ファクタリングは建設業者に最適?その理由からおすすめ会社までを徹底解説

「建設業者にファクタリングはおすすめ?」

このように考えていませんか?

実は、建設業者は特にファクタリングがおすすめの業界なのです。

今回はその理由からおすすめのファクタリング会社まで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「建設業者とファクタリング会社」ざっくり言うと
  • ファクタリングとは売掛債権を担保にして資金調達をすること
  • ファクタリングが建設業者で好まれる理由は多額の前金が必要になることなど
  • 建設業者がファクタリングを利用する時の注意点は手数料がかかることなど
  • 建設業に強いファクタリング会社を選ぶポイントは手数料の低さなど

ファクタリングとは?

ファクタリング_建設業_とは
ファクタリングとは、売掛債権を担保にした資金調達をする行為を指します。

売掛債権とは、これから売り上げたお金を受け取る権利のことです。

個人同士の取引では、ほとんどの場合、商品やサービスの受け渡しと同時に料金を支払います。

しかし、会社同士の取引では、「◯日後に料金を支払います」と約束して、先に商品やサービスの受け渡しだけ行うことが多いです。

そして、商品を受け渡した時にもらえるのが、売掛債権なのです。

A社がB社の売掛債権を利用してファクタリングを行うと、A社はB社からこれから受け取る予定だったお金を、ファクタリングで前もって受け取ることができます。

その代わり、A社はファクタリング会社に手数料を払うのです。

そんなファクタリングは以下の2種類に分けられます。

それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリング

ファクタリング_建設業_2社間
2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と、ファクタリングでお金を借りたい会社(以下、ファクタリング利用会社)の間で行われるファクタリングのことです。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社はファクタリング利用会社が他社から受けた売掛債権を担保として資金を渡します。

2社間ファクタリングでは、売掛先にファクタリングを利用した事実を知られないのが最大のメリットになります。

下で紹介する3社間ファクタリングと比べると手数料が高いものの、売掛先からの信用を守ることができます。

ファクタリングを利用している事実を他社に知られると、「資金繰りが危ないのではないか」と思われて取引に悪影響が出る可能性があるからです。

3社間ファクタリング

ファクタリング_建設業_3社間
3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社が売掛先の信用調査を行った上で、ファクタリング利用会社に資金を渡すものです。

具体的には、ファクタリング会社は売掛先に連絡し、売掛先の入金先を自社に指定してもらいます。

その代わりに、ファクタリング利用会社は前もって売掛金を手にすることができるのです。

3社間ファクタリングでは売掛先にファクタリングの事実を知られてしまいます。

しかし、ファクタリング会社がしっかり売掛先の信用調査をできるため、手数料を低く抑えることができます。

建設業でファクタリングが好まれる12個の理由

ファクタリング_建設業_理由
建設業でファクタリングが好まれる理由は主に以下の12個です。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:多額の前金が必要になるから

ファクタリング_建設業_多額
建設業でファクタリングが好まれる理由としてまず挙げられるのは、多額の前金が必要になることです。

建設業界では自社内で仕事が完結することは少なく、仕事を他社から受注したり、他社に発注することが多くあります。

そして、建設業界ではひとつひとつの仕事に多額のお金が必要になるため、資金力がない下請け会社が仕事を受けづらくなってしまいます。

これを防ぐために、建設業界では、仕事を下請けに発注する時に多額の前金を支払うことが多いです。

この前金の負担は発注側にとっても小さくないため、ファクタリングでの資金調達が好まれるのです。

理由②:大型受注も受けやすくなるから

ファクタリング_建設業_大型受注
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、大型受注も受けやすくなることも挙げられます。

建設業界では仕事を発注する時も多額のお金がかかりますが、受注する時にもそれは同じです。

前金をもらえることも多いですが、大型案件だとそれだけではお金が足りなくなってしまうことも少なくありません。

そのため、大型案件をお金が用意できない関係で断らなければいけない場合もあるのです。

そんな時にファクタリングを使って資金調達を行えば、大型案件も受注でき、大きな利益を挙げることが可能になります。

理由③:お金が必要になるのが短期間だから

ファクタリング_建設業_短期間
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、お金が必要になるのが短期間であることも挙げられます。

建設業でお金が必要になるのは、あくまで発注・受注してから代金が支払われるまでの間で、何年間も継続的に必要になってくるわけではありません。

長期間お金が必要なのであれば銀行からの借り入れが適当ですが、短期間であれば銀行も貸し渋り、なかなか資金提供を受けられない場合もあるでしょう。

そんな時にファクタリングは活躍します。

ファクタリングは銀行と比べてかなり借りやすく、またすぐに借りれるからです。

理由④:支払期間を調整できるから

ファクタリング_建設業_支払期間
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、支払期間を調整できることも挙げられます。

建設業界では請求が発生してから、実際にお金が支払われるまで時間がかかる場合が多いです。

しかし、ファクタリングであれば手数料はかかるものの、すぐに売掛金を手に入れることができます。

そのため、すぐにお金が必要になるような事態が発生しても対応しやすいのです。

理由⑤:売掛金が多く発生するから

ファクタリング_建設業_売掛金
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、売掛金が多く発生することも挙げられます。

建設業では仕事を下請けに外注したり、元請けから受注したりすることが多くあります。

また、建設業では大きなお金が動くため、1回1回発生する金額も大きくなります。

そのため、建設業では多額の売掛金が発生する機会が多くあるのです。

売掛金が多くあればファクタリングを利用しやすいですし、利用する機会も多くあるでしょう。

理由⑥:すぐにお金が用意できるから

ファクタリング_建設業_お金
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、すぐにお金が用意できることも挙げられます。

売掛金では実際にお金が支払われるまでに時間がかかりますが、ファクタリングを利用すれば、最短即日で資金を用意することができます。

そのため、すぐにお金が必要になった場合でも対応しやすくなっています。

理由⑦:審査に通りやすいから

ファクタリング_建設業_審査
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、審査に通りやすいことも挙げられます。

ファクタリングでは売掛金を扱うため、重要になってくるのは自社の経営状態ではなく、売掛先の経営状態です。

そのため、たとえ会社の経営状態がよくなかったとしても審査に通りやすく、他の資金調達手段とくらべてお金を用意しやすいのです。

理由⑧:売掛金が支払われるまでが長いから

ファクタリング_建設業_支払いサイト
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、売掛金が支払われるまでが長いことも挙げられます。

建設業界は受注した仕事を行ってから、実際に支払いが行われるまでの支払いサイトが2~3ヶ月程度と、他の業界と比べても長いことで知られています。

そのため、お金を用意しなくても、なかなか支払いが行われず、資金不足に陥るリスクが相対的に高いです。

このようなリスクを抑えるために、ファクタリングが利用される場合があります。

理由⑨:元請会社の倒産リスクを回避できるから

ファクタリング_建設業_倒産リスク
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、元請会社の倒産リスクを回避できることも挙げられます。

ファクタリングでは、元請け会社から発行された売掛金を担保として資金調達を受けられます。

そして、一般的なファクタリングの契約ではたとえ元請け会社が倒産したとしても、資金調達したお金は一切返す必要がありません。

一方、ファクタリングを利用せず売掛金の支払いを待っていた場合、元請け会社が倒産すると売掛金の支払いを受けられません。

特に大きな発注元だった場合、連鎖倒産する場合もあるでしょう。

ファクタリングではそのようなリスクを回避できるのです。

理由⑩:負債が増えないから

ファクタリング_建設業_負債
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、負債が増えないことも挙げられます。

ファクタリングでは会計上、資産の部に計上される売掛金が減るだけで、ファクタリングで調達したお金が負債に計上されるわけではありません。

そのため、対外的に見ても、負債が大きくならず、経営状態を心配されるリスクが少ないです。

また、一般的にはより少ない資産で大きな利益を上げる企業のほうが優れていると判断されます。

ファクタリングを行うと利益は変わらないものの資産は減るため、企業評価まで向上する可能性があるのです。

理由⑪:企業評価が下がらないから

ファクタリング_建設業_企業評価
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、企業評価が下がらないことも挙げられます。

「負債が増えない」という理由とも関連しますが、ファクタリングでは負債が増えることはないため、企業評価が下がることはありません。

ファクタリングは負債を増やさずに資金調達を行える数少ない方法のひとつです。

理由⑫:赤字でも利用できるから

ファクタリング_建設業_赤字
建設業でファクタリングが好まれる理由としては、赤字でも利用できることも挙げられます。

普通の借り入れの場合、赤字であることはマイナス要因になります。

黒字と比べると赤字は経営状態が良くないと考えられ、貸し倒れのリスクが高いと考えられてしまうからです。

一方、ファクタリングであれば、自社の業績がたとえどうであろうと関係ありません。

ファクタリングは売掛金を担保に資金調達できる性質上、売掛先の経営状態が重視されることはあっても、自社の業績が重視されることはないからです。

建設業者がファクタリングを利用する時の7つの注意点

ファクタリング_建設業_注意点
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点は主に以下の7つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:手数料がかかる

ファクタリング_建設業_手数料
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としてまず挙げられるのは、手数料がかかることです。

ファクタリング会社もビジネスでサービスを展開していますから、他の借り入れ手段と同じように、当然手数料はかかります。

最短即日で借りれること、経営状態が悪くても利用しやすいことなどから、手数料も安いわけではありませんので注意しましょう。

注意点②:売掛先の業績が悪いと資金調達できない

ファクタリング_建設業_資金調達
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、売掛先の業績が悪いと資金調達できないことも挙げられます。

ファクタリング会社にとって、一番避けたいことは、売掛先が倒産して売掛金を回収できなくなることです。

そのため、ファクタリング会社は売掛先の経営状態は重視します。

ファクタリングを利用する時には、できるだけ経営状態が安定してそうな会社の売掛金を選択するのがおすすめです。

注意点③:(3社間の場合)売掛先にファクタリングの事実を知られる

ファクタリング_建設業_事実
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、売掛先にファクタリングの事実を知られることも挙げられます。

3社間ファクタリングでは売掛先の審査を詳細に行うため、売掛先にファクタリングの事実を知られてしまいます。

ファクタリングは経営状態が良くない会社でもできることから、ファクタリングの事実が発覚すると「経営状態が良くないのではないか」と業界内で良からぬ噂が立てられてしまう場合もあります。

特に決算を公表していない非上場企業の場合、3社間ファクタリングを利用するかどうかは慎重な判断が必要でしょう。

注意点④:資金繰りの悪化を勘ぐられる可能性がある

ファクタリング_建設業_悪化
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、資金繰りの悪化を勘ぐられる可能性があることも挙げられます。

ファクタリングでは売掛先の経営状態が問われることはあっても、ファクタリング利用会社の経営状態が問われることはありません。

そのため、経営状態が良くない会社でも利用することができ、ファクタリングには「経営状態が良くな会社が利用するもの」というイメージがあることも事実です。

取引先の信用を失わないためにも、ファクタリングの事実が第三者にバレない2社間ファクタリングのほうが無難かもしれません。

注意点⑤:譲渡不可の売掛債権は使えない

ファクタリング_建設業_譲渡不可
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、譲渡不可の売掛債権は使えないことも挙げられます。

売掛金の中には、譲渡不可の条項が含まれているものもあります。

ファクタリングでは売掛金を受け取る権利をファクタリング会社に譲渡するため、譲渡不可の売掛金はファクタリングに利用できないので注意しましょう。

注意点⑥:悪徳業者に騙される可能性がある

ファクタリング_建設業_悪徳業者
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、悪徳業者に騙される可能性があることも挙げられます。

ファクタリングを扱う会社の中には、悪質な運営を行っているところがあるのも事実です。

これは、ファクタリングは貸金業法の適用外であることが関係しています。

ほとんどのファクタリング会社は誠実な運営を行っていますが、悪徳業者を見分ける目も必要になるでしょう。

注意点⑦:売掛金以上の金額は借りれない

ファクタリング_建設業_売掛金
建設業者がファクタリングを利用する時の注意点としては、売掛金以上の金額は借りれないことも挙げられます。

当たり前ですが、売掛金を担保にする以上、それ以上の金額は借りれません。

売掛金以上の金額が借りれたらファクタリング会社が損してしまうからです。

多額のお金を必要としている場合には、銀行の融資などを活用するべきでしょう。

建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時の6つのポイント

ファクタリング_建設業_ポイント
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントは主に以下の6つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:手数料が低い会社を選ぶ

ファクタリング_建設業_手数料
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしてまず挙げられるのは、手数料が低い会社を選ぶことです。

手数料は低いに越したことはありません。

ちなみに、一般的には3社間ファクタリングのほうが手数料は低いと言われています。

ポイント②:現金化のスピードが早い会社を選ぶ

ファクタリング_建設業_スピード
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしては、現金化のスピードが早い会社を選ぶことも挙げられます。

今すぐにファクタリングで資金調達したいのであれば、すぐにお金を手に入れられるほうが良いですよね。

ファクタリング会社の中には、最短即日で売掛金を現金化できるところもあります。

ポイント③:買取限度額が高い会社を選ぶ

ファクタリング_建設業_買取限度額
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしては、買取限度額が高い会社を選ぶことも挙げられます。

ファクタリング会社の多くは買い取れる売掛金の額に上限を設定しています。

あまりにも多額の売掛金を買い取り、それが踏み倒されてしまった場合に、ファクタリング会社が倒産する可能性があるからです。

建設業界では多額の売掛金が発生しやすいですから、買取限度額が高いファクタリング会社のほうが利用しやすいでしょう。

ポイント④:信頼できる会社を選ぶ

ファクタリング_建設業_信頼
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしては、信頼できる会社を選ぶことも挙げられます。

上でも説明したとおり、世の中には悪徳ファクタリング会社も存在します。

そのような業者は避け、信頼できるファクタリング会社を利用すると良いでしょう。

ポイント⑤:売掛先にバレない会社を選ぶ

ファクタリング_建設業_バレない
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしては、売掛先にバレない会社を選ぶことも挙げられます。

ファクタリングのうち、2社間ファクタリングでは売掛先にファクタリングの事実がバレません。

建設業界では「経営状態が良くないのではないか」と思われると仕事が受注しにくくなるケースもあるため、ファクタリングを行っていることは売掛先には隠しておいたほうが無難でしょう。

ポイント⑥:建設業界での実績がある会社を選ぶ

ファクタリング_建設業_実績
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしては、建設業界での実績がある会社を選ぶことも挙げられます。

建設業界での実績が豊富であれば、建設業界ならではの事情も理解してくれやすいでしょう。

中には建設業界に特化したファクタリング会社もあるので検討してみると良いでしょう。

建設業に強いファクタリング会社5選

ファクタリング_建設業_会社
建設業に強いファクタリング会社は主に以下の5つです。

それぞれのファクタリング会社について詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング_建設業_ビートレーディング
ビートレーディングは最大買取額の設定がないのが特徴的なファクタリング会社です。

建設業界で発生しがちな多額の売掛金にも対応できます。

その上、これまでの累計買取債権額は409億円と高い実績を持っています。

最短12時間で借りれるという特徴も持っているので利用してみてはいかがでしょうか。

アクセルファクター

ファクタリング_建設業_アクセルファクター
アクセルファクターは手数料の安さが魅力的なファクタリング会社です。

3社間ファクタリングの場合、手数料は2%~と大変安くなっています。

その上、取引の半分以上で即日の入金が行われているなど、すぐにお金を用意したい場合にも最適です。

アンカーガーディアン

ファクタリング_建設業_アンカーガーディアン
アンカーガーディアンは西日本を中心に活動するファクタリング会社です。

九州や大阪などに支店があります。

最大5000万円までの売掛金を買い取ることができ、手数料も3%~と安めに設定されています。

アクシアプラス

ファクタリング_建設業_アクシアプラス
アクシアプラスが提供する「いーばんく」は24時間無料で対応してもらえるファクタリングサービスです。

審査通過率は90%以上と、他社と比べても高い数値となっており、売掛金を現金化しやすくなっています。

その上、平日のみならず、土日や祝日での振り込みにも対応しています。

アクティブサポート

ファクタリング_建設業_アクティブサポート
アクティブサポートは手軽に申し込めるファクタリング会社です。

通常のファクタリングサービスでは身分証明書、売掛先との契約書などの書面が必要になります。

しかし、アクティブサポートでは請求書と通帳のコピーさえあればファクタリングが利用でき、気軽になっています。

ファクタリングを申し込む時の6手順

ファクタリング_建設業_手順
ファクタリングを申し込む時の手順は主に以下の6手順です。

STEP.1
ファクタリング相談

まずはファクタリング会社にファクタリングをしたいことを相談しましょう

ファクタリングの相談はファクタリング会社への来社、担当者による訪問などさまざまです。

現在ではオンラインでの相談ができるファクタリング会社も多くなっています。

STEP.2
申込書の記入

次に、申込書に記入を行います。

申込書はファクタリング会社からもらうことができます。

STEP.3

次に、必要書類の提出を行います。

必要な書類は場合によりますが、身分証明書や取引先との契約書などが必要になる場合が多いです。

STEP.4
審査

次に、ファクタリング会社で審査が行われます。

ファクタリング会社での審査の詳細については以下の記事で解説しています。

ファクタリング_審査_アイキャッチファクタリングの審査|審査基準・通るポイント・落ちる会社の特徴は?
STEP.5
契約成立

次に、いよいよ契約成立です。

ここでファクタリングが利用できることが確定します。

STEP.6
入金

最後に、ファクタリング会社から入金が行われます。

ここまで最短即日で終わるケースも多くあります。

建設業とファクタリングのまとめ

ファクタリング_建設業_まとめ
ファクタリングとは売掛債権を担保にした資金調達をする行為です。

建設業でファクタリングが好まれる理由は以下のとおりです。

建設業者がファクタリングを利用する時の注意点は以下のとおりです。
建設業に強いファクタリング会社を選ぶ時のポイントとしては以下のようなものが挙げられます。
建設業に強いファクタリング会社は以下のとおりです。
ファクタリングを申し込む時には以下の6手順を踏むことになります。