火災保険申請代行サポートの手数料や成功報酬はどのくらい?

「火災保険申請代行サポートの手数料や成功報酬はどのくらいなの?」

このように考えていませんか?

火災保険申請代行サポートは火災保険の申請をする時に便利なサービスですが、どのくらいの手数料なのか相場を知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事では、火災保険申請代行サポートの手数料や成功報酬について詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「火災保険申請代行サポートの手数料・成功報酬」ざっくり言うと
  • 手数料の相場は30~40%程度
  • 手数料を安く抑えるコツは相見積もりなど
  • 火災保険申請代行サポートのメリットは専門家のサポートを受けられることなど
  • 注意すべき火災保険申請代行サポートの業者は申請を代行してくれることなど
  • おすすめの火災保険申請代行サポートはシラベルなど

もくじ

火災保険申請代行サポートとは?

火災保険申請代行サポート_手数料_とは
火災保険申請代行サポートとは、火災保険の保険金の申請をサポートしてくれるサービスのことです。

火災保険の保険金を受け取るためには、被災した箇所の詳細について書類に記入し、提出する必要があります。

しかし、被災した箇所を全て正確に調べたり、書類に記入したりするのはなかなか大変です。

特にお年寄りの場合には、屋根の被害を確認するのは大変ですよね。

そんな時に役立つのが火災保険申請代行サポートです。

火災保険申請代行サポートでは、被害箇所の確認や書類の記入などの部分を業者がサポートしてくれます。

これにより、火災保険の申請がずっと楽になるのです。

火災保険申請代行サポートの成功報酬の手数料の相場とは?

火災保険申請代行サポート_手数料_相場
火災保険申請代行サポートの成功報酬の手数料の相場は以下の2つの場合で異なります。

それぞれの場合について詳しく見ていきましょう。

火災保険申請代行サポートのみの場合

火災保険申請代行サポートのみの場合、手数料の相場は30~40%程度と言われています。

つまり、保険金が100万円手に入った時には、手数料は30~40万円程度取られることになります。

50%以上の手数料を取られる場合には悪徳業者の場合もあるので注意しましょう。

リフォーム工事と火災保険申請代行サポートがセットの場合

火災保険申請代行サポートと修理箇所のリフォーム工事がセット担っている場合、火災保険申請代行サポートの手数料は10~15%程度になっていることが多いです。

リフォーム工事とセットであれば、手数料は安くなるのです。

ただ、リフォーム工事とセットで火災保険申請代行サポートを利用するのはあまりおすすめできません。

なぜなら、保険金が下りたら必ずリフォームしなければならないからです。

たとえ保険金の額がリフォーム工事の代金を下回って、追加で支払いをする必要が生じても、リフォーム工事をキャンセルすることはできません。

リフォームをしない決断をした場合、違約金が発生することが多いです。

このような事情から、リフォーム工事とのセットではトラブルになるケースも多いのです。

火災保険申請代行サポートでかかる2つの手数料

火災保険申請代行サポート_手数料_手数料
火災保険申請代行サポートでかかる手数料は主に以下の2つです。

火災保険申請代行サポートでかかる2つの手数料

それぞれの手数料について詳しく見ていきましょう。

初期費用

火災保険申請代行サポートでかかる手数料としてまず挙げられるのは、初期費用です。

初期費用とは、最初に家のどこが壊れているのか損害調査をした時にかかる調査代金です。

多くの火災保険申請代行サポートは初期費用がかからないため、初期費用がかかる業者はおすすめできません。

もし損害箇所が経年劣化だと判断されたり、損害がなかったりして保険金が得られなくても初期費用は必要になるため、純粋に損になってしまうからです。

成功報酬

火災保険申請代行サポートでかかる手数料としては、成功報酬も挙げられます。

成功報酬とは、実際の保険金が下りた時にかかる手数料です。

保険金の30~40%を成功報酬として支払うケースが多いです。

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑える3つのコツ

火災保険申請代行サポート_手数料_コツ
火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑えるコツは主に以下の3つです。

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑える3つのコツ

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:相見積もりをして競わせる

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑えるコツとしてまず挙げられるのは、相見積もりをして競わせることです。

相見積もりとは、複数の業者に手数料の見積もりを出してもらい、一番条件が良い業者と契約して火災保険申請代行サポートを行ってもらうことです。

相見積もりをすることで業者同士が競争して手数料を下げてくれる可能性があります。

業者にとっては、少し手数料が下がっても、契約をもらえたほうが利益になるからです。

コツ②:交渉する

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑えるコツとしては、交渉することも挙げられます。

火災保険申請代行サポートを頼んだ時に交渉して、手数料を下げてもらうのです。

ただ、単純に「手数料を下げてほしい」と言っても応じてくれないことが多いです。

交渉する時には、業者のメリットになることを提示してあげると手数料を下げてもらいやすいでしょう。

たとえば、「手数料を下げてくれたらここで契約する」「火災保険を申請できそうな人を紹介する」などの方法が有効でしょう。

コツ③:自分で申請する

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑えるコツとしては、自分で申請することも挙げられます。

火災保険申請代行サポートは自分で行うことができ、当然、自分で申請すれば誰かに手数料を取られることはありません。

そのため、手数料をかけずに保険金を受け取ることができます。

ただし、自分での調査では申請できる箇所を見逃す可能性もあり、火災保険申請代行サポートに頼んだ時よりも最終的に受け取る保険金が少なくなってしまう可能性もあります。

火災保険申請代行サポートの4つのメリット

火災保険申請代行サポート_手数料_メリット
火災保険申請代行サポートのメリットは主に以下の4つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:火災保険の専門家のサポートを受けられる

火災保険申請代行サポートのメリットとしてまず挙げられるのは、火災保険の専門家のサポートを受けられることです。

上でも説明しましたが、普通の人は火災保険を申請するプロではありませんから、被害箇所をすべて正確に申請できない可能性があります。

また、火災保険の申請方法についてよく知らない方も多いのではないでしょうか。

一方、火災保険申請代行サポートの業者はプロですので、被害箇所を正確に見つけ出してくれますし、申請方法を豊富な知識でサポートしてくれます。

メリット②:適正な保険金がもらえる可能性が高まる

火災保険申請代行サポートのメリットとしては、適正な保険金がもらえる可能性が高まることも挙げられます。

上でも少し説明しましたが、自分で申請すると被害箇所の申告漏れが起こる可能性があり、思ったような保険金を得られない可能性があります。

火災保険申請代行サポートはプロですし、多くの被害箇所を見つけるほど手数料が増えて利益が出ますので、被害箇所を正確に見つけ出してくれます。

そのため、本当に適正な保険金を得られる可能性が高まるのです。

メリット③:申請の手間が少なくなる

火災保険申請代行サポートのメリットとしては、申請の手間が少なくなることも挙げられます。

火災保険の申請は見慣れない書類に記入する必要があります。

実際に被害箇所について書類で説明する必要もありますので、申請には大きな手間がかかってしまいます。

一方、火災保険申請代行サポートの業者であれば書類の作成をサポートしてくれるため、私たちは最低限の手間で火災保険の申請ができます。

メリット④:受け取った保険金の使い道は自由

火災保険申請代行サポートのメリットとしては、受け取った保険金の使い道は自由であることも挙げられます。

火災保険ですから、火災などの災害の被害の回復にお金を使わなければならないと思われがちです。

しかし、実際には受け取った保険金の使い方は自由で、必ずしも修理に使わなくても問題ありません。

ただし、リフォーム工事とセットの契約にした場合、少なくとも保険金の一部はリフォーム工事のために使う必要があります。

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の9つの特徴

火災保険申請代行サポート_手数料_特徴
火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴は主に以下の9つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:火災保険の申請を代行してくれる

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としてまず挙げられるのは、火災保険の申請を代行してくれることです。

これは一見良いことのように見えますが、実は法律違反の行為ですので注意しましょう。

火災保険の申請をサポートしてくれるだけなら問題ありません。

しかし、火災保険の申請自体は私たちが自分で行わければならないのです。

特徴②:料金の説明が不十分

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、料金の説明が不十分であることも挙げられます。

料金の説明が不十分な場合には、実際に保険金が下りた時に料金面でトラブルが発生しがちです。

手数料は何%なのか、違約金は発生するのか、初期費用はあるか、など料金については正確に説明してもらいましょう。

特にリフォーム工事と火災保険申請代行サポートがセットになっている場合には料金トラブルが発生しがちです。

特に慎重に料金について説明してもらう必要があるでしょう。

特徴③:嘘の理由での申請を勧めてくる

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、嘘の理由での申請を勧めてくることも挙げられます。

火災保険に嘘の理由で申請するのは詐欺行為ですので、絶対に行ってはいけません。

捕まる可能性もありますし、バレたら火災保険の契約も解除されてしまうでしょう。

嘘の理由での申請を勧められたらその業者とは縁を切ったほうが得策です。

特徴④:実績がない

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、実績がないことも挙げられます。

実績がないからといって怪しい業者というわけではないのですが、怪しい業者は実績がないことが多いです。

また、怪しくなくても実績がない業者は火災保険申請代行サポートについての知識が薄いことが多いです。

火災保険申請代行サポートでは、実績が豊富な業者を選んだほうが無難でしょう。

特徴⑤:強制的に修理を勧めてくる

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、強制的に修理を勧めてくることも挙げられます。

リフォーム事業も行っている火災保険申請代行サポートの場合、やはり保険金でリフォームを行ってもらったほうが業者の利益は大きいです。

そのため、業者の中には強制的に修理を行って、不当に代金を請求してくるところもあります。

特徴⑥:手数料を無料と記載している

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、手数料を無料と記載していることも挙げられます。

ボランティアではないのですから、火災保険申請代行サポートで手数料が無料なんてことはありません。

手数料が無料と言っている業者がいたら、それは嘘のことが多いので警戒して対応するようにしましょう。

特徴⑦:手数料が50%を大きく超えている

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、手数料が50%を大きく超えていることも挙げられます。

火災保険申請代行サポートの手数料の相場は30~40%ですので、手数料が50%を超えている場合には、手数料の取りすぎと言えるでしょう。

手数料が50%以上になっても業者のスキルが上がるとは考えにくいですから、手数料50%超えの業者は選ばないほうが得策です。

特徴⑧:初期費用が発生する

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、初期費用が発生することも挙げられます。

多くの火災保険申請代行サポートでは被害箇所を調べる時に初期費用が発生することはありません。

不要な手数料ですので、初期費用が発生しない業者の中から選ぶべきでしょう。

特徴⑨:契約書に違約金の記載がある

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては、契約書に違約金の記載があることも挙げられます。

リフォーム工事と火災保険申請代行サポートがセットになっている場合に違約金が記載されていることが多いのですが、違約金がある業者はおすすめできません。

違約金がある場合、保険金が手に入った後にその業者でリフォームを行わないとお金を支払う必要があります。

そもそも、リフォーム代金をまかなえるほど保険金が手に入るとは限りません。

そのような場合に違約金を請求されると二重にお金がかかってしまいます。

そのような事態を防ぐためにも、違約金の記載がない事業者を選んだほうが良いでしょう。

火災保険申請代行サポートの3つの選び方

火災保険申請代行サポート_手数料_選び方
火災保険申請代行サポートの選び方は主に以下の3つです。

火災保険申請代行サポートの選び方3つのポイント

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:詐欺業者に注意する

火災保険申請代行サポートの選び方としてまず挙げられるのは、詐欺業者に注意することです。

火災保険申請代行サポートは残念ながら、詐欺を行うような悪質な業者もいる業界です。

上で紹介した注意点に気をつけながら業者を選んでいきましょう。

なお、これから下で紹介する火災保険申請代行サポートはどこも信頼できるしっかりとした業者になっています。

おすすめの火災保険申請代行サポート

ポイント②:手数料

火災保険申請代行サポートの選び方としては、手数料も挙げられます。

火災保険申請代行サポートでは手数料が30~40%程度で、保険金は100万円程度取れることが多いです。

つまり、手数料は30~40万円ということになり、少しの手数料率の差が大きな金額の差になります。

そのため、手数料は特に慎重に見比べて選ぶべきです。

上で紹介したように手数料を下げる努力をするのも良いでしょう。

ポイント③:口コミ・評判

火災保険申請代行サポートの選び方としては、口コミ・評判も挙げられます。

ネット上には、火災保険申請代行サポートを実際に利用した人の口コミが集まっています。

実際の業者のサービスについて知るには、実際に利用した人の口コミを見るのが一番です。

ただ、口コミ評判はサービスに何らかの不満がある人が書き込みやすい傾向がある点については注意が必要でしょう。

おすすめの火災保険申請代行サポート5選

火災保険申請代行サポート_手数料_サポート
おすすめの火災保険申請代行サポートは主に以下の5つです。

それぞれの火災保険申請代行サポートについて詳しく見ていきましょう。

シラベル

シラベル 特徴

シラベルは業界最安の30%の手数料が魅力的な火災保険申請代行サポートです。

完全成果報酬制ですので、保険金が下りなかった場合や、申請できる被害箇所がなかった時に費用がかかることはありません。

その上、弁護士と協力してサービスを展開しているため、安心のサポートを受けられます。

実勢も2000件と豊富になっています。

手数料 30%
対応エリア 関東
実績(件数) 2000件以上
保険金の使い道 自由
平均受給額 記載なし

損害保険申請サポート

損害保険申請サポートとは

損害保険申請サポートは13000件以上の豊富な実績を持つ火災保険申請代行サポートです。

日本全国に対応しているため、どこに住んでいる方でも利用することができます。

各方面の専門家からお墨付きをもらっている点も信頼できます。

手数料 40%
対応エリア 全国
実績(件数) グループ総実績13000件
保険金の使い道 自由
平均受給額 122万円

お家なおーる

お家なおーる 特徴

お家なおーるはリフォームとセットで契約できる火災保険申請代行サポートです。

得られた保険金をもとに修理をするため、83%の方が0円での修理を実現させています。

最大5万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも行っています。

もちろん日本全国から申し込めます。

実績 47都道府県でリフォーム実績
対応エリア 全国
資格 記載なし
保証・アフターフォロー 記載なし
キャンペーン 最大5万円分Amazonギフト券

保険請求の窓口

保険請求の窓口

保険請求の窓口は平均して得られる保険金が190万円と高いのが魅力的な火災保険申請代行サポートです。

専門家の保険請求診断士が現地調査を行うため、高い保険金の受け取りに成功できています。

その上、保険金の窓口では、知り合いを紹介すると保険給付額の5%を紹介料としてもらえるお得なキャンペーンも行っています。

手数料 50%
対応エリア 調査中
実績(件数) 調査中
保険金の使い道 調査中
平均受給額 190万円

建物鑑定

建物鑑定

建物鑑定は給付率が92%と高いのが魅力的な火災保険申請代行サポートです。

これまで月間300件以上の調査を行ってきた実績があります。

実際に保険金がもらえるかホームページでチェックすることも可能になっています。

手数料 35%
対応エリア 全国
実績(件数) 月間300件以上
保険金の使い道 自由
平均受給額 記載なし

火災保険申請代行サポートを利用する時の5つの手順

火災保険申請代行サポート_手数料_手順
火災保険申請代行サポートを利用する時の手順は主に以下の5つです。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:火災保険申請代行サポートに連絡

火災保険申請代行サポートを利用する時には、最初に火災保険申請代行サポートに連絡を行います。

そこからは業者の指示に従って、家まで現地調査しにくる日程を調整することになります。

手順②:現地調査

次に、現地調査が行われます。

現地調査では、火災保険申請代行サポートから調査員が派遣されてきて、家の実際の被害状況と、それが災害によって発生したものなのかを確認します。

この時には、被害状況の確認のために被害箇所の写真撮影を行う場合もあります。

手順③:保険会社に申請

次に、保険会社に保険金の申請を行います。

この時には、まずは申請書類を作成する必要があります。

書類の作成は業者が手伝ってくれますので、自分で記入する必要がある部分のみ記入を行いましょう。

手順④:保険会社による審査

次に、保険会社による審査が行われます。

審査では、本当に被害が発生しているのか検証したり、被害状況から見てどのくらいの保険金が適切なのか算出したりします。

被害の発生が疑わしい場合には、保険会社から調査員が派遣されてくる可能性もあるので注意しましょう。

手順⑤:保険金受取

最後に保険金を受取ります。

最初に火災保険申請代行サポートに頼んでからは1ヶ月程度、保険金額の決定通知書が届いてからは1週間以内に振り込みが行われることが多いです。

保険金を受け取ったら、最後に火災保険申請代行サポートに報酬を支払うことになります。

火災保険申請代行サポートの成功報酬の手数料のまとめ

火災保険申請代行サポート_手数料_まとめ
火災保険申請代行サポートの成功報酬の手数料の相場はざっくり言うと30~40%程度です。

火災保険申請代行サポートでは以下のような手数料がかかります。

火災保険申請代行サポートでかかる2つの手数料

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑えるコツは以下のとおりです。

火災保険申請代行サポートの手数料を安く抑える3つのコツ

火災保険申請代行サポートのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

火災保険申請代行サポートで注意すべき業者の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

火災保険申請代行サポートの選び方のポイントは以下のとおりです。

火災保険申請代行サポートの選び方3つのポイント

おすすめの火災保険申請代行サポートとしては以下のようなものが挙げられます。

火災保険申請代行サポートを利用する時の手順は以下のとおりです。