\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

ファクタリングの11個のメリット|注意すべきデメリットまで徹底解説

「ファクタリングにはどのようなメリットがあるの?」

このように考えていませんか?

ファクタリングにはさまざまなメリットがありますが、そのすべてを知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事ではファクタリングのメリットからデメリットまで詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「ファクタリングのメリット」ざっくり言うと
  • ファクタリングのメリットは自社の業績が悪くても資金調達できることなど
  • ファクタリングのデメリットは契約に手間がかかることなど
  • ファクタリング会社の選び方は手数料の安さなど
  • ファクタリング会社の中でもおすすめなのはビートレーディングなど

ぜひ最後まで読んでいただきたのですが、資金繰りに困っているときは低リスク・即日で資金調達ができるファクタリングが非常におすすめです。

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ファクタリングとは?

ファクタリング_メリット_とは
ファクタリングとは、売掛債権を担保として、会社がお金を借りる行為のことです。

売掛債権とは、ざっくり言うと、取引先からお金をもらえる権利のことです。

会社の取引ではその場で現金払いをするのではなく、売掛債権という形で後払いを行います。

その売掛債権を受け取る権利をファクタリング会社に売ることで、資金調達ができるのです。

そんなファクタリングには主に以下の2つの種類があります。

それぞれのファクタリングの種類について詳しく見ていきましょう。

2社間ファクタリング

ファクタリング_メリット_2社間
2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とファクタリングを利用したい会社の2社間で行われるファクタリングのことです。

2社間ファクタリングでは、まずファクタリング会社は売掛債権を担保としてファクタリング利用会社にお金を貸します。

次に、ファクタリング利用会社は取引先から売掛債権を回収し、回収した売掛債権に手数料を加えてファクタリング会社に返済するのです。

2社間ファクタリングは下で説明する3社間ファクタリングと比べて手数料は高めになりますが、取引先に売掛債権をファクタリングに利用したことを知られることはありません。

3社間ファクタリング

ファクタリング_メリット_3社間
3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と、ファクタリング利用会社と売掛先の3社間で行われるファクタリングのことです。

3社間ファクタリングではまずファクタリング会社がファクタリング利用会社に売掛債権を担保としてお金を貸す点は変わりません。

しかし、3社間ファクタリングではファクタリング会社が売掛先に売掛債権がファクタリングに使われることを通知し、売掛債権の入金先を自社に指定してもらいます。

そして、売掛金の支払日が来たら、売掛先からファクタリング会社に返済が行われるのです。

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比べて手数料が安いのがメリットですが、売掛先にはファクタリングの事実を知られてしまいます。

ファクタリングの11個のメリット

ファクタリング_メリット_メリット
ファクタリングには、主に以下の11個のメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:自社の業績が悪くても資金調達できる

ファクタリング_メリット_資金調達
ファクタリングのメリットとしてまず挙げられるのは、自社の業績が悪くても資金調達できる点です。

通常の資金調達手段の場合、自社の業績が悪ければ融資を受けられることは少なくなります。

融資する側にとっては、貸したお金は少しでも多く回収したいからです。

わざわざ、返してくれない可能性がある会社に融資しようとは思いません。

しかしながら、ファクタリングでは売掛債権を使って資金調達を行うため、ファクタリング利用会社の業績は関係ありません。

いくらファクタリング利用会社の業績が悪くても、売掛先の業績さえ良ければ売掛金を回収できるからです。

メリット②:最短即日で資金調達できる

ファクタリング_メリット_即日
ファクタリングのメリットとしては、最短即日で資金調達できる点も挙げられます。

通常の融資の場合、審査に数日から数週間程度の長い時間がかかる場合も多くあります。

しかし、ファクタリングでは最短即日という極めて短い期間で資金調達ができるのです。

メリット③:売掛金を回収する前に現金化できる

ファクタリング_メリット_現金化
ファクタリングのメリットとしては、売掛金を回収する前に現金化できる点も挙げられます。

売掛金はその性質上、売掛債権を手に入れてから、実際に現金化できるまでに時間がかかります。

そのため、会社によっては売掛債権を回収する前に資金がショートしてしまい、黒字倒産してしまう場合もあります。

しかし、ファクタリングを利用すれば売掛金をすぐに現金化できるため、資金に余裕が出るのです。

メリット④:取引先倒産に備えられる

ファクタリング_メリット_倒産
ファクタリングのメリットとしては、取引先の倒産に備えられる点も挙げられます。

売掛金では、売掛先の取引先が倒産してしまった場合、売掛先を回収することができません。

これでは損失が出てしまいますが、これを見越してファクタリングを行っていれば、売掛金を回収できます。

ファクタリングでは、売掛先が倒産して売掛金が回収できなくなっても、回収できなかった資金をファクタリング会社がファクタリング利用会社に請求できないことが多いからです。

そのため、ファクタリングでは売掛債権が回収不能になった場合、損失が出るのはファクタリング会社になります。

メリット⑤:保証人や担保が不要

ファクタリング_メリット_不要
ファクタリングのメリットとしては、保証人や担保が不要である点も挙げられます。

通常の融資では、多くの場合、保証人や担保が必要になります。

保証人や担保を設定したほうが、借り入れを回収できる確率が高くなるからです。

しかし、ファクタリングの場合には、売掛債権だけ用意すれば、他に保証人や担保を用意する必要はありません。

メリット⑥:借金ではないので信用情報への影響がない

ファクタリング_メリット_借金
ファクタリングのメリットとしては、信用情報への影響がないことも挙げられます。

通常の資金調達手段では、会計上負債が増えることになります。

しかし、ファクタリングは借金ではなく、会計上も売掛金(資産)が解消されるだけで負債には影響がありません。

そのため、ファクタリングをした後も資金調達を行う時の審査に影響がなく、信用情報にも記録が残らないので信用力も変わりません。

メリット⑦:審査が柔軟

ファクタリング_メリット_柔軟
ファクタリングのメリットとしては、審査が柔軟であることも挙げられます。

売掛金というものは取引先が倒産でもしない限りは回収できることは多いですので審査は厳しくなく、融資と比べて審査に通りやすくなっています。

メリット⑧:節税効果がある

ファクタリング_メリット_節税
ファクタリングのメリットとしては、節税効果があることも挙げられます。

ファクタリングを行う時に支払った手数料は経費として計上できるからです。

ただ、節税効果があるとはいえ、単純に利益は減少するので、節税のためにファクタリングを利用するのは賢い選択とは言えないでしょう。

メリット⑨:資産をオフバランス化できる

ファクタリング_メリット_オフバランス
ファクタリングのメリットとしては、資産をオフバランス化できることも挙げられます。

オフバランス化とは、貸借対照表から資産や負債を減らすことです。

会社を評価する時には、より少ない資産で大きな利益を挙げる企業のほうが優れていると判断されます。

そのため、企業にとっては負債や資産は少なく見えたほうが望ましいのです。

ファクタリングでは資産である売掛金を減らすことでき、負債にも計上されないので、資産のオフライン化が可能になっています。

メリット⑩:(2社間の場合)売掛先にファクタリングの事実を知られない

ファクタリング_メリット_事実
これは2社間ファクタリング限定ですが、売掛先にファクタリングの事実を知られないのはメリットと言えるでしょう。

一般的に、売掛金をファクタリングに使われるのは取引先にとって好ましいことではありません。

しかし、2社間ファクタリングの場合には、売掛先にファクタリングの事実を知られないままファクタリングを行うことができます。

メリット⑪:(2社間の場合)手間があまりかからない

ファクタリング_メリット_手間
2社間ファクタリングの場合、手間があまりかからないのもメリットと言えます。

基本的には必要な書類を用意して審査を受けるだけですから、大きな手間がかかりません。

ファクタリングの9つのデメリット

ファクタリング_メリット_デメリット
ファクタリングのデメリットとしては、主に以下の9つがあります。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:契約に手間がかかる

ファクタリング_メリット_契約
ファクタリングのデメリットとしてまず挙げられるのは、契約に手間がかかることです。

そこまで大きな手間ではないものの、ファクタリングをしない場合と比べると、もちろん手間がかかってしまいます。

特に3社間ファクタリングの場合には2社間に比べて手間がかかるので注意しましょう。

デメリット②:手数料がかかる

ファクタリング_メリット_手数料
ファクタリングのデメリットとしては、手数料がかかることも挙げられます。

詳しい手数料はファクタリング会社によって変わりますが、ファクタリング会社も利益を得る必要があるため、ファクタリングには手数料がかかります。

売掛金を普通に受け取るよりも受け取れる金額が少なくなってしまうことには注意が必要と言えます。

デメリット③:売掛先の業績によっては資金調達できない

ファクタリング_メリット_売掛先
ファクタリングのデメリットとしては、売掛先の業績によっては資金調達できない点も挙げられます。

ファクタリングでは、売掛先の業績などを詳しく確認します。

たとえば、売掛先が倒産してしまった場合には、売掛先が売掛金を支払えなくなってしまうからです。

ファクタリングに利用するのは、業績が良い取り引き先のほうが適しているでしょう。

デメリット④:(3社間の場合)売掛先にファクタリングの事実を知られる

ファクタリング_メリット_事実
これは3社間限定ですが、売掛先にファクタリングの事実を知られる点はデメリットと言えます。

3社間ファクタリングでは売掛先から直接ファクタリング会社に売掛金を振り込んでもらう特性上、売掛先はファクタリングの事実を知ってしまいます。

ファクタリングをしていると、「資金調達に困っているのか」と思われて取引量などを減らされてしまう可能性があるので注意しましょう。

デメリット⑤:資金繰りが悪化していると思われる可能性がある

ファクタリング_メリット_可能性
ファクタリングのデメリットとしては、資金繰りが悪化していると思われる可能性があることも挙げられます。

ファクタリングは便利な資金調達方法ではあるものの、手数料が高いため、資金に余裕がある場合には銀行などからの借り入れを利用する会社が多いです。

また、ファクタリングは他の資金調達方法と違って自社の財務状況が関係ありません。

そのため、ファクタリングを利用していると、資金繰りが悪化しているのではないかと疑われてしまう可能性があるのです。

デメリット⑥:譲渡不可の売掛債権は利用できない

ファクタリング_メリット_不可
ファクタリングのデメリットとしては、譲渡不可の売掛債権は利用できないことも挙げられます。

ファクタリングを利用する時には、譲渡不可の契約になっていないか確認するようにしましょう。

デメリット⑦:債権譲渡登記が行われる場合がある

ファクタリング_メリット_登記
ファクタリングのデメリットとしては、債権譲渡登記が行われる場合がある点についても挙げられます。

債権譲渡登記とは、債権譲渡の事実を法務省に申請して登記を行うことです。

債権譲渡登記を行うと、ファクタリングの事実が多くの関係者に知られてしまいます。

また、手続きにも手間がかかります。

デメリット⑧:悪徳業者に騙される可能性がある

ファクタリング_メリット_騙される
ファクタリングのデメリットとしては、悪徳業者に騙される可能性がある点も挙げられます。

多くのファクタリング会社は誠実な運営を行っていますが、ファクタリング会社の中には悪徳業者が混ざっている可能性もあります。

きちんと見分けて対処するようにしましょう。

デメリット⑨:売掛金の範囲内の金額しか借りれない

ファクタリング_メリット_金額
ファクタリングのデメリットとしては、売掛金の範囲内の金額しか借りれないことも挙げられます。

ファクタリングでは売掛金を受け取る権利をファクタリング会社に渡すことで資金を借りますから、当然、売掛金を超える額の金額は借りれません。

多額のお金を借りるのであれば、銀行からの融資などのほうが適しているでしょう。

失敗しないファクタリング会社の選び方4つのポイント

ファクタリング_メリット_ポイント
ファクタリング会社は以下のようなポイントで選ぶのがおすすめです。

それぞれの選び方のポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:手数料が安いファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング_メリット_安い
ファクタリング会社の選び方としてまず挙げられるのは、手数料が安いファクタリング会社を選ぶことです。

ファクタリングを利用する時には、売掛金の金額から手数料を差し引いた金額が支払われます。

当然、手数料は少ないほどお得にファクタリングができますから、手数料が安い会社を選ぶのがおすすめです。

ポイント②:審査が柔軟なファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング_メリット_選ぶ
ファクタリング会社の選び方としては、審査が柔軟なファクタリング会社を選ぶことも挙げられます。

会社にとって「審査が甘い」ということはないですが、各社で審査基準は異なるため、他の会社に比べて審査に通過しやすいファクタリング会社は存在します。

売掛金の信用力が低いと感じる時には特に、審査が柔軟なファクタリング会社を選ぶのがおすすめと言えます。

ポイント③:入金スピードが早いファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング_メリット_スピード
ファクタリング会社の選び方としては、入金スピードが早いファクタリング会社を選ぶことも挙げられます。

お金はできるだけ早くに手に入ったほうが嬉しいですよね。

ファクタリングでは会社によって入金スピードに差があります。

数日かかる場合もあれば、最短即日で入金できる会社もあるので、特に急いでいる時には入金スピードを重視しましょう。

ポイント④:償還請求権の有無でファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング_メリット_償還請求権
ファクタリング会社の選び方としては、償還請求権の有無も挙げられます。

償還請求権とは、売掛先が倒産するなどして売掛金が支払われなかった時に、ファクタリング会社がファクタリング利用会社に代わりに料金を支払ってもらう権利のことです。

償還請求権がない場合、売掛金が支払われなくても、ファクタリング利用会社はお金を支払わなくても良いというメリットがあります。

一方、償還請求権がある場合、償還請求権がない場合と比べて手数料が安くなる傾向にあります。

自社の状況に合わせてどちらを利用するか判断すると良いでしょう。

おすすめのファクタリング会社5選

ファクタリング_メリット_会社
数あるファクタリング会社の中でも、特におすすめできるのは以下の5社です。

それぞれのファクタリング会社について詳しく見ていきましょう。

ビートレーディング

ファクタリング_審査_ビート

ビートレーディングは最小買取額や最大買取額の設定がないのが特徴的なファクタリング会社です。

ビートレーディングは累計買取債権額409億円という高い実績を持っており、信頼して依頼することができます。

最短12時間で入金が可能である点も見逃せませんね。

アクセルファクター

ファクタリング_審査_アクセル

アクセルファクターは手数料が2%~と非常に安いのが魅力的なファクタリング会社です。

取引の半分以上で即日での入金が行われており、スピード感に優れているのもおすすめポイントのひとつです。

買取可能額は30~3000万円と、比較的小規模な取引に特化した会社になっています。

トップマネジメント

ファクタリング_メリット_トップ

トップマネジメントは買取可能額が30万円~3億円と幅広いのが嬉しいファクタリング会社です。

2社間ファクタリングでの手数料が12.5%までと比較的低く設定されているのも魅力的です。

そして、全国のファクタリングに対応しています。

三共サービス

ファクタリング_メリット_三共

三共サービスは3社間ファクタリングの最低手数料が1.5%~となっているなど、安い手数料が魅力的なファクタリング会社です。

最短2日で入金してもらうことができます。

また、三共サービスには、ファクタリングを初めて行う場合には、事務手数料が無料になることなどの特典もあります。

GMO BtoB早払い

ファクタリング_メリット_GMO

GMO BtoB早払いはインターネット大手のGMOグループが運営しているのが信頼できるファクタリング会社です。

手数料も最低1%と業界屈指の低さになっています。

2社間のファクタリングにも対応しており、いろんな会社のニーズに答えることができます。

ファクタリングのメリットのまとめ

ファクタリング_メリット_まとめ
ファクタリングとは売掛債権を担保として、会社がお金を借りる行為のことです。

ファクタリングのメリットとしては、主に以下の11個があります。

ファクタリングのデメリットとしては、以下のようなものがあります。

ファクタリング会社の選び方として挙げられるのは、主に以下の4つです。

数あるファクタリング会社の中でもおすすめなものは以下の5社です。