法人が銀行融資以外で資金調達する方法5選!金利や審査の難易度、保証人の有無とは?

法人を経営していますが、新たに資金が必要になりました。
やはり銀行融資しか方法はないでしょうか……?
銀行で融資を申し込んだものの、断られてしまいました……。
すぐにでも資金が必要なため、途方に暮れています。

こんな風に、資金調達に頭を抱えている法人には、ファクタリングの利用がおすすめです。

売掛債権さえあれば申し込み可能で、銀行融資に断られていたとしても資金を調達できる可能性があります。

そこでこの記事ではファクタリングを始め法人が資金調達する方法や、それぞれの資金調達法のメリット・デメリットなどを比較していきます。

この記事を読めば、自社に適した資金調達法がわかるようになるでしょう。

銀行融資など法人の資金調達法についてざっくり言うと
  •  法人の資金調達法で一番金利が低い方法は、銀行などで融資を受ける方法
  • 法人が銀行融資を利用する場合、保証人などが必要になることがある
  • 法人が銀行融資を利用するメリットは、高額な資金調達も可能になること
  • 法人が資金調達を急いでいる場合は、銀行融資ではなくファクタリングの利用がおすすめ
  • ビートレーディングは銀行融資を断られた法人でも資金調達できることがある

法人が資金調達を行う方法

嬉しいことに事業が拡大し、設備に投資するための資金が必要になりました……。
法人が資金調達する方法を教えてください……!

会社を経営していると、業績が好調なため設備投資が必要になったり、まとまった資金が必要になったりすることがあります。

しかし毎月の支払いに追われるなど、一度にまとまった資金を準備できる法人はそう多くはありません。

そこで、ここでは法人が資金調達を行う主な方法について5つ紹介します。

それぞれの資金調達法ごとに特徴を紹介していくので、まとまった資金が必要な法人は必見です。

①銀行融資を受ける

まとまった資金が必要な法人が一番最初に検討するのが、銀行から融資を受けることでしょう。

銀行融資とは?

銀行融資とは、銀行から事業に必要なお金を借り入れることを言います。

借入ということは借金に当たるため、当然返済義務が生じ金利も発生します。

一般的に銀行融資を受ける場合は、普段から付き合いのある銀行や信用金庫の担当者に問い合わせることになります。

メガバンクよりも地元に密着した地方銀行の方が、ローカルの中小企業を応援する目的で力になってくれることが多いと言われています。

そんな銀行融資ですが提出書類が多く、審査の難易度も高めです。

主な必要書類
  •  2から3期分の決算書
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 事業計画書
  • 借入状況のわかる書類

上記で挙げた必要書類はほんの一部で、実際にはもっと多くの書類を提出する必要があります。

なお審査にかかる時間も1ヶ月程度と長く、すぐに資金調達できるわけではありません。

提出した書類をもとに格付けが行われるため、審査に受かるためには用意周到に準備しておく必要があるでしょう。

銀行融資の格付けとは?

決算書などの書類をもとに、リスクなしから事故先まで主に11段階に振り分けられます。

法人の業績が良ければ良いほど、低金利で審査に受かりやすくなります。

反対に、法人の業績が悪ければ銀行のリスクが高まるため審査に受かったとしても高金利での借入となるなど、利用条件が悪くなります。

少しでも格付けで良い印象を残したいのであれば、税理士に決算書の作成を依頼したり、根拠のある事業計画書を作成したりなど、努力が必要です。

②日本政策金融公庫の融資を受ける

フリーランスや個人事業主を始め、中小企業を支援する目的で日本政府が出資している金融機関です。

法人がまとまった資金が必要になる理由は、必ずしも事業拡大などポジティブなものだけではありません。

資金繰りがうまくいっていないなど、資金が不足している場合は日本政策金融公庫から融資を受けることも検討してみましょう。

銀行融資と比較すると、金利が低めで保証人や担保が不要というメリットがあります。

とはいえ借入となるため、どうして融資を受ける必要があるのか、借入たお金はどういったことに利用するのか、返済計画はどうなっているのかなど、きちんと説明しなければなりません。

資金調達までにかかる日数

申し込み後、審査の結果が出るまでに10日前後の時間を要します。

審査に通過しても実際にお金が振り込まれるまでに10日ほどかかるため、資金調達まで合計20日前後の時間がかかります。

そのため、すぐにでも資金を調達したい際には、向いていない方法だと言えるでしょう。

③地方自治体の融資制度を利用する

地方自治体によっては、中小企業を応援するために融資を受け付けていることがあります。

この制度は地方自治体と金融機関などが一緒に行なっている融資であるため、他の方法と比較すると金利が低めに設定されている点がメリットです。

地方自治体によっても融資制度は異なる可能性があります。

興味がある場合は、法人のあるエリアで該当する融資制度がないか調べてみましょう。

④ビジネスローンを利用する

上記でお伝えした融資を利用する場合、審査に時間がかかるだけでなく提出書類の準備が大変など、何かと労力が必要です。

法人によっては日々の業務に追われていて、少しでも簡単に資金を調達できる方法を探しているのではないでしょうか。

そんな場合には、ビジネスローンを利用するという方法もあります。

なおビジネスローンには様々な種類があり、提供元も異なります。

ビジネスローンの種類
  •  銀行のビジネスローン
  • クレジット会社のビジネスローン
  • 消費者金融のビジネスローン
  • 信販会社のビジネスローン

銀行のビジネスローンは、一般的に金利は2%から14%に設定されていて、50万円から1,000万円程度の資金を調達可能です。

提供元の銀行によっても内容は異なりますが、来店不要で資金を調達できるなど、融資と比較すると利用難易度は抑えられています。

クレジットカード会社や消費者金融、信販会社などもビジネスローンを扱っています。

これらのビジネスローンの特徴は、担保も保証人も不要な点にあります。

そのため銀行融資と比較すると、利用のハードルは一気に下がります

しかし銀行のビジネスローンと比較すると、金利は6%から18%程度に設定されているなど、高めに感じられるでしょう。

⑤ファクタリングを利用する

まとまった資金がすぐに必要な法人で売掛債権を抱えている場合は、ファクタリングを利用するという方法もあります。

売掛債権とは、まだ入金されていない売掛金のことを言います。

売掛金についてわかりやすくいうと

請求書を発行済みで、入金を待っている状態のお金

例:11月30日に請求書を発行→入金は2ヶ月後の1月31日

つまり、ファクタリングとは売掛債権を売却し、資金を調達する方法のことを言います。

そのため売掛債権さえあればほとんとの場合、資金の調達が可能です。

これまでに紹介してきた資金調達法とは異なり、借入になりません

詳しくは後述しますが、借入にならないため信用情報を傷つけることもない資金調達法です。

売掛債権のある法人であれば、赤字や税金滞納などの問題を抱えていたとしても利用できるなど、ファクタリングには様々なメリットがあります。

なお最短だと数時間で振り込みまで完了する場合があるなど、とにかく資金調達を急いでいる法人には最もおすすめできる資金調達法だと言えます。

法人向け銀行融資、ビジネスローン、ファクタリングを比較

法人が資金を調達する方法は、銀行融資だけではないのですね……!
法人向けに、こんなにたくさんの資金調達法があることを初めて知りました……!
銀行融資にビジネスローン、ファクタリングはそれぞれどう違うのでしょうか?

ここからは、3つの資金調達法を審査の難易度や金利・手数料、融資できる金額など、項目ごとに比較していきます。

きっと、どの方法で資金調達することが法人にとって最適なのかわかるようになるでしょう。

①審査の難易度

法人が確実に資金を調達するためには、審査の難易度が低い資金調達法を利用するのが一番です。

審査の難易度が低い順にランキングすると、下記の通りになります。

審査の難易度が低い資金調達法
  1.  ファクタリングの利用
  2. ビジネスローンの利用
  3. 銀行などの融資の利用

ファクタリングを利用した場合、審査で重要視されるのは売掛先企業の社会的な信用度合いです。

つまり、ファクタリングを利用したい法人に赤字や税金滞納などの問題があったとしても、売掛先企業の信用度合いが高ければ、審査に通過する確率は極めて高いと言えます。

また売掛先企業との取引期間が長ければ長いほど、審査に有利になります。

ファクタリングを利用したい法人の経営状況はあまり問題視されないという意味では、一番簡単な資金調達法だと言えるでしょう。

なお、ほとんどのファクタリング会社の審査通過率は90%を超えています

売掛債権のある法人が申し込めば、ほとんどの場合審査に通過していることからも手軽に利用できるでしょう。

ビジネスローンの場合、審査で法人の財務状況や返済能力があるのか、融資したお金の使用目的などをみられます。

つまり、ファクタリングと比較すると審査項目も多く、法人の財務状況も審査に影響を与えます。

赤字や税金滞納があっても利用できるファクタリングと比較すると、審査の難易度は格段に高くなると言えるでしょう。

銀行を始め融資は、審査の難易度が断トツで高くなっています。

先ほどお伝えしたように提出書類の数も多く、審査にも時間を要します。

また、格付けされその結果により融資を受けられる条件が異なります。

返済能力はもちろん、社長の人柄も審査の項目に入ってくるため、難易度は高いと言えるでしょう。

②資金を調達するまでにかかる時間

まとまった資金が必要になったということは、できるだけ早く振り込んで欲しいと考える法人も多いでしょう。

資金を調達するまでにかかる時間が短い順にランキングすると、下記の通りになります。

振り込み完了までにかかる時間が短い資金調達法
  1.  ファクタリングの利用
  2. ビジネスローンの利用
  3. 銀行などの融資の利用

こちらも、先ほどの審査難易度と同じ順番となりました。

ファクタリングは最短だと数時間程度で振り込みまで完了する資金調達法です。

当日中とはいかずとも、2日から3日もあれば振り込みまで完了するケースがほとんどでしょう。

少しでも早く振り込んで欲しい場合は、審査時に必要となる書類をあらかじめ準備しておく必要があります。

ファクタリング利用時の主な必要書類
  • 登記簿謄本
  • 決算書
  • 数ヶ月分の通帳コピー
  • 請求書や注文書など売掛金が発生していることがわかる資料
  • 売掛先の企業との契約書
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書

一般的に、法人がファクタリングを利用する場合に必要となる書類は上記の通りです。

銀行融資を受けるよりも、提出書類も少なくなっています。

続いてビジネスローンを利用した場合、銀行だと5営業日、ノンバンクだと即日から3営業日程度で振り込んでもらえることが多いと言われています。

なおファクタリングとビジネスローンの審査の異なる点は、ファクタリングが売掛先企業を重点的に審査されるのに対して、ビジネスローンは申し込んだ法人が重点的に審査されます。

そのためどちらを利用しようか迷ったら、売掛先企業の社会的信用度合いが高ければファクタリングを利用するのが得策でしょう。

最後に、銀行などの融資を利用するのは、一番時間のかかる資金調達法です。

先ほどもお伝えしたように、審査だけで1ヶ月程度かかるなど、早急に資金が必要になった場合に適した方法とは言えません。

③金利や手数料

いくら早く資金を調達しなければならない法人でも、金利や手数料がどのくらいかかるのということは無視できません。

金利や手数料が高ければ高いだけ、出ていくお金は多くなります。

一般的に金利や手数料が安い順にランキングすると、下記の通りです。

金利や手数料が安い資金調達法
  1.  銀行などの融資の利用
  2. ビジネスローンの利用
  3. ファクタリングの利用

審査にかかる時間も難易度も高い分、銀行などの融資は金利は低めに設定されています。

その金利は借入金額や諸々の条件によっても異なりますが、一般的には2%から3%程度が相場です。

しかしビジネスローンを利用した場合、金利が3%から15%程度になるなど、一気に金利が高くなります。

なおビジネスローンの中でも銀行を利用した場合は金利が低めになり、消費者金融を利用した場合は金利が高めになると言われています。

金利が低めな銀行のビジネスローンは、その分審査の難易度が上がるという懸念点も忘れてはいけません。

一番手数料が高くつくのは、ファクタリングを利用した場合です。

ファクタリングの取引には2社間と3社間がありますが、2社間ファクタリングの方が手数料が高くつきます。

ファクタリング利用時にかかる一般的な手数料
  •  2社間の場合:10%から30%程度
  • 3社間の場合:1%から10%程度

なお2社間ファクタリングとは法人とファクタリング会社の取引で、3社間ファクタリングとは法人とファクタリング会社に加え、売掛先企業も含めた取引となります。

3社間ファクタリングであれば、売掛先企業も含めた取引となる分、ファクタリング会社のリスクが軽減します。

そのため、2社間ファクタリングと比較すると、手数料が抑えられているのです。

④保証人や担保の必要性

どんな方法で資金を調達するのかによっては、保証人や担保が必要になることがあります。

いくら法人でも保証人や担保が必要になると、その資金調達法を利用するハードルが上がるでしょう。

保証人や担保が必要ない資金調達法をランキングすると、下記のようになります。

保証人や担保が必要ない資金調達法
  1.  ファクタリングの利用
  2. ビジネスローンの利用
  3. 銀行などの融資の利用

ファクタリングはそもそも、保証人や担保を必要としない取引です。

借入とは異なるため、保証人や担保が必要となることはありません

ビジネスローンに関しても、基本的に保証人や担保は不要です。

そのため上記二つの方法であれば、利用するハードルは下がるでしょう。

銀行などで融資を受ける場合は、保証人や担保が必要となる場合があります。

100%必要になるわけではありませんが、借入したい希望額などによっては求められることもあるでしょう。

⑤融資できる金額

法人によっても借入したい金額は異なるでしょう。

数百万円程度の資金が必要な場合もあれば、数億円規模の大きな金額が必要な場合もあるはずです。

そこで、融資できる金額の範囲が広い順に3つの資金調達法をランキングしていきます。

融資できる金額の範囲が広い資金調達法
  1.  ファクタリングの利用
  2. 銀行などの融資の利用
  3. ビジネスローンの利用

まずファクタリングの場合、法人が持っている売掛債権によっても調達できる金額が異なります。

例えば売掛債権が100万円の法人の場合、資金調達できるのは100万円以下です。

ファクタリング会社によっては数万円から数億円まで対応しているため、利用可能額は広範囲に渡ります。

続いて銀行などの融資の場合は、5,000万円から1億円程度に設定されていることがほとんどです。

そのため大きな金額をまとめて調達したい場合には、最適な方法だと言えるでしょう。

最後にビジネスローンの場合は、500万円から1,000万円程度に設定されていることが多く、上記二つの方法と比較すると融資できる金額の幅は狭いと言えるでしょう。

法人が銀行融資を利用するメリットとデメリット

それぞれの資金調達法の特徴についてよくわかりました……!
法人が他の方法ではなく銀行融資を利用するメリットとデメリットは何でしょうか……?
審査の難易度が高い銀行融資の利用がおすすめな場合についても知りたいです……!

ここでは、法人が銀行融資を利用することのメリットとデメリットをお伝えします。

なお、銀行融資の利用をおすすめする法人の特徴については下記の通りです。

銀行融資の利用をおすすめする法人の特徴
  •  1,000万円以上のまとまった資金が必要な法人
  • 金利を抑えられる資金調達法を探している法人
  • 資金を調達するまでに時間がかかっても問題ない法人

法人向け銀行融資のメリット

まずは、法人が銀行融資を利用するメリットについてお伝えしていきます。

①高額な資金調達にも対応できる

高額の資金をまとめて必要とする法人は、銀行融資の利用がおすすめです。

というのもビジネスローンで借入できる金額は多くても1,000万円程度になります。

なおファクタリングは数万円から最高数億円まで利用可能な資金調達法ですが、まとまった金額の売掛債権が必要です。

しかし銀行融資であれば、上限が1億円程度に設定されていて売掛債権は必要ありません

そういった意味で、高額な資金調達にも対応できる方法を探しているのであれば、銀行融資がおすすめです。

②金利を抑えられる

銀行融資のメリット二つ目は、金利を抑えられることです。

金利は高くても3%程度となるため、他の方法と比較すると断トツで金利を抑えることができるでしょう。

審査の難易度が高くても、金利の安い資金調達法を探している法人には銀行融資の利用がおすすめです。

法人向け銀行融資のデメリット

続いて、法人が銀行融資を利用するデメリットについてお伝えしていきます。

①審査の難易度が高く時間がかかる

何度かお伝えしているように、銀行融資を受けるためには難易度の高い審査を通過しなくてはなりません

返済能力があることを示すためにも、用意周到に書類に準備を進める必要があります。

なお銀行の担当者と信頼関係を築くためにも、コミュニケーションをとるなど綿密に計画を進める必要があるでしょう。

さらに審査の結果が出るまでに1ヶ月程度の時間がかかるのも、銀行融資のデメリットです。

②担保などが必要になる場合がある

銀行融資の場合、担保が必要になる場合があります

法人によっては、担保となるような不動産がなかったり、保証人となってくれる親戚などが見つからなかったりする場合もあるでしょう。

そのような場合には、銀行融資の利用が負担となることも考えられます。

法人がビジネスローンを利用するメリットとデメリット

どんな法人が銀行融資を利用するべきなのかわかりました……!
次はビジネスローンのメリットとデメリットについても知りたいです……。

ここからは、ビジネスローンのメリットとデメリットや、利用をおすすめする法人の特徴についてお伝えしていきます。

ビジネスローンの利用をおすすめする法人の特徴
  •  銀行融資の審査に受かるかわからない法人
  • 担保や保証人を設定したくない法人
  • 少しでも早く資金を調達したい法人
  • 調達したい金額が1,000万円以下の法人

ビジネスローンのメリット

まずは、法人がビジネスローンを利用するメリットからお伝えします。

①審査の難易度が低め

銀行融資と比較すると、ビジネスローンの審査は難易度が低めです。

売上総利益や営業利益など、会社の財務状況は審査で一番確認されるポイントとなります。

また決算書の提出も必要で、事業の収益性だけでなく安全性も審査対象です。

なお支払い遅れがあると審査に不利なので、どんな支払いも遅れないように細心の注意を払いましょう。

②早く資金を調達できる

ノンバンクのビジネスローンは、最短即日で資金を調達できることもあります。

少しでも早く資金を調達したいのであれば、提出書類に不備がないよう準備しましょう。

③担保も保証人も不要

ビジネスローンは基本的に担保も保証人も不要です。

そのため、銀行融資と比較すると利用のハードルが下がるでしょう。

④総量規制の対象とならない

これは銀行融資もビジネスローンも同じですが、総量規制の対象となりません。

総量規制とは?
法律で借入できる金額は年収の3分の1と定められていることを言います。

つまり、銀行融資とビジネスローンの場合、年収に縛られずに借入可能です。

ビジネスローンのデメリット

続いて、法人がビジネスローンを利用するデメリットについてお伝えしていきます。

①金利が高い

銀行融資と比較すると、ビジネスローンの金利はどうしても割高に感じられます。

ただその分、審査の難易度は下がるため、銀行融資の審査を通過できる自信がない場合はビジネスローンの利用をおすすめします。

②調達できる金額に上限がある

銀行融資で調達できる金額の上限が1億円程度なのに対して、ビジネスローンの場合は1,000万円程度と少額に設定されています。

そのため大きな金額が必要な法人には、借入できる金額の少なさがデメリットとなり得るでしょう。

法人がファクタリングを利用するメリットとデメリット

ビジネスローンの利用をおすすめする法人の特徴についてわかりました……!
そこでファクタリングを利用すべき法人の特徴についても知りたいです……。

ここからは、ファクタリングを利用するメリットとデメリット、ファクタリングの利用をおすすめする法人の特徴についてお伝えしていきます。

ファクタリングの利用をおすすめする法人の特徴
  •  売掛先企業の社会的信用度が高い法人
  • 多少高い手数料を支払ってもすぐに資金を調達したい法人
  • 信用情報を傷つけたくない法人
  • 担保や保証人が不要の資金調達法を探している法人
  • 赤字など経営状況に問題を抱えている法人

ファクタリングのメリット

まずはファクタリングを利用するメリットについてお伝えします。

①審査の難易度が低い

他のどの方法よりも審査の難易度が低い点が、ファクタリングのメリットです。

審査で重要視されるのが売掛先企業の社会的な信用度合いであるため、取引先の経営が安定していればほとんどの場合、審査に通過できるでしょう。

②最短当日中に資金を調達できる

申し込みから振り込みまで最短だと当日中に完了するのもファクタリングのメリットです。

午前中に必要書類を準備した上で申し込めば、すぐに審査結果を伝えてもらえるでしょう。

しかし、ファクタリング会社によっても資金調達にかかる時間は異なります。

少しでも早く資金を調達するためには、申し込んだ法人とファクタリング会社で取引が完結する2社間ファクタリングを利用しましょう。

売掛先企業を挟まない分、素早く資金を調達できます。

③借入にならないため信用情報を傷つけない

ファクタリングは売掛債権を売却して、入金日よりも前に資金を調達する手段です。

そのため、借入とは異なります。

借入に該当しないため、信用情報を傷つけることはありません

つまり銀行融資を受けたくなった場合に、ファクタリングの利用が原因で審査に不利になることもないのです。

④少額から高額までの資金調達に対応している

ファクタリング会社によっては、数万円程度から数億円程度まで幅広い金額の調達に対応しています。

少額から高額までの資金調達に適している方法は、ファクタリングのみだと言えるでしょう。

⑤担保も保証人も不要

ファクタリングに利用時に担保や保証人を要求されることはありません

仮に担保や保証人が必要と言われた場合は、ほぼ確実にその会社は悪徳業者と言えるでしょう。

なおファクタリグを謳った貸付を行なっている業者もいます。

そのような悪徳業者に騙されないためにも、下記の悪徳業者の特徴を知っておきましょう。

ファクタリング会社を装った悪徳業者の特徴
  • 手数料が相場よりも低いもしくは高い
  • 事務所が存在しない
  • ホームページの情報と異なる
  • 契約書の控えを渡されない

⑥資金繰りの改善に役立つ

ファクタリングの利用を検討している法人の中には、将来的に銀行の融資を受けたいと思っている法人もいるでしょう。

そのような場合にファクタリングを利用することで、資金繰りの改善に役立たせることができます。

具体的には損益計算書と貸借対照表で、資金繰りが改善しているように見せられます。

資金繰りの改善に役立つ例

貸借対照表の例

ファクタリングを利用して入金サイトが短くなると負債が減り資産が増えるため、資金繰りが改善される

⑦赤字や税金滞納などがあっても利用できる

何度かお伝えしているように、申し込んだ法人の経営状況よりも売掛先企業の社会的信用度が重要視されるのがファクタリングです。

つまり、申し込んだ法人が赤字だったり、税金滞納があったりしても利用可能な場合があります。

上記以外にも創業して間もない場合や、他のファクタリング会社で断られている場合も相談可能です。

赤字もしくは税金滞納がある状態で、融資の審査に受かることは考えられません。

その点、ファクタリングは売掛債権さあれば申し込めるなど、気軽に利用しやすい資金調達法だと言えるでしょう。

⑧取引先に知られずに取引できる

2社間ファクタリングであれば、売掛先企業に知られずに利用可能です。

なお絶対に売掛先の企業にファクタリングの利用を知られたくない場合は、必ず債権譲渡登記の有無にも着目しましょう。

債権譲渡登記が必須なファクタリング会社を利用した場合、登記情報から売掛先企業にファクタリングの利用を知られる可能性があります。

売掛先の企業が日常的に登記情報を確認しているとは考え難いものの、登記情報は誰でも閲覧できるという点に注意しましょう。

内密に取引したいのであれば、債権譲渡登記なしで契約できるファクタリング会社を選ぶなどの対策が必要です。

ファクタリングのデメリット

続いて、法人がファクタリングを利用するデメリットについてお伝えしていきます。

①手数料が高くつく

手軽に利用できる分、他のどの方法よりもファクタリングの利用手数料は高く設定されています

売掛債権から手数料を引いた金額が法人に振り込まれることになりますが、手数料が高ければ高いほど法人の手元に入る金額は少なくなるということです。

とはいえ、最短数時間で振り込んでもらえる場合があるなど、とにかくスピード重視の場合はファクタリングに勝る資金調達方法はありません。

手数料が高いというデメリットと審査の難易度や対応スピードなどのメリットと天秤にかけた上で、どの資金調達法が最適なのか選びましょう。

②3社間ファクタリングの場合は売掛先企業の承諾が必要

手数料を少しでも抑えるために、3社間ファクタリングを利用したいと考える法人もいるでしょう。

しかし、3社間ファクタリングを利用するためには売掛先企業の承諾が必要になります。

深い信頼関係のある企業でないと、ファクタリング利用の相談をした時点で、資金繰りの悪化を恐れて契約を切られるなどの支障が出る恐れもあるでしょう。

手数料が安いからという理由だけで、安易に3社間ファクタリングを利用することはおすすめできません。

法人は銀行融資を利用する前にファクタリングを検討すべき

それぞれの方法のメリットとデメリットについてよくわかりました……!
ファクタリングが一番メリットの多そうな資金調達法ですね……!

資金調達法といえば銀行融資だと考えていた法人も、他にも様々な手段があるということをお分かりいただけたのではないでしょうか?

どの方法で資金を調達しようか迷ったら、ファクタリングの利用をおすすめします。

ファクタリングであれば、最短当日中に資金を調達できるため、現金の枯渇を防げるだけでなく資金繰りの悪化という法人にとって致命的な問題を長期化せずに済みます。

黒字倒産という言葉があるように、黒字経営の法人でも手元の現金が枯渇してしまえば、倒産してしまうかもしれません。

そのような最悪の状態を防ぐためにも、ファクタリングを利用して手元に現金のある状態を維持しましょう

項目別で法人におすすめのファクタリング会社

法人の資金調達にはファクタリングがおすすめなのですね……。
ファクタリングと調べると様々な会社があり、どの会社を利用したらいいのかわかりません……。
法人におすすめのファクタリング会社を教えてください……!

ここからは、法人におすすめのファクタリング会社を紹介していきます。

手数料を抑えたい、すぐに資金を調達したい、などよくある要望に応えたファクタリング会社のみ紹介するので、参考にしてみてください。

法人におすすめのファクタリング会社:手数料を抑えたい

ファクタリングを利用したいものの、高い手数料がネックです……。
安全に利用できて手数料の安いファクタリング会社はありますか……?

法人がファクタリングを利用する場合、手数料がどのくらいになるのかということも念頭に置いてファクタリング会社を比較検討しなければなりません。

手数料を抑えたい法人におすすめのファクタリング会社はOLTA(オルタ)です。

銀行融資 法人

取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2%から9%
資金調達までにかかる最短時間 最短即日対応
買取可能額 上限も下限もなし
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山II 3F

OLTAは、クラウド型ファクタリングを導入しているため申し込みや書類の提出など、すべての取引がオンライン上で完結します。

AI審査を導入している分、手数料が他社と比較しても低く設定されている点が特徴です。

最小2%から最大でも9%と、2社間ファクタリングとしては手数料が業界最安値となっています。

なおOLTAのファクタリングでは、請求書の一部の金額の買取にも対応してくれます。

請求書の一部買取の例

請求書に記載された金額は5,000万円

→そのうちの1,000万円のみファクタリングを利用する

買い取ってもらう金額は請求金額の範囲内であれば、法人が独自に設定可能です。

柔軟性の高いファクタリング会社を探している法人にもOLTAをおすすめできます。

法人におすすめのファクタリング会社:すぐに資金を調達したい

せっかく手数料を払ってファクタリングを利用するなら、少しでも早く対応してくれる会社がいいです……。
銀行融資を利用する予定だったものの、断られて困っています。
少しでも早く資金を調達しなければなりません……。

このような場合には、ビートレーディングというファクタリング会社がおすすめです。

 

取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料 2%から
資金調達までにかかる最短時間 最短12時間
買取可能額 30万円から最大3億円まで
所在地 〒105-0012
東京都港区芝大門1丁目2−18 野依ビル 3F

申し込みから最短12時間で振り込みに対応した実績のあるファクタリング会社です。

2020年においては、月間契約件数400件、最大買取率98%と実績も豊富なファクタリング会社だと言えます。

また買取可能額は30万円から最大3億円までと幅広く設定されているため、多くの法人が利用できるでしょう。

最大1億円までに設定しているファクタリング会社が多いため、売掛債権が多額の法人には特におすすめです。

そんなビートレーディングでは契約時に法人が事務所に訪れるか、担当者が法人の事務所に訪問することになります。

東京、大阪、福岡、仙台に事務所があるため、近隣の法人であれば最短即日で資金調達できる可能性も高まるでしょう。

法人におすすめのファクタリング会社:売掛先の企業に知られたくない

ファクタリングを利用したいものの、売掛先の企業に知られてはまずいため躊躇してしまいます……。
売掛先の企業にファクタリング利用の許可を取ることで、信頼関係が崩れないか心配です……。

このような場合には2社間ファクタリングで、債権譲渡登記が不要のファクタリング会社を利用しましょう。

2社間ファクタリングであれば原則、売掛先の企業の通知不要で利用できます。

また債権譲渡登記が不要のファクタリング会社であれば、登記情報からファクタリングの利用を知られる恐れもありません

2社間ファクタリングで債権譲渡登記が不要なファクタリング会社は、GMO BtoB 早払いです。

銀行融資 法人

取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 請求書買取:1%から10%
注文書買取:2%から12%
資金調達までにかかる最短時間 最短2営業日
買取可能額 100万円から最大1億円まで
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(総合受付15階)

GMO BtoB 早払いでは、請求書と注文書の両方でファクタリングを利用できます

注文を受注後すぐに資金調達できるため、法人の資金繰りを改善することにも役立つでしょう。

審査の必要書類は2期分の決算書と請求書や発注書などの成因証明書、審査依頼書の3点のみです。

提出書類が少ないため、負担なく利用できるでしょう。

銀行で融資を断られている場合でも相談可能なので、気になる場合は一度問い合わせてみましょう。

なお公式ホームページでは買取額シミュレーションが公開されています。

手数料がどのくらいになるのかまず確認したい場合は、ぜひシミュレーションを試してみましょう。

法人におすすめのファクタリング会社:建築業や運送業向け

建築業の法人を営んでいますが、工事の遅延があり請求書が未発行のままです……。
請求書が未発行の売掛債権を抱えています……。
このままだと資金繰りが悪化しそうで不安です。

建築業や運送業など、多額の資金が必要となる法人の場合、アクセルファクターの利用がおすすめです。

銀行融資 法人

取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料 2%から
資金調達までにかかる最短時間 原則即日対応
買取可能額 30万円から最大1億円まで
所在地 〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場 1F

アクセルファクターは建築業や運送業の資金調達に強いことで知られたファクタリング会社で、工事遅延など何らかの事情で請求書が未発行な状態でも相談できます

なお審査通過率は93%で、他社で断られた法人にも利用をおすすめできます。

買取可能額は30万円から最大1億円までと幅広いため、多くの法人には満足できる買取額となっているでしょう。

またアクセルファクターは原則即日対応をモットーに営業しているため、銀行融資では対応が間に合わない場合にも利用をおすすめします。

実際、申し込みの約半を即日対応しているアクセルファクターなので、満足のいく取引ができるでしょう。

法人には銀行融資よりもファクタリングがおすすめ

この記事では法人が資金調達する主な方法から、それぞれの資金調達法を比較してきましたがいかがでしたか?

きっと、法人の資金調達といえば銀行融資だと思っていた方でも、様々な資金調達法があることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

どんな資金調達法にもメリットとデメリットがあります。

両方の点を踏まえた上で、自社にとってどんな資金調達法が最適なのか検討してみましょう。

なおこの記事でもお伝えしているように、銀行から融資を受けるとなると様々な労力がかかります。

売掛債権のある法人であれば、最短即日で資金調達できるファクタリングの利用がおすすめです。

特にビートレーディングであれば最短12時間での資金調達が可能で、最大買取率98%という実績があります。

既に銀行融資にトライしたものの断られている法人や、赤字、税金滞納などがある法人でも相談可能です。

売掛先企業の信用度があれば審査に通過することも多いため、まずは一度相談してみましょう!