日経メディカルキャリアの評判は悪い?|口コミから分かった特徴やおすすめな人を解説

日経メディカルキャリアの評判ってどうなの?
新しい病院に転職したいけど、どの転職サイトを使えばいい?

このような悩みを抱える人も多いでしょう。

そこで、この記事ではこんな悩みを解決します。

日経メディカルキャリアの評判やメリット・デメリット、特徴などについて徹底解説。

この記事を読めば日経メディカルキャリアの評判や他の類似サービスとの違いが分かります。

転職サイトを探している人や、医師転職を希望している人はぜひ最後までご覧ください。

【厳選】おすすめ転職サイト
マイナビドクター_ロゴ

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORの無料登録はこちら

・大手人材サービスの「マイナビブランド」
・他社にはない非公開求人も豊富
・全国13ヶ所に拠点がある
求人数 約40,000件
総合評価 ★★★★★
エムスリーキャリア_ロゴ

エムスリーキャリア

エムスリーキャリアの無料登録はこちら

・転職希望医師の登録実績NO.1
・圧倒的な求人数・求人情報量
・非公開求人の質が高い
求人数 約35,000件
総合評価 ★★★★★

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの無料登録はこちら

・医師支援実績トップクラス
・医師専門40年の圧倒的な求人情報量
・エグゼクティブ向け独自プレミアム求人も
求人数 16,000件
総合評価 ★★★★★

もくじ

口コミ評判から分かった日経メディカルキャリアの特徴やサービス内容

日経メディカルキャリア_評判_特徴やサービス

 

日経メディカルキャリアは日経メディカル Onlineが運営する 日本最大級の医師求人専門の求人集合メディアです。

*以下の表は横にスクロールできます。

サービス名 日経メディカルキャリア
会社名 株式会社日経HR
代表者 代表取締役社長  篠原 昇司
所在地 〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-6-3 神田三菱ビル
資本金 7,000万円
事業内容 あらゆるメディア・手段を通して、職業・仕事に関する情報流通の場を提供します。
1. 求人情報サービス
2. 書籍・雑誌の発行
3. コンテンツ提供
4. 人材紹介(厚生労働大臣許可番号:13-ユ-301393)

まずは日経メディカルキャリアに関する口コミを集めてみましたので、参考にしてください。

利用者は19万人と多くの医師が利用している

日経メディカルキャリアは医師19万人が利用しており、医師の3人に一人が利用している計算になります。

それだけ多くの利用者がいるということは、信頼できるサービスと言えるでしょう。

医師16万人以上が日経メディカルキャリアを利用して転職しており、実績が多い点は日経メディカルキャリアの大きなメリットと言えるでしょう。

様々条件の求人がある

日経メディカルキャリアでは常勤・非常勤・スポット・スカウトから求人を探すことができます。

(20代/男性)

色々な求人を幅広く掲載しており、案件の数が多く利用しています。他者サイトでは見かけない求人も出ていたり、と他社との掛け持ちで利用するのもおすすめです。
メディカルオンライン利用者であれば、検索画面まで追加登録なく進めるのも魅力です。
検索画面で曜日での絞り込みができないことがやや難点ですが、こちらは工夫でなんとかなります。(フリーワード欄に(曜日)で入力すれば可能)アプリでは希望の条件を3まで入力しておくと自動的にアプリに更新されるのでおすすめです。

スカウト機能もある

日経メディカルキャリアはスカウト機能があり、利用者は完全無料で使えます。

登録すると医師転職支援会社・医療機関等からのスカウトメールを受け取ることができ、忙しい医師の人でも、効率良く転職活動を進められます。

(30代/男性)

私は納得いく病院を見つけるまで2年近くかかりましたが、その時、利用したのが日経メディカルキャリアだったのでここを推します。ただエムスリーにせよ、リクルートにせよ、メディウェルにせよ、エージェントを利用してマーケットの現状などを聞いた方が効率が良いのは間違いありません。

忙しい医師には「おまかせ問い合わせ」機能

忙しい医師の人は、日経メディカルキャリアの「おまかせ問い合わせ」を利用すると便利です。

おまかせ問い合わせは最大4社の会社で一括問い合わせができ、後は連絡を待つだけです。

(40代/男性)

日経メディカルキャリアはどちらかといえばいい転職エージェントだと思いました。ここがものすごくいいというようなところはありませんが全体的にしっかりとしている感じでした。コンサルタントの対応もしっかりとしていましたし、提案案件の数もそこそこありました。提案される案件の魅力も思っていたよりあるところが多く、とてもいいなという風に思いました。欠点をあげるとするなら転職後のサポートと呼べるようなものがなにもなかったということぐらいです。

口コミ評判から分かった日経メディカルキャリアのデメリット

日経メディカルキャリア_評判_口コミ評判デメリット

日経メディカルキャリアの口コミ・評判から分かったデメリットを紹介します。

日経メディカルキャリアを利用するメリット

転職後のサポートが少ない

日経メディカルキャリアは転職後のサポートがありません。

日経メディカルキャリアはあくまでも転職情報や求人を支援するサービスとなっているため、日経メディカルキャリアを利用しても転職サポートを受けることはできません。

そのため、転職後に何か問題やトラブルが起きてしまった場合は自分で行動して解決しなければいけないため、求人選びには注意が必要です。

コンサルタントの対応にばらつきがある

日経メディカルキャリアはコンサルタントの質が悪いという口コミ・評判も見られました。

日経メディカルキャリアを通してコンサルタントが紹介されますが、あくまでも日経メディカルキャリアの専任コンサルタントというわけではないです。

そのため、全てのコンサルタントの質が良いというわけではないようです。

もちろん、丁寧に対応してくれるコンサルタントもいますが、自分に合わないコンサルタントを紹介される可能性もあります。

質の良いコンサルタントを紹介してもらうためには、「医師転職支援会社・医療機関等へのメッセージ」を活用することを推奨しています。

「医師転職支援会社・医療機関等へのメッセージ」では携わっている業務内容や転職したい病院のイメージを具体的に書くことで、自分の条件に合う求人を提案してくれます。

「医師転職支援会社・医療機関等へのメッセージ」を雑にしてしまうと、その後に紹介される求人が自分に合わなくて悩んでしまうこともあるため、注意が必要です

口コミ評判から分かった日経メディカルキャリアのメリット

日経メディカルキャリア_評判_口コミ評判メリット

続いて、日経メディカルキャリアの口コミ・評判から分かったメリットについていくつか紹介します。

日経メディカルキャリアを利用するメリットは以下3点です。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

他サイトでは取り扱っていない希少案件がある

日経メディカルキャリアは他サイトでは取り扱っていない希少案件があるというメリットがあります。

日経メディカルキャリアで取り扱っている求人数は2022年2月現在24,000件以上です。

また、医師転職支援会社数は41社もあるため、他の転職サイトでは取り扱っていない求人に応募することが可能です。

さらに、日経メディカルキャリアで公開されている求人は一部モザイクが入っているものの、登録せずとも取り扱い求人の内容を確認することができるため、登録損になることはないでしょう。

日経メディカルキャリアは日々新着求人を更新しており、サイトを覗く度に新しい求人を確認することができます。

ちなみに、2022年2月現在では約14,000件以上の新着求人が公開されています。

日経メディカルキャリアの転職支援会社は以下になります。

MEMO

ホロニクスヘルスケア/ソフィアメディ/ユーコネクト/ABE/TS工建/クラシス/メディカルパレット/クイック・エージェント/セントメディア/CMEコンサルティング/マイナビDOCTOR/相互美装/Dプラス/日本ドクターズクラブ/プライマリー・アシスト/CONNECT/キャリア・フォース/メディカルインターフェース/ディーキューブ/ベストケア東京/メディカルサポート/プリーマ/エス・ケー・アイ/CBキャリア/メディカルリソース/ドクターズナビゲーター/TKSソリューション/シミックキャリア/Hiro Japan/キャリアコンシェルジュ/リクルートメディカルキャリア/コォエル/A・ヒューマン/マーキュリー/ドクター・エージェント/メディカル・プリンシプル社/パーソナルアシスト/アソシエイツ・ジャパン/DNC/ソシオメディカル/メディウェル/ビズネクスト/ダイヤモンドメディカル/フィデス/エムステージ/MRT/F2F/エイムプレイス/ベリ・マッチ/ホロニクスヘルスケア

スカウト機能により転職活動の時短に繋がる

日経メディカルキャリアにはスカウト機能というサービスがあります。

スカウト機能では一度登録するだけで、後は医師転職支援会社・医療機関等からのスカウトを待つだけで自分に合った求人を紹介してくれます。

そのため、忙しくて求人を探す時間がない先生や、自分で探しても希望に合う求人が見つからなくて困っている人にも便利なサービスと言えるでしょう。

スカウト機能を利用する際は自分の経歴や診察科目、医師免許取得年、現在の就業状況、勤務先都道府県、現在の年収、希望条件などを登録する必要があります。

ですが、あなたの個人情報が特定される情報は非公開で求人を紹介してくれます。

あくまでも届いたメールから応募する時だけ個人情報が公開されますので、安心してください。

アプリが使いやすい

日経メディカルキャリアは専用アプリから求人を探すことも可能です。

自分が転職したい条件を登録しておくことで、希望に合った求人だけをダイレクトに通知してお知らせしてくれます。

また、アプリでは常勤、非常勤、スポットの3種類の求人に対応しており、面倒な登録や手続きも必要ありません。

口コミ評判から分かった日経メディカルキャリアに向いている人・向かない人

日経メディカルキャリア_評判_向いている人・向かない人

日経メディカルキャリアに向いている人と向かない人をまとめてみましたので、参考にしてください。

*以下の表は横にスクロールできます。

向いている人 向かない人
仕事が忙しくてなかなか転職活動が進められない人
常勤で求人を探している人
サポートが充実した転職サイトを探している人
自分で求人を探したい人

日経メディカルキャリアで転職成功率を上げる6つのコツ

日経メディカルキャリア_評判_転職成功率上げるコツ

ここからは、日経メディカルキャリアで転職成功率を上げるコツを6つ紹介します。

日経メディカルキャリアで転職成功率を上げるコツは以下になります。

それでは、一つずつ解説していきます。

担当コンサルタントはシビアな目で見る

担当コンサルタントはシビアな目で見ることが大切です。

日経メディカルキャリアでは自分の好きなコンサルタントを選ぶことは出来ません。

自分の希望内容に合ったコンサルタントを紹介してくれますが、自分に合うとは限りません。

そのため、担当コンサルタントはシビアな目でみることが大切です。

担当コンサルタントによっても自分の転職が良い方向に進むか悪い方向に進むかどうかが決まりますので、大切なポイントです。

自分の希望条件はしっかり伝える

日経メディカルキャリアを利用して転職する際は、自分の希望条件をしっかり伝えることが大切です。

転職を考えている人は全員希望の条件があると思います。

例えば、勤務場所や年収、勤務日数、病院規模など、自分の希望条件を明確にして伝えることで、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

より細かく希望条件を伝えることで、転職活動をスムーズに進められる可能性も高くなるため、自分の希望条件をしっかり伝えることは大切です。

転職可能時期は最短で答える

転職可能時期は最短で答えましょう。

転職可能時期を曖昧に答えてしまったり、遅い時期を伝えてしまうと「転職を強く希望していない」と相手に捉えられてしまいます。

そのため、転職活動がスムーズに進まない可能性もあります。

自分が希望する転職可能時期が決まっていない人も多いと思いますが、その時は「内定後〇日以内に可能」などと伝えましょう。

転職エージェントと併用する

記事の冒頭も紹介した通り、日経メディカルキャリアはあくまでも転職情報や求人を支援するサービスです。

日経メディカルキャリアだけを利用してもなかなか転職活動が上手く行かない場合もあります。

そのため、転職を強く希望する場合は、日経メディカルキャリアと併用して他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

また、他の転職エージェントを利用しているからといって、日経メディカルキャリアで求人を紹介してくれなくなることはありませんので、安心してください。

他の転職サイトも利用する

転職活動をスムーズに進めるためには、他の転職サイトを利用することも転職を成功させるコツです。

転職サイトは「医師転職ドットコム」「マイナビドクター」「民間医局」などの様々なサイトがあります。

後程、日経メディカルキャリアと併用できるおすすめの転職サイトを3つほど紹介しますので、参考にしてください。

スマホアプリを利用する

スマホアプリを利用すれば、気軽に簡単に求人を探すことが可能です。

サイトの場合は時間が経つと毎回ログインして求人を探したりする手間がかかりますが、アプリの場合はアプリを開いてすぐに求人を探すことができます。

また、アプリでは自分の希望条件を登録しておくことで、あなたに合う求人や新着求人が公開された場合はプッシュ通知でスマホに通知が届きます。

そのため、好条件の新着情報を見逃してしまうリスクも減らせます。

アプリを利用する方法は簡単ですので、日経メディカルキャリアを利用する場合は、ぜひアプリも同時に利用してみてください。

日経メディカルキャリアの利用方法

日経メディカルキャリア_評判_利用方法

日経メディカルキャリアは以下の方法で利用できます。

それでは、手順に沿って詳しく紹介していきます。

登録

日経メディカルキャリアを利用する際は、まずは登録する必要があります。

公式サイトを開くと右上に「ログイン」という項目が表示されていますので、そこから会員登録を進めてください。

E-mailアドレスの入力と、職業を選択

画面の指示に従って希望するユーザーID・メールアドレスパスワード、氏名、生年月日などを入力してください。

他にも以下のような項目を入力します。

必要項目
  • 勤務先
  • 住所
  • 電話番号
  • 病床数
  • 診療科目
  • 卒業大学
  • 卒業年

仮登録の完了

登録が完了すると、指定したメールアドレス宛に仮登録完了のメールが届きます。

メールが届いたら、添付されているURLをクリックして本登録を進めましょう。

医師資格の確認

メールに添付されているURLをクリックすると医師資格の確認画面が表示されます。

画面の指示に従って医師資格の確認を行ってください。

本登録

医師資格の確認ができましたら、本登録完了です。

登録後は、いつでも転職活動をスタートすることができます。

日経メディカルキャリアと併用おすすめの転職サイト3選

日経メディカルキャリア_評判_併用おすすめ転職サイト

 

ここからは日経メディカルキャリアと併用できるおすすめの転職サイトを3つ紹介します。

日経メディカルキャリアと併用おすすめ転職サイト

先ほども紹介したように、複数の転職サイトを利用することは転職成功のコツでもあるため、これから転職を考えている人は参考にしてください。

マイナビDOCTOR

日経メディカルキャリア_評判_併用おすすめ転職サイト_マイナビDOCTOR

出典:マイナビDOCTOR

【マイナビDOCTORの特徴】
  • 大手人材サービスのマイナビが運営
  • 医師業界に特化した専任コンサルタント
  • 「職業紹介優良事業者」の認定を取得

まず一つ目の特徴は、マイナビDOCTORは大手人材サービスのマイナビが運営している点です。

マイナビは40年以上の実績があり、医師転職だけではなく、様々な職種への転職が可能です。

また、マイナビDOCTORは自分が希望する求人を提供している医療機関との交渉も全てマイナビのキャリアパートナーが代行してくれます。

そのため、仕事をしながらスムーズに転職活動を進めることができます。

交渉では、実際の働き方や年収交渉など、自分ではなかなか交渉しづらい内容でもキャリアパートナーに丸投げすることができるため非常に便利です。

二つ目の特徴が医師業界に特化した専任コンサルタントが転職をサポートしてくれる点です。

医師業界に特化した知識を兼ねそろえているだけではなく、無料で近くまで面談をしにきてくれたり、自分の仕事の都合に合わせてサポートしてくれます。

希望に合った求人の精査や、病院の見学・面接日時の調整なども全て任せることができるため、自分は転職活動のことをそこまで考える必要もありません。

三つ目の特徴は「職業紹介優良事業者」の認定を取得している点です。

マイナビは平成27年度 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得しています。

職業紹介優良事業者の認定をされるためには78項目の厳しい審査基準をクリアする必要があります。

そのため、職業紹介優良事業者の認定を受けているマイナビが運営するマイナビDOCTORは安心して利用できる転職サイトと言えるでしょう。

*以下の表は横にスクロールできます。

マイナビDOCTOR 日経メディカルキャリア
公開求人数 20,000件以上 20,000件以上
費用 無料 無料
対象エリア 全国 全国
主な求人職種 常勤・非常勤・アルバイト/スポット 常勤・非常勤・スポット
対応施設 医療施設、介護施設、クリニック、法人企業など 一般病院・療養型・ケアミックス・精神病院・クリニック・老健・一般企業・製薬企業・その他
コンサルタント機能 あり あり
主なサービス ・求人検索
・求人紹介
・忙しい先生に代わって医療機関との交渉を代行
・先生専任のキャリアパートナー
・他社にはない非公開求人情報
・求人検索
・おまかせ機能あり
・スカウト機能
・多数の非公開求人
・お役立ち情報を知れる「キャリアLabo」

マイナビDOCTORについて詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

【公式サイト】マイナビDOCTORに無料登録する

エムスリーキャリア

民間医局_評判_併用おすすめ転職サイト_エムスリーキャリア

出典:エムスリーキャリア公式

エムスリーキャリアの特徴
  • 転職希望医師の登録実績NO.1
  • 圧倒的な求人数・求人情報量
  • 非公開求人の質が高い

エムスリーキャリアは転職希望医師の登録実績6年連続1位の実績を持つ転職エージェントです。

エムスリーキャリアは業界の中でも知名度が高く、利用者も多いため、転職先の選択肢が広がるという特徴があります。

いくつもの成功パターンや実績があるからこそのアドバイスをくれるため、転職活動を有利に進めることも可能です。

また、エムスリーキャリアは入職するための引越し代や研究費などのお金に関する希望もあなたの代わりにコンサルタントが代わりに交渉してくれます。

エムスリーキャリアは特に産業医の紹介にも対応しており、強みを持っていることから、日経メディカルキャリアとの併用におすすめです。

*以下の表は横にスクロールできます。

エムスリーキャリア 日経メディカルキャリア
公開求人数 約13,000件 20,000件以上
費用 無料 無料
対象エリア 全国 全国
主な求人職種 常勤・非常勤・アルバイト/スポット 常勤・非常勤・スポット
対応施設 一般病院・療養病院・精神病院・ケアミックス・クリニック・老健・健診センター・その他 一般病院・療養型・ケアミックス・精神病院・クリニック・老健・一般企業・製薬企業・その他
コンサルタント機能 あり あり
主なサービス ・自分の希望に合った求人の提案
・幅の広い求人の提案
・細かい条件での検索が可能
・転職のご相談も可能
・求人検索
・おまかせ機能あり
・スカウト機能
・多数の非公開求人
・お役立ち情報を知れる「キャリアLabo」

エムスリーキャリアに関して詳しい口コミ評判が知りたい方は以下の記事もご覧ください。

【公式サイト】エムスリーキャリアに無料登録する

リクルートドクターズキャリア

民間医局_評判_併用おすすめ転職サイト_リクルートドクターズキャリア

出典:リクルートドクターズキャリア公式

リクルートドクターズキャリアの特徴
  • 医師支援実績トップクラス
  • 医師専門40年の圧倒的な求人情報量
  • エグゼクティブ向け独自プレミアム求人も

リクルートドクターズキャリアは非常勤の求人に強いという特徴があります。

リクルートドクターズキャリアは常勤・非常勤のどちらの求人も取り扱っていますが、非常勤の転職が特に強いです。

リクルートドクターズキャリアは非公開求人がとても充実しているため、日経メディカルキャリアと併用することで、より質の高い求人を見つけることが可能です。

あなたの希望条件に合う求人を紹介してくれるだけでなく、親身になってあなたの悩みや不安を解消してくれます。

*以下の表は横にスクロールできます。

リクルートドクターズキャリア 日経メディカルキャリア
公開求人数 約16,000件以上 20,000件以上
費用 無料 無料
対象エリア 全国 全国
主な求人職種 常勤・非常勤 常勤・非常勤・スポット
対応施設 一般病院・療養病院・精神病院・ケアミックス・クリニック・老健・健診センター・その他 一般病院・療養型・ケアミックス・精神病院・クリニック・老健・一般企業・製薬企業・その他
コンサルタント機能 あり あり
主なサービス ・求人紹介
・キャリアアドバイザーによるサポート
・転職お役立ちコンテンツ
・求人検索
・おまかせ機能あり
・スカウト機能
・多数の非公開求人
・お役立ち情報を知れる「キャリアLabo」

リクルートドクターズキャリアに関して詳しい口コミ評判が知りたい方は以下の記事もご覧ください。

【公式サイト】リクルートドクターズキャリアに無料登録する

日経メディカルキャリアに関する質問

日経メディカルキャリア_評判_よくある質問

最後に、日経メディカルキャリアに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

ここでは、以下の質問に回答していきます。

希望する病院の見学はできますか?

希望する病院の見学をすることは可能です。

日経メディカルキャリアに登録後、コンサルタントへ見学の日程調整も兼ねて相談してください。

転職を考えている段階で利用できますか?

もちろん可能です。

日経メディカルキャリアに登録したからといって、必ず転職しなければいけないということもなく、途中で転職活動を止めても特に問題はありません。

自分の希望する条件に合う転職を実現させるためには、早めから日経メディカルキャリアなどの転職サイトをりようしておくこともポイントです。

費用はなぜかからないのですか?

日経メディカルキャリアは求職者ではなく、企業から求人を掲載する掲載費などの報酬を受け取っているため、費用は一切かかりません。

おすすめの転職時期はいつですか?

医師が転職をする時期は年度の区切りや異動・人事評価などがある時期に転職をする人が増えます。

そのため、4月、1月、10月などはおすすめの転職時期になります。

スカウトが来るにはどうすればいいですか?

日経メディカルキャリアでスカウトが来るようにするためには、スカウトサービスを利用してください。

登録後をするとあなたの希望条件に合う求人を案内してくれます。

その求人の中から自分に合う求人があれば返信するだけで企業との面接調整に入ります。

医師転職で後悔しないためにはどうすればよいですか?

医師転職で後悔しないためにはまずは自分の希望する条件を細かく伝えることです。

少しでも妥協してしまうと、転職後に問題やトラブルが発生してしまう可能性もあるため、できるだけ細かい希望条件を伝えてください。

また、自分が希望する条件に合う求人が見つかったならば、一度企業見学をすることもおすすめします。

日経メディカルプロキャリアとの違いは何ですか?

日経メディカルプロキャリアは、日経メディカル Onlineの製薬・医療(メディカル)系人材向けの求人情報ページです。

日経メディカルプロキャリアには公開されていない求人に出会えたり、スカウトサービスを利用することができます。

また、日経メディカルプロキャリアは製薬・医療(メディカル)に特化した転職サイトになりますので、製薬・医療(メディカル)の転職をしたい人はぜひ利用してみてください。

日経メディカルキャリア評判のまとめ

日経メディカルキャリア_評判_まとめ

ここまで、日経メディカルキャリアの評判やメリット・デメリット、特徴などについて解説してきました。

日経メディカルキャリアは実際に転職した人からの評判も良く、16万人以上利用していることから、これから医師転職を考えている人にはおすすめのサービスです。

登録料や利用料は一切かからずに登録することができますので、少しでも気になる人は、ぜひ日経メディカルキャリアに登録してみてください。

他にも医師転職に関する記事はありますのでご覧ください。