資金調達の方法10選!即日できるものから各方法のメリット・デメリットまでを徹底解説

新規事業を始めたい・事業拡大したいけど資金調達の方法がわからない…
資金調達の方法のおすすめってなに?
運転資金が足りない場合の資金調達方法は?

このように起業や新規事業を始める際、運転式不足の時の資金調達方法について悩んでいませんか?

資金を調達する方法は、主に10種類あります。

中でも低コスト低リスクで資金調達ができるファクタリングが、企業の資金調達には一番おすすめです!

資金調達の方法についてざっくりいうと
  • 資金調達は、短期資金調達と長期資金調達がある
  • 資金調達が必要になるケースは3種類
  • 資金調達にはアセットファイナンス・デッドファイナンス・エクイティファイナンスの3種類が主にある
  • 低リスク低コストで資金調達ができるのはファクタリング
  • おすすめのファクタリング会社は、「ビートレーディング

ファクタリング 仙台

運転資金が足りない!事業拡大がしたい!でも資金がない。。。
まずはビートレーディングに無料相談
即日で資金調達額がわかる!

あなたの会社の資金調達額を
無料診断!

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

そんな、資金調達の方法について詳しく、以下の順で解説していきます。

資金調達は短期と長期の二つに分かれる

資金調達は、短期と長期の二つに大きく分けることができます。

簡単に解説すると、その資金が長期で必要なのか、それとも短期で必要ですぐ返せるものなのかです。

そんな、資金調達に関して以下の順でこの章はみていきます。

  • 長期の資金調達
  • 短期の資金調達
  • 短期か長期かの見極め方法

順に詳しく解説していきます。

長期の資金調達

長期の資金調達とは、返済期間が一年以上に及ぶものを指します。

借りる金額も大きくなります。

長期の資金調達の例
  • 工場の建設などの設備投資資金
  • 会社を経営する上で必要(仕入れ費など)な経常運転資金
  • 赤字補填のための赤字資金
  • 売り上げ増加に必要になる売り上げ増加資金

などがあります。

会社を経営していく上で必要となる資金は基本的にほぼ全て長期資金あたります。

こうした資金は、長期で返済していくやめ金利が大きくなりがちですし、必要な資金額も大きくなります。

短期の資金調達

短期の資金調達は、返済期間が一年以内のもののことを言います。

会社経営をしていく上で短期での資金調達が必要なことは、あまりありません。

ただ、以下のような短期の資金調達が必要になる場合も例外的にあります。

短期の資金調達の例
  • 年に数回必要になる賞与資金
  • 役員報酬・配当金・法人税などの決算資金
  • 一時的に収入よりも先に支出のくるつなぎ資金

などが例外的にあります。

長期の資金調達よりも比較的、金額が少ないことが特徴です。

短いスパンでしゃくにゅうと返済があるのが、この短期資金の1番の特徴と言えるでしょう。

短期か長期かの見極め方

長期と短期、それぞれの資金について簡単に解説しました。

ただ、その区別をどうつけるかは難しいと思います。

基本的には、返済期間が一年を超えるか超えないかがミソになります。

短期で借りるか長期で借りるべきか、不安な方は一度以下のフォームから相談してみましょう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

資金調達が必要になる場面は3種類

資金調達は短期と長期の2種類がありますが、そうした資金が必要になる時というのはどんな時なのでしょうか?

資金調達が必要な時は以下の3つの場面に分けることができます。

  1. 新規事業・起業をするとき
  2. 事業をさらに拡大するとき
  3. 運転資金が不足した時

この3つの場面を場面別に解説していきます。

新規事業・企業をするとき

新規事業を会社内で起こすときや、会社を起こす(起業)するとき、資金調達が必要となります。

日本政策金融公庫が発表した「2019年度新規開業実態調査」によると、開業にかかる費用の平均値は1,055万円となっています。

つまり、起業をするのであれば約1,000万円が必要になるということですね。

また、会社内での新規事業に関しても、会社の規模や業績などにもよりますが、さらに大きな資金が必要になると考えられます。

社長

会社って30万円あればつくれるって聞いたことあるけど。。

確かに、法人登記をするだけなら、その程度の資金で大丈夫です。

しかし、しっかりと事業として成り立たせるには、以下のような費用がかかります。

新規事業にかかる費用
  • オフィス費用
  • 人件費
  • パソコンなどの固定資産
  • 設備投資費用(飲食・医者など)

業種にもよりますが、かなり多くの費用がかかります。

また、今後の運転資金としても事業が軌道に乗るまでにお金がかかるということを忘れてはいけません。

事業を拡大するとき

今は県内飲みで事業をしているけど、県外に向けてもアプローチしたい

そんな中小企業の担当者も多いかと思います。

それだけでなく、単純に事業をもっと大きくしたいや、アプローチできる顧客をもっと増やしたい時は、やはりそのための資金が必要になります。

事業拡大に必要な資金
  • 人件費
  • 商品開発費
  • 調査費
  • オフィス代
  • 運営費

こうした資金は急には集めることがなかなかできません。

銀行の融資などだと審査も必要になりますし、スピード感を持った事業拡大をしづらい傾向にあります。

運転資金が不足した時

会社を経営していると、急な出費などが多くあると思います。

「工場の機械が急に故障した」や「取引先が急に倒産してしまった」などなどです。

また、それだけだなく社員へのボーナスの支払いや給料の支払いなど毎月決められた支払いが生じる際に会社に資金がないこともあるかと思います。

発注元からの支払いなどがまだ行われおらず、手元にお金がない時にも資金が必要になります。

資金調達の3つの棲み分け

資金調達の中には、3つの大きな分類があります。

  • エクイティファイナンス
  • デットファイナンス
  • アセットファイナンス

この3つの資金調達の棲み分けについてこの章では詳しく解説していきます。

エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは、企業が新規で株式を発行して資金を調達することのことを言います。

実際、「エクイティ」という単語には、株式や自己投資といった意味合いがあります。

エクイティファイナンスでの資金調達には以下の4つの方法があります。

エクイティファイナンスの4つの種類
  • 公募
  • 株主割当増資
  • 第三者割当増資
  • 転換社債型新株予約権付社債

この4つです。

一番のメリットとしては、株式発行という特性上返済期限がないことです。

一方で、デメリットとして一株の価値が下がるため既存の株主の承認が必要になってきます。

かなり、ハードルの高い方法と言えるかもしれません。

デットファイナンス

デットファイナンスは、銀行からの借り入れや社債の発行で資金を調達する方法になります。

デットファイナンスの「デット」は英語で負債を意味することから、借金をして資金を調達する方法とわかると思います。

一般的にデットファイナンスにあたるのは主に以下の5つです。

デットファイナンスの5つの種類
  • 日本政策金融公庫からの支援
  • 自治体などの制度融資
  • 銀行のプロパー融資
  • 銀行のビジネスローン
  • 社債・私募債の発行

この5つが主なデットファイナンスの方法です。

メリットとしては、資金調達の選択肢が多く、経営権を保持しやすい点があります。

一方でデメリットとして、負債が発生したりするだけでなく、景気などの外部的要因に影響を受けやすい点があります。

不況の時や、会社として借金を負うことに抵抗がある場合はおすすめできない資金調達の方法になります。

アセットファイナンス

アセットファイナンスは、自身の会社の資産を元手に資金調達をする方法になります。

文字通り「アセット:資産」で「ファイナンス:資金調達」することです。

アセットファイナンスの典型例として、「ファクタリング」があります。

ファクタリングとは、売掛債権を買い取ってもらい、少額の手数料は取られるもののすぐに資金調達ができるものを言います。

売掛債権って?
請求書が発行済みで、将来的に入金が見込まれる権利

こうした売掛債権ですぐに資金調達ができるとあって、ファクタリングは近年資金調達の主流になりつつあります。

これで完結!資金調達の10の方法

前の章にて、資金調達には3つの棲み分けがあり、そこに合わせて10の資金調達方法がありました。

下記が簡単にまとめたものです。

三つの棲み分け 具体的な資金の調達方法
エクイティファイナンス
  • 公募
  • 株主割当増資
  • 第三者割当増資
  • 転換社債型新株予約権付社債

デットファイナンス
  • 日本政策金融公庫からの支援
  • 自治体などの制度融資
  • 銀行のプロパー融資
  • 銀行のビジネスローン
  • 社債・私募債の発行
アセットファイナンス
  • ファクタリング

この右の列にある10個の具体的な資金調達方法について詳しく解説していきます。

おすすめの資金調達方法はファクタリング!

結局のところ、おすすめの資金調達方法は「ファクタリング」です。

まずは、ファクタリングとはなにか?ということから解説していきます。

ファクタリングの意味は以下の通りです。

ファクタリングの意味

ファクタリング(factoring)とは、法人から売掛債権を買い取り債権の管理や回収を行う金融サービス。

ファクタリング(factoring)は売掛債権に保険をかけることによってリスクを回避したり、未回収の売掛金を買い取るサービスです。

日本の企業間取引の場合、商品を先に提供し、のちに代金を回収するという信用取引が一般的です。

信用取引では、売掛金の回収までの期間が長かったり、入金遅れ、貸倒れなど様々なリスクがつきものです。

ファクタリングを行えば、売掛先の倒産による貸倒れの可能性がある際にあらかじめ保険をかけたり、売掛金を売却して、売掛回収よりも早く現金化を行うことができます。

ただ、現在ファクタリング会社は多数乱立しており、どれを選んだらいいかわからない方も多いと思います。

実際にあなたの会社にあったファクタリング会社を選ぶことで、資金調達できる額が百万単位で変わってきます。

あなたにあったファクタリング会社を以下のファクタリング診断から、診断することができます。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

また、おすすめのファクタリング会社についても以下の章でご紹介していきます。

おすすめファクタリング会社を一覧比較!

おすすめのファクタリング会社を比較

今回は日本国内で優良と評価されているファクタリング会社10社を「取り扱いファクタリング」「手数料」「入金スピード」「買取可能額」の4点で比較していきます。

会社名 取り扱いファクタリング 手数料 入金スピード 最大・最小買取額
ビートレーディング 2者間・3者間・医療・介護 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20% 最短即日 最小買取額・最大買取額無し
GMO BtoB早払い 2者間・3者間 2%~10% 4日程度 100万~1億円
ベストファクター 2者間・3者間 2%~20%(2社間・3社間) 最短即日 最小30万円~1億円
日本中小企業金融サポート機構 2者間・3者間・医療 3%~9% 初回最短1営業日 上限無制限
アクセルファクター 2者間 2%~20% 最短即日 30万円〜3000万円
トップマネジメント 2者間・3者間 二者間3.5%~12.5%
三者間0.5%~3.5%
最短即日 30万円〜3億円
えんナビ 2者間・3者間 5%~ 最短即日 30万円〜5000万円
三共サービス 2者間・3者間 二者間
5%~
三者間
1.5%~
最短2日 50万円〜3000万円
オルタ(olta) 2者間 2%~9% 最短即日 非公開
ファクタリングのTRY 2者間・3者間 5%~ 最短即日 非公開

それぞれファクタリング会社には取引内容に差があり、それぞれのメリットデメリットなどは存在します。

買取可能額だけをみても、最低50万円からのファクタリング会社もあれば、10万円でもOKと言うファクタリング会社も存在したり、1億円までファクタリング可能な会社もあれば最大7億円の実績があるファクタリング会社もあります。

日本ではすでにファクタリング会社が数多くあり、それぞれサービス内容は異なるため、検討中の業者さんは、一度複数の会社さんに見積もりをもらうことがおすすめです。

今回は入金スピード・手数料・買取可能額などを総合的に判断して、ファクタリング会社をランキング形式で10社紹介していきます。

ファクタリングおすすめ会社第1位:ビートレーディング

ファクタリングおすすめ2位ビートレーディング

(https://betrading.jp/)

オススメのファクタリング会社第3位はビートレーディングです!

ビートレーディングの詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 最小買取額・最大買取額無し
手数料 2%~(3社間)・5%~(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

ビートレーディングの最大の特徴は、最小買取額、最大買取額の設定がないという点です。

ビートレーディングは現在累計買取債権額409億円と非常に資金力に優れたファクタリング会社で、取引の多さや額面の大きさから信頼性の高い会社ということがわかります。

会社規模や買取実績からビートレーディングは業界最大手のファクタリング会社ということができます。

ビートレーディングの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

ビートレーディングの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00~18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業

ビートレーディングに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリングおすすめ会社第2位: GMO BtoB早払い

おすすめのファクタリング会社第1位は「GMO BtoB 早払い(ファクタリング)」です!

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)はインターネット大手のGMOグループが運営しているファクタリング会社です。

信頼のできる大手が運営している安心感は他のファクタリング会社より完全に優位性を持っています。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)の詳細は以下のようになっています。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 最小100万円〜1億円
手数料 1%~10%(2社間・3社間)
入金スピード 4日程度
対応エリア 全国インターネット対応可能

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は運営主体の信用性が他のファクタリング会社よりもダントツ高い上に、手数料が業界屈指で低いファクタリング会社です。

ファクタリング 手数料の相場は10%~25%ですが、GMO BtoB 早払い(ファクタリング)なら1%~10%までとしっかりと上限が定められており、上限手数料ですら相場を大きく下回っています。

さらに、大手では珍しく、GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は2社間ファクタリングにも対応しているので、取引先に知られることもなくファクタリングを行うこともできます。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は最短即日で資金調達ができるファクタリング会社もある中、調達まで最短4日とやや入金スピードが遅いのが気になりますが、それほどしっかりと審査を行なってくれていることによって業界トップクラスの手数料や安心感を誇っています。

GMO BtoB早払いの評価
手数料
(5.0)
売掛金の買取可能額
(4.5)
入金スピード
(3.0)
信頼性
(5.0)
対応可能エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

GMO BtoB 早払いの会社情報です。

運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
代表取締役 相浦一成
設立 平成7年3月
所在地 東京フクラスオフィス
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス

ファクタリングおすすめ会社第3位:ベストファクター

ファクタリングおすすめ1位ベストファクター

(https://bestfactor.jp/)

オススメのファクタリング会社第2位はベストファクターです!

ベストファクターの詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・医療債権ファクタリング
利用可能対象者 法人宛の売掛債権を持つ法人・個人事業主(業種等問わず)
買取可能額 最小30万円~1億円
手数料 2%~20%(2社間・3社間)
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国訪問対応可能

ベストファクターは業界でも屈指の手数料の安さと入金スピードを誇っており、企業だけではなく、個人事業主にも利用可能と非常に優れており、評判も良いファクタリング会社です!

審査通過率も業界ではトップクラスの92%を誇っており、資金調達のしやすさはダントツで高いオススメのファクタリング会社です。

ベストファクターの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

ベストファクターの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社アレシア
代表取締役 班目 裕樹
資本金 9,000,000円
設立 2017年1月
電話番号 0120-798-029
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3丁目2番14号(本社)大阪府大阪市中央区島之内1丁目13−28由良ぬす21ビル1F(大阪支社)
営業時間 平日 10:00~19:00(定休日:日・祝日)

ファクタリングおすすめ会社第4位:日本中小企業金融サポート機構

ファクタリングおすすめ3位日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は営利目的ではなく、一般社団法人として経営されているファクタリング会社です。

営利目的ではない為、特徴としては手数料が安いという点と経営改善や資金調達のサポートなども行なっているファクタリング会社です。

日本中小企業金融サポート機構の詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 上限無制限
手数料 3%~9%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

日本中小企業金融サポート機構は上述のベストファクターやビートレーディングよりも更に安い手数料を誇っており、業界屈指の安値です。

日本中小企業金融サポート機構の評価
手数料
(5.0)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)
運営会社 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
代表理事 川田 晴斗
住所 東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
営業時間 9:30〜16:00(平日)
事業内容 資金調達に関する斡旋及び仲介業務、並びに資金調達、資本政策、企業の財務及び事業再生等に関するアドバイザリー及びコンサルティング業務

ファクタリングおすすめ会社第5位:アクセルファクター

ファクタリングおすすめ5位アクセルファクター

(https://accelfacter.co.jp/)

ファクタリングのおすすめ会社第5位はアクセルファクターです!

アクセルファクターの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 30万円〜3000万円
手数料 2%~20%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

アクセルファクターは手数料が最低2%と非常に低く、取引の半分以上が即日での入金と、手数料や入金スピードの観点から優れたファクタリング会社です。

また、30万円〜3000万円と比較的少額の取引に特化したファクタリング会社です。

あまり大きな額の取引ではない方におすすめです。

アクセルファクターの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

アクセルファクターの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社アクセルファクター
代表者名 郡司 陽介
事業内容
  • ファクタリング業務
住所 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F

営業時間 平日9:30~19:00

ファクタリングおすすめ会社第6位:トップマネジメント

ファクタリングおすすめ6位トップマネジメント

(https://top-management.co.jp/)

ファクタリングのおすすめ会社第6位はトップマネジメントです!

トップマネジメントの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円〜3億円
手数料 二者間ファクタリング3.5%~12.5%
三者間ファクタリング0.5%~3.5%
入金スピード 3営業日〜1週間
対応エリア 全国対応可能

トップマネジメントは買取可能額の広さが魅力的なファクタリング会社です。

また、最低から最高の手数料も明記してあり、最大2社間が12.5%です。

2社間で20%以上取る会社もあるので手数料は比較的良心的といえます。

トップマネジメントの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(2.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

トップマネジメントの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社トップ・マネジメント
代表者名 大野兼司
設立 2009年4月
資本金 5000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
    経理・財務・経営に関するコンサルティング業務
    企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託並びに
    リスクの評価及びリスク回避の相談の受託業務
    担保不動産の調査及び評価業務
住所 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F

営業時間 平日9:00~19:00

ファクタリングおすすめ会社第7位:えんナビ

ファクタリングおすすめ7位えんナビ

(http://ennavi-factoring.com/jouhoukan/)

ファクタリングのおすすめ会社第7位はえんナビです!

えんナビの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円〜5000万円
手数料 5%~
入金スピード 最短即日
対応エリア 沖縄県を除く全国46都道府県

えんナビの最低手数料は5%と明記されています。

最大手数料は明記されていないものの、他社と比較してみても最低手数料は安い部類に入ります。

えんナビの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.0)

えんナビの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社インターテック
代表者名 伊藤公治
住所 〒110-0015 東京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階

ファクタリングおすすめ会社第8位:三共サービス

ファクタリングおすすめ8位三共サービス

(https://sankyo-fs.jp/)

ファクタリングのおすすめ会社第8位は三共サービスです!

三共サービスの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権介護報酬債権
利用可能対象者 法人
買取可能額 50万円〜3000万円
手数料 二者間ファクタリング5%~
三者間ファクタリング1.5%~
入金スピード 最短翌日
対応エリア 全国対応可能

三共サービスは最低手数料がかなり低いことが特徴的なファクタリング会社です。

とはいえ上限は公開されていないので実際にはもう少し高いと思われます。

三共サービスの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(3.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(3.5)

 

三共サービスの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社三共サービス
代表者名 飯村 雅
設立 2001年7月
資本金 1000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階

営業時間 平日9:00~19:00

三共サービスの評判や口コミ、手数料やサービス内容、また利用方法等は以下の記事で詳しく解説しています。

資金調達の方法まとめ

資金調達の方法には以下の10個があります。

三つの棲み分け 具体的な資金の調達方法
エクイティファイナンス
  • 公募
  • 株主割当増資
  • 第三者割当増資
  • 転換社債型新株予約権付社債

デットファイナンス
  • 日本政策金融公庫からの支援
  • 自治体などの制度融資
  • 銀行のプロパー融資
  • 銀行のビジネスローン
  • 社債・私募債の発行
アセットファイナンス
  • ファクタリング
資金調達の方法まとめ
  • 資金調達は、短期資金調達と長期資金調達がある
  • 資金調達が必要になるケースは3種類
  • 資金調達にはアセットファイナンス・デッドファイナンス・エクイティファイナンスの3種類が主にある
  • 低リスク低コストで資金調達ができるのはファクタリング
  • おすすめのファクタリング会社は、「ビートレーディング

 

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断