ファクタリング18社を徹底比較!|入金スピードや手数料が優れているのは?【2022最新版】

最短即日で現金化できる「ファクタリング」を行いたいけど、会社の数が多くてどこがいいかわからない。。
安心感があって優れたファクタリング会社はどこなんだろう。。。

そのようなお悩みをお抱えの方いらっしゃると思います。

今回の記事では、ファクタリング会社を選ぶときに比較検討するポイントから優良企業18社を手数料・入金スピード・買取可能額などを徹底比較し、それぞれのおすすめ会社を紹介していきます!

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業社に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断
この記事からわかること
  • ファクタリングとはそもそも何か
  • ファクタリング会社を比較して選ぶときに重要なポイント
  • 優良ファクタリング会社比較の一覧表
  • それぞれのポイントを比較して優れているファクタリング会社
  • ファクタリングに関するよくあるQ&A

そもそもファクタリングとは?基本をおさらい!

ファクタリング(factoring)は売掛債権に保険をかけることによってリスクを回避したり、未回収の売掛金を買い取るサービスです。

日本においては、企業間取引の場合基本的には商品やサービスを先に提供して、のちに代金の回収を行う「信用取引」が一般的です。

しかしこうした信用取引の場合、売掛金の入金が遅延したり、最悪の場合貸倒れになってしまい、資金難に陥ってしまう可能性があります。

ファクタリングを行えば、売掛先の倒産による貸倒れの可能性がある際にあらかじめ保険をかけたり、売掛金を売却して、売掛回収よりも早く現金化を行うことができます。

近年では経済産業省もファクタリングを勧めているので、今後のより活発化が予想されます。

ファクタリングに関してのより詳しい説明は以下の記事でどこよりも詳しく解説しています。

ファクタリング取引の種類

ファクタリング取引には2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの2種類あります。

2社間ファクタリングはその名の通り利用者とファクタリング会社の2社で行われるファクタリングです。

2社間ファクタリングのメリットは入金スピードが早く、誰にもバレずに取引先にも影響を与えずに利用することができると言う点です。

3社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社さらには売掛先の企業の3社で行われるファクタリングです。

3社間ファクタリングのメリットは手数料が2社間よりも抑えられます。

2社間・3社間ファクタリングまとめ

2社間ファクタリング

メリット:入金スピードが早い、誰にもバレずにファクタリング可能
デメリット:3社間取引よりも手数料が高い

3社間ファクタリング

メリット:2社間ファクタリングよりも手数料が低い
デメリット:入金スピードが遅い、取引先の同意が必要なので今後の取引に影響を与える可能性がある

ファクタリング会社の比較ポイントを解説!|選ぶときに見るべきポイント

現金を本来の回収スパンよりも短く得ることができるファクタリングですが、近年ではファクタリング会社が非常に増えてきており、サービス内容や質が千差万別になってきています。

また、数多くあるファクタリング会社のうちは実際少し怪しいような会社もあります。

今回は数多くあるファクタリング会社の中で利用者自身にあったファクタリング会社を選ぶポイントを解説していきます!

ファクタリング会社比較ポイント
  • 手数料
  • 入金スピード
  • 買取可能額
  • 会社の信頼性
  • 償還請求権の扱い
  • 債権譲渡登記の有無

それでは一つ一つ解説していきます。

ファクタリング会社の比較ポイント①手数料

手数料はファクタリング会社を比較して選ぶ際に非常に重要なポイントです。

ファクタリング手数料の大まかな相場は以下のようになっています。

以下の手数料を参考に高い安いを検討すると手数料高い安いかがわかります!

2社間ファクタリング手数料相場 15%~30%
3社間ファクタリング手数料相場 1%~9%
MEMO

2社間ファクタリングは利用者が取引先から売掛金を回収し、その後ファクタリング会社に渡すため、ファクタリング会社は未回収リスクが大きく、手数料が高い!
3社間ファクタリングはファクタリング会社が直接代金を回収するため、手数料が安い!

ファクタリング会社の比較ポイント②入金スピードの速さ

ファクタリングを利用する目的として「早く現金が欲しい」というのが大きい理由ですね。

その目的のためには入金スピードの速さもちゃんと重要視するポイントです。

入金スピードを重要視される方は2社間ファクタリングが圧倒的にオススメです。

一般的に取引者が多い3社間ファクタリングの場合、現金化に数週間はかかってしまうのに対し、2社間ファクタリングは最短数時間で現金化が可能です。

ファクタリング会社の比較ポイント③買取可能額をチェックする!

ファクタリング会社を比較して選ぶポイントは「買取可能額」もチェックしましょう!

買取可能額はファクタリング会社によって千差万別で最低買取金額が10万円の会社もあれば50万円からと言う会社もあったり、最大買取金額が1億円までのところから7億円などでも買取可能の会社などがあります。

最低買取金額は個人の方や個人事業主の方など、小口の売掛債権を持っている方は気にするべきです。

最大買取金額は建設業や不動産業など大口の売掛債権を持っている方は注意して選んでください。

ファクタリング会社の比較ポイント④会社の信頼性を確認する

ファクタリング会社を選ぶポイントとしてやはりその会社の信頼性は重要です。

適当に調べて出てきたファクタリング会社を選んだら入金されなかった。。。

そのようなことにならないためにもしっかりと会社概要や契約内容に穴がないか確認しましょう!

契約する前にチェックするポイント

ファクタリングを行う前にチェックするべきポイント

  • ファクタリング会社のHPに社長の名前や従業員数などしっかりと記載されているか
  • 事業内容がファクタリングと全く関係ないことを行なっていないかどうか
  • 契約内容に不明瞭な点はないか

ファクタリング会社の比較ポイント⑤償還請求権の扱いはどうなっているか

ファクタリングによる資金調達を検討している方の多くは、少しでも早く売掛金を回収したいと思っているでしょう。

どんなに資金調達に急いでいたとしても、償還請求権の扱いを必ず確認するべきです。

償還請求権とは、万が一売掛金の入金がなかった際に、ファクタリング会社が利用者に売掛金の支払いを請求できる権利のことをいいます。

つまり、利用を検討しているファクタリング会社が償還請求権ありの契約だった場合、資金調達どころか利用者に売掛金の支払い義務が生じてしまう可能性もあるのです。

取引先の企業に、十分な社会的信用があれば恐らく問題ないはずです。

しかし利用者が損をしないためにも、できることであれば償還請求権なしのファクタリング会社を利用することをおすすめします。

ファクタリング会社の比較ポイント⑥債権譲渡登記が必須かどうか

2社間ファクタリングの利用を検討している場合、取引先の企業のファクタリングの利用を知られたくないという事情があるのでしょう。

絶対に取引先にファクタリングを利用することを知られたくない場合は、債権譲渡登記の有無についても確認するべきです。

というのも、債権譲渡登記が必須のファクタリング会社の場合、債権を譲渡したことが登記情報に記載されます。

この登記情報は誰でも閲覧可能なため、運が悪ければ取引先にファクタリングを利用した事実が知られてしまう可能性があるのです。

とはいえ、いちいち登記情報を確認している企業の方が少ないため、そこまで神経質になる必要はありません。

それでも取引先のファクタリングを利用したことを知られたくない場合は、債権譲渡登記は不要で取引できるファクタリング会社を検討しましょう。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ファクタリングの優良18社を徹底比較!|入金スピード・手数料・買取額

今回は日本国内で優良と評価されているファクタリング会社18社を「取り扱いファクタリング」「手数料」「入金スピード」「買取可能額」の4点で比較していきます。

会社名 取り扱いファクタリング 手数料 入金スピード 最大・最小買取額
ビートレーディング 2社間・3社間・医療・介護 5%~9%((3社間)・10%~20%(2社間) 最短12時間 最小30万円~3億円
ベストファクター 2社間 2%~20%(2社間・3社間) 最短即日 最小30万円~1億円
日本中小企業金融サポート機構 2社間・3社間 1.5%~10% 初回最短1営業日 上限無制限
アクセルファクター 2社間 2%~ 最短即日 30万円~1億円
トップマネジメント 2社間・3社間 3.5%~12.5%(2社間)・
3.5%~3.5%(3社間)
最短即日 30万円~3億円
えんナビ 2社間・3社間 5%~ 最短1日 50万円~5000万円
三共サービス 2社間・3社間 1.5%~(3社間)・5%~(2社間) 最短1日 50万円~3000万円
オルタ(olta) 2社間 2%~9% 最短即日 非公開
ファクタリングのTRY 2社間・3社間 5%~ 最短1日 非公開
QuQuMo(ククモ) 2社間 1%~ 最短2時間 非公開
K2ソリューションズ 2社間・3社間 5%~ 最短即日 30万円〜3000万円
anew 2社間 2%~9% 最短即日 制限なし
ジャパンマネジメント 2社間・3社間 3%~10%(3社間)・10%~20%(2社間) 最短1日 最大5000万円
GMO BtoB早払い 2社間 2%~12%(注文書買取)・1%~10%(請求書買取) 最短2営業日 100万円~1億円
FREENANCE(フリーナンス)即日払い 2社間 3%~10% 最短当日 1万円~1000万円
株式会社ウィット 2社間・3社間 5%~ 最短2時間 30万円~500万円
メンターキャピタル 2社間・3社間・診療報酬・介護報酬 5%~(2社間)・2%~(3社間) 最短即日 30万円~1億円
株式会社NFT(日経ファイナンシャルトライ) 2社間・3社間 3%~8% 最短即日 50万円~5000万円

ファクタリング会社の比較1.ビートレーディング

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円から3億円
手数料 5%~9%(3社間)・10%~20%(2社間)
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

申し込み前に必要書類の準備ができる方には、ビートレーディングの利用がおすすめです。

9時から18時30分までの営業時間内に申し込めばすぐに審査を行ってくれるため、最短12時間での資金調達が可能となる確率が上がります。

ただ18時30分ギリギリに申し込むと、即日対応してもらえるか不明なため、できれば午前中に申し込みされることをおすすめします。

償還請求権なしの契約で原則、債権譲渡登記も不要で対応してくれます。

そのため、取引先にファクタリングの利用を知られてはまずい場合でも安心して利用できるでしょう。

日本全国の法人と個人事業主に対応していて、オンライン、来社、訪問での契約が可能です。

首都圏以外で事業をしている方でも、無理なく契約できるでしょう。

ファクタリング会社の比較2.ベストファクター

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小30万円~1億円
手数料 2%~(2社間)
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国訪問対応可能

ベストファクターは、2社間ファクタリングを専門に取り扱うファクタリング会社です。

債権譲渡登記なしでの契約も可能なため、気になる場合は申し込み時に登記なしで契約したいことを伝えましょう。

買取可能額は最小30万円から1億円までで、法人も個人事業主も利用可能です。

手数料は2社間ファクタリングであるにも関わらず、5%からに設定されています。

しかしホームページには最大手数料が記載されていないため、申し込み前に必ず問い合わせる必要があります。

またホームページに簡易診断シミュレーションがあるため、手数料がどのくらいになるのか確認してみるのも良いでしょう。

なおベストファクターを利用すると、財務コンサルティングを無料で利用できます。

自社にとっての最適な資金計画がわかるようになるため、資金繰りに悩んでいる法人や個人事業主は必見です。

ファクタリング会社の比較3.日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 1.5%~10%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国オンライン契約可能

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人であるため非営利で運営されています。

そのため他のファクタリング会社と比較すると、手数料が低めに設定されている点が特徴的です。

そんな日本中小企業金融サポート機構は、ファクタリング事業だけでなくコンサルティング業務も行なっています。

そのため、ファクタリングを利用するついでに資金繰りの相談をしたい場合にも利用をおすすめします。

以前は郵送契約が主流でしたが、新型コロナウイルスの影響によりオンライン契約も可能になりました。

そのため全国の法人や個人事業主が利用可能です。

ファクタリング会社の比較4.アクセルファクター

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小30万円~1億円
手数料 2%~(2社間)
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

アクセルファクターは、最小30万円からの少額取引に対応するファクタリング会社です。

そんなアクセルファクターの魅力は、原則即日で振り込みを完了してくれる点にあります。

最短即日振り込みを謳っていても実際には、3営業日ほどかかるファクタリング会社が多い中でアクセルファクターは契約の半数以上を即日で振り込んでいます。

柔軟な審査をアピールしている会社なので、必要書類の準備が間に合わない場合などもまずは相談してみることをおすすめします。

特に建築業や運送業のファクタリング事例が豊富なので、工事の遅延などで請求書が未発行の場合でも対応してくれる可能性があります。

審査通過率は93%で人柄重視の対応を心がけているファクタリング会社なので、他社で審査落ちした場合でも相談すればファクタリング取引に対応してくれることもあるでしょう。

ファクタリング会社の比較5.トップマネジメント

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円〜3億円
手数料 3.5%~12.5%(2社間・3社間)
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

トップマネジメントは、最小30万円から3億円までの資金調達に対応するファクタリング会社です。

手数料は2社間ファクタリング、3社間ファクタリングともに3.5%から12.5%に設定されています。

最大手数料が12.5%というのは、業界の中でも低めに設定されている方だと言えるでしょう。

契約の際は、担当者が出張することも可能なので、遠方の法人や個人事業主でも利用可能です。

ファクタリングにまだまだ怪しさを感じている方も、スタッフを顔出しで紹介しているトップマネジメントであれば安心して契約できるでしょう。

ファクタリング会社の比較6.えんナビ

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 50万円〜5000万円
手数料 5%~12.5%(2社間・3社間)
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国対応可能

えんナビは50万円から5000万円までのファクタリングに対応しています。

償還請求権のない契約となるため、万が一のことが起きても利用者が売掛金を買い取る必要はありません。

手数料の最小値は5%とのことですが、公式ホームページには最大手数料が記載されていません。

そのため申し込み前に必ず見積もりを依頼しましょう

24時間365日電話から問い合わせ可能なため、急ぎの場合でも頼りになる業社だと言えます。

ファクタリング会社の比較7.三共サービス

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 50万円〜5000万円
手数料 1.5%~(3社間)・5%~(2社間)
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国対応可能

三共サービスは法人を対象にファクタリング取引を行っています。

取引可能額は50万円から3000万円までで、最短1日で資金を調達可能です。

なお三共サービスのファクタリングは原則、債権譲渡登記が必要となっています。

取引先のファクタリングの利用を知られることを防ぐために、2社間取引を利用したい法人は注意が必要でしょう。

そんな三共サービスですが、ファクタリングの利用が初めての場合、初回事務手数料が無料になるキャンペーンを開催しています。

他のファクタリング会社も含めて、ファクタリングによる資金調達が初めての法人は必見です。

公式ホームページでは手数料をシミュレーションできるようになっているため、利用してみましょう。

ファクタリング会社の比較8.OLTA(オルタ)

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 制限なし
手数料 2%~9%(2社間・3社間)
入金スピード 最短1日(24時間)
対応エリア 全国対応可能

OLTAはオンライン型ファクタリングを提供する会社です。

オンライン型ファクタリングとは、申し込みはもちろん審査や契約、振り込みまで全ての手続きがオンラインで完了する取引のことをいいます。

そのため全国どこの法人でも個人事業主でも、OLTAのファクタリングを利用可能です。

オンライン型ファクタリングで余計な費用がかからないため、2社間ファクタリングであるにもかかわらず手数料は2%から9%に設定されています。

2社間ファクタリングの最大手数料が9%というのは、どこの会社と比較しても断トツで最安値だと言えるでしょう。

そのためオンラインでの契約に抵抗がなく、手数料が安ければ安い方が良いと考える場合には、OLTAの利用が最適です。

MUFGやSMBCと取引があるなど、安心して利用できるファクタリング会社となっています。

ファクタリング会社の比較9.ファクタリングのTRY

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 非公開
手数料 5%~
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国対応可能(電話・web申し込み可能)

ファクタリングのTRYは、最短即日で資金調達が可能なファクタリング会社です。

365日24時間ウェブからの問い合わせが可能なので、急いでいる場合でも安心できます。

手数料は5%からに設定されていて、償還請求権なしでの取引が可能です。

経験豊富な担当者がついてくれるため、ファクタリングの利用が初めての場合でもおすすめのファクタリング会社だと言えます。

ファクタリング会社の比較10.QuQuMo(ククモ)

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 非公開
手数料 1%~
入金スピード 最短2時間
対応エリア 全国対応可能

QuQuMoはオンラインで契約が完了するファクタリング会社です。

全ての契約がオンラインで完了するため、申し込みから最短2時間という驚異的な速さで資金を調達できます。

最短2時間で資金調達が完了するのは、どこのファクタリング会社と比較してもQuQuMoのみです。

そのためとにかく早く資金を調達しなければならない場合は、QuQuMoの利用をおすすめします。

2社間ファクタリングを専門に扱う会社ですが、債権譲渡登記は不要です。

取引先にファクタリングの利用を知られたくない法人や個人事業主にもQuQuMoの利用が最適でしょう。

なお手数料が1%からと業界最安値に設定されている点も、QuQuMoを多くの方におすすめできる理由のうちの一つです。

ファクタリング会社の比較11.K2ソリューションズ

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 30万円〜3000万円
手数料 5%~
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

K2ソリューションズは、法人も個人事業主も利用可能なファクタリング会社です。

買取可能額は30万円から3,000万円までで、手数料は5%からに設定されています。

審査通過率は95%と高い数字になっているため、他社で一度断られている場合でも利用できる可能性があるでしょう。

なお契約方法は電話、来店、担当者が出張と3つから選べるようになっています。

IT業界、運送業界、建設業界、アパレル業界、内装業界と、さまざまな業種のファクタリングに対応しています。

上記以外の業種でも問い合わせ可能なので、審査通過率の高いファクタリング会社を探している場合は、一度問い合わせてみることをおすすめします。

ファクタリング会社の比較12.anew

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 制限なし
手数料 2%~9%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

anewは先ほどこの記事でも紹介したオルタと新生銀行が提供するファクタリングサービスです。

オルタ同様、オンラインで全ての契約が完了します。

そのため手数料が2%から9%に設定されているのが、anewの特徴です。

そんなanewですが、取引対象は法人に限定されています。

残念ながら個人事業主のファクタリングには対応していない点には、注意が必要でしょう。

個人事業主の方はオルタを利用しましょう。

このような特徴のあるanewですが、償還請求権はなしで債権譲渡登記も不要です。

取引先にファクタリングに利用を知られたくない法人には、anewを利用することをおすすめします。

ファクタリング会社の比較13.ジャパンマネジメント

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 最大5000万円
手数料 3%~10%(3社間)・10%~20%(2社間)
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国対応可能

ジャパンマネジメンとは、東京と福岡を中心に全国のファクタリングに対応しています。

買取可能額は最大5000万円までで、法人だけでなく個人事業主も利用可能です。

秘密厳守での契約を謳うジャパンマネジメントでは、債権譲渡登記なしでの契約も相談できます

2社間ファクタリングを利用する場合、登記なしで契約したい旨を担当者に伝えておきましょう。

なおメールや電話による問い合わせも可能ですが、LINEを使った問い合わせにも対応しています。

気軽に相談したい場合は、LINEでジャパンマネジメントを友だち登録してみましょう。

他社で断られている場合でも相談可能とホームページに記載されています。

そのため気になることがあれば、気軽に問い合わせてみましょう。

ファクタリング会社の比較14.GMO BtoB早払い

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 100万円~1億円
手数料 2%~12%(注文書買取)・1%~10%(請求書買取)
入金スピード 最短2営業日
対応エリア 全国対応可能

GMO BtoB早払いは、法人の2社間ファクタリングにのみ対応しているファクタリング会社です。

手数料は注文書の買取なのか、それとも請求書の買取なのかによって異なりますが、最小1%から最大でも12%に設定されています。

GMO BtoB早払いは注文書での買取に対応している数少ないファクタリング会社だと言えます。

注文書でファクタリングを利用できるため、受注から納品までに日が空く製造業や建設業などの資金調達に適しているでしょう。

そんなメリットのある注文書買取ですが、少しでも手数料を抑えたいのであれば、請求書買取を利用することをおすすめします。

なお買取可能額は100万円から1億円となっています。

公式ホームページに買取額シミュレーションが掲載されているため、手数料が気になったらシミュレーションを利用してみましょう。

申し込みから資金調達まで最短2営業日と、他のファクタリング会社と比較すると時間がかかりますが、ファイナンス業務の担当者がサポートしてくれるなど、安心して利用できるファクタリング会社となっています。

ファクタリング会社の比較15.FREENANCE(フリーナンス)即日払い

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 個人事業主・フリーランス
買取可能額 1万円~1000万円
手数料 3%~10%
入金スピード 最短当日
対応エリア 全国対応可能

FREENANCE即日払いは、先ほど紹介したGMO BtoB早払いと同様のGMOグループが展開するファクタリングサービスです。

GMO BtoB早払いは取引対象が法人に限定されていましたが、FREENANCE即日払いは個人事業主やフリーランスのファクタリングに対応しています。

買取可能額は1万円から1000万円と幅広く設定されているため、どんな個人事業主やフリーランスでも気兼ねなく利用できるでしょう。

なおFREENANCE即日払いを利用するためには、FREENANCEで口座を開設している必要があります

口座の開設や維持はもちろん無料で、振り込み手数料も無料です。

そんなFREENANCEでは即日払いや口座開設サービスの他にも、フリーランス向けの保険などを展開しています。

フリーランスとして生計を立てている方は、一度どのようなサービスなのか確認してみると良いでしょう。

たとえファクタリングを利用しなくても、魅力的なサービスが詰まっています。

ファクタリング会社の比較16.株式会社ウィット

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 30万円~500万円
手数料 5%~
入金スピード 最短2時間
対応エリア 全国対応可能

株式会社ウィットは小口取引を専門に扱うファクタリング会社です。

買取可能額は、30万円から500万円までに設定されていて法人はもちろん、個人事業主も利用できます。

そんな小口取引が専門の株式会社ウィットだからこそ、電話1本で資金調達が可能です。

忙しくて事務所を開けられない経営者の方でも安心して利用できるでしょう。

なお最短2時間で売掛金を振り込んでくれるため、至急現金が必要になってしまった場合にも頼れるファクタリング会社だと言えます。

さらにファクタリング事業だけでなく、コンサルティング事業も行なっています

そのため資金対策はもちろん、経営計画の課題や問題を相談することも可能です。

ファクタリングで資金を調達するついでに、資金繰りを改善したい法人や個人事業主は必見です。

ファクタリング会社の比較17.メンターキャピタル

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬・介護報酬
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 30万円~1億円
手数料 5%~(2社間)・2%~(3社間)
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

メンターキャピタルは法人も個人事業主も利用可能なファクタリング会社です。

買取可能額は最小30万円から最高1億円までと、幅広い金額に対応しています。

なお入金スピードは最短即日なので、急いで資金を調達しなければならない場合にもおすすめです。

そんなメンターキャピタルは買取実績が業界No.1で、最大買取率は98%と非常に高い数値となっています。

多くのファクタリング会社同様、債務超過や赤字などがあっても利用可能で、審査通過率は92%です。

最大買取率と審査通過率の高いメンターキャピタルであれば、他のファクタリング会社で断られている場合でも、利用できる可能性は高いでしょう。

少しでも気になったら、まずはお問い合わせしてみることをおすすめします。

また登記なしでの契約も可能で、償還請求権も発生しません。

そのため2社間ファクタリングを希望していて取引先に知られたくない場合や、万が一取引先が倒産した場合でも、安心して利用できるでしょう。

ファクタリング会社の比較18.株式会社NFT(日経ファイナンシャルトライ)

ファクタリング 比較

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 50万円~5000万円
手数料 3%~8%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

株式会社NFTは、50万円から5000万円までのファクタリングに対応している会社です。

利用可能対象者は、法人と個人事業主それぞれになっています。

そんな株式会社NFTの最大の特徴は、手数料は3%から8%に設定されている点にあります。

他のファクタリング会社と比較しても手数料が安いのはもちろん、最大値が公式ホームページに記載されているため安心感があります。

なお株式会社NFTの社員は元銀行員であるため、お金のプロです。

そんなお金のプロの資金調達の相談ができるため、最適なアドバイスをもらえるでしょう。

建築業、広告業、製造業など様々な分野の業種を対応した経験のある株式会社NFTなので、親身に相談にのってくれるはずです。

リピート率が85.3%と高いため、顧客から信頼されていて満足度も高いファクタリング会社だということがわかります。

12時までに申し込めば、最短即日での資金調達が可能です。

気になる場合は、一度問い合わせてみましょう。

ファクタリング会社を比較!買取可能額から選ぶなら「ビートレーディング」

ファクタリング 比較

売掛金買取可能額からファクタリング会社を比較すると、「ビートレーディング」がおすすめです!

ビートレーディングは売掛金の買取可能額を決めておらず、売掛金買取実績は最低30万円から最大3億円と、非常に幅広いニーズに対応できるファクタリング会社です。

そのため、売掛金が低くて心配な方や売掛金が大きすぎて心配のある利用者はビートレーディングがおすすめです。

ビートレーディングはファクタリング審査に必要な書類が少ない上に、審査通過率も98%と非常に審査にも通りやすい会社です。

ビートレーディングの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00~18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

ファクタリング会社を比較!手数料から選ぶなら「OLTA(オルタ)」

ファクタリング 比較

手数料からファクタリング会社を比較すると、「OLTA」がおすすめです。

手数料は最大でも9%に設定されているため、他社と比較しても断トツで安い値となっています。

累計事業社数は10,000、累計申し込み金額は400億円さらに、提携銀行数No.1のファクタリング会社なので実績も豊富です。

買取可能額も制限されていないため、法人でも個人でも利用しやすいファクタリング会社だと言えるでしょう。

OLTAの会社概要は以下の通りです。

運営会社 OLTA株式会社
代表取締役 澤岻 優紀
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山II 3F
営業時間 不明
事業内容
  • クラウドファクタリング事業
  • 与信モデルの企画/開発/提供
  • 入出金管理プラットフォームINVOYの運営

ファクタリング会社を比較!入金スピードから選ぶなら「QuQuMo(ククモ)」か「株式会社ウィット」

入金スピードでファクタリング会社を比較すると、「QuQuMo(ククモ)」もしくは、「株式会社ウィット」がおすすめです。

どちらのファクタリング会社も最短2時間での入金に対応しています。

QuQuMoと株式会社ウィットの比較

取り扱いファクタリング

QuQuMo:2社間ファクタリング

株式会社ウィット:2社間・3社間ファクタリング

利用可能対象者

QuQuMo:法人・個人事業主

株式会社ウィット:法人・個人事業主

買取可能額

QuQuMo:非公開

株式会社ウィット:30万円~500万円

手数料

QuQuMo:1%~

株式会社ウィット:5%~

二つのファクタリング会社で大きく異なるのは、取り扱いファクタリングの種類と手数料です。

3社間ファクタリングの利用を検討している場合は、株式会社ウィットを利用することになるでしょう。

オンラインでの取引を行いたい場合は、QuQuMoの利用がおすすめです。

QuQuMoの会社概要は以下の通りです。

ファクタリング 比較

運営会社 株式会社アクティブサポート
代表取締役 羽田 光成
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
営業時間 不明
事業内容
  • ファクタリング事業
  • 各種コンサルティング事業

続いて株式会社ウィットの会社概要は以下の通りです。

ファクタリング 比較

運営会社 株式会社ウィット
代表取締役 佐野 俊亮
所在地 〒141-0022
東京都品川区東五反田1-6-3いちご東五反田ビル3F
営業時間 不明
事業内容
  • 経営コンサルタント
  • 営業業務に関するコンサルタント
  • インターネット、印刷媒体等に対する広告の企画、立案、制作業務
  • デザイン、広告宣伝の企画及び仲介及び請負

ファクタリング会社比較に関するQ&A

ファクタリングはまだあまり世間への認知度は高くなく、様々な疑問を持っている方が多いようです。

今回はよくある質問をまとめてみました。

3社間ファクタリングと2社間ファクタリングって何が違うんですか?

3社間ファクタリングは売掛先の会社にもファクタリングを行うというお知らせを送り、債権譲渡の承認を得なくてはなりません。

債権譲渡の承認がファクタリング会社に移った場合、売掛先からファクタリング会社へ直接売り上げ入金が行われるため、回収リスクなどが低くなるため、3社間ファクタリングの方が手数料が低くなっています。

反対に2社間ファクタリングは売掛先へ知らせずにファクタリングを行うため取引先との信頼を損ねるようなことはありません。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについては以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリングは個人事業主でも利用できますか?

A.はい、可能です。

基本的にファクタリングは個人・法人関係なく利用可能です。

ファクタリング利用者の信用性より売掛金の信頼性の方が重要視されるので、取引先の方が審査に影響あります。

利用者は個人事業主でも可能ですし、創業直後の銀行融資に断られる小規模事業社でも利用可能です。

ファクタリングで少しでも早く資金調達するコツはありますか?

A.審査時に必要となる書類をあらかじめ準備しておきましょう。

申し込み後、少しでも早く資金調達したいのであれば、必要書類をあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

必要書類は法人なのか個人事業主なのかによっても異なりますが、両者に共通して必要な書類は、売掛金が発生したことを証明できる請求書や納品書と、過去3ヶ月分程度の通帳コピーです。

上記二つの書類は最低限準備しておきましょう。

ファクタリングの審査時に必要となる書類

法人の場合

  • 決算書
  • 印鑑証明書
  • 会社の実印

など

個人事業主の場合

  • 身分証明書
  • 確定申告書

具体的にはファクタリング会社によっても、必要とする書類は異なります。

そのため詳しくは、申し込み前にどんな書類が必要になるのか問い合わせてみましょう。

ファクタリング契約時にはファクタリング会社へ行かないといけませんか?

A.いいえ、ファクタリング会社に行かなくても大丈夫な場合もあります。

ファクタリング契約前に事前面談などが必要な会社もありますが、基本的に大体のファクタリング会社では自社へ訪問してもらったり、カフェなどで顔合わせするような場合もあります。

ファクタリング利用時の流れはどうなるのでしょうか?

ファクタリングに申し込んでから資金調達までにかかる日数や時間などは、どの会社に依頼するかによっても異なります。

ここでは、一般的なファクタリング利用時の流れをお伝えします。

ファクタリング利用時の流れ
  1.  必要な書類を揃える
  2. ファクタリング会社に申し込む
  3. ファクタリング会社の審査結果を待つ
  4. ファクタリング会社と契約
  5. 入金される
  6. (2社間ファクタリングの場合は、のちに取引先からの入金を送金する)

一般的には上記のような流れで契約が進みます。

最初から一社に絞り込むのではなく、複数社を比較し検討することが重要です。

同じ2社間ファクタリングもしくは3社間ファクタリングでも、利用する会社が異なれば手数料も変わります。

また債権譲渡登記の扱いが異なることもあるでしょう。

急いで資金を調達したい気持ちはわかりますが、複数社を比較することで、より自社にとって最適なファクタリング会社がわかるようになります。

ファクタリングを謳う悪徳業社はいますか?

A.はい、数は少ないものの一部悪徳業社も存在します。

その数は少なくなってきたものの、一部悪徳業社と言われるような会社も存在します。

そのような悪徳業社に引っかからないためにも、先ほどお伝えしたように複数の会社を比較し検討することが重要なのです。

ここでは、悪徳業社の特徴をお伝えするので、ぜひ把握しておいてください。

悪徳なファクタリング業社の特徴
  •  手数料が相場よりも高いもしくは安い
  • 契約を急かしてくる
  • 契約書の控えを渡してくれない
  • 固定電話がない
  • 事務所が存在しない
上記の特徴に当てはまるファクタリング会社があれば、100%悪徳業社だと言っても間違いないでしょう。

なおこの記事で紹介したファクタリング会社はどれも、口コミ評判の良い優良ファクタリング会社です。

ファクタリングの利用が初めてだったり、どの業社が優良なのかわからなかったりする場合は、この記事で紹介したファクタリング会社の中から検討されることをおすすめします。

厳選ファクタリング優良18社比較まとめ

いかがだったでしょうか。

近年人気の資金調達手段である、ファクタリングですが、会社ごとに特徴は違ったものを持っています。

ぜひ今回の比較を参考にご利用者様の用途にあったファクタリング会社を見つけましょう!

あなたに合ったファクタリング会社は以下のファクタリング診断で見つけることができます!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)