ファクタリング手数料の相場はいくら?手数料から選ぶおすすめ会社はどこ?

ファクタリングの手数料ってどれくらいが相場?
出来るだけ手数料を抑えてファクタリングするならどこの会社がいいの?

そのようなお悩みをお抱えの方いらっしゃると思います。

ファクタリングは借金では無いため、信用情報に一切影響を与えずに、最短即日で資金調達が可能な近年人気急上昇中の資金調達手段です。

今回の記事ではファクタリングの手数料について解説し、平均的な手数料相場を紹介した上で、手数料から選ぶおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

今回の記事を読んでいただければ、ファクタリング会社の手数料などをご自身で判断してどこを利用するか決めることができるようになります!

この記事からわかること

  • ファクタリング手数料の詳細
  • ファクタリング手数料の決まり方
  • ファクタリング手数料の相場
  • ファクタリング手数料の種類別の相場
  • ファクタリング手数料に関するよくある質問

ファクタリングを行う前に、まずは最短3分でできる無料診断!

以下の項目を入力していただければ、ご自身の状況に合わせて手数料などを含めたファクタリング利用可能額を簡単に診断することができます!

ファクタリング会社に連絡してからイチイチ診断結果を待つよりも、先に簡単診断で目安額を見よう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断
ざっくり言うと...
  • ファクタリングの手数料は「登記費用」「事務経費」「ファクタリング会社の利益」!
  • ファクタリング手数料は利用者や取引先の信用度、希望額などで決まる!
  • ファクタリング手数料は上手に交渉すれば効果的に下げることができる!
  • 手数料からファクタリング会社を選ぶなら「三共サービス」「ビートレーディング」の2社がおすすめ!

即日でファクタリング取引を行いたい」という方には入金スピードから選ぶファクタリング会社を以下の記事で解説しています。

ファクタリングの手数料とは?

ファクタリング手数料とは

ファクタリング を利用する際に気にするポイントとしては「手数料」があげられると思います。

しかし、そのファクタリング手数料がどのように決まっているのか?と言うことまで意識してファクタリング会社を選んでいると言う方は少ないのでは無いでしょうか。

まずは、ファクタリングの手数料はどこにかかっているのか?と言うことを解説していきます。

ファクタリングの手数料はどこにかかってるの?

ファクタリングの手数料は大きく分けて3つに分類されます。

ファクタリング手数料内訳
  • 登記費用
  • ファクタリング会社の事務的な経費等
  • 基本手数料(ファクタリング会社の利益)

これらの手数料をそれぞれ理解しておくことによって、実際にファクタリング会社に相談に行った際に有利に交渉を進めることもできるようになります。

それではそれぞれ1つ1つ解説していきます。

ファクタリング手数料内訳:登記費用

ファクタリングでは「債権譲渡登記」が契約の条件に入る場合があります。

債権譲渡登記は別段必須というわけではありませんが、ファクタリング会社からすると「2重譲渡」を避けることができるというメリットがあります。

債権譲渡登記を行うと、登記費用という固定費にも近いものは発生しますが、以下のようなメリットを期待することもできます。

  • ファクタリング会社にとってはリスク軽減になるため、手数料が低くなる可能性がある。
  • ファクタリング会社にとってリスクが低くなるということは、審査通過の可能性が高くなる

また、債権譲渡登記には以下のような費用が発生します。

司法書士報酬 5万円~10万円程度
登録免許税 7,500円

そのため、登記費用の10万円前後はファクタリング手数料としては固定費として考えるのが良いです。

ファクタリング手数料内訳:ファクタリング会社の事務的経費

ファクタリング 取引にかかった諸経費を請求してくる会社もあります。

ファクタリング 会社によっては遠方への出張対応の場合「出張費」として高額を請求してくる会社もあります。

ファクタリング 会社の中にはこの事務的経費の中によくわからない不透明な経費を申請してくる場合もあるのです。

不透明な手数料を要求されている場合にはしっかりとファクタリング 会社に説明を要求しましょう。

ファクタリング 手数料内訳:基本手数料(ファクタリング会社の利益)

最後に基本手数料です。

これは簡潔にいうと「ファクタリング 会社の利益」です。

基本的にファクタリング の手数料は以下のように表すことができます。

売掛債権の金額 - 買取金額 = ファクタリングの手数料

と上記のようなファクタリング 手数料の内訳がわかったところで次の章に進みましょう。

ファクタリングの手数料はどのように決まっている?

ファクタリング手数料決定要因

ファクタリング の手数料の内訳がわかっても、やはり知っておくべき大事なポイントとして

ファクタリング 手数料がどうやって決まっているか?

というのをきちんと知っておきましょう。

手数料の決定要因を知っておくことで、効率的に手数料を下げることができるようになります。

まず、ファクタリング 手数料の決定要因を結論から述べてしまうと以下の通りです。

ファクタリング手数料の決まる要因
  • 取引先の信用度
  • ファクタリング利用者の人柄や信用
  • 2社間・3社間どちらのファクタリングを行うか
  • 売掛金のファクタリング利用希望額

という5つの要因が組み合わさりファクタリング の手数料は決められます。

手数料が高額になるか、低額になるかという早見表は以下のような形で表されます。

低額な手数料になるケース 高額な手数料になるケース
売掛先の信頼性 信頼性が高い 信頼性が低い
ファクタリング 利用者の人柄や信用 人柄・信頼の評価が高い 人柄・信頼の評価が低い
2社間・3社間 3社間 2社間
売掛金のファクタリング希望金額 高い 低い

それでは1つ1つの項目について詳しく解説していきます。

ファクタリング 手数料の決定要因:取引先の信用度

ファクタリング手数料は取引先の信用度

ファクタリングは売掛金の債権を買い取るサービスですので、ファクタリング 審査の際には利用者よりも売掛先である取引相手の信用度の方が重要視されます。

そのため、売掛先が創業直後の会社や、経営が危うい会社の場合、ファクタリングリスクは高まるため、手数料も高くなります。

逆に大手などの信頼性の強い会社が取引先で売掛金をファクタリング したい場合には、売掛金の信用度はかなり高いため、ファクタリング 手数料は低く抑えることができます。

ファクタリングを行う際には売掛金がしっかりと払われるか?という信頼度をしっかりと確認しましょう。

ファクタリング手数料の決定要因:利用者の人柄・信用

ファクタリング手数料利用者

ファクタリングは利用者よりも売掛先の信用度が重要」と上記では記述しましたが、もちろん利用者自身が全く見られないわけではありません。

ファクタリングは基本的に保証人や担保を一切つけずに債権を買い取るということになるので、形式的にはプロパー融資(信用貸し)とほぼ一緒です。

2社間ファクタリング を利用した場合、売掛金は本来の適切な時期に一旦利用者の口座に振り込まれ、そこからファクタリング 会社に振り込む形式になります。

そのため、ファクタリング 会社からすると「利用者は売掛金をしっかり回収して、ファクタリング 会社へ入金してくれる」ということは完全に利用者の人柄などを見て判断することになります。

その信用をしっかりと得ることができたら、回収リスクが低くなるため、手数料も低くなります。

逆に「少しだけ信用できないな」という印象がファクタリング 会社に持たれてしまうと、手数料を高く設定されたり、ファクタリング 取引自体断られてしまう場合があるので注意してください。

ファクタリング手数料の決定要因:2社間・3社間ファクタリングどちらを利用するか

ファクタリング手数料2社間3社間

ファクタリングの手数料を決定する要因としては「2社間・3社間ファクタリング」で異なります。

手数料を重要視してファクタリング を行う場合には3社間ファクタリングがおすすめです。

2社間ファクタリングは売掛金の回収は利用者が行いますが、3社間ファクタリングは回収からファクタリング 会社が行います。

そのため、回収リスクが3社間ファクタリングの方が低いため、ファクタリング の手数料も低く抑えることができます。

2社間・3社間ファクタリング については以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリング手数料の決定要因:売掛金のファクタリング利用希望額

ファクタリング手数料_希望額

ファクタリング の手数料はファクタリング の利用金額によっても左右します。

一般的に買取額が大きくなれば大きくなるほど手数料は低くなっていきます。

逆に、買取希望額が数万円〜数10万円だと手数料は比較的高くなってしまいます。

ファクタリング会社の視点から見ると少額の案件を多数こなすよりも、高額の案件を一件受注した方が人件費も低く楽に稼ぐことができるためです。

しかし、いくら高額の案件がファクタリング会社にとって好まれるとは言え「信用度が低い高額案件」というのはどこのファクタリング会社にも断られる可能性が高いので注意が必要です。

ファクタリングを検討している方は、まず下の診断からあなたに合ったファクタリング会社導き出しましょう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ファクタリング手数料の相場は?【2社間・3社間】

ファクタリング手数料相場

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
10%~30% 1%~10%

ファクタリングの手数料の相場は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで大きな差があります。

2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が手数料面では遥かに低く設定されています。

3社間ファクタリングは売掛先の合意が必要となるため、「売掛金が振り込まれない」や「二重譲渡」といったリスクが少なくなるので、手数料が低く抑えられます。

費用面で考えた場合は3社間ファクタリングのことを確実にお勧めすることができます。

しかし、3社間では取引先へファクタリング利用を打ち明け、債権譲渡の承諾手続きを行う必要があるため、利用へのハードルは高いです。

2社間ファクタリングはその点、手数料は高いですが、取引先にはファクタリング利用を知られることなく、スムーズに利用することができるというメリットがあります。

2社間ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングは上述の通り3社間ファクタリングよりも手数料が高く設定されています。

2社間ファクタリングが手数料が高くなってしまうのは、2社間では売掛金の回収が利用者側にあるということが原因で挙げられます。

2社間ファクタリングではファクタリング会社には主に以下のようなリスクがあります。

ファクタリング 会社のリスク
  • 売掛金が振込されない(持ち逃げ)
  • 売掛先と利用者が共謀した詐欺
  • 債権の二重譲渡

上記の3つのようなリスクが存在するため、2社間ファクタリングは3社間ファクタリング よりも手数料が高くついてしまいます。

しかし、手数料が高い代わりに2社間ファクタリングは売掛先にファクタリングを利用したことがバレないというメリットがあります。

長く親密な関係性を築いている取引先ならまだ可能ですが、基本的に売掛債権の売却を検討しているということを伝えるのは、会社の経営状況がかなり悪いと伝えているようなもので、相手に今後の関係性に不安を与えてしまう可能性が大きいです。

2社間ファクタリング の手数料実例

2社間ファクタリングの実際の手数料のケースの計算例をご紹介していきます。

売掛債権額 200万円
買取手数料 15%
司法書士報酬 5万円
登記手数料 7500円
振込手数料 0円

このケースの場合の手数料は

MEMO

200万円 × 15% = 300,000円(買取手数料) + 50,000円(司法書士報酬) + 7500円 = 357,500円

になります。

この手数料を希望売却額から差し引いた額が利用者が調達できる金額です。

手数料を引いた調達額

2,000,000円 – 357,500円 =  1,642,500円

3社間ファクタリングの手数料

3社間ファクタリングは2社間ファクタリング よりも断然手数料相場が安いです。

3社間ファクタリングは売掛先が債権譲渡を同意して、行うファクタリングのため、売掛金の回収はファクタリング会社が行います。

そのため、3社間ファクタリングは未回収リスクがかなり低くなるので、手数料相場が低く設定されています

しかし、3社間ファクタリングはファクタリングを利用するということを取引先に伝える必要があるので、その点には注意が必要です。

3社間ファクタリング の手数料実例

売掛債権額 200万円
買取手数料 5%
司法書士報酬 0円
登記手数料 0円
振込手数料 0円

このケースの手数料は200万円の5%である10万円のみです。

200万円から10万円を引いた1,900,000円が調達可能な金額になります。

種類別のファクタリング手数料相場一覧

ファクタリングには法人向けの2社間3社間だけではなく、様々な種類のファクタリングが存在します。

今回は代表的な4つの種類のファクタリング手数料相場を紹介していきます。

手数料相場

一括ファクタリング 2社間: 10%~30%
3社間: 1% ~ 10%
医療・診療ファクタリング 1%~2%
国際ファクタリング 1%~2%
保証ファクタリング 2%~15%

ファクタリングは種類も多数あり、手数料はそれぞれのリスクに合わせ異なります。

固定手数料が設定されているところ以外は個別の交渉次第で手数料減額等も考えられます。

一括ファクタリングの手数料

一括ファクタリング では売掛金回収リスクによって手数料はかなり左右されます。

かなり優良な企業でなければ、未回収のリスクはそれなりについてきます。

ファクタリング会社は未回収リスクなども利用者の会社に代わって背負う必要があるので、必然的に手数料はしっかりと取ります。

医療・診療ファクタリングの手数料

医療・診療ファクタリング には

診療報酬ファクタリング ・歯科診療報酬ファクタリング ・介護報酬ファクタリング ・調剤報酬ファクタリング が存在します。

保健機関からの支払われる報酬は未回収リスクがほぼ無いに等しいため、手数料相場はかなり低いです。

しかし、入金までに通常2ヶ月ほど要します。

医療・診療ファクタリングは手数料相場が1%~2%とかなり低めなのでキャッシュ不足に陥ってしまった場合は、ファクタリングを利用しましょう。

国際ファクタリングの手数料

国際ファクタリング は国際的な輸出取引の際に使用されるファクタリング です。

国際ファクタリングは国内のファクタリング 会社だけではなく、海外にあるファクタリング 会社と連携して与信調査やリスク管理を行います。

国際ファクタリングは海外のファクタリング 会社と合同で行うファクタリング のため、国内の小規模ファクタリング 会社では取り扱っていないケースが多く、メガバンク系のファクタリング 会社に依頼するのが好ましいです。

保証ファクタリング の手数料

保証ファクタリングはこれまで解説してきた、売掛金を買い取るファクタリング というよりも、売掛金の回収リスクを回避するための保険のようなサービスです。

信頼性に不安があるファクタリングに保証ファクタリング を行うことで。売掛金を全額失うリスクを軽減することができます。

保証ファクタリング では売掛先の信用度などのリスクに応じた保証料(手数料)を支払うことによって、売掛金が回収不可能になってしまった場合に、ファクタリング会社が売掛金分の金額を保証してくれるサービスです。

保証ファクタリングは相場が2%~15%となっているものの、売掛先の信用度などに応じてかなり変化の幅が多いです。

ファクタリング手数料の安いおすすめ会社

①三共サービス

手数料からファクタリング会社を選ぶ際に1番おすすめできるのが「三共サービス」です。

三共サービスは、手数料が他のファクタリング会社より頭一つ安いと言えます。

三共サービスのファクタリング内容等詳細を解説していきます。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権介護報酬債権
利用可能対象者 法人
買取可能額 50万円〜3000万円
手数料 二者間ファクタリング5%~8%
三者間ファクタリング1.5%~5.0%
入金スピード 最短翌日
対応エリア 全国対応可能

と上記のようになっています。

注目するべきなのはファクタリングの手数料です。

三共サービスは業界でもトップクラスの水準の手数料を誇っており、手数料を抑えてファクタリングをしたい!という方におすすめのファクタリング会社です。

ファクタリング会社では最低手数料の記述をするところはあっても最高手数料まで明記する会社は多くありません。

そのため、最低から最高までしっかりと手数料を明記している三共サービスは非常に信頼できる会社ということができます。

ファクタリング会社「三共サービス」の総合的な評価は以下の通りです。

三共サービスの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

三共サービスの公式サイトはこちら

三共サービスの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社三共サービス
代表者名 飯村 雅
設立 2001年7月
資本金 1000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階

営業時間 平日9:00~19:00

三共サービスは手数料だけではなく、入金スピード等も優れており、最短即日での入金が可能なファクタリング会社です。

三共サービスでは様々な利用者に対するキャンペーンを行なっているので要チェックです!

三共サービスで行なっているキャンペーン
  • ファクタリング初回利用の方は事務手数料無料!
  • ファクタリングを他社から乗り換えて利用する場合、お得に利用できる!

三共サービスの公式サイトはこちら

三共サービスについては以下の記事で評判・口コミやメリットさらに利用方法など詳しく解説しています。

②ビートレーディング

即日調達可能なファクタリング会社:ビートレーディング

手数料から選ぶファクタリング会社第2位はビートレーディングです。

ビートレーディングは他のファクタリング会社よりも2社間取引の最低手数料が低いため、信頼性が強い売掛金ならかなり低い手数料で買い取ってくれそうです。

それではビートレーディングのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

ビートレーディングはファクタリング会社の中でも、非常に幅広い買取額を誇っています。

さらに利用者が法人でも個人事業主でもOKということなので、個人事業主の方の小口の売掛金から建設業や不動産業などの大口の売掛金まで対応することができます。

ファクタリング会社「ビートレーディング」の総合評価は以下の通りです。

ビートレーディングの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

ビートレーディングの公式サイトはこちら

ビートレーディングの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00~18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

ビートレーディングは全国対応が可能なファクタリング会社です。

ビートレーディングはファクタリング会社の中でも古くからある部類で取引実績等の観点からも非常に信頼のできるファクタリング会社ということができます。

③OLTA(オルタ)

ファクタリング 手数料

OLTAはオンラインで全ての手続きが完了する、クラウドファクタリングを導入しています。

そのため、地方の法人や個人事業主でも思い立ったらすぐにファクタリングを利用可能です。

またOLTAは2社間ファクタリングを専門に取り扱う会社なので、取引先にファクタリングを利用したことを知られるリスクを抑えられます。

それではOLTAのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~9%(2社間)
入金スピード 最短即日(24時間)
対応エリア 全国対応可能

OLTAの2社間ファクタリングの手数料は、2%から最大でも9%と非常に低く設定されています。

最大でも9%とホームページに明記されているため、売掛金の金額が少ない場合でも安心して利用できるでしょう。

ファクタリング会社「OLTA」の総合評価は以下の通りです。

OLTAの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

OLTAの公式サイトはこちら

OLTAの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 OLTA株式会社
代表取締役 澤岻 優紀
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山II 3F
営業時間 03-5843-0488 (代表)
事業内容
  • クラウドファクタリング事業

OLTAはクラウドファクタリングを導入しているため、全国どこからでも申込可能です。

担当者との面談などが不要な場合には、手数料も安いため非常におすすめなファクタリング会社だと言えるでしょう。

④QuQuMo

ファクタリング 手数料

QuQuMoも、オンラインで手続きが完了するクラウドファクタリングサービスを展開しています。

スマートフォンさえあれば資金を調達できるため、利用しやすいサービスとなっています。

もちろん法人にも個人事業主にも対応していて、売掛金さえあれば申込可能です。

なお審査時に提出する書類は請求書と通帳の2点のみなので、煩わしい書類の準備がありません。

実際の手数料がいくらになるのか確認したい際にも大変便利でしょう。

それではQuQuMoのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 1%~(2社間)
入金スピード 最短即日(2時間)
対応エリア 全国対応可能

2社間ファクタリングを専門に扱う会社で、買取可能額に制限はありません。

なお2社間ファクタリングなのに手数料は1%からという、驚きの数値に設定されています。

全ての手続きをオンラインに移行することで、人件費などを抑えているのでしょう。

しかし、最大手数料についてはホームページに記載がありません。

売掛金の金額などによっても手数料は異なるはずです。

契約前に必ず手数料がいくらになるのか確認しましょう。

ファクタリング会社「QuQuMo」の総合評価は以下の通りです。

QuQuMoの評価
手数料
(4.0)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

QuQuMoの公式サイトはこちら

QuQuMoの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社アクティブサポート
代表取締役 羽田 光成
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
営業時間 03‐5957‐5950
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業

最小手数料の安さが魅力的なQuQuMoですが、入金スピードは他の会社と比較してもピカイチです。

申込から最短2時間で振込まで対応してくれるなど、条件さえ揃っていればすぐに対応してもらうことができそうです。

全ての手続きがオンライン対応であるため、わざわざ担当者との面談のために事務所に訪問する必要もありません。

現場から離れられない場合や切羽詰まっている場合などには、大変おすすめできる会社だと言えるでしょう。

⑤anew

ファクタリング 手数料

新生銀行と先ほどお伝えしたOLTAの共同事業として誕生したanew。

そんなanewも申込から資金調達まで全ての手続きがオンラインで完結する、クラウドファクタリングを展開しています。

申込後、24時間以内に見積もり結果を提示してくれるなど、急いでいるときには大変おすすめできる会社です。

それではanewのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~9%(2社間)
入金スピード 最短即日(24時間)
対応エリア 全国対応可能

OLTAとの共同事業であるため、手数料やサービス内容などは基本的に変わりありません。

手数料は2社間ファクタリングで2%から9%と、業界の中でも最安値に設定されています。

なお入金スピードに関しても、最短即日で対応してくれるなど、急いでいるときの強い味方だと言えるでしょう。

オンラインで手続きが完了するため、全国の法人や個人事業主に対応しています。

ファクタリング会社「anew」の総合評価は以下の通りです。

anewの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

anewの公式サイトはこちら

anewの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 OLTA株式会社
代表取締役 澤岻 優紀
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山II 3F
営業時間 03-5843-0488 (代表)
事業内容
  • クラウドファクタリング事業

※anewで審査や問い合わせ対応を行なっているのはOLTAになります。

なお先ほどお伝えしたように、新生銀行との共同事業となります。

⑥ファクタリングのTRY

ファクタリング 手数料

ファクタリングのTRYは、2社間ファクタリングに特化したファクタリング会社です。

買取可能額は10万円から5000万円に設定されています。

比較的少額の売掛金に対応しているため、個人事業主でも利用しやすい会社だと言えるでしょう。

なお、手数料に関しては最小値が5%からに設定されています。

しかし手数料の最大値についてはホームページに記載がありません。

そのため、申込前に必ず手数料がどのくらいになるのか問い合わせしてみましょう。

それではTRYのファクタリング詳細を見ていきましょう

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 10万円から5000万円まで
手数料 2%~(2社間)
入金スピード 最短即日(24時間)
対応エリア 全国対応可能

取引先に知られずに取引できると話題の2社間ファクタリング。

しかし、債権譲渡登記が必須のファクタリング会社を利用した場合、登記情報から取引先に売掛金を売却したことを知られてしまう可能性はゼロではありません。

そのため、債権譲渡登記なしで契約できるファクタリング会社を探している方も多いでしょう。

そんなときには、ファクタリングのTRYが最適です。

債権譲渡登記なしで2社間ファクタリングの利用ができます。

ファクタリング会社「TRY」の総合評価は以下の通りです。

TRYの評価
手数料
(3.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

TRYの公式サイトはこちら

TRYの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社SKO
代表取締役 木村 良太
所在地 〒110-0015
東京都台東区東上野 2-21-1-4F ケーワイビル
営業時間 03-5826-8680
事業内容
  • ファクタリング事業
  • 営業コンサルティング事業

とにかく秘密主義で契約を進めてくれるファクタリング会社を探している場合には、ファクタリングのTRYが最適ですよ!

なお問い合わせ時に、債権譲渡登記なしでの契約を希望していることを伝えるようにしましょう。

⑦ベストファクター

ファクタリング 手数料

償還請求権請求権なしのファクタリング会社を探しているなら、ベストファクターがおすすめです。

償還請求権とは?
償還請求権とは、ファクタリング会社が売掛金を回収できなくなった際に、利用者に売掛金を請求できる権利のことをいいます。

つまり、ファクタリング会社に償還請求権があり何らかの事情で売掛金が支払われなかった場合に、利用者が売掛金をファクタリング会社に支払わなければならないのです。

しかし、ベストファクターでは償還請求権なしの契約(別名:ノンリコース)となるため、万が一のことが起きた場合でも利用者が売掛金を支払う必要はありません

基本的にはそのような事態は起きないでしょうが、売掛金の金額が高い場合などは上記の契約をした方が身を守れます。

なお来店不要で資金を調達できるため、忙しい経営者にも利用をおすすめできます。

それではベストファクターのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円から1億円まで
売掛先の規模などによっては、1億円以上の対応も可能。
手数料 2%~
入金スピード 最短即日(24時間)
対応エリア 全国対応可能

ベストファクターの手数料は2%からとなっています。

実際に手数料がどのくらいになるのか知りたい場合は、公式ホームページで公開されている簡易診断シミュレーターを利用してみましょう!

売掛金の金額や、事業形態、法人の規模などに答えて、会社名や担当者名を記載すれば、手数料がどのくらいになるのかシミュレーションできるようになっています。

ファクタリング会社「ベストファクター」の総合評価は以下の通りです。

ベストファクターの評価
手数料
(4.0)
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

ベストファクターの公式サイトはこちら

ベストファクターの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社アレシア
代表取締役 班目裕樹
所在地 〒162-0801
東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース 4F
営業時間 03-4214-8282
事業内容
  • ファクタリング事業
  • 資金・投資・経営コンサルティング事業

上記の東京本社以外に、大阪にも支社を構えています。

そのため東京や大阪周辺の法人や個人事業主にも利用をおすすめできます。

⑧日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング 手数料

日本中小企業金融サポート機構は、民間の会社ではなく一般社団法人です。

そのため手数料は比較的安く、ファクタリングによる資金調達の他に経営状況を改善するためのサポートなども実施しています。

それでは日本中小企業金融サポート機構のファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額なし
手数料 1.5%~10%
入金スピード 最短即日(24時間)
対応エリア 全国対応可能

最小買取額や最大買取額に関しては、特に規定がありません。

法人にも個人事業主にも対応しているため、気軽に相談できるでしょう。

なお手数料は1.5%から10%に設定されています。

オンラインでのファクタリングに対応しているため、遠方の事業者の資金調達も可能です。

「日本中小企業金融サポート機構」の総合評価は以下の通りです。

日本中小企業金融サポート機構の評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

日本中小企業金融サポート機構の公式サイトはこちら

日本中小企業金サポート機構の運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
代表取締役 谷口 亮
所在地 〒105-0011
東京都港区芝公園1丁目3−5 ジー・イー・ジャパンビル 2階
営業時間 03-6435-8727
事業内容
  • 資金調達事業
  • コンサルティング事業

資金調達に関しては無論、事業再生にかかわるコンサルティング事業も得意とする一般社団法人です。

そのため、ファクタリングの利用と同時に経営に関する相談をしたい法人や個人事業主にも利用をおすすめできます。

⑨アクセルファクター

ファクタリング 手数料

建築業や運送業のファクタリングに強いことで知られているアクセルファクター。

何らかの事情で工事が遅延し、請求書が未発行の場合でもファクタリングの相談が可能です。

また審査通過率は93%以上で、他社で断られた場合にも積極的に相談を受け付けています。

それではアクセルファクターのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最大1億円まで
手数料 2%~
売掛金が1001万円以上の場合、別途相談が必要。
入金スピード 最短即日(3時間)
対応エリア 全国対応可能

ファクタリング手数料は、売掛金の金額によっても異なりますが、2%からに設定されています。

なお売掛金が100万円未満の場合は、手数料が10%からに設定されています。

売掛金が1001万円を超える場合は、別途相談が必要となる点に注意しましょう。

買取可能金額に関しては、1億円まで対応しています。

ファクタリング会社「アクセルファクター」の総合評価は以下の通りです。

アクセルファクターの評価
手数料
(4.0)
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

アクセルファクターの公式サイトはこちら

アクセルファクターの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社アクセルファクター
代表取締役 本成 善大
所在地 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場 1F
営業時間 03-6233-9185
事業内容
  • ファクタリング事業

上記の東京本社の他にも、仙台や名古屋に営業所を構えています。

建築業や運送業の事情に詳しい業者なので、当てはまる場合には特におすすめできる業者だと言えるでしょう。

⑩えんナビ

ファクタリング 手数料

えんナビは、50万円から5000万円までの資金調達に対応したファクタリング会社です。

手数料が業界最安値を謳っていて、5%からに設定されています。

ホームページには最大手数料についての記載がないため、申込前に必ず手数料がどのくらいになるのか確認しましょう。

土日祝日関係なく、24時間365日スタッフが対応してくれるため、最短即日で資金を調達可能です。

なお、償還請求権なしの契約となっているため、万が一のときでも利用者が損をする心配がありません。

それではえんナビのファクタリング詳細を見ていきましょう。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 50万円から5000万円まで
手数料 5%~
入金スピード 最短即日(24時間)
対応エリア 全国

買取可能額の希望が50万円から5000万円までの法人や個人事業主は申込可能です。

公式ホームページでは30秒でできる簡単査定が公開されています。

具体的な手数料などについて知りたいときは、簡単査定を利用してみましょう!

簡単査定を行うことで、売掛金がどのくらいの金額になるのかわかるようになるでしょう。

ファクタリング会社「えんナビ」の総合評価は以下の通りです。

えんナビの評価
手数料
(3.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

えんナビの公式サイトはこちら

えんナビの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社インターテック
代表取締役 伊藤公治
所在地 〒110-0015
東京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階
営業時間 03-5846-8533
事業内容
  • ファクタリング事業

リピート率90%以上のえんナビなので、顧客満足度が高いことがわかります。

資金調達に困っている場合は、メールなどから問い合わせてみましょう。

ファクタリング手数料に関するよくあるQ&A

ファクタリング手数料に関するQ&A

こちらではファクタリングを検討する際によくある質問や疑問点などについて、Q&A形式でまとめてみました。

こちらの章を読んでいただければファクタリング取引を利用する際の疑問点を事前に解消することができます!

Qファクタリングの手数料は交渉によって変わってきますか?

A交渉次第で変わる可能性はあります。

ファクタリングの手数料は上述した5点で決まっています。

ファクタリング手数料の決まる要因
  • 取引先の信用度
  • ファクタリング利用者の人柄や信用
  • 2社間・3社間どちらのファクタリングを行うか
  • 売掛金のファクタリング利用希望額

ファクタリングの手数料は、目に見えない「信用」といった部分が手数料に影響を与えるため、交渉の余地は十分にあります。

特に希望額が大きい場合・売掛先の信用性が高い・利用者の社会的信用が強い・他者の利用状況などで手数料交渉を有利に進めれる可能性があります。

人と人の話し合いによって手数料は決まるので、誠実な姿勢を見せておく方が良い条件につながるのではないでしょうか。

Qファクタリング手数料の勘定科目は?

A.「売掛債権譲渡損」または「売掛債権売却損」になります。

ファクタリング手数料を勘定すると「売掛債権譲渡損」か「売掛債権売却損」になります。

また、ファクタリングを利用した際に発生した費用は全てまとめて計上しても大丈夫です。

登記費用等と手数料は分割して計上する必要はありません。

Qファクタリング手数料に税金はかかる?

Aファクタリング手数料には課税されません。

ファクタリングの手数料に対して消費税が課されることはありません。

ファクタリングで譲渡した売り上げには「非課税売上高」に含める必要はありません。

非課税売上高として計算してしまうと、必要のない税負担が増えてしまうので注意が必要です。

もし、ファクタリング会社と契約する際に契約書の方に「消費税」という記載で料金が発生していた場合は、ファクタリング会社に説明を求めましょう。

ファクタリング手数料まとめ

ファクタリング手数料まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事ではファクタリングの手数料に関して解説しました。

ファクタリング手数料は会社によって千差万別のため、しっかりと確認して利用しましょう!

それでは今回の記事をまとめていきます。

まとめ
  • ファクタリングの手数料は「登記費用」「事務経費」「ファクタリング会社の利益」!
  • ファクタリング手数料は利用者や取引先の信用度、希望額などで決まる!
  • ファクタリング手数料は上手に交渉すれば効果的に下げることができる!
  • 手数料からファクタリング会社を選ぶなら「三共サービス」「ビートレーディング」の2社がおすすめ!

この記事を読んで、少しでもファクタリングを検討してみようと考えている方は、以下の診断ツールからあなたに合ったファクタリング会社を診断してみましょう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)