でんさいとファクタリングの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説

「でんさいとファクタリングって何が違うの?」

このように考えていませんか?

でんさいとファクタリングはどちらも経理などの仕事をしていると聞く言葉かと思いますが、詳しいところまで知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事ではでんさいとファクタリングの違いや共通点について詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「でんさいとファクタリングの違い」ざっくり言うと
  • でんさいとは手形や振込に代わる新しい決済手段
  • ファクタリングとは売掛債権を早期に現金化でいる手段
  • でんさい割引とファクタリングの違いは取引先が支払不能になった時の支払義務
  • でんさい割引とファクタリングの共通点は利用に申し込みが必要なことなど

もくじ

でんさいとは?

でんさい_ファクタリング_でんさい
でんさいは電子記録債権を略した言葉で、手形や振込に代わる新しい決済手段です。

でんさいではこれまでアナログで行われてきた決済業務を電子化して、オンライン完結で行えるようになっています。

でんさいを提供しているのは全国銀行協会の子会社である全銀電子債権ネットワークなので、バックグラウンドもしっかりしているサービスです。

詳しいメリットは下で解説しますが、大まかに言うと決済業務を効率化でき、印紙税がかからないことなどが大きなメリットです。

一方で、まだ知名度が高いサービスではない点は抑えておく必要があるでしょう。

ファクタリングとは?

でんさい_ファクタリング_ファクタリング
ファクタリングとは、売掛債権を早期に現金化でいる手段です。

法人間の取引では商品やサービスが提供された時、すぐに支払いをすることは少なく、後でまとめて支払います。

そのため、商品やサービスを提供したものの、まだ料金の支払いを行ってない時に売掛債権が発生します。

ファクタリングでは、通常振込期日まで待たなければならない売掛債権を買い取り、現金を提供してくれます。

そんなファクタリングは大きく2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けられます。

それぞれのファクタリングについて詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリング

でんさい_ファクタリング_2社間
2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と、ファクタリングを利用したい会社の2社間で行われるファクタリングです。

2社間ファクタリングでは、取引先にファクタリングを利用している事実が知られないのが最大のメリットです。

一方で、取引先の信用調査を詳細にできないため、3社間ファクタリングよりも手数料は高めに設定されています。

3社間ファクタリング

でんさい_ファクタリング_3社間
3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社、ファクタリングを利用したい会社、売掛先の3社の間で行われるファクタリングです。

3社間ファクタリングでは売掛先の信用調査を詳細に行うため手数料は低めに設定されていますが、取引先にファクタリングを利用していることが明らかになってしまいます。

でんさい一括ファクタリングとは?

でんさい_ファクタリング_一括
実は、でんさいとファクタリングを融合させた、でんさい一括ファクタリングという商品が存在します。

でんさい一括ファクタリングはでんさいを取り扱っている銀行が提供している場合があるサービスです。

でんさい一括ファクタリングでは、銀行がファクタリング会社としてでんさいを買い取る代わりに、でんさいを期日前に現金化できます。

でんさい割引とファクタリングの6つの違い

でんさい_ファクタリング_違い
でんさい割引とは、でんさい特有のサービスで、手形割引と同じようなものだと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

でんさい割引では、でんさいの取扱窓口になっている銀行に手数料を支払う代わりに、でんさいを期日前に現金化できます。

そんなでんさい割引とファクタリングの違いは主に以下の6つです。

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

取引先が支払不能になった時に支払い義務があるか

でんさい_ファクタリング_支払不能
でんさい割引とファクタリングの違いとしてまず挙げられるのは、取引先が支払不能になった時に支払い義務があるかです。

でんさい割引の場合、取引先がでんさいを支払不能になった場合には、でんさい割引で得たお金を銀行に支払わなくてはいけません。

一方で、ファクタリングの場合には取引先が支払不能になっても、ファクタリングを利用した会社がその売掛金を変わりに支払う義務はないのが一般的です。

※売掛金を代わりに支払う義務(償還請求権)があるファクタリングも中にはあります

契約締結の手間

でんさい_ファクタリング_手間
でんさい割引とファクタリングの違いとしては、契約締結の手間も挙げられます。

でんさい割引の場合、最初にでんさいに加入する時にはそれなりに手間がかかりますが、でんさい割引自体は契約締結に大きな手間はかかりません。

一方、ファクタリングの場合には、ファクタリングをするたびに契約締結をする必要があるため、やや面倒と言えるでしょう。

ただ、ファクタリングも同じファクタリング会社を継続的に利用することで手間を軽減することができます。

運営元

でんさい_ファクタリング_運営元
でんさい割引とファクタリングの違いとしては、運営元も挙げられます。

でんさい割引を運営しているのは全国銀行協会の子会社である全銀電子債権ネットワークです。

一方で、ファクタリングを運営しているのは各々のファクタリング会社です。

信頼性で言えば、一般的に全銀電子債権ネットワークのほうが高いと言えるでしょう。

利用したことを取引先に知られるか

でんさい_ファクタリング_知られる
でんさい割引とファクタリングの違いとしては、利用したことを取引先に知られるかも挙げられます。

でんさい割引の場合、電子記録にでんさい割引を行ったことが残るため、取引先に利用がバレてしまいます。

一方、ファクタリングの場合には、2社間ファクタリングであれば取引先にバレることはありません。

手数料

でんさい_ファクタリング_手数料
でんさい割引とファクタリングの違いとしては、手数料も挙げられます。

でんさい割引もファクタリングも詳細な手数料は会社によって異なりますが、相場の違いはあります。

でんさい割引の場合、手数料は窓口金融機関により異なりますが、1.5~5%程度と言われています。

一方、ファクタリングの手数料は5~20%程度になります。

信用状態が悪くても利用できるか

でんさい_ファクタリング_信用状態
でんさい割引とファクタリングの違いとしては、信用状態が悪くても利用できるかも挙げられます。

でんさい割引の場合、自社の信用状態が悪くても、売掛先の信用状態が悪くても利用できない場合があります。

一方で、ファクタリングは売掛先の信用状態が悪い場合には利用できないことがありますが、自社の信用状態が悪くても、ほぼ利用できないことはありません。

でんさい割引とファクタリングの2つの共通点

でんさい_ファクタリング_共通点
でんさい割引とファクタリングの共通点は主に以下の2つです。

でんさい割引とファクタリングの2つの共通点
それぞれの共通点について詳しく見ていきましょう。

利用には申込みが必要

でんさい_ファクタリング_申し込み
でんさい割引とファクタリングの共通点としてまず挙げられるのは、利用には申込みが必要なことです。

でんさい割引の場合には窓口金融機関、ファクタリングの場合にはファクタリング会社に利用を申し込む必要があります。

支払期日よりも前に現金を受け取れる

でんさい_ファクタリング_支払期日
でんさい割引とファクタリングの共通点としては、支払期日よりも前に現金を受け取れることも挙げられます。

どちらも売掛債権を売却する代わりに、支払期日より前に現金を手にすることができます。

でんさいの3つのメリット

でんさい_ファクタリング_メリット
でんさいのメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:支払の事務負担が減る

でんさい_ファクタリング_事務負担
でんさいのメリットとしてまず挙げられるのは、支払の事務負担が減ることです。

売掛取引で一般的な手形取引の場合、その業務はアナログでそれなりに手間がかかります。

具体的には、手形を発行したり、手形を搬送したり、振り込みの準備を行ったりする必要がありました。

一方で、でんさいの場合にはあらかじめ譲渡記録を行っておくことで、支払期日になると自動的に取引先に支払いが行われ、手間がほとんどかかりません。

メリット②:印紙税が課税されない

でんさい_ファクタリング_印紙税
でんさいのメリットとしては、印紙税が課税されないことも挙げられます。

手形取引の場合、手形を発行する手数料はもちろんのこと、印紙税までかかっていました。

しかし、でんさいでは印紙税が課税されないため、特に多くの取引を行っている企業の場合には大きなコストカットにつながるでしょう。

メリット③:債権の紛失、盗難を防げる

でんさい_ファクタリング_債権
でんさいのメリットとしては、債権の紛失、盗難を防げることも挙げられます。

手形は現物があるため、どうしても債権を紛失したり、盗難されたりするリスクが存在します。

一方で、でんさいの場合には、電子記録であるため現物が存在せず、紛失したり盗難されたりすることはありません。

※セキュリティを突破されて不正利用される可能性は0ではありません

でんさいの3つの注意点

でんさい_ファクタリング_注意点
でんさいの注意点は主に以下の3つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:取引先もでんさいを利用している必要がある

でんさい_ファクタリング_取引先
でんさいの注意点としてまず挙げられるのは、取引先もでんさいを利用している必要があることです。

でんさいはこちらが一方的に利用登録を行っているだけでは取引に利用できません。

どうしてもでんさいを利用したい場合には、取引先を説得してでんさいに登録してもらう必要があります。

取引先がまだでんさいを利用していない場合には、なかなか導入しづらいのがでんさいの最大の注意点と言えるでしょう。

注意点②:認知度が低い

でんさい_ファクタリング_認知度
でんさいの注意点としては、認知度が低いことも挙げられます。

でんさいの利用者数は平成30年11月時点で約45万社であり、まだまだマイナーなサービスです。

そのため、でんさいを利用し始めたいと思っても、都合よくでんさいをすでに導入している取引先があるとは限りません。

注意点③:手数料がかかる

でんさい_ファクタリング_手数料
でんさいの注意点としては、手数料がかかることも挙げられます。

これは手形の発行に手数料がかかるのと同じです。

手数料の額は窓口となっている金融機関がそれぞれ個別に決めていますが、相場としては1.5~5%程度と言われています。

でんさいを利用する4つの手順

でんさい_ファクタリング_手順
でんさいを利用する手順は主に以下の4つです。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:利用を申し込む

でんさい_ファクタリング_申し込み
でんさいを利用したくなった時には、まずは窓口金融機関で利用を申し込みましょう。

利用を申し込んだ後には、金融機関で審査を受ける必要があります。

審査に通過したら利用契約を締結し、でんさいの利用を開始します。

手順②:電子債権の発生

でんさい_ファクタリング_発生
でんさいを実際に利用する時には、最初に電子債権を発生させます。

窓口となっている銀行を通じて、でんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うと、取引先に譲渡できる電子債権を発生させることができます。

手順③:電子債権の譲渡

でんさい_ファクタリング_譲渡
電子債権を発生させたら、次にそれを譲渡します。

電子債権を譲渡するタイミングは、通常の売掛金と同じように、月の締日です。

電子債権は、でんさいネットの記録原簿に「譲渡記録」を行うことで譲渡できます。

ちなみに、電子債権は分割して譲渡することも可能になっています。

手順④:電子債権の支払

でんさい_ファクタリング_支払
最後に、電子債権の支払いを行います。

といっても、特別な操作をする必要はなく、支払期日になると、企業の口座から自動的に資金を引き落として売掛先企業に振り込めます。

取引先企業は振り込まれた資金をその日から使うことができます。

ファクタリングの3つのメリット

でんさい_ファクタリング_メリット
ファクタリングのメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:最短即日で資金調達できる

でんさい_ファクタリング_最短即日
ファクタリングのメリットとしてまず挙げられるのは、最短即日で資金調達できることです。

銀行融資など、一般的な資金調達手段では、現金を手にするまでに長い時間がかかることも少なくありません。

しかし、ファクタリングの場合には、売掛金を文字通り「すぐに」現金にできるのです。

そのため、今すぐお金が必要な会社に特にメリットが大きい方法と言えるでしょう。

メリット②:自社の業績が悪くても利用できる

でんさい_ファクタリング_業績
ファクタリングのメリットとしては、自社の業績が悪くても利用できることも挙げられます。

通常の資金調達手段の場合には、自社の信用状態が見られるため、業績が悪い場合には利用しにくい場合も多いです。

一方、ファクタリングでは自社の業績は重要ではなく、重要なのは売掛先の信用状態です。

そのため、自社の信用状態が悪くても資金を用意できるのです。

メリット③:取引先が倒産しても支払い義務がない

でんさい_ファクタリング_倒産
ファクタリングのメリットとしては、取引先が倒産しても支払い義務がないことも挙げられます。

ファクタリングは償還請求権がないのが一般的です。

ファクタリング会社は手数料が高めである代わりに、取引先が倒産した場合のリスクは負担してくれるのです。

ファクタリングの3つの注意点

でんさい_ファクタリング_注意点
ファクタリングの注意点は主に以下の3つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:手数料がかかる

でんさい_ファクタリング_手数料
ファクタリングの注意点としてまず挙げられるのは、手数料がかかることです。

ファクタリング会社では、売掛債権を現金化する時に一定の手数料がかかります。

手数料は会社によっても異なりますが、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングのほうが安めに設定されています。

注意点②:売掛先の信用状態が悪いと資金調達できない

でんさい_ファクタリング_信用状態
ファクタリングの注意点としては、売掛先の信用状態が悪いと資金調達できないことも挙げられます。

ファクタリング会社にとって大事なのは、買い取った売掛金が本当に支払われるかどうかです。

そのため、売掛先の信用状態が悪く、売掛金が不渡りになる可能性が高いと判断されると利用できないのです。

ファクタリング会社を利用する時には、できるだけ信用状態が良さそうな売掛先の債権を持っていくと良いでしょう。

注意点③:悪徳業者も存在する

でんさい_ファクタリング_悪徳業者
ファクタリングの注意点としては、悪徳業者も存在することも挙げられます。

ファクタリング会社の中には、残念ながら悪徳な営業を行っているところもあります。

そのため、ファクタリング会社を選ぶ時には、これまで実績があり、信頼できる会社を選ぶのが重要です。

ファクタリングを利用する5つの手順

でんさい_ファクタリング_手順
ファクタリングを利用する手順は主に以下の5つです。

ファクタリングを利用する5つの手順
それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:申し込み

でんさい_ファクタリング_申し込み
ファクタリングを利用する時には、まずはファクタリング会社に申し込みを行います。

申し込みは対面、電話、メールなどの手段で行えることが多いです。

その後、申込書を記入することでファクタリング会社の利用を申し込めます。

手順②:必要書類の提出

でんさい_ファクタリング_必要書類
ファクタリング会社の利用申込みをする時には、必要な書類も提出します。

必要書類はファクタリング会社によって異なる場合がありますが、一般的には以下のような書類が必要です。

必要書類
  • 身分証明書
  • 法人登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 決算内容確認書類
  • 売掛金証明書類
  • 通帳 など

手順③:審査

でんさい_ファクタリング_審査
次に、ファクタリング会社で審査が行われます。

ファクタリング会社の審査の詳細は公表されておらず、審査基準も会社によって異なると考えられます。

審査は銀行融資などと比べて短時間で行われることが多いです。

手順④:契約

でんさい_ファクタリング_契約
ファクタリング会社の審査が完了すると、買取可能額や手数料などの条件が提示されます。

ちなみに、買取可能額や手数料はファクタリング会社によって異なるため、相見積もりをしてもらうのもおすすめです。

提示された条件に納得した場合、ファクタリング会社と契約手続きを行いましょう。

手順⑤:入金

でんさい_ファクタリング_入金
最後に、ファクタリング会社から入金が行われます。

入金までは最短即日で行われるのがファクタリング会社の魅力です。

でんさい割引とファクタリングは結局どちらがおすすめ?

でんさい_ファクタリング_どちら
結局、でんさい割引とファクタリングはどちらがおすすめなのでしょうか。

この見出しでは、それぞれが必要な人について詳しく見ていきましょう。

でんさい割引とファクタリングは結局どちらがおすすめ?

でんさい割引がおすすめな人

でんさい_ファクタリング_でんさい割引
でんさい割引とファクタリングのうち、でんさい割引がおすすめなのは以下のような特徴を持っている方です。

でんさい割引がおすすめな人
  • 低い手数料で利用したい方
  • 運営元の信頼性を重視する方
  • 利用が取引先に知られても問題ない方

でんさい割引は全体的に信頼できて、手数料も安いのが魅力的なサービスです。

ただ、そもそもでんさいを利用できる環境でなければ、でんさい割引も利用できないという点が大きなネックになっています。

ファクタリングがおすすめな人

でんさい_ファクタリング_ファクタリング
でんさい割引よりもファクタリングがおすすめなのは以下のような方です。

ファクタリングがおすすめな人
  • 自社の信用状態が良くない方
  • 利用を取引先に知られたくない方
  • でんさいを利用できない方

ファクタリングは基本的には売掛金さえあればどの会社でも利用できるサービスです。

特に他社にバレることなく利用したい方におすすめできるサービスと言えるでしょう。

おすすめのファクタリングサービス3選

でんさい_ファクタリング_サービス
おすすめのファクタリングサービスは主に以下の3つです。

おすすめのファクタリングサービス3選
それぞれのファクタリングサービスについて詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

 

ビートレーディングは最低買取可能額も最高買取可能額もなく、どんな金額の売掛債権でも買い取れるのが魅力的なファクタリング会社です。

累計買取債権額も409億円と、ファクタリング会社の中でも特に実績が豊富になっています。

審査も早く、最短即日で売掛金を現金化できます。

ビートレーディングの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

ビートレーディングの会社概要

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00~18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

GMO BtoB早払い

期日現金_GMO

GMO BtoB早払いはインターネット大手のGMOグループという圧倒的な信頼性が魅力的なファクタリング会社です。

即日で売掛金を現金化することはできませんが、買取手数料は1%~と業界でも最低水準になっています。

業界の中でも珍しく注文書買取サービスも行っており、請求書ができていなくても現金化が可能です。

GMO BtoB早払いの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 最小100万円〜1億円
手数料 1%~10%(2社間・3社間)
入金スピード 4日程度
対応エリア 全国インターネット対応可能

GMO BtoB早払いの会社概要

運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
代表取締役 相浦一成
設立 平成7年3月
所在地 東京フクラスオフィス
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス

ベストファクター

ファクタリングおすすめ1位ベストファクター

ベストファクターは審査通過率が92%とトップレベルに高いのが魅力的なファクタリング会社です。

最小30万円から利用でき、法人だけでなく個人事業主にも対応しています。

入金スピードも早く、最短即日になっています。

ベストファクターの基本情報

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・医療債権ファクタリング
利用可能対象者 法人宛の売掛債権を持つ法人・個人事業主(業種等問わず)
買取可能額 最小30万円~1億円
手数料 2%~20%(2社間・3社間)
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国訪問対応可能

ベストファクターの会社概要

運営会社 株式会社アレシア
代表取締役 班目 裕樹
資本金 9000000円
設立 2017年1月
電話番号 0120-798-029
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3丁目2番14号(本社)大阪府大阪市中央区島之内1丁目13−28由良ぬす21ビル1F(大阪支社)
営業時間 平日 10:00~19:00(定休日:日・祝日)

でんさいとファクタリングのまとめ

でんさい_ファクタリング_まとめ
でんさい割引とファクタリングの違いは以下のとおりです。

でんさい割引とファクタリングの共通点としては以下のようなものが挙げられます。

でんさい割引とファクタリングの2つの共通点
でんさいのメリットは以下のとおりです。
でんさいの注意点としては以下のようなものが挙げられます。
でんさいを利用する手順としては以下のようなものが挙げられます。

ファクタリングのメリットは以下のとおりです。

ファクタリングの注意点としては以下のようなものが挙げられます。
ファクタリングを利用する手順としては以下のようなものが挙げられます。

ファクタリングを利用する5つの手順

でんさい割引とファクタリングは結局どちらがおすすめ?は以下のとおりです。

でんさい割引とファクタリングは結局どちらがおすすめ?
おすすめのファクタリングサービスは以下のとおりです。
おすすめのファクタリングサービス3選