ファクタリング優良会社の大手18社を種類別に紹介!最適な会社の選び方とは?

どのファクタリング会社を選べばいいのかわからない……。
ファクタリング業界の中で大手の会社を選べば安心して取引できるのだろうか……?

この記事では、ファクタリングによる資金調達を検討されている法人や個人事業主、フリーランス向けに、おすすめの大手ファクタリング優良会社を18社紹介します。

この記事を読めば、大手ファクタリング会社の特徴や種類、選び方などについてわかるようになるでしょう。

大手のファクタリング会社についてざっくりいうと
  • 大手のファクタリング会社は、独立系、ノンバンク系、銀行系の3種類に分けられる
  • 大手の独立系ファクタリング会社であれば、ビートレーディングがおすすめ
  • 大手のノンバンク系ファクタリング会社は、基本的に大口の取引がメイン
  • 大手の銀行系ファクタリング会社であれば、誰もが知る大企業なので安心感がある
  • 法人や個人事業主、フリーランスであれば、大手の独立系ファクタリング会社との取引がおすすめ

大手のファクタリングを検討している方に朗報です!

簡単に大手ファクタリング会社で資金調達できる金額のわかる診断ツールが何よりもおすすめです。

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます。

ファクタリングを検討して試算だけでもしてみたいならまずは30秒診断!

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

大手ファクタリング優良会社の選び方

一口に大手ファクタリング会社といっても、取引の種類や手数料、資金調達までにかかる日数、買取限度額など諸々の条件が異なります。

そこでここでは、自社にとってどんなファクタリング会社が優良なのか、的確なファクタリング業者の選び方について解説します。

きっとファクタリング会社によっても、取引の条件が異なるということをお分かりいただけるでしょう。

大手のファクタリング優良会社の選び方
  1. 2社間取引なのか、それとも3社間取引なのか
  2. 手数料の低さで選ぶ
  3. 申し込みから資金調達までにかかる日数で選ぶ
  4. 対応可能な買取限度額は自社に適しているか
  5. 償還請求権の扱いはどうなっているか
  6. ファクタリング会社の規模や評判はどうか

①2社間か3社間か取引方法で選ぶ

ファクタリングには2種類の取引方法があります。

ファクタリングの取引
  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社の2社間で完了する取引のことを言います。

それに対して3社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社、さらに売掛先の3社間で完了する取引のことを言います。

売掛先に知られずに取引できる2社間ファクタリングの方が人気があり、特に中小企業の経営者や個人事業主に指示されています。

また利用者とファクタリング会社という2社間での契約になるため、3社間ファクタリングよりも素早く売掛金を現金化できるというメリットもあります。

それぞれの取引のメリット・デメリットについては、以下をご覧ください。

2社間ファクタリングのメリットとデメリット

メリット

  • 最短即日で売掛金を現金化できる
  • 取引先にファクタリングの利用を知られずに済む

デメリット

  • 手数料が高めに設定されている
  • 2社間取引に対応していないファクタリング業者もある

続いては、3社間ファクタリングのメリットとデメリットについてお伝えします。

3社間ファクタリングのメリットとデメリット

メリット

  • 2社間ファクタリングよりも手数料が低め
  • 2社間ファクタリングよりも審査に通りやすい

デメリット

  • 売掛先にファクタリングの利用を知られてしまう
  • 必ずしも売掛先に了承を得られるとは限らない
  • 2社間ファクタリングと比較すると資金調達までに時間がかかる

2社間ファクタリングの方が手軽に利用できるものの、手数料が高めに設定されています。

なお3社間ファクタリングの場合、審査に通りやすく、手数料も低めに設定されているというメリットがあるものの、必ずしも売掛先の理解を得られるわけではないというデメリットもあります。

ぜひ、どちらの取引の方が自社にとって良いのかという視点で取引方法を選んでみましょう。

②手数料で選ぶ

2社間取引なのか、それとも3社間取引なのかでも手数料が異なります。

ファクタリング手数料の相場
  • 2社間ファクタリングの場合:10%から30%前後
  • 3社間ファクタリングの場合:1%から9%程度

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社が売掛金を回収できないリスクがあります。

そのため、手数料が高めに設定されています。

その反面3社間ファクタリングであれば、売掛先を交えた契約になるため、基本的には売掛金の未回収を防ぐことができます。

つまり、3社間ファクタリングの方がファクタリング会社にとってのリスクが少ないため、低い手数料で利用できるのです。

とはいえ、売掛先にファクタリングの利用を知られることで信用力が低下してしまうことを恐れている方もいるでしょう。

少しでも手数料を抑えたい方には、下記の手順を踏まれることをおすすめします。

ファクタリングの手数料を抑える方法
  • 複数社に見積もりを出す
  • 社会的に信用度の高い売掛先の売掛金を売却する

ファクタリング会社を選ぶときは、一社でなく必ず複数社に見積もりを出しましょう。

どのファクタリング会社も最低手数料については、わかりやすく記載されています。

しかし最高手数料については記載していなかったり、そもそも手数料自体の記載をしていなかったりすることもあるため、必ず見積もりをとることが重要なのです。

同時に複数社に見積もりを出すことで、手数料の低いファクタリング会社が明白になります

また、社会的に信用度の高い売掛先の売掛金を売却するというのも一つの手です。

2社間取引の場合、売掛先の社会的な信用度によって審査通過の有無が決まります。

つまり、信用度の高い売掛先の売掛金を売却することで、相場よりも高い手数料を取られずにファクタリングできる場合があるのです。

③資金調達にかかる日数で選ぶ

ファクタリング会社によっても、資金調達までにかかる日数は異なります。

資金調達を急いでいるのであれば、少しでも早く売掛金を現金化したいはず。

一般的に2社間ファクタリングの方が、3社間ファクタリングよりも早めに売掛金を現金化することが可能です。

なお、3日も4日も現金化を待てない……という場合や、ビートレーディングやOLTA(オルタ)の利用をおすすめします。

ビートレーディングであれば申し込みから最短12時間、OLTA(オルタ)であれば最短24時間での資金調達が可能です。

どちらのファクタリング会社も法人も個人事業主も利用可能ですよ!

また一般的に、対面契約が必要なファクタリング会社より、クラウド契約可能なファクタリング会社の方が、資金調達までにかかる日数が少なくなっています。

④買取限度額で選ぶ

さまざまな大手ファクタリング会社がありますが、買取限度額は業者によっても異なります。

また100万円までの小口取引が得意なファクタリング会社もあれば、数億円までの大口取引に限定して取引しているファクタリング会社もあります。

特に中小企業や個人事業主がファクタリングの利用を検討している場合は、最低買取可能額に注目してみましょう。

小口取引専門で行なっているファクタリング会社の方が、審査に通過しやすかったり、手数料も低めに抑えられていたりします。

⑤償還請求権の有無で選ぶ

2社間ファクタリングの場合、償還請求権ありの契約となしの契約とがあります。

償還請求権とは

償還請求権とは、売掛先の倒産などによって売掛金を回収できなかった際に、利用にその金額を請求できる権利のことを言います。

つまり償還請求権ありの契約の場合、何らかの事情により売掛先から売掛金が支払われなかった場合でも、利用者がその金額をファクタリング会社に支払わなくてはならなくなります。

早く売掛金を現金化したいからと、償還請求権の有無を見落として契約してしまうと、後々こんなはずではなかった……と後悔することになりかねません。

必ず償還請求権の有無についても確認することが大切です。

なお、一般的に償還請求権ありの契約の場合は、ファクタリング会社のリスクは低いため手数料も低く設定されています。

その反対に、償還請求権なしの契約の場合は、ファクタリング会社にとってもリスクがあるため、手数料は高めに設定されています。

⑥会社の規模や信頼度で選ぶ

ここまでお伝えしてきたように取引の種類や手数料などによってファクタリング会社を選ぶことも重要ですが、その会社の規模や信頼度についても調べてみましょう。

資本金の額が大きかったり、事業を開始した時期が古ければ古いほど、信頼できるファクタリング会社と位置付けることができるでしょう。

3種類の大手ファクタリング会社

大手ファクタリング会社は、3種類に分けることができます。

3種類の大手ファクタリング会社
  1. 独立系ファクタリング会社
  2. ノンバンク系ファクタリング会社
  3. 銀行系ファクタリング会社

3種類の大手ファクタリング会社がありますが、売掛金を売却して資金調達するという意味では、どれも同じ仕組みです。

ここからは、それぞれのファクタリング会社の特徴やメリット・デメリットなどについてお伝えします。

①独立系ファクタリング会社

独立系ファクタリング会社とは、銀行や金融機関などではなく独自でファクタリング業務を行なっている会社のことを言います。

そんな独立系ファクタリング会社のメリットは、以下の通りです。

独立系ファクタリング会社のメリット
  • 2社間ファクタリングを展開している
  • 審査のスピードが速いため、すぐに売掛金を回収できる
  • 小口取引にも対応していることがほとんど
  • 審査に柔軟に対応してくれる

独立系ファクタリング会社は、2社間ファクタリングの対応に慣れていて、審査もスピード感をもって対応してくれます。

さらに審査にも柔軟に対応してくれるため、審査通過率が高く、比較的利用しやすい点もメリットだと言えます。

なお、独立系ファクタリング会社でも3社間取引は利用可能です。

そんな独立系ファクタリング会社のデメリットは、会社によって手数料がまちまちであるという点になります。

契約前に必ず手数料を確認しましょう。

独立系ファクタリング会社の手数料は、取引の種類によっても異なりますが、2%から30%程度に設定されていることがほとんどです。

ノンバンク系や銀行系と比較すると、手数料が高くなる点については注意が必要でしょう。

②ノンバンク系ファクタリング会社

ノンバンク系ファクタリング会社とは、ファクタリングを主な業務内容として行なっている金融会社のことを言います。

なおノンバンク系に分けられるファクタリング会社は、預金業務は行なっていません。

ちなみにノンバンクとは、銀行に該当しない金融機関のことを意味しています。

ノンバンク系に該当する金融機関の一例
  •  消費者金融会社
  • リース会社
  • 信販会社

そんなノンバンク系ファクタリング会社のメリットは、独立系ファクタリング会社よりも手数料が抑えられている点にあります。

ほとんどの場合、最大手数料が25%程度に設定されていることが多くなっています。

独立系と比較すると多少ではあるものの、手数料が抑えられているということをお分かりいただけるでしょう。

しかしその分、申し込みから資金調達までに1週間程度の時間がかかります。

そのため、

多少手数料が高くついても早く資金を調達しなければならない……!

といった場合には、ノンバンク系ファクタリング会社ではなく、独立系ファクタリング会社の利用がおすすめです。

③銀行系ファクタリング会社

銀行系ファクタリング会社とは、都市銀行や地方銀行などによって運営されているファクタリング会社のことを言います。

そんな銀行系ファクタリング会社の特徴は、小口取引には対応しておらず、大口の取引がメインになっている点です。

さらに審査に時間がかかるため、素早く資金調達したい企業には向いていません……。

また銀行系ファクタリングの場合、2社間取引に対応していないため、全て3社間取引となる点にも注意が必要です。

銀行系ファクタリング会社のメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

銀行系ファクタリング会社のメリットとデメリット

メリット

  • 大口取引に対応している
  • 手数料は平均して5%未満という低さ

デメリット

  • 2社間ファクタリングには対応していない
  • 審査が厳しい
  • 審査に時間がかかる
  • すぐに資金が欲しい場合には向いていない
  • 小口取引は対象外
  • 買取可能額の最小値が200万円以上であることがほとんど

このようなメリット・デメリットがあるため、中小企業や個人事業主の方が銀行系ファクタリング会社と取引される可能性は少ないでしょう。

独立系大手ファクタリング優良会社

ここからは独立系大手ファクタリング優良会社を10社お伝えします。

それぞれのファクタリング会社ごとに特徴や、取引の種類、手数料なども紹介するので、比較してみてください。

1.ビートレーディング

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短12時間
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
手数料 ・2社間ファクタリング:2%から
・3社間ファクタリング:5%から最大20%
買取可能額 最小30万円から最高3億円まで
対応可能エリア 全国
(契約は来社もしくは、担当者による訪問)

ビートレーディングは、ファクタリング業界最大手の実績を誇る会社です。

2020年度においては、月間契約数は約400件、最大買取率は98%という高い数値を記録しています。

さらに申し込みから入金までを最短12時間で対応するなど、即日で資金調達する必要がある場合にもおすすめできるファクタリング会社と言えるでしょう。

取引の対象は個人事業主から法人までと幅広く、創業してから1年未満の場合でも相談可能です。

そんなビートレーディングの買取可能額は、最低30万円から最高3億円までとなっています。

ファクタリングの利用が初めての場合は、なんだか怖い……、よくわからない金額を請求されたらどうしよう……と、不安に思う方もいるでしょう。

しかしビートレーディングのHPでは、顔写真付きでスタッフの顔が表示されているため、安心して利用できます。

ファクタリングの利用を迷っている方も、一度お問い合わせされてみることをおすすめします。

2.OLTA(オルタ)

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短24時間
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2社間ファクタリング:2%から9%まで
買取可能額 非公開
対応可能エリア 全国
(オンライン型ファクタリング)

OLTA(オルタ)は、最短24時間で資金調達できるファクタリング会社です。

そんなOLTA(オルタ)の特徴は、書類の提出から資金調達まで全てオンラインで完了する点にあります。

審査時に必要な書類もオンラインで提出可能なOLTA(オルタ)だからこそ、素早い資金調達が可能です。

もちろん対面による審査や契約は不要なので、全国どこに住んでいても気軽に申し込めます。

さらに2社間ファクタリングであるにも関わらず、手数料2%から最大でも9%までとリーズナブルな金額に抑えられています。

また債権譲渡登記は不要です。

3.ベストファクター

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短24時間
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
手数料 2%から20%まで
買取可能額 最小30万円から
対応可能エリア 全国

ベストファクターは、最短24時間で資金調達できる大手ファクタリング会社です。

そんなベストファクターの手数料は2%からと、業界内でもかなり引く水準となっています。

最小30万円からの取引に対応しているため、法人だけでなく個人事業主やフリーランスの方でも利用しやすいでしょう。

またベストファクターは、大手ファクタリング会社の中でも評判の良いファクタリング会社です。

ベストファクターの高い支持率
  1. 経営成績の向上が期待できるファクタリング会社No,1
  2. ファクタリング会社支持率No,1
  3. 経営者に紹介したいファクタリング会社No,1

調査を実施した委託期間:日本トレンドリサーチ

調査時期       :2020年5月「サイトのイメージ調査」

このように高く支持されているベストファクターは、柔軟な審査を行なっていることでも有名です。

なんと平均買取率は92.2%!

企業してからそんなに時間が経っていない方や、税金の滞納がある方でも、まずは相談されてみることをおすすめします。

4.ウィット

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短2時間
取引対象 法人
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2社間ファクタリング:5%から
買取可能額 最小30万円から最高500万円まで

ウィットは最小30万円から最高500万円までの小口取引を専門としたファクタリング会社です。

買取実績は95%で、非対面での資金調達が可能になっています。

そんな小口取引専門のウィットだからこそ、電話一本で資金調達が可能です。

新規事業を立ち上げたけれど、資金不足に悩んでいる……。
取引先が倒産してしまって、売掛金を回収できそうにない……。
売上が急減に減ってしまい、倒産してしまうかもしれない……。

こんな場合はぜひ、ウィットに相談してみましょう。

非対面での取引が可能なので、ファクタリング会社のオフィスに訪問したり、担当者と面談したりといった無駄な時間がありません。

日々の業務に追われている場合でも、ウィットでなら気軽に資金調達が可能です。

5.アクセルファクター

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短即日
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
手数料 2%から10%程度
※1001万円以上の取引は要相談。
買取可能額 最小30万円から最大1億円まで

アクセルファクターは、原則として即日対応することをモットーに掲げているファクタリング会社です。

最短即日での資金調達が可能なアクセルファクターでは、以来の約半分以上を即日で対応しているなど、とにかく急いで資金調達しなくてはならない場合に、とてもおすすめできます。

また審査や契約などのために、わざわざ来社する必要はなく、遠方の場合にはメールやFAXなどにも対応しています。

もちろん法人だけでなく、個人事業主のファクタリングにも対応しているため、まずは相談されてみることをおすすめします。

ちなみに、少額取引の場合は30万円程度から対応していて、少額取引の成功事例も豊富です。

審査通過率が93%のアクセルファクターなので、様々な事情を抱えている方にも柔軟に対応してくれるでしょう。

6.QuQuMo(ククモ)

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短2時間
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 1%から14.8%程度
買取可能額 買取可能額に上限なし

QuQuMo(ククモ)は、最短2時間という驚異的な早さで資金調達が可能なファクタリング会社です。

全ての手続きはオンラインで完結し、必要な書類は請求書と通帳の2点のみという手軽さで人気に火がついています。

もちろん債権譲渡登記の設定も不要なので、信用情報に傷をつけません。

QuQuMo(ククモ)でファクタリングに成功するまでの流れと目安となる所要時間
  1. 申込み:所要時間10分ほど
  2. 見積もり:所要時間30分ほど
  3. 契約・送金:所要時間1時間ほど

このように3ステップで、資金調達までが可能になっています。

オンラインで書類を送ることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、QuQuMo(ククモ)では電子契約サービスである「クラウドサイン」を導入しています。

CMを流すなど、知名度もあるため安心して利用できます。

7.フリーナンス

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短即日
取引対象 フリーランス
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 3%から最大10%
買取可能額 非公開

フリーナンスは、GMOクリエイターズネットワークにより運営されているフリーランス向けのお金と保険に関するサービスです。

そのサービスの中にある「フリーナンス即日払い」がファクタリングに該当します。

手数料は3%から最大でも10%で、2社間取引のため売掛先にファクタリングの利用を知られる心配がありません。

なお最短で即日の資金調達が可能です。

手数料が抑えられていて、即日での資金調達が可能など、資金繰りに頭を抱えているフリーランスの方には、ぜひ検討していただきたいファクタリングサービスだと言えるでしょう。

8.anew(アニュー)

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短即日
取引対象 法人
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2%から最大9%
買取可能額 非公開

anew(アニュー) は、新生銀行とOLTA(オルタ)が共同で運営しているファクタリング事業です。

そんなanew(アニュー)の特徴についてまとめると、以下のようになります。

anew(アニュー)の特徴
  • 最短即日で資金調達が可能
  • 全ての契約はオンラインで完了
  • 手数料は2%から最大でも9%まで

先ほど紹介したOLTA(オルタ)と、サービス内容はほとんど同じです。

しかし、anew(アニュー)の取引対象は、法人のみとなっている点には注意が必要です。

オンラインで全ての契約を完了させたい……。
手数料の低いファクタリング会社を探している……。

このような法人には、anew(アニュー)でのファクタリングがおすすめです。

9.トラストゲートウェイ

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短1日
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 3%から10%
※取引によっても異なる可能性があるため、要問い合わせ。
買取可能額 最小10万円から5000万円まで
※審査により最高1億円まで対応可能。

トラストゲートウェイは、クラウド契約を導入しているファクタリング会社です。

申込み後の契約率は95%、審査通過率は95%、リピート率は98%と、非常に満足度が高く評判の良いファクタリングサービスを展開している会社だと言えるでしょう。

他社での手数料が気になっていたり、大手ファクタリング会社で断られたりしてしまった場合には、トラストゲートウェイでのファクタリングを検討されることをおすすめします。

なお買取可能額も最小50万円から、審査次第では最高1億円まで対応可能です。

10.日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 最短1日
取引対象 ・法人
・個人事業主
取引の種類 ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
手数料 1.5%から
買取可能額 上限なし

日本中小企業金融サポート機構は、ファクタリングを展開する唯一の一般社団法人です。

そんな日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービスの特徴は、手数料が1.5%からと非常に低く設定されている点にあります。

税金を滞納していたり、赤字だったりする場合でも相談可能なので、気になる場合は一度問い合わせされてみることをおすすめします。

審査通過率95%の日本中小企業金融サポート機構なので、柔軟に対応してもらえる可能性があります。

大手ノンバンク系ファクタリング優良会社

続いて、大手ノンバンク系の優良ファクタリング会社を3社紹介します。

独立系大手ファクタリング優良会社の時と同様に、それぞれの特徴や手数料などについても合わせてお伝えします。

1.オリックスファクタリング

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 10日以上
取引の種類 3社間ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 300万円から

オリックスのファクタリングは、通常のファクタリングの他に診療、介護、調剤報酬債権ファクタリングなども展開しています。

買取可能な限度額は300万円からと大口であるため、中小企業や個人事業主には向いていません。

なお、顧客のほとんどはオリックスの系列会社と取引を行なっている法人とのことです。

2.NTTファイナンス

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 1週間以上
取引の種類 3社間ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 不明

NTTファイナンスは企業名からもわかるように、NTTドコモの関連会社です。

そんなNTTファイナンスが展開するファクタリングサービスは、3社間取引のみで、資金調達までに1週間以上の時間を要します。

大手のファクタリング会社であることから、小口取引よりも大口取引をメインに扱っているはずです。

そのため、信頼できる大手企業に大口のファクタリングに対応して欲しいと考える法人には利用をおすすめできます。

なお3社間ファクタリングになるため、売掛先の了承を得る必要があるという点に気をつけましょう。

3.アイフルビジネスファイナンス

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 1週間以上
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 月率2.0%以下
買取可能額 最高1億円まで

アイフルビジネスファイナンスによるファクタリングは、2社間での取引が可能です。

なお買取手数料は月率2.0%以下に設定されています。

売掛債権の基準としては、譲渡禁止債権でないこと、確定債権であることが掲げられています。

ホームページにはそこまで詳しく情報が記載されていないため、気になる場合は問い合わせが必須と言えるでしょう。

大手銀行系ファクタリング優良会社

続いて、大手銀行系の優良ファクタリング会社を5社紹介します。

1.三菱UFJファクター株式会社

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 2週間以上
取引の種類 3社間ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 1億円から

三菱UFJファクター株式会社によるファクタリングの取引種類は、3社間ファクタリングのみとなっています。

誰もが知る大手企業によるファクタリングサービスですが、買取可能額は1億円からと非常に間口が狭く、大企業向けのファクタリングサービスだと言えるでしょう。

また買取可能額が最小1億円からと、非常に大きな取引となるため、資金調達までにかかる時間も2週間以上と、時間がかかります。

2.SMBCファイナンスサービス

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 不明
取引の種類 保証ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 不明

SMBCファイナンスサービスが展開するファクタリングは、保証ファクタリングです。

保証ファクタリングとは、何らかの事情で売掛金を回収できなくなってしまった場合に、ファクタリング会社がその一部もしくは全額を保証してくれる仕組みのことを言います。

3.みずほファクター

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 1週間以上
取引の種類 3社間ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 200万円から

みずほファクターは、みずほ銀行により展開されているファクタリング会社です。

買取可能額は200万円からで、取引の種類は3社間ファクタリングとなっています。

なお、みずほファクターのサービスは大きく下記の2種類に分けることができます。

みずほファクターのサービス
  1.  ファクタリング事業
  2. 代金回収事業

そんなみずほファクターのファクタリングは、大手ならではの審査の厳しさがあります。

独立系ファクタリング会社のように、柔軟な審査には対応していないという点に注意が必要です。

4.北洋銀行

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 不明
取引の種類 一括ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 不明

北洋銀行が展開する一括ファクタリングとは、銀行が買掛債権の決済事務を代行するサービです。

このサービスを利用することによるメリットは、以下の通りです。

一括ファクタリングを利用するメリット
  1. 印紙代や人件費、管理コストなどを削減できる
  2. 仕入先や下請け企業への手形を廃止できる
  3. 仕入先や下請け企業は必要なときに売掛債権を資金化できる

支払手形振り出しの代わりに利用するサービスとなっているため、印紙代などのコストカットが見込めるでしょう。

5.百十四銀行

ファクタリング 大手

資金調達までのスピード 不明
取引の種類 一括ファクタリング
手数料 不明
買取可能額 不明

百十四銀行も一括ファクタリングを展開しています。

一括ファクタリングは、社会的信用度の高い企業でないと利用できないサービスです。

そのため、導入することができれば社会的な信用度はもちろん、イメージアップにもつながるでしょう。

支払い企業と納入企業のメリットを解説すると、以下のようになります。

一括ファクタリングを導入するメリットとは?

支払い企業の場合

  • 社会的な信用度が上がる
  • 手形を発行する事務作業が軽減される
  • コストカットにつながる
  • 手形に関する紛失事故などを防げる

納入企業の場合

  • 手形を受領した際の印紙代をコストカットできる
  • 必要な資金を調達できる
  • 手形を管理を効率的に行えるようになる

両者に対して主に上記のようなメリットがあります。

決済事務を合理化したい企業などは、導入を検討してみましょう。

ファクタリングに関してよくある質問

ここまで、独立系大手ファクタリング会社や、ノンバンク系大手ファクタリング会社、銀行系大手ファクタリング会社をそれぞれ紹介してきました。

ほとんどの法人や個人事業主、フリーランスの方が、ファクタリングを利用する際は独立系ファクタリング会社との取引になるということをお分かりいただけたのではないでしょうか?

最後に、ファクタリングに関してよくある質問に回答します。

ファクタリング利用時の流れとは?

具体的なファクタリング利用時の流れについて説明します。

なお2社間取引なのか、それとも3社間取引なのかによっても、大まかな流れは異なります。

ここでは両者の資金調達までの流れについてお伝えします。

2社間ファクタリングの流れ
  1.  売掛金をファクタリング会社に売却する
  2. ファクタリング会社が売掛金から手数料を引いた金額を指定の口座などに入金する
  3. 売掛先から利用者の口座に売掛金の入金
  4. 3の売掛金を全額ファクタリング会社に送金

大まかな2社間ファクタリングの流れをお伝えすると、上記のようになります。

売掛先から入金があったら、その金額をそのままファクタリング会社に送金することを忘れないようにしましょう。

続いて、3社間ファクタリングの流れについても説明します。

3社間ファクタリングの流れ
  1. 売掛金をファクタリング会社に売却する
  2. 売掛先にファクタリング会社が債権譲渡の通知を行う
  3. 売掛金から手数料を引いた金額が入金される
  4. 売掛先がファクタリング会社に送金

このように、3社間ファクタリングの場合は、利用者ではなく売掛先がファクタリング会社に直接、送金することになります。

なお3社間ファクタリングの場合は、間に売掛先の企業を挟むため確認事項などが多くなり、資金調達までにかかる日数も増えるという点に気をつけましょう。

ファクタリングの利用に必要な書類とは?

ファクタリング会社によっても、必要な書類は異なります。

ここでは一般的にファクタリングの利用時に必要になる書類の種類についてお伝えします。

ファクタリングの利用に必要な書類
  • 請求書や見積書
  • 預金通帳のコピー
  • 印鑑証明書
  • 決算報告書
  • 商業登記簿謄本
  • 売掛先との契約書

これらの書類をあらかじめ用意しておくことで、すぐに審査してもらうことができるため、資金調達までにかかる時間を短縮できます。

なお、ファクタリング利用時に必要となる書類は、法人なのかそれとも個人事業主なのかによっても大きく異なります

一般的に、個人事業主がファクタリングを利用する際に必要となる書類は、以下の通りです。

個人事業主がファクタリングを利用する際に必要となる書類
  •  本人確認書類
  • 請求書
  • 昨年度の青色申告決算書と確定申告書Bもしくは、収支内訳書
  • 屋号及び個人名義の口座の直近7ヶ月分の入出金明細

利用するファクタリング会社によっても必要書類は異なりますが、一般的には上記の書類を準備しておけばすぐに審査に進むことができるでしょう。

結局どのファクタリング会社を選ぶべき?

基本的には、冒頭の「大手優良ファクタリング会社の選び方」でお伝えした通りですが、下記のことも踏まえた上でファクタリング会社を選ばれることをおすすめします。

業種別ファクタリング会社の選び方
  •  中小企業や個人事業主、フリーランスの場合:独立系ファクタリング会社
  • 医療法人の場合             :ノンバンク系ファクタリング会社、もしくは、銀行系ファクタリング会社
  • 大手企業の場合             :銀行系ファクタリング会社

大手企業の場合には、取引額が高額になることが予想されます。

そのため、独立系ファクタリング会社では取引可能額が少ない場合があるため、銀行系のファクタリング会社との取引がおすすめです。

独立系ファクタリング会社と比較すると、銀行系ファクタリング会社は資金調達までの時間はかかります。

しかし、銀行系ファクタリング会社の方が大口案件に慣れているため、安心して取引できるでしょう。

なお医療法人の場合も、診療報酬などを対象としたファクタリング業務を専門に行っている、ノンバンク系ファクタリング会社か、銀行系ファクタリング会社がおすすめです。

税金滞納や赤字決算でもファクタリングを利用できる?

ファクタリングとは、融資とは異なる資金調達方法です。

そのため、税金の滞納や、赤字決算などを抱えていたとしても売掛債権さえあれば、問題なく利用できます。

なおファクタリングの審査で重視されているポイントは、売掛先の企業に社会的信用度があるかどうかということです。

つまり、利用者本人が税金を滞納していたり、法人の業績が悪化して赤字を抱えていたりした場合でも、不利になることは考えにくいでしょう。

フリーランスや個人事業主だと審査に通りにくい?

フリーランスや個人事業主のファクタリングに積極的に対応している会社であれば、フリーランスや個人事業主だからといって、審査に通りにくくなるということはないでしょう。

ただ、審査に落ちないために、以下のようなことに気をつけておかれることをおすすめします。

フリーランスや個人事業主がファクタリングの審査に通りやすくする方法
  •  継続的な取引をする売掛先があることを証明する
  • 売掛金が発生していることを証明できる書類は全て保管しておく
  • 税金滞納があっても問題ない、と書かれている場合でもきちんと納税しておく
  • 確定申告はきちんと行っておく

ファクタリング会社のホームページには、税金滞納があっても問題ないと書かれていることがほとんどです。

しかし、少しでも審査に通りやすくするためにも、払える税金は全て支払い、支払ったことを証明できる書類を保管しておくことをおすすめします。

なお、継続した売掛先があることを証明できると、印象も良くなるはずです。

そのため日頃から、継続的にお付き合いできる売掛先を開拓しておくこともポイントになります。

個人事業主やフリーランスがファクタリングの審査に落ちる場合に考えられる原因とは?

個人事業主やフリーランスがファクタリングの審査に落ちる場合に、考えられる原因としては、下記のようなものがあります。

個人事業主やフリーランスがファクタリングの審査に落ちる場合に考えられる原因
  •  売掛先の企業の社会的な信用が低い
  • 税金の滞納がある、もしくは、放置したままになっている
  • (対面や電話によるヒアリングなどがあった場合)人柄に問題があると判断された
  • 確定申告をしていない

上記の事柄に当てはまる場合、ファクタリングの審査に落ちてしまう可能性があります……。

個人事業主やフリーランスがファクタリングを利用される場合、ほとんどの確率で2社間取引を利用されるでしょう。

その場合、ファクタリング会社にとってもリスクのある契約であるため、売掛先の企業に社会的な信用度があるかどうかということが重視されます。

どんなに利用者自身がしっかりしていたとしても、売掛先企業の信用力がなければ、審査落ちしてしまう可能性があるでしょう……。

なお、個人事業主やフリーランスの契約では、人柄を重視して審査の合否を判断されることもあります。

聞かれた質問には素直に答えたり、なるべく早くメールに返信したりと、少しでも印象が良くなるように努めましょう

また税金をずっと滞納していたり、申告義務があるにも関わらず、ずっと確定申告をしていなかったりする場合にも、審査落ちする可能性は高くなります。

ファクタリングで資金調達が難しい業界とは?

基本的に、ファクタリングを利用できる業界に制限はありません。

IT業界から広告業界、小売・卸売業界、アパレル業界、建設業、人材紹介業など、幅広い業界で、ファクタリングは利用されています。

なお、ファクタリング会社によっても建設業の実態や資金繰りに詳しかったり、広告業界に特化していたりと、得意とする業界が異なる場合もあります

基本的にはどんな業界でも受け付けているファクタリング会社がほとんどですが、下記に当てはまる業界の場合には取引対象となるかの確認が必要です。

ファクタリング会社によっても対応が異なる業界
  •  ナイトワーク系
  • 風俗業界

上記に当てはまる業界の場合は、気になるファクタリング会社に一度相談してみましょう。

ファクタリングを数社に依頼するのはあり?

同じ売掛債権を複数のファクタリング会社に売却することは、「二重譲渡」となるため、禁止されています

ただ、複数の売掛債権があって、それぞれを別のファクタリング会社に売却することは可能です。

ファクタリングを契約する時の注意点とは?

ファクタリングの契約をする際、必ず契約書をもらい、その契約書は取引が完了するまで必ず保管しておきましょう。

仮に契約書を持っているのがファクタリング会社のみである場合、契約書の内容を勝手に改ざんされてしまう恐れがあります。

また何らかの不都合な出来事に遭遇した際に、自分の身を守るためにも契約書類はきちんと保管しておくべきです。

怪しいファクタリング会社の見分け方とは?

いくら資金調達を急いでいたとしても、悪徳ファクタリング会社と間違って契約してしまわないために、下記の注意点に当てはまらないか確認しましょう。

怪しいファクタリング会社の特徴
  • 相場を逸脱した手数料(異常に安かったり、高かったりする場合は危険です。)
  • 事務所の場所を教えてくれない
  • 事務所の場所をインターネットで検索しても、何も該当しない
  • いつも同じ担当者が電話に出る
  • 契約を急がせてくる
  • インターネット上で口コミや評判が悪い

上記のような特徴に当てはまるファクタリング会社との契約は見合わせましょう。

特に、事務所の場所を教えてくれなかったり、契約を急がせてきたりする場合には、限りなく黒に近いと言えます。

資金調達をしてから高い手数料に悩まされたり、トラブルに発展したりしないためにも、きちんとしたファクタリング会社なのか見極めることが重要です。

なお、この記事で紹介したファクタリング会社であれば、全て安心して利用できます

大手ファクタリング会社のまとめ

この記事では、大手ファクタリング会社を独立系、ノンバンク系、銀行系と3種類に分けて紹介してきましたが、いかがでしたか?

最後に、それぞれの種類の大手ファクタリング会社を利用するメリットについてまとめていきます。

大手の独立系ファクタリング会社を利用するメリット
  •  法人だけでなく、個人事業主やフリーランスとの取引にも対応していることがほとんど
  • 最小10万円からなどの小口取引にも対応していることがほとんど
  • 比較的小規模のため、柔軟に審査を行ってくれる
  • 審査通過率が高い
  • 申込みから最短即日で資金調達ができるなど、スピード感のある対応をしてくれる

続いて、ノンバンク系ファクタリング会社を利用するメリットについてまとめていきます。

大手のノンバンク系ファクタリング会社を利用するメリット
  •  3社間ファクタリングが主流なので、手数料が抑えられている
  • 小口案件よりも大口案件が主流なので、大企業との取引にも適している
  • 大手企業のグループ会社がサービスを提供している場合が多いため、安心感がある
  • 場合によってはコンサルティングなどのサービスが付随することがある

最後に、銀行系ファクタリング会社を利用するメリットについてまとめていきます。

大手の銀行系ファクタリング会社を利用するメリット
  •  日本中の誰しもが知るような大手企業がサービスを展開しているため、絶対的な安心感がある
  • 診療報酬や介護報酬など、さまざまな種類のファクタリングサービスが展開されている
  • 他の種類のファクタリングと比較すると、手数料が断然抑えられている

ぜひこの記事を参考に、どんな大手ファクタリング会社が自社に適しているのか検討してみてください。

この記事が、ファクタリングによる資金調達を検討されている方々の参考になれば幸いです。