建設業者(電設業者)向けファクタリング会社5選!利用をおすすめする理由とは?

「知り合いの経営仲間に建設業者(電設業者)には、ファクタリングの利用がおすすめだと聞きました。」

「資金繰りがだいぶ厳しい状態が続いていますが、審査に通る見込みはあるのでしょうか……?」

「なぜ融資ではなくファクタリングがおすすめなのか知りたいです。」

このように、建設業(電設業)の事業者にはファクタリングがおすすめだと耳にした方もいるでしょう。

実際、資金繰りが安定しにくい建設業者(電設業者)の中には、ファクタリングで資金調達する事業者が少なくありません

そこでこの記事ではファクタリングをおすすめする理由や、よくある資金繰りの悩み、おすすめの優良ファクタリング会社などを紹介します。

この記事をお読みいただけば、建設業者(電設業者)だからこそファクタリングを利用するべき理由についておわかりいただけるでしょう。

建設業者(電設業者)のファクタリングについてざっくり言うと
  • 建設業界は請負契約となるため、工事完了まで全ての費用を負担しなければならない
  • 他の業界よりも入金サイトが長いことで有名な建設業界(電設業界)には、資金繰りで苦しむ事業者が多い
  • ファクタリングを利用すれば、すぐに売掛金を回収できる
  • 建設業のファクタリングに特化したサービスの中には、請求書で資金調達できるものがある
  • 資金ショートを起こしそうな建設業者(電設業者)は、すぐにでもファクタリングを利用するべき
資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる

目次

建設業者(電設業者)にファクタリングをおすすめする理由とは?

「私は小規模の土木工事業を営んでいます。」

「諸事情で資金調達が必要になり、ファクタリングが良いとおすすめされました。」

「一体どんな取引なのでしょうか……?」

「建設業者におすすめの資金調達手段だと聞きましたが、その理由を知りたいです。」

このように、土木工事業や電設業など建設業界に従事する事業者は、ファクタリングについて耳にしたことがある方も多いでしょう。

ファクタリングとは?
売掛債権を売却することで、入金日を待たずに売掛金を現金に変えられる手段のことをファクタリングと言います。

融資やビジネスローンなど事業者向けの資金調達手段は様々なものがあります。

上記の手段はもちろん、その多くは借り入れに該当するものばかりです。

しかし、ファクタリングは借り入れになりません

ここからは、もっと詳しく建設業者(電設業者)にファクタリングの利用をおすすめする理由を解説していきます。

建設業者(電設業者)にファクタリングの利用をおすすめする理由とは?
  1. 最短即日で資金調達できるため、資金繰りの改善に役立つ
  2. 借り入れではないため、毎月の返済を考える必要がない
  3. 取引先の信用度が高ければ審査に通ることが多い
  4. 優良な会社と契約すれば償還請求権が発生しない
  5. 注文書で資金調達できるため、資金繰りが大幅に改善される

1.最短だと即日で資金調達できる

銀行や日本政策金融公庫など比較的金利が低めに設定されている融資は、申し込みから入金までおおよそ1ヶ月かかります。

そのため、何らかの事業ですぐに現金を確保したいときに頼りになる手段ではありません。

その点ファクタリングであれば、申し込んでからすぐに資金調達できるというメリットがあります。

対応がスピーディーな会社に申し込めば、即日で資金調達できることもあるでしょう。

急な案件の受注など、資金調達に一刻を争うことが多い建設業者(電設業者)には最適な手段なのです。

2.借り入れにならない

先ほどお伝えしたように多くの手段とは異なり、ファクタリングは借り入れになりません

借り入れにならないということは、毎月の返済を考える必要もないのです。

資金繰りに困っている場合、いくら好条件で融資を受けられたとしても毎月の返済が負担になってしまうでしょう。

しかしファクタリングであれば、手数料を支払うだけなので返済プランなどを考える必要もありません。

3.取引先の信用力で審査される

銀行や日本政策金融公庫の融資は、審査が厳しいことで知られています。

貸し倒れリスクのない事業者にしか融資できないため、経営状況や事業計画、返済能力などを厳しく審査されるのです。

そのため準備して審査に臨んでも、全ての事業者が審査に通過できるわけではありません。

しかしファクタリングの場合は、審査基準が大きく異なります。

ファクタリングの主な審査基準とは?
  • 取引先の信用度
  • 取引先との取引期間
  • 入金日がどのくらい先か

他にも審査基準はありますが、重要視されるのは主に上記の3点になります。

融資と比較すると、自社の経営状況ではなく取引先に審査の基準があることがわかるでしょう。

言い換えると、ファクタリングに申し込む事業者の経営状況が悪化していたとしても、取引先の信用度が高ければ審査に通る可能性があるのです。

また、取引先との取引期間や入金日がどのくらい先なのかということも審査基準に入ります。

入金日に関しては、期間が短い方が売掛金を回収するリスクが減少されるため、審査に通りやすくなります。

ファクタリングの審査通過率はどのくらい?

様々な審査基準があるのは事実ですが、一般的にどの会社でも審査通過率が80%以上であることがほとんどです。

融資では考えられない赤字決算や債務超過、税金滞納などに該当する事業者も審査に通過しています。

つまり、ファクタリングとは非常に利用しやすい資金調達手段だと言えるでしょう。

4.償還請求権が発生しない

優良なファクタリング会社と契約すれば、償還請求権が発生しません

償還請求権とは?
ファクタリング会社が売掛金を回収できなかった場合に、申し込んだ事業者に売掛金の支払いを求められる権利のことを言います。

つまり、償還請求権が発生するファクタリング会社と契約すると、万が一の事態が起きた際に事業者側が売掛金を負担しなければならないのです。

しかし、この記事でこれから紹介する5つの優良ファクタリング会社は償還請求権が発生しません。

この記事で紹介する5社以外でも、償還請求権が発生しないことがほとんどです。

5.注文書だけで資金調達できることがある

通常のファクタリング契約は、取引が発生した証拠を示す資料として請求書を提出します。

しかし中には、注文書でのファクタリングに対応する会社もあります

注文書が成因資料として認められるということは、建設業者(電設業者)を悩ます売掛金の回収が早くできるようになるということです。

後ほど詳しくお伝えしますが、注文書だけで資金調達が可能になれば、案件を受注したタイミングで資金調達することができます。

案件を稼動するにあたって必要な人件費などを先に賄えるため、資金繰りの改善に役立つでしょう。

資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる

建設業(電設業)でよくある資金繰りの悩みとは?

「電気設備事業を営む電設業者ですが、取引先からの入金が遅くて困っています。」

「案件を受注するにあたって、外注費などが発生するためその支払いで現金が消えてしまいます……。」

「あと少し入金日が早ければ資金繰りが安定しそうなのですが、どうにかならないのでしょうか……?」

このように、入金サイトの長さに頭を抱える建設業者(電設業者)は少なくありません。

ここからは、建設業界(電設業界)に従事する事業者が抱える資金繰りの悩みをまとめて紹介していきます。

下記の悩みに一つでも当てはまれば、ファクタリングを利用することでその悩みを解決できるでしょう。

自社の資金繰りに関する悩みが、ファクタリングを利用することで解決されるのか確認してください。

建設業(電設業)でよくある資金繰りの悩みとは?
  1. 売掛金が高額なので、回収まで時間がかかると資金繰りが安定しない
  2. 案件を受注するために外注費や仕入れ費用など、様々な経費がかかる
  3. 基本的に入金サイトが非常に長い
  4. 一つの会社が倒産すると、下請け会社の倒産が連鎖することがある
  5. 案件の受注などで急に資金が必要になることがある

1.売掛金が高額になりやすい

建設業(電設業)は売掛金の金額が高額になりやすい業界です。

売掛金が高額ということは、その案件を完了させるにあたって莫大な経費がかかる可能性があるでしょう。

つまり、売掛金が高額になりやすい建設業界(電設業界)ほど売掛金の回収が遅れると資金繰りが安定しなくなるのです。

2.案件受注に当たって外注費など経費がかかる

建設業(電設業)は一つの案件を受注するに当たって、外注費や仕入れ費用、設備費用など様々な経費がかかる傾向があります。

つまり、常に手元に現金がある状態を維持できないと、案件の打診があってもことわざるを得ない状態となってしまうのです。

なお基本的に請負契約となるため、工事等が完了するまでその案件にかかった全ての費用を負担しなければなりません

請負契約とは?

全ての業務が完了してから、結果に対する報酬が支払われる契約形態のことを言います。

建設業の場合は特に案件を受注するに当たって、外注費や仕入れ費用など様々な経費がかかります。

工事などが完了するまで全ての経費を立て替えておかなくてはならないため、資金繰りが安定しにくくなっているのです。

3.入金サイトが非常に長い

案件を受注するためには、外注費や仕入れ費用などを立て替えておけるだけの現金が必要です。

いざ案件を受注できたとしても、建設業界(電設業界)は入金サイトが非常に長いため、資金繰りが安定しにくくなっています。

このような状態が長く続くと、売掛金は発生しているのに現金がない状態が慢性化してしまうでしょう。

そのせいで資金繰りがさらに悪化すれば、新しい案件を受注するのも難しくなります。

4.倒産が連鎖する可能性がある

建設業者に限って言うと、倒産が連鎖するリスクが非常に高い業界です。

というのも、一つの案件を複数の下請け会社がこなしていることが少なくありません。

つまり一社が倒産すると、その会社から売掛金を回収できなくなった複数の下請け会社が連鎖するかのように倒産してしまうリスクがあるのです。

5.急に資金が必要になることがある

案件の受注などで、まとまった資金が急に必要になることがあるでしょう。

そのような場合にいきなり銀行に融資の相談をしても、すぐに貸してくれるわけではありません。

すぐに資金が必要な場合は、先ほどお伝えしたようにファクタリングの利用が適しているのです。

資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる

建設業者(電設業者)におすすめの優良ファクタリング会社5選

「なぜ多くの建設業者や電設業者が資金繰りに悩んでいるのか理解できました。」

「自社はすぐにでもファクタリングに申し込むことを検討しています。」

「そこで、おすすめのファクタリング会社があれば教えてください!」

ここからは、建設業者(電設業者)におすすめの優良ファクタリング会社を5選お伝えします。

それぞれ建設業者(電設業者)に利用をおすすめする理由についてもお伝えするので、最適な会社がないか検討してみましょう。

建設業者(電設業者)におすすめの優良ファクタリング会社とは?
  1. けんせつくん:建設業界に特化している
  2. アクセルファクター:人柄重視の審査で審査通過率は93%以上
  3. 株式会社No.1:建設業界特化型のファクタリングサービスを展開
  4. ビートレーディング:知名度が高く、アフターフォーロが充実している
  5. ZIST(ジスト):最短2時間での入金に対応している

1.けんせつくん

ファクタリング けんせつくん

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 上限なし
取引の種類 2社間取引
手数料 5%から
入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 オンライン

「けんせつくん」は建設業界の事業者を専門に対応するファクタリング会社です。

建設業界の事情に詳しい専門スタッフが対応してくれるため、他の業界にはない特殊な悩みにも最適なアドバイスをくれるでしょう。

このような特徴のある同社では、請求書と注文書でのファクタリングが可能です。

注文書でもファクタリングの利用ができるため、売掛金の回収日を大幅に短縮できるでしょう。

なお、審査開始から最短2時間での入金にも対応しています。

スマートフォンから申し込み可能なため、全国どこの建設業者も気軽に申し込めるはずです。

けんせつくんの利用をおすすめする場合とは?
  • 注文書でファクタリングを利用したい
  • オンラインで申し込みたい
  • とにかく資金調達を急いでいる

2.アクセルファクター

ファクタリングおすすめのアクセルファクター

対象となる事業者 ・法人
・個人事業主
利用可能額 最高1億円まで(下限なし)
取引の種類 ・2社間
・3社間
手数料 2%から
入金スピード 最短当日
債権譲渡登記の有無 留保可能
契約方法 ・来社
・担当者が訪問
・郵送

アクセルファクターは建設業のファクタリングに強いファクタリング会社です。

工事の遅延などが発生し請求書が未発行の場合も相談できます。

特殊な事業で請求書が発行できていない建設業者は、アクセルファクターに相談してみましょう。

なお同社の審査通過率は93%を超えています

せ他社と比較しても高い審査通過率が魅力的で、人柄重視の審査を行っているとのことです。

過去に審査落ちした建設業者も同社に相談すれば、対応してもらえるかもしれません。

他社で審査落ちしたからといって、ファクタリングの審査を受けられないということはありません。

まずは相談してみることをおすすめします。

高い審査通過率や請求書が未発行でも相談できる点からも、柔軟に対応しているファクタリング会社だと言えるでしょう。

アクセルファクターの利用をおすすめする場合とは?
  • 工事遅延など特殊な事情で請求書を発行できない建設業者
  • 他社で審査落ちしている
  • 柔軟に審査してほしい

3.株式会社No.1

ファクタリング NO1

対象となる事業者 法人
個人事業主
フリーランス
利用可能額 最小10万円から最大5,000万円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間:5%から15%
3社間:1%から5%
入金スピード 最短30分
債権譲渡登記の有無 留保可能
契約方法 オンライン
対面
電話

株式会社No.1は法人や個人事業主、フリーランス向けに様々なファクタリングサービスを展開しています。

その中でも建設業者向けのファクタリングは、お客様満足度が95%と非常に高い水準です。

50万円から5,000万円の資金調達に最短即日で対応するなど、対応の早さも同社の魅力となっています。

2社間取引を選べば、取引先にファクタリングの利用を通知されることがありません。

建設業界に特化したファクタリングを展開している同社なら、安心して利用できるでしょう。

株式会社No.1の利用をおすすめする場合とは?
  • 50万円から5,000万円までの売掛債権が発生している
  • お客様満足度の高いファクタリング会社を探している
  • すぐに資金調達したい

4.ビートレーディング

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 無制限(3万円~7億円までの買取実績あり)
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間:4%から12%
3社間:2%から9%
注文書:7%から18%
入金スピード 最短5時間
債権譲渡登記の有無 選択式
契約方法 オンライン
対面

ビートレーディング知名度の高いファクタリング会社です。

オンライン契約が可能なため、日本全国の事業者が利用できます。

そんな同社のポイントは、ファクタリングの利用が終了した後も資金繰りに関する相談が可能な点にあります。

慢性的に資金繰りに関する悩みを抱えている建設業者(電設業社)は少なくありません。

そのような場合、一度ファクタリングを利用しただけで資金繰りが劇的に改善されるわけではないため、長期的なサポートが必要になることがあります。

長期的にアドバイスが欲しい場合や、何度かファクタリングを利用したい場合は、アフターフォローの充実しているビートレーディングの利用がおすすめです。

実際、電気工事業者が同社で3度ファクタリングを利用したところ、資金繰りが安定するようになるなど、建設業者(電設業社)との取引経験も豊富にあります。

ビートレーディングの利用をおすすめする場合とは?
  • 知名度があり、安心して契約できる会社を探している
  • 何度かファクタリングを利用することになりそう
  • アフターフォローがあると安心
資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる

5. ZIST(ジスト)

ファクタリング zist

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小30万円から最高5,000万円
取引の種類 2社間
3社間
手数料 2社間:3%から10%
3社間:2%から5%
入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 出張
オンライン
電話
FAX

ZIST(ジスト)は最短2時間での資金調達に対応しています。

取引の種類に関しても2社間、3社間の好きな方を選択可能です。

しかし、資金調達を急いでいる場合は契約の手間が軽減される2社間取引の方がおすすめです。

オンラインや電話など、契約方法が豊富なのではじめてファクタリングを利用する場合でも安心して契約できるでしょう。

ZIST(ジスト)の利用をおすすめする場合とは?
  • すぐに資金調達したい
  • 好きな契約手段を選びたい
  • 30万円から5,000万円までの売掛債権が発生している

建設業者(電設業者)がファクタリング会社を選ぶ際のポイントとは?

「どんなファクタリング会社があるのかよくわかりました!」

「そこで、ファクタリング会社を選ぶ上で気をつけるポイントなどがあれば知りたいです。」

ここからは、ファクタリング会社を選ぶ際のポイントについてお伝えしていきます。

特に建設業者(電設業者)が気をつけなくてはならないポイントを解説するので、参考にしてください。

建設業者(電設業者)がファクタリング会社を選ぶ上でのポイントとは?
  1. 建設業者(電設業者)のファクタリングに対応したことがある会社を選ぶ
  2. 希望する取引種別を利用できる会社を選ぶ
  3. 希望通りのスピードで資金調達できる会社を選ぶ
  4. 無理のない範囲の手数料を提示してくれる会社を選ぶ
  5. 取引の成因資料として注文書を認めている会社を選ぶ
  6. 担当者の対応に安心感を覚える会社を選ぶ
  7. ネット上の口コミが良い会社を選ぶ

1.建設業者(電設業者)に対応実績のあるファクタリング会社を選ぶ

建設業者(電設業者)がファクタリング会社を選ぶ上で一番重要なポイントは、同業種のファクタリングに対応したことがある会社を選ぶことです。

というのも先ほどお伝えしたように、建設業界などは他の業界よりも資金繰りが安定しにくい側面があります。

工事の遅延などで売掛金の回収が遅れることも珍しくありません。

このように、他の業種には当てはまらない特殊な事業が発生しやすい業界であるため、内部事情に詳しい会社を選ぶことが重要なのです。

この記事で紹介した5社はどれも対応実績があります。

その中でも好条件で利用できる会社を探すために、「ファクタリング簡単診断」を利用してみましょう。

複数の会社を比較することで、一番良い条件で契約できる会社がどこなのかわかるようになります。

2.希望する取引種別を利用できるファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングの取引には、2社間取引と3社間取引があります。

それぞれの違いとは?
  • 2社間取引:申し込む事業者とファクタリング会社の契約
  • 3社間取引:上記の2社に加え、取引先を交えた契約

つまり、取引先に知られずに契約できるのが2社間取引、取引先に知られてしまう契約が3社イアだ取引となります。

3社間取引の利用時にファクタリングの利用を通知すると、取引先との関係に亀裂が生じる可能性があります。

というのも、ファクタリングを利用する会社は資金繰りが安定していないという側面があるため、その後の取引に影響をきたす恐れがあるのです。

3社間取引の方が手数料が安くなるというメリットがありますが、取引先との関係が悪化することを恐れるのであれば2社間取引の利用をおすすめします。

3.資金調達のスピードが希望に合うファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社によっても入金スピードが異なります。

すぐにでも現金が必要な場合は特に、資金調達のスピードに注目してファクタリング会社を選びましょう

なお資金調達のスピードを気にするのであれば、2社間取引でオンライン契約を利用されることをおすすめします。

申し込んだ事業者とファクタリング会社の2社間で契約を締結できる分、契約にかかる時間を短縮できるはずです。

なおオンライン契約であれば、担当者の来訪を待ったり、事務所に尋ねたりする必要がないためスムーズに契約を締結できるでしょう。

4.無理のない手数料を提案してくれるファクタリング会社を選ぶ

どんなに資金調達を急いでいても、手数料の確認を怠らないようにしましょう。

ファクタリングの手数料は売掛金から引かれるため、手数料を支払っている感覚があまりないかもしれません。

しかし手数料が高くつけばその分、手元に入金される売掛金が少額になるということです。

資金繰りを安定させるためにも、手数料が1%でも低くなるファクタリング会社と契約されることをおすすめします。

5.注文書を成因資料として認めるファクタリング会社を選ぶ

入金サイトの長さに頭を抱える建設業者(電設業者)は特に、注文書を成因資料として認めてくれるファクタリング会社を選ぶべきです。

注文書でファクタリングできるメリットとは?
先ほどお伝えしたように、注文書でファクタリングできるということは、案件を受注した段階で売掛金を回収できるということになります。

受注した案件の規模が大きいほど外注費や仕入れ費用など、様々な経費がかかるはずです。

そのような経費を滞りなく支払うためにも、注文書で利用できるファクタリング会社を選ぶことがポイントになります。

6.担当者の対応が良いファクタリング会社を選ぶ

はじめてファクタリングを利用する場合は特に、担当者の対応もファクタリング会社を選ぶ基準に入れましょう

誠意を持って対応してくれる担当者が見つかれば、安心して利用できるはずです。

また、契約を進めるにあたって何らかの疑問が生じた場合、対応の良い担当者がいれば気軽に質問できるでしょう。

事業者にとって会社の生命線とも言える売掛債権を売却することになるため、安心して契約できる担当者がいるファクタリング会社を選ぶことが重要なのです。

7.口コミの良いファクタリング会社を選ぶ

気になるファクタリング会社が見つかったら、ネットでその会社の口コミを検索してみましょう

公式ホームページと関係ないサイトで口コミを発見できれば、顧客のリアルな感想を聞けます。

口コミが良ければ安心してその会社と契約できるでしょう。

資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる

建設業者(電設業者)がファクタリングで資金調達する際の注意点とは?

「たくさんあるファクタリング会社の中から、どんな基準で最適な会社を選べばいいのかわかりました。」

「そこで、ファクタリングで資金調達する際の注意点があれば知っておきたいです……。」

「やはり危険な会社も存在するのでしょうか……?」

このように、違法な業者がいないか心配されている事業者もいるでしょう。

ここからは、建設業者(電設業者)がファクタリングで資金調達する際の注意点についてお伝えしていきます。

安心して契約するためにも下記でお伝えする闇金などの特徴を確認しておきましょう。

貸金業者の登録がない闇金に注意する

ファクタリングでの資金調達自体に違法性はありません。

しかし、中にはファクタリング会社を装った闇金も存在します。

闇金と契約するとどうなる?
気づかずに闇金と契約すると、実際にはファクタリングではなく違法な金利を要求される貸付の契約に誘導されてしまうでしょう。

そのような契約に巻き込まれないためにも、「登録貸金業者情報検索サービス」という金融庁のサイトで貸金業の登録があるか確認することが重要です。

ファクタリングと見せかけ貸付の契約をさせる闇金の特徴とは?

上記の金融庁のサイトからも貸金業の登録があるのか確認することが可能です。

それ以外にも、闇金を見分ける方法があるのでお伝えしていきます。

これからお伝えする特徴とあわせて、検索サービスを利用してみましょう。

闇金の特徴とは?
  1. 他社よりも手数料がかなり高い
  2. 事務所の住所を公開していない
  3. 固定電話の番号がない
  4. 契約書の用意がなかったり、控えを渡されなかったりする

1.他社よりも明らかに高い手数料を要求してくる

一般的なファクタリングの手数料は2社間取引で10%から30%程度、2社間取引で1%から10%程度です。

上記の数値よりも大幅に高い手数料を要求された場合、闇金である可能性が高いでしょう。

ファクタリング契約は手数料が1%異なるだけで、最終的に入金される金額が大きく変わってきます。

自社の資金繰りを安定させるためにも、他社より明らかに高い手数料を提示された時点でその会社とは取引しないようにしましょう。

2.事務所が存在しない

情報が整理されたホームページがあっても、事務所が存在しない場合は要注意です。

闇金をはじめ悪徳業者は足がつくことを嫌うため、事務所の住所を公開していなかったり、そもそも事務所がなかったりします。

問い合わせても事務所の住所を教えてくれない場合は、かなり怪しいでしょう。

事務所の住所が記載されていない時点で、どんなに魅力的な条件が揃っていても契約しないようにしてください。

3.固定電話がなく携帯電話の番号しかない

固定電話がない会社も闇金の可能性があります。

事務所と同じように、足が付くことを嫌い固定電話を引いていないことが多いのです。

ホームページに携帯電話の番号が記載されたいた場合、明らかに怪しいので関わらないようにしましょう。

4.契約書が用意されていない、控えを渡されない

契約の段階になって契約書が用意されていなかったり、控えを渡されなかったりする場合も闇金の可能性が高くなります。

特に契約書の控えを渡されない場合は、契約内容を勝手に改ざんされる可能性があるでしょう。

このような事態に遭遇した場合はすぐに金融庁に問い合わせるなど、何らかの対処が必要です。

建設業者(電設業者)のファクタリングに関するQ&A

「契約を締結する上で、どんな注意点があるのかわかりました。」

「間違っても闇金と契約してしまわないよう気をつけたいと思います。」

「最後に、建設業者(電設業者)でファクタリングの利用事例が多い理由について聞きたいです。」

このように、なぜ建設業者(電設業者)にファクタリングの利用をおすすめするのか疑問に感じている方もいるでしょう。

ここからは、ファクタリングの利用にあたって建設業者(電設業者)が疑問に感じている疑問にまとめて回答していきます。

 

建設業者(電設業者)に銀行などの融資ではなくファクタリングをおすすめする理由とは何でしょうか?

業界の特殊な事情で資金繰りが安定しない事業者が多いからです。

資金繰りが不安定な状態で融資に申し込んでも、審査に通過する確率は低いでしょう。

また急な資金調達ではあまり役に立たないため、審査通過率の高いファクタリングの方が使い勝手が良いのです。

 

なぜ建設業者(電設業社)でファクタリングの利用事例が多いのですか?

資金繰りが安定しない事業者が多いからです。

何度かお伝えしたように、請負契約となるため案件が終了するまで支払いがありません。

その間発生する人件費や仕入れ費用などを負担しなくてはならないため、案件を受注するためにも現金の確保が必要なのです。

このような理由から、建設業者(電設業社)がファクタリングを利用する事例が多くなっています。

 

なぜ建設業(電設業)に特化したファクタリングサービスを展開する会社が多いのですか?

売掛債権が高額なため利益が出やすい、売掛金の未回収リスクが低いためです。

詳しくお伝えすると、建設業(電設業)に特化したファクタリングサービスを展開する会社が多い理由は2つに分けられます。

建設業(電設業)に特化したファクタリングサービスを展開する会社が多い理由とは?
  • 売掛債権が高額なため大口取引ができる
  • 一般財団法人建設業振興基金の保証で売掛金が未回収になるリスクがないから

業界柄、一つ一つの案件で発生する売掛債権が高額になります

つまりファクタリング会社からすると、大口取引となり利益になりやすいのです。

また建設業振興基金という建設業界の支援を行う一般財団法人が、ファクタリング会社に売掛金の保証をしているため、ファクタリング会社は売掛金の未回収リスクがありません。

売掛金の未回収リスクがなくなるということは、契約するリスクがないに等しいということです。

このような2つの理由から、建設業(電設業)に特化したファクタリングサービスを展開する会社が多くなっています。

 

どんな建設業者(電設業者)がファクタリングを利用するべきですか?

資金繰りが安定しない事業者や、今にも資金ショートを起こしそうな事業者などです。

建設業者(電設業社)の場合、資金繰りが安定しないということは案件を受注できない事態に発展します。

そのような事態に発展するのを避けるためにも、ファクタリングを利用するべきでしょう。

なお、資金ショートを起こしそうな事業者はすぐにでもファクタリングを利用するべきです。

資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる

建設業(電設業)のファクタリングまとめ

この記事では建設業(電設業)の事業者向けに、ファクタリングについて解説してきました。

ファクタリングを利用すれば建設業者(電設業者)によくある資金繰りの悩みを解決できます。

案件の受注にあたってまとまった資金が必要な場合や、入金サイトの長さに頭を抱えている場合などは積極的にファクタリングの利用を検討してみましょう。

最適な契約先を選ぶためにも、建設業者(電設業者)の対応実績が豊富で専門知識のあるファクタリング会社を選ぶことがポイントになります。

その上で、取引種別や入金スピード、手数料がどのくらいになるのかといったことも確認してみましょう。

この記事ではおすめの優良ファクタリング会社として5社紹介しましたが、自社の条件に合う会社を見つけるためにも「ファクタリング簡単診断」を受けられることをおすすめします。

この記事がファクタリングに興味のある建設業者(電設業者)の参考になれば幸いです。

資金調達ならビートレーディングがおすすめ
  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 幅広い業種・会社の状態に対応可能!
  • 買取可能額がファクタリング業界屈指の広さ!

ビートレーディング

ビートレーディングで
今すぐ借りる