眼科・耳鼻咽頭科・皮膚科・麻酔科・放射線科・産婦人科・婦人科・参加・人口透析科・緩和ケア科・リハビリテーション科・総合診療科・美容皮膚科・検診、人間ドック・救急、ICU・病理科・基礎医学系・スポーツ整形外科・ペインクリニック・その他

対応施設 急性期・療養・ケアミックス・リハビリ・クリニック・介護福祉施設・企業・大学病院・精神病院・その他
取り扱っている求人の種類 常勤・非常勤・スポット
受付時間 平日9:30~17:00
主なサービス 求人検索
求人提案
医療機関との交渉の代行
面接同行サービス
条件交渉

マイナビDOCTOR公式

転職したい医師におすすめのサイト2位:M3キャリア

M3キャリアエージェント

出典:M3 CAREER AGENT公式

次に転職したい医師におすすめのサイト2位はM3キャリアです。

M3キャリアの特徴

✔約90%の医師が非公開求人を利用
✔情報量が多く、交渉力がある
✔関東を中心に地方の求人を増加中
✔成功事例を掲載

「M3キャリア」は、医療経営士の資格を活用したコンサルティング業界大手グループが運営しています。

年収アップの実績が高く、交渉力に強みがあります。

また、エムスリーの転職エージェントの方は年収や勤務日数だけでなく勤務時間の交渉も一緒に代行してくれます。

27万人以上の医師が登録されている事もあり、医師の中での知名度も圧倒的に高いです。

そして、登録者数と求人数ともに業界トップクラスの転職サイトなので、希望に合った求人が全くないという事態は避けられるでしょう。

もちろん知名度だけではなく顧客満足度96,1%で総合評価1位とたくさんの医師の方からの支持も高いです。

運営会社 M3株式会社
求人数 約35,000件
対応エリア 全国
費用 無料
対応科目 【内科系】
一般内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科・血液内科・心療内科・神経内科 ・内分泌内科・ 老人内科
【外科系】
一般外科・消化器外科・脳神経外科・整形外科・呼吸器外科・心臓血管外科・乳腺外科・形成外科・泌尿器科・美容外科・小児外科・大腸、肛門外科
【その他】
精神科・小児科・眼科・耳鼻咽頭科・皮膚科・麻酔科・放射線科・産婦人科・婦人科・参加・人口透析科・緩和ケア科・リハビリテーション科・総合診療科・美容皮膚科・検診、人間ドック・救急、ICU・病理科・基礎医学系・スポーツ整形外科・ペインクリニック・その他
対応施設 一般・療養型・精神・老健・ケアミックス・クリニック・産業医(企業)
取り扱っている求人の数 常勤・非常勤・スポット
受付時間 不明
主なサービス 求人検索
求人提案
業界専門のエージェントが病院、クリニックの求人情報の収集
希少求人、新着求人の提案
年収や待遇の交渉

M3 CAREER AGENT公式

転職したい医師におすすめのサイト3位:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

出典:リクルートドクターズキャリア公式

最後に転職したい医師におすすめのサイト3位はリクルートドクターズキャリアです。

リクルートドクターズキャリアの特徴

✔情報収集、条件交渉などを代行
✔7,400件以上の求人数
✔全国5つ支社で創業30年のノウハウを提供
✔転職事例を掲載

「リクルートドクターズキャリア」は、最大手の人材会社リクルートグループの「リクルートメディカルキャリア」が運営する医師向けの転職サイトです。

抜群の知名度と30年の実績から、多くの医師がこのサービスを転職する際に利用しています。

さらに、医師転職に精通したスタッフが交渉条件を代行してくれます。

また、リクルートが提供する医師転職・アルバイト支援サービスに登録すれば、非公開求人を閲覧することも可能です。

この転職サイトのコンサルタントは、医療従事者の忙しさをしっかり理解し、転職に必要な書類や面接の日取りなどをサポートしてくれます。

その結果、転職に時間を割かれず安心して業務に励める上に、求人案内や面接への導入もスムーズなため、無駄な時間を取られません。

運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
求人数 約50,000件
対応エリア  全国
費用 無料
対応科目 【内科系】
【外科系】
【その他】
対応施設 一般・療養・精神・リハビリ・クリニック・老人保健施設・その他医療機関・製薬企業・一般企業
取り扱っている求人の数 常勤・非常勤
受付時間 平日9:30~21:00
主なサービス 求人検索
求人提案
キャリアアドバイザーによるサポート
面接同行
交渉条件を代行

リクルートドクターズキャリア公式

医師の転職理由のまとめ

医師_転職理由_まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は医師の転職理由ランキング、転職時のポイントあれこれ、転職したほうがいい医師の特徴、医師におすすめの転職サイトを紹介しました。

皆さんも、有利に転職できるおすすめ転職サイトを選んで、より好条件での転職成功を目指しましょう。

また、転職サイト毎に特徴や強みが異なるため、しっかり自分の境遇や状況を把握して、相性のいい転職サイトを使い分けていきましょう。

自分の希望に沿う勤務先を見つけて転職活動を進めていくことが望まれます。

ぜひこの記事を参考にしながら、転職サイトを上手く使って転職活動をしてみてください。

医師におすすめの転職サイトは以下の通りです。

医師_おすすめ_転職サイト_マイナビDOCTORマイナビDOCTOR 求人数 約40,000件
【常勤希望の医師におすすめ】
・他社にはない非公開求人が豊富
・大手人材会社のマイナビが運営
・医療機関の取引先は20,000件以上
>>>マイナビDOCTORの詳細
医師_おすすめ_転職サイト_エムスリーキャリアエムスリーキャリアエージェント 求人数 約35,000件
【年収やスキルアップしたい医師におすすめ】
・転職希望医師の登録実績No.1
・年収など労働条件の交渉力が高い
・非公開求人数も多数掲載
>>>エムスリーキャリアエージェントの詳細
医師_おすすめ_転職サイト_医師転職ドットコム医師転職ドットコム 求人数 約40,000件
【常勤希望の医師におすすめ】
・医師転職支援50,000名以上の実績
・満足度93.4%と対応の丁寧さに定評あり
・業界最大級の求人数
>>>医師転職ドットコムの詳細
医師_おすすめ_転職サイト_リクルートドクターズキャリアリクルート
ドクターズキャリア
求人数 約16,000件
【非常勤・スポット希望の医師におすすめ】
・医師支援歴40年と情報力と経験が強み
・非常勤やスポット求人も豊富
・非公開求人数は10,000件以上
>>>リクルートドクターズキャリアの詳細
医師_転職サイト_民間医局_ロゴ民間医局 求人数 約20,000件
【非常勤・スポット希望の医師におすすめ】
・医療機関との調整から交渉まで代行
・UターンやIターン転職にも強い
・あなたの希望に最適な求人を提案
>>>民間医局の詳細